大きいサイズ

    2017年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1511692466/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/11/26(日) 19:34:26.85 ID:Bcm0BZVW

    【褒められない】


    海未「九十五点です。今回は少し難しかったですね」

    ことり「海未ちゃんすごーい!」

    ことり「穂乃果ちゃんは……」

    穂乃果「……四十点」

    ことり「あ……ま、まあ前よりは上がってるから……」

    穂乃果「それ、褒めてるの?」

    ことり「え……もちろんだよ!ね、海未ちゃん」

    ことり「ってあれ、海未ちゃん?」

    ことり「あ……」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/11/26(日) 19:35:48.92 ID:Bcm0BZVW

    生徒「きゃー園田さんすごい」

    生徒「天才」

    海未「い、いえ……」

    生徒「どうしたらそんな頭よくなるのか教えてー」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/11/26(日) 19:36:21.93 ID:Bcm0BZVW

    穂乃果「ねえことりちゃん。海未ちゃんって頭いいじゃん」

    ことり「え?うん……」

    穂乃果「海未ちゃんって昔から頭いいじゃん。小学校のときか、それよりもっと前から」

    ことり「そ、そうだね」

    穂乃果「生まれつき頭いいのに、なんで海未ちゃんは褒められるの?」

    ことり「そ、それは……」

    穂乃果「生まれつき頭が悪い私はけなされる」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/11/26(日) 19:36:56.04 ID:Bcm0BZVW

    ことり「……」

    穂乃果「海未ちゃんは前より点数下がったのに褒められて、私は点数上がったのに無視されるのっておかしくない?」

    穂乃果「テストの点を褒めるときは絶対値じゃなくて相対値で褒めるべきじゃないの?」

    ことり「あの……」

    穂乃果「生まれつき頭がいい人は褒められにくく、頭が悪い人は褒められやすくなるべきでしょ」

    ことり「そ、そうだね!穂乃果ちゃんもよく頑張ったと思うよ」

    穂乃果「うわーん!私も高得点取って海未ちゃんみたいに褒められたいよー!」




    【穂乃果「三人寄れば?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1511657226/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/26(日) 09:47:06.59 ID:lThKF9G1

    海未「今日もドッタンバッタンお・お・さ・わ・ぎ!」



    3: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/26(日) 09:49:42.40 ID:lThKF9G1

    海未「きゃーーー!!!けものフレンズですよぉー!!」パチパチパチパチ


    サーバル『…「ドジ~」とか「全然弱い~」とかいわれるも!』

    海未「サーバルってなんか凛に似てますね…」

    かばん『ボクって、相当ダメな動物だったんですね…』

    海未「かばんは、花陽っぽいですね…」

    海未「サーバルとかばん、凛と花陽、仲良しカップル同士じゃないですか…!」

    海未「うふふっ♪」



    4: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/26(日) 09:50:16.84 ID:lThKF9G1

    翌日 部室

    ガラガラ…

    海未「こんにちは」

    凛「あ、海未ちゃんにゃ!」

    花陽「海未ちゃん、こんにちは」

    海未「今日は凛と花陽が一番乗りですね。真姫は?」

    凛「真姫ちゃんは日直で居残りにゃ」

    海未「そうですか」



    5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/26(日) 09:54:26.82 ID:lThKF9G1

    凛「にゃんにゃんにゃ~ん♪」

    花陽「あ、凛ちゃん、首に美術の時間の時の絵具付いてるよ」

    凛「え!?どこどこ!?」

    花陽「じっとしてて、拭いてあげるね…」

    凛「お願いするにゃ~」



    海未「…」ジーッ



    サーバル『はっ…はっ…はっ…はっ…』

    かばん『た、、たべないでくださ~い!!』

    サーバル『…!たべないよっ!!」



    海未「!!」💡




    【海未「Welcome to ようこそジャパリパーク」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1510398311/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2017/11/11(土) 20:05:11.87 ID:XGDeWfQ0

    海未「いつから?どこにです?」

    海未「海外まで、来週から……随分急ですね」

    海未「10日ほど、ですか………」

    海未「お仕事なら、仕方ないですよね。気をつけてくださいね」


    海未「行ってらっしゃい。帰りを楽しみにしていますよ」チュ

    バタン

    海未「10日、ですか。すぐと思えばそうなのでしょうが……ここ1年、旦那さまと一緒にいたのですごく長い気がします」

    海未「あの人が入社してからこんなに早く海外出張の話が出るだなんて、喜ぶべきことではありませんか。寂しがってはいけません」

    海未「さ、て、と。十日後に帰って来たときに備えなければなりませんね。兎に角今日は>>3しましょう」



    3: 名無しで叶える物語(茸) 2017/11/11(土) 20:10:09.96 ID:EirMWMUz

    大掃除



    6: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/11/11(土) 20:15:32.38 ID:AuivW71h

    いいお嫁さんすぎる



    7: 名無しで叶える物語(家) 2017/11/11(土) 20:20:10.48 ID:uXeiOAbs

    海未「掃除、しましょうか」

    海未「思えば年明けから大規模な掃除はしていないですね……捨てられるものは捨てて、帰って来る間にピカピカにしておきましょう!」


    海未「とはいえ、毎日掃除はしているのでちょっとテレビや冷蔵庫を動かすとかしか特別なことはしないのですが」

    海未「私の部屋は……あまり物も置いていませんし。使わなくなった着物を誰かに譲ってしまうのも……」ゴソゴソ

    海未「ん?」

    海未ちゃんが自分の部屋の押入れで見つけたもの>>9



    9: 名無しで叶える物語(庭) 2017/11/11(土) 20:22:06.24 ID:XmC4U9et

    さらってきた絵里



    10: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/11/11(土) 20:23:47.79 ID:AuivW71h

    闇すぎるでしょ




    【海未「え、出張ですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1511775723/

    1 : ◆V2J9lvBO6Y 2017/11/27(月) 18:42:03 ID:EGbDqsFg

    木製の床と壁に囲まれた園田家の道場に、冬の風物詩がやってきた。


    海未 「ついにやってきましたね、穂乃果」

    コタツ 「……」


    ─ ── 頭がおかしくなったわけではない、ましてや穂乃果がコタツに変身したわけでもない。


    きちんとした理性を保ったうえでの発言であるということを、私自身 自覚していた。


    この状況になった理由を説明するには、時間を少々巻き戻さなくてはならない。



    2 : ◆V2J9lvBO6Y 2017/11/27(月) 18:43:58 ID:EGbDqsFg

    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    半年前くらい

    【屋上】


    穂乃果 「海未ちゃん、ことりちゃん! ぎゅーーっ!! 」ギュッ

    ことり 「えへへ……/// 」

    ことり 「ぎゅー! 」ギュッ


    海未 「ふぉ、ふぉのか……/// 」

    海未 「……」ギュッ


    穂乃果 「二人のこと大好きだからさ、たまに抱きつきたくなっちゃうんだよね」


    海未 「私もです」ボソッ

    穂乃果 「? 」

    ことり 「? 」

    海未 「い、いえっ、なんでもありません! 」

    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



    3 : ◆V2J9lvBO6Y 2017/11/27(月) 18:45:40 ID:EGbDqsFg

    【公園】

    海未 「久しぶりの休日ですね」

    海未 「この街は、いつも空気が新鮮で大好きです」スーッ

    海未 「さて、スケッチを始めましょうか」

    海未 「筆と、画板と、えっと……」ガサゴソ

    海未 「あった、消しゴム」


    海未 「今日はあそこに並び立つ街路樹と、噴水を描くとしましょう」

    海未 「んー……鉛筆と比較すると、木の長さはこれくらいで……」サッサッ



    4 : ◆V2J9lvBO6Y 2017/11/27(月) 18:47:34 ID:EGbDqsFg



    海未 「……」



    海未 「冬、ですねぇ……」カキカキ

    海未 「葉っぱのついていない木々は、寒そうですね……」サッサッ

    海未 「ふふ、でもなぜかそういう景色が私は好きなんですよね……」カキカキ

    海未 「こう、冬の景色はどこか物寂しくて、何かを欲しているような……」サッサッ


    海未 「景色に気持ちがある……なんておかしな話ですよね」




    【海未 「穂乃果はコタツ、ほのかな温度」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1472158362/

    1: ◆K1k1KYRick 2016/08/26(金) 05:52:42.56 ID:Zllu/aswo


    ※夜這い、破瓜、孕ませ、着衣H、妊婦、ハッピーエンド要素あり



    3: ◆K1k1KYRick 2016/08/26(金) 05:53:47.53 ID:Zllu/aswo

    「すみません」

    長身の男がシスタークラリスに話しかけたのは、丁度ミサが終わって間もない時だった。

    「あら、貴方は……」

    クラリスはその男を知っていた。

    教会に隣接する孤児院で子供たちと遊んでいる時に

    彼はよくキャンバスにスケッチしていた。

    子供たちが一度似顔絵を描いてもらい、とても喜んでいた事を彼女は覚えていた。

    「あの、アイドルになりませんか?」

    クラリスとプロデューサーの出会いはこういったものだった。

    彼はしばしば合間を見つけてクラリスをスケッチした。

    美術学校の出でデッサン力はあるもののプラスアルファの才能に欠けていたと本人は言う。

    しかしクラリスは彼の優しい温もりのある絵が好きだった。



    4: ◆K1k1KYRick 2016/08/26(金) 05:54:48.42 ID:Zllu/aswo


    「――……」

    六月の事だった。クラリスはウェディングドレスのモデルに選ばれ

    瀬名詩織、沢田麻理菜、脇山珠美たちと仕事をした時の事だった。

    「? どうしたんですか、プロデューサー様……」

    「いや、何でもない……。似合っているな、やっぱそれ」

    「ふふふ、プロデューサー様のあつらえですから」

    プロデューサーはその時寂しそうに笑った後、急によそよそしくなった。

    以前はクラリスを連れて買い物に行ったり穴場の料理店を紹介したりしていたが

    まるでかかわり合いを避けるように仕事が終わったら話もしないでそのまま別れた。

    それ以上に心配なのは、日に日に痩せていく彼の身体だった。

    クラリスが他のアイドルやプロデューサーたちに聞くと

    どうもクラリスPはまともに食事を摂っていないようだった。

    「何処か御体が悪いんですか?」とクラリスが聞いても彼は何も答えない。

    一度彼女は彼のアパートに食事を持っていった事がある。

    ハンバーグと卵焼き、孤児院の子供たちが作ってくれたクッキーも持っていった。

    プロデューサーは驚いた顔をしたが、クラリスの持ってきたものは全て食べた。

    時折涙を流していたのだが、彼女はそれが美味しかったからだとその時は勘違いした。




    【【モバマスR18】クラリス「キャンバスの聖母」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1470060721/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/01(月) 23:12:01 ID:SaY0IrcQ

    -事務所-

    <ミーンミーン…ジー!ジー!

    友紀「プロデューサー…暑すぎない…?」グデー…

    P「確かに…これは耐えられそうもないぞ…」

    友紀「だいたいなんでこの事務所うちわしかないの…」パタパタ

    P「ん…なんでだろうか…」

    友紀「あっつー…」

    P「暑いって言うなよ…余計暑くなるだろ…」グデー…

    友紀「…じゃあ寒いって言ってみる?」

    P「…」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/01(月) 23:12:46 ID:SaY0IrcQ

    --
    ---
    ----

    友紀「さむぅぅぅい!!」ガタガタ!

    P「うおぉぉぉ…凍えるぅ!」ガタガタ!

    友紀「寒い寒い!」

    P「冬場に買った暖炉とストーブもつけよう!」ピッ!

    友紀「まだ寒いよ!プロデューサー!」ガシッ!

    P「抱き合って暖を取ろう!」ガシッ!

    友紀・P「さむぅぅぅぅぅ!」ガタガタガタ!



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/01(月) 23:13:21 ID:SaY0IrcQ

    <ミーンミーン…

    P「…おえぇぇぇぇ!あっちー!」バッ!

    友紀「全然ダメじゃん!」バッ!

    P「消せ消せ!こんなもん!」ピッ!

    友紀「暖炉とストーブあるのになんでエアコンも扇風機もないのさ?!」

    P「マジで検討してみるか…」




    【姫川友紀「あっつ~い…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1450388174/

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/18(金) 06:36:14 ID:jCRMveWs


    ガチャ


    P「おう、凛。おかえり」

    未央「おかえりー」

    凛「ただいま」

    P「あれ?卯月と同じ現場だったよな?卯月と一緒じゃないのか?」

    凛「お花摘み」

    P「ああ、そうか」



    2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/18(金) 06:37:33 ID:jCRMveWs

    凛「でさ、唐突なんだけど...」

    P「おう」

    凛「卯月のさ」

    未央「うん」

    凛「気になるんだよね」

    未央「何が?」

    凛「言い間違い」

    P「言い間違い?」

    凛「うん」

    P「仕事上のミスか?ちょっと言い間違えた位別に気にする事ないぞ。そのミスを次に...」

    凛「そうじゃなくて、言い間違いのレベルを超えたアレなんだよ」

    未央「アレ?」

    凛「仕事にも支障が出るほどのアレだよ...」

    P「マジか」



    3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/18(金) 06:39:33 ID:jCRMveWs


    ガチャ

    卯月「島村卯月、ただいま喘ぎました!」

    P「マジだ」

    未央「あえぎ...?」

    凛「『ただいま帰りました』だって」

    未央「ああ...」




    【島村卯月「葛根湯ください」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479699484/

    1: ◆rha/UmkIZ2 2016/11/21(月) 12:38:04.39 ID:ofeSFC3+O


    オチなしヤマなし
    若干のキャラ崩壊あり

    ゆるふわ3人娘シリーズ10作目であり番外過去編3個目です
    1作目
    高森藍子「料理を教えて欲しい?」橘ありす「はい」 

    前作
    佐久間まゆ「事務所メンバーの昔話」高森藍子「その2♪」 


    今回も番外過去編です。
    いつも通り内容はないふわっとしたものになればいいなって。





    2: ◆rha/UmkIZ2 2016/11/21(月) 12:38:46.72 ID:ofeSFC3+O

    佐久間まゆ「おはようございます」

    藍子「まゆちゃん、おはようございます」

    ありす「……」

    神谷奈緒「……」

    速水奏「まゆ、おはよう」

    まゆ「あら、映画ですか?」

    藍子「はい、奈緒ちゃんが持ってきたのをみんなで観てたんです」

    まゆ「どんな映画なんですか?」

    藍子「魔法少女?のアニメ映画みたいです、結構内容が難しいですね……」

    奏「ちょっとありすちゃんには早い、重たい内容な気もするけれど……」

    まゆ「夢中みたいですねぇ」

    奏「ええ、だから止め辛くて、奈緒のオススメでもあるし」

    藍子「もう終盤ですしね」

    奏「それにしても……映画を観てたら昔のまゆを思い出したわ」

    藍子「昔のですか?」

    奏「ええ」

    まゆ「まゆは何も観てないまゆは何も観てないまゆは何も観てないまゆは何も観てないまゆは何も観てないまゆは何も観てない」

    藍子「まゆちゃん?」

    奏「あら……思い出しちゃったかしら」



    3: ◆rha/UmkIZ2 2016/11/21(月) 12:39:24.49 ID:ofeSFC3+O

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    モバP(以下P)「ただいま戻りました」

    藍子「プロデューサーさん、おかえりなさい」

    まゆ「お疲れ様ですPさん……あら?そちらの方は?」

    P「そのことでみんなに話がしたくてな、まゆ、今事務所にいる子だけでいいから集めてもらえるか?」

    まゆ「はぁい♪わかりましたぁ」

    まゆ(Pさんがまゆを頼ってくれた嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい♡」

    藍子(まゆちゃん途中から声でてる……)



    4: ◆rha/UmkIZ2 2016/11/21(月) 12:39:53.67 ID:ofeSFC3+O

    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    P「美優さんと夕美は仕事中だからこれで全員か、じゃあ少し話をさせてもらうな」

    P「今回新しく事務所に所属することになった速水奏さんだ」

    P「今日は事務所の中とか仕事の様子を見てもらおうと思って事務所に来てもらった」

    ありす(20歳くらいでしょうか……)

    佐々木千枝(綺麗……)

    岡崎泰葉(綺麗な人ですね……)

    塩見周子(んー同い年くらいか少し歳上?)

    白坂小梅(……いい人……なのかな、あの子が懐いてる……)

    一ノ瀬志希(……zzz)

    宮本フレデリカ(今日のおやつ何にしよっかな~)




    【高森藍子「事務所メンバーの昔話」橘ありす「その3です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394284358/

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 22:12:38.89 ID:LMI04Muk0


    麻理菜「……」

    P「ちょ!?さ、佐藤さん……?」

    心「もぉー♪プロデューサーったらはぁとのことはシュガーハァトって呼んでねって言ったろ☆」

    P「い、いや……」

    麻理菜「……ねぇ」





    3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 22:25:29.63 ID:LMI04Muk0

    心「なんですかぁ☆」

    麻理菜「あなた出身地どこ?」

    心「長野でぇす☆」

    麻理菜「長野出身で佐藤……心……」

    P「麻理菜さんどうかしたんですか?」



    4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 22:29:41.41 ID:LMI04Muk0


    麻理菜「いえ……ねぇ、心あなた私と会ったこと無い?」

    P「え?麻理菜さんと佐藤さん知り合いだったんですか?」

    心「……んーはぁとはー麻理菜ちゃんとは初対面だと」

           キラークイーン
    麻理菜「……『爆殺女王』ボソッ

    心「ッ!?」



    !?



    P「え?なんですかこの空気?」




    【モバP「えー今日から所属する佐藤「シュガーハァトでーす☆」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511674358/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 14:32:38.72 ID:s8B+1VT60

    P「どうもここ最近アイドルたちの元気がない」

    P「笑顔も作ってる感じで、このままだと仕事にも支障が出そうだ」

    P「プロデューサーとして何かしてあげたい。ということで今から話をしに行こう」

    P「まずは↓2だ」


    ↓2 アイドル一人 コンマが悩みの深刻度





    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 14:58:55.92 ID:yYgygs870

    ともえ



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 15:29:35.37 ID:s8B+1VT60

    村上巴の相談 深刻度:92


    巴「……」

    P(見るからに落ち込んでるな)

    P「巴」

    巴「ん、プロデューサーか……うちに何の用じゃ?」

    P「最近元気がないだろ? どうしたのかと思って」

    巴「はは、隠しきれてなかったか。さすがはプロデューサーじゃ」

    P「何があったんだ。もしよかったら相談に乗らせてくれないか」

    巴「いや、これはうちの問題じゃけん。心配はいらん」

    P「巴の問題は俺の問題でもある。気にせず頼って欲しいんだ」

    P「もしかしたら俺にどうこうできる問題じゃないかもしれないけど」

    巴「プロデューサー……」

    巴「なら、話だけでも聞いてくれ」


    ↓2 巴の悩みとは



    8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 15:31:42.46 ID:VLAB9gPro

    いちごパスタの味が落ちた




    【【モバマス安価】P「アイドルたちの相談に乗る」】の続きを読む

    このページのトップヘ