大きいサイズ

    2016年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1445252437/

    1 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(風の楽園)@\(^o^)/ 2015/10/19(月) 20:00:37.72 ID:l9SabFq/.net

    穂乃果「これがそうなんだぁ」

    ことり「結構おっきいねっ」

    真姫「ここまで運ぶのに苦労したわ」

    穂乃果「部室のあちこちが傷んでるよ」

    ことり「それくらい大変だったんだね、真姫ちゃん」

    真姫「運んでる途中、理事長に見つかって怒られたわ」

     
    にこ「ちょっとぉ! 部室に変なモノ置かないでよね! あと、傷んだ場所は修復しといてよ!!」



    2 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(風の楽園)@\(^o^)/ 2015/10/19(月) 20:04:33.26 ID:l9SabFq/.net

    ことり「どのくらいで孵化するの?」

    真姫「そうね……あと三分ってとこかしら」

    穂乃果「まるでカップラーメンだね」

    真姫「まっ、私の持てる力を出せばこんなの当然よ」

    穂乃果「さすが真姫ちゃん!」

    ことり「てんさーい」

    真姫「当然でっしょー」

     
    にこ「無視しないでくれる?」



    3 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(風の楽園)@\(^o^)/ (ガラプー KK79-Mi1M) 2015/10/19(月) 20:08:01.27 ID:l9SabFq/K.net

    ピキッ

    穂乃果「あっ、卵にヒビが」

    ピキッ、ピキッ

    ことり「産まれるよ!」

    ピキッ、ピキッ、ピキッ

    真姫「準備はいつでもいいわ」

    ピキッ……パカッ

    三人「?」

     
    「うみゅー!!!」

     
    三人「!」

    穂乃果「産まれたぁ!」

    ことり「海未ちゃんそぉっくり!」

    真姫「これは『海未』じゃなくて『うみ』よ」

     
    にこ「どう見ても海未じゃない!」



    4 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(風の楽園)@\(^o^)/ (ガラプー KK79-Mi1M) 2015/10/19(月) 20:10:55.13 ID:l9SabFq/K.net

    うみ「うみゅ?」

    穂乃果「ほぉら、うみちゃん。穂乃果だよ」

    うみ「う、うみゅぅ……」

    穂乃果「あれ?」

    ことり「なんか怯えてるね」

    真姫「まだ産まれたばっかりだから、しょーがないわよ」

    穂乃果「それもそっか」

    真姫「それじゃあ頑張って『うみ』を育てるわよ」

    穂・こ「おーっ!」

     
    にこ「片付け手伝いなさいよね!」



    5 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(風の楽園)@\(^o^)/ (ガラプー KK79-Mi1M) 2015/10/19(月) 20:12:48.18 ID:l9SabFq/K.net

    - 一日目 -

     
    穂乃果「うみちゃん。こっちだよ」

    うみ「うみゅうみゅ」

    穂乃果「ほら、ほら。捕まえてみて」

    うみ「う、うみゅー」

    穂乃果「あはは、捕まっちゃった」

    うみ「うみゅー、うみゅー!」

    穂乃果「うみちゃん、くすぐったいよぉ」

    うみ「うみゅー」

     
    にこ「あの二人は何やってるのかしら?」



    6 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(家)@\(^o^)/ (ワッチョイW 4274-xYT4) 2015/10/19(月) 20:13:42.87 ID:dY6vJR1K0.net

    なんか灰羽連盟思い出した



    【真姫「これは『うみ』の卵よ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1455635688/

    1 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:14:48.50 ID:/0dLwphQ.net

    希「・・・ん・・・今日はちょっと肌寒いなぁ・・・」

    希「・・・でも、大事なライブまで時間もないし・・・ちょっと無理しても頑張んないと・・・」






    希「へっくち!」



    2 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:15:57.68 ID:/0dLwphQ.net

    ---------
    ------
    ---

    〜放課後の練習〜


    海未「ワン、ツー、スリー、フォー!ワン、ツー、スリー、フォー!」

    希「ハァッ・・・ハァッ・・・ハァッ・・・」

    希(な・・・なんやろ・・・体がすごく重い・・・自分の体じゃないみたい・・・)

    希(視界が・・・揺れる・・・)

    海未「希!少し遅れてますよ!」

    希「あ、ご、ごめん!」

    希(だ、だめ、今は集中しないと・・・えっと、このあとは・・・えぇっと・・・)

    タタンッ、タッ、ザッ

    希(・・・あ・・・あれ・・・?バランスが)グラッ・・・

    希(・・・これ・・・あかんやつや・・・)



    3 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:16:31.71 ID:/0dLwphQ.net

    ドサッ


    にこ「希!?」

    穂乃果「希ちゃん!?」

    絵里「希!!」

    希「う・・・あてて・・・・・・派手に転んじゃ・・・ん?」

    真姫「大丈夫?」

    希「真姫ちゃん・・・だ、大丈夫・・・ありがとう・・・」

    希(・・・あーぁ・・・やっちゃった・・・一番頑張んないといけないのに・・・)グスッ



    真姫「・・・・・・ねぇ、今日はここでお開きにしない?確かに大事なライブが近いのはわかるけど、根を詰めすぎて怪我したら元も子もないわ」

    希「え!?」

    海未「・・・そうですね。たしかにここ数日は少々ハードだったかもしれないですね。もしかしたらみんなの疲労が残っていたかもしれません」

    穂乃果「えー?穂乃果はもう少しいけるよー?」

    ことり「穂乃果ちゃん!」

    真姫「穂乃果ひとりは大丈夫でも、みんなは違うわ。今の希がそうかもしれないわ」

    希「で・・・でも・・・」

    真姫「時には休むことも練習の一つよ・・・ひとまず、今日はここまでにして、明日は少しだけペースを落としましょう?いいわね、エリー、海未?」




    【希「へっくち!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466865131/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:32:11.90 ID:HW09srHPO

    周子「どしたん?急に」

    都「ケーキの大きさですか?…違うようには見えませんが」

    周子「もいっこ取ってくる?」

    泰葉「そうではなくて…」

    周子「?…はい、あーん」

    泰葉「あー…ん……おいひい…」モグモグ

    周子「へーい」ピース

    都「はい!」パシャ

    泰葉「むぐっ…!?」

    周子「お宝写真げっちゅー」

    泰葉「不意打ちは卑怯です…」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:38:40.15 ID:HW09srHPO

    周子「で、どしたん?」

    泰葉「いえ、昨日またPさんからいぢわるされまして…」

    都「いちゃいちゃではなく?」

    泰葉「違います……よね?」

    周子「いちゃいちゃしてる様にしか見えないんだよなー」

    泰葉「ええっ!?」

    都「気付いてませんでしたかー」アチャー

    周子「まあ泰葉やしね…ほい」アーン

    泰葉「あむ……むぐむぐ……って、周子さんさっきから何ですか?」

    周子「泰葉の餌付け?」

    都「また泰葉さんフォルダが増えますね」フフ



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:42:43.42 ID:HW09srHPO

    周子「なに?不公平って事は泰葉もPさんといちゃいちゃしたいって?」

    都「してますよね、いつも」

    泰葉「ですから……だから、たまには私もPさんにイタズラを仕掛けてみたいなぁ、と…」

    周子「失敗する未来しか見えないんだけどなぁ…」

    都「相手が相手ですしね。とは言え、泰葉さんからこんな話題が出ること自体珍しいですし…」

    泰葉「それは…ちょっと自覚はしてますけれど…」

    周子「まあまあ、それならしんゆーのしゅーこさんが一肌脱いであげませう」

    都「本音は面白そうな暇つぶしを見付けた、と言った所ですか?」

    周子「おっ、流石は迷探偵。はい、あーん」

    都「あむ…って、私は迷探偵ではなく名探偵ですっ!」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:49:17.53 ID:HW09srHPO

    泰葉「とはいえ、どうしましょうか…」

    周子「って、ノープランなん?」

    泰葉「普段やらない事なので、なかなか思いつかなくて…。周子さんなら詳しいかなぁ、と…」

    周子「泰葉って、たまにさらっと毒はくよね。良いけども」

    泰葉「えっ?えっ?」

    都「しかも無自覚ですからね…」

    泰葉「ご、ごめんなさい…?」

    周子「とは言え、Pさんにイタズラかー」ウーン

    都「あの人、大概の事じゃあ驚きませんからねー」フーム

    周子「おっ!」ティン

    泰葉「名案思いつきましたか?」ワクワク

    周子「紙とペンぷりーず」

    都「はいはい」ゴソゴソ



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:52:12.20 ID:qI5sqW8F0

    イタズラで済まない事がよく起きる事務所だからなあ




    【岡崎泰葉「不公平だと思うんです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467126408/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:06:48.48 ID:iR3T0QrT0

    周子「あー、ああ、何故結婚を認めてくれぬのですー」

    周子「ってダメだよねーコレじゃ。泰葉まだかなー」


    ピンポーン


    周子「はーいどうぞー」

    ガチャ

    泰葉「お邪魔します」

    周子「どーぞどーぞ入ってー」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:13:09.48 ID:iR3T0QrT0

    泰葉「それで、緊急の用事って……?」

    周子「いやー、明日舞台のオーディションがあるんだけどねー?」

    周子「結構大きい仕事だからさすがに気合い入れとこうかなって思ってさ。本読み手伝ってほしいなーって」

    泰葉「本読み、ですか……?」

    周子「そーそー。ここ最近あたしってばあんまりちゃんとした人と仕事してなくてさ」

    周子「頼れるの泰葉だけなんだよね。ってワケでお願い!」

    泰葉「はあ……」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:16:30.79 ID:iR3T0QrT0

    泰葉「主役ですか?」

    周子「ん。脇役のオーディションに行こうかとも考えたんだけどねー。セリフ覚えなくて済むし」

    泰葉「脇役だってセリフはありますが」ピシャリ

    周子「いや、巨人の脇の役」

    泰葉「ホントに脇の役だったとは」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:19:31.99 ID:iR3T0QrT0

    泰葉「どう演じるんですかそれ……」

    周子「夏場にこう……臭ったりとか?」

    泰葉「斬新過ぎません?」

    周子「いや、まあそれはともかく。読んで欲しいのはここなんだけど」

    泰葉「あー……王様の役?」

    周子「うん。おっさんの役だけど、まあ読んでもらうだけだからさ」

    泰葉「ここですね、はい……」




    【周子「泰葉に練習を手伝ってもらう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467212818/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:06:58.41 ID:jlpKWmgU0

    ※(トリビア要素は)ないです



    スッパーン

    みちる「フゴッ!」

    泰葉「させません!」


     カッ


    泰葉「……互角、ですか」

    みちる「あははー!」

    P「なぁにこれ」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:07:42.29 ID:jlpKWmgU0

    泰葉「あ、Pさんおはようございまフ」モムモム

    みちる「おはようございまフゴ!!」フゴフゴ

    P「うんおはよう、挨拶中にパン頬張るのは止めような」

    泰葉「はぁ~」

    みちる「フゴァ~」

    P「聞けよ」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:08:23.88 ID:jlpKWmgU0

    P「で、どしたのそれ」

    泰葉「それとは」モムモム

    みちる「この」フゴフゴ

    泰葉「メロンパンの」モメモメ

    みちる「ことでしょうか?」フゴッシャァ

    P「煩わしいから食べるか喋るかどっちかにしなさい」

    泰葉「」モムモム

    みちる「」フゴフゴ

    P「まあそっちだろうね」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:09:29.54 ID:cmBnHZBPO

    最近メロンパンキャラが板についてきた岡崎先輩じゃないてすか




    【モバP「こちら、メロンパン入れになっておりまーす」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467085000/

    1 : ◆KHvrgStAjY 2016/06/28(火) 12:36:40.92 ID:V6jwThnR0

    卯月「はわわわわわわわわわわわわわわわ」

    凛「卯月、少しは落ち着きなよ。今更じたばたしたって何も変わらないよ」

    卯月「だ、だって~。あの大ヒット映画『眠り姫』の続編で私たちが主演だなんて……! やっぱり無理です~!」

    未央「大丈夫だって。なんたって、この未央ちゃんがついてるんだからね!」

    卯月「そりゃあ、未央ちゃんはソロ活動で演技のレッスンを受けてたから自信があるかもしれませんけど……」

    凛「卯月だって、シン選組ガールズで沖田総司を頑張ったじゃない」

    卯月「言わないでください~!『なんじゃこりゃ~!』は沖田さんファンの方にものすごく不評だったんですから!」

    凛「それはパロディなんて入れる脚本が悪かったんだよ」

    未央「うんうん。それに、しまむーのファンには可愛いって好評だったらしいから大丈夫! 自信持って行こーう!」





    2 : ◆KHvrgStAjY 2016/06/28(火) 12:39:38.00 ID:V6jwThnR0

    卯月「でもでも、アイドルアワードを受賞したあの天海春香さんと共演するなんて……! 絶対釣り合いません~!」

    未央「それはねぇ。せめて、楓さんか美嘉ねぇがいてくれたらよかったんだけど」

    卯月「そうですね。お二人がいてくれたらどれだけ心強かったか……」

    凛「はいはい。愚痴はそこまで。もっと前向きに考えようよ」

    卯月「前向き……ですか?」

    凛「そう。これはチャンスだよ。私たちが765プロのアイドルにもひけをとらないって証明するためのね」

    未央「おおっ、しぶりん言うねえ!」

    凛「当然。私たちは止まれない、でしょ?」

    卯月「そうですね! 島村卯月、頑張ります!」

    未央「そうだそうだ! 天海春香がなんだ! リボンが本体のアイドルなんかに負けないぞ!」

    NG「おーっ!」



    4 : ◆KHvrgStAjY 2016/06/28(火) 12:42:28.87 ID:V6jwThnR0

    春香「……(じーっ)」

    卯月「ひゃあっ!?」

    未央「ん? どうしたのしまむ……うへぁっ!?」

    凛「あ、天海春香……さん」

    春香「初めまして、天海春香です(ニッコリ)」

    凛「し、渋谷凛です」

    卯月「島村……卯月です……」

    未央「ほ、ほ、本田未央です!」

    春香「えへへへへへっ。みんな、燃えてるね。私なんてね、昔は宣材写真の撮影でも心臓が飛び出たりしそうだったんだよ。それなのに、凄いなあ」

    未央「いや、その、えっと、これは……」




    【【765×346】はるかさんといっしょ/がんばれニュージェネレーションズ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467159695/

    1 : ◆KHvrgStAjY 2016/06/29(水) 09:21:35.77 ID:DMXUANcF0

    ・注意 モバマスのキャラは登場しません。





    2 : ◆KHvrgStAjY 2016/06/29(水) 09:23:02.28 ID:DMXUANcF0

    真美「ひびきんひびきん、真美、ひらめいちゃったかもだよ~!」

    響「……何を?」

    真美「あれっ、なんかひびきんのテンションが低い」

    響「だって、真美がひらめいたことなんてどうせろくでもないことに決まってるぞ」

    真美「ふっふっふ。そんなこと言ってられるのも今のうちだよひびきん! これを見よっ! ばばん!」

    響「なになに……きかく書? ……企画くらい漢字で書いたら?」

    真美「もう、いちいち話の腰骨を折らないでよ~!」

    響「(日頃の行いが悪いんだから仕方ないぞ……)……それで?」



    3 : ◆KHvrgStAjY 2016/06/29(水) 09:29:46.88 ID:DMXUANcF0

    真美「ほら、前にりっちゃんの企画で、真美とやよいっちとひびきんの三人でユニット組むかもって話があったっしょ?」

    響「?? ……。……ああ! そんな昔のことよく覚えてたね。自分、すっかり忘れてたぞ」

    真美「当たり前っしょ? 真美はこのユニットで竜宮小町をメッタメタにして、亜美を悔しがらせちゃおうって思ってたんだよー!」

    響「へー」

    真美「なのに……りっちゃんは真美たちのことほったらかしにして! このままじゃ『双子の通好みのほう』でアイドル人生が終わっちゃうよー!」

    響「あはは……自分は、通好みのほうって、格好いいって思うけど」

    真美「やーなーの。真美はプロジェクト・フェアリーで言うとひびきんじゃなくてミキミキになりたいの!」

    響「ひ、ひどっ!」

    真美「え? だって自分で言ったじゃん。通好みのほうって格好いいって」

    響「ぐ……わ、悪かったぞ……」

    真美「うむ、わかればよろしい」

    響「(あれ? よく考えると、遠回しに馬鹿にされたような気がするぞ……? ……。ま、いっか)」



    4 : ◆KHvrgStAjY 2016/06/29(水) 09:31:01.04 ID:DMXUANcF0

    響「それで、どんな企画を書いたの?」

    真美「もちろん、新曲の企画だよー! 社長も、アイドルと言えば歌、歌と言えばアイドルだって言ってたかんね! はい、見て見て~」

    響「えっと……曲名は『hi-si☆Dazo』……。ひしだぞ?」

    真美「全然違うよひびきん! それは、はいさいだーぞって読むんだよー!」

    響「……。えっと、下のこれは……歌詞?」

    真美「うん! ひびきん、ちょっと読んでみてみて。真美、作詞の才能に目覚めちゃったっぽいよ!」




    【響「今週の1位は……ハイファイ☆デイズ? 凄いぞ……」真美「ひびきーん!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465289174/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/07(火) 17:46:14.68 ID:OMoS+QU10

    冬馬「こんなにやっても駄目なのか。…だが一次が駄目なら二次選考だ!」


    冬馬「まだ希望がある、次のCD買って当てればいいだけだ!」


    冬馬「俺は諦めねぇぞ!絶対にライブのチケット当ててやる!」


    冬馬「……しっかし、このCDの山、どうすりゃいいんだ…」


    冬馬「処分……はできねぇよな……何より俺自身が許せねぇ」


    冬馬「……はぁ」





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/07(火) 18:01:48.31 ID:OMoS+QU10

    アニ○イト


    冬馬「げぇ…!?マジかよ、なんだよこれ」


    冬馬「棚一つまるごとCDが消えてやがる……」


    冬馬「幸い隣の棚は無事みてぇだが、こっちも少ねぇな」


    冬馬「つーか、なんでこんなに馬鹿みたいに買っているんだよどいつもこいつも」


    冬馬「音楽が聴きたいのかチケットが欲しいのかはっきりしろっつーの、ったく…」


    冬馬「……とりあえず5枚買うか」




    真「あれ?あそこにいるのって冬馬じゃない?」


    美希「本当なの、何でここにいるんだろ?」


    真「何でって、ここにいるということは目的は限られてるでしょ」


    美希「それもそうなの」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/07(火) 18:12:38.38 ID:OMoS+QU10

    店員「ありがとうございましたー」


    冬馬「さてと、今度こそ…」


    美希「ねぇ」ヒョコ


    冬馬「うぉおおっ!?お前ら、765プロの…!」


    美希「さっき何買ってたの?ミキ達にも教えてほしいな?」


    冬馬「ばっ…!なんでお前たちに教えてやらなきゃいけないんだよ!」


    真「そうだよ美希!男がここで物をコソコソ買うときは大抵アレなものって決まってるんだから!」


    冬馬「馬鹿野郎!そんなもん買ってねぇよ!」


    美希「アレって何?ミキ15歳だからわからないの。冬馬は知ってるの?」


    冬馬「―――――!」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/07(火) 18:22:35.25 ID:LywA3GcmO

    俺らじゃねぇか...




    【冬馬「クソッ!CDたくさん買ったのにまた落選しちまった!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462455102/

    1 : ◆FwtfrEyij9dA 2016/05/05(木) 22:31:42.63 ID:eGPe3+5Jo

    拝啓みほへ

    この手紙は送る予定がありませんが書きます。
    現在我が家は大変な事になっています。


    しほ「うぅぁぁぁぁ・・グスグズ・・・・ウゥゥゥ」ポロポロ

    しほ「グスグス・・・・うぅぅぅ・・みほぉ・・・グスグス」ポロポロ

    まほ「お母様・・・落ち着いて下さい」





    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 22:39:00.17 ID:eGPe3+5Jo

    しほ「みほぉぉぉ!なんで大洗に行っちゃったの・・・グスグス」ポロポロ

    まほ「それはお母様が決勝戦の件でみほを責めるから」

    しほ「うっ・・・グスグス・・・違う・・・・エグエグ・・・・のよ・・」ポロポロ

    しほ「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!・・・・・別に・・うっっ世間の・・・・批判・・・なんて・・グスグス」ポロポロ



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 22:40:15.37 ID:eGPe3+5Jo

    しほ「どうでも・・・・・うっ・・・よかった・・・・けど・・・」ポロポロ

    まほ「けど?」

    しほ「・・・・グス・・チャンスだと思った・・・・・」

    しほ「少し注意した後・・・グスグス・・・優しくして褒めて・・・・あげるつもりだった・・」



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 22:41:27.11 ID:eGPe3+5Jo

    しほ「そうしたら・・・グスッ・・もっと・・・うっっっ・・私に甘えて・・・・思っ・・・グス」ポロポロ

    しほ「あの子がそのまま・・・・・・グスグス転校・・する・・なんて・・・」ポロポロ

    しほ「うわぁぁぁ!!・・・・グスグス・・・思わな・・・・かったのよ」ポロポロ

    まほ「なら大洗への転校を認めなければよかったのです。」



    8 : ◆FwtfrEyij9dA 2016/05/05(木) 22:43:29.98 ID:eGPe3+5Jo

    しほ「だって・・だって・・みほが大洗に行きたいって言うから・・・」ポロポロ

    しほ「あの子はあなたと違って私がいないとダメなのよ・・・」

    まほ「・・・・(どう考えてもダメなのはお母様の方では)」



    9 : ◆FwtfrEyij9dA 2016/05/05(木) 22:50:16.49 ID:eGPe3+5Jo

    まほ「しかし誰かが責任を取らなければいけなかったのでは・・・」

    しほ「・・・グスグス・・・なら決勝戦・・・ウッッッ・・・の件・・・エグエク」ポロポロ

    しほ「ふぅぅぅ・・・・・まほ!あなたが責任を取りなさい!」

    まほ「!?」



    10 : ◆FwtfrEyij9dA 2016/05/05(木) 22:50:59.97 ID:eGPe3+5Jo

    しほ「あなた隊長だったのよ?あなたが代わりに今から大洗に行きなさい」

    しほ「代わりにみほに黒森峰へ帰ってきてもらうわ」

    まほ「お母様、いくら何でもそれは・・・・」

    しほ「何で?誰かが責任を取る必要があるんでしょ?」



    11 : ◆FwtfrEyij9dA 2016/05/05(木) 22:52:19.76 ID:eGPe3+5Jo

    まほ「いや・・・・やはり誰も責任をとる必要はありませんでした・・・」

    しほ「でしょ!だからみほが黒森峰を辞める必要はなかったのよ!」

    まほ「はい・・・・・そう思います・・・」



    16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:33:57.55 ID:R3igC3e4o

    親バカしぽりんほんとすき




    【しほ「みほぉぉぉぉぉ!!!」ポロポロポロ まほ「・・・・・・・」【ガルパン】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359629647/

    1 :書き溜めはない、途中で投げ出すかも 2013/01/31(木) 19:54:07.79 ID:XMBWSrD70

    ―みほの部屋―

    みほ「さて…試合に向けて作戦を考えないと…」

    みほ「次は…お姉ちゃんだもんね…」

    みほ「……」

    みほ「お姉ちゃん…私のことどう思ってるのかな…」

    ピンポーン

    みほ「?」

    みほ「こんな時間に誰だろ?」

    みほ(とりあえず覗き穴で用心用心と…)

    みほ「!?」

    みほ「お姉ちゃん!?」




    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:57:49.33 ID:XMBWSrD70

    まほ「みほ、私だ」

    まほ「…開けてくれないか」

    みほ「……」

    みほ「わかった」

    ガチャ

    まほ「ありがとう、みほ」

    みほ「……」

    まほ「すまないな、いきなり」

    まほ「みほと…」

    まほ「みほと試合前に一度だけ話がしたかったんだ」




    【みほ「お姉ちゃんダイスキ」】の続きを読む

    このページのトップヘ