大きいサイズ

    2015年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422451692/l50

    1 : ◆Ew3/imucfM 2015/01/28(水) 22:28:13.08 ID:4NCMjUUD0

    スクフェスをやっていると淫夢ネタを交えたほのこと文があったので

    あんまりに印象に残ったのでSSで文に出そうと決意


    注意!!
    ・淫夢ネタあり
    ・エロいッ!部分あるかも
    ・百合豚やめてくれよ…(絶望)な方はブラウザバックして、どうぞ
    ・短いです





    2 : ◆Ew3/imucfM 2015/01/28(水) 22:30:24.49 ID:4NCMjUUD0

    「昏睡レ◯プ!野鳥と化したことり」

    或る真夏の昼下がり、南は密かに思いを寄せる
    幼なじみ高坂を自宅へと招待する。用意していた
    完璧な計画を実行するために……。



    4 : ◆Ew3/imucfM 2015/01/28(水) 22:33:48.22 ID:4NCMjUUD0

    ※一応元ネタURL
    ※ただの百合SSだと認めたくない人は見とけよ見とけよ~
    http://wiki.yjsnpi.nu/%E9%87%8E%E7%8D%A3%E5%85%88%E8%BC%A9#.E3.82.BB.E3.83.AA.E3.83.95



    5 : ◆Ew3/imucfM 2015/01/28(水) 22:34:15.99 ID:4NCMjUUD0

    ことり「うん、最近すっごく調子よくてね!」

    ことり「うんうん」

    ことり「え~?でも大変だよぉ」


    ことり「ホノカチャン!こ↑こ↓だよ!」

    穂乃果「大きいお家だね!」



    ガチャコン!!

    ことり「ホノカチャン! 入って、いいよ」

    穂乃果「おじゃましまーす!」

    ことり「悔い改めてねホノカチャン!」

    穂乃果「…? ほえ~、すっごいおっきいね…」



    【「昏睡レ◯プ!野鳥と化したことり」【ラブライブ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397564172/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 21:16:12.26 ID:mOEF+9Ih0

    ――――――



    ガチャ



    千早「ただいま戻りました」


    小鳥「あ、おかえりなさい千早ちゃん。レッスンお疲れ様です」


    あずさ「あら、千早ちゃん。お疲れ様~」


    千早「お疲れ様です。……? あずささん、今日は撮影じゃ」

    あずさ「そうだったんだけど、時間が変更になっちゃったらしくて。お仕事まで少し間が空くから、こうして音無さんとお話していたの。音無さんお仕事中だから、申し訳ないんだけど……」

    小鳥「いいんですよ~。仕事の方はひと段落しましたし。何時間でも付き合っちゃいますよっ、あずささん!」

    千早「ふふ。そんなこと言ってると、また律子に怒られてしまいますよ?」

    小鳥「うっ、それを言われちゃうと……」

    あずさ「あらあら♪」






    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 21:18:16.73 ID:mOEF+9Ih0

    小鳥「まあ、何時間もっていうのは冗談として、千早ちゃんもどうかしら? 美味しいお菓子買ってきたから、こっちで一緒に食べましょう?」

    千早「いいんですか? では……お言葉に甘えて」

    小鳥「どうぞどうぞ♪」

    あずさ「千早ちゃん、こっちに座ってて。今お茶も淹れてくるから」

    千早「えっ? 大丈夫です、お茶なら自分で―――」

    あずさ「私のおかわりのついでだから。休んでて、千早ちゃん」

    千早「そ……そうですか? すみませんあずささん」

    あずさ「気にしないで。ふふ」

    スタスタ



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 21:21:35.11 ID:mOEF+9Ih0

    千早「……」


    小鳥「レッスンはどうだった? 春香ちゃんと一緒だったでしょう?」

    千早「あ、はい。久し振りに、プロデューサーについてもらえましたし、良い内容だったと思います」

    小鳥「よかったわね。プロデューサーさん、最近あちこち飛び回ってるから」

    千早「そうですね。私とレッスンのあとは、すぐ春香と他の現場に向かってしまいましたし。忙しいみたいですね」

    小鳥「そうねー……。千早ちゃん、寂しくない?」


    千早「寂しい……ですか? ……えっと……もちろん、いてくれた方が助かることは確かなんですが……もう私も新人の頃とは違うので。一人でも、やらなくてはならないと思います」


    小鳥「そっちじゃなくて」


    千早「え?」


    小鳥「プロデューサーさんじゃなくて、春香ちゃんのほう」



    4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 21:23:10.15 ID:mOEF+9Ih0

    千早「春香? 春香の方って……言っている意味が、わからないんですけど……」

    小鳥「だって千早ちゃんと春香ちゃん、最近はレッスンもお仕事も別々なことが多いじゃない? 今日だって、久しぶりに一緒のレッスンだったのに、ゆっくりお話もできなかったでしょう」

    千早「……まあ、そうですが」

    小鳥「だから寂しくないのかなぁって」

    千早「……ですが、私と春香はユニットを組んでるというわけでもないですし……現場が別になることは、おかしくないと思うんですが」

    小鳥「んー……そういうことじゃなくて……」



    あずさ「おまたせ~」



    【春香「千早ちゃんっ♪」 千早「なに? 春香」ブンブン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333710459/

    38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:25:20.37 ID:3sbnM3V8O

    マミ「あの頃は若かったわね」

    まどか「そうですね……」

    マミ「もう何年前になるのかしら、鹿目さん……あっ」

    まどか「いえ、鹿目で大丈夫です。マミさんの前ですから」

    マミ「ふふっ、相変わらず優しいのね」

    まどか「そんなことないですよ、マミさんに比べたら……」

    マミ「ま、押し付け合いはこのくらいにしましょ? お茶のお代わりはいかが?」

    まどか「あ、いただきます」



    42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:40:46.73 ID:3sbnM3V8O

    マミ「暁美さんは元気かしら?」

    まどか「はい、とても。押しに弱いのは相変わらずですけどね」

    マミ「あら、それは鹿目さんがグイグイ押していってるってことかしら?」

    まどか「てへへ……」

    マミ「美樹さんの話聞いているのかしら?」

    まどか「はい」

    マミ「彼女には幸せになって欲しいわね。私たちの中で唯一の普通のカップルですものね」

    まどか「そんなこと言ったらほむらちゃんや杏子ちゃんが怒りますよ?」



    45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:59:57.91 ID:3sbnM3V8O

    まどか「杏子ちゃんは元気ですか?」

    マミ「元気よ? ……多分」

    まどか「やっぱりあんまり会ってないのですか?」

    マミ「佐倉さんは風来坊だから。あまり他所で他の魔法少女と衝突していないことを祈るばかりね」

    まどか「ちぇっ、せっかく杏子ちゃんに会えると思ったのに」

    マミ「不定期にひょっこり帰ってくることもあるのだけれど」



    46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:06:12.94 ID:3sbnM3V8O

    まどか「マミさんは淋しくないんですか?」

    マミ「そうね……淋しくないと言えば嘘になるけど」

    マミ「でも、亭主元気で留守がいいって言うじゃない?」

    まどか「マミさんも所帯染みてきましたね……」

    マミ「あっ! 言ったわね鹿目さん!」

    まどか「えへへ……」



    【マミ「あの頃は若かったわね」まどか「そうですね・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1421150490/

    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/13(火) 21:01:30.78 ID:bq9N/plE0.net

    絵里「あだ名?」

    穂乃果「なんだかんだミューズであだ名のある子って少ないじゃん」

    海未「花陽が凛にかよちんって呼ばれたりしてますけど、確かに私は花陽、穂乃果は花陽ちゃんですものね」

    穂乃果「そうそう!みんなで共通のあだ名をつけようと思うの!」

    穂乃果「そのほうが結束力とか生まれるしみんな仲良くなれるよ!」

    真姫「っていうのは建前でなんとなく面白そうだから、でしょ?」

    穂乃果「えへへ」ペロッ

    穂乃果「それじゃあさっそく!絵里ちゃんの新しいあだ名は>>4だよ!」



    4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/13(火) 21:27:02.18 ID:IYdkUx7Lr.net

    あやや



    5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/13(火) 21:30:27.87 ID:bq9N/plE0.net

    穂乃果「あやや!!」

    あやや「あやや?」

    穂乃果「うん!あやせえりだからあやや!」

    あやや「うん、悪くないわね!」

    穂乃果「それじゃあどんどん決めちゃおう!」

    にこ「次は穂乃果ね」

    穂乃果「へ?」

    にこ「あんたがいいだしっぺなんだから当たり前でしょ!」

    にこ「あんたのあだ名は>>8よ!」



    7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/13(火) 21:32:13.93 ID:IYdkUx7Lr.net

    あずきちゃん



    8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/13(火) 21:32:55.06 ID:IYdkUx7Lr.net




    【穂乃果「みんなにあだ名をつけよう!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422630087/l50

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/31(土) 00:01:27.41 ID:UiGbmh9J0

    ― 朝 ―




    チュンチュン    チュン




    吹雪「んんぅ・・・?」

    吹雪「ふあぁ・・・あぁ・・・」シャッ

    吹雪「・・・・・・」

    吹雪「睦月ちゃん・・・」チラ

    夕立「・・・・・・」

    吹雪「?」

    夕立「」フルフル

    吹雪「そっか・・・」

    吹雪「睦月ちゃん、今日も・・・」




    ― 波止場 ―

    睦月「・・・・・・」

    睦月「・・・・・・」









    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/31(土) 00:02:09.65 ID:UiGbmh9J0

    陸奥「夕張からの、最終報告書・・・」パラ

    陸奥「隊から損亡を出したこと、相当悔やんでいるみたい」

    長門「FS作戦発動時より、覚悟していたことだ」

    長門「むしろ駆逐艦1敗と引き換えに、W島海域奪回を成し遂げたと考えれば」

    長門「大殊勲と言えるだろう」

    陸奥「・・・・・・」

    陸奥「知ってる? 貴女嘘を言うとき、少し早口になること」

    長門「・・・・・・」




    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/31(土) 00:02:38.09 ID:UiGbmh9J0

    長門「・・・あぁ、図星だよ」

    長門「作戦自体は成功し、被害も最小限に留めることができた」

    長門「だが、仲間を失うのはやはり辛い」

    長門「私に、もっと何かできることはなかったのだろうか・・・」

    陸奥「・・・貴女の所為ではないわ」

    長門「・・・・・・」

    長門「次は、南西海域だ」

    長門「この作戦は、止めるわけにはいかない・・・!」




    【金剛「もう1つの第4話デース!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1416139793/

    1 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:09:53.58 ID:JfXeFKsf.net

    ~リアルなにこっちを育てる編~

    (一部ちょいグロ注意)




    にこ「Zzz……むにゃむにゃ………」

    にこ「……あれ?……にこ、いつの間に寝てたのかしら……?」

    にこ「部室………誰もいない……」

    にこ「今何時……もう5時半……そろそろ帰ろうかしら……」

    にこ「なにこれ……卵の殻?こんな小道具、部室にあったっけ?」

    にこ「あ、あれ?部室のドアが開かない?なんでなのよ!」ガチャガチャ

    にこ「仕方ないわね……窓から出るとしましょう……」

    にこ「え!?窓も開かない!?鍵はかかってないわよね……なんで!なんでなのよぉ!」ガタガタッ


    希「んー?」


    にこ「うわあああああああああ!!窓の外に巨大な希が!なにこれ……進撃の巨人の世界にでも迷いこんじゃったのぉ!?」



    2 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:11:20.54 ID:HxNUHMA3.net

    グロってにこいじめたり、死ぬってこと?



    5 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:16:11.83 ID:JfXeFKsf.net

    >>2
    ネタバレになるので書けませんが死んだりはしません



    3 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:11:39.15 ID:JfXeFKsf.net

    ~1時間前~


    希「凛ちゃん!これみてー!」

    凛「希ちゃん、どうしたの?わぁ!これ何?」

    希「これは十数年か前に流行った伝説のおもちゃ、たまごっちや!!!」

    凛「すごーい!これ今も売ってるよね!でも凛、初代のたまごっちは初めてみたにゃー!」

    希「この前、スピリチュアルなお店に行ったらたまたま見つけたんよー!」

    凛「いいにゃー!カラーもピンクで小さくてとってもかわいいにゃー」

    希「ええやろー!今から開封するから一緒に育てるでー」

    凛「あれ…?でもこれパッケージが少しおかしいよ……」

    希「え?なになに『部室で発見!!にこっち』……」

    凛「希ちゃん!これパチモンだよ!」

    希「えーーー!?そんなーーー!」ガーン!



    【希「部室で発見!!にこっち」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1420464366/

    1 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 22:26:06.61 ID:namVtjWJ.net

    希「皆が何かに憑かれてる…うちのスピリチュアルパワーがそう感じるんや!」

    皆「えー!?」

    希「まずは>>4から除霊や!」



    4 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 22:29:34.01 ID:LdPkFq7O.net

    こたろう



    8 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 22:31:44.92 ID:namVtjWJ.net

    希「こたろう君はここにおらへんよ。にこっち」

    希「>>10や!」



    10 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 22:32:14.22 ID:ubLfZlyr.net

    凛ちゃん



    13 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 22:38:41.59 ID:namVtjWJ.net

    希「まずは凛ちゃんからや」

    凛「う~、なんか恐いにゃ~…」

    希「大丈夫や!うちにまかせとき!」

    おでことおでここっつんこ

    凛「希ちゃんこれ恥ずかしいよ~///」

    希「これは意識を同調させるために必要なことなんよ」

    絵里(うらやましいわね・・・)

    希「むむ!凛ちゃんのは動物霊やね・・・これは犬やな!」



    15 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 22:41:00.21 ID:ubLfZlyr.net

    猫だと思ったら犬か



    【希「安価で除霊するで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422545309/l50

    1 : ◆47gaNFJlIw 2015/01/30(金) 00:28:29.41 ID:lSYA+l2Oo

    百合、キャラ崩壊、パロ、メタネタ注意


    提督「冗談よ那珂」

    那珂「もぉ~! 那珂ちゃんびっくりしちゃったよ~」

    提督「それにしてもあなたこんなに髪長かったのね」

    那珂「那珂ちゃん元からロングだし」

    提督「お団子にしてるせいで全くそんな印象がないのよ」

    那珂「あれ結構長くないと出来ないんだよ」

    提督「知ってるけど改めて見るとね」

    那珂「そんなに似合わない?」

    提督「そうは言ってないでしょ。綺麗よ」

    那珂「ほんと?」

    提督「ほんと。嘘言ったってなにも出ないでしょ」





    2 : ◆47gaNFJlIw 2015/01/30(金) 00:29:19.49 ID:lSYA+l2Oo

    提督「それでまたどうして今日はお団子じゃないの?」

    那珂「それは、その、たまには気分を変えてみたかったからだけど」

    提督「アイドルが勝手にトレードマーク崩したりしたらだめじゃないの?」

    那珂「別に結えるのはいつでもできるし」

    提督「そう」

    那珂「ふふ~ん、綺麗、綺麗~」

    提督「なによ気持ち悪いわね」

    那珂「べっつに~」

    提督「んっ、那珂ここ少し跳ねてるわ」

    那珂「えっ、どこどこ?」

    提督「ここよここ。せっかくロングなんだからしっかり梳いときなさい」

    那珂「じゃ~あ~提督が梳いて?」

    提督「なんで私がやんなきゃいけないのよ」

    那珂「なんでもいいからはやくぅ~」

    提督「しょうがないわね」



    3 : ◆47gaNFJlIw 2015/01/30(金) 00:29:48.24 ID:lSYA+l2Oo

    提督「それにしても、本当に別人みたいね」

    那珂「そうかなぁ、那珂ちゃんの美少女顔は変わってないでしょ?」

    提督「美少女顔かどうかはともかく、髪型っていうのは人の顔を識別する重要な要素よ」

    提督「某カードアニメだって、主人公に顔がそっくりなキャラが何人も出てくるけど、髪型がてんで違うせいで似てない似てないって言われてるもの」

    那珂「それはアニメの話でしょ~」

    提督「そうだけど、それくらい印象が変わってるって言ってるの」

    那珂「……いつもとどっちが」

    提督「ん?」

    那珂「なんでもない!」

    提督「そっ。さて、てっぺんのアホ毛はどうにもなんないから、これでよし」

    那珂「ありがと~! さってと、ますます魅力的になった那珂ちゃんをみんなにお披露目に行ってくる~!」

    提督「ちょっと待ちなさ……もう行っちゃったし。はぁ、誰も魅力的になったなんて言ってないのに」



    【女提督「誰?」シニヨン解き那珂ちゃん「ひどい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419664554/l50

    1 : ◆2DegdJBwqI 2014/12/27(土) 16:16:04.97 ID:fCa3UTmso

    ・スレタイで丸わかりな気もするけど鷲尾の内容を含みます

    ・ゆゆゆ本編終了後を想定





    2 : ◆2DegdJBwqI 2014/12/27(土) 16:36:16.54 ID:fCa3UTmso

    ~☆

    銀「久しぶりだね、園子」

    銀「かれこれ二年ぶり以上だけど、元気してた……とは言えなさそうか」

    園子「ミノ、さん」

    銀「何さ」

    園子「…………あなた本当に、ミノさんなの?」

    銀「だからそう言ってるじゃんか」

    園子「でも、ミノさんは確かに死んじゃったはずだよ」

    園子「お別れ、したもん。棺の中で横たわるミノさんに」

    銀「だーかーらー。ゾンビになって、帰って来たんだよ」

    銀「神樹様の御力でさー、ちょちょいのちょいってね」



    3 : ◆2DegdJBwqI 2014/12/27(土) 16:48:26.82 ID:fCa3UTmso

    園子「そんな……。いくら神樹様だからといって、死んだ人を――」

    銀「二年前、本当はさ」

    銀「アタシの身体の生命活動が停止する直前に」

    銀「神樹様に意識だけ回収されてたらしいのよ」

    銀「必死で戦ってる途中に、突然白い光にポワワーンって包まれて、フワ―ってなって」

    銀「その後の記憶はろくにないんだけどね」

    銀「で、つい最近神樹様に身体を作ってもらったから、アタシはそこにスポン、って入った」

    銀「これでナットクした?」

    園子「きゅ、急に納得って言われてもこまるよ~」

    銀「そっか」

    銀「でも、困ったな」

    銀「これ以上どうやって、アタシがアタシだぞって、園子に言ったらいいのかわかんないし……」



    4 : ◆2DegdJBwqI 2014/12/27(土) 17:11:40.77 ID:fCa3UTmso

    園子「……えっと、あなたがミノさんだったとして、なんで今になって帰って来られることになったの?」

    銀「ん? あー、それはね、今の神樹様、すっごくたくさんパワーに満ち溢れてて、
      アタシのために存分に使えるパワーと時間があったからみたいよ」

    銀「なんでもバーテックスから最近いっぱい神様パワー回収できたらしくて、
      これからの結界の完璧な防御に回すぶんを確保しても」

    銀「勇者に十分な施しができるくらいいっぱいあるんだって」

    銀「結界を一度完璧に安定させたら、しばらくは他のことに手が回せるようになる」

    園子「神樹様が、そう言ってたの?」

    銀「いや。神樹様が直接そういうこと、アタシに言ってたわけではないんだよねー、これが」

    銀「神樹様の中にいたとき、こういうことなんだなーって感じたというかなんというか」

    銀「うーん……」

    園子「そこはいまいちはっきりしないんだね~」

    銀「いやはやメンボクない」



    【【ゆゆゆSS】銀「やっほー、園子。ゾンビになって帰って来たよー」 園子「……え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422544776/l50

    1 : ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/30(金) 00:19:37.25 ID:GA3PR0nco

    ~朝~

    提督「寒!」

    提督「うおおお今朝はなんでこんなに寒いんだ、布団から出られない…」

    提督「ん?外が白い…」

    提督「お~雪が積もってる、道理で寒いわけだ…」

    提督「布団にこもりたいけど、これ雪かきしないと移動できなくなるな…」

    提督「仕方ない、雪かきするか」

    提督「…」

    提督「後5分寝てからやろ」





    2 : ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/30(金) 00:21:19.39 ID:GA3PR0nco

    。。。。。。。。。

    ~30分後~

    提督「う~寒い、さっきみたより雪積もってないか?」

    提督「さてどこから雪かきするか」

    提督(しかし、まだ朝早いから誰も起きてないのがな、一人でやるしかないか)

    提督(まあまず玄関から道路にかけて道を開けるか、それくらいなら一人でも出来る規模だ)

    提督(しかし、足跡ひとつついてない雪景色っていうのは綺麗だな、見慣れた景色が一変してまるで別世界に来た感覚になる)

    提督(寒いのは嫌だが、こういうのがあるから冬は嫌いになれないんだよな…)

    提督(本当に、綺麗だな…)ボーッ



    3 : ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/30(金) 00:23:02.06 ID:GA3PR0nco

    提督(…)

    提督(あれ?)

    提督(あそこに、誰かいる)

    提督(白い、というより銀色の髪)

    提督(白い雪が日の光を浴びて銀色に輝くように、その女性の髪も、一本一本が日の光を浴びて、銀色に光り輝いている)

    提督(誰だ?)

    提督(…)

    提督(綺麗だな…)ボーッ



    【【艦これ】響「浮かれ合い」】の続きを読む

    このページのトップヘ