大きいサイズ

    2018年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540827717/

    1: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/10/30(火) 00:41:57.54 ID:nrJGbSIr

    絵里「今度一緒に行こうって行ったじゃない😢」

    海未「え😥忘れてました……」

    絵里「わたしも食べたかった😭」



    2: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/10/30(火) 00:44:58.14 ID:nrJGbSIr

    絵里「パンチョってあそこでしょ?ナポリタンの看板のところ」

    海未「ミートソースもありましたよ」

    絵里「知ってるわ。券売機のところまでいったもの」

    絵里「ナポナポナポナポ……」



    4: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/10/30(火) 00:49:17.13 ID:nrJGbSIr

    海未「券売機まで行ったら入ればよかったじゃないですか」

    絵里「女ひとりで入ってる人いなかったわ」

    海未「……たしかに」



    5: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/10/30(火) 00:55:28.76 ID:nrJGbSIr

    絵里「海未は抵抗なく入れるタイプ?」

    海未「入ってから🤭ってなったタイプです」

    絵里「うふふ」



    6: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/10/30(火) 01:01:06.65 ID:nrJGbSIr

    絵里「ね、やっぱり今度一緒に行かない?」

    海未「いいですよ」

    絵里「やったわ」



    7: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/10/30(火) 01:07:46.58 ID:nrJGbSIr

    絵里「ナポナポナポナポ……」

    海未「すきですねこれ」

    絵里「そこそこ並んでるわね」

    海未「お昼時ですからね。券売機までは並んでいないので助かりました」



    8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/30(火) 01:12:02.49 ID:ctudOwdE

    明日行きたくなってきた




    【海未「パンチョ食べに行きました」絵里「えっ😢」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540914417/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/31(水) 00:46:57.41 ID:0ejb2iJm

    絵里「ホントに~?」

    海未「学校へはお菓子を持って来てはいけません」

    絵里「中学生か」

    絵里「私が来ることくらい予想しておいてほしいわね」

    海未「子供ですか」



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/31(水) 00:49:42.29 ID:0ejb2iJm

    絵里「お菓子がないと言うのなら、報復をする権利が生まれるわけね」

    海未「ずいぶん勝手な権利ですよね。やはりハロウィンとは子供のための催し事なのでは」

    絵里「あなたの家の仕事で使うトラックを横転させてやるわ」

    海未「悪意のない行為にしてはゲスすぎます」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/31(水) 00:54:33.43 ID:0ejb2iJm

    絵里「実際、たかがお菓子をくれなかったくらいで許される報復ってどの程度なのかしら」

    海未「勝手に押し掛けてきてお菓子を要求しているわけですから……その時点で図々しいですよね」

    海未「御茶ノ水~水道橋間を3往復させるとか」

    絵里「えっ……なにそのキツい報復……」

    海未「練習メニューに入れようと思っていた内容です」



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/31(水) 00:56:49.12 ID:0ejb2iJm

    絵里「やっぱり笑って済ませられる報復に留めておくのが常識的よね」

    海未「おっしゃる通りです」

    絵里「……海未はなにしても笑って済まなさそうね」



    5: 名無しで叶える物語(わたあめ) 2018/10/31(水) 01:01:56.52 ID:I58DElvQ

    お菓子無いって、それおかしない?




    【絵里「トリックオアトリート」海未「お菓子ないです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540934534/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/31(水) 06:22:14.27 ID:6DkEJQy6

    ルビィ「///」ドキドキ

    曜「おいひいね、このチョコ」モグモグ

    ルビィ「じゃ、じゃあもう一個食べる?」

    曜「いいの?」

    ルビィ「あーん…」

    曜「あーん」

    パクッ

    ルビィ「///」ゾクゾク



    4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/31(水) 06:32:34.02 ID:6DkEJQy6

    ルビィ「お姉ちゃん、ちょっといい?」

    ルビィ「お弁当ってどうやって作るの?」

    ルビィ「二人分なんだけど…///」



    5: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/31(水) 06:42:55.59 ID:6DkEJQy6

    キーンコーンカーンコーン

    曜「やっとお昼だー!」

    千歌「ご飯食べよー」

    チラチラ うゆうゆ

    梨子「あれ?ルビィちゃん?」

    ルビィ「び!?」




    【ルビィ「チョコ持ってきたの…食べる?」曜「ごめん、裁縫で忙しいから口に入れて」あーん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540901104/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 21:05:04.63 ID:NCpJNdnY

    ダイヤ「私に任せなさい」



    2: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/10/30(火) 21:07:00.21 ID:8Ek5co//

    しいたけ



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 21:11:17.09 ID:NCpJNdnY

    ダイヤ「私の能力名は『しいたけ』…この能力を使ってみなさんの悩みを解決いたしますわ」

    ルビィ「う、うん…」

    花丸(何言ってるんだろう…)

    ダイヤ「ルビィ、なにか悩みはあるかしら?」

    ルビィ「え、しいたけ如きに何ができるの?」

    ダイヤ「いいから」

    ルビィ「えっと…>>5かな?」



    5: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/30(火) 21:12:18.10 ID:pyocFklG

    レンタル滞納




    【ダイヤ「>>2の能力で問題を解決します」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464536463/

    1: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/05/30(月) 00:41:04.05 ID:DirF7ULc0

    フレデリカ「ぼなにヴぇるせーる!」

    志希「?」

    フレデリカ「あれ、伝わらない?」

    フレデリカ「今スマホで検索したらこうやって出てきたんだけどなー」

    志希「……あ!」

    志希「なるほど……えっと、フランス語で誕生日おめでとうだっけ?」

    フレデリカ「そうみたいだよー」

    志希「ちょっとイントネーションが違ったからわからなかったなー」

    フレデリカ「あ、そっか!」

    フレデリカ「フレちゃん大失敗!」

    志希「まー、ちゃんとわかったからいいんじゃない?」

    フレデリカ「うーん、でもー、ちゃんと気持ちが伝わったかわかんないしー」

    フレデリカ「改めて、シキちゃん、誕生日おめでとう!」

    フレデリカ「アーンド、ハッピーバースデー!」

    志希「にゃはー、ありがとー!」

    フレデリカ「誕生日プレゼントももってきたよー」

    志希「わー、なになにー?」

    フレデリカ「んー、何だと思うー?」

    志希「んー、何だろー?」

    フレデリカ「正解はキーホルダーだよ!」

    志希「キーホルダーかー」

    志希「あたしフレちゃんが欲しかったなー」





    2: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/05/30(月) 00:41:45.03 ID:DirF7ULc0

    フレデリカ「え、アタシ?」

    志希「うん、フレちゃん!」

    フレデリカ「そっかー」

    フレデリカ「やーん、フレちゃん告白されちゃった!」

    志希「告白しちゃった!」

    志希「フレちゃん、すきすき~♪」ダキッ

    志希「ハスハス……クンカクンカ」

    フレデリカ「うふふっ」

    フレデリカ「シキちゃんもすきすき~♪」ナデナデ

    志希「ん~」

    志希「やっぱりフレちゃんのにおいって不思議~♪」

    フレデリカ「わお!」

    フレデリカ「シャンプー変えちゃったのバレちゃった?」

    志希「バレちゃうよー」

    志希「シキちゃんはフレちゃんのことならなんでもわかっちゃうのだ!」

    フレデリカ「お~」

    フレデリカ「アタシもしかしてストーカーされてる?」

    志希「にゃはは、そんなことしなくてもわかっちゃうよー」

    志希「そう……あたしならね!」

    フレデリカ「シキちゃんかっこいー!」

    フレデリカ「……かな?」

    志希「どうだろうねー?」



    3: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/05/30(月) 00:42:18.79 ID:DirF7ULc0

    志希「でもね、フレちゃん」

    志希「本当にフレちゃんのにおいって不思議なんだよ」

    志希「フレちゃんのシャンプーのにおいとかー、おやつのにおいとかー、そういうのじゃなくてー」

    志希「フレちゃん自身のにおいがとっても不思議で、面白いの」

    フレデリカ「へぇ~」

    フレデリカ「アタシ、どんなにおいなの?」

    志希「んっとねー」

    志希「ほとんど無臭!」

    フレデリカ「……無臭?」

    志希「うん」

    志希「ハスハスしても、みんなよりちょっとしかにおいを感じないんだよねー」

    フレデリカ「そっかー」

    フレデリカ「きれい好きなアタシの特徴が発揮されちゃったね!」

    フレデリカ「ピカピカ~♪」

    志希「フレちゃん、きれい好きだったんだー」

    フレデリカ「ねー、アタシも初めて知った!」

    志希「フレちゃんも知らない、フレちゃんが!」

    フレデリカ「はっ!」

    フレデリカ「もしかして、フレちゃんは今フレちゃんじゃない?」

    フレデリカ「アタシは誰だー!」

    志希「誰だー!」

    フレデリカ「フレデリカだー!」

    志希「わー、ぱちぱちー!」




    【志希「あたしフレちゃんが欲しいな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482486746/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 18:52:26.96 ID:ZWByS45t0

    ――おしゃれなカフェ――

    <ボーン、ボーン...

    高森藍子「それで――あ、時計が……。もう6時なんですね」

    北条加蓮「もうそんな時間なんだ。……え? さっき藍子と一緒にミルクティーを注文した時って、3時だったよね……?」

    藍子「3時……でしたよね? それから、おやつのお話になったからよく覚えています」

    加蓮「そして今は6時と」

    藍子「……6時ですね」

    加蓮「……つまり、いつもの」

    藍子「あうぅ……。またやっちゃいました。ごめんなさい……」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 18:53:02.41 ID:ZWByS45t0

    ――まえがき――

    レンアイカフェテラスシリーズ第39話です。
    以下の作品の続編です。こちらを読んでいただけると、さらに楽しんでいただける……筈です。

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「カフェテラスで」 
    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「カフェテラスで」
    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「膝の上で」    
    北条加蓮「藍子と」高森藍子「最初にカフェで会った時のこと」 

    ~中略~

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「秋の日のカフェで」 
    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「早い早雪のカフェで」 
    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「滑って転びそうな日のカフェで」 
    北条加蓮「藍子と」高森藍子「冬日のカフェで」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 18:53:31.76 ID:ZWByS45t0

    藍子「外も真っ暗ですね……。歩いて帰るのは、ちょっと不安」

    加蓮「だね。どうする? 誰か呼んじゃう?」

    藍子「呼んじゃいましょうか」

    加蓮「そうと決まれば――」ガサゴソ

    加蓮「あれ? メールが来てる」ポチポチ

    加蓮「"そろそろ迎えがいる頃? 暗くなっちゃったから、帰るなら電話しなさい"……あはは。藍子ー、身内にエスパーがいるんだけど、どうしたらいいと思う?」

    藍子「ふふっ。……加蓮ちゃんのお母さんがエスパーってことは、もしかして加蓮ちゃんも?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 18:54:01.52 ID:ZWByS45t0

    加蓮「私もー? うーん。エスパー……超能力……そういうのは裕子ちゃんに譲るよ」

    藍子「加蓮ちゃんがエスパーになって、それを裕子ちゃんに教える、っていうのは?」

    加蓮「いや、せっかく手に入れた力とかって独り占めしたくならない?」

    藍子「またそういうっ。どうせだから私にも教えてくださいよ~」

    加蓮「結局自分が教えて欲しいだけかいっ」

    藍子「茜ちゃんと愛梨さんと輝子ちゃんも誘いますから」

    加蓮「こっちも奈緒とか小梅ちゃんとか呼んで対抗すればいいの?」

    藍子「ちょっと大きなLIVEができちゃいそうですね」

    加蓮「だねー」




    【北条加蓮「藍子と」高森藍子「18時のカフェで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389185819/

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 21:56:59.92 ID:i78kfwoto

    ―――事務所


    李衣菜「はー……」ヌクヌク

    加蓮「んー……」クテー



    李衣菜「新年だねー」

    加蓮「んー……」

    李衣菜「今年はどんなことがあるかなー」

    加蓮「んー……」

    李衣菜「楽しみだねー」

    加蓮「んー……」


    李衣菜「……もしかしてさー」

    加蓮「んー……?」



    李衣菜「眠い?」

    加蓮「んー……」コク





    2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 21:59:37.17 ID:i78kfwoto

    李衣菜「ちょっとー、起きてなきゃダメだよ、加蓮」ペチペチ

    加蓮「ぅー……寝かせてぇ……」

    李衣菜「せっかくちひろさんがお雑煮作ってくれてるのに……ほーらぁ」

    加蓮「ならお雑煮来るまで……」ウトウト

    李衣菜「すぐに来ちゃうってば、もう……」



    3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 22:04:11.29 ID:i78kfwoto

    がちゃり

    ちひろ「はーい、千川印の特製お雑煮ですよー♪」


    ちひろ「お待たせしました、李衣菜ちゃん、加蓮ちゃん!」

    李衣菜「ほら、ちひろさん来たよ加蓮ー」ユサユサ

    加蓮「あーうー……」グラングラン

    ちひろ「ってあら。加蓮ちゃんどうしたんです?」

    李衣菜「それが、さっきから眠いって……」



    5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 22:07:48.00 ID:i78kfwoto

    加蓮「ちひろさーん……李衣菜が意地悪するー……」

    李衣菜「ちょっ」

    ちひろ「そうなんですか? ダメですよ李衣菜ちゃん」クスクス

    李衣菜「してませんよー! 勝手なこと言わないでよ加蓮!」

    加蓮「んふふー……♪」

    李衣菜「んふふーじゃなーいっ!」




    【モバP「だりやすかれんと年始め」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529723256/

    1: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/06/23(土) 12:07:36.22 ID:Rs9/yfEgO

    モバマスSS
    短い





    2: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/06/23(土) 12:08:05.00 ID:Rs9/yfEgO

    モバP

    初夏を通り越して、暑くなりつつある街の中、俺の足取りは重い。
    外回りはこの季節、特に厳しい。曇っていて今にも崩れそうな天気に、この温度。

    気分の重い俺に、誰かが、なにかが、肩を叩くように注意を逸らさせた。

    街の中を歩いていると、雑踏に紛れて歌が聞こえてきた。
    それは幻聴のようにも思われた。
    ふと気づくと、俺は歩みを止めて、その歌と思しきものに耳を傾けていた。

    少女が歌っているのだろうか。か細い声で、それでも懸命に歌っているように聞こえてくる。
    そのように聴こえる。

    ああ、ああ、ああ。歌詞を伴わないハミングは、清流のように俺の耳に入ってくる。

    やがて、ああ、聞こえなくなって行く。雑踏にかき消されて。
    きっといい娘だったかもしれないのに、惜しいことをした。

    そして俺は歩き出す。自分のやるべきことを見失わないように。そしてその歌を忘れないように。

    足取りが軽くなる。重いものを持っていたのを放り投げるように。
    気がつけば俺も、歌を口ずさんでいた。その少女から、バトンを引き継ぐように。

    ああ、なぜ、俺は歌を忘れてしまうのだろう。
    あの歌はなんだったっけ、と、少しの悔し涙とともに、俺は外回りを続ける。
    涙声の鼻歌は、少し篭って、響いた。



    3: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/06/23(土) 12:08:33.18 ID:Rs9/yfEgO

    ~~~~~~~
    高森藍子

    梅雨の曇り空の下、散歩の足取りもちょっとぐずついて。
    湿った地面に湿った空気。これ以下とないコンディションの中、どうして散歩に出かけてしまったんだろうってちょっと後悔したりもして。

    写真に撮りたいような景色もないなか、私はぶらり、ぶらりと宛てもない散歩をだらだらと続けている。

    帰ろうか、でも今帰っても。そういう心の迷いが、私を突き動かしていた。

    ふと、気づくと誰かの歌声が聞こえてくる。いや、風の音がそうさせたのかもしれない。
    その声は涙交じりで、悔しそうに聞こえてきたけれど、それでも力強く前に進もうという気持ちを感じた。

    負けないで。

    いつのまにか、私はただの勘違いかもしれないその歌声に聞き入っていた。聞き入って、そしていつの間にか、その声の主に対して声援を送っていた。

    でも、消えていく。かすれていく。私はそれが悲しかったけれど、でも、その声の主を応援することをやめなかった。

    らんらんらん、らんらんらん。
    気がつけば私も、名前のない歌を歌っていた。
    ららら、るるる。るらら、るらら。

    私に散歩を続けさせてくれた、いるかもわからないその歌声の主に届けと言わんばかりに、私は精一杯明るく歌い続けた。

    気がついたら、雲が晴れて、傾いた太陽が私を照らしていた。

    この歌はなんだったっけ。なんて思いながら、私の散歩は続いていく。
    歌声は、小さなビル街の間で相応に小さく響いた。




    【モバP「歌が聴こえる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540910907/

    1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/10/30(火) 23:48:27.53 ID:KwsE+mTl0

    P「やっぱり仮装だと思うんだよ」

    凛「うん」

    P「だからさ」

    凛「うん」

    P「凛にはこのバニーガールの衣装を着て欲しいんだけど」

    凛「…………うん?」

    P「だから、バニーガールの」

    凛「二回も言わなくていいから」

    P「そうか」

    凛「っていうか、今日一日そんなの持ってたの」

    P「いや、ちゃんと隠しといたぞ。で、そろそろ凛が戻って来るかなぁ、と思って」

    凛「……もしかしてそのためだけに残ってたわけじゃないよね」

    P「……」

    凛「ちょっと」



    2 : ◆TOYOUsnVr. 2018/10/30(火) 23:49:30.28 ID:KwsE+mTl0



    凛「でも、ホントにそれは何なの」

    P「えっ、バニーガールの衣装だけど」

    凛「そうじゃなくて。なんでそんなのあるの、ってこと」

    P「発注したから」

    凛「……なんで?」

    P「ハロウィンだし……」

    凛「……」

    P「はい」

    凛「いや、着ないから」

    P「えっ」

    凛「そんな心底びっくりしたような顔してもだめだよ」



    3 : ◆TOYOUsnVr. 2018/10/30(火) 23:50:47.46 ID:KwsE+mTl0



    P「逆に、逆にだぞ」

    凛「うん」

    P「なんでハロウィンなのに凛はそんな普通の格好してるの」

    凛「学校帰りだからね。プロデューサーだっていつもと同じスーツでしょ?」

    P「いや、違う」

    凛「?」

    P「ネクタイの柄がコウモリ」

    凛「わ、ほんとだ。かわいい」

    P「季節感あるだろ。先方との打ち合わせでも、これちょっとネタになったし」

    凛「よかったね。……でも私はバニーガールの衣装なんて着ないけどね」

    P「着る流れだったじゃん」

    凛「どこをどう勘違いしたらそんな流れだと思うわけ」

    P「……」

    凛「拗ねたフリしても着ないからね。早くそれ片付けてきなよ」

    P「はい」




    【モバP「ハロウィンと言えばさ」渋谷凛「うん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1540917493/

    1 :名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)01:38:13 ID:BU7


    【事務所】

    モバP(以下P)「お疲れさまでーす」

    紗南「.........」

    いつもより少し遅い時間に事務所に入ると、自分の担当アイドルである三好紗南が直立不動で立っていた、

    P「紗南?...おはよう」

    紗南「......」

    返事がない。とりあえず近づいてみる。

    紗南「ピッ」▼

    目の錯覚かな?なんか...アイコンがみえるんだけど。

    P「紗南、おはよう」

    紗南「おはよう!」

    P「あ、よかった。別に問題はないか...どうした?ゲームごっこか?」

    紗南「ここはじむしょだよ!」

    P「紗南?」

    紗南「おはよう!ここはじむしょだよ!」

    P「え?何があったんだ?」

    紗南「おはよう!ここはじむしょだよ!」

    P「晶葉!どこにいるんだ晶葉!なにしやがったあきはぁ!」



    2 :名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)01:39:42 ID:BU7


    【ラボ】

    晶葉「...すまん」

    P「言い訳と謝罪は良い。...何をした?」

    晶葉「このスイッチを見てくれ」

    P「なにこれ」

    晶葉「助手は【ゲーム脳】という言葉を知っているか?いまや完全に死語だが...」

    P「ああ、ゲームと現実の区別がつかなくなって暴力的になるとかいうやつだろ?...でもあれ眉唾じゃなかったか?」

    晶葉「厳密には少し違う。ゲームやPCを使っている人間は認知症老人と同じ脳になってしまうという理論だった」

    P「え、そうなの?」

    晶葉「しかし、言い出した学者の測定器は自作。そもそも提唱者は脳ではなく筋肉の研究科で、測定は不可能だと証明されている」

    P「...それは知らんかったなあ」

    晶葉「しかもそのとき実験に使ったゲームは家の有名なテトリスだ。暴力的な表現は一切ない」

    P「えぇ...」

    晶葉「一時期マスメディアが頑張ろうとはしていたが...結局は証明できなかった代物だ」

    P「実際ゲームだけで犯罪起こすようになったら今の時代犯罪まみれだからな」

    晶葉「犯罪者は全員水を飲んでいる...というほどではないが、まあそれでも実際どうなるかははっきりしていない...そこでだ」



    3 :名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)01:41:16 ID:BU7

    P「そこで?」

    晶葉「うちの事務所で一番ゲーム脳になりそうなのは誰だと思う?」

    P「...まあ、そういうふうに言い出したら...紗南になるんかなあ?」

    晶葉「そんなわけで紗南のゲーム脳を加速させるスイッチを作ってみたのだ!」

    P「何してくれてんのお前?」

    晶葉「だた...思ったよりおかしな方向に行ってしまったんだ...」

    P「何故かゲームのキャラクターになりきってるのか?」

    晶葉「わかるのか!?」




    【晶葉「出来たぞ!ゲーム脳を加速するスイッチだ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ