大きいサイズ

    2016年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1454239040/

    1 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 20:17:20.35 ID:uDhgYM1O.net

    短編・にこうみです



    3 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 20:19:14.83 ID:uDhgYM1O.net

    海未「もう知ってると思いますが」

    海未「私、園田海未は同じμ'sで活動中の矢澤にこに告白されてしまいました」

    海未「……というか、強引にと言うか」キストカ

    海未「ですが、正直私自身、にこに対する恋愛感情があるのかまだわかりません」

    海未「まあ恋愛感情と言うもの自体も良くわかってないんですけどね」アハハ……

    海未「……でも、人から好かれるのは悪い気はしませんね」

    海未「でもあれから一週間……早く返事をしなければ」



    5 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 20:26:47.65 ID:uDhgYM1O.net

    ある日の放課後の生徒会室

    海未(例によってまたにこが穂乃果とことりの代わりに手伝いに来てくれました)

    海未(なにやら穂乃果はまた店番をサボってしまったそうで)

    海未(今日から明日まで店番らしいです)

    海未(そしてことりは理事長とお食事の様子……)

    海未(……なんか、寂しいですね)ホロリ



    6 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 20:36:25.78 ID:uDhgYM1O.net

    にこ「ねえ海未」

    海未「はい、なんですか?にこ」

    にこ「今日あんたの家に泊まりに行ってもいい?」

    海未「……え?なんで私の家なんですか!?///」

    にこ「この前、あんたの家に入ったときいいなーって思ったのよ」

    にこ(いつも傍にことりと穂乃果がいてあんたに近づけないからよ)ホンネ

    海未「……そうですか?うーん、まあ別にいいですよ?」

    にこ「本当?まあ当然よねー!このにこのお願いを断るなんてもったいないもんね♪」ニコニコォ

    海未(この自信がどこから来るのやら……)ヤレヤレ



    8 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 20:48:28.20 ID:uDhgYM1O.net

    にこ「海未、来たわよ」ピンポーン

    海未「あ、本当に来たんですね」ガララッ

    にこ「何よ、泊まりに来たら悪いわけ?」

    海未「いえ、悪いとは言ってませんよ?」

    にこ「じゃあなんでちょっと嫌そうなのよ」

    海未「い、嫌じゃないです!!」

    にこ「別にそこまで力強く言わなくてもいいわよ」クスクス

    海未「……あ、いえ!そういうつもりでは!///」

    にこ「ふふっ、わかってるわよ♪」ウィンク

    海未「……///」



    【海未「にこと二人っきり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458995176/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 21:26:20.61 ID:9eJaYf560

    内村「内村プロデューーーース!!!」

    三村「いええええええええええい」
    大竹「よっ!」
    ふかわ「おおおおおおお」
    ゴルゴ「よいしょー!」
    レッド「やーやー!」
    出川「おおおおおお!」

    徳永「はーい、みなさんお久しぶりでーす徳永でーすお願いしまーす」

    内村「はい、みなさんお久しぶりでーす。ね!ええ、今夜一夜限りの復活!ということでね!」

    三村「いやでも、これ番組変わっちゃうんじゃないですか?これアイドルプロデュースすることになりません?」

    内村「いや、あのね。これは仕方ないんです。ええ。ね。ふかーい理由があります」

    大竹「え、なんすか?買収すか?」

    内村「あのね、復活希望してくれてね?スポンサー料一番多かったのがね、346プロです」

    三村「いやらしい理由だったよ!深くもなかったよ!」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 21:29:37.22 ID:9eJaYf560

    内村「しかも今回復活スペシャルだから三時間やります」

    三村「なげぇよ!」

    大竹「え、もしかして今日全部やるんすか?」

    ふかわ「あ?!だからこの時間からやってんすか!?」

    内村「はい。全部今日のうちにやっちゃいます。だからこんな朝五時から集合してもらったわけです」

    レッド「ええええ!?まじすか!?」

    ゴルゴ「いやーきついっすよそれは~」

    内村「いいんだよ!ギャラが!」

    三村「後ろの一言いらねぇよ!汚いよ!」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 21:37:06.39 ID:9eJaYf560

    内村「まあ今回ね!いろんな企画やるから!懐かしい企画いっぱいやるから!な!」

    大竹「いや子供あやすみたいに言われても」

    内村「時間もねぇから早速いきましょう!もうちゃっちゃと終わらせます!」

    出川「スペシャルをないがしろにしすぎでしょ」

    内村「最初はこちら『溺死体オーディション』ー!」

    ふかわ「おおー!懐かしいっすねぇ!」

    内村「ああそうだったね。ふかわが一緒だった」

    ふかわ「これ懐かしいっすねー!」

    内村「お前の溺死体へのこだわりすごかったな」

    ふかわ「いや別に僕溺死体にこだわり持ったところなかったと思うんですけど」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 21:50:34.86 ID:9eJaYf560

    内村「前回と引き続きアシスタントはふかわってことでよろしくお願いしまーす」

    ふかわ「お願いしまーす」

    内村「今回溺死体オーディションに応募してくれたっていうか立候補してくれるのはこちらの方々です。どうぞ!」

    小梅「ど、どうも……こんばんわ……」

    美波「よ、よろしくお願いします!」

    まゆ「うふ、よろしくお願いします」

    内村「はい!よろしくお願いしまーす……はい」

    ふかわ「はい………」

    内村「……えー、ね。最初に謝っておきましょうすいませんでした。」

    ふかわ「まあそうなりますよね。」

    内村「前回もそうですけどまあそうなりますよね。みんな可愛いですから」




    【内村「346アイドル達をプロデュース!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459341963/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 21:46:04.02 ID:ewJzPTmM0

    「だって虫って気持ち悪いじゃん!」

    莉嘉「カブトムシは違うよ!」

    「足とか……お腹とか、なんか無理かも」

    莉嘉「よく見たら、結構可愛いじゃん……」

    「えー莉嘉ちゃんって変わってるね」

    莉嘉「……」







    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 21:50:18.70 ID:cCZQ7aUDO

    カブトムシも好きだけどクワガタの方が好きです



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 21:50:55.51 ID:ewJzPTmM0

    莉嘉「ねえねえお姉ちゃん」

    美嘉「んー? どうしたのー?」

    莉嘉「カブトムシって気持ち悪いのかな……」

    美嘉「何かあったの……?」

    莉嘉「今日、学校の子にカブトムシなんて気持ち悪いって言われたんだ……。触角とか、足とか、お腹とか、気持ち悪いって。でもリカね、カブトムシってそういうところも含めて可愛いなあって思うんだ! お姉ちゃんはどう思う?」




    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 21:53:44.61 ID:4GTBpGc90

    虫を気持ち悪いと思うのはいいんだが、
    虫好きの人まで気持ち悪いと思うやつがいて困る



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 21:55:06.51 ID:ewJzPTmM0

    美嘉「あー、アタシは……む、虫は、ちょっと……」

    美嘉「あ、で、でもね! 莉嘉がカブトムシ好きなのはいいことだと思うよ!」

    莉嘉「なんでお姉ちゃんはカブトムシ嫌いなの?」

    美嘉「あー……えーと……それは……」チラッ

    美嘉「あっ、いけない! アタシこのあとちょっと用事が……。ご、ごめんね! またあとで話すから!」ガタッ

    莉嘉「あっ、お姉ちゃん……」

    莉嘉「…………」

    ――――
    ――





    8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 21:59:26.48 ID:Nf+/UJwz0

    かっこいいとは思うが可愛いかは良くわからん



    【莉嘉「どうしてカブトムシのこと気持ち悪いって言うの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459317469/

    1 : ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 14:57:50.09 ID:3qgTubnH0

    善子「誰か早く来ないかなー」ソワソワ

    善子「あっ!」パアアアアアアア

    ダイヤ「っ!」スッ

    ダイヤ「ふぅ」

    ダイヤ「生徒会室に行ってから、こっちに顔を出すことにしましょう」

    善子「ちょっとちょっと! なんで一回開けて閉めたのよ!」

    ダイヤ「用事を思い出しまして。少し生徒会室の方に行ってきますね」ニコッ

    善子「絶対嘘! ヨハネにはわかるんだから!」

    ダイヤ「決してあなたに関わると面倒くさいことになりそうとか思ったわけではなくてよ?」

    善子「面倒くさいって何よ!」





    2 : ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:03:44.70 ID:3qgTubnH0

    ダイヤ「だって、普段から面倒くさいのに今日はいつにも増してそわそわして」

    ダイヤ「わたくしを見つけたときの目の輝きでろくなことではないと」

    善子「普段から面倒くさいってどういうことよ」ムスッ

    善子「ヨハネに出会えたことが既に幸運なのに! こうしてヨハネと話せるってことを感謝するべきなのに! 面倒くさいなんて! 天罰が下るんだから!」

    ダイヤ「……まあそういうわけだから善子さん。わたくしは生徒会室に行きますので」

    善子「善子じゃなくてヨハネ! 絶対逃がさないんだから!」ギュッ

    ダイヤ「ちょ、ちょっと、離しなさい!」グイグイッ

    善子「やっと捕まえた獲物を逃がしてなるものですか!」ギューッ



    3 : ◆ZTPjpycbhE 2016/03/30(水) 15:07:57.54 ID:3qgTubnH0

    ダイヤ「離れなさい!」

    善子「離れない!」ギュッ

    ダイヤ「くっ……!」ググッ

    善子「むむっ……!」ギュッ

    ――

    ダイヤ「どれだけしつこいんですか……」ハァハァ

    善子「だって一番最初に来たのがあなただったし!」ギュギュッ

    ダイヤ「仕方ないですね、少しだけ、ほんの少しだけ付き合ってあげるわ」

    善子「やった!」



    【【ラブライブ!サンシャイン!!】善子「そわそわ」ダイヤ「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458749157/

    1 : ◆ku379TEf1I 2016/03/24(木) 01:05:59.75 ID:J7NHzuHi0

     摩耶と俺は悪友だった。





    鳥海「こらっ! 二人とも待ちなさい!!」タッタッ


    提督「へっ、待てと言われて待つ奴が……」タッタッ


    摩耶「いるかってえのっ!」タッタッ


    提督「摩耶、こっちだ!」


    摩耶「おうっ!」


    高雄「逃がさないわよっ!」


    摩耶「姉貴っ!」


    提督「くっ、先回りされてたか」


    鳥海「さあ、追い詰めたわよ。大人しく返しなさい」


    提督「万事休すか…」


    摩耶「……いや、まだだ。提督っ、飛ぶぞ!」ガシッ


    提督「へっ?」





    2 : ◆ku379TEf1I 2016/03/24(木) 01:07:44.78 ID:J7NHzuHi0

    摩耶「行くぜっ! うおりゃああああ!!」バッ


    提督「摩耶ここ3階いぃぃぃ!!」バッ


    鳥海「窓から飛び出した?!」


    高雄「ふ、2人とも?!」









    バシャーンッ





    摩耶「……ぶはぁっ! 提督、生きてるか!」バシャバシャ


    提督「な、なんとか…」バシャバシャ


    摩耶「よし逃げるぞ!」




    高雄「う、海だったのね……」


    高雄「無茶して…もうっ」



    3 : ◆ku379TEf1I 2016/03/24(木) 01:09:01.34 ID:J7NHzuHi0

    ーーーー
    ーーーー



    摩耶「逃げ切れたかな……」


    提督「はぁっはぁっ……無茶するなあ、お前も」


    摩耶「あはは、悪い悪い。それで例のブツは無事か?」


    提督「ああ。もちろんだ!」ゴトッ


    摩耶「姉貴達に奪われた!」


    提督「俺秘蔵の酒!」


    摩耶「は、早く飲もうぜっ!」


    提督「ああ……よし。ほら」


    摩耶「へへっ、サンキュ。それじゃあ……」


    提督「乾杯っ!」



    【提督「沈みかけてから、摩耶の様子がおかしくなった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1459173874/

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:04:34 ID:AQAiYWFU

    千歳「水上機母艦の千歳です」

    千歳「よろしくお願いしますね」

    千歳「…………」

    千歳「え? 私が初めての建造だったんですか?」

    千歳「という事は……新人さんの提督?」

    千歳「あ! す、すみません、提督」

    千歳「…………」

    千歳「はい、提督」

    千歳「私、頑張ります!」



    2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:05:20 ID:AQAiYWFU

    千歳「え? 出撃ですか?」

    千歳「分かりました、提督」

    千歳「千歳、抜錨します!」

    ―――――――――――

    千歳「やりました! 提督!」

    千歳「完全勝利ですよ!」

    千歳「初出撃なのに凄いです!」

    千歳「…………」

    千歳「はい! 次も頑張ります!」



    3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/28(月) 23:05:57 ID:AQAiYWFU

    千歳「だいぶ駆逐艦の娘が増えましたね」

    千歳「……え?」

    千歳「この前、軽巡洋艦の艦むすを?」

    千歳「そうだったんですか」

    千歳「これで戦力の一層の拡充が図れますね!」

    千歳「……でも」

    千歳「私も頑張りますから、使ってくださいね?」

    千歳「…………」

    千歳「はい! 提督!」



    【千歳「はじめまして、提督」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459333618/

    1 : ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/30(水) 19:26:59.01 ID:B/w/Spcm0




    山城「あぁ~んっ」シクシク


    扶桑「そうなの……」

    扶桑「朝起きたら、あの子のお部屋のタンスが開けられててね……」

    扶桑「シャツとか下着とか、いろいろなくなってたのよ……」

    雪風「山城さん、かわいそう……」シュン


    扶桑「特に、私が昔にあげた手袋を盗まれたことが一番のショックだったみたい……」

    扶桑「私はまた違うのをあげるって言ったんだけど、それでもね……」

    雪風「むむむ……許せません!」










    2 : ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/30(水) 19:33:19.61 ID:B/w/Spcm0




    雪風「事情はわかりました……」

    雪風「それでは雪風、今から犯人さがしにいきますね!」

    扶桑「え、えぇっ?」

    扶桑「そんな、危ないわ……」オロオロ

    扶桑「手がかりはないし、どんな変質者かも分からないし……」

    扶桑「ここは憲兵さんにお任せした方が……」

    雪風「いえ!それが雪風にはわかるんです!」

    雪風「犯人はあの人しかいません!」エッヘン

    扶桑「?」



    ……
    …………
    ………………






    4 : ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/30(水) 19:39:10.05 ID:B/w/Spcm0




    雪風「しれえ!おなわにかかってください!」ビシッ

    提督「いや、そこでなんで俺になるのっ」

    雪風「“男はみんなレディのしたぎが大好きなのよ”って」

    雪風「暁ちゃんが言ってましたので!」

    提督「そうだけど……いやそうじゃなくて!」ブンブン



    提督「残念だけど、俺にはアリバイがあるかんな」フフン

    雪風「えっ」







    【【艦これ】雪風「えっ!山城さんの衣類がなくなった?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1459095258/

    1 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 01:14:18.49 ID:An1SAkAP.net

    ことり「彩ちゃんたちが最後のライブをするってことは、そうなん…だよね……」

    うっちー「……」

    ことり「…っ、ぐすっ……うん、いつかこんな時が来るって……わかってたから……」

    うっちー「……」

    ことり「……でも、やっぱりさびしいよ……彩ちゃんは」

    うっちー「私は別に……」

    ことり「彩ちゃん……」

    うっちー「やっと終わるんだーってスッキリした気分。私、声優だよ? それなのにあんなにキツいダンスやスケジュール組まされて」

    うっちー「そりゃあことりはアイドルなんだからいいかもしれないけど、私は本当はそういうのじゃないし」

    うっちー「……だから…ことりと別れることもっ……何とも思ってなん、かっ……ひぐっ……うぅ……」

    ことり「彩ちゃん」
    ギュッ

    うっちー「こと、り……ことりっ……」

    ことり「知ってたよ、彩ちゃんがことりのこと……ううん、私たち“μ's”のこと大好きでいてくれたこと」

    ことり「ずっと一緒にいたんだもん。当たり前じゃん……っ」

    うっちー「ことり……うぅっ……やだ、やだよぉっ……これで終わりだなんてっ、やだぁっ……!!」

    ことり「……彩ちゃん、今までありがとね。ことりは彩ちゃんのこと、大好きだったよ。それはこれからも変わらない……一生、忘れないよ」

    うっちー「ひぐっ……わたし、もっ……だいすきっ……ことりのことっ、だいすきっ……うわぁぁんっ……!!」



    5 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 01:18:13.70 ID:xI7ATR8y.net

    うっちーはだいぶことりというキャラを演じたことの影響うけたよね
    いい意味で



    【ことり「お別れなの……?」うっちー「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459334108/

    1 : ◆DtyewqsIqtbm 2016/03/30(水) 19:35:08.54 ID:Gp+iq4jL0

    ☆部室☆


    にこ「どうしたのよ絵里。暗い顔して」

    絵里「あ、にこ。
    ちょうど良いところに。会いたかったのよ」

    にこ「?」

    絵里「ちょっと相談したい事があるんだけど……」

    にこ「相談したい事?」

    絵里「ええ」





    2 : ◆DtyewqsIqtbm 2016/03/30(水) 19:35:37.98 ID:Gp+iq4jL0

    にこ「ふむ。
    その様子だと、他のみんなには聞かれたくない感じかしら」

    絵里「実は……そうなの」

    にこ「ふーん。
    で、なに?」

    絵里「下の毛が無くても平気?」

    にこ「は?」



    3 : ◆DtyewqsIqtbm 2016/03/30(水) 19:36:06.20 ID:Gp+iq4jL0

    絵里「にこは、下の毛が無くても平気でいられてる?」

    にこ「……まーーーーーーーったく、意味がわからないんだけど……」

    絵里「?」

    にこ「いや、そんなあどけない表情で小首傾げられても……」

    絵里「にこは、下の毛が無くても平気でいられてる?」

    にこ「いや、だから繰り返されても意味がわからないんだってば」



    4 : ◆DtyewqsIqtbm 2016/03/30(水) 19:36:36.39 ID:Gp+iq4jL0

    絵里「どの辺りがわからない?」

    にこ「全部」

    絵里「そう……
    じゃあ、一から説明するわね」

    にこ「正直、あまり聞きたくないけど……聞かないと逆にモヤモヤが残りそうね」

    にこ「わかったわ、お願い」

    絵里「OK」



    【絵里「うーん……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422548626/

    1 : ◆JTwkcyvOh2 2015/01/30(金) 01:23:47.11 ID:Grsr4SEx0

    咲-Saki-の戦国パロ。
    和咲固定。ふたなりエロ。
    苦手な方はブラウザバックお願いします。





    2 : ◆JTwkcyvOh2 2015/01/30(金) 01:27:53.27 ID:Grsr4SEx0

    忙しく城に仕える者達が動く。

    皆一様に険しく、不安気な表情を浮かべていた。

    菫「まだ見つからないのか?」

    下人「も、申し訳ございません。城の者達を総動員して捜しておりますが…」

    菫「どうしたものか…、照様に報告するべきか」

    誠子「もう5日も経つというのに手掛かりすら掴めぬとは、もはや…」

    力なく項垂れ口にすれば、菫が荒い口調で否定する。

    菫「滅多な事を言うな!あのお方は我等が主、照様の妹君。もしもの事などあってはならないんだ」

    昼夜問わず捜索が始まって既に3日が経ち、日が落ちようとしていた。

    赤い夕日がまるで血を表しているかのような錯覚に陥る。

    菫「一体何処に行かれたというのだ?咲様…」


    宮永城から忽然と咲の姿が消えたのは5日前の事だった。

    下女によれば、城より少しばかり離れた川に行くと言って出かけたきりその日は戻ってこなかった。

    運悪くお付きの従者であった淡が照からの命により、他国へと出かけている最中での出来事だった。

    城の者達も夜には、幾人の捜索を出し辺り一辺を捜したが咲はいなかった。

    一日を置いて主からの命を終えた淡が戻るなり、忍連中を率いて出たのが3日前の事だ。

    これだけ探しても見つからないという事は最悪すでに生きてはいないか、

    もしくは他国の間者によって連れ去られてしまったかのどちらかという事になる。

    一件の真相がはっきりわかるまで、主である照にはまだ報告をしていない。

    まして、他国の間者を容易く侵入させてしまった落ち度もあるのだから・・・。

    最後の望みを淡率いる忍達にかけるしかなかった。


    ――――――――――――――――――――




    3 : ◆JTwkcyvOh2 2015/01/30(金) 01:28:53.73 ID:Grsr4SEx0

    ある山奥で、鬱蒼と茂る草むらの間を走る人影があった。

    来ている着物からそこに住む農民ではなく、身分は相当な家の出の者であるがわかる。

    着ている着物が汚れるのも厭わず、形振り構わず走り続ける。

    長い間走っていたのか、浮かぶ汗はしたたかに流れ、出される呼吸は忙しく吐き出されていた。

    走る事で、背中に流れる茶色い髪が空を泳いでいる。

    ある程度走り、より一層大きな茂みの中へと身を滑り込ませ息を殺して辺りへ視線を配る。

    屈み込んだ体はカタカタと震えていた。

    今の季節がら寒さからくる震えではなく、ある恐怖からもたらされる震えであった。

    大きく見開かされた目は、何者も見逃すまいと左右に動き震えをもたらすその恐怖から逃れようと必死だった。

    静寂が辺りを包み、逃れたと確信して体から力が抜け緊張を解いたその時だった。

    今まさに自分が走ってきた方角からカサカサと草むらを分けて進んでくる音がした。

    緩んだ体に再度、緊張が走る。

    目を凝らして先ほど自分が走ってきた方角を凝視する。

    草を掻き分けるように現れた手に思わず声が漏れそうになるのを何とか堪えた。

    かなり走って距離を取ったつもりだった。

    ・・・つもりだったのに、こうして今自分の前にいる。



    4 : ◆JTwkcyvOh2 2015/01/30(金) 01:32:30.78 ID:Grsr4SEx0

    現れた姿に恐怖が全身を支配する。

    上物の着物をきっちり着こなし、追いかけて来たにも関わらず涼しげな顔で息も乱さず恐怖の根源が姿を晒す。

    桃色の髪に丹精で整った顔立ち。

    徐々に近づいてくる女は、身を潜めている茂みの前にやって来て足を止めた。

    周りに視線をやりながら聞こえるように声を発した。

    和「ここら辺にいますよね。逃げたつもりだったのに残念なことですね、咲さん」

    かけられた言葉にびくりと背を震わせる。


    ほんの少しの気の緩みだった。

    己が領地だった事から周りに注意を払っていなかった。

    単身で外に出かけたなら、己が領地であっても気を抜くなんて馬鹿な真似はしてはいけなかったのだ。

    いつ何時敵の襲撃を受けるかは分からない。

    なんて愚かだったんだ。

    今更悔やんでも結果としてもう遅い。

    こうして自分は敵の領地内、追われ追い込まれただ身を潜ませるしかないただの愚者と成り果ててしまった。



    【【咲-saki-】鬼神の珠】の続きを読む

    このページのトップヘ