転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385867085/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:04:45.95 ID:uqxtfcOw0

なぎさ「マミも変なことを聞きますね」

さやか「よりによってチーズと比べるかね」

杏子「自意識過剰なんじゃないか?」

ほむら「そうね。自分がチーズと同列だとでも思ってたのかしら」

まどか「さすがにそれは無理があるよマミさん」

なぎさ「困ったさんですねマミは」

マミ「うぅ…」グス



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:09:42.18 ID:uqxtfcOw0

ーーーーーーー

マミ「はっ!」

マミ「なんだ夢か」

マミ「……」

マミ「嫌な夢だったわね」

マミ「……」

マミ「チーズか…」

マミ「……」

マミ「今日はピザにしましょ!」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:17:33.34 ID:uqxtfcOw0

マミ「なぎさちゃんピザおいしい?」

なぎさ「はい!マミのつくるピザは最高です!」

マミ「そう。よかった」

マミ「ところでね、なぎさちゃん」

なぎさ「はい?」

マミ「チーズと私、どっちが好き?」

なぎさ「チーズ!」



6 : 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15) 2013/12/01(日) 12:20:27.00 ID:OD7q3sTj0

マミさんおわた



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:24:27.87 ID:uqxtfcOw0

マミ「やっぱりチーズなのね…」

なぎさ「マミもおかしなこと聞きますね」

なぎさ「そんなの比べるまでもないです」

なぎさ「マミに勝てるのはチーズぐらいなのです」

マミ「え?」

なぎさ「チーズ以外ならどんな相手にもマミは負けないです!」

なぎさ「なぎさが保証します!」

マミ「なぎさちゃん…」

マミ「ありがとう…」

なぎさ「えへへ」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:29:05.26 ID:uqxtfcOw0

マミ「なんてことが昨日あったのよ」ウフフ

さやか「へ、へー」

さやか「だから今日はご機嫌なんですね」

マミ「そうなの!わかる!」

さやか「ええまぁ」

さやか(そのうかれっぷりを見れば)

マミ「私に勝てるのはチーズくらいだって」

マミ「嬉しくなっちゃうわね」

さやか「あはは…」

さやか(…嬉しいのかそれ?)



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:33:16.14 ID:uqxtfcOw0

杏子「嬉しいのかそれ?」

マミ「え?」

杏子「だってさーそれって結局チーズには勝てないってことじゃん」

さやか(杏子!?そんなはっきり言ったらダメだろ)

マミ「で、でも」

杏子「そもそもさー」

杏子「食い物と比べられて負けるってどうなのさ」

マミ「うぅ…」グス



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:39:35.31 ID:1KnP4OY90

あんこちゃんェ…



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:40:33.79 ID:uqxtfcOw0

さやか「ああ泣かないでマミさん!」

さやか「ちょっと杏子あんた無神経すぎ!」

杏子「えーだってチーズだぜ?」

さやか「チーズでもなんでも!」

さやか「そりゃ私だって小学生相手にチーズと張り合うってのはどうかと思うよ」

さやか「大丈夫かなこの人って思ったりもしたけどさ、それを口にしたらダメなんだよ!」

マミ「うぅ…」グスグス



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:46:31.28 ID:uqxtfcOw0

杏子「わかったよ悪かったなマミ」

杏子「たしかにあたしたち魔法少女のなかでもチーズと張り合える存在はマミくらいなもんだ」

マミ「佐倉さん…」

さやか「そうだよ!そんなすごいことできるのマミさんだけだよ!」

マミ「美樹さん…ありがとう」

さやか(同じ黄色だしね)



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 12:56:29.90 ID:uqxtfcOw0

マミ「なんてことが一昨日あったの」

ほむら「そう」

ほむら(これは下手に本音をいうとまずいわね)

マミ「もうチーズに負けないくらい魔獣をばりばり倒しちゃうんだから」

ほむら「そう」

ほむら(チーズは魔獣を倒さないんじゃないかしら)

マミ「それとね他にもチーズ…」

ほむら「そう」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:05:36.84 ID:uqxtfcOw0

さやか「最近マミさんがチーズの話しかしなくなった」

杏子「口を開けばチーズチーズだもんな」

ほむら「いったいだれのせいかしらね」

さやか「とにかくなんとか対策しないと」

さやか「これじゃあマミさんがチーズ好きなキャラとして印象づいちゃうよ」

ほむら「もう手遅れな気もするけど」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:12:54.62 ID:uqxtfcOw0

ほむら「何かいい案はあるかしら?」

杏子「はーいはーい」

さやか「お、なんかあるの杏子」

杏子「チーズだからちょっとおかしな印象がついちゃうんだろ?」

杏子「だからもうちょいベクトルをずらしてさ、お菓子好きなキャラに変えればいいんじゃね?」

杏子「最初のマミの印象もだいたいそんな感じだったろ」

さやか「うーん却下」

ほむら「却下ね」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:18:12.98 ID:uqxtfcOw0

杏子「なんでさ!?」

さやか「たしかに初期のマミさんのイメージはそんな感じよ」

さやか「ただね」

ほむら「ええ。その役割はいまはあなたのものよ佐倉杏子」

杏子「あたしか!」

さやか「もう杏子=お菓子だからね」

さやか「いまさらマミさんじゃこのイメージは覆せないよ」

ほむら「そうね。あなたがお菓子を食べるのをやめるのなら話は別だけど」

杏子「それは死んでもやだ」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:32:57.82 ID:uqxtfcOw0

さやか「んーなかなか思いつかんね」

杏子「いっそのこと開き直るとか」

ほむら「というと?」

杏子「マミをチーズ好きと公言する」

杏子「そうすればマミがチーズの話をするのは当たり前って空気がでるじゃん」

杏子「マミ=チーズになってマミも幸せだろうさ」

ほむら「それはなんの問題解決にもなってないわね」

さやか「そうだよ。それに私嫌だよチーズ好きな人の後輩って目で見られるの」

さやか「私までチーズ好きな印象がついちゃうじゃん!」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:39:44.85 ID:uqxtfcOw0

杏子「なんだよもう文句ばっかいいやがって」

杏子「ならあんたたちでいい案を出してみろよ」

ほむら「そうね…」

ほむら「そもそも彼女がチーズと張り合うようになった原因はなんだったかしら?」

さやか「うーんたしか、なぎさちゃんにチーズのほうが好きって言われたとかなんとか」

ほむら「そこよ」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:43:36.78 ID:uqxtfcOw0

ほむら「この問題において巴マミに対するアプローチは対処療法でしかない」

ほむら「やはり根本から解決するために別のアプローチが必要よ」

さやか「なるほど。つまり攻めるべきはマミさんではなくあの子か」

ほむら「そういうこと」

杏子「?」

杏子「どいうことだ?」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:52:18.85 ID:uqxtfcOw0

さやか「悪いね呼び出しちゃって」

なぎさ「大丈夫なのですさやか」

なぎさ「それで用ってなんですか?」

さやか「率直に聞くとね」

さやか「チーズとマミさんならどっちが好き?」

なぎさ「うん?流行ってるですかその質問?」

さやか「まあね」

なぎさ「そんなの決まってるじゃないですか当然」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:58:25.93 ID:uqxtfcOw0

なぎさ「マミですよ」

さやか「あれ?そうなの?」

なぎさ「そうですよ」

さやか「あれー?えー?あれー?」

なぎさ「どうしたですかさやか?」

さやか「いやなんか聞いてた話と食い違ってて」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:59:03.88 ID:G94bQyEU0

おやおや?



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 13:59:37.82 ID:+ZBAA8290

マミさん食べるの?



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:04:25.76 ID:uqxtfcOw0

なぎさ「もしかしてマミから聞いたのですか?」

さやか「あはは。まあね」

さやか「でもそのときはなぎさちゃん」

なぎさ「だって…恥ずかしいじゃないですか」

なぎさ「本人を前にしていうのは」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:10:29.20 ID:uqxtfcOw0

ーーーーー

ほむら「それであの子はなんて言ってたの?」

さやか「いやーなんかそれがさー」

さやか「完全にマミさんの誤解みたい」

杏子「どういうことだ?」

さやか「つまりさ」カクカクシカジカ

さやか「らしいみたい」

ほむら「巴マミの一人相撲だったわけね」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:23:39.22 ID:uqxtfcOw0

さやか「ママを好きかって聞かれて素直に答えられない子供心みたいなもんだね」

杏子「んで結局どうするんだ?」

ほむら「そうね」

ほむら「ほっときましょう」

杏子「ほっとくのかよ!」

ほむら「問題があったなら話は違うけど」

ほむら「今回の話は小学生の話を真に受けた巴マミに問題があるわ」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:25:20.19 ID:uqxtfcOw0

日本語おかしくなった



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:25:44.28 ID:owbCEhEt0

さすがマミ親方



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:33:33.14 ID:uqxtfcOw0

ほむら「せいぜい彼女がチーズの話をし始めたら『なに勘違いしちゃってるのかしら』って心の中で笑ってやりましょ」

さやか「あんた性格悪いな」

ほむら「あなたも大概だけどね」

杏子「それならこの話はいつまで続くんだい?」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:37:16.28 ID:uqxtfcOw0

ほむら「さてね」

ほむら「なぎさが素直になるのが先か」

ほむら「巴マミが真相に気づくのが先か」

ほむら「どちらにしても当分は続きそうね」

杏子「となるとマミ=チーズキャラを解決するのはどうなる?」

さやか「…杏子、この世にはどうにも避けられないこともあるんだよ」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:46:37.73 ID:uqxtfcOw0

ーーーーー

マミ「今日はどんなチーズ料理がいいかしら?」

マミ「なぎさちゃんリクエストある?」

なぎさ「なぎさはマミが作る料理ならなんでもいいです!」

なぎさ「なぎさはマミもチーズも大好きですから!」

マミ「そう」

マミ「それなら腕によりをかけて頑張っちゃおうかしら!」







おしまい



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:47:29.28 ID:G94bQyEU0

いいマミなぎなのです



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 14:49:45.56 ID:e+FGxI9P0

乙乙



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 15:23:10.07 ID:aoVoVDqX0

劇場版は大画面でマミさんのオッパイが見れたので満足です







他のおすすめSS
ほむら「ここに縛られた杏子がいるわ」さやか「ほう」
きゅうべえ「僕と契約してスクールアイドルになってよ!」
まどか「マミさんの部屋のテーブルなんとかしてほしい」
まどか「ほむらちゃんぶん殴りたい」
マミ「『ピュエラ・マギ・カルテット』結成よ!」
まどか「ほむらちゃん、鼻うがいしようよ、ね?」
まどか「ウェヒヒ……仁美ちゃんと上条君はお盛んだね」
まどか「ウェヒヒ……パパもママもやることはやってんだね」
ほむら「早くまどかにフマキラーしないと!」
ほむら「女の子同士で仲良くするコツを教えて」杏子「はぁ?」