大きいサイズ

    2017年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1498233296/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 00:54:56.96 ID:+T0z29TN.net

    ダイヤ「正座しなさい」

    鞠莉「シャイニー!」

    ダイヤ「正座しなさい」

    鞠莉「シャイニー!」

    ダイヤ「正座しろって言ってるでしょうが!!」

    果南「お、落ち着いてダイヤ」



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 00:57:21.03 ID:+T0z29TN.net

    ダイヤ「……もう一度だけ言います。そこに正座なさい」

    鞠莉「シャイニー!」

    ダイヤ「……」スチャ

    果南「鞠莉、正座しなって!ダイヤナイフ持ってる!!」

    鞠莉「んもう、しょうがないわねぇ」スワリ

    ダイヤ「胡座ではなく正座と言ったのですが」

    鞠莉「だって足が痺れちゃうし~」

    果南「鞠莉!!」



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 01:01:29.46 ID:+T0z29TN.net

    ダイヤ「年頃の女性が胡座など恥ずかしいとは思いませんの?」

    鞠莉「ダイヤの顔ほどじゃないよ~」

    ダイヤ「……」ブン!

    ガシィ!

    ダイヤ「止めないでください果南さん!このたわけ者は私の手で!」

    果南「釘バットはダメだよダイヤ!!鞠莉死んじゃう!」

    鞠莉「OH!果南ナイス白羽取り~!」



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 01:03:43.28 ID:+T0z29TN.net

    ダイヤ「手を離しなさい果南さん……!」ググググ

    果南「落ち着きなよダイヤ……!」ググググ

    鞠莉「スキあり~♡」ピラッ

    ダイヤ「きゃああ!!」

    鞠莉「へぇ、パープル!」

    果南「鞠莉!何してるの!!」



    7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 01:05:30.38 ID:TyPAZHL5.net

    パープル
    わかってますねえ!




    【鞠莉「ダイヤのホクロを『蚊だ!』って叩いてみた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498790936/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/30(金) 11:48:56.05 ID:2B8IaL7oO

    ~部室~


    果南「千歌、大事な話って何?」

    善子「どうせまた面白いダジャレでも思い付いたんでしょ」

    千歌「フッフッフッ……」

    梨子「……千歌ちゃん?」

    ダイヤ「千歌さん?折角貴重な練習時間を省いてまで皆部室に集まってるのですから、くだらない用件でしたら……分かっていますね?」

    曜「まぁまぁ…。それで千歌ちゃん、話してもらえる?」

    千歌「うん。実は私ね?」

    8人「…………」

    千歌「神の力を手に入れたんだよ!」

    8人「…………」

    千歌「…………」

    梨子「解散」ガタッ

    果南「みんな屋上行くよ」


    ゾロゾロゾロ……


    千歌「待って!反応分かってたけど待って!」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/30(金) 11:50:11.21 ID:2B8IaL7oO

    ダイヤ「千歌さん!あなたという人は!!今は大事な時期なのですよ!?」

    梨子「そうよ、ラブライブが近いんだし」

    ルビィ「新しい振り付け早く覚えないとだし…」

    果南「千歌だってまだ歌詞に引っ掛かりがあるって言ってたでしょ?そんなくだらない事で時間潰しちゃ駄目だよ?」

    千歌「はぁ……やっぱり信じて貰えないよね……」

    鞠莉「千歌っち、堕天使(笑)はいるらしいけど、流石にGODなんて信じれないわよ?」

    善子「(笑)つけないでよ!」

    千歌「あー鞠莉ちゃん花丸ちゃんの前で神様馬鹿にしたー!」

    花丸「家は神社じゃなくてお寺だから宗教違いずら」

    千歌「あ、あれ?そうだっけ?」

    ダイヤ「話になりませんわね…皆さん行きましょう」

    千歌「待って待って!お願いだからぁ!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/30(金) 11:50:59.96 ID:2B8IaL7oO

    曜「千歌ちゃん…流石にそういうジョークは…」

    千歌「ジョークじゃないよ!分かった!なら証明してみせるよ!」

    8人「……」

    千歌「ほらことわざにもあるでしょ、『百聞は一見に何とか』って」

    花丸「『百聞は一見にしかず』ね」

    ダイヤ「何故そこだけ失念するのですか……」

    千歌「……と、見せる前に1つだけ確認ね」

    梨子「確認?」

    千歌「善子ちゃん!」

    善子「えっ?」

    千歌「神って何だと思う?」

    善子「な、何で私に振るのよ!」

    千歌「いやだってこの中じゃ一番知ってそうだし」

    ルビィ「確かに」

    花丸「言えてるずら」

    善子「あんた達ね!……ま、まぁ…知らなくもない……けども……」

    千歌「ならどうなの?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/30(金) 11:51:37.38 ID:2B8IaL7oO

    善子「……えっと、神にも色々いるし一概には言えないけど、全知全能と言われたゼウスとか…」

    千歌「ふむふむ……」

    善子「大海を割って人々を救ったモーセとか……」

    曜「あーそれ知ってる」

    果南「モーゼじゃなかった?」

    善子「モーゼとも言うしモーセとも言うのよ」

    果南「へぇ~」

    ルビィ「善子ちゃん詳しいんだね!」

    善子「ふ、ふん!これくらい一般常識よ!」

    千歌「ふむふむ……」

    鞠莉「あと有名なのは友のせいで処刑されるかもしれない状況なのに、決して屈しなかった驚異の忍耐力と精神力を持っているセリヌンティウスとか」

    ダイヤ「鞠莉さん、それは神ではありませんわ」

    鞠莉「it's joke」

    千歌「ふむ……」




    【千歌「神の力を手に入れたんだよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1498482613/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 22:10:13.32 ID:GmCmdvL0.net

    曜「ふんふふーん♪ あ、ダイヤお姉ちゃん!」

    ダイヤ「ん、オブシディアン。どうしました?」

    曜「んーん、ただお姉ちゃんがいたから!」

    ダイヤ「ふふ、オブシディアンはかわいいですわね」ナデナデ

    曜「えへへー」

    ダイヤ「ん、オブシディアン?」

    曜「んー?」

    ダイヤ「髪のケアはしてます?」

    曜「してないけど?」



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 22:15:17.60 ID:GmCmdvL0.net

    ダイヤ「道理で、髪が傷んでいると思いましたわ」

    ダイヤ「少なくともトリートメントくらいはなさい」

    曜「えー? でも私トリートメントとか持ってないし」

    ダイヤ「わたくしのを使っていいですから」

    曜「えぇっ!? お姉ちゃんの!?」

    ダイヤ「まあ、わたくし以外に借りてもいいですが」

    曜「ううん、お姉ちゃんの借りる!」




    【ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」曜「四女!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1498215197/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 19:53:17.12 ID:Sh9B6/gB.net

    果南「あ、アンバー――」

    千歌「それでね、ねえダイヤねえ聞いてるー?」

    ダイヤ「聞いてますわよ。それでオブシディアンがどうしたの?」

    千歌「オブシディアンちゃんったらね、海に飛び込んじゃって」クスクス

    ダイヤ「ふふ、あの子らしいですわね」クスクス

    ダイヤ「あ、アクアマリンどうかしました?」

    果南「ふんっ!」プイッ

    ダイヤ「アクアマリン……?」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 19:56:23.10 ID:Sh9B6/gB.net

    ――

    果南「あ、オブシディ――」

    曜「でねでね! ガーネットちゃんったら」

    ダイヤ「ふふ、そうでしたの」クスクス

    果南「……」

    ダイヤ「あぁ、アクアマリ――」

    果南「ふんっ!!」スタスタ

    ダイヤ「え……?」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 19:59:53.06 ID:Sh9B6/gB.net

    ――

    ダイヤ「なんでかわかりませんがアクアマリンが怒っていますわ」

    ダイヤ「わたくし何かしてしまいましたっけ……」

    鞠莉「ダーイヤっ!」モミモミ

    ダイヤ「ぴぎゃっ!?」

    ダイヤ「ですからいつもいつもどうして胸を揉むんですの!?」

    鞠莉「いつも言ってるけど妹の成長を確かめてるの! 長女の務め!」

    ダイヤ「そんな務めはありませんわ!」




    【ダイヤ「黒澤9姉妹」果南「三女かなん?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498315062/

    1: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:37:42.61 ID:3L0uqIgf0

    これはモバマスSSです

    前作
    P「俺、綿菓子の機械になりたい」





    2: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:39:07.24 ID:3L0uqIgf0

    P「んー最近疲れ取れないなぁ」

    高森藍子「お疲れさまですプロデューサーさん、大丈夫ですか?」

    P「おー藍子、お疲れさま」

    藍子「最近結構お仕事多くて大変でしたもんね」

    P「そうなんだよな、藍子も大変だったよね」

    藍子「私は楽しかったですよ?」

    P「まぁそれならいいんだけど」



    3: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:39:42.28 ID:3L0uqIgf0

    藍子「でもプロデューサーさん最近もずっとパソコンに向かってますよね」

    P「俺はこの間の仕事のまとめだったり次の仕事の準備とかだったりたくさんあるからな」

    藍子「いつもありがとうございます、プロデューサーさん」

    P「おぉう、なんかお礼言われると照れるな」

    藍子「私にできることがあったら何でも言ってくださいね?」

    P「ん?なんでもいいのか?」

    藍子「わ…私にできることなら?」



    4: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:40:10.65 ID:3L0uqIgf0

    P「なら俺を枕にしてくれ」

    藍子「えぇ…私が膝枕するんですか?」

    P「ちがうぞ?」

    藍子「へ?」

    P「『俺を』枕にしてくれ」

    藍子「…はい?」




    【【モバマス】P「俺、枕になりたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467547201/

    1: ◆yz988L0kIg 2016/07/03(日) 21:00:01.08 ID:yvr0o8N+O

    ・デレマスの日下部若葉さんがプロデューサーを甘やかすだけのSSです。





    2: ◆yz988L0kIg 2016/07/03(日) 21:01:45.00 ID:yvr0o8N+O

    若葉「モバPさん、ちょっといいですか?」

    モバP「わざわざ会議室に呼び出して、どうしたの?」

    若葉「モバPさん。 私、気づいちゃったんです」

    若葉「みんなが私のことを子ども扱いする理由を」

    モバP「急に?」

    若葉「きっと、おねえさん力が足りないからだと思うんです!」キリッ

    若葉「じゃぁもっとおねえさん力を磨くためにはどうすればいいのか」

    若葉「それはおねえさんを超えてママになることだと思うんです!」キリッ

    モバP(……?)

    若葉「ということでモバPさん、私のおねえさん力を高める訓練に付き合ってください~っ」

    モバP「えっ? 何をすればいいの?」

    若葉「モバPさん、私のことをママと呼んでください~!」

    モバP「!?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 21:09:48.06 ID:etesV3790

    ママー!



    5: ◆yz988L0kIg 2016/07/03(日) 21:11:31.49 ID:yvr0o8N+O

    若葉「私のことをママだと思って甘えてください」

    モバP「えっ」

    若葉「これはモバPさんのためでもあるんですよ?」

    若葉「いつもお仕事で疲れているモバPさんが少しでも癒やされればって思いまして~」

    モバP「でも本当は?」

    若葉「みんなからおねえさんって呼ばれたいです!」

    若葉「って言わせないでください~!」

    モバP「ごめん」

    若葉「というわけでお願いします~」

    モバP「えぇ……」

    若葉「ほらほら~、ママのお膝に頭を乗せてもいいんですよ~っ」ポンポン

    若葉「…………あの、モバPさん?」

    モバP「どうしてもやらなきゃだめですか?」

    若葉「どうしてもやらなきゃだめです~!」

    モバP(もうどうにでもなれ!)

    若葉「ふふっ、良い子ですね~」

    若葉「よしよしです~」

    若葉「ふふっ、どうですか? おねえさん力感じますか~?」

    モバP「恥ずかしい」

    若葉「えぇ、恥ずかしがらなくていいんですよ~」

    若葉「ここには誰も来ませんし、鍵も閉めましたから~」

    モバP(!?)




    【【デレマスSS】若葉「モバPさん、私のことをママと呼んでください~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498574126/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 23:35:26.51 ID:CaFnffweo

    モバマスの工藤忍ちゃんのSSです。 
     
     
     
    BwO7bh2
    tqYbKbQ






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 23:37:48.21 ID:CaFnffweo

    ザー…ザー…



    忍「あー……」



    忍(梅雨とはいえ、すごい雨だねー……)



    忍(雨がしのげる場所があって良かったかも)



    忍(しばらくは雨宿りかな……ヘヘ、カタツムリさんも雨宿り?)



    忍(Pさん、早く迎えに来ーい!……なんて)



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 23:39:23.58 ID:CaFnffweo

    バシャバシャ



    忍「……」



    忍(あーあ、イキナリ降るんだもんなぁ……グッショリだよ)



    忍(気持ち悪いからタイ緩めとこ……誰も居ないよね?)キョロキョロ



    P「……」ポタポタ



    忍「うおう」ビクッ



    P「しの、……へっくしっ」



    忍「……あはははははっ。Pさん、水も滴るいい男だよっ」



    P「そりゃどうも!!」




    【工藤忍「雨の日はきっといい天気」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498751334/

    1: ◆XUWJiU1Fxs 2017/06/30(金) 00:48:55.24 ID:USDuc16ho

    多田李衣菜誕生日&Masque:Rade一周年おめでとうSSです





    2: ◆XUWJiU1Fxs 2017/06/30(金) 00:49:35.00 ID:USDuc16ho

    「えっと……本当に私が仕切るんですか?」

    「恨みっこなしのジャンケンで決まったんだから。ほらほら、進めちゃお緒方議長」

     戸惑いを隠しきれない智絵里ちゃんに対して、全ての言い出しっぺである加蓮ちゃんは気楽そうでポテトをリズミカルに口に運んでいます。

    「加蓮ちゃん、あんまりポテトばかり食べてると体に悪いですよ?」

    「大丈夫大丈夫。ポテトを食べるとビタミン増えるから。むしろ身体に良いんだよ、多分、きっと、メイビー」

    「あはは……」

     学校が終わった後、某ファストフード店に私たちは集まっていました。全員バラバラの制服を着ているので、側から見ると中学時代の友達が集まってお喋りしているように見えるのでしょうか。それとも、まさかテレビに出ているアイドルがこんな近くにいると思っていないのかも。

    「こほんっ! 覚悟、決めなくちゃ」

     そこまで深刻にならなくて良いような気がするけど、議長さんは真剣な表情を見せました。



    3: ◆XUWJiU1Fxs 2017/06/30(金) 00:50:27.55 ID:USDuc16ho

    「そ、それじゃあ。今から李衣菜ちゃんの誕生日に何をするか決めるの会を始めますっ」

    「うふふっ、頑張ってくださいね、智絵里ちゃん」

    「どんどんぱふぱふー」

     議長こと智絵里ちゃんは仕切るという立場にイマイチ慣れていないのか、やっぱり少し緊張しているように見えます。多分私が同じ立場でも緊張はしちゃうと思うな。

     手帳のカレンダーをパラパラ捲って6月30日のページを見ると青い文字で『李衣菜ちゃん誕生日!』と大きく書かれています。Masque:Radeの李衣菜ちゃん以外が集まる、となると会議のテーマは1つ。

    「サプライズ、楽しみですねぇ」

     李衣菜ちゃんへのサプライズプレゼントをどうするか、ということ。それも1ヶ月も前から会議を始めるあたり気合の入れようも違います。

    「フンフンフーン♪」

     特に言い出しっぺの加蓮ちゃんは随分と楽しそうにしていて上機嫌で鼻歌混じりでポテトを口に運んでいます。

    「楽しそうだね、加蓮ちゃん」

    「そう?」

     きっと口には出さないでしょうが、私たち4人の中で一番李衣菜ちゃんに感謝しているのは加蓮ちゃんなんでしょう。




    【美穂「6月30日の青春系ガールズバンドMasque:Rade」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498755424/

    1: ◆ewJaq5WeY. 2017/06/30(金) 01:57:05.25 ID:akyH0tB70

    まゆ「李衣菜ちゃんから連絡が来ました。もうすぐ着くそうです」

    加蓮「遅い! 待ちくたびれた~」

    美穂「まあまあ李衣菜ちゃんお仕事から急いで向かってきてくれてるんだから」

    加蓮「仕事あったのはアタシも一緒だし。それに忙しいのはみんな同じでしょ」

    智絵里「けれど、だからこそ、こうやって集まれて嬉しいな……」

    加蓮「ふふっ、それも一緒。――みんな、協力してくれてありがと」 






    2: ◆ewJaq5WeY. 2017/06/30(金) 01:57:51.70 ID:akyH0tB70

    美穂「お礼を言うのは私のほうだよ。企画とか全部やってくれて」

    まゆ「はい。まゆにとっても大切な場所ですから……ありがとう加蓮ちゃん」

    加蓮「もう、いいからそういうの」



    李衣菜「ごめんっ! 遅くなって」

    美穂「あっ、李衣菜ちゃん! 待ってたよ」

    智絵里「お仕事お疲れさま」



    3: ◆ewJaq5WeY. 2017/06/30(金) 01:59:03.16 ID:akyH0tB70

    加蓮「ほんと待ちすぎて待ちくたびれちゃった」

    李衣菜「ごめんって。先に始めちゃってもよかったのに」

    まゆ「今の冗談ですか? おもしろい」

    李衣菜「笑顔が逆に怖いんだけど……」

    加蓮「もー李衣菜はわかってないんだから」

    美穂「そうだよっ。私たちに5人揃ってMasque:Radeなんだから」



    4: ◆ewJaq5WeY. 2017/06/30(金) 02:00:22.79 ID:akyH0tB70

    加蓮「それにアンタ謝るより先に言うことあるんじゃないの」

    李衣菜「ええっ? それどういう……あ、そっか。加蓮ちゃんありがとう」

    加蓮「ちょ、ちょっと! どうしてそうなるのよ」

    李衣菜「え、だって今日の会は全部加蓮ちゃんが計画したんでしょ? だよね智絵里ちゃん」

    加蓮「智絵里~~~」

    智絵里「ご、ごめんなさい。私とっても嬉しくって」




    【加蓮「MasqueRadeなお祝いパーティー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498578666/

    1 : ◆u71RyimI2MeR 2017/06/28(水) 00:51:06.74 ID:meLuFPYDo

    道明寺歌鈴ちゃんのSSです。





    2 : ◆u71RyimI2MeR 2017/06/28(水) 00:51:59.79 ID:meLuFPYDo


    ちひろさんがカタカタとパソコンを操作する音や他のプロデューサーさんがぺらりとなにやら紙を捲る音が事務所に響き渡っています。

    そんな中、午前中でレッスンが終わった私はお昼を一緒にとろうとプロデューサーさんに誘われているのでここで待機です。

    ぽすんとソファへと座り込みます。ふぅ、と小さく息を吐いて持ってきた雑誌を開きました。前にインディゴ・ベルとしてユニット活動を共にしていた藍子ちゃんが表紙の雑誌です。雑誌を開いて紙面に目を落としますがどうにも目が滑ってしまいます。




    3 : ◆u71RyimI2MeR 2017/06/28(水) 00:53:39.48 ID:meLuFPYDo


    読むのを諦め、ソファの脇へと雑誌を置いて窓の外を眺めます。木々を風が揺らし、地面に移った影を歪めました。

    ここ最近は梅雨らしく雨が多かったり雨でなくとも曇りだったりと微妙な天気が続いていたのでこうした晴れた日は久々な気がします。

    これを機にもうすぐ梅雨明けでしょうか。とそこで今年は合羽を着てないことを思い出しました。
    普段は雨だったら傘を差すのですが、時々合羽を着るのも好きなのです。特にこれといった理由はありませんが何故か楽しくて、それに合羽でしたら雨の中転んだとしても支障はないですから。




    4 : ◆u71RyimI2MeR 2017/06/28(水) 00:55:31.89 ID:meLuFPYDo


    そんなことを考えているといつの間にか近くに来ていたちひろさんに話しかけられました。

    「歌鈴ちゃん?」

    「はい?」

    「そろそろお昼にしようと思うんだけど歌鈴ちゃんは?」

    「私はこの後プロデューサーさんと約束しているので……」

    「ふふ、そっか。分かったわ、じゃあお疲れ様ね」

    「はい、お疲れ様です」





    【道明寺歌鈴「温かなこの想いを抱きしめて」】の続きを読む

    このページのトップヘ