大きいサイズ

    2016年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454231315/

    1 : ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:08:35.89 ID:op3figTa0

    美嘉「ついに!!ついにきた!!!」

    美嘉「みりあちゃんのSSR!!!!」

    美嘉「これでいつでも動くみりあちゃんが見れる・・・ふひひ★」

    美嘉「あぁ^~ようやくみりあちゃんがアタシのスマホに来てくれるんじゃ^~」パキパキ





    2 : ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:10:30.63 ID:op3figTa0

    美嘉「さて、それじゃあみりあちゃんが来てくれるまでガチャ回しますかっ」

    美嘉「来るまで課金すればSSR引く可能性は100パーセントだから、楽勝だよね!」

    美嘉「起動起動、っと」

    美嘉「・・・えっ?」

    美嘉「ロード画面から、先に進めない・・・!?」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 18:11:04.44 ID:rTDC5qImo

    スレタイだけでパキパキ特定



    【美嘉「みりあちゃん禁断症状」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454166646/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:10:46.68 ID:6COZbSMW0

    京子「皆お待たせ!京子ちゃんが来たよんっ」ガラッ


    結衣「……」カリカリ


    京子「あれ、結衣だけ?あかりとちなつちゃんは?」


    結衣「まだ来てない」


    京子「何だ、そうなのか。結衣は何してんの?」


    結衣「宿題」


    京子「あとで写させてねっ」キョピッ


    結衣「いや自分でやれよ」


    京子「あはは」






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:11:42.09 ID:6COZbSMW0

    結衣「……」カリカリ


    京子「……暇だ…」


    結衣「宿題やれよ」


    京子「それはやだ」


    結衣「……」カリカリ


    京子「……ん?」


    結衣「……」カリカリ


    京子「何だって!?」ガタッ


    結衣「どうした?」





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:12:34.21 ID:6COZbSMW0

    京子「あかりとちなつちゃんから今日は用事あって部活に来れないって連絡きた」


    結衣「そうなのか」


    京子「うん、何か最近あの二人妙に仲良いよなー」


    結衣「確かに…あかりとちなつちゃんの仲が良いのは元からだけど最近は前よりも距離が近いような気がするな」


    京子「もしかして付き合ってたりして!…なんちゃって」


    結衣「……」




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:13:21.20 ID:6COZbSMW0

    結衣「……」カリカリ


    京子「結衣」


    結衣「ん?」


    京子「放課後の部室で二人っきりだね…」


    結衣「気持ち悪い言い方すんな」


    京子「いやん」



    【【ゆるゆり】結衣「京子と二人」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454081409/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 00:30:09.11 ID:5PvBeoUlO

    ※キャラ崩壊の可能性若干含む
    ※ただただ駄弁るだけの山無し落ち無し
    ※アイドル達は耳年増な傾向があり







    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 00:32:45.68 ID:5PvBeoUlO

    モバP「あー、その方針で、ええ」

    モバP「じゃ、もうちょい煮詰めてもらって、はい」

    ガチャッ

    凛「おはようございます」

    凛「プロデューサーおは……電話中か」

    凛 (邪魔しちゃいけないよね)トスッ

    凛 (そう、邪魔しちゃいけないんだけど)ペラ

    凛 (ソファに座って雑誌読むふりをしながら、声をかけず見つめてることは悪いことでしょーかっ)

    凛 (というわけで)ジーッ

    凛 (……うん)

    凛 (電話してるプロデューサー、いいね)

    凛 (仕事ができる男っていう感じ?)

    凛 (私たちのために頑張ってくれてるんだよね)

    凛 (私も頑張らなきゃって思うよね)




    3 :sage saga 2016/01/30(土) 00:38:22.27 ID:5PvBeoUlO

    凛 (……)

    凛 (…………うん?)

    モバP「うーん、そこをなんとか」

    凛 (あの首のところ……)

    モバP「はい、お願いします」

    凛 (もしかして……?)

    モバP「はい、はい、失礼します」ピッ

    モバP「ふう、これでなんとかなりそうだな」ヤレヤレ

    凛「お疲れさま、プロデューサー」

    モバP「おお、凛。お疲れ」

    凛「ところでさ」

    モバP「うん?」

    凛「そのく……」ハッ

    凛 (いや、そのまま聞くのは早いか)




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 00:47:32.25 ID:5PvBeoUlO

    凛「ちょっと、ゴミついてるよ」

    モバP「え?どこ?」

    凛「あ、そっちじゃなくて」

    モバP「お?」

    凛「とってあげるよ」スタスタ

    モバP「頼む」

    凛「んーと」ジーッ

    凛 (……やっぱりそうか)

    凛「はい、とれたよ」

    モバP「お、ありがと」

    prrrrr……

    凛「ん。じゃ、私あっちにいるね」

    モバP「おう」フリフリ

    ハイ,モシモシ

    凛 (あれ、首のやつ。どうみてもキスマークだよね)




    【渋谷凛「プロデューサーの首にキスマーク……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454168500/

    1 : ◆i/Ay6sgovU 2016/01/31(日) 00:41:50.36 ID:NrWaZ6Fg0

    ―――――訓練場―――――


    曙(ふぅ……今日の自主練はこれくらいでいいかしら)

    曙(今日は出撃もないし、部屋に戻ってゆっくりしよう)トコトコ

    赤城「あ、曙さん!こんにちは」

    加賀「……こんにちは」

    曙「あら、一航戦じゃない、そっちも訓練?あたしは帰るとこだから、頑張ってね。それじゃ」トコトコ

    赤城「まぁまぁまぁまぁ、ちょっとお話しませんか?」ガシッ

    曙「……は?」








    2 : ◆i/Ay6sgovU 2016/01/31(日) 00:42:55.54 ID:NrWaZ6Fg0

    曙「聞こえなかった?あたしは帰るところなんだけど」

    赤城「あれを見てください」

    曙「?」

    曙「ああ、二航戦と五航戦が訓練してるわね」

    赤城「そうです、よって、空母用の訓練スペースが空いていないんです」

    曙「そんなの空くまで待ってればいいだけじゃないの。ってか後ろからアドバイスでも送れば?」

    赤城「めんどくさいじゃないですか」

    曙「加賀ならまだしも赤城がそんなこと言うとは思わなかったわ」

    加賀「めんどくさいじゃないですか」

    曙「言えって意味じゃないわよ」





    3 : ◆i/Ay6sgovU 2016/01/31(日) 00:44:27.47 ID:NrWaZ6Fg0

    赤城「ですので、空くまでの間、私たちの話し相手になっていただけないでしょうか?」

    曙「それこそめんどくさいじゃない」

    加賀「赤城さんは暇を潰せて、私も暇を潰せる・・・・・・まさにWIN-WINかと」

    曙「その損得勘定にあたしを入れなさいよ」





    4 : ◆i/Ay6sgovU 2016/01/31(日) 00:45:08.97 ID:NrWaZ6Fg0

    曙「話すっていっても話題は何よ?」

    加賀「……今日はいい天気ね」

    曙「下手か」

    赤城「なんてことを言うんですか!コミュ障の加賀さんが無い知恵絞って発言したのに!」

    曙「あんたもしかして加賀のこと嫌い?」





    【曙「ヒマな一航戦」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454185625/

    1 : ◆p5ehD0VSYq8T 2016/01/31(日) 05:27:05.22 ID:9sw7fEnhO

    母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」の和咲パロディです






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 05:27:53.38 ID:9sw7fEnhO

    咲「和ちゃんがぁ、和ちゃんが怖いぃ!」ガタガタ

    和「誤解です!誤解ですから!」

    咲「和ちゃんに犯されるぅ!」ブルブル

    和「そんなオカルトありえません!」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 05:28:42.15 ID:9sw7fEnhO

    和「ご、誤解なんです!」

    咲「ふぇ?そ、そうなの……?」

    和「はい」

    咲「じゃああの本、和ちゃんのじゃないの?」

    和「いや、それはその、私のなんですけれど……」

    咲「犯される! 和ちゃんに犯されちゃうよぉ!」ガタガタ

    和「ち、違いますって!」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 05:29:22.17 ID:9sw7fEnhO

    咲「あのね、和ちゃんも女子高生だからね、そういう事に興味を持つ事自体は私、当然のことだと思うよ」ビクビク

    和「……はい」

    咲「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……どうやって手に入れたかは問題だけど……」ブルブル

    和「……あの、咲さん」

    咲「な、何!?どうかした!?」ビクゥッ

    和「な、なんで距離とっているんですか?」

    咲「怖いもん!犯されるよぉ!」ガタガタ

    和「やめてください!」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 05:29:51.08 ID:9sw7fEnhO

    咲「すごいマニアックな方法で犯されちゃうもん!」

    和「しませんそんなこと!」

    咲「いつも部長が使ってるベッドに寝かされて
    『シミが残ったら部長に気づかれちゃいますね……?』とか言われながら犯されるもん!」

    和「抜粋しないでください!さっきの本からぶっこ抜きしないでください!」



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 05:30:33.97 ID:9sw7fEnhO

    咲「なんか麻雀部特有のマニアックな言葉責めとかするつもりなんだよね!?」

    和「しません!言いがかりはやめてください!」

    咲「『私のリー棒を咲さんにカンチャンズッポシ差し込んであげますね』とか言いながら犯されちゃうんだ!」

    和「抜粋を!音読をやめてください!」

    咲「和ちゃんがマニアックな言葉責めを身につけてるよぉぉ……!」



    【咲「和ちゃんが和咲もののエ○本隠し持ってた…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453531185/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:39:45.87 ID:igCb7i0c0

    前回のスピンオフ的な感じの話になります。
    前回から見た方がわかりやすいと思います。

    前回↓
    【ゆるゆり】あかね「おパンツ仮面、参上ッ!」

    ほんのりとだけエロいかも。
    ややキャラ崩壊あります。

    例によって変態仮面がわからない方は、
    変態仮面でググるとイメージしやすいと思います。




    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:40:29.90 ID:igCb7i0c0

    『第一話・おパンツ仮面ブラック、参上ッ!』


    (結衣の家・リビング)

    結衣「あ、そうだあかりにバスタオル用意してやらなきゃな」ヨイショ

    京子「おー、いてらー」

    ちなつ「待ってますよ結衣センパイ」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:41:18.64 ID:igCb7i0c0

         

    (結衣の家・バスルーム脱衣所)


    結衣「あかりー、バスタオルここ置いとくよー」

    あかり「はーい、結衣ちゃんありがとー」ザバー・・・カコン

    結衣「着替え持ってきてるんでしょー?下着とか洗濯しとくからねー」

    あかり「えー?いいのー?」

    結衣「いいよー。ついでだからさー」

    あかり「ありがとー」ザバー・・・



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:42:02.94 ID:igCb7i0c0



    結衣「さてと、シャツとパンツを洗濯機に放り込ん・・・・・・」

    結衣「・・・」

    結衣(・・・あかりの、パンツ・・・)





    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:42:57.61 ID:igCb7i0c0

    結衣(あかり、未だにこんな子供っぽいの履いているんだな)テニトリ

    結衣(これは牛のプリントだから、あかり風に言や牛さんパンツか)

    結衣(・・・そういや、あかりの姉さんが顔にかぶってたけど、何が楽しいんだろ・・・)



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:43:39.91 ID:igCb7i0c0

    結衣(・・・)






    結衣(ちょっとだけ・・・)







    結衣(試してみるか・・・)









    7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:44:58.23 ID:igCb7i0c0


    結衣(・・・)

    結衣(あかりはまだ風呂から上がらないな・・・?)ヨウスミ

    結衣(・・・よし)




    8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:45:51.70 ID:igCb7i0c0


    結衣(・・・)パンツカオニカブリ

    結衣(・・・)

    結衣(これで、私もおパンツ仮面だな)クス




    9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 15:46:23.75 ID:igCb7i0c0


    結衣(まぁ、私は髪黒いし・・・)

    結衣(さしづめおパンツ仮面ブラックか)

    結衣(・・・おパンツ仮面ブラック、参上ッ!・・・なんてね)フフッ




    【【ゆるゆり】結衣「おパンツ仮面ブラック、参上ッ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1444490036/

    1 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(湖北省)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 00:13:56.95 ID:lHwUAwum.net

    花陽「私はこんな性格だから、リードしてくれるような人がいい、かな」

    花陽「優しくて、頼りになって」

    花陽「それでいて私の趣味を理解してくれれば……」

    花陽「あと、わがままを言うなら料理が出来る人がいい、かも」

    花陽「毎日一緒に台所に立って、美味しいご飯を作れたら素敵です……」

    凛「えっと、かよちんの話をまとめると」

    真姫「リードが出来て優しくて頼りになって、なおかつアイドル趣味にも理解があって料理も出来る家庭的な人……」

    花陽「流石にそんな人いないよね、理想高すぎるよね……」


    真姫「ええ、そうね」

    凛「そうにゃそうにゃ」



    3 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(たこやき)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 00:17:39.20 ID:uuMcStIV.net

    おい、りんまきとぼけんなよ



    8 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もも)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 00:54:06.78 ID:H3f6YftE.net

    希「にこっちはどんな人がタイプなん?」

    にこ「にこにーは~、みんなのものにこっ☆」

    絵里「にこ、真面目に聞いているの」

    希「そうやで、にこっち」

    にこ「…な、なによあんたら、急に…」

    にこ「そうね…、やっぱり大前提として私の趣味に理解のある人がいいわ」

    にこ「それと、ご飯の作り甲斐があるコ」

    にこ「やっぱり美味しそうに食べてもらえると嬉しいもの」

    にこ「出来るなら年下がいいわ、素直なね」

    にこ「ほらぁ~、にこにーって~、こう、素直じゃないところもあるじゃない?だあらぁ、素直なコがいいにこっ☆」

    希「素直でアイドル趣味に理解があって…」

    絵里「美味しそうにご飯を食べる年下のコ…」

    にこ「ま、そんな人簡単には見つかりっこないわね」

    絵里「そ、そうね…」



    10 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(黒酢)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 01:01:43.54 ID:WU1aUabX.net

    にこぱなとか最高かよ



    15 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 02:00:39.99 ID:86jTXasN.net

    実際料理できる子って良いよな



    23 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(関西・東海)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 07:54:45.76 ID:y136auSq.net

    本当に大切なものはいつだって身近にあるもんだ



    【凛「かよちんは結婚するならどんな人がいい?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1451990626/

    6 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:46:51.03 ID:XL1dp6Q7.net

    ※今から始まり。

    真姫「え?」

    穂乃果「随分汚れてるなぁ、この猫」

    真姫「いやちょっと、何言ってるのよ穂乃果。人を猫扱いするなんて……」

    穂乃果「わわわっ、鳴きだした、穂乃果なにかした!?」

    真姫「だから何を……ん?」

    肉球(チラッ)

    真姫「………………………………」





    真姫「……え?」



    8 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:50:55.84 ID:XL1dp6Q7.net

    真姫「に゛ゃ゛あ゛ーーー!?!?」

    穂乃果「うわわっ、な、なんか怒ってる……?」

    真姫「何よコレーー!?!??」

    穂乃果「う、ううん、嫌われてるのかな……退散退散」

    真姫「待ってー!?おいていかないでーー!?」

    ニャアァァァア



    9 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:53:12.99 ID:XL1dp6Q7.net

    穂乃果「……」テクテク

    真姫「…」トボトボ

    穂乃果(さっきからずっと着いてくる……)

    真姫(……なんでこんな事に……)

    真姫「……そういえばさっき、猫ちゃんの尻尾踏んじゃったけど……まさか……?」



    10 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:55:37.69 ID:XL1dp6Q7.net

    真姫「……考えても仕方ないのかしら…」

    穂乃果「……じゃ、じゃあね、猫ちゃん」ガララッ

    真姫「あ、ちょっと!まって!」ニャー!


    真姫「……どうしよう」

    ~~~

    真姫「……」トボトボ

    真姫「どこへ行けば……いいのかしら」

    真姫「というかどうしたら元に戻れるのかしら」



    11 :名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 20:00:35.78 ID:XL1dp6Q7.net

    凛「……あ、猫ちゃんだにゃー!」

    真姫「! り、凛!たすけて!」ニャー!

    凛ママ「触るな触るなまた痒くなるぞ」

    凛「あーうー……」

    真姫「あ、まって!まって!?」ニャー!ニャー!

    凛ママ「ああもううるさいな。……ほい」

    真姫「……え?」

    魚肉ソーセージ

    真姫「え……え?…あ」

    シーン

    真姫「あーー!?いつの間にーー!?」ニャアァァァア!?



    12 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 20:00:52.36 ID:NJ9j61yw.net

    まきにゃん



    【真姫「あら、穂乃果」穂乃果「……ん?猫?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1444480521/

    1 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(家)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 21:35:21.50 ID:mor5b1d1.net

    凛「これで星空への探求が始まるにゃー!!!」

    真姫「マッタクー、私が広大な敷地を貸してあげたおかげなんだから感謝しなさいよね」

    花陽「凄いよ!凛ちゃん!真姫ちゃん!自由研究でロケットなんて新しいよ!」

    真姫「これで火星に行ってラブライブの優勝の願掛けをするわ」

    花陽「花陽は真姫ちゃんの家のスタジオでロケットと通信するんだよね」

    真姫「ロケットを作ったのは凛だけど、この通信装置を作ったのは私。結構ナイスな共同研究だと思うわ。このレベルを作っているなら先生もきっと共同研究でも認めてくれる」

    花陽「そして私は無重力空間でも普通に食べられるご飯を開発しました!」

    花陽「でも、私だけご飯なんてなんかレベルが低い気がするね……」

    真姫「そんなことないわよ。重力がない環境で水が球体にならずに普通にご飯が食べられるんだからもっと自信持ってもいいわ」

    凛「火星でカレーを食べてゲン担ぎするよ」

    真姫「スタジオより凛へ。そっちのメモリはどう?」

    凛「良好にゃ!」

    真姫「花陽、酸素のメモリは?」

    花陽「完璧です!」

    真姫「わかったわ。秒読み開始!5……4……3……2……1……点火!」

    凛「早速出発にゃー!」

    ズドーン!!!


    真姫「うん、発射は上手く言ったわね」

    真姫「凛!花陽!2分後に大気圏に突入するわ!結構衝撃来るわよ!」

    凛「わかったにゃ!」

    花陽「大丈夫!ラブライブの練習に比べればこれくらい!」



    3 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(家)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 21:47:15.67 ID:mor5b1d1.net

    真姫「スタジオからロケットへ!ようやく大気圏を越えたわ。ストラップを外してちょうだい」

    凛「ロケットからスタジオへ。了解」

    花陽「やっとこの窮屈な装備を外せるんだね!」

    凛「ロケットからスタジオへ。凛もかよちんもストラップを外したよ!」

    真姫「スタジオからロケットへ。了解。酸素のメモリはどう?」

    凛「読みは200。予定道理にゃ!」

    真姫「やったわ!とりあえず第一関門突破ね!」

    花陽「青い地球がみえるよ!綺麗……」

    凛「さすが凛たちの生まれ育った惑星だにゃ」

    真姫「星空凛の名の通りその星空へと旅をしてるのよね」

    花陽「でも真姫ちゃんは良かったの?宇宙に来なくて」

    真姫「私は訓練で耐えられなかったし……言っても邪魔するだけだわ」

    花陽「そんなこと……」

    真姫「それと目標は自由研究もだけど、火星でラブライブ優勝祈願も大きいんだから」

    真姫「何より私がこのスタジオで制御していないと何かあった時に大変だわ」

    凛「凛とかよちんと真姫ちゃんが作ったものなんだからなにかあるはずないにゃ」

    真姫「もちろんそうよ。ただもしもの保険は必要だわ」

    花陽「うん、でも必ず火星に行ってラブライブ優勝祈願の旗を立ててくるからね!」

    真姫「えぇ!期待してるわよ!」

    凛「うーん、でも火星につくまで暇だにゃ」

    真姫「暇なんていってる場合じゃないわ!忘れたの?これは自由研究なのよ!」

    凛「そうだったにゃ!」

    真姫「無重力空間でアルパカがどう動くか!事細かに観察すること!」

    花陽「はい!任せて真姫ちゃん!」



    5 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 21:48:48.96 ID:SZtBE7YG.net

    アルパカが宇宙行く為の訓練してんの想像したらワロタ



    【凛「自由研究でロケット作ったにゃ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454074360/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 22:32:41.21 ID:nkXW+pB70

    律「干物姉! りっちゃん」

    澪「干物姉の律……?」
    これらの続編です





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 22:35:25.01 ID:nkXW+pB70

    幼なじみの澪は美人で評判だ。
    優しいし、頭も良い。さらにはスポーツも万能であらゆる才能に恵まれている。

    まさに非の打ち所がない完璧な女子高生……



    律「──と、みんな思っているらしい……」

    澪「おい」

    律「えっ?」

    澪「変なナレーションを入れるのは止めなさい」

    律「ちぇーせっかく良いところだったのにな~」

    澪「『らしい』とか意味深なこと言わないように」

    律「秋山澪……実は学校が終わって家に帰ると、それはもうみんなには打ち明けられないようなとんでもない生活を……!!」

    澪「そんな生活してないから。ってか、打ち明けられないような生活してるのはお前だろ」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 22:36:54.14 ID:nkXW+pB70

    律「うっ……別にいいじゃん! 外で迷惑かけてるわけじゃないしっ!」

    澪「いや、聡が苦労してるだろうなって」

    律「聡はまあ……あれだ、私の弟だし」

    澪「(一人っ子でよかった)」

    律「それにずっと一緒に暮らしてるからお互い何かと気兼ねしないからな!」

    澪「(姉の権力で支配してるとしか思えない……しかも)室内なのにフードかぶってるし……おまけにちび律だし」

    律「ちび律言うな! これかぶってるとなんか落ち着くんだよなー」

    澪「落ち着く、ねえ」

    律「澪も着てみるか? あったかいぞ~」

    澪「いや、私は」

    律「他に何着もあるんだ~ほらっ!」バッ

    澪「(うわあ……ケース一杯だ……)」



    【律「エンジョイ干物姉生活!」】の続きを読む

    このページのトップヘ