大きいサイズ

    2019年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1535551078/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/29(水) 22:57:58.95 ID:96SteT2G0

    ミリシタのイベントで2,500位以内に入れなかったのでむしゃくしゃして書きました。
    後悔はありません。



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/29(水) 22:58:49.43 ID:96SteT2G0

    海美「プロデューサー!プロデューサー!ビーチバレーしよっ!ビーチバレー!」

    P「どうした海美。イベントはもう終わったぞ」

    恵美「だからだよー!プロデューサー!」

    紗代子「映画撮影は終わっちゃいましたけど、実はビーチバレーそのものにハマってしまって…」

    奈緒「せやから、プロデューサーさんも一緒にせぇへんかなーって」

    P「いや、それなら5人でやればいいと思うんだけど…」

    P(あ、5人だからか。3on3でやりたいのね)

    風花「体動かすのも大事ですよ、プロデューサーさん」

    P「そうだな。明日はオフだし、ビーチバレーしに行くか!」

    3人「わーい!」

    紗代子「ごめんなさい、無理を言ってしまって…」

    風花「ありがとうございます、プロデューサーさん。明日が楽しみです」

    P「まぁ、いい息抜きになるしな。それに5人の水着姿をもう一度見れるわけだし。しかもオフの」

    恵美「そ、そういう事言われると恥ずかしくなるじゃんか~///」

    奈緒「せ、せやで!私らはビーチバレーしに行くんやから///!」

    海美「でもみんなでビーチバレー、楽しみだね!!」

    風花(去年の水着、着れるかしら…。念の為に、帰りに買って帰らなきゃ)

    紗代子「それじゃあ、明日の朝、劇場に集合でいいですか?」

    P「あぁ。行く途中でご飯でも食べてくか」

    奈緒「あ、せやったら、私がいい店見つけとくわ!」

    海美「う~、楽しみになってきた~!!」

    恵美「海美、気が早いよ~」

    P「まぁ、楽しみなのはいいことだ。それじゃあまた明日ってことで」

    5人「はーい!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/29(水) 22:59:33.60 ID:96SteT2G0

    次の日

    P「というわけで…」

    海美「海ー!!ねね!プロデューサー!海だよ!海ー!!」

    P「見りゃわかる。でも、海美のそのテンションの上がり具合も理解できる」

    恵美「いやー、この前来た時はお仕事だったけど、プライベートでくるとまた違った感じがするから不思議だよね~」

    風花「とりあえず、荷物を置ける場所を確保しちゃいましょうか」

    奈緒「賛成!荷物任せてるプロデューサーさんにもわるいし」

    P「ん?こんなの軽い軽い」

    P(日頃から海美のトレーニングに付き合ってるのは伊達じゃないからな…)

    紗代子「そういえば、プロデューサーって意外と筋肉質ですよね」

    P「ん?そうか?」

    奈緒「も、もしよかったら、触らせてもろても…ええですか…な、なーんて…///」

    P「いや、ダメに決まってるだろ…」

    奈緒「い、いや、本気で言うたんと、ちゃい…ます、よ…?」

    P「尻すぼみになってるじゃないか…」

    恵美「つんつん」

    P「アフン。って恵美!」

    恵美「にゃはは~。ごめんごめん」

    ドウヤッタ!? ウーン、カチコチダッタ カ、カチコチデスカ…///

    P「たく。って、あれ?海美どこ行った?」

    恵美「泳ぎに駆け出してったよ」

    P「おーい!海美ぃー!!入る前に準備運動だろー!!ってか目的が違うぞー!!」

    キャー タノシイー!! プロデューサーモ ハヤクオイデヨー!!

    風花「それじゃあ、私達も着替えましょうか」

    奈緒「せやねー。更衣室もあそこにあるみたいやし」

    恵美「あ、アタシは荷物置くの手伝ってから行くね」

    P「いや、さっきも言ったけど、大丈夫だぞ?」

    恵美「うーん、そう?じゃあ、一緒に着替えてくるね♪」

    紗代子「ありがとうございます、プロデューサーさん」

    P「ああ。行っておいで」




    【P「海?」海美「そう!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1550384980/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:29:40.89 ID:zdArzUoP0

    石上「どうもです、会長。ずいぶんはやいですね」

    白銀「そうか?今来たところだぞ」

    石上「いえ、僕は祭りの待ち合わせの時間より早く来ちゃったなって思ってたところなんで」

    白銀「なるほど。それにしても、石上は甚平を着てくるとは意外だったな」

    石上「家にあったんで、パッと着てきました。会長はもしかしたら制服かもって思ってたんすけど、普通に私服ですね」

    白銀「俺は制服でいこうとしてたんだがな、妹がうるさくてな……」

    石上「そうですか。そういえば四宮先輩達はまだですよね?」

    白銀「ああ。まだ来ていないが」

    石上「いや、生徒会で遊ぶの初めてなんで、どういう格好でくるのかなと」

    白銀「祭だしな、藤原書記は浴衣できそうだな。四宮も、浴衣じゃないか?」

    石上「なんか四宮先輩は浴衣似合いそうっすよね」

    白銀「そうか?浴衣なんで誰が着てもあまり変わらんだろう。日本人ならそれなりに似合うものだ」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:30:51.65 ID:zdArzUoP0

    石上「そんなもんですか……って、会長!体ブルブル震えてますけど大丈夫ですか!?」

    白銀「だ、だ、大丈夫だ。風邪でも引いたかな」

    石上「風邪とかいうレベルじゃなくて、バイブレーションみたいになってますよ!!残像見えてますよ!」

    石上の一言。それは道中、白銀が必死に押さえつけてきた妄想という名のパンドラの箱を開けてしまった!

    和風美人である四宮と浴衣という組み合わせは考えるまでもなくベストマッチ!白銀にとっては、それは戦車級の攻撃力を誇る武器となるのだ。



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:31:22.44 ID:zdArzUoP0

    石上「具合悪いなら今日はやめにしますか?」

    白銀「問題ない!ほら、震えは止まっただろう」

    石上「止まりましたけど……。無理はしないほうがいいっすよ」

    白銀「ああ。そうだな」

    拳を握りこみ、爪を食い込ませることで震えを力づくで止めた白銀!

    呼吸を整えようとした白銀だが、落ち着くことは許されなかった……。

    藤原「あっいましたよ、かぐやさん!もう会長と石上くんは着いてたみたいです」

    かぐや「ちょっとまって。藤原さんもっとゆっくり……」

    石上「あっ。来ましたよ会長」

    白銀「なにっ!?もうか!?」

    藤原「こんばんは、はやいですねー二人とも」

    石上「丁度、そろそろ藤原先輩と四宮先輩きますかねーって話してたところですよ。じゃあ、そろそろいきますかって、どうしました、会長。固まってますよ」

    白銀「……ん。大丈夫だ。よし、いこう」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:32:10.05 ID:zdArzUoP0

    石上「はい……ってそっち反対ですよ!どこいくんですか!」

    白銀「ああ。すまない。こっちだったか」

    白銀(平常心、平常心だ!!いくらちょっと四宮の浴衣がかわいいくたってそれで心を乱されてはならない……)

    かぐや(ふふふ。会長。そんなにわざとらしく私から目を逸らして。少し裾が短いかなと思いましたけど、早坂に言われた通りこれにして正解でした。明らかに動揺していますね。今夜こそ、私に告白してもらいましょうか)

    藤原「わあー。楽しみですね。たくさん出店がありますよー。綿あめに、金魚掬いに、射的に、かき氷!!どれにいきましょうかー??」

    高校2年生のとある夏の夜。

    狭い生徒会室からこの夏祭りに戦場を移し、恋愛頭脳戦の火蓋が今にも切られんとしていた!




    【【かぐや様は告らせたい】かぐや様は祭りに行きたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550409106/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 22:11:46.86 ID:UIlSXiVt0

    みやこ「フヘヘ……フヘヘ……良いよぉ~花ちゃん良いよぉ~」パシャッ パシャッ

    花「……」

    みやこ「次ノアちゃんもお願い!」

    乃愛「オッケー!」

    ひなた「みゃー姉ー!」

    みやこ「もうちょっとくっついてみようか!」パシャッ パシャッ

    花「うわっ……」

    ひなた「みゃー姉ー! わたしはー!?」

    みやこ「ふひひ……ふひひひっ」パシャッ パシャッ





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 22:13:20.21 ID:UIlSXiVt0

    みやこ「はい花ちゃん。 今日のおやつだよー」

    花「チョコレートケーキ……!」ムシャコラムシャコラ

    乃愛「ん、おいしー!」

    ひなた「やっぱりみゃー姉の作ったお菓子は世界一だな!」

    みやこ「も~大げさだよー」

    みやこ「あっ、花ちゃんはどう?」

    花「すっごく美味しいです! おかわりください! あとお土産にも包んでください!」キラキラ

    みやこ「うん、前にも言ったけど食べながらおかわりの要求するのはやめようね?」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 22:20:28.30 ID:UIlSXiVt0

    数ヶ月前、念願の花ちゃんとお友達になったのだが、『インドア大学生の私が小学生の女の子を外で撮影していると不審者扱いされるのでは』?
    という懸念の声があり、結果、お菓子と引き換えに花ちゃんが定期的に私の作ったコスプレ衣装で撮影会してくれるようになった。しかし花ちゃんはなんだか?
    私のことがキライみたいで、いつもいつも不愛想に蔑む目で見て、心イタイイタイなのだった。?



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 22:33:27.24 ID:UIlSXiVt0

    乃愛「お邪魔しましたー! ヒナタちゃん、また明日!」

    ひなた「おう! また学校でな!」

    花「お姉さん」

    みやこ「えっ? な…何かな?」

    花「明日はホットケーキが食べたいです」

    みやこ「あっうん……分かった。作っておくね」

    花「お願いします。では」ペコッ

    ひなた「またな~! 花!」

    花「ん」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 22:41:15.54 ID:UIlSXiVt0

    みやこ「トホホ……花ちゃん可愛いのに私を見る目はツメタイツメタイなんだから……あーあ、どうにかしてね花ちゃんの私への態度をやさしくて実の妹のようなものにしてもらえないかな~、ん?」?

    ひなた「みゃー姉!」ガバッ

    みやこ「うわっ!?」

    ひなた「みゃー姉! 一緒に遊ぼー!」

    みやこ「さっきまで花ちゃんやノアちゃんと遊んでたでしょ!?」

    ひなた「じゃあ一緒にお風呂入ろー!」

    みやこ「んー……それならいいか……」

    ひなた「いやったぁぁぁぁぁ!!」ギュゥゥゥゥ

    みやこ「痛い痛いっ! もぉ~ひなたはいつまでたっても甘えん坊なんだから……」




    【【わたてん】みやこ「天使と距離を置いてみた!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1549862172/

    1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/11(月) 14:16:12.49 ID:XEx1voYW

    ―沼津:本屋―


    ダイヤ「!?」ビクッ

    ダイヤ「は、花丸さん……?」

    花丸「それ以外の何かに見えるずら?」

    ダイヤ「いえ……」スッ

    花丸(優しい黒魔術……?)

    花丸「ダイヤさん、黒魔術に興味があるの?」

    ダイヤ「そういうわけではないの」

    ダイヤ「ただ、目についただけ」

    花丸「そっか……黒魔術なら善子ちゃんに聞くと良いと思う」

    花丸「有用的なのは、たぶん聞けないけど」

    ダイヤ「善子さんですか……」

    花丸(ダイヤさんは意外にも下あごに手を添えて、真剣に悩む)

    花丸(まるで、本当に黒魔術に興味があるみたいに)

    ダイヤ「ありがとう花丸さん」

    ダイヤ「気が向いたら善子さんに伺ってみるわ」

    ダイヤ「人のこと言える立場ではないけれど、あまり寄り道はしないように」

    花丸(ダイヤさんはそう言い残して、特に何かを買うわけでもなく歩いていく)

    花丸「優しい黒魔術……」パラッ

    花丸(ダイヤさんが手に取っていた黒魔術の本は)

    花丸(面白おかしく書いただけの、お遊びのような内容だった)



    5: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/11(月) 14:27:08.30 ID:XEx1voYW

    花丸「ダイヤさんが黒魔術に興味を持つのは意外ずら……」

    花丸「善子ちゃんと仲良くなるため……とか?」

    花丸「でも、それなら初めから善子ちゃんに聞いてみたほうが良いと思う」

    花丸(……リトルデーモンになる!? とか、凄い喜びそうだし)

    花丸「実は、本当に黒魔術を試したいとか?」

    花丸(………)

    花丸「明日にでもルビィちゃんに聞いてみようかな」

    花丸「ダイヤさんの場合、冗談でやらなそうな危うさがあるし」

    花丸「………」チラッ

    花丸「………」スッ

    花丸「すみません、これください」



    6: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/11(月) 14:41:36.00 ID:XEx1voYW

    ―国木田家―

    花丸「……黒魔術」

    花丸(黒魔術と言えど、一概に人を不幸にするためだけに存在するのではない)

    花丸(黒魔術にも、人を幸せにするためのものは多々ある)

    花丸(しかし、その代償あるいは魔術に用いる素材が人道に反するために)

    花丸(黒魔術に属されている)

    花丸「……よく、わからない」

    花丸「良子ちゃんは良くこんなものに没頭できるずら」

    花丸「堕天使ヨハネ、とか」

    花丸「はぁ」ポスッ

    花丸「堕天使とか、黒魔術とか」

    花丸「そういうのが格好いいって思うのは男の子じゃないのかな?」

    花丸(実は、善子ちゃんは男の子とか?)

    花丸「なーんて」

    花丸「それはないずらね」

    花丸「小さいころから、善子ちゃんは善子ちゃんずら」




    【花丸「……? ダイヤさん?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550501208/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/18(月) 23:46:48.14 ID:iD2LO46J

    ヴォクシーのドアヘコミー

    花丸「ごめんなさいずら…」

    果南「大丈夫、気にしないで」



    果南「もしもし鞠莉?ちょっと車傷つけちゃってさぁ、うん」


    ってあのCM見ると浮かぶんだけど同じ奴いない?



    3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2019/02/18(月) 23:50:44.42 ID:sx5zYb34

    DvPNCZQVYAE6C98


    果南ちゃんの服クッソダサいずら



    12: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/02/19(火) 00:36:01.20 ID:8aB1pfN4

    ~図書室~

    果南「‥」ペラッ

    花丸「!?」

    花丸「水ゴリラが本読んでるずらぁ!!熱でもあるずら!?!?」

    果南「剥ぐぅ!」ベリベリ

    花丸「ぎぃやぁあああああ!!!」

    果南「コラ!!マル!!図書室では静かにしないとお仕置きだよ!!!また剥ぐするよ!!」

    花丸「もうしてるずらぁ!!」


    ー ー ー ー ー ー ー ー ー

    花丸「それで何読んでるずら?」

    果南「ん?ちょっと宇宙の図鑑をね!」

    花丸「宇宙?水ゴリラ宇宙に興味あるずら?」

    果南「うーんとまぁそうかな‥ほら‥以外だと思われるんだけど‥//私‥//天体観測が趣味だからさ‥//」

    ノcノ,,・o・,,ノレ




    【果南「あっ流れ星」花丸「えっ」望遠鏡ガンッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550328515/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2019/02/16(土) 23:48:35.41 ID:wvJOwHLQ

    一位 ルビィちゃん
    二位 希ちゃん
    三位 梨子ちゃん

    千歌「もっと頑張らなきゃ…」



    4: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/02/16(土) 23:54:18.94 ID:3xDB5E6Z

    客層を考えて他の店でナンバーワンになれ



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/16(土) 23:56:25.31 ID:50Si2uOH

    この世界のちかおじは無能か?



    7: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/02/16(土) 23:57:31.19 ID:e9OYtKFo

    ルビィちゃんと希が指名ツートップの店っておかしいだろ経営



    9: 名無しで叶える物語(笑) 2019/02/17(日) 00:00:06.00 ID:4beWtgw5

    曜「そろぉ///」ビクンビクン

    千歌「希ちゃんみたいにおっぱいは無いけど…いっぱいサービスするよ?」ペロペロ


    善子「こ、これは///」ピクンピクン

    千歌「梨子ちゃんと違ってチカは汚れて役でもNGしないのだ♪」


    ???「」



    11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/17(日) 00:03:19.00 ID:iLF+55KR

    >>9
    じもあいまさかの客サイド




    【風俗千歌「また一位はルビィちゃんか…チカは、こんなに低い…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550380641/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:17:21.27 ID:jvRV30dn

    例のlove is warなあの今期覇権アニメともいえる作品の一勝負に感化されたので
    Day.2チケットご用意された方本当におめでとうございます
    今日はAZALEAファンミですね
    まぁそんなことより


    千歌「みんな都合が悪いから今日はスクールアイドル部休みだし、暇だな・・・って」

    千歌「だからやってみようよ。面白そうだし!」

    曜「いいね。トップ通過の自信でしかないであります!」

    梨子(曜ちゃんが最初に脱落しそうな気がするのはなんでだろう)



    2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:20:44.07 ID:jvRV30dn

    千歌からルールの説明(早送り2倍速)

    紙を渡すのは千歌→曜、曜→梨子、梨子→千歌

    千歌「じゃあ始めるYO!」

    曜「今のは曜とYOをかけて」

    千歌「よーちゃん真剣にこのゲームやるからそれ今言う必要ないYO」ジトー

    曜「」

    梨子(容赦ない)



    4: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:21:53.82 ID:jvRV30dn

    梨子(むむむむ・・・・・・・・・)

    千歌「」カキカキ

    梨子(むむむむむむむ・・・・・・・・・・・・!!)

    千歌「ちょ・・・梨子ちゃん顔怖いYO・・・」

    梨子「え?あ、そう?ごめんね、千歌ちゃんのNGワード考えてたら・・・」アハハ

    梨子(ほんとは千歌ちゃんに怒ってるんだけどね)

    梨子(千歌ちゃんのNGワードは・・・・・・これよ!)



    5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:23:18.78 ID:jvRV30dn

    梨子「はい、千歌ちゃん」

    千歌「ありがとうー」

    《NGワード【早くしてね💢】》

    曜(梨子ちゃんの本心丸出しじゃん・・・)

    梨子(あくまでさっきの私の表情は千歌ちゃんにプレッシャーをかけてNGワードをおびき出すため・・・・・・)

    梨子(ま、なかなか歌詞仕上げてくれない千歌ちゃんがこのワードを今頭の中でぐるぐる考えてるわけ・・・)



    9: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/17(日) 14:53:00.83 ID:jvRV30dn

    千歌「ブンチ、ブンブンチ」

    ようりこ「!?!?」

    千歌「コンドノキョクノカシヲYO!カンガエテル、ソンナサナカダケドYO!」

    ようりこ(おおっ!?)

    千歌「フカクカンガエスギテYO!ナカナカオモイツカナイYO!メーン!」

    ようりこ(お、惜しい・・・!)




    【曜「NGワード」梨子「ゲーム?」千歌「そう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550367152/

    1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2019/02/17(日) 10:32:32.17 ID:TXiLzKFDO

    誰も知らない知られちゃいけない

    佐々木千枝が誰が好きか



    カチャ

    千枝「おはようございます!」

    モバP(以下P)「おはよう。今日も千枝は元気だな」

    千枝「はいっ、プロデューサーさんが大好きな佐々木千枝は、今日も元気いっぱいです!」

    P「よーし、では朝の挨拶だ」

    千枝「はいっ」

    ンー

    チュッ

    千枝「えへへ、千枝悪い子だから、またPさんのお口の中に舌が入っちゃいました」

    P「うん、知ってた」

    千枝「じゃあ、下のお口にもキスを……」スルスル

    ドタドタドタ

    ありす「朝から何をやってるんですかぁ!」

    桃華「Pちゃまも朝から臨戦体制にならないで下さいませ!」



    千枝「千枝、悪い子ですから、間違えて朝からするところでしたよ」ニヤリ

    P「千枝は可愛いなぁ」ナデナデ





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 10:39:45.08 ID:TXiLzKFDO

    何も言えない話しちゃいけない

    佐々木千枝が誰が好きか



    千枝「じゃあ、Pさん。千枝はお仕事に行ってきますので……」

    桃華「さぁ行きますわよ!」

    ありす「とっとと行きましょう!」

    千枝「あ、ちょっと……まだ下着……あげてませんです!」アタフタ



    バタン

    P「ふぅ……朝から騒がしいな」

    ちひろ「パパラッチには気をつけてくださいね」

    P「大丈夫ですよ。ほら、この掲示板にも」カチャカチャ



    【346プロ、プロデューサー争奪杯】

    【現在、佐々木千枝が27ポイントでリード】

    【後を追う橘ありすと櫻井桃華は今だ18ポイントだ】

    ちひろ「あの……このポイントって」





    P「今月、みんなとシタ回数ですよ」

    ちひろ「もしもし、早苗さん?」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 10:40:47.91 ID:TXiLzKFDO

    はい、思いつきだけで作った佐々木千枝SSです

    とりあえずジャスラックの人はこっちを見ないでね




    【【デレマス】今日もどこかで佐々木千枝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550401303/

    1: ◆XA5KFIPHPs 2019/02/17(日) 20:01:43.23 ID:7+5j+RJ9O

    志希『LiPPS細胞は、あります!』



    奏『山へ芝刈りに行く予定があるの』


    周子『川に洗濯に行くからパス』


    美嘉『ユニット名へんな事に使わないでよー?』



    志希「…………」

    フレデリカ「…………」





    2: ◆XA5KFIPHPs 2019/02/17(日) 20:02:30.71 ID:7+5j+RJ9O

    志希「……はい。という事で、LiPPS細胞の発表会を行いたいと思います」

    フレデリカ「おおー!」パチパチ

    志希「ですが……残念な事に招集した4名の内3名が欠席してしまいました」

    フレデリカ「しょぼーん……」

    志希「でもフレちゃんが居ればOKです」

    フレデリカ「志希ちゃん……!」

    志希「フレちゃん……!」



    ガバッ! ヌギヌギ‥‥! サワサワ‥‥! チュワチュワチュッチュッ!



    3: ◆XA5KFIPHPs 2019/02/17(日) 20:03:44.59 ID:7+5j+RJ9O




    しばらくお待ち下さい!!!!!







    【志希「LiPPS細胞」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550417516/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/18(月) 00:31:57.70 ID:TM08lspI0

    アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

    短め、書き溜めありです。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/18(月) 00:32:50.91 ID:TM08lspI0

    りあむ「オタク!ぼくをすこれよ~!」

    りあむ「ネットで叩いたりしないでよ!やむ!めっちゃやむ!」

    りあむ「みんなからちやほやされたい~!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/18(月) 00:33:34.33 ID:TM08lspI0

    モバP(以下P)「…よし、そういう事ならレッスンは必須だぞ!」

    りあむ「おう!ばっちこ~い!」

    トレーナー「今日は活舌のトレーニングだ!」

    りあむ「かちゅぜちゅ…」

    トレーナー「生麦生米生卵!」

    りあむ「生麦生米なまままご!」

    トレーナー「東京特許許可局局長!」

    りあむ「東京特許きょきゃきょきゅきょきゅちょうっ!」

    トレーナー「赤巻紙青巻紙黄巻紙!」

    りあむ「あかまっ…!」

    りあむ「うわ~ん出来ないよ~!かむ!めっちゃかむ!」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/18(月) 00:34:24.04 ID:TM08lspI0

    りあむ「はぁ…レッスン疲れた~…」

    パシーン!パシーン!

    りあむ「えっ…何の音…?」

    時子「豚ァ!」パァン!

    時子P「ぶひぃぃぃぃぃ!!!」

    りあむ「ひえぇぇ…事務所の中で暴力事件だよぉ…」

    時子「アァン?」ギヌロン

    りあむ「ひえっ…気付かれた…」




    【夢見りあむ「〇む!」】の続きを読む

    このページのトップヘ