ltmwLsq


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 00:36:02.12 ID:bi5PaO7G0

~中堅戦前半、白糸台控室~

菫「…まずいな」

照「新道寺も千里山も本当に強い。阿知賀はまだわからないけど」

菫「…」

菫「このまま万一負けるようなことがあれば…亦野は残念だが…」

誠子「!?」

尭深「後援会のオジサンたちの慰み者に」/////

菫「いや、さすがにそこまでは…」

照「まあでもレギュラーからは落とされるよね」

菫「まあそんなところだな。来年は頼んだぞ渋谷新部長」

尭深「…はい」//////

誠子「」ガタガタ



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 00:42:20.42 ID:bi5PaO7G0

菫「それにしても新道寺はともかく千里山まで…なんであんなに上がれるんだ?」

照「まるで数順先まで見えてるみたい」

菫「それは…」

照「…」コクン

照「淡が負けるとは思えないけど、念には念を入れておく?」

菫「…お前はそれでいいのか?」

照「うん。麻雀は一人でするものだから」

照「それを教えてくる」ゴッ!!

菫(当たり前なような…)

菫「まあ、お前に任せるよ」

照「わかった。それじゃ行ってくるね」スッ

菫「頼んだぞ」

照「…おまかせあれ」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 00:47:43.81 ID:bi5PaO7G0

~女子トイレ~

哩「ふぅ…」ジャー

哩(ここまでは順調ばい…それも怖いくらいに)

哩(新道寺の悲願である決勝進出…全国優勝…)

哩(絶対にできる!姫子と…みんなと一緒なら…それができる!)

哩(あと一歩…あと一歩やけん。どうか…神様…)ギュッ


照「みーつけた」ヒョイッ

哩「!?」ビクッ

哩「え!?チャンピオン!?」アタフタ

哩「てか何覗いとるん!?やめんかい!!」

照「いや、ちょっとお話があるんだけど…そっち行くね」ヨイショ

哩「いやいやいや!普通に外に出ればすむ話じゃなかと!?」

照「私はそれでもいいけど…困るのはあなただと思うよ?」

哩「?」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 00:53:04.17 ID:bi5PaO7G0

照「覚えてる?私、去年あなたと対戦したの」

哩「…忘れるわけなかと」

照「その時にね、見ちゃったの」

哩「?」

照「あなた…ううん。あなた達の力…絆といってもいいかも」

哩「…まあ、研究ばされとっとは想定内やけん…『見た』?」

照「うん。随分仲がいいみたいだね…それこそ一線を越えてしまうくらい」

哩「!?」

哩「…何が言いたい」

照「いや、私は別にそのことについてとやかく言う気はない」

照「私が言いたいのは…もう一つ。ほんのわずか見えたあなたの深くて暗い願望」

哩「だからそれが何かって…!!」

照「あなた…」


照「レ○プされたいって思ってるでしょ」ニヤ



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 00:53:23.21 ID:1GkuYjQVP

ああ、大将戦の間違いか
時系列がわからんかった



7 :なぜミスった… 2013/01/28(月) 00:59:04.04 ID:bi5PaO7G0

哩「は、はぁ!?」

哩「何を根拠にそんな…」

照「だから見たんだって。私に隠し事はできない」

哩「でたらめばい!そげなこと…」

照「ふーん…じゃあ…」ズボッ!!

哩「ぁひっ…!」ビクッ

照「これはどういうことなのかなぁ?」クチュクチュ

哩「ぇ…あ…」

照「まさか個室に2人ってシチュエーションだけでこんなになっちゃってるの?」クスクス

哩「ち、ちが…」

照「違わないよね!?」グッチュグッチュ!!

哩「ん!?んあああああああ!!!」ガクガク

照「あーあーそんな声出しちゃって。外に人がいたら…どうなっちゃうんだろうね」

哩「ふぇ…あ…」ゾクゾクッ



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:06:26.55 ID:bi5PaO7G0

哩「や、やめっ…!!」

照「やめるわけないでしょ」クチュクチュ

哩「~っ!!!」ビクビク

照「ホントに変態さんなんだね…いきなりこんなことされて喜ぶなんて」ボソッ

哩「ぁ…」ゾクゾクッ

照「わ…また…」

照「さすがの私でも引くなー…まさかこんな人だったなんて」

哩「い…言わないでぇ…」プルプル

照「喜んでるくせにっ!」スパァン!

哩「ひっ…痛っ…」ジュン

照「…」ハァ

照「もう何言っても何やっても喜んじゃうんだね…」

照「とりあえず一回逝っとこうか?」グチュグチュグチュグチュ!!!

哩「ぁ…ああ…あああああぁぁああぁっ!!!」ビクビクビクビク!!!!



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:12:36.07 ID:bi5PaO7G0

哩「ぁ…あ…」ピクッピクッ

照「…ここがトイレでよかったね」

照「さて…今度は私も楽しませてね」ヌギッ

哩「ぇ?あ…それ…」

照「なんかiPS棒とかいうらしいよ。大きいでしょ」ボロンッ

哩「ぁ…」

哩(そんな…あんなの…)//////

照「いきなり突っ込んでもいいんだけどね、一応、ね」ギンギン

哩「…?」ドキドキ

照「舐めて」

哩「…え?」

照「舐めてって言ってるの」

哩「…」ドキドキ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:13:33.24 ID:FyBqSpfF0

NTRとふたなりのダブル役満ですわ



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:16:17.44 ID:6wgdKSYYP

完全に俺得です。ありがとう



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:18:04.94 ID:bi5PaO7G0

哩「はっ…んっ…」ピチャピチャ

照「ん。いい感じ」

哩「ん…はぁ…」トロン

照「…なに?まさか舐めながら感じてるの?」

哩「そ…そんなこと…」

照「…まあ、いいや。そろそろ舐めるだけじゃなくて咥えて」

哩「え?」

哩(こんな…大きいのを…)ゾクゾクッ

照「早く」

哩「は…はいぃ…」ジュンジュン

哩「あむっ…んぁ…」ジュボジュボ

照「…」

哩(あ…顎が…)ガクガク



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:19:16.63 ID:6wgdKSYYP

iPS極悪棒は照でiPS細棒は竜華



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:23:13.81 ID:bi5PaO7G0

哩「んっ!んんっ!!」ガポガポ

照「…」ハァ

照「やる気あるの?」

哩「!?」

照「もういい。私が勝手にやる」ガシッ

哩(頭…つかんで…)

照「…っ!っ!」ジュボッジュボッ!!

哩「っっっ!!」

哩(く…苦し…)グッチャグッチャ

哩(でも…)キュンキュン

照「んっ!っ!!」ジュボジュボ

照「出るよ…こぼさないでっ!!」ドピュッ!!ドピュッ!!

哩「っ!?」ビチャッ!!

哩「うぇ…ごほっ!!ぁあぁぁ…」ハァハァ

照「…」ハァハァ



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:25:54.48 ID:6wgdKSYYP

巨根照最高だわ…(歓喜)



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:29:06.21 ID:bi5PaO7G0

照「…」クチュ

哩「…」ビビクン!!

照「…もういいか」

哩「ぇ…」ドキドキ

照「わかってるくせに」

哩「ぁ…」フルフル

照「…やめてもいいの?」クチュッ

哩(あ…入口…)キュンッキュンッ

照「…私に言うこと、あるんじゃない?」スリスリ

哩「…ぁえ?」

照「ねえ、どうしてほしいの?」クチュクチュ

哩「…」

哩「……て」

照「何?」

哩「入れて…欲しい…」//////



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:36:01.68 ID:bi5PaO7G0

照「違うよね」

哩「…え?」

照「私は止めてもいいんだから…」スッ

哩「ぁ…待って!待って…ください…」プルプル

照「じゃあもう一回」ニッコリ

哩「は…はぃ…」

哩「私の…淫乱な私の下のお口に…あなたの大きいそれを…入れてください…」キュンッキュンッ

照「『それ』じゃわかんないなぁ」ニヤニヤ

哩「わ…私にその棒をつっこんでくださいぃぃぃぃ!!!」

照「…ちょっと足りないけど、よく言えましたっ!!」ズンッ!!!!

哩「ぁ…かっ…き…きたぁ……っ!!」ビクンビクン



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:36:55.26 ID:6wgdKSYYP

姫子涙目



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:42:33.77 ID:bi5PaO7G0

照「っ…!っ!!」ズンッ!ズンッ!

哩「んぁあぁぁぁぁ!!!!」グッチャグッチャ

照「…すごくいいよ」パンッ!パンッ!!

哩「わ…私m…ひゃぁぁぁぁあああ!!!」グチュグチュ

照「ねぇ…あの子は…どうするの…」パンッパンッ!!

哩「ぁ…は…ぁあの子ってひぃん!!」ビクッ!!

照「姫子ちゃん…だっけ」

哩「ひめ…ひめこ…ぁひゃぁあああ!!!!」ジュブジュブ!!!

照「あなた達は…特別な絆でっ!…結ばれてるんでしょっ!!」パンパン

哩「そう…やが…ぁあん!!」

照「私と…どっちがいいっ!?」

哩「ふぇ…ぁや!?」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:46:41.41 ID:FyBqSpfF0

男なら絶許なのに照だったら見れるあたり俺はもうダメだ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:49:43.77 ID:sZJZ9kGmO

これリザってんじゃないの?姫子のほうも…



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:50:45.56 ID:bi5PaO7G0

哩「そげな…ことぉ…んあ!」ビクッ

照「もしっ…私を選んでくれるならっ!!…これからも相手をしてあげる!!」パンッパンッ

哩「…え」

哩「そんな…でもぉ…」ウルウル

照「…まだ姫子ちゃんって言うなら…これっきり」パンパン

哩「ぇ…」

照「さあ!どっち!?」パシーンッパシーンッ!!

哩「ひゃ…いぁやぁぁああああああ!!!!」ビビクン!!

照「早く言わないと…やめちゃうよっ!?」パシーン

哩「あぁ…い、いやぁぁ!!やめるのいやぁぁぁ!!」

照「じゃあ…私を選んでくれるんだねっ!?姫子ちゃんはもういいんだねっ!?」パンパンッ!!

哩「…もうぃいいい!!あなたが…んっ!相手してくれるならっ!!いいですぅぅぅぅ!!!」

照「…わかった」ニヤリ



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 01:58:49.59 ID:bi5PaO7G0

照「じゃあ…中に出すよっ!!」パシーンパシーン!!

哩「っ!!出してっ!私の中に出してぇっ!!」

照「いくよっ…!!」パンパンパンパン!!!!

哩「うんっ!うんっ…!!」ギュッー!!

照「っあ!!!」ドピュドピュドピュッ!!!!

哩「~っ!!!!!」ビクンビクンビクンビクン!!!

哩「ぁ…ああ…来とる…あたたかいのぉ…私にぃ…」トローン

照「んっ!」ブルッ!!

哩「…」ハァハァハァハァ

照「…ふぅ」ヌポッ

哩「ぅぁん…はぁっ…」トローン

哩「ぁ…だしてもらったの…出ちゃう…」ツー

照「…」

照(これで新道寺は大丈夫かな?)



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:05:43.07 ID:bi5PaO7G0

~大将戦、卓~

姫子(…あれ?)

姫子(こん局…部長ば縛りかけてたハズばい…)

姫子(なんにこの配牌…私の勘違いだったと?)

姫子(…こういうときもあるんか?)


~女子トイレ~

照「とりあえずこの後も行くところあるし…綺麗にして?」

哩「はい…んっ!!」チュパチュパ

照「…そういえば哩は下着はいてないんだね」

哩「はい…もし見られてしまうかと思うと…その…興奮するんです」/////

照「…ホントに変態さんなんだね」クチュッ

哩「んぁ…」ピクッピクッ

照「でもそれじゃ…私のが垂れてきちゃうでしょ?」

哩「ぅあ…はい…」ハァハァ



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:11:24.59 ID:bi5PaO7G0

照「だから…掻き出してから行こっか」ニッコリ

哩「掻き出すって…ひあぁぁっ!!」グッチュグッチュ

照「我ながら結構出したなぁ…」グチュグチュ

哩「やぁぁぁ!!さっきからずっとぉっぉお!!んぁぁぁああ!!!」ビクビクビクビクッ!!

照「哩はえっちだなぁ」グチュグチュ

哩「むりぃぃ…死んじゃ…」ビクビク


ガチャッ!!

<アハハーマジー!?
<ソーソー!センパイガサー


哩「!?」

照「…」ニヤリ



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:17:24.40 ID:bi5PaO7G0

哩「…ふっ!んっ!!」

照「今声出しちゃったら…気づかれちゃうね…」ニヤニヤ

哩「…っ!」ハッ!!

哩「それだけは…それだけはっ…!!」

照「やだ」グッチャグッチャ

哩「~~~~~っ!!!!!!」ビクンッビクンッ!!


<ネーナンカヘンナニオイシナイ?
<タシカニー


照「ほら…気づかれちゃうよ」グチャグチャ

哩「~~~~~」プルプル

照「ほらっ!!いっちゃえ!!ほらっ!!」グチャグチャグチャグチャ!!!!

哩「~~ぁ…っっっつ!!!!」プシャァァァ!!!


ギィ~バタン!!


照「…出てったね」ニヤニヤ



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:23:10.33 ID:bi5PaO7G0

哩「ぁ…やぁ…」ウツロ

照「…やりすぎた」アセ

照「とりあえず次は千里山か。あ、でもあの人病院に運ばれてたな…」

照「ま、大丈夫でしょ」

照「とりあえず哩もそこに運んじゃおう」ヨイショ

照「…いざ、病院へ」テクテク

哩「」ダラー


~病院~

怜「ん?面会?」

怜「泉は帰したし…誰やろ?どうぞー!」


照「…やあ。大丈夫?」

怜「チャンピオン!?わざわざどうも…」

照「あ、連れがいるけど気にしないで?」

哩「」グテー



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:30:24.53 ID:bi5PaO7G0

怜(あの人こそ入院した方がええんと違う?)アセ

怜「んで、チャンピオンが何の用や?」

照「いや、先鋒戦は申し訳なかったなと思って」

怜「んなこと気にしとんのかいな!これは私が無茶した結果。チャンピオンは何も悪くないで?」

照「そう…そう言ってもらえるとちょっと救われる」

怜「なんや…想像しとったチャンピオン像が崩れていくわ」アハハ

照「なにそれ」

怜「いや、もっとこう…ドン!ってしてるイメージやったから」

照「ワン○ースじゃあるまいし」クスクス

怜「あははは!なんや、話してみたら案外おもろいなぁ」アハハハ

照「それはよかった」ニコッ


照「…でね」

怜「?」

照「実は…もう一個用事があるんだ」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:36:59.00 ID:bi5PaO7G0

怜「ん?何?」

照「…竜華さんの、小さくて満足できないんでしょ?」

怜「ごふぅっ!!」

怜「い、いきなり何言っとんねん!!」

照「いや…先鋒戦で見えちゃったからさ」

怜「見えた…?」

照「うん」

怜「とりあえずよかったやんな。ここが病院で」

照「人を頭おかしい人みたいに言うのはよくないよ」

怜「実際おかしいやろ!!本来ならナースコールもんやぞ!?」

照「ぶー」

照「でも…さ」

照「他の人のにも…興味あるでしょ?」

怜「だーかーらー!!」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:43:36.90 ID:bi5PaO7G0

照「ほら」ボロン

怜「ひぇっ!?な、何しとんのやしまえ!!」

照「…大きいでしょ?」

怜(た、確かに…あんなんが入ってきたら…)ドキドキ

怜「ぜ、ぜんぜん!!」

照「強がっちゃって」

怜「強がってもないし興味もない!!しまえ!!早く!!」

照「えー?」グイッ!

怜「やめっ!近づけんな!ホントに人呼ぶで!?」

照「…まあまあそう言わず」ギンギンッ!!

怜「なんでさらにおっきくなってんねや!!」

照「どう?」

怜「どうって…その…」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:49:17.94 ID:bi5PaO7G0

怜「…」ゴクリ

照「舐めて」

怜「…出血大サービスな」ペロッ

怜(ヤバ…おっきいし…匂いも…)キュンッキュンッ

照「ん…上手いね」

怜「はむっ…んぅ…」ジュッジュッ

怜「褒めたってこれだけやからな」

照「はいはい」

怜「んっ!んっ…」ジュボジュボ

怜(ホンマに大きすぎやろ…こんなん…)ジュワ

怜(…咥えるまでならええよな?)

怜「…はむっ!んぅぅ…」ジュボッジュボ

照「んっ…積極的だね」ハァハァ

怜「やかまひいは…んっ!」ジュボッジュボッ!!



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 02:55:20.32 ID:bi5PaO7G0

照「うんっ!いいよっ…!さすがだね…」

怜「人をっ…ビッチみたいにっ…いうなやっ…」ジュルジュル

照「あ、はっ!でるっ…」

怜「ぅん…?んっ!!!」ガシッ!!

照「あ、あ、あぁっ!!!」ビュッビュッ!!

怜(口の中に!?)

怜「うぇ!!ごほごほっ!!」ビチャッ

怜(あ…匂いが…)

怜(量も濃さも…竜華のなんかとは比べ物にならん…)キュンッキュンッ

照「…ふぅ。よかったよ」

怜「……ないわ」

照「?」

怜「何にも良くなんかないわ…」

怜「私は…まだ何も…してもらってへんぞ」ヌギヌギ

照「…」ニヤリ



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:01:00.76 ID:bi5PaO7G0

照「…なんだかんだ言ってても準備万全じゃん」クチュクチュ

怜「や、やかましっ…」//////

照「これだけ濡れてたらいきなり入れても大丈夫だよね?」

怜「うんっ!うんっ!!早く…はやくぅ…」クパァ

照「ちょっと積極的すぎじゃない?」

怜「うっさいわ!そんなもん見せられて我慢なんかできひんやろ!」ハァハァ

照「…いくよ?」クチュッ

怜(あっ…入ってくる…おっき…)キュンキュンキュンキュン

照「っ!」ズンッ!!

怜「~っ!!!?」ビックン!

怜(こ、これ予想以上にっ!!)

照「っ!ふっ!!」パン!パン!

怜「あっ!!い、いいっ!!ああぁっ!!」ジュブッジュブッ!!



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:02:51.68 ID:zfwlWL7u0

竜華がヘコヘコなのは怜の体を気遣ってるからだから……(震え声)



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:08:47.44 ID:bi5PaO7G0

照「うわっ…狭っ…」パンパンパン

怜「あっ…かっ…しゅごっ…!!」ビッチャビッチャ!!

照「ねえっ…!竜華さんとっ…どっちがいいっ…!?」パンパン

怜「く、比べもんに…ならんぁああぁ!!!!」ギュチュグチュ

照「それはっ…私の方がっ!?」パンパンパン

怜「あったりまえ…ひやぁあん!!」

照「そ…よかった…」パシンパシン

怜「あひぅ!あっ…知らん…こんなん…知らんっ!!」

照「ごめっ!!も、でるっ!!」パンパンパン

怜「私もっ!!もっ!!来るっ~っ!!」グッチャグッチャ

照「一緒にっ!!いこっ!!」パンパンパンパンパン

怜「うんっ!中に!だいじょ…やかっ…あっあっあああああ!!!」ビクビクビク

照「でるっ!っ!!」ドピュッドピュッドピュッ!!!!

怜「ぁぁぁああ…しゅご…ぅううん!!!!」ビックンビックン!!!



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:14:15.73 ID:bi5PaO7G0

怜「あ…中…熱っ…」トローン

照「…」

照「っ!ふっ!!」パシーン!パシーン!!

怜「ひゃああああ!?ちょっ!!イったばっかっ!!」グチュグチュコポッ!!

照「私はまだいけるっ!!」パシーンパシーン!

怜「~っ!!!」

怜(やばっ…これやばっ…!!)ビクビクビク

怜「やめっ!!し、しぬぅ…だめぇっ!!」ッビクビクビク

照「いいよ」

怜「ぅふぇっ!?」

照「意識が飛ぶまで…ずっとこうするからっ!!」パンパンパンパン

怜「そっ…そんなっ……!?」

怜「いや、あ、ああああああああああああ!!!!!!」ビクビクビクビクビク!!!!!



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:18:49.96 ID:bi5PaO7G0

~大将戦、卓~

竜華(あ、あれ?)

竜華(なんか…怜を感じんくなった?)

竜華(なんや…まだパワーは残っとるハズじゃ…)


姫子(お、おかしい!絶対なんかおかしいばい!!)


淡(なんか勝手に調子落としてるしラッキー)


穏乃(諦めるな…まだいける…)



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:25:49.47 ID:bi5PaO7G0

パンッ!パンッ!!

怜「…ぅん?あ、あぁぁん!!」ビクビクッ!!

照「あ、起きたっ?」パンパン

怜「ひ、人が気絶しっとたんに…まだっ…あんっ!!」ビシャッ

照「うん。体を使わしてもらってた」パンッ!パンッ!!

怜「人を物みたいにっ!!やぁあん!!」グチャグチャ

照「…ねえっ!!」パンパンパン

怜「うん!?…あはっ!!」

照「私とさ、そういう関係にならないっ!?」パシーンパシーン!!

怜「…は?っ!!」

照「私とこれからもこういうことしようってことっ!!」パンパンパン

怜「で、でもそれってぅうん!!」

照「…別に竜華さんと関係続けてもいいよ」

怜「えっ!?」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:31:33.89 ID:bi5PaO7G0

照「セフレっていうの?そんな感じ」

怜「…無理や」

照「…なんで?」

怜「…」

怜「もう…竜華となんかこういうことできひんっ!!」

怜「照が凄すぎて…もう私…照とじゃないとっ!!」ポロポロ

照「…」ニヤリ

照「じゃあさ」ポチッ


<サア!!ジュンケッショウモオオヅメ
<ケッショウヘノキップヲテニスルノハドノコウコウナノカ!?


怜「え…中継?」

照「テレビで竜華さん見ながら…私と繋がろう」

怜「!?」

照「で、竜華さんにごめんなさいしよ。もう私は照の物です…って言いながら」ニコッ

怜「…っ!」ゾクゾクッ!!



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:39:53.40 ID:bi5PaO7G0

<サア!サキホドマデノイキオイニカゲリガミエルセンリヤマシミズタニ!!
<フタタビイキオイヲトリモドスコトハデキルノカッ!?

怜「んぁあああ!!!いっ…あああああ!!!」ビクンビクン

照「ほらっ!!はやくっ!!!」パシーンパシーンパシーン!!!

怜「と、ときはぁ!!照のっ!!ものですぅっ!!!」ビクッビクッ!!

怜「竜華とはぁっ!!もうっ!!できません…っ!!」ビクッ!!

怜「だからぁっ!!だからぁぁぁっ!!!」グッチャクッ゙チャ!!


怜「…サヨナラ。竜華」


照「いくよっ!!出すよっ!!」パンパンパンパンパン

怜「きて!きてぇぇ!!一番奥に出してぇっ!!熱いの来てぇっ!!!」グッチュグッチュ!!!!

照「~っ!!!」ドピュッドピュッドピュッドピュッ!!!!

怜「ぁい…あ…んぁああああああ!!!!!!」プッシャァァァァ!!!



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:42:32.22 ID:IM9FriIhO

ついにこの時が来たか…
スレタイで戦慄した



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:52:08.52 ID:bi5PaO7G0

<サア!イヨイヨタイショウセンモオーラス!!
<ハタシテドノコウコウガケッショウニシンシュツスルノカー!!

照「…さすが淡。持ち直したね」

照「さて、もう一校は―…」


<キィィィマッタァァア!!!!
<アチガジョシタカカモシズノ!!ギャクテントナルバイマンヲアガッター!!
<シアイシュウリョウー!!


照「あー…決勝はウチと阿知賀かぁ。残念だったね…んっ!」


哩「はむっ…あん…ぅむ…」ジュップジュップ

怜「ちょ…アンタばっかりっ!!」ペロペロペロ

照「…もう見てもないし」

照「はぁ…」



照(…正直、やりすぎた)


カン!!



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:57:29.54 ID:bi5PaO7G0

もうしばらくエロいのはいいや…
お付き合いありがとうございましたー



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 04:00:08.89 ID:nToWAOcd0


こういうてるてるも好き



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 04:28:06.51 ID:FUoHmOnK0

乙乙

次は決勝に備えて憧ちゃんのところに行かないとな


 
EXIT TRANCE PRESENTS アニメトランス COMPLETE BEST 2(初回限定盤)(フィギュア付) 12,000個限定 ジャケットイラストレーター : みさくらなんこつ



他の咲SSも読む↓↓
咲「トータルでは勝ってる」
照「京ちゃん、カッコよくなったね」京太郎「えっ!?」
咲「働きたくない、絶対に」
愛宕洋榎「復讐の時はきたで!」
傀「御無礼、ロンです」咲「―――え?」
穏乃「阿知賀で全国に行くんだ!!」



BRIGHT STREAM
crossing field【期間生産限定盤】
RE;STORY(初回限定盤)
「アクエリオンEVOL」LOVE@New Dimension
夏の約束(初回限定盤)(DVD付)