tumblr_m6t2qlE2ch1qz7vx1o1_1280



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:22:25.83 ID:zwc4t9KD0

この一家ははまるの大好きですね



6 :代行ありがとうございます 2012/11/29(木) 18:25:32.00 ID:SHwZBn930

雅枝「くそっ!うちとしたことが・・・」グイグイ

雅枝「落ちた100円玉を拾おうとしたら、まさかこんなことになるとわ・・・」グイグイ

雅枝「・・・せやかて、100円は100円や」

雅枝「100円ポイ捨てはさすがに・・・」

グイグイグイグイ・・・

雅枝「・・・あかん、抜けへん・・・」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:32:46.50 ID:y0TYqu3N0

あの悪の女幹部みたいな服装ではまってるのか……



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:32:53.33 ID:SHwZBn930

雅枝「うぅっ・・・どないしよ・・・」グイグイ

雅枝「こんな姿うちの生徒・・・もしくは娘たちに見られたら・・・」あぁっ・・・

雅枝「でも一人では抜けそうにない、助けを呼ばんと・・・」

雅枝「・・・くっ!この状態やと、ポケットのケータイが取られへん」

雅枝「誰かが来るのを待って、助けてもらうしか・・・」キョロキョロ

雅枝(・・・もう、恥ずかしいとか言うてられへんな)

ザッ・・・

雅枝「!?」

雅枝(誰か来た!)

安価>>13



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:34:26.81 ID:6WyKgYp9T

かじゅ



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:42:52.37 ID:2ZnNKGnb0

まぁ100円なら拾うわな
仕方ない仕方ない



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:46:03.06 ID:SHwZBn930

ゆみ「・・・」ジーッ

ゆみ(飲み物を買おうとして自販機に来てみたら、いい年した大人の女性が、自販機の下を漁っていた・・・)

ゆみ(何を言ってるのかわからないと思うが(ry)

雅枝「・・・あのう」

ゆみ「いやあの・・・私見てませんから!気にしないでください!」プイッ

雅枝「えっ?」

ゆみ「・・・きっとお金に困っているから、そうやって自販機の下を・・・」うぅっ・・・

雅枝「なんでや!!ちゃうわ!!というか、ばっちり見てるよね!?あんた!!」

ゆみ「えっ?違うんですか?」

雅枝「かくかくしかじかで、こうなってもうたんや!」

ゆみ「落ちた百円を拾おうとして?」

ゆみ(・・・私の想像とたいして変わらんではないか)

雅枝「とりあえず、助けてもらえんやろか?」

ゆみ(・・・どうするか?)

安価>>25



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:48:02.83 ID:lPqcWmwmP

大声で人を呼ぶ



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:55:26.97 ID:eh0CF7jn0

あ、これ次回作フナQやな



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:58:00.25 ID:twmWs/Bp0

愛宕一族はなにかにハマる能力持ちか



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 18:58:17.36 ID:SHwZBn930

ゆみ「これは・・・ぴったりハマってますね」ふむ

雅枝「せやねん、結構無理矢理手をのばしてもうたから・・・」

ゆみ「・・・どうやって助けようか」うーむ・・・

雅枝「いや、レスキュー呼んでくれたらそれでええから」

ゆみ「無理に引っ張って腕が折れたりしたら大変だしなぁ・・・」うーん・・・

雅枝「あんまり騒ぎになんのは嫌やが、もうしゃあないしなぁ・・・身内にこんなん見られとうないし」

ゆみ「どうやって助けるか・・・」

雅枝「・・・なあ?あんたうちの話聞いとる?」

ゆみ「そうだ!この自販機を持ち上げて、その間に腕を抜けばいいんだ!!」ピカーン!

雅枝「はっ・・・?」

ゆみ「しかし、私ひとりではこんな重たいもの持ち上げられないな・・・ということは・・・!!」

ゆみ「すぅっ・・・誰かぁあああ!!!手を貸してもらえませんかああ!!!」(大声)

雅枝「!?」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:00:01.25 ID:J9yOcmkGO

モモの件とかから見るに大声を出すのが好きなんだろう…



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:02:51.69 ID:uVwPniin0

画伯はほら叫びたがるし・・・



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:05:55.12 ID:SHwZBn930

雅枝「ちょちょちょちょお!!あんた何やってんの!?」

ゆみ「いや、他に人の手を借りようと・・・」

ゆみ「お願いしまああすうう!!!困っている人がいるんですうう!!!」

雅枝「待ち待ち待ちい!!うちの話聞いてたか!?」

雅枝「うちこんなしょうもないことで、騒ぎを起こしたりしたくないんや!」

雅枝「もっと、こそこそと助けて・・・」

ゆみ「私はぁ!!この人を助けたいぃ!!!」(ポージング)

雅枝「人の話を聞けいぃ!!てかなんやその宝塚風な言い方!!」

ザッ・・・

雅枝「!?」

雅枝(くそっ!ほんまに誰か来てもうたやないか!!)

安価>>44



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:07:02.96 ID:hjFhSrFi0

鶴賀学園麻雀部員全員集合



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:15:42.45 ID:SHwZBn930

桃子「せんぱーい♪呼んだっすか?」

ゆみ「モモ!」

睦月「飲み物買いに行くのに随分時間が掛かっていると思ったら・・・」

佳織「どういうことなんですか?この状況・・・」はて?

智美「人が倒れてるなぁー」ワハハ

雅枝(あぁっ・・・こんなにたくさん・・・)カァーッ

智美「どういうことなんだこれはゆみちん?」ワハハ

ゆみ「実は、かくかくしかじかで・・・」

桃子「えっ!?自販機の下から腕が抜けなくなったんっすか!?この人!?」チラッ

雅枝(うぅーっ・・・恥ずかしい・・・)カァーッ



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:24:43.77 ID:SHwZBn930

睦月「これは、大変ですね」うむ

ゆみ「あぁっそうなんだ、だからみんなの力を借りたいんだが・・・」

佳織「もちろんです、困ったときはお互い様っていいますし」

智美「よーっし、鶴賀学園麻雀部全員でこの人を助けるぞ!」ワハハ

ゆみ 桃子 佳織 睦月「おぉーー!!」

雅枝(・・・端から見れば、大変ほほえましくありがたい光景なんやけど)

雅枝(・・・なんでいちいち叫ぶん?・・・あんまり騒がんといてくれ)カァーッ

桃子「それで先輩、どうやって助けるっすか?」

ゆみ「あぁ、それなんだが、みんなでこう・・・自販機を持ち上げて・・・」

ガヤガヤ

雅枝「・・・まぁでも、なんとか助かりそうやな」ホッ



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:25:49.36 ID:twmWs/Bp0

自販機て何キロぐらいだろ



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:26:01.36 ID:O4QUgRPOP BE:1401318645-2BP(0)

中身入りで800キログラムとからしい



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:33:50.79 ID:SHwZBn930

十分後

雅枝(うっ・・・嘘やろ?)フルフル

桃子「はぁっはぁっ・・・駄目っすね」ふぅっ

睦月「うむ・・・5人がかりでも無理みたいですね」はぁはぁ

智美「ん~・・・困ったなぁ~」ワハァハァ

佳織「私たち運動部とかじゃないしね・・・」はぁはぁ

ゆみ「自販機って、こんなに重いのか?」はぁはぁ

雅枝「・・・あの、もうレスキューに・・・」

智美「どうするゆみちん?」

ゆみ「うーん・・・作戦を変えないといけないな・・・」

ゆみ 桃子 智美 佳織 睦月「・・・どうしよう?」

雅枝(話聞いとらん・・・)ズーン

雅枝(うち、どないなってしまうん!?)

安価>>75



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:35:08.78 ID:gOabqRKa0

姫松メンバー全員集合



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:36:12.98 ID:U1Ehst3v0

人増えすぎィ!



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:37:14.37 ID:wB33xraeO

集合させすぎだろ



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:37:29.22 ID:6WyKgYp9T

過去最多じゃね



88 :おい、こんなにキャラ動かせるわけないだろ!!(憤怒) 2012/11/29(木) 19:46:26.52 ID:SHwZBn930

佳織「でも、作戦は間違ってないと思います」

睦月「確かに、このやり方が一番安全だと私も思います」

ゆみ「・・・ということは、まだ足りないということか」ふむ

智美「倍の人数くらいは欲しいかな?」ワハハ

桃子「私ちょっと、近くの人に手を貸してもらえるか聞いてくるっす!」

タッタッタッタッタ・・・

ゆみ「たのんだぞモモ!」

雅枝(もう・・・もうやめてぇ~、これ以上見せ物になりたくないんや!!)

雅枝「お願いやから、レスキューを・・・」

桃子「先輩!この方たちが手伝ってくれるそうっす!」

智美「随分早かったな~」ワハハ

??「にしても、そんな世界仰天ニュースみたいな事件が身近にほんまにあるとはなぁ~」ケラケラ

??「主将、そんな言い方したら可哀想ですよ」

雅枝「!?」

雅枝(今の声・・・!!)ドキドキ



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 19:57:24.19 ID:SHwZBn930

??「そうやでお姉ちゃん!失礼やで!!」

?「早く助けてあげましょう、随分困ってるみたいですし」

??「困ったときはお互い様なのよー」

雅枝(あかん・・・あかんでぇ!!今の声は!!)サァーッ(血の気が引く音)

ゆみ「おや?その制服・・・もしかして姫松高校の?」

洋榎「おっ!よう知っとんなぁ、そやで!」

睦月「たしか、大阪の強豪ですよね?」

恭子「もう今年はシード校でもなんでもないんやけどね」

佳織「へー、強い所の人たちなんだー」へー

絹恵「あの、所であなたたちは一体・・・?」

桃子「私たちは、長野の鶴賀学園麻雀部の者っす!」

漫「長野・・・うーん聞いたこと無いなぁ・・・」

智美「ワハハ」ワハハ

由子「のよー」のよー

雅恵(・・・やっぱりか、・・・終わった・・・)どよーん



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:06:26.82 ID:SHwZBn930

ゆみ「いや、今はそれより人助けの方が先だ」

恭子「せやね、くっちゃべってる場合やないね」

佳織「私たちだけじゃどうにもならなくって・・・」

洋榎「くくっ!どこのバカな小学生がこんな騒ぎ起こしたんや」クスクス

絹恵「もう!お姉ちゃんだからそれやめって!」

桃子「それが、小学生とかの子供じゃなくってですね・・・」

漫「えっ?もしかして大人なん!?」

由子「ちょっと恥ずかしい大人なのよー」

睦月「こちらの方です」スッ

雅恵「・・・・・・どうも」ははっ・・・

洋榎 絹恵「!?」

恭子 漫 由子(ん?あの人ってたしか・・・)はて?

智美「なっ?大変だろ?」ワハハ



106 :キャラ多すぎて、次の安価が遠い・・・ 2012/11/29(木) 20:16:53.98 ID:SHwZBn930

洋榎「おっ・・・おか」もが

ゆみ「ん?どうしたんだ?突然口を押さえて?」

絹恵「いえー、なんでもないですよー」あははは・・・

洋榎(なっ、なにすんねん絹!)もがもが

絹恵「お姉ちゃん、落ち着いて!あの顔見たって」ボソッ

雅枝「・・・」ずーん・・・

洋榎「・・・かなり落ち込んどるようやな」ふむ

絹恵「せやろ?よう考えてみて、大の大人があんなんめっちゃ恥ずかしいやろ?」ボソボソ

洋榎「たしかに・・・」

絹恵「しかもそれを知り合い、・・・よりにもよって我が娘に見られるなんて超恥ずかしいはずや」

絹恵「だから、今この時だけは他人のフリしてあげよ?な?」

洋榎「・・・」ジーッ

雅恵(恥ずかしい・・・我が娘にこんな姿・・・)カァーッ

洋榎「・・・せやな、しゃあないか」ヤレヤレ



114 :べっ別にここまで増えたら、どこまで増えても一緒やし!(強がりながら震え声) 2012/11/29(木) 20:28:27.07 ID:SHwZBn930

恭子「主将、絹ちゃん、あの人って・・・」

洋榎「おばちゃん!ちょっと待っときや!すぐ助けたるからな!」

漫「あれ?もしかして・・・」

由子「違うのかなー?」

絹恵「心配せんでください、ちゃんとわかってますから」ニコッ

雅枝「あぁっ・・・あぁ・・・」

雅枝(洋榎・・・絹・・・ありがとう)

鶴賀メンバー「?」

洋榎「よっしゃ!さっさと助けてまうか!」ちらっ

絹恵「そやね!はよ家帰りたいし!」ちらっ

雅枝「洋榎・・・絹・・・」ボソッ

恭子 漫 由子(やっぱりそうやね(そうなのよー))

洋榎「いっせーので行くで・・・せーの!!」

雅枝(・・・これで助かる!?)ドキドキ

安価>>120



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:29:47.96 ID:0QUgCiqr0

スカートとその下の布切れが勢いで飛んでいく



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:30:36.75 ID:2ZnNKGnb0

(アカン)



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:30:58.65 ID:gOabqRKa0

(オカン)



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:31:18.33 ID:sy1C2PQP0

雅枝の威厳はボロボロ



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:32:10.41 ID:JrYw2JecO

雅枝ンゴw



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:42:02.05 ID:SHwZBn930

グググッ・・・

雅枝「あっ!ちょっと浮いたで!!」

ゆみ「なら今の内に腕を!!」グググッ

雅枝「・・・あかん、・・・まだ抜けん・・・」グイグイ

絹恵「もう!なにやってんねや!」グググッ

雅枝「せやかて、ずっと挟まってたせいで力が・・・」グイグイ

洋榎「あぁ~もうしゃあない!!」パッ

恭子「えっ!?ちょっと主将!?」ズシッ

漫「一人が抜けたら、重みが・・・」グググッ

由子「重いのよー・・・」グググッ

洋榎「うちが後ろから引っ張って引き抜く!それまでみんな頑張ってくれ!!」グイッ!

雅枝「ってこらぁ!どこ引っ張ってんねん!?」ドキッ

洋榎「うるさいなぁ!今細かいことええやろ!!」グイグイ

雅枝(洋榎・・・だってそこは・・・あっ、ずれてきた・・・)カァーッ

スポーン!



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:44:08.35 ID:oFx1GSPA0

いい歳した大人がこれとかマジで仰天ニュース物だなwwwwwww



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:47:52.15 ID:SHwZBn930

雅枝「ひゃっ!?」ビクン

洋榎「あっ!・・・下半身全部脱げてもうた」エヘヘ

絹枝「お姉ちゃん!!!???」グググッ

雅枝「・・・もういやや」カタカタ

智美「おい・・・まだ抜けないのか・・・」ワハハ・・・

桃子「腕がプルプルするっす・・・」はぁはぁ

睦月「私たちは二回目ですからね・・・」プルプル

佳織「私・・・もう駄目・・・」パッ

雅枝「!?」

ズシン

雅枝「また・・・元通りかいな・・・」(愕然)



146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:58:49.20 ID:SHwZBn930

全員「はぁっ・・・はぁっ・・・」(疲労困憊)

絹恵「結局・・・抜けんかったやん・・・」はぁはぁ

桃子「行けそうだったんすけどね・・・」はぁはぁ

由子「やっぱりこのやり方は無理があるのよー・・・」はぁはぁ

睦月「それとも・・・まだ人数が・・・」はぁはぁ

漫「もう一回・・・やってみます?」はぁはぁ

佳織「私もうそろそろ・・・限界・・・」はぁはぁ

恭子「別の方法でも・・・考える?」はぁはぁ

ゆみ「とにかく・・・一旦落ち着こう・・・」はぁはぁ

洋榎「くそっ!洋服もどっかとんでいってもうた!」はぁはぁ

智美「・・・というか、あれはあのままでいいのか?」ワハァハァ

雅枝「・・・おしり寒い」ブルッ

全員(雅枝以外)「・・・どうしよう?」

安価>>155



155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:59:59.14 ID:AL+LrwuQ0

みんな帰る



161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:00:34.85 ID:2ZnNKGnb0

まさか脱がせたまま帰るのか?
鬼か



164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:01:28.32 ID:RvMzOIvH0

みんな薄情過ぎワロタ



168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:02:38.98 ID:nEU7KdBD0

娘二人にも見捨てられたらもうどうしようもないじゃん・・・



174 :やりやすくなったけど、帰る展開考えんのムズすぎぃ! 2012/11/29(木) 21:12:15.34 ID:SHwZBn930

洋榎「・・・なぁ、一回うち帰らん?」

全員(洋榎以外)「!?」

絹恵「お姉ちゃん!何言うてんの!?」

洋榎「あの・・・もう正直に言うけど、この人うちと絹のおかんやねん」

鶴賀メンバー「・・・・・えっ?」

絹恵「お姉ちゃん!!それは・・・」

恭子 漫 由子(やっぱりそうか)

雅枝「洋榎ぇ・・・あんた一体何を・・・」(愕然)

鶴賀メンバー(本当なんだ・・・)

洋榎「みんなにこれ以上迷惑かけんのは申し訳ない」

洋榎「ちょうど、うちらの家近いしうちらの家帰ろう」

洋榎「・・・迷惑かけた分、おもてなししたいし」

雅枝「洋榎・・・あんたほんまになに言うてんの・・・!??」



175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:13:24.37 ID:6WyKgYp9T

ホントに何言ってんだ



182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:23:00.84 ID:SHwZBn930

ゆみ「いや、君たちのお母さんなら、なおさら助けなくていいのか?」

洋榎「まぁたしかにほんまはそうやねんやろうけど、うち正直あきれてんねん」

智美「どういう意味だ?」ワハハ

洋榎「大の大人が自販機の下に落とした100円拾おうとして、腕挟まって抜けんくなった?」

洋榎「・・・なんやそれしょうもない、ボケでも笑えんわ」ハハッ・・・

睦月「・・・たしかに、少し恥ずかしい事態かも知れませんが」

佳織「お母さんなんですよね?やっぱり助けた方が・・・」

洋榎「ええねんええねんもう、どうせ助けよう思たらいつでも助けられるやろ・・・多分」

雅枝「洋榎!!親を見捨てんのかいな!!!」

洋榎「そうちゃう、少し反省してもらうだけや」

桃子「反省・・・っすか?」

洋榎「せや、大人になったら反省する機会なんてそうそうないやろ」

洋榎「ええ機会や、自販機の下でちょっと反省しおかん」フッ

雅枝(・・・洋榎が何考えてんのか、ほんまにわからん・・・)



184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:23:57.65 ID:zdOeE6eS0

愛宕家の家庭環境はボロボロ



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:25:48.53 ID:Kh8azSs+0

これは後でローですわ



192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:30:13.07 ID:neMwbteK0

これはエロゲ談義でもしない限り関係修復できないのよ~



197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:32:38.61 ID:SHwZBn930

雅枝「・・・絹ぅ!!絹からもなんか言うたって!!それはおかしいって!!」

絹恵「えっ・・・えっとぉ・・・」

洋榎「あかんで絹、これはおかんの為なんや」

絹恵「お母さんの?」

雅枝「洋榎、あんたほんま何を言って・・・」

洋榎「絹、よう考えてみ?今こんな状況に陥ってるおかんのことや」

洋榎「また同じような騒ぎ起こすかもしれんやろ?」

雅枝「・・・あのなぁ洋榎、そうそうこんなこと・・・」

絹恵「・・・たしかに」コクン

雅枝「きぬぅううううううう!!!??」

雅枝(嘘や・・・あの絹まで・・・)カタカタ

洋榎「なっ?再発防止の為にも、今回はすこし反省してもらおう?」

絹恵「・・・・・・・せやね」コクッ

雅枝「なんでやねえーーーーーん!!!!!!」(怒号)



202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:33:58.72 ID:t10OuEqN0

二児の母親がケツ丸出しで放置か……



212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:43:25.49 ID:SHwZBn930

洋榎「・・・というわけで、少しの間おかんをこのままにしておきます」

雅枝「ちょっと待て!洋榎!絹!」

雅枝「あんたら正気か!?そのは結論絶対におかしいやろ!!?」

恭子「まぁ、主将と絹ちゃんがそう言うなら・・・」

由子「他人が人様の家庭にいちいち口出すのはよくないのよー」

漫「確かにここからなら、愛宕家は近いからいつでもこれますね」ふむふむ

雅枝「なんで周りの人間も納得してんねん!!!」

雅枝「あれか!?関西人お得意のその場のノリか!?悪ノリすぎやろ!!!」

ゆみ「そうか、そういう考えもあるのか・・・」ふむ

睦月「日本は案外広いですからね」うむ

佳織「いろんな考え方があるんだねー」

桃子「まぁ確かに、私も少し疲れたっす」へとっ

智美「じゃあ、せっかくだしお呼ばれするかー」ワハハ

雅枝「」



219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:51:56.17 ID:SHwZBn930

雅枝(・・・あっ・・・悪夢や・・・)カタカタ

洋榎「ほらおかん、寒ないようにしたにうちの上着かけといたるから」ふぁさ

絹恵「お母さん、これホットコーヒー、寒なったらのんでね?」コトッ

恭子「主将も絹ちゃんも、なんだかんだで優しいですね」フフッ

雅枝(どこがや!!絶対にいろいろおかしいやろ!!)

洋榎「ほんじゃあみんな、うち行こか」

洋榎「みんなでスマブラやろ!スマブラ!!」

桃子「桃鉄はないんすか?」

ゆみ「そこは麻雀じゃないのか?」

漫「・・・ドカポン」ボソッ

ワイワイガヤガヤ、スタスタスタスタ・・・

・・・し~ん

雅枝「・・・ほんまに行ってもうたで・・・」



229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:02:34.68 ID:SHwZBn930

絹恵「お姉ちゃん、でもほんまにこれでええのかな?・・・私ちょっと心配やわ」うーん・・・

洋榎「大丈夫やで絹、そのうち助けにまたいくから、・・・おかんがちゃんと反省したらな」クスクス

絹恵「・・・うん」

洋榎(前テストで赤点とってからお小遣い減らされたからな、それも反省するんやでおかん!)

絹恵(お母さん・・・)トボトボ

・・・・・・・・・・・・

雅枝「うぅ~~あの子らぁ~~」カシュッ

雅枝「帰ったらお仕置きという名の教育やで!!」ゴクゴク

雅枝「・・・一応助けてはくれるみたいやけど、・・・許せん」ゴクゴク

雅枝「絶対あの子らが来る前に助かって、お仕置きしたらな」ぷはぁっ

コトン・・・

雅枝「・・・どないしよ?」

安価>>233



233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:03:13.30 ID:K2lZuhzi0

穴に指を突っ込みたい症状に襲われている灼が登場



241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:05:03.40 ID:neMwbteK0

これはストライク3つのアウトですわ



244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:06:25.49 ID:sy1C2PQP0

どの穴に突っ込むんですかねぇ・・・



253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:11:58.18 ID:SHwZBn930

スタスタ・・・

雅枝(む!?誰か来よった・・・!)

灼(あぁ~なんだか無性に穴に指を突っ込みたい・・・)ズポズポ

灼(ん~なんだろこれ?・・・ボーリングの影響かな?)

灼(確かにボーリングするとき、穴に指突っ込むけど・・・)うーん

雅枝(全然こっちに気づいてないようや・・・)

スタスタスタ・・・ゲシッ

雅枝「いたっ!」

灼「えっ!?何々!?・・・人?」

灼(人が倒れてる・・・)

雅枝「・・・こんにちは~」アハハッ・・・

灼「こっ、こんにちは・・・あのこれ、一体?」

雅枝「・・・実はかくかくしかじかで」

灼「えっ!?腕が自販機の下から抜けなく!?」



267 :ただいま~ 2012/11/29(木) 22:44:04.97 ID:SHwZBn930

雅枝「そやねん・・・大変恥ずかしいことなんやけどな・・・」

灼「・・・あの、助けはこなかったんですか?」

雅枝「・・・ぐすん」グスッ

灼「!?」

灼(泣いてる・・・?一体今まで何があったんだろう?)

雅枝「あぁっ・・・ごめんね、思い出したら少し・・・」グスン

灼(・・・よっぽど酷いことがあったんだね)

雅枝(こうなったら、泣き落とし作戦や・・・!)

雅枝(少しでも助けようと思わせな・・・助からへん!この状況は!)

雅枝(うちはもう学習したで!!)

雅枝「あの・・・助けてくれんやろか?」うるうる

灼「えっ・・・?」

灼(大の大人が涙目って・・・)

灼(・・・私、どうしようかな?)

安価>>270



270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:45:26.52 ID:D2Gokrmw0

自販機をボーリングで破壊



278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:50:28.27 ID:sy1C2PQP0

警報鳴って人集まってくるんじゃないですかねぇ・・・



281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:51:29.68 ID:lPqcWmwmP

犯罪だよ!?



282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:55:09.67 ID:SHwZBn930

灼「・・・分かりました」

雅枝「ほんまか!」ぱぁぁ

灼「こんな寒い時期に、外で放ったらかしっていうのはさすがに・・・ねぇ?」

雅枝(・・・そうやん!普通そう思うよな!?・・・やっぱりうちの考え方は間違ってなかった!)

灼「それじゃあ助けますから、ちょっと待ってくださいね・・・」ゴソゴソ

雅枝「えっ?・・・何してんねや?」

灼「ようするに、その自販機が邪魔なんですよね?」キュッ!

雅枝「そうやけど・・・何それ?・・・ボーリングのグローブ?」

灼「今からその自販機にボウリングの玉をぶつけて、自販機を破壊します」グッ

雅枝「・・・・・・・・・はっ?」

雅枝(この子もまた・・・うちの予想を遙かに越えてくる子なんか・・・)あわわ



286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 22:57:41.73 ID:uVwPniin0

人は予想を超えてくる(至言)



290 :さすがにいきなり破壊するのはちょっとね・・・ 2012/11/29(木) 23:05:50.10 ID:SHwZBn930

灼「それじゃあ、いきますね・・・!!」グググッ

雅枝「ちょと待てちょと待て!!あんた正気か!?」

灼「でも、こうするしか方法が・・・」

雅枝「嘘やろ!?他にもっと方法あるやろ!?」

雅枝「ていうか、自販機なんか壊したらあんた捕まんで!?」

灼「えっ!?」ビクッ

雅枝「普通に考えて分かるやろ!?あんたこれいくらすると思ってるん!?」

灼「えっと・・・五十万円くらいかな?」

雅枝「倍の値段はするわ!!」

灼「・・・それじゃあ、どうやって助ければいいんですか?」

雅枝「そっ、それは・・・」

安価>>295



295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:07:03.13 ID:hjFhSrFi0

助けを呼んできて



300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:16:22.54 ID:SHwZBn930

雅枝「・・・あんた一人じゃどうにもならんやろ」

雅枝「誰か他にも、助けを呼んできて!」

灼「はあ・・・分かりました」

灼(やっぱ壊した方が早いんじゃないかな?)

雅枝「とにかく!そんな派手なことしたあかんで!!」

灼(派手とかそういう問題なの?)

雅枝(もうこれ以上騒ぎ立てんのは・・・あかん!!・・・もう遅い気もするけど)

灼「それじゃあ、ちょっと行ってきます」

雅枝「あぁ、よろしゅう頼むわ」

タッタッタッタッタ・・・

雅枝(さすがに自販機壊すのはまずいやろ・・・)

雅枝(警察沙汰は、うちの今後にとってもまずい・・・)

雅枝(・・・はぁー・・・早く助からんかんかなぁー・・・)

雅枝「・・・・・・・・・・あっ」

雅枝「・・・レスキュー頼んどけば良かった・・・」



307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:23:11.16 ID:SHwZBn930

雅枝(しまったーーー!!!何やってんねやうち!!)

雅枝(レスキューに連絡してや!これだけで良かったのに!)

雅枝(くそぉ!!うちも影響されて、まともな思考になってないんか!?)

雅枝「・・・・・・うち、正気でおれんねやろか?」

雅枝「このままずっとこの状態やったら・・・うち・・・」ゾクッ

雅枝「だっ、大丈夫や・・・最悪洋榎と絹たちがおる・・・」

雅枝「・・・くるよな?あの子ら・・・」

ザッ・・・

雅枝「・・・誰か来た」

安価>>312



312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:24:21.97 ID:6WyKgYp9T

たかみー



325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:28:38.07 ID:nRLOAJOs0

お茶買いに来たのか



327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:31:13.96 ID:SHwZBn930

尭深(お茶買おう・・・あったかいお茶)

チャリンチャリン

雅枝(えっ?この子も最初は無視なん?)

尭深(あっ、あったかいじゃないやあったか~いだ)ポチッ

ガシャン

カシュッ、ゴクゴク・・・

尭深「・・・おいしい」ぽわ~ん

雅枝「・・・あの」チョンチョン

尭深「?」

尭深「どうしたんですか?」キョトン

雅枝「どうしたんってそれだけ?」

尭深「えっ?・・・どういう意味ですか?」

雅枝(・・・また変わったんが来てもうた)

雅枝(なんでもっと驚いたりせんのや、この子・・・)(呆れ)



330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:38:00.28 ID:SHwZBn930

尭深「あの・・・寒くないんですか?」

雅枝「やっと出た質問がそれかい・・・」はぁーっ

尭深「何かあったんですか?」

雅枝「あぁ~・・・かくかくしかじかやねん・・・」

尭深「腕が自販機の下に・・・」

雅枝(というかこの制服、白糸台やないんか?)

尭深「・・・」

尭深(困ってるのかな?・・・助けた方がいい?)

尭深(・・・どうしよう?)

安価>>335



335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:38:41.95 ID:eh0CF7jn0

雅枝をトイレと間違えて顔面におしっこをする



341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:40:04.89 ID:gaqEYhlF0

これはひどいwww



342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:40:12.82 ID:twmWs/Bp0

こっから何をどう間違えるんだよwww



354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:46:03.92 ID:ZjFrMCPx0

今まででぶっちぎりで酷い目に合っとるな



360 :いや、安価だし書くけど・・・ひくなよ? 2012/11/29(木) 23:50:03.34 ID:SHwZBn930

尭深(でも、そもそもこんな所に普通人がいるんでしょうか?)

尭深(・・・もしかして、こういったお仕事の人?)

尭深「・・・」もんもん

雅枝「何を悩んでんねや?はよ助けてえや・・・」

雅枝「・・・コーヒー飲んだせいで、トイレも行きたなってきたし」

尭深「!?」

尭深(トイレ?・・・今「トイレにきたんだし」ってこの人・・)(痛恨の聞き間違い)

尭深(・・・もしかして、この人自身がトイレなの?)ゾクッ

雅枝「ん?どないしたんや?はよしいや」

尭深(催促してる・・・やっぱりそうなんだ・・・)ゴクリ

尭深(・・・・・・これが噂の肉便器!!)



361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:51:33.51 ID:iWPf70Gp0

たかみー……
荒川病院に電話しといたよ



365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:52:33.24 ID:t10OuEqN0

>>1はどんな無茶振りでも書いてくれるあたりぐう聖だわ



373 :テルーのせいにしてごめんね 2012/11/30(金) 00:04:16.18 ID:1rSlfNNh0

尭深(宮永先輩に借りた本に載ってたやつ・・・本当にあったんだ)ドキドキ

雅枝「なぁ?はよしてくれへん?うち寒なってきたわ・・・」ブルッ

尭深(寒い?・・・はっ!きっとおしっこで暖をとるんだ・・・)

尭深(それじゃあ私、おしっこしないと・・・)カァーッ

雅枝「どないしたんや?急に赤面して・・・」

尭深「・・・あの、どうしてもやらなきゃいけないですかね?」ドキドキ

雅枝「えっ・・・してくれへんの?うちめっちゃ待ってるねんけど・・・」

尭深「はわわぁ・・・」カァーッ

雅枝(・・・何を恥ずかしがってんねや?)

尭深「・・・わっ・・・わかりました・・・そういうお仕事ですもんね」ドキドキ

雅枝「えっ?仕事って、あんた一体何を・・・」

スルスル・・・

雅枝「・・・なんで下脱いでんの?」

尭深「はぁっ・・・はぁっ・・・」プルプル

雅枝(・・・何が始まんの?)



380 :いつの間にか、マジ基地SSに・・ 2012/11/30(金) 00:13:14.88 ID:1rSlfNNh0

雅枝「ちょうあんた、さっきから何を・・・」

尭深「話しかけないでください!・・・恥ずかしいです・・・」グスン

雅枝(恥ずかしいって・・・何するつもりやねんこの子・・・)

尭深(えっと・・・確か顔だよね・・・)ドキドキ

尭深(のっ、飲んだりされちゃうのかな?・・・はぁぅっ・・・恥ずかしい)カァーッ

尭深(はっはっ早く終わらせなきゃ・・・)よいしょ

雅枝(えっ・・・なんやこれ、なんでうちの顔の前にこんな・・・)

尭深(はぅっ!・・・息が当たって・・・)ビクン

尭深「あの・・・いきますっ・・・!!」

雅枝「・・・えっ?」

・・・ちょろ

雅枝「!?」ピシャ

ちょろちょろじょろじょろ~~



382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 00:13:53.38 ID:WB+8fpSv0

ハ ー ベ ス ト ・ タ イ ム ……!!!!



386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 00:16:04.64 ID:DNpzf/E80

なかなかのハーベストだね



388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 00:17:18.35 ID:4Q2jE4ki0

豊穣の女神



420 :PS3がネットにつながんなくなってたのよ・・・ 2012/11/30(金) 01:01:37.04 ID:1rSlfNNh0

じょろろろ・・・ちょろ・・・

尭深(ふぅっ・・・終わった・・・)ドキドキ

尭深(・・・これでいいのかな?)

雅枝「」ピクピク

尭深(喜んでもらえたのかな?・・・本では肉便器の人は喜んでたけど・・・)

尭深(・・・私も少し気持ちよかったな・・・)ポッ

尭深「・・・あの、それじゃあ私行きますね」

尭深「お仕事頑張ってください」ペコリ

スタスタスタ・・・

雅枝「」

雅枝「・・・・・・・・・・・・・・・あはっ」プツン



421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:02:26.24 ID:EdPU9QA10

やはり壊れてしまったか…



425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:03:31.43 ID:shIDX745O

大の大人でもこれまでの仕打ちは泣いてもいい



430 :当SSはどんな安価もウェルカムですよ(ニッコリ (都合のいいように解釈するときもあるけど) 2012/11/30(金) 01:10:12.32 ID:1rSlfNNh0

雅枝「あはははははあはははあはははははははっははあ」

雅枝「なんやこれええええええええ~~!!」あははははは

雅枝「なんでうちが小便掻けられなあかんねーん!!」あはははは

雅枝「さすがにこの仕打ちは無理やわ!!普通の人間やったらそうやろ!?」あはははは

雅枝「そらこんな風におかしくなるでえええええ!!」あはははは

雅枝「娘たちにも見放され??知らん子におしっこかけられ??」

雅枝「自販機に腕挟まっただけで、こうなるか普通~~!!!」あはははは

雅枝「あ~~~もうどうでもええわぁ~~~~」あははははあはは

雅枝「どうせうちの日頃の行いが悪いんやろなぁ~~~!!!」あははは



441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:18:31.21 ID:1rSlfNNh0

\アハハハアハハハアアハハハハアッハ/

絹恵「お姉ちゃん、なんか聞こえへん?」

洋榎「うん?気のせいやろ?・・・あっこら!うちのピカチュウとんな!」

\アハハハハハハハハハハハアハ/

ゆみ「本当だ何か笑い声が聞こえるぞ」

恭子「何ですかね?この声?・・・あっ、うちカービィでお願い」

\アハハハハハハアッハアッハアハハ/

灼「ん?なんだろこの声?」

灼「・・・いや、今はそれより助けを探しに行かないと・・・」タッタッタ

\アハハハアハハハハアハハハハハ/

尭深「あっ・・・この声・・・さっきの人」

尭深(良かった・・・喜んでくれてたんだ・・・)ホッ

雅枝「あはははははあはははははははははははははっは」

希望のエンディングお願いします
安価>>450



450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:19:50.94 ID:vj1sh7gI0

みんなでかける
すると水気でするっと出れる
そして雅枝さんもかける



454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:20:19.47 ID:WB+8fpSv0

>>450
最後までマジキチ



459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:21:20.74 ID:ZApiWnU90

>>450
とんでもねえ!!



456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:20:45.19 ID:EKc1o1e40

いつからここは尿スレに……



476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:27:20.64 ID:1rSlfNNh0

愛宕家

\アハハハハアハハハッハハ/

絹恵「・・・お姉ちゃん、この声お母さんとちゃう?」

洋榎「えっ?おかん?」カチャカチャカチャ

絹恵「なぁ、もうええんちゃう?お母さんの反省・・・」

洋榎「うーん・・・せやな、・・・この対戦が終わったら・・・」カチャカチャカチャ

絹恵「もう!お姉ちゃん!」プンスカ

洋榎「わかったわかった絹、・・・そろそろ行こか」ヤレヤレ

洋榎「みんな、それじゃあお手伝い頼むわ!」

全員「はーい」

絹恵(お母さん、もう行くからね・・・)ホッ



482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:34:59.37 ID:1rSlfNNh0

自販機前

雅枝「・・・」びしょびしょ

全員「・・・」(呆然)

洋榎「なっ・・・なんやこれ・・・」

ゆみ「なぜかビショビショだな・・・」ふむ

恭子「誰かが助けようとしたんちゃいます?」

睦月「なるほど・・・水気で滑りやすくしようとしたんですね」うむ

漫「でもなんか、妙にエロティックになってません?」カァーッ

佳織「それにこの匂い・・・」クンクン

由子「なんだか少し臭いのよー」

智美「う~ん・・・これは尿の臭いだな・・・」クンクン

桃子「尿って・・・おしっこっすか!?」

絹恵「お母さん・・・なんでこんな・・・」あぁっ・・・

雅枝「・・・」ピクピク

はてっ・・・



487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:36:24.72 ID:WB+8fpSv0

ていうかなんで絶頂してんだよww



490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:38:16.43 ID:ZApiWnU90

ションベンかけられて絶頂…



499 :人って書こうと思えば、なんでも書けるね(遠い目) 2012/11/30(金) 01:47:24.45 ID:1rSlfNNh0

洋榎「・・・よしっ!それじゃあうちらもおしっこかけよか!」

全員(洋榎以外)「!?」

絹恵「おっ、おっ、おっ、おっ、・・・お姉ちゃん!!?ほんまに何言うてんの!??」

洋榎「絹よう考えてみ、おしっこかけられたおかんはどうなってる?」

絹恵「どうって・・・気を失ってもうてるんちゃうん?」

洋榎「確かにそれはそうやけど、まず一番大事なことはまだ助かってないってことや!」

恭子「まぁ、たしかにそうですね」

洋榎「それっておかしない?助けてもらおうとしておしっこかけられたおかんが、まだ助かってないって?」

桃子「う~ん・・・そういう風に考えるとしたら、確かに・・・」う~ん

洋榎「つまりこれはなぜか!?なんでおかんはまだ助かってないのか!?」

ゆみ「・・・かけられたおしっこの量が足りなかった」

洋榎「そう!そういうことや!!だからうちらで追加でおしっこかけよう!!」

由子「その発想はなかったのよー」

漫(・・・なんやろう、勢いに乗せられてしまってる気がする・・・)



503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:49:02.51 ID:B4l1m3L10

この洋榎ちゃんはもう一回溝にはまったほうがいいんじゃないかな



511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:54:33.64 ID:pql/UBlq0

洋榎ちゃん頭オカシイ役ばっかりじゃないですか(激怒)



517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:59:09.87 ID:1rSlfNNh0

智美「おしっこの成分で滑りが良くなったりするのかなー?」ワハハ

佳織「えっ?そうなの?」

睦月「むむむ・・・確かにそんな気もするような・・・」うむむ・・・

洋榎「きっとおかんにおしっこかけた人は、足りひんと感じて助けを呼びに行ったんや!」

洋榎「でももう大丈夫!うちらがおる!」

洋榎「うちらのおしっこで、おかんを助けよう!!」おー!

全員(洋榎以外)「・・・」し~ん

洋榎「・・・ってあれ?みんな?」

恭子「主将、いくらなんでもその理屈には無理ありすぎです」

由子「洋榎がここまでバカとは思わなかったのよー」

ゆみ「いくらなんでもこんな所で、もよおすなんて・・・」カァーッ

智美「みんなの前だしなー」ワハハ

絹恵「はぁ・・・これが、私のお姉ちゃんかぁ・・・」(落胆)

洋榎「なっなんでや!なんでみんな手伝ってくれへんねん!!」

全員(洋榎)「だって・・・」



524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:08:21.95 ID:1rSlfNNh0

洋榎「・・・もうええ!!うちだけでもする!!」スルスル

絹恵「ちょっ!!お姉ちゃん!!正気なん!?」

洋榎「おかんを救えるのは!うちだけや!!」よいしょ

桃子「あちゃー、あれはマジモンっすねー」

佳織「もう私も、夢でも見てる気がしてきた」

睦月「これが、人の狂気・・・!!」ざわざわ・・・

漫「もうこれわかんらへんわ・・・」

雅恵「」

洋榎「・・・行くでおかん!!」グッ!

全員「・・・」ゴクリ

・・・・・・・・・し~ん

全員(洋榎以外)(・・・でないじゃん)

洋榎(あかん・・・いざってなると緊張して、全然出えへん・・・!!)カーァッ



528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:10:19.01 ID:pql/UBlq0

ちょっと誰かが洋榎の尿道付近に刺激を与えてあげるといいと思います



532 :なんか楽しくなってきたwww 2012/11/30(金) 02:17:48.27 ID:1rSlfNNh0

絹恵「・・・お姉ちゃん、やっぱこんなもうやめ・・・」

・・・ちょろ

全員「!?」

洋榎「あっ、出た・・・」

ちょろちょろ・・・ちょろちょろ・・・ちょろん

洋榎「・・・あかん、もう出えへんわ・・・これじゃあおかんが・・・」

洋榎「こうなったら・・・絹!あんたの出番や!!」

絹恵「!?」

漫(あっ、今のなんかドラゴンボールみたいやった)クスッ

絹恵「お姉ちゃん・・・無理やで・・・私にはそんなん絶対無理!」(涙目)

洋榎「絹!おかんを助けるためや!!そんなちっぽけな羞恥心、捨ててまえ!!」

恭子(ちっぽけて・・・)

絹恵「えっ・・・えっ・・・?私どうすればええの?」(涙目)

洋榎「大丈夫や絹・・・おかんもきっと、わかってくれる」ニコッ

絹恵(・・・、お母さん・・・)チラッ



536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:19:56.82 ID:rk8OLrz10

絹ちゃんそこはローキックするとこ



542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:26:35.27 ID:1rSlfNNh0

数分後

絹恵「お母さん・・・ほんじゃあいくね・・・」よいしょ

雅枝「」し~ん

絹恵「あっ・・・私ぃ・・・なんでこんなこと・・・」ドキドキ

絹恵「家の外でぇ・・・みんなに見られてぇ・・・お母さんに向かってぇ・・・」はぁはぁ

桃子(何すか今のは?・・・セリフみたいな言い方だったっす、・・・超エロいセリフっす)ドキドキ

恭子(こっこんなん・・・エロ動画でも見たことないでぇ・・・)ドキドキ

絹恵「はぁっ!・・・でるぅっ・・・」ピクン

じょろろろろろろ~~

由子(まじまじと見ちゃってる、私がいるのよー)カーァッ

佳織(はわ~、見てられないよ~~!)あわわわ

じょろじょろ~~・・・・

絹恵(あっ・・・なんか今私・・・気持ちええ・・・なんやろこの気持ち・・・)(恍惚)



543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:27:24.65 ID:b974Vmqc0

絹ちゃんが目覚めてもうたやないか!



551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:37:43.95 ID:1rSlfNNh0

洋榎「よっしゃ!ええ感じや絹!」

絹恵「お姉ちゃん・・・私・・・」とろ~ん

洋榎「ええよ絹、なんも言わんでええ・・・お疲れさん」ニコッ

恭子「主将・・・もうそろそろ助けても・・・」ドキドキ

洋榎「ん~・・・まだ足りなさそうやな・・・、恭子!次頼めるか!?」

恭子「はっ!?」ドキッ!

洋榎「おかんの為や!この通り!・・・頼む!」ぺっこりん

恭子「しゅしゅしゅっっ、主将!!やめてください!!頭上げて!!お願いやから!!」あせあせ

智美(これ・・・やばいんじゃないのか?)ワハハ・・・

漫(みんなしなあかん流れになってもうてる・・・)

ゆみ(お願いだぁー!!ここで流れを絶ってくれぇーーー!!)



553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:43:41.54 ID:1rSlfNNh0

恭子「私は・・・」はわわわぁ

絹恵「大丈夫ですよ、末原先輩・・・」ボソッ

恭子(!?絹ちゃん!?)ビクン

絹恵「案外結構・・・気持ちええですよ?」二ヤァッ

恭子「気持ちええって・・・」チラッ

雅枝「」ぬくぬく

恭子(人におしっこかけるなんて・・・)ゴクリ

恭子(・・・ほんまなんやろうか)ドキドキ

恭子「・・・主将と絹ちゃんがそこまで言うなら・・・しゃっ、しゃあないですね」

鶴賀メンバー 由子 漫「!?」

恭子「わっ私も、手伝います・・・」ドキドキ

洋榎「ほんまか恭子!おおきに!ほんまおおきに!」

恭子「しゃあなしですよ・・・しゃあなし・・・」ドキドキ

鶴賀メンバー 由子 漫(もう駄目だこりゃ・・・)



557 :ほんまは全部詳細書きたいけど、時間もあれだし・・・ 2012/11/30(金) 02:54:17.00 ID:1rSlfNNh0

結局全員おしっこかけました(以下ダイジェスト)

恭子(ああっ・・・何これぇ?・・・何この背徳感!?)ゾクゾク

漫(あぁっ・・・末原先輩のせいで・・・あれ?でも以外と・・・)ちょろちょろ

由子(みんながやったら、私だけしない訳にはいかないのよー)ドキドキ

ゆみ(これも・・・人助けのため・・・人助けのため・・・)カーァッ

桃子(あぁ~っ!あれが先輩のおしっこっすかぁ~)ぽわわ~ん

智美(野ションなんて、小学校以来だなー)ワハァハァ

佳織(あう~恥ずかしいよ~・・・でも、おトイレ行きたかったから全然終わんないよ~)シャァー

睦月(・・・・・・・私がトリで良かったのだろうか?)うむ?

ちょろちょろじょろじょろちろちろぽたぽた

しゃーしゃーさぁーさぁーじゃぼじゃぼじゃばじゃば

洋榎「よっしゃ!こんなかけたらもう大丈夫やろ!!」

洋榎「おかんを助けんで!」

全員「おぉー!!」

雅枝「」べっしゃべしゃ



565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:02:43.24 ID:1rSlfNNh0

その後お母さんは、無事自販機から腕が抜けて助かりました

ずっと、気絶したまんまやったけどね

お母さんが助かった時のみんなの一体感は、とても素晴らしかったです

・・・まぁ、みんなでとんでもないもの見せあった仲やからね

鶴賀の人たちとは、とってもいい関係になれたと思います

あの後みんなと別れた私とお姉ちゃんは、とりあえず家のお風呂にお母さんを放り込みました

・・・さすがに臭いが酷かったので・・・

お風呂でお母さんは目を覚ましました

・・・どうやら、あんまりあの時ことは覚えてないみたい

私はそれで良かったと思ってるけど、なんやどうにも怪しいねんなぁ・・・

・・・お母さん、ほんまに忘れてもうたんかな?



566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:03:53.85 ID:b974Vmqc0

是非忘れていて欲しい(切実)



567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:04:17.77 ID:WB+8fpSv0

覚えてるなんて言えるわけないやろ(小声)



569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:06:16.39 ID:0bo2qSYUO

オカンの復讐が始まる・・・



574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:07:55.68 ID:1rSlfNNh0

数週間後

雅枝「洋榎ー!絹ー!起きやー!!朝やでー!!」

洋榎「Zzz・・・」グウグウ

絹恵「Zzz・・・」スヤスヤ

雅枝「もう!起きやって言うてんのに!二人とも!」プンプン

雅枝「学校遅刻すんで!二人とも!!」

洋榎 絹恵「Zzz・・・」

雅枝「・・・はぁっ、しゃあないなぁ・・・」

スルスル

雅枝「よっと・・・」よいしょ

雅枝「・・・・・・・んっ」ピクッ

じょろじょろじょろじょろ・・・



581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:10:48.16 ID:WB+8fpSv0

オカンの小便で顔洗って学校行く姉妹

うーんこの



583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:16:33.37 ID:1rSlfNNh0

洋榎(Zzz・・・ん、なんやこれ?)ふぁっ・・・

雅枝「はい、次は絹」よいしょ

じょろじょろじょろじょろ・・・

絹恵(Zzz・・・んふっ・・・なんやあったかい・・・)ぱちっ

雅枝「ん、二人とも起きたな、朝やで♪」ニコッ

洋榎 絹恵「・・・・・・・・」ボケーッ

洋榎 絹恵「!?!?!?」

洋榎「おかん!!ちょう待ちいやこれって・・・!?」

絹恵「お母さん!?なんで私ら濡れてるん!?」

雅枝「えっ?だっておしっこかけてんもん?」はて?

洋榎 絹恵「・・・はぁあっぁぁぁぁぁあ!!!???」

雅枝「これやったら、すぐに起きれるやろ?」

洋榎 絹恵「」ちーん

雅枝「これからは毎朝、こうやって起こしてあげるからな♪」ニコッ(マジキチスマイル)







じょろじょろじょろ~~~・・・・・カン




588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:18:36.68 ID:1rSlfNNh0

以上、こんな糞SSを見てくれた人
ありがとうございました

もう何も言うことはありません



590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:19:06.68 ID:0bo2qSYUO


次は船Q狂わすか・・・
いちごちゃんは天使!!



597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:27:27.23 ID:HL81rOfxO

おつおつ
いつにも増してカオスだった



602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 03:37:13.23 ID:vj1sh7gI0

次はちゃちゃのん祭りやね



609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 07:08:41.11 ID:mo4I6b2sO

酷い安価だった…>>1はよく頑張ったよほんと






劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか 劇場版ver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成)



他の咲SSも読む↓↓
京太郎「あ……えーっと、これはツモ、かな?」
はやり「てる・みー☆」 照「え?」
穏乃「憧のおっ○い舐めるだけでラーメンおごってくれるの!?」
玄「おはぎ作ってきたよ~」
咲「部長と5秒以上見詰め合うのは危険だよね」
照「……プールプリン?」 池田「そうだし!」



黒子のバスケ キセキの試合 (初回封入特典:オリジナルカスタムテーマダウンロード用プロダクトコード同梱) SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド(初回封入特典:豪華三大プロダクトコード同梱)
サモンナイト4
化物語 ポータブル (初回限定生産版)
境界線上のホライゾン PORTABLE (初回限定版:ねんどろいど"浅間・智"、スペシャルファンブック同梱) 特典 PSP用ミニゲームダウンロードコード付き
コープスパーティー -THE ANTHOLOGY- サチコの恋愛遊戯 Hysteric Birthday 2U (限定版)