1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:21:14.71 ID:HMsfxBb00

エレン「……なあ」

ゴリラ[……」

エレン「なんとか言えよライナー」

ゴリラ「……ウホ」

エレン「ウホじゃねえんだよ!俺は真剣なんだぞ!」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:23:49.48 ID:HMsfxBb00

エレン「なあライナー。いい加減話してくれねえか」

ゴリラ「……」

エレン「ゴリラになった訳をさ……」

ゴリラ「ウホ……」

エレン「もしかして話しにくいことか?」

ゴリラ「……ウホ」

エレン「そうか……」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:27:01.21 ID:HMsfxBb00

エレン「誰しも人には話せないことってあるよな……」

ゴリラ「ウホ」

エレン「でも俺はお前の力になってやりてえんだよ」

ゴリラ「……」

アルミン「どうしたのエレン……ゴリラになんか話しかけて……というかなんでゴリラがここに?」

エレン「ようアルミン……見てくれこのゴリラを」

アルミン「もしかしてこのゴリラ……ライナー?」

エレン「ああ……」

ゴリラ「ウホ」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:29:42.80 ID:HMsfxBb00

アルミン「どうしてゴリラに……」

エレン「わからねえ……」

ゴリラ「……」

エレン「どうにかして元に戻してやりてえんだけど、何も話してくれねえんだ……」

アルミン「そうなんだ……」

ゴリラ「ウホ」

アルミン「ねえライナー。なにか悩みでもあったの……?」

ゴリラ「……ウホ」

アルミン「そう……」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:31:57.93 ID:HMsfxBb00

ジャン「どうしたお前ら」

エレン「ジャン……見てくれこれを」

ジャン「ああ?これ……ライナーか?」

エレン「そうなんだ……」

ゴリラ「ウホ……」

ジャン「なんでこんなことに……」

アルミン「分からないんだ……ライナーは何も話してくれなくって……」

ゴリラ「ウホ……」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:34:34.18 ID:HMsfxBb00

ジャン「ちょっと皆集めてくるわ……俺達だけでどうこうできる問題じゃねえ……」

アルミン「ああ……お願いするよ」

エレン「ライナー……ちょっと我慢しててくれよな」

ゴリラ「……ウホ」

エレン「大丈夫か……?ゴリラになって何か辛くないか……?」

ゴリラ「ウホ」

エレン「そっか……」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:36:52.55 ID:HMsfxBb00

コニー「どうしたんだ」

ベルトルト「ライナーがどうこうって言ってたけど……」

マルコ「何かあったの?」

エレン「皆……これ見てくれ」

コニー「……ゴリラ?」

マルコ「いや、待って……このゴリラ……」

ベルトルト「まさか……ライナーなの?」

ゴリラ「ウホ」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:38:20.03 ID:10rjFXT90

ゴリラを見て即ライナーって認識できる辺りがなんとも



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:39:59.72 ID:HMsfxBb00

アルミン「どうしようか……」

コニー「どうもこうも……とりあえずバナナやってみるか……」

エレン「ああ……」

コニー「ほれ、ライナー」

ゴリラ「ウホ」モグモグ

マルコ「美味そうに食べてる……」

ベルトルト「良かったねライナー……」

ゴリラ「ウホ」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:40:16.08 ID:Gyh4uS3c0

絵本みたいなタイトルだな



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:43:18.10 ID:HMsfxBb00

エレン「これからどうする……?」

コニー「これ、立体機動とか使えんのかな……?」

アルミン「いや、どうだろう……」

ジャン「一応人間に近い形してるし大丈夫なんじゃねえか……?」

ベルトルト「むしろゴリラになったことによって強くなったりして」

マルコ「なるほど……」

ゴリラ「ウホッ!」

エレン「ライナー!?どうした!?」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:45:30.33 ID:HMsfxBb00

ゴリラ「ウホホ!ウッホホ!」

アルミン「立体機動って言葉に反応したのか……?」

ジャン「おい!誰か立体機動装置持って来い!」

エレン「分かった!」

ゴリラ「ウッホ!ウッホウッホ!!」ジタバタ

ベルトルト「ライナー!落ち着くんだ!」

コニー「押さえつけろベルトルト!」

ベルトルト「そんなこと言ったって力がすごくって……!」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:48:12.97 ID:HMsfxBb00

エレン「持ってきたぞ!」

アルミン「ほら!ライナー!立体機動装置だよ!」スッ

ゴリラ「ウホ……」スリスリ

ジャン「立体機動を愛しそうに撫でてやがる……」

マルコ「ライナー……君は心の底から兵士なんだな……」

コニー「俺……なんか感動しちまったよ」

エレン「ライナー……お前やっぱすげえよ……」

ゴリラ「ウホホ」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:50:50.03 ID:HMsfxBb00

アルミン「まあそれは良かったけど、元に戻す方法を考えないとね……」

エレン「そうだな……結局振り出しだ」

ジャン「まずなんでゴリラになったんだよ?」

エレン「いや、分からねえ……ライナーは話したくないみたいでな……」

ベルトルト「そうなのかい?ライナー……」

ゴリラ「ウホ……」

コニー「そうか……じゃあ仕方ねえよな……」

マルコ「本人が話したくないんじゃあね……」

ライナー「どうした。何があったんだ?」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:53:45.40 ID:HMsfxBb00

エレン「おうライナー……」

アルミン「みてよこのゴリラ……」

ライナー「ああ……なんだこのゴリラ」

コニー「ライナーなんだ……」

ベルトルト「何でこうなったのか僕らにもさっぱり……」

ジャン「ライナーも話したくねぇみたいでな……」

マルコ「皆で元に戻す方法を考えてたんだよ……」

ライナー「なるほどな……」

ライナー「は?」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:56:11.94 ID:HMsfxBb00

ライナー「いや、ちょっと待て」

アルミン「どうしたんだいライナー。もしかして何か良い方法でも?」

ライナー「いやいやいやちょっと待て」

ジャン「なんだよ。こちとら真剣なんだ」

エレン「ライナーをどうにか元に戻してやりてぇ……」

ライナー「え、いや、あの、そのゴリラは?」

コニー「……?ライナーだろ?」

ベルトルト「ライナーだよね……?」

ゴリラ「ウホ」

ライナー「いやいやいや」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:57:50.45 ID:HMsfxBb00

ライナー「じゃあ俺は?」

エレン「……は?ライナーだろ」

アルミン「ライナー……だよね」

ライナー「だよな。俺はライナーだよな」

ライナー「じゃあそのゴリラは?」

エレン「だからゴリラになったライナーだってば」

ジャン「さっきからそう言ってんだろ」

コニー「何聞いてたんだよお前……」

ライナー「んんんん?いや、ちょっと整理させて」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:01:22.15 ID:HMsfxBb00

エレン「ああ」

マルコ「まあこんな状況だからね……」

ベルトルト「混乱するのも無理ないよ……」

ライナー「まずひとつ。俺はライナーだよな?」

アルミン「そうだよ……?」

ジャン「当たり前じゃねえか」

ライナー「じゃあそのゴリラは?」

コニー「だーかーらー。ライナーだって言ってんだろ」

エレン「わっかんねえ奴だな。ライナーがゴリラになっちまったんだっての」

ライナー「んー?んー。俺がおかしいのかな?」

ゴリラ「ウホ」

ライナー「お前はちょっと黙ってて」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:04:03.86 ID:HMsfxBb00

エレン「ライナー……お前ちょっと疲れてるんだよ」

ライナー「そうなのか……?」

ベルトルト「そうだよ。ライナーは疲れてるんだ」

マルコ「ちょっと休んでくれば?」

ライナー「いや……待ってくれ」

ジャン「なんだよハッキリしねえやつだな」

コニー「ほら、ライナー。バナナ二本目」スッ

ゴリラ「ウホホ」モグモグ



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:08:12.74 ID:HMsfxBb00

ライナー「いや……疲れてるのはお前らの方だろ」

ジャン「なんだよそれ……」

ライナー「まずここにいる俺。ライナーだ」

アルミン「……?そうだね」

ライナー「そしてそこにいるゴリラ」

ゴリラ「ウホ」

ライナー「お前らはこのゴリラがライナーだという」

ジャン「ああ……」

エレン「その通りだろ……なあライナー?」

ゴリラ「ウホ」

ライナー「お前が返事するんじゃねえ!」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:10:24.92 ID:HMsfxBb00

エレン「な、なんだよ急に大声出して……」

ゴリラ「ウホ……」ビクビク

コニー「ほれみろ!ライナーが怯えてるじゃねえか!」

マルコ「ライナー……今のは君が悪いよ」

ライナー「どういうことなんだ!」

ベルトルト「ライナー……興奮しないでくれ……ライナーが怯えちゃうから」

ライナー「ベルトルト!お前までなんだ!!」

一同「」ビクッ



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:13:01.31 ID:nOPgEtrW0

ライナーが来てからがメインだったとは。



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:13:25.73 ID:HMsfxBb00

ライナー「ライナーは俺だろうが!何でここにいるゴリラがライナーになるんだ!」

ゴリラ「ウ、ウホホ……」スッ

ライナー「触んじゃねえ!」バシッ

エレン「おいライナー!」

アルミン「流石に今のは酷いよ!」

マルコ「ライナーに謝るんだライナー!」

ジャン「どうしたライナー!お前なんかおかしいぞ!」

ライナー「おかしいのはお前らの方だろうが!」

ベルトルト「ライナー……」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:17:20.22 ID:HMsfxBb00

ライナー「訳が分からねえ……!」

コニー「訳が分からねえのはこっちだってんだよ!」

ジャン「急に大声出しやがって……一体どうしちまったんだよライナー!」

エレン「俺達の知ってるライナーはそんなヤツじゃなかったろ!」

ゴリラ「ウホ……」

アルミン「大丈夫かいライナー……怯えなくていいんだよ……」

ライナー「だから!そいつに向かってライナーって呼びかけるのはやめろ!」

マルコ「ライナー!とにかく落ち着いてくれ!」

ベルトルト「そうだよライナー!今はライナーをどうするか考えなくちゃいけないんだ!」

ライナー「だからあああああああああ!!!!」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:20:18.67 ID:HMsfxBb00

ライナー「くっそおお!!」シャキーン

マルコ「ライナー!?そのブレードをどうするつもりなんだ!?」

ライナー「そのゴリラをブッ殺す!うなじを削ぎ落してやる!」

エレン「落ち着いてくれライナー!」

ゴリラ「ウ、ウホ……」

アルミン「大丈夫だからねライナー……落ち着いて……」

ライナー「そいつはライナーじゃねえ!ライナーは俺だああああ!!!」バッ!

ジャン「おいやめろライナー!」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:21:41.65 ID:+Oh5+XdN0

ライナーがメンヘライナーになってしまった



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:23:25.38 ID:HMsfxBb00

ライナー「食らえええええ!!!」バッ!

ゴリラ「ウッホホー!!」バシィッ!

ジャン「!?」

ベルトルト「ライナーのブレードをライナーが受け止めた!」

エレン「流石ライナーだぜ!」

ゴリラ「ウホホ……!ウホッ!」グググ

ライナー「うおおお……!すげえ力だ……!」グググ

ベルトルト「ライナー!もうやめてくれ!」

コニー「そうだぜライナー!それにライナーも!」

ライナー「ややこしいんだよ!!」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:25:40.40 ID:HMsfxBb00

ゴリラ「ウホ……!」グググ

ライナー「っく……!このゴリラめえ……!」グググ

アルミン「ライナー!もうやめてよお!」

マルコ「一体どうしたっていうんだライナー!」

ライナー「どうもこうもあるかあ!!」

エレン「ライナー!もうやめろ!俺達はライナーのことを元に戻してやりたいだけなんだ!」

ライナー「俺はここにいるだろうが!」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:29:13.69 ID:HMsfxBb00

コニー「見損なったぜライナー!何で俺達がライナーを戻すのを邪魔するんだ!」

ジャン「そうだぜ!俺達はライナーを助けてやりてえだけなんだ!」

ゴリラ「ウホホ……!」グググ

ライナー「くそがあ……!!」グググ

エレン「ライナー!いい加減にしろよ!俺もキレるぞ!」

ライナー(なんなんだ一体……!もうあいつらがおかしいのか俺がおかしいのかわからなくなってきた……!)

ライナー(なんだってこんな事に……!俺は……俺はライナー・ブラウンだ!)

ライナー(104期の兵士であり戦士で……!)

ライナー(戦士……?)



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:32:30.02 ID:HMsfxBb00

ライナー(戦士ってなんだ……?)

ライナー(俺は……俺は兵士で……いや)

ライナー(そもそも俺は一体何なんだ……?兵士……戦士……もうわからねえ)

ベルトルト「ライナー!」

ライナー(ああ……ベルトルト……俺は……お前やアニと一緒に故郷に……)

ライナー(いや……故郷ってどこだ……?俺は……俺は誰だ……?)

ゴリラ「……ウホ」グニャアアア

ライナー(なんだ……!?ゴリラの顔が歪んで……)

鎧「ウホ……」ニヤリ

ライナー「鎧の……巨人……!」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:34:45.20 ID:HMsfxBb00

ライナー「うわああああああ!!!!!」ガバッ

ライナー「はぁ……はぁ……」

チュンチュン

ライナー「朝……」

ライナー「夢……だったのか……?」

エレン「なんだようっせえなあ……朝っぱらから……起きちゃっただろうが……」

ライナー「エ、エレン!」ガバッ

エレン「な、なんだよライナー……」

ライナー「俺は……俺はライナー・ブラウンだよな!?」

エレン「はあ……?」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:37:24.98 ID:HMsfxBb00

ライナー「俺はライナーだよな!?あの鎧の……いや、あのゴリラはライナーなんかじゃねえよな!?」

エレン「何いってんだお前……」

ライナー「答えてくれエレン!俺はライナーだよな!?」

エレン「……当たり前だろ」

エレン「お前はライナー・ブラウンで、104期の訓練兵で、俺達の仲間だよ」

ライナー「エレン……」

エレン「っていうかゴリラってなんだよ……変な夢でも見たのか?」

ライナー「夢……」

ライナー「ああ……最高の悪夢だったぜ……」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:41:50.51 ID:HMsfxBb00

コニー「んだよお……うるせえなあ……」

ジャン「クソが……今日はせっかくの休暇なんだぞ……ゆっくり寝かせろよ……」

ライナー「コ、コニー!ジャン!」ガバッ

コニー「お、おう……なんだよ……きもちわりいな……」

ジャン「距離がちけえよライナー……」

ライナー「俺は……俺は誰だ?」

コニー「は……?」

ジャン「何いってんだ……?」

ライナー「俺がライナーだよな?あのゴリラは違うよな?」

コニー「……意味が分からん」

ジャン「少なくともお前の見た目はゴリラだよ……お前みたいなのが何人もいてたまるか」

ライナー「そう……だよな」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:47:05.66 ID:HMsfxBb00

ライナー「は……はは」

マルコ「なんだいこんな朝早くから……」

アルミン「ううん……?エレン……?ライナーはどうしたの……?」

エレン「怖い夢みたんだとさ」

アルミン「怖い夢ぇ……?」

ベルトルト「……」

ライナー「ははは……そうだよな……俺はライナー・ブラウンだ……」

ライナー「104期の兵士で……お前らの仲間だ……」ポロポロ

エレン「うわ!何泣いてんだよライナー!そんなに怖かったのか?」

ライナー「ああ……怖かった……怖かったんだ……」ポロポロ

エレン「……まあ落ち着けって……な?」ナデナデ

ライナー「ははは……情けねえ……情けねえな……俺は」ポロポロ


おわり



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:51:53.94 ID:HMsfxBb00

メンヘライナーが書きたかった。支援くれた人たちありがとー



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 01:56:01.59 ID:ap7HE/En0

見事なまでに女子が一人もいないssだったな乙



 
進撃!巨人中学校(1) (少年マガジンコミックス)



他のSSも読む
アルミン「ねえ、エレン。もし僕が女の子だったらどうする?」
エレン「サシャと付き合うことになった」
サシャ「食べ物の怨みは恐ろしいんですよ?」
アルミン「クリスタの下着が盗まれた?」
エレン「クリスタって小さくて可愛いよな」
エレン「なんだこの犬?」



新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】 (カドカワコミックス・エース)
ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)
ブリキ『僕は友達が少ない』画集 初回限定版
けいおん! highschool (まんがタイムKRコミックス)
機動戦士ガンダム サンダーボルト 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)