大きいサイズ

    2015年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1447932499/

    1 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sabe-weHo) 2015/11/19(木) 20:28:19.04 ID:I2pDP3IEa.net

    海未「だらけてないで生徒会の仕事をしてください」

    怠惰穂乃果「やだ」

    海未「やだじゃありません。さ、これは穂乃果の分ですよ」ドサッ

    怠惰穂乃果「うぇ~、めんどくさ...」

    海未「口を動かさすんじゃなくて体を動かしてください」

    ことり「穂乃果ちゃん、もう少し頑張ろ?」

    怠惰穂乃果「めんどい...二人ともお願い...」

    海未「そんなんでラブライブに出場する気ですか?」

    怠惰穂乃果「出なくて良いんじゃない?ラブライブ」

    怠惰穂乃果「めんどくさいし」

    海未「本気で...言ってるのですか?」

    怠惰穂乃果(答えるのめんどくさいや)

    海未「穂乃果ァ!」

    怠惰穂乃果(うわ、怒ったよ...めんどくさいなぁ...)

    ことり「う、海未ちゃん!少し落ち着いて?」

    海未「ですが...!」

    怠惰穂乃果「何をそんなにムキになってるのさ。めんどくさい人」

    海未「っ!」






    バシン!



    2 :名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ (ワッチョイW ccd0-5TRD) 2015/11/19(木) 20:33:34.50 ID:ly+nE8hS0.net

    短気すぎワロタ



    3 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sabe-weHo) 2015/11/19(木) 20:34:07.38 ID:I2pDP3IEa.net

    ことり「海未ちゃん...!」

    海未「す、すみません!つい...」

    ことり「穂乃果ちゃん大丈夫?」

    穂乃果「......」

    海未「ほ、穂乃果?」

    憤怒穂乃果「いったーーーい!!!」

    憤怒穂乃果「もう穂乃果怒ったぞう!」パォーン

    ことり「ほ、穂乃果ちゃんが怒った!」

    憤怒穂乃果「何ですぐに手を出すのさ!?」

    海未「すみません!」

    憤怒穂乃果「許さないよ!!一発は一発だよ!!!」

    ぽかぽか!

    海未「いたっ...」

    憤怒穂乃果「えい!えい!」

    ポカポカ!

    海未「ちょっ...そろそろ...」

    憤怒穂乃果「穂乃果の怒りはこんなもんじゃないよ!!!」

    ぽかっ!

    海未「...ッ!!いい加減にしなさい!」

    バシン!



    7 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sabe-weHo) 2015/11/19(木) 20:41:16.88 ID:I2pDP3IEa.net

    ことり「海未ちゃん!」

    海未「痛かったんですもん!」

    穂乃果「......」

    ことり「穂乃果ちゃん。海未ちゃんも悪気があったわけじゃないから許してあげて?」

    海未「すみませんでした」

    暴食穂乃果「お腹すいた!」グゥー

    海未「え?」

    暴食穂乃果「許す!許してあげるから何か食べ物ちょうだい!」

    ことり「あ、おやつ持ってきてたよ」スッ

    暴食穂乃果「あ!クッキーだ!いただきます!」ムグムグ

    海未「私の分も食べていいですよ」

    暴食穂乃果「元よりそのつもりだよ!」マグマグ

    十秒後...

    海未「も、もうなくなってしまいました...」

    ことり「凄い...」

    暴食穂乃果「まだ足りない!!!」

    ダダッ!ズダダダダ!ガチャ!ズルッ!?ドダッ!ダダダダダダッ!

    海未「あ!穂乃果ァ!」

    ことり「何か様子がおかしいような...」

    海未「追いかけましょう!」



    8 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-1Uzl) 2015/11/19(木) 20:42:14.53 ID:KfQ6zVMZp.net

    色欲穂乃果ちゃんください



    【怠惰穂乃果「めんどくさいなぁ...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451409139/

    1 : ◆jMqpzvitLs 2015/12/30(水) 02:12:19.44 ID:f3A7WvIuO

    レ級e「何だこの眼鏡?」


    レ級e「艦載機を開発していた筈なのに……何で眼鏡が出来るんだ?」


    レ級e「んー……」カチャ


    レ級e(度は入っていないな……)


    ヲ級改f「ヲ?! おい、レ級!」


    レ級e「げっ……ヲ級」


    ヲ級改f「また勝手に艦載機を開発しているの!」


    レ級e「許可とったよ…」


    ヲ級改f「嘘つけ! それと……この前また勝手に海域から離脱したでしょっ!」


    レ級e「う……」


    ヲ級改f「アンタがばっくれたせいで、わざわざ南方棲戦姫様に来てもらったんだよ! いつも、問題児を庇ってやってるこっちの身にもなってよっ!」ガミガミ


    レ級e(五月蠅い奴だ…………ん?)


    ヲ級改f「だ、だから…お詫びに今度2人で、デート…….お出掛けしてもらうからねっ」【経験人数・0】


    レ級e(何だこれ……経験人数?)







    2 : ◆jMqpzvitLs 2015/12/30(水) 02:14:21.47 ID:f3A7WvIuO

    レ級e(経験人数って言ったら……あれだよね…もしかして、その人数が分かるのか?)


    ヲ級改f「ん? ……そういえば眼鏡をしているの? 珍しいね……」


    ヲ級改f「ま、まあ中々似合っているんじゃない……?」


    レ級e「なあ、ヲ級」


    ヲ級改f「ん?」


    レ級e「お前、経験人数は0か?」


    ヲ級改f「は?!」



    3 : ◆jMqpzvitLs 2015/12/30(水) 02:16:07.46 ID:f3A7WvIuO

    レ級e「いや、だから性交した事はあるのかって…」


    ヲ級改f「な、なななななな何を言っているのよ! この私が人間共と盛っているように見えるの?!」


    レ級e「い、いや。そういうわけじゃ……0なんだよね?」


    ヲ級改f「あ、当たり前でしょっ!! 憎むべき人間共なんかとっ」


    レ級e「んー、やっぱりそうだよな。0だよね……」


    レ級e(まぁ私達が人間と交わる機会なんてそう無いだろうし…)



    ヲ級改f「も、もしかして私はだらしのない女に見えるの……そんな……うっ……うっ」


    レ級e(ンー…でも他の奴らも見てみるか。なんか面白そうだし)


    レ級e「ねぇヲ級」


    ヲ級改f「だ、だから私は未経験だからね!」


    レ級e「いや、そうじゃなくて。実は……」





    【戦艦レ級「経験人数ガ分カル眼鏡?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451484314/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:05:14.60 ID:TE7b0TTD0

    キンマ僕選ランキング三位は雀荘のサエコさんです。
    一応あれの続きですけど気にしないでください。






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:05:51.45 ID:TE7b0TTD0

    このみ「久々のお休みだし雀荘でも行きますかー」

    グリP「発想がギャンブラーのそれなんですけどアイドル的に大丈夫ですか?」

    このみ「なーに言ってるのよ。当然プロデューサーも同行よ?」

    グリP「いやです」

    このみ「なんで?」

    グリP「前一緒にいったお店で幾ら持って行かれたと思ってるんですか?!」

    このみ「やーねー。一桁万円じゃないの」

    グリP「千円札がティッシュペーパーのように飛んでいきましたよ……」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:06:29.95 ID:TE7b0TTD0

    グリP「ヤメロー!シニタクナーイ!」

    このみ「ぐぎぎっ……大の大人が往生際の悪い……っ!」

    グリP「諭吉さんとの蜜月を楽しみたい!」

    このみ「……あーそういえば昨日経費の調整をしてたらねー」

    グリP「……?」

    このみ「領収書の中にプレゼント代ってのがあってねー。なんと51枚」

    グリP「……」

    このみ「私たちは丹精込めて誰かさんのために」グリP「行きましょうか」

    このみ「……一応経費で落としといてあげるわよ」

    グリP「全員分のお返しをポケットマネーで出してたら破産しますよ僕」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:07:16.07 ID:TE7b0TTD0

    このみ「はーるばる来たぜ歌舞伎ちょー」

    グリP「赤は三枚赤は三枚赤は三枚……」ブツブツ

    このみ「金と緑があるわよ?」

    グリP「また野口さんティッシュペーパーじゃないですか!」

    このみ「勝てばいいのよ勝てば。さぁしゅっぱーつ」

    ??「ちょっとちょっとそこのお嬢さーん、止まりなさーい!」

    このみ「?」

    ??「このお店はね、18歳以上じゃないと入れないのー。もうちょっと大人になってから来ましょうね?」

    このみ「私は大人よ!」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:08:06.32 ID:TE7b0TTD0

    ??「はいはい。お兄さんもいくら妹さんがかわいいからってこんなお店に連れてきちゃダメじゃない」

    グリP「あ、そうですよね。はい失礼しました。じゃ帰ろうか」

    グリP(この方って346さんの……)

    このみ「こらー! ほら免許書! 生年月日! 大人! 私大人!」

    ??「……ちょーっと入手経路を署の方で聞かせてもらおうかしらね? インド? タイ?」

    このみ「日本国で取得してるわよ!」

    ちひろ「あれ? 早苗さんにお姉ちゃん?」

    このみ「あれ? ちっひに346のプロデューサーさん、でしたよね?」

    モバP「そして未来の親戚でもあ痛いちひろさん痛い」ちひろ「」ゲシゲシ

    グリP「あぁやっぱりあなたはアイドルの早苗さんでしたか」

    早苗「ちょ、ちょっと待って情報が交錯しすぎてて訳わからない」

    モバP「わからないわ」



    【雀荘のコノミさん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451461892/

    1 : ◆3asVg8YHh2qs 2015/12/30(水) 16:51:33.19 ID:kUKYzt4EO

    一騎「本当か、カノン!」

    カノン「ああ!ゴルディアス結晶から観測された波形の周期を読み取り、小型カノン式アクセラレータでそれに変化を加えることで能力の変更が可能になったんだ!」

    一騎「凄いな……じゃあ早速実験してくるよ!」

    カノン「くれぐれも悪用するんじゃないぞ……と、言いたい所だが少し待ってくれ」

    一騎「ん?どうしたカノン?」

    カノン「いや、実験するならもうここにいるじゃないか」

    一騎「え……まさかカノン、自分を実験台に?」

    カノン「馬鹿、私のSDPが変わったら大変な事になるじゃないか!」





    2 : ◆3asVg8YHh2qs 2015/12/30(水) 16:56:26.54 ID:kUKYzt4EO

    一騎「え……じゃあ誰が?」

    カノン「……お前以外に誰がいる、一騎?」

    一騎「え、俺!?いや、だって俺SDPなんて……」

    カノン「ああ……確かにお前のSDPははっきりしていない……だからこの発明で発現させてやる!」

    一騎「いや、ちょっと待って……!?」

    カノン「大丈夫、痛くはない!」

    ピッ!

    一騎「くっ……これは!?」

    カノン「よし、観測されたSDPは……>>3か」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 16:56:52.57 ID:9HSMrrRE0

    女性をメロメロにするSDP



    4 : ◆3asVg8YHh2qs 2015/12/30(水) 17:03:52.33 ID:kUKYzt4EO

    カノン「……結果が出た。『女性をメロメロにする』……だそうだ」

    一騎「げっ!?そ、そんな能力になったのか……」

    カノン「……不味いな、これまでを越えるほど一騎が天然タラシになれば……大変な事になる」

    一騎「女って……あれ、そもそもカノンは平気なのか?」

    カノン「ああ、私はもともと……ゲフン!じゃなくて、万が一に備えた干渉不可装置を身につけているからな」

    一騎「へぇ……」ズイッ

    カノン「っ!……か、顔が近いっ///!?」



    5 : ◆3asVg8YHh2qs 2015/12/30(水) 17:07:11.70 ID:kUKYzt4EO

    一騎「ん……でも、それじゃ能力が発動しているのか分からないな」

    カノン「そうだな……とりあえず他の実験台を探すついでに外を歩いてみるか……だが一騎、忘れてないだろうな」

    一騎「え?」

    カノン「……SDPは能力が付与されるだけではない。デメリットもあるということを」

    一騎「……あ!それじゃ……」

    カノン「そうとも。今お前が抱えた代償は……>>6だ」



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 17:07:52.01 ID:wbq7JMIsO

    性欲爆増



    【カノン「出来たぞ!安価で対象のSDPを変化させる装置だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451054100/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:35:00.80 ID:w8fjQhRk0

    ギャグss(のつもり)です

    書き溜め無しなので遅いです





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:49:54.14 ID:w8fjQhRk0

    ゴルディアス結晶内――

    一騎「ここは…?」

    カノン「ウルドの泉だ」

    一騎「カノン…!?」

    一騎(いや、違う…)

    一騎「俺も、島と一つになるのか…?」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:07:26.15 ID:ZZeStJp70

    カノン「それは最後の祝福だ、真壁一騎」

    カノン「今、我々とお前の間で調和の可能性が開かれた…皆城総士が存在と無の調和を選んだように」

    一騎「存在と、無…」

    カノン「そうだ、皆城総士も自身が操縦するマークニヒトをそう呼称していたはずだ†虚無の申し子†と」

    一騎「†は付けてないだろ!?」

    カノン「皆城総士はそのつもりで呼んでいた」

    一騎「総士…」

    カノン「皆城総士は別の呼称もいくつか考えていた事を我々は記憶している」

    カノン「3日に一度、定期的に自身の部屋で呼称をまとめた記録ノートを描いていた」

    一騎「ええ…」

    カノン「この島から出てからは不明だがこの島を出る時までに三冊のノートを消費していた」

    一騎「もうやめてやれよ!」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:17:06.82 ID:kDdCo9U3o

    ポエマーだからね、しょうがないね



    【【ファフナーss】結石の祝福】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451457255/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 15:34:15.91 ID:4Se2fMDn0

    絵里「…え?」カリカリ

    ことり「勉強とことりどっちがすき?」

    絵里「…ことりが好き」カリカリ

    ことり「ではその手を止めて、絵里ちゃんが大好きなことりの相手をしましょう」

    絵里「ん…あと少しだけ待ってね」カリカリ

    ことり「むー…」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 15:35:11.22 ID:4Se2fMDn0

    絵里「この俳優さんカッコいいわね」

    ことり「…この人とことりどっちがすき?」

    絵里「ことりかな」

    ことり「絵里ちゃ~ん・」ダキッ

    絵里「あ、やめて、集中したいから」

    ことり「むう…」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 15:39:38.24 ID:4Se2fMDn0

    ことり「チョコとことりどっちがすき?」

    絵里「………ことり」

    ことり「なんか間があったよ~?」

    絵里「ことりが一番よ。ええ、ほんとうに」

    ことり「む~…」

    絵里「ほんとだってば」

    ことり「いつか即答させてみせるもん…」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 15:50:03.13 ID:4Se2fMDn0

    絵里「そろそろ寝ましょうか」

    ことり「うんっ」

    ~~♪~~♪

    ことり「電話だね」

    絵里「私だ。…穂乃果から?ごめんことり、先にベッド入っててくれるかしら」

    ことり「はーい」

    絵里「もしもし穂乃果?うん、大丈夫よ」

    ……20分後

    ことり「絵里ちゃんおそぉい…」ゴローン



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 15:56:32.82 ID:4Se2fMDn0

    ガチャッ

    絵里「えぇ、そうね…わかった。明日また教えるから。はいはい、ちゃんと寝てね、うん、おやすみなさい」

    絵里「ふぅ…ことり、遅くなってごめんなさい」

    ことり「長かったね~」

    絵里「ダンスの話だったんだけど、口じゃ教えられないからね。明日改めて教えることになったの」

    ことり「そっかぁ」

    ことり(穂乃果ちゃんとことり…ううんきくのはやめとこう)



    【ことり「絵里ちゃん、どっちが好き?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1448988821/

    1 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-ALAe) 2015/12/02(水) 01:53:41.38 ID:Ry3+6+FDd.net

    ほのまきです。



    2 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-ALAe) 2015/12/02(水) 01:54:16.80 ID:Ry3+6+FDd.net

    穂乃果「えーっと、真姫ちゃん。話って何かな?」

    真姫「……穂乃果って好きな人とかいる?」

    穂乃果「え?うーん……好きな人かぁ……今はいないかな~」アハハ

    真姫「そう」

    穂乃果「真姫ちゃんこそ好きな人とかいるの?」

    真姫「私?……そうね、いるわ」

    穂乃果「へぇー!誰々?」

    真姫「……あまり言いたくないんだけど」

    穂乃果「いいじゃ~ん♪教えてよぉ~♪」スリスリ

    真姫「ヴェエエエ……」

    真姫「……私の好きな人はあなたよ」カミノケクルクル

    穂乃果「ふぇ?」

    真姫「だから、私の好きな人は穂乃果なの!!///」

    穂乃果「え、えええええ!?」

    真姫(なーんて、懐かしい記憶もあったもんね)

    真姫「はぁ……懐かしいけど嫌な思い出ね」

    真姫「その後、穂乃果には振られてるわけだし」

    真姫「高校を卒業して、まだあの子の事を想うなんて……女々しいわね私も」

    真姫「……はぁ、カフェでコーヒー飲んでる場合じゃなかったわ」

    真姫「帰ってレポートをまとめなきゃ……」

    真姫「……の、前にもう一杯コーヒー飲んでからにしよ」

    真姫「……コーヒー遅いわね」

    真姫(というかもうここでレポート書いちゃえばいいんじゃないかしら)

    真姫(そうよ、そうしましょ!)ゴソゴソ

    「おまたせしましたー……わ、わわっ!?」

    真姫(よーし!書くわよー!)

    「わあああ!?」バシャーン

    真姫「……」ビショビショ

    「も、申し訳ありません!すぐ拭くものを!」

    真姫「あー……いいわ。ちょうどもう帰るとこだし……」ガタッ

    「本当にすいませ……あれ?」

    穂乃果「真姫ちゃん?」

    真姫「え?穂乃果?」



    3 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-ALAe) 2015/12/02(水) 01:54:55.02 ID:Ry3+6+FDd.net

    穂乃果「いや~ごめんね!服はクリーニングして返すから……ね?」

    真姫「別にいいわよ……それよりなんで喫茶店でアルバイトしてるのよ」

    穂乃果「えーっと……お金が無いから?」

    真姫「そうじゃなくて……穂むらで働いてればいいんじゃないの?」

    穂乃果「うーん……それもそうかもしれないけど」

    穂乃果「いつまでも穂むらにいるわけにもいかないしね?」アハハ

    真姫「そういうもんなの?」

    穂乃果「そう思っただけだよ?」

    真姫「ふーん……それじゃあ穂むらから大学通ってるのよね?」

    穂乃果「う、うん……」

    真姫「それってあんまり意味無いんじゃない?」

    穂乃果「うぐっ……」

    真姫「まあ自分でやるって言うならいいんじゃない?」ヤレヤレ

    穂乃果「むっ……」

    真姫「私には関係ないし、ここで帰らせてもらうわ」

    穂乃果「ま、待って!!」ガシッ!

    真姫「ヴェエエエ!?」グイィ

    真姫「な、なにすんのよ!!」

    穂乃果「……真姫ちゃんにお願いがあるの!」

    真姫「お願い?」

    穂乃果「ま、真姫ちゃんの家にお泊りさせて欲しいなぁ~って」

    真姫「……まあ、泊まるぐらいならいいわよ?」

    真姫「……あのさ」

    穂乃果「何?」

    真姫「泊まるのよね?」

    穂乃果「うん?そうだよ?」

    真姫「それにしても持ってきた荷物が多くないかしら」

    穂乃果「な、なんのことかなぁ~?」

    真姫「あなた、住み着くつもりね」

    穂乃果「ギクゥッ」

    真姫「……」ジトー

    穂乃果「……」アセダラダラ

    真姫「……はぁ、好きにしなさい」

    穂乃果「え?本当!?わーい♪」

    真姫「だけど!」

    穂乃果「は、はいぃ!!」ビクッ

    真姫「家賃は払ってもらうからね!」

    穂乃果「あ、はい……」



    【真姫「……穂乃果って好きな人とかいる?」穂乃果「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1293280018/

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/25(土) 21:26:58.41 ID:OwKc/92dP
     
    澪「わ、わたしは忙しいんだ!」
     
    澪「そう、……今いい所」キリッ
     
     
      プルプルプルプル
     
    澪「邪魔するなよ? あと一段、あと一段で……」
     



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/25(土) 21:27:58.84 ID:OwKc/92dP
     
    澪「はっ、鼻がムズムズするぅ」
     
    澪「やめろぉ、冗談じゃな……へっ」
     
    澪「耐えろ、耐えるんだわたし! ……くぅ」
     
    澪「これで23回目のトライ、ついにたどり着いたッ……最上階でぇぇえ!」
     
    澪「えっぷし」
     
     
      パサァー
     
    澪「ぐぁあぁぁぁぁ! まーた失敗だぁー!」ダンダン
     



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/25(土) 21:31:08.70 ID:OwKc/92dP
     
    澪「まぁ『最上階でぇぇえ!』って力んだ時に崩れてたんだけどな!」テヘ
     
    澪「かれこれ23回目も失敗、ハハッ」
     
    澪「……なんだよ?」ジトー
     
    澪「『暇そうで何より』って?」
     
    澪「あー、おほん」
     
    澪「忙しいなぁ! トランプ4階建てタワー作るのに忙しいよ!」
     
    澪「…………」
     
     
     
    澪「さ、寂しくなんて……ないからな」
     
    澪「散歩がてらコンビニにでも行くか」
     



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/25(土) 21:34:16.53 ID:OwKc/92dP
     
    澪「うー、寒い」
     
    澪「しっかり着込んでくればよかった」
     
    澪「…………!」
     
    澪「だけどここは
      『彼と過す予定でお菓子が切れたから買いに来たの~♪』てな感じでフットワーク軽目に……」
     
    澪「そう考えれば怪我の功名! 澪ちゃんナイスッ!」

    澪「あそこの角を曲がった辺りから小走り始めれば丁度いいな」フフッ
     
     
    澪「ん? なんでトランプタワーかって?」
     
    澪「あ、あれは……その」
     
    澪「イヴにいちゃいちゃしてる"カップル達を呪う"わたしなりの」
     
    澪「!? ……とかじゃないぞ、クリスマスに動じない精神力を培う為に」ゴニョゴニョ
     



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/25(土) 21:37:23.32 ID:OwKc/92dP
     
    澪「唯は憂ちゃん、和と過すのか……」
     
    澪「ムギはきっとパーティーか何かにお呼ばれされてるんだろうなぁ」
     
    澪「でも、もしわたしがムギに電話したら」
     
     
      紬『何かしら、え!? 暇……なのね?』
     
      紬『わっ、わかったわ! 待っててね!』ハァハァ
     
      紬『20分、いいえ10分で向かうわ! 
        ……ちょっと斎藤! すぐに車を回しなさい』
      
      斎藤『しかし、お嬢様……』
      
      紬『友達の一大事なの! 
        こんなパーティーいつでもできるじゃない!』
     
    澪「こんな感じか……?」ハハッ
     
    澪「あー、でもわたしはそう言うの好きじゃないんだなー」
     
     
      トボトボ
     
    澪「自分からアクションを起こしたら"負け"って言うかさ……」
     



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/25(土) 21:40:21.35 ID:OwKc/92dP
     
    澪「もうこの際曽我部先輩でもいい!」
     
    澪「ファンクラブの子達でもいい!」
     
    澪「臆することなくわたしへ声を掛けて欲しかった!」ジンワリ
     
    澪「一人はさび……ッ」
     
     
    澪「! ……寂しくなんてないぞ!」
     
    澪「あーっはっは! そうだそうだ」
     



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/25(土) 21:41:04.09 ID:+SfDhad50

    うちに来いよ!!



    【澪「クリスマス、忙しいフリをする準備は大丈夫?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1448795634/

    1 :名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ (ニククエW d0b2-V2Tz) 2015/11/29(日) 20:13:54.82 ID:R1Umu6yY0NIKU.net

    ~ローカルテレビ局、スタジオ~


    司会「皆さんこんにちは!さぁ、今日も始まりました『しゃべらん会!』。この番組は、今の日本を考える若者達の生の声を生放送でお届けする番組です」


    司会「今日はゲストコメンテーターとして、今をきらめく音ノ木坂学院スクールアイドル『μ's』から、この3人に来てもらっています!」



    にこ「にっこにっこぬぅい~☆あなたのハートににこにこに~☆みんなに笑顔届ける矢澤にこニコ~♪あ~っ!どぅめどぅめどぅめぇ~!!にこニーは、み~んなのモ・ノ☆」



    穂乃果「音ノ木坂学院スクールアイドル『μ's』のリーダー、高坂穂乃果ですっ!今日もみんなでファイトだよっ!うんっ!ファイトだよっ!!」



    凛「凛ちゃんといえば~~~?」

    にこほの「イエ゛ロ゛ォ゛だよおおぉおぉおおぉ゛お゛お゛!!」

    凛「星空凛で~す!よろしくにゃん!」




    司会「ありがとうございます。皆さん今日はよろしくお願いします」


    にこほのりん「よろしくお願いしま~~す☆」



    2 :名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ (ニククエW d0b2-V2Tz) 2015/11/29(日) 20:15:28.15 ID:R1Umu6yY0NIKU.net

    司会「今日はよくお越しくださいました、皆さんの貴重な御意見を参考にさせて頂きたいと思います」


    穂乃果「いえいえっ!穂乃果達の意見なんかでよかったら、ドンドン聞いちゃってくださいっ!参考になるかはわかりませんけどっ!アハハ☆」


    凛「凛はねぇ~、テレビとか出るの初めてだからちゃんと出来るかわかんないけど、とにかくがんばるにゃ!」


    にこ「にこわぁ~~、緊張しちゃってるからぁ~~、上手く話せるかぁ、すっごぉくすっごぉく心配ですけどぉ~~、みぃんなのためにぃ~一生懸命頑張るニコよっ☆」


    凛「またまたぁ!にこちゃんはいつも通りのにこちゃんにゃ!逆にもうちょっと緊張した方がいいよ~?」


    にこ「も~~☆凛ちゃんのいじわるぅ~~☆」


    にこほのりん「アハハハハ☆」




    司会「それではさっそく今日のトークテーマを発表します!今日のトークテーマは『日本の経済』です」


    にこほのりん「えっ?」



    3 :名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ (ニククエW d0b2-V2Tz) 2015/11/29(日) 20:16:18.05 ID:R1Umu6yY0NIKU.net

    にこ「け・・・『経済』?またよりにもよって?」

    司会「また?・・・とりあえず経済です」


    穂乃果「け・・・軽罪?」

    司会「経済です」


    凛「・・・Aざい、Bざい、Cざい」

    司会「Kざい」


    にこ「・・・にっこにっこ

    司会「経済です」




    にこほのりん「・・・」


    穂乃果「な・なるほどなるほど」キリッ

    にこ「ま・まぁ、にこ達だものね!当然よね!」キリッ

    凛「す・素晴らしいテーマですわねっ!ワタクシ達にピッタリですわっ!」オホホホホ


    司会「?」



    4 :名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ (ニククエW d0b2-V2Tz) 2015/11/29(日) 20:18:32.09 ID:R1Umu6yY0NIKU.net

    にこ「・・・(なぁ~んちゃって☆)」

    ほのりん「・・・」ニヤッ


    にこ「(とりあえずお約束だから焦ったフリしたけど、実は知ってたのよねぇ~トークテーマ!)」ニヤニヤ

    にこ「(これはテレビなのよ?しかも生放送!ちゃ~んと事前に打ち合わせしてるにきまってるじゃない)」



    穂乃果「経済かぁ~、穂乃果にわっかるかなぁ~!」ニヤニヤ

    凛「あ~、もしかしたら今日で凛達のイメージ変わっちゃうかもね~」ニヤニヤ



    にこ「(し・か・も!ちゃ~んとあるのよね~、テレビには)」


    にこ「(だ・い・ほ・ん・がっ☆)」


    にこ「(この台本さえあれば、念願の『知的スクールアイドル矢澤にこ』がついに爆誕するって寸法☆」グフフ


    ほのりん「・・・」ニヤニヤ



    司会「それでは、まずは『地域格差問題』について、皆さんはどうお考えなのでしょうか?」


    にこ「あ~、『ちいきかくさ』ね『ちいきかくさ』、え~っとぉ・・・」ペラペラ

    ほのりん「・・・」ペラペラ



    にこ「強力粉250グラム」

    穂乃果「冷水70CC」

    凛「食塩2グラムです」


    司会「えっ?」

    にこほのりん「ん?」



    【【誤魔化せ】穂乃果「生放送番組のゲストに?いいよっ!」【にこほのりん】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1449479022/

    1 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JPW 0Hcc-feph) 2015/12/07(月) 18:03:42.43 ID:QizbSp6LH.net

    凛「一期一会……どんな人と会って、それがどんな意味をもたらすか、私たちにはわからないわけだよね?」

    穂乃果「……うん」

    凛「そしてその出会いを大事にするか、しないか、どちらを選ぶかはそれぞれで」

    凛「私は大事にしたんだ」

    凛「だから今、この現状にあるの」

    穂乃果「……そうだね」

    穂乃果「それは言えてるね……」

    凛「……そういう意味では、私は穂乃果ちゃんや、みんなに会えた事、とっても嬉しく思ってるよ」

    凛「あの時、かよちんと真姫ちゃんと一緒に、アイドルをやってよかったって思ってる」

    凛「だから、私は出会いを大事にしてるよ」

    穂乃果「……そっか」

    穂乃果「それはいい事だと思うよ」

    穂乃果「凛ちゃんの気持ち、聞けて、嬉しいな……凛ちゃんの言う通りだよ。どんな出会いでも、無下にしちゃいけないね」

    凛「……わかってくれた?」

    穂乃果「うん」

    凛「本当に?」

    穂乃果「うん、本当」

    凛「……なら」



    3 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 80b1-feph) 2015/12/07(月) 18:06:42.21 ID:QizbSp6L0.net

    凛「私が穂乃果ちゃんのプリンを食べちゃった事を許してくれるね?」

    穂乃果「……」

    穂乃果「うーーん…………」

    凛「どうしてもだめ?」

    穂乃果「うーん!どうしても!」

    凛「そっかぁ」(´・ω・`)



    4 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 80b1-feph) 2015/12/07(月) 18:09:17.17 ID:QizbSp6L0.net

    穂乃果「というか言い訳が壮大すぎない?」

    凛「そんな事ないよ!」

    穂乃果「でも理由はどうあれ凛ちゃん、穂乃果のプリン……」

    凛「……」

    凛「ま……まあいいじゃん。プリンくらい。確かに食べちゃったのはわるいけど……」

    穂乃果「だめー!あれはただのプリンじゃないんだからー!」

    凛「えっ、どんなプリンなの」



    【凛「こんな言葉を知ってる?」穂乃果「……」】の続きを読む

    このページのトップヘ