転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395228235/

1 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:23:56.03 ID:pJlpUS170

P「ん?」

伊織「だから、私の血がオレンジジュースになっちゃったのよ!」

やよい「うぅー……どうすればいいんでしょうか?」

P「ごめん、俺の聞き間違いかもしれない。もう一回最初から説明してくれないか」

やよい「は、はい!」






2 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:24:45.90 ID:h+sVhJxz0

やよい「伊織ちゃんとアイドル大運動会のマラソンの練習をしてたんですけど」

伊織「私が転んじゃって」

P「それで……?」

伊織「膝がすりむけちゃったのよ」

やよい「応急手当をしようと思ったら、血がオレンジジュースで……」



4 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:25:46.22 ID:h+sVhJxz0

P「うん……ん?」

伊織「私の身体から甘くて美味しい100%オレンジジュースが出てきてたのよ!」バンバン

P「ごめん、意味が分からない」

伊織「だから……私の血が、オレンジジュースになっちゃったのよ」

やよい「どうしましょう、プロデューサー」

P「俺に聞かれても……そんで、世界中から狙われてるってのは?」



6 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:26:41.95 ID:h+sVhJxz0

伊織「このメール、見て」

P「ん……なにこれ?」

伊織「『水瀬伊織の身体から血を全部吸い取って、美味しいオレンジジュースをいただく』って」

P「これは……! 世界中の名だたる美食家じゃないか……っ!!」

伊織「私、もうどうすればいいのか……」

P「なぁ、やよい……注射器が小鳥さんの机に入ってる。とってきてくれないか」

やよい「はっ、はい!」



8 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:27:30.97 ID:h+sVhJxz0

伊織「ちょっ、アンタ何をする気なの……?」

P「吸うんだよ」

伊織「はあぁ!? ちょっ、アンタねぇ!」

P「伊織、よく聞いてくれ」ガシッ

伊織「な、何よ」

P「……そこに書いてある美食家に吸われるぐらいだったら、俺が吸ってやる」



9 :はぁぁぁぁぁぁぁん 2014/03/19(水) 20:27:56.90 ID:h+sVhJxz0

伊織「いや、だからそういうことじゃなくてねぇ!」

やよい「持ってきましたっ」

P「よし、それじゃあ給湯室にある湯のみを取ってきてくれ」

やよい「はいっ」

伊織「アンタ、何リットル吸う気なの……?」



11 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:28:38.08 ID:h+sVhJxz0

P「大丈夫、死なないぐらいにいただくだけだ」

やよい「どうぞっ」

P「ありがとう、やよい」

伊織「……本当に、するの?」

P「仕方ないことなんだ……やよい、すまん。飲み比べがしたいから、これでオレンジジュースを数種類、買ってきてくれ」

やよい「分かりました……その、プロデューサー」



12 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:29:25.74 ID:h+sVhJxz0

P「ん?」

やよい「伊織ちゃんを、よろしくお願いします!」

P「……わかってるよ、絶対に伊織は守る!」

やよい「それじゃあ……行ってきますっ」

バタン



14 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:30:27.78 ID:h+sVhJxz0

伊織「……ねえ、プロデューサー」

P「どうした?」

伊織「私、本当にオレンジジュースになっちゃったのかしら」

P「……分からない、でもな……伊織?」

伊織「何よ……」



15 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:30:58.51 ID:h+sVhJxz0

P「俺は、伊織の血がオレンジジュースになっても、コーラになっても、ビールになっても好きだから」

伊織「な……っ!」

P「……処置はした。チクッとするぞ」

伊織「え、ええ……んっ」チクッ

P「…………オレンジ色だ」

伊織「や、やめ……っ」



16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 20:31:27.88 ID:kschh5MXo

いおりんの血糖値が恐ろしいことに………!!



17 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:31:28.42 ID:h+sVhJxz0

伊織「……ぁっ」

P「伊織、大丈夫か……ごめん、結構吸っちゃって」

伊織「平気よ……これぐらい、なんとも……っ」フラッ

P「伊織ッ!」

ガシッ

伊織「――あ」



18 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:32:03.72 ID:h+sVhJxz0

伊織「変態! ド変態!!」

P「ご、ごめん……」

伊織「……それで、どうなのよ?」

P「えっ……?」

伊織「美味しいの、その……オレンジジュース」



19 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:32:37.34 ID:h+sVhJxz0

P「……まだ、コップにあけてないよ」

伊織「あけなさいよ……」

P「……ああ」

伊織「……ねえ」

P「ん?」



20 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:33:18.03 ID:h+sVhJxz0

伊織「私の全部がオレンジジュースになっちゃっても……アンタは私を、プロデュースしてくれる?」

P「……ああ、もちろん」

伊織「……結構少なめなのね」

P「そりゃ、いっぱい血を抜いたら、伊織が貧血になっちゃうだろ」

伊織「……貧オレンジジュース?」

P「かもな……じゃあ、いただきます」



21 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:33:47.05 ID:h+sVhJxz0

P「……」ゴクゴク

伊織「どうなのよ……?」

P「……これは!」

ガチャ

やよい「はぁっ、はぁっ、……プロデューサー! 買ってきましたっ」

P「ありがとう、やよい……早速」



22 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:34:35.47 ID:h+sVhJxz0

P「……!」

やよい「す、すっごいスピードで飲み比べてるね……」

P「伊織、……美味しい」

伊織「はぁ……!?」

P「俺がこのジュースをプロデュースしても良いか……?」



23 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:35:20.05 ID:h+sVhJxz0

伊織「な、なによそれ……でも」

P「ん……?」

伊織「私、トップアイドルになって、飲料界のトップも狙えるの……?」

P「ああ……俺と一緒に、トップアイドルと売上トップ、目指そう!」

やよい「伊織ちゃんっ、ファイトだよっ!」

伊織「……ええ! この伊織ちゃんなら、売上トップも目指してみせるわ!」

世界各国の美食家は、「イオレンジジュース」の発売直後にメディアで味を絶賛。
そして「イオレンジジュース」は爆発的なヒットを記録し、伊織もトップアイドルになった。


第一部 おわり



24 : ◆K8xLCj98/Y 2014/03/19(水) 20:36:12.13 ID:h+sVhJxz0

 続きません。
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。
 売上の向こう側へ!




25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 20:39:01.07 ID:ENKgSOOW0

面白かったww

イオレンジジュース買ってくるわ。



26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 20:39:06.71 ID:OBKXB4JBo

いおりんのおしっこ直飲みしたい



29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 20:53:59.16 ID:JBJQzaZeo

なんで事務員の机に注射器があるんですかねぇ……







他のおすすめSS