転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379962343/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 03:52:23 ID:oeSGYZHj0

ミサト「初めまして渚君、あなたが新しいパイロットね」

カヲル「初めまして」

ミサト(経歴等全て不明。そしてこのタイミングでの登用……)

カヲル(どうやら疑われているようだね。仕方ない)

カヲル「でやっ!」

ミサト「え?」

カヲル「イケメンビーーーム!」シュバババババ

ミサト「んほおおおおおおおおおおおっっ!! イケメンしゅごいいいいい!!!」

カヲル「僕から監視を外してくれますか?葛城さん」

ミサト「はひぃ、もひろんれふぅ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 03:54:43 ID:hpjCc1W90

描写一切なしでこのホモ臭さ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 03:55:42 ID:aq2c55mj0

どこからビームが出たのかだけが気になる



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:02:10 ID:oeSGYZHj0

カヲル「で、この子が弐号機の本来のパイロットなんだね」

ミサト「……アスカは今、昏睡状態なのよ。どうするつもり?」

カヲル「……」

ミサト「あっ。ち、違うのよ文句があるわけじゃなくてただ知りたいだけで」

カヲル「ここまで案内ご苦労だったね。褒美をあげるよ」

カヲル「イケメン流し目!!」キラン

ミサト「あっへええええええええええ」バタン

カヲル「気絶したか。さて……」

アスカ「……」

カヲル「このリリンの精神にアクセスさせてもらうとしよう」



幼女アスカ「ママ…ママぁ……ぐすん」

カヲル「やあ。こんにちは」

幼女アスカ「……お兄ちゃん誰?なんでここにいるの?」

カヲル「なぜ?イケメンだからさ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:10:17 ID:oeSGYZHj0

カヲル「君にはここから出て、僕に協力して欲しい」

幼女アスカ「やだ!私、ここでママを探すんだもん!」

カヲル「もうママは必要ないよ。僕がいるからね」

幼女アスカ「ドッキンコ!」

カヲル「イケメンフラッシュ!!」ペカー

幼女アスカ「あああんらめええええへええええええッッ!!!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:18:36 ID:oeSGYZHj0

アスカ「……!」ガクガクガク

カヲル(刺激が強すぎて別の意味で意識が飛んでいる……起きるまで少しかかりそうだ)

カヲル(ネルフ本部の様子でもうかがってこよう)

スタスタ

女性職員「それでね、副司令の足がぷるぷるしててー」

女性職員「えーホントにー?」

マヤ「ふふ」

カヲル(ここは休憩所かな。僕も水分を……しまった財布がない!?)

カヲル「すみません。缶ジュースをおごってもらえませんか」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:23:58 ID:oeSGYZHj0

マヤ「え?」

カヲル「120円、いただきたいんです」

マヤ「いやあの……知らない人に突然そんなこと言われても」

カヲル「ダメなのかい?」

女性職員「当たり前でしょ」

カヲル「……」

マヤ「……」

カヲル「今だ! イケメンセクシーボィス!! 『僕にジュース買って欲しいな』」

マヤ「ぎゃひぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーんんんんんんん!!!!」

女性職員「イグぅぅぅぅぅぅぅぅっぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっぅっぅぅぅぅぅぅぅぅっぅぅぅ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:29:45 ID:oeSGYZHj0

カヲル「んく、んく。ふぅ、やはり缶ジュースは炭酸だね」

レイ「……」

カヲル「あれは……綾波レイ」

レイ「?……あなた誰」

カヲル「僕は渚カヲル。君と同じ、仕組まれた子供さ」

レイ「……」

カヲル「君は僕と同じだね」

レイ「さっきも言ったわ」

カヲル「美系同士だって意味だよ。そして瞳も赤い」

レイ「…………私はあなたとは違う。ビームなんて出さないもの」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:32:13 ID:oeSGYZHj0

カヲル「そう……見ていたんだね。僕のイケビーを」

レイ「ええ。このことは碇司令に報告するわ」

カヲル「それは困るな」

カヲル「しょうがない、君にもあげよう―――イケメンビーィム!!!」シュバババババ

レイ「……」ヒョイ

カヲル「避けた!?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:38:26 ID:oeSGYZHj0

レイ「来ると分かっていれば避けるのは難しくないわ。こんなの」

カヲル「くっ……さすがだね綾波レイ。なら、イケメン流し目!」キラリン

レイ「……」

カヲル(目をつむって……ッ!)

レイ「こうして瞼を閉じていれば、あなたのその技は無効にできる」

カヲル「なるほど。イケメンビーム」シュバババババ

レイ「おっほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉイケメンさいこおおおおおお!!!!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:43:00 ID:oeSGYZHj0

数時間後

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

タッタッタ

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

タッタッタ
バタン!

シンジ「ミサトさん! アスカが意識を取り戻したって…………え?」

アスカ「はいカヲルお兄ちゃん、あーんして」

シンジ「ア、アス、カ??」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:44:04 ID:xmHy0aaq0

レイやられたwwwwww



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:47:38 ID:oeSGYZHj0

ミサト「渚くぅん、こっち向いてぇ」

リツコ「私にももっと、視線ちょうだい……あなたのイケてる面をもっと見たいの……」

マヤ「はいジュース! また買ってきたわ!」

女性職員「コーヒーは!? コーヒーも飲まない?」

レイ「はふぅ……イケメン……」

アスカ「お兄ちゃーん」

シンジ「…………なんだこれ」

カヲル「ふっ。ようやく会えたね、碇シンジ君」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:51:06 ID:oeSGYZHj0

シンジ「き、君は?」

カヲル「僕の名前は渚カヲル。見ての通り、怪しいところなどなにもないイケメンだよ」

シンジ「あ。うん。えっと?」

カヲル「知っているかい?真のイケメン力は男性相手にも通じるんだ」

カヲル「そう、こんな風に―――イケメンスーパーギガライトニングッッッ!!!!!」ビビビビビビッッ

シンジ「ふぁっ!? あっ、あっ、あぁんっ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:55:19 ID:oeSGYZHj0

シンジ「あ……」トロン

カヲル「ふふ」

シンジ「な、渚、君」

カヲル「カヲルでいいよ」

シンジ「カヲル君って、とってもカッコいいね ///」ニコッ

カヲル「んっふぉぉぉぉォォォぉおぉぉあああっへえええああああああああああ!!!! しんじきゅううううううううううううううううううううんのスマイルまじ天使ぃぃぃっぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!」ビクビクビクドピュピュピュ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 04:56:00 ID:xmHy0aaq0

お前がやられてどうするwww



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 05:00:29 ID:oeSGYZHj0

シンジ「わっ。カヲル君、ちょっとカヲル君!??」

カヲル「あへ……はへ……」ピクピク

ミサト「すっ、スゴい!」

リツコ「あのイケメンを一撃で!?」

アスカ「さすが無敵のシンジ様……」

レイ「ええ。サイキョーだわ」

女性職員「サイキョー!!サイキョー!!」

シンジ「……」

「「「サイキョー!!サイキョー!!サイキョー!!」」」

シンジ「結局なにやってんの?みんなして」

アスカ「ああん、シンジさまぁ!」



こうしてカヲル君は性転換目指して海外に渡り、シンちゃんのハーレムが築かれた



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 05:01:01 ID:vc4g6iWE0

おめでとう



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 05:01:50 ID:jzENZ90o0

めでたいな







他のおすすめSS