大きいサイズ

    2015年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1436655206/

    1 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 07:53:26.22 ID:Croy5zac.net

    にこ「うぅ....///」ハァハァ

    穂乃果「わわっ!にこちゃんどうしたの!?」

    凛「顔が真っ赤だし、苦しそうだにゃ...」

    にこ「なんだか体が熱くて頭がぼーっとするの...///」

    穂乃果「風邪かな?でも違う感じがするなぁ」

    凛「あ、分かった!にこちゃん落ちてるものでも拾って食べたんでしょ!」

    にこ「失礼ね!そんなわけないじゃない...///」

    にこ「持ってきたお弁当以外だと絵里にチョコを貰って食べたぐらいよ...」ハァハァ

    にこ「あとは真姫ちゃんがくれた怪しげな錠剤を飲んだだけね...////」

    穂乃果「じゃあ悪いものを食べた訳じゃないんだ...」

    凛「今日は練習休んでお医者さんにいった方がいいよ!」

    にこ「そうさせてもらうわ...///」ハァハァ



    2 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 08:00:16.01 ID:Croy5zac.net

    真姫「トマトトマトトマトォォォ♪トマトォォォを食べぇるとォォォ♪お尻お尻お尻ィィィ♪お尻ィィィがでかくなるゥゥゥ♪」ガチャ

    穂乃果「あ!真姫ちゃんいいところに!」

    凛「にこちゃんが大変にゃ!」

    真姫「え~マジで?どれどれ?」

    にこ「私どうなってるの...?」

    真姫「アッ!これは大変よ!今すぐ手術が必要だわ!」

    凛「ええー!ほんと!?」



    3 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 08:06:06.04 ID:Croy5zac.net

    真姫「早くしないと死ぬわよ、全身から血を吹き出して」

    にこ「そ、そんな...」

    穂乃果「なんとかならないの!?」

    真姫「安心して、今から私が手術するわ」

    凛「手術出来るの!?」

    真姫「バカにしないで、私は西木野の娘よ」

    穂乃果「でも免許も無しに医療行為をしてもよいものか」

    真姫「ブラックジャックだって無免許じゃない」

    穂乃果「一理ある」



    4 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 08:08:37.67 ID:Croy5zac.net

    穂乃果「手術って言ったってどんなことするの?」

    真姫「えっちな手術よ!」

    凛「え、えっちな手術!?」

    真姫「えっちなことをすることで副交感神経が刺激されてなんか知らんけど感じになるのよ!」

    穂乃果「ほぇ~、最近の医学はすごいね...///」カァ~

    にこ「何でもいいから早くして...///」ハァハァ



    【にこ「うう...なんだか体が熱い...///」真姫「これはえっちな手術が必要だわ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446195190/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 17:53:10.11 ID:U7fJuwOPO

    小鳥「はい!」

    P「そんな、俺はただ」

    小鳥「プロデューサーさん、そもそもいったいあの指輪をどこから取ってきたんですか?!」

    P「え、いや……アイドルにご褒美でプレゼントしたくて、でもお金が無くて、その、」

    小鳥「その?」

    P「みんなに似合うようなの買えなくて、悩んでたら、近くの遺跡にすごい指輪があるって聞いて」

    小鳥「どんなところに住んでるんですかプロデューサーさん!?」

    P「それで休暇を利用して罠をくぐり抜けて取ってきました」

    P「目に見えるほど、すごいオーラが出ていたんで、これは似合うと思ってプレゼントに渡しました」

    小鳥「呆れるくらい禍々しいやつじゃないですか、それ、それなら給料三ヶ月分の方がマシですよ」

    P「……」

    小鳥「プロデューサーさんが呑気に>>3ちゃんにプレゼントするって言って置いてって」

    小鳥「事務所は大変なことになってるんですよ!」

    P「なんだって!?いや、俺は違うんだ!綺麗なオーラが出てたから……」

    小鳥「だから禍々しいって言ってるじゃないですか!」





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 17:54:54.94 ID:DlMpm2x/O

    ミムラ



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 17:54:56.27 ID:zuILphWAO

    あずさ



    5 :モバマスわからないんで……ごめんなさい 2015/10/30(金) 17:57:16.50 ID:U7fJuwOPO

    小鳥「あずささんにプレゼントして!」

    P「だって、紫色って言ったらあずささんじゃないですか!」

    P「あんなバイオレット……」

    小鳥「だから紫色のオーラとか危険以外の何があるんですか!?」



    小鳥「とにかく、ついてきてください!事務所から離れましょう!」

    P「待ってくださいよ!何があったか説明してください」

    小鳥「はぁ……わかりました、それでは」

    小鳥「それはあずささんが箱を見つけた時の出来事でした」



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 18:01:27.49 ID:U7fJuwOPO

    朝 ナムコプロ

    あずさ「おはようございます~」

    小鳥「あずささん、今日は早かったですね」

    あずさ「ええ、今日は迷子になっても大丈夫なように早く起きたんだけれど……迷わなかったみたいで……ごめんなさいね~」

    小鳥「ありますよね、備えをしたときに限って何にもない日……」

    あずさ「……あら?」

    あずさ「テーブルの上に何か置いてるわ」

    小鳥「本当、ですね……小さな箱」

    あずさ「プロデューサーさんの置き手紙が……『あずささんに似合う指輪を見つけてきました……?』」

    あずさ「まあ、こないだしてた話を覚えてたのね……こ、こまっちゃうわ~」カァァァ

    小鳥(カラス鳴いてるわよ、ちっ)

    あずさ「開けてみてもいいかしら」

    パカッ

    指輪「」ゴゴゴゴゴゴコゴゴゴゴゴゴ

    小鳥「ぶっ!?」

    あずさ「きれいですね……うふふ……」

    小鳥「なんか紫色の変なオーラ出てますよ!?なんですかこの指輪!?」

    あずさ「>>8」



    7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 18:03:04.97 ID:yUJ088K6O

    婚約指輪ね、きっと



    8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 18:04:02.44 ID:zVcaYYYKO




    【P「え、ただの指輪じゃなかったんですか?!」小鳥「はい、呪いの指輪です」【安価】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446174243/

    1 : ◆6Y4fHiT9KY 2015/10/30(金) 12:04:03.84 ID:/4MsPydP0

    短めです

    よろしくお願いします。





    2 : ◆6Y4fHiT9KY 2015/10/30(金) 12:05:22.78 ID:/4MsPydP0

    P「今日はハロウィンか 今まではやったことなかったが、お菓子を上げればいいんだな」


    「コンコン」


    P「お?早速誰かきたみたいだな」



    3 : ◆6Y4fHiT9KY 2015/10/30(金) 12:09:05.44 ID:/4MsPydP0

    亜美「はろー!にーちゃん!!亜美だよー!」


    P「早速きたな!真美は一緒じゃないのか?」


    亜美「んっふ~ふ~!今ね真美とどっちが多くお菓子を集めるか競争してるんだ!」


    P「そうだったのか。なら真美がきたら渡さないほうがいいのか?」


    亜美「ええ!?それは駄目だよー!あーでもそれだと亜美が負けちゃうかも・・うぅ・・」


    P「(いい子だ)」


    亜美「あ!じゃあ真美がきたら亜美より一個少なくしてあげて!それならみんなハッピーだよね!」


    P「その前に、いうことがあるんじゃないのか?」



    4 : ◆6Y4fHiT9KY 2015/10/30(金) 12:12:55.49 ID:/4MsPydP0

    亜美「そうだった!えーっと・・・!鳥食いお椀ストレート!!!」


    P「まったく意味がわからん。トリックオアトリートな」


    亜美「そーそー!それそれ!お菓子くれないと・・・・!」


    P「お?悪戯か?」


    亜美「にいちゃんのこの寝顔写真を事務所のみんなにばらまいちゃぞー!!」


    P「悪質だな!!!ほらもってけ!!」


    亜美「わーい!兄ちゃんありがと!!んじゃ亜美は次なる戦場へいかなくてはならぬ・・さらば!」


    P「気をつけていくんだぞー!」





    5 : ◆6Y4fHiT9KY 2015/10/30(金) 12:16:13.08 ID:/4MsPydP0

    P「まったく・・・亜美の奴いつのまにあんな写真を・・」



    「コンコン」


    P「お!次がきたみたいだな」



    【P「トリックオアトリート!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446254267/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 10:17:47.24 ID:9nxoGmGn0

    優「春香~!お菓子をくれないとイタズラしちゃうよ!」

    春香「優ちゃんっ」ぱぁぁぁ





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 10:26:02.76 ID:9nxoGmGn0

    春香(あ、あぁあっ、あぁ、優ちゃんっ!!)

    春香(なんて!なんて可愛らしい格好を!!)

    優「どう春香!?狼っ!狼男、いや狼女だよ!」

    春香(優ちゃんに!優ちゃんに可愛い犬耳がーーっ!)きゅーん

    ぴくぴくんっ(耳)

    春香「すっごく可愛い犬耳だよ優ちゃん!!」ぱぁぁ

    優「狼だってば!」ガーン



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 10:33:32.51 ID:9nxoGmGn0

    春香「えへへ、ごめんね優ちゃん狼さん」にまー

    優「まったくもう。狼なのに」ぴくんっ

    春香(はぁぁ~っ!!耳がぴくぴくしてて可愛いよぉ)きゅんきゅん

    優「ワンワンワンッ♪」

    春香「可愛いなぁ、可愛いなあ優ちゃん狼さんっ」きゅーん

    春香(自分で狼と言いながら、ワンって鳴いちゃうところがたまらなく可愛いよ~!)ほくほく



    【桜Trick or Treat】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446268317/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 14:11:57.92 ID:GkdKemLI0

    ガチャ

     律子「おはようございまーす」

     亜美「あっ、おっはよー! ねーねー、ところで律っちゃーん」

     真美「律っちゃんならトーゼン、今日がなんの日か知ってるっしょー?」

     律子「えっ? ……ああ、ハロウィーンね?」

     真美「そーそー! んで、ハロウィーンっていえばさー」

     亜美「アレっきゃないよねー、アレ」

     律子「悪いけど、お菓子なんて特に用意してないわよ。さて、昨日の企画書の続き……」


    < ブゥゥーッ


     律子「きゃあああっ!?」






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 14:12:43.24 ID:GkdKemLI0

     亜美「あっはははは!! あの律っちゃんがきゃあーって! バッチリせいこーだよっ、真美!」

     律子「な、な…… なに今のっ! 椅子になにか……」

     真美「んっふっふー、律っちゃん、油断してちゃあいけないよん」

     亜美「そーそー。ハロウィーンの"アレ"っていったら、イタズラに決まってるっしょ!」

     律子「あ、あんたたち……! 今どきブーブークッションとかどこで見つけてきたの!?」

     亜美「え? 100円ショップ行ったらふつーに買えるよ?」

     真美「おやおやー、ずのー派律っちゃんといえど、知らないことがあるよーですな」

     律子「へえ、そうなん…… じゃなくって! 事務所の椅子にこんなもの仕掛けたりして……」

     真美「あははっ、鬼軍曹が激おこだー、逃っげろー!」

     亜美「さらばだー律っちゃん! そのクッションあげるから、誰かに仕掛けちゃいなYO!」

     律子「ちょっ、こらっ、待ちなさーい!!」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 14:13:30.81 ID:GkdKemLI0





     律子「もう、逃げ足だけは本当に早いんだから! あとで見つけ次第お説教ね」

     律子「…… しかし、あげるって言われても…… こんなのどう使えっていうのよ」

     律子「ん……? なにかしら、この手触り。中になにか…… 出してみましょう」

     律子「…… 目覚ましガムとか、一口サイズのチョコとか、すごい量。それに、この紙……」ガサッ




       「おにぐんそーへつぐ!

        げんじゅーにかくされたこのお宝をよくぞ見つけだした! ほめてつかわすぞよ!

        お仕事、いつもおつかれサマ、律っちゃん。これ食べてガンバっ☆
        はっぴ→ハロウィーン! 亜美&真美」




     律子「…… まったく。両方あんたたちがやるんじゃ、"トリックアンドトリート"じゃないの」



    【P「Happy Halloween」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445684452/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/24(土) 20:00:52.49 ID:p8Q5TcAao

    魔王城 咲ちゃんの執務室

    バタン!!!

    塞「失礼します」

    咲「ん……どうしたの?」

    塞「魔王さま大変です!人間の軍隊が妖精の森に踏み込んだそうです」バタバタ

    咲「妖精とエルフだけでなんとかならない?」

    塞「魔王さまのお力で是非に……ということで」つ貢物

    咲「…………」

    塞「断ると支配力にも影響してきますし……」

    咲「ハンマーヘッドを派遣してあげて、暴れるの好きでしょ?」

    塞「かしこまりました」

    咲「うん、下がっていいよ」

    塞「失礼しました」





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/24(土) 20:03:07.20 ID:p8Q5TcAao

    コンコンコン

    咲「どうぞ」

    智葉「失礼する」

    咲「どうしましたか?」

    智葉「城下の治水工事の人手が足りないんだ」

    咲「ネコマタにやらせるよう言ったと思うけど」

    智葉「足りないんだ、頼む!」

    咲「現状の魔員で対処してください、少し工期が延びてもかまわないので」

    智葉「御意………………」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/24(土) 20:07:12.61 ID:p8Q5TcAao

    バタン!!!

    豊音「大変だよー淡ちゃんが鏡を見て石になっちゃった!」

    咲「…………プリーストに頼んで治してもらって」

    豊音「わかったよー」

    咲「はぁ……」

    咲(魔王も楽じゃないなぁ……)

    バタン!!!

    誠子「大変です!」

    咲「あー今度はなに!」

    誠子「姉君が人間の世界にいったまま行方不明になりました」

    咲「」



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/24(土) 20:11:36.29 ID:p8Q5TcAao

    咲「…………余っている魔員で捜索隊をだして」

    誠子「そうなると人間の街に踏み込むことになりますが……」

    咲「たしかにそうだね」

    咲「はぁ……」

    咲(お姉ちゃんもこんな大変な時に迷子なんてやめてよ、ほんとに)

    咲(どうしようかな?)

    >>7
    1.少しくらいほおっておいても大丈夫かな
    2.人型の魔物で捜索隊を編成する
    3.普通の人間の目には見えない魔物で捜索隊を編成する



    7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/24(土) 20:12:44.93 ID:v1tfMtEAo

    1



    【咲「はぁ……魔王の仕事も楽じゃないなぁ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446214057/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 23:07:37.37 ID:Ls0XSgqCo

    和「」じー

    カレンダー「10月 29、30、31」

    和「ハロウィンですか……」

    ~~~~~~~~~~~~

    和『トリックオアトリート!トリックオアトリート』 

    咲『あ、そういえばハロウィンだったねお菓子……用意してないや』

    和『ああ、それなら仕方ないですね』

    ~~~~~~~~~~~~

    和「咲さんにイタズラ……」

    和「アリですね」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 23:12:31.82 ID:Ls0XSgqCo

    西急ハンツ

    和(もしお菓子を咲さんが一緒に持っていたとしても、その貰ったお菓子を二人で仲良く食べれば仲良くなれますし……)

    和(どう転んだとしても損なことはありませんね)つハロウィン用品

    和「~♪」

    和「会計お願いします」つ

    和「!?」ハッ

    店員「?」

    和(も、もし……イタズラをすることになったら咲さんに嫌われてしまうかも)



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 23:16:18.16 ID:Ls0XSgqCo

    咲『和ちゃんってそういうことする人だったんだ、ガッカリだな』シラー


    和「…………」カタカタ

    店員「お、お客さま?」

    和(で、でも咲さんにイタズラ出来るチャンスは今日しかありません!)

    和(やり過ぎなければ大丈夫でしょう)

    店員「大丈夫ですか?救急車とか……」

    和「大丈夫です!会計お願いします」キリリ



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 23:21:57.98 ID:Ls0XSgqCo

    和のおうち

    和「~♪」

    ハロウィングッツ

    和「少し買いすぎてしまいました」

    和「でも、これで後は咲さんを驚かせにいくだけです!」

    和「………………」つガサガサ

    和「たくさんありすぎてどれを着れば良いか悩みますね……」

    和「ふーん」

    和「どれを着て咲さんに会いにいきましょうか……」

    >>5
    1.カボチャの被り物
    2.魔女のコスプレ
    3.血だらけの女の被り物



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 23:24:07.46 ID:zPbYLW850

    3



    【和「ハロウィンですし咲さんにイタズラしましょう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1441553839/

    1 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 00:37:19.96 ID:UGYPsjwz.net

    穂乃果「えへへ~//じゃあ明日穂乃果の家だよ!」

    海未「今絶対行くと誓ったじゃないですか」ヤレヤレ

    穂乃果「うーん、キスが足りなかったのかも」チラッ

    チュッ

    海未「これで足りますか?」

    穂乃果「うん!//ありがと!//」




    ことのぞえりにこまきりんぱな「は?」



    2 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 00:39:40.33 ID:UGYPsjwz.net

    穂乃果「じゃあね皆~!」バイバイ!

    バタン

    海未「ふぅ…じゃあ練習しましょうか」

    ことり「ちょっと待って」

    真姫「…何今の」

    海未「え?何がですか?」

    ことり「…ねぇ海未ちゃん!明日ことりと一緒に登校しよ?約束だよ?」

    海未「毎日してるじゃないですか…わかりましたよ」

    ことり「誓う?」

    海未「誓います」


    シーン


    ことり「は?」



    3 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 00:41:41.11 ID:UGYPsjwz.net

    ことり「ことりには無いの?」

    海未「…え?何がですか?」

    絵里「ねぇ海未、今日の放課後寄り道して帰らない?」

    海未「はい、わかりました」

    絵里「約束よ?」

    海未「はい、約束です」

    絵里「誓って?」

    海未「誓います」

    シーン


    絵里「チカァ…」



    5 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 00:44:44.54 ID:UGYPsjwz.net

    ガチャッ

    穂乃果「はぁ~!雨降ってるのに部室に傘忘れてたよ~」グッタリ

    海未「また忘れ物ですか…前にもう忘れ物はしないと約束したのはどうしたんですか?」

    穂乃果「…うーん…もう1回約束する!」

    チュッ

    穂乃果「これでいい?//」

    海未「も、もう//穂乃果はいきなりすぎます…」

    穂乃果「えへへ//じゃあ海未ちゃんも誓いのキス!」

    海未「…はい」チュッ

    穂乃果「…へへ//…あっ、もうお店番の時間だ…じゃあね皆~!」

    バタン

    一同「…」



    6 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 00:45:54.48 ID:FgB8xZZ1.net

    ほのうみなのか海未ハーなのか



    【穂乃果「はい!じゃあ誓いのキス!」海未「はいはいわかりましたよ」チュッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1442821452/

    1 :名無しで叶える物語(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:44:12.62 ID:Ju9oGo86.net

    雪穂「お姉ちゃん、今朝お母さんたちが出かけるとき返事してたじゃん…」

    穂乃果「あ、あれは寝ぼけてたのかな…?」アハハ

    雪穂「もう…お姉ちゃん…」アキレ

    穂乃果「え、じゃあ晩ご飯どうするの?穂乃果つくれないよ!」フンス

    雪穂「いばっていうことじゃないよお姉ちゃん…」

    雪穂「だから今日は、」

    ~~~~~~~~~~~~~~
    >>2のコンマが
    01~33:雪穂「海未ちゃん家にお泊まりだって言ったじゃん」
    34~66:雪穂「亜里沙の家にお泊まりだって言ったじゃん」
    67~99:雪穂「ことりちゃん家にお泊まりだって言ったじゃん」
    00:雪穂「二人きりだよ…お姉ちゃん///」



    2 :名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:46:48.95 ID:ifK/hP8p.net

    まかせろ



    6 :名無しで叶える物語(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:59:54.95 ID:Ju9oGo86.net

    雪穂「ことりちゃん家にお泊まりだって言ったじゃん」

    穂乃果「そ、そうだったね!じゃ、さっそくお泊まりの準備だよっ!」

    雪穂「え、まだお姉ちゃん準備してないの?」

    穂乃果「えー!なんで雪穂はもう終わってるの?」

    雪穂「いいから早く準備してきてよ…」アキレ

    穂乃果「あー、今あきれたような目で見た!ひどい!」

    ドタバタドタバタ

    ~~~~~~~~~~~~~~
    ことりちゃん家

    ピンポーン

    ことり「はーい」

    穂乃果「こんばんはーこっとりちゃーん!」

    雪穂「今日はよろしくお願いします」ペコリ

    ことり「少し遅かったね、なにかあったの?」キョトン

    雪穂「すみません、お姉ちゃんが」ジトッ

    穂乃果「ゆ、雪穂だって忘れ物取りに戻ったじゃん!」

    ことり「あ、あはは…」

    ことり「まあ上がってー、ご飯の準備できてるから♪」

    ことり(はー、今日は一晩中穂乃果ちゃんと雪穂ちゃんを眺めていられるなんてしあわせ~(^8^))チュンチュンチュン



    8 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 17:09:10.61 ID:x5NzGl1s.net

    なんか新しいな



    【穂乃果「今晩お父さんもお母さんもいないの!?」雪穂「うん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1407413463/

    1 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 21:11:03.73 ID:CKuU9aj8.net

    真姫「いいじゃない…明日土曜日なんだし」

    海未「まだお店に入って数分しか経っていないのに三杯目ですよね?流石にペースを考えてください」

    真姫「いちいちうるさいわねー」

    海未「もう…そうやってすぐ出来上がって寝てしまうんですから」

    真姫「今日は大丈夫よ、そこまで疲れてないし」

    海未「その言葉、何度聞いて裏切られたことやら…」

    真姫「大丈夫だってば…んくっ」

    真姫「今日は真姫ちゃんが新記録出して上げるんだから」










    真姫「すみませーん、カシスオレンジ…いえ、ウーロンハイ下さい」

    海未「…その割には飲むものは可愛いんですね」

    真姫「なによー。いいじゃないのよ別に」



    4 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 21:18:08.44 ID:CKuU9aj8.net

    真姫「海未、乾杯」

    海未「はいはい、乾杯」 チン

    真姫「…んくっ」

    海未「……」 ゴクッ

    真姫「はぁ、染み渡る」

    海未「何を言い出すんですか」

    真姫「だって大学の研究室つまんないのよ」

    真姫「お酒でも呑まないとやってられないわ」

    海未「そんなに厳しい教授なんですか?」

    真姫「ううん、周りの先輩とか院生がゼミに執着心全開なのよ…」

    海未「あぁ、なるほど…」

    真姫「推薦欲しいからってあんなハゲオヤジに尻尾振るなんて意味分かんない」

    海未「流石にそれは言い過ぎでは?」

    真姫「いいのよこの位、どうせ誰にも聞こえてないし」

    海未「…相当溜まってるんですね」



    6 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 21:33:03.73 ID:jJegzee7.net

    うみまき!



    【真姫「…もう一杯」海未「飲みすぎですよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ