転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421466789/l50

1 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:53:09.58 ID:ib5GztTu0

咲-Saki-の穏乃と憧の百合ssです。
あらたそのキャラ崩壊気味。ご注意を。




2 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:53:45.29 ID:ib5GztTu0

憧「じゃ、また明日ね!」バイバ~イ

穏乃「うん。また」

穏乃「……」

穏乃(憧……)




3 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:54:22.85 ID:ib5GztTu0

高鴨家

穏乃「は~~」バタン

穏乃「……憧ぉ」

穏乃「今日も最高に可愛かったー!」パタパタ

穏乃「くぅー!なんであんな可愛いんだよぉ!!」

穏乃「昔は私よりちっちゃくて、全然女っぽくなかったのに!」

穏乃「高校生になってから、日に日に可愛くなってるよね……」

穏乃「……」




4 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:55:08.96 ID:ib5GztTu0

穏乃(憧が可愛くなるにつれ、私の憧への想いも積もり積もってゆく……)

穏乃「そろそろ……限界、かな」

穏乃(これまでは、意識していても、悟られないように、気づかれないようにしてきた)

穏乃「でも」

穏乃(もう、この想いを内側に秘めておくのは、辛すぎる)

穏乃「……告白しよう。憧に」




5 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:55:50.63 ID:ib5GztTu0

穏乃「でも実際告白って、どーしたらいいんだ?」

穏乃(ただいきなり好きです!って言うのもなぁ……)

穏乃「そうだ!デートしたらいいんだ!」

穏乃「憧とデートして、デートの最後に告白しよう!」

穏乃「うぉぉ!燃えてきた!」

穏乃「そうと決まれば、メールで憧を誘うか」

穏乃「今度の日曜日、久しぶりに――」ポチポチ




6 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:56:33.45 ID:ib5GztTu0

憧「メール?」

憧「しずからだ」

憧「なになに……」

憧「しずとお出かけか~。二人きりってのもかなり久しぶりかも」

憧「おっと。返信しないとね。OK!楽しみにしてるよっと……」ポチポチ




7 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:57:19.45 ID:ib5GztTu0

穏乃「わわっ!もう返事来た!!」

穏乃「早く見ないと」ドキドキ

穏乃「ふー。断られたらどうしようかと思ったけど、よかったぁ」ホッ

穏乃「……」

穏乃「よく考えたら、私、デートって初めてだ……」

穏乃「なんか、準備とかあるのかなっ!?」

穏乃「そうだ!デートって言ったらおしゃれだよ!」

穏乃「お化粧とかはちょっとできないけど、洋服くらいなら……」

穏乃「……でも、私ジャージしか持ってないや」

穏乃「買いに行く?でも、ああいうお店って入りづらいし、私、ファッションセンスないし……」

穏乃「うーん……」




8 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:58:03.18 ID:ib5GztTu0

穏乃「そうだ!誰かに相談してみよう!」

穏乃(誰がいいかな……?)

穏乃(おしゃれな人がいいよね)

穏乃(阿知賀で一番おしゃれなのは……)

穏乃「灼さんだ!」

穏乃「あのタヌキTシャツはトレンディーでナウい感じがしたし……」

穏乃「灼さんは間違いなく、阿知賀のファッションリーダーだ!!」

穏乃「よーし!近いうちに灼さんに服選び手伝ってもらおう!」

穏乃「さっそくメールだ!」




9 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:59:14.89 ID:ib5GztTu0

灼「ん?メール」

灼「穏乃からだ……なになに、洋服選びに付きあって欲しい……?」

灼「ふふ。あの穏乃が洋服に興味を持つなんて……ひょっとして好きな人でもできたかな……?」

灼「ここは私が先輩として、おばあちゃん仕込みの超ナウなヤングにバカウケファッションを伝授してあげよ」

灼「ふふ。いいよっと」ポチポチ




10 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:00:09.48 ID:ib5GztTu0

翌日

穏乃「あ、灼さん!こんにちは!」

灼「ん。待たせちゃったね」

穏乃「いいえ、全然!」

穏乃(今日の灼さんの私服……帽子は小学一年生がかぶる黄色いのに似てる。弾けるような若さを感じるし、頭のてっぺんが黄色いってのは、どこか向日葵のような明るさを連想させる)

穏乃(シャツは幼稚園児が着るスモッグみたいだ。きっと流行のロリ系ファッションなんだろうな)

穏乃(ズボンはショッキングピンクで凄くバブリーだな……帽子、シャツと圧倒的に合わないズボンを履くことで、逆に一体感が出てる気がする……すごい高等テクニックだ!)

穏乃(こんな服が選べる灼さんって最高にセンスいいよ!)

穏乃「やっぱ灼さんって最高におしゃれですね!」

灼「そ、そう?嬉し……///」

穏乃「今日はいろいろ教えてくださいね!」

灼「努力する。さ、行こう」




11 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:00:58.85 ID:ib5GztTu0

商店街

穏乃「あ、あの、灼さん。ここ、商店街ですけど……」

灼「うん。それがどうかした?」

穏乃「い、いえ。てっきり、大阪か京都のショッピングモールに行くものだと……」

灼「あんなのはヤンキーの行くところだよ。カツアゲされちゃうよ」

穏乃「そうなんですか!?」

灼「そうだよ。それに、本当のファッション通は地元の商店街で洋服を買うんだよ。あばあちゃんが言ってたし」

穏乃「そうなんだ……勉強になるなぁ」




12 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:01:45.90 ID:ib5GztTu0

灼「それはそうと穏乃。洋服を選ぶ前に聞きたいんだけど……」

穏乃「はい」

灼「今日買った洋服、どこに着ていくの?」

穏乃「……誰にも言いません?」

灼「ん。約束する」

穏乃「じ、実は、憧とのデートに……///」

灼「もしかして、穏乃、憧のこと好きなの?」

穏乃「えぇっ!?」

灼「隠さなくていい」

穏乃「は、はい……恥ずかしながら……///」

灼「やっぱり。そうだと思ってた」

穏乃「///」

灼「上手くいくように、私も精いっぱい協力する。一緒に頑張ろ」

穏乃「は、はい!ありがとうございます!」




13 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:02:42.76 ID:ib5GztTu0

灼「まずは、シャツ選びからだね」

穏乃「はい」

灼「ここがおばあちゃんオススメのTシャツ屋さん」

穏乃「うわ~全部ヒョウ柄だ!」

灼「うん。実は昨日おばあちゃんに、若い人にオススメの洋服屋さんをいくつか教えてもらったんだ。ここはその中でも特にナウいって言ってた」

穏乃「すっげーカッコイイですよね!」

灼「うん。そう思う。それに、ヒョウ柄は穏乃のワイルドで自然的な魅力を引き出すのに一番適した柄だと思……」

穏乃「確かに!」

灼「洋服って言うのは、むやみに高いのを買うんじゃなくて、その人の魅力を引き出すものを選ぶのが一番なんだよ。だって、人間が恋するのは洋服じゃなくて、人間なんだから」

穏乃「うわ~!すっごいイイ言葉です!!メモっていいですか!?」

灼「ちょっと恥ずかしいけどいいよ。もう一回言おうか?」

穏乃「はい!お願いします!」

灼「人間が恋するのは洋服じゃなくて、人間なんだから///」ドヤァ




14 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:03:36.71 ID:ib5GztTu0

穏乃「次はズボンですか!」

灼「うん。ズボンならここの店がオススメ」

穏乃「これ、ズボンなんですか?なんか、男子が履く海パンみたいなんですが……」

灼「これはね、ステテコって言って、最近超流行なナウいアイテムなんだよ」

穏乃「へー!こんなん流行ってるんだ!」

灼「うん。もうバリバリだよ。柄はいろいろあるけど、穏乃はどれが好み?」

穏乃「あ!このUFO柄とかおしゃれですよ!」

灼「うーん。悪くないセンスだけど、洋服っていうのは、バランスなんだよ?」

穏乃「バランス?」




15 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:04:26.35 ID:ib5GztTu0

灼「そう。帽子、シャツ、上着、ズボン、靴……全部が合わさって一つになるんだよ。だから、一つ一つがおしゃれでも、それぞれが合ってないと意味ない」

穏乃「なるほど……つまり、さっき買ったヒョウ柄のタンクトップに合うズボンを見つけるわけですね」

灼「正解」

穏乃「じゃあ……このイチゴ柄とかいいじゃないですか?ほら、ヒョウって動物だし、きっとイチゴ好きですよ!」

灼「どれ、見せてごらん」

穏乃「これです師匠」

灼「うん。合格。ナイスコーデだよ」

穏乃「やたっ!合格もらったぞ!」




16 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:05:12.48 ID:ib5GztTu0

灼「さ、次は靴だよ」

穏乃「靴かー。やっぱおしゃれな革靴とかがいいのかなー」

灼「はぁー」

穏乃「どうしたんですか?灼さん。ため息なんて吐いて」

灼「さっき言ったこと、もう忘れた?」

穏乃「さっき言ったこと……あ、洋服はバランス?」

灼「そ。シャツがヒョウ柄で、ズボンがイチゴ柄。それって結構気合入ってるよね?」

穏乃「そりゃあそうですよ!なにせデートですし!だからこうして靴も気合を入れて革靴に……」

灼「その発想がダメ。まるで初心者」

穏乃「え……」




17 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:06:11.99 ID:ib5GztTu0

灼「これは初心者が陥りがちなミスなんだけどね」

灼「シャツも気合入ってる。ズボンも気合入ってる。靴も気合入ってる……それじゃあ抜けてる部分が全くなくて、逆にバランスが悪くなる」

穏乃「あ、そうか……」

灼「そう。だから、一つくらいは軽めで気の抜けたアイテムが必要」

穏乃「なるほど……」

灼「だから、靴はここで買うといいよ」

穏乃「100円ショップ……!」

灼「ほら。これなんていいよ。トイレとかに置いてあるスリッパ」

穏乃「あ、確かに、これなら少し気の抜けた印象がありますね!」

灼「うん。人間、ゆとりってとっても大切だよ。それはファッションにおいても同じ。余裕と少しの遊び心が人の人生を豊かにするんだよ」ドヤァ

穏乃「かっこいいなぁ……」




18 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:07:09.40 ID:ib5GztTu0

穏乃「これでだいたいそろったかなぁ」

灼「うん。いい感じ。でも、あとは帽子がないね」

穏乃「そっか。じゃあ買に行かないと」

灼「ううん。その必要はないよ」

穏乃「へ……?」

灼「これ、あげる」

穏乃「これ、灼さんの……」

灼「うん。お揃いの帽子。似合ってるよ」

穏乃「いいんですか!?」

灼「うん。弟子へのささやかなはなむけだよ」

穏乃「灼さん……っ」

灼「今の穏乃なら、絶対に憧を落とせるよ。自信もって」

穏乃「はいっ!ありがとうございます!絶対!絶対最高のデートにして見せます!!」




19 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:07:53.68 ID:ib5GztTu0

灼「そうだ。穏乃さえよければ、私がオススメのデートスポット教えてあげようか?」

穏乃「え!?いいんですか?」

灼「うん。おばあちゃんが若いときにおばあちゃんとデートした所らしいんだけど、オススメがあるよ」

穏乃「おー。いいですね!」

灼「まずは……」




20 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:08:58.23 ID:ib5GztTu0

日曜日

穏乃「憧~!おまたせ~!」

憧「もー。しずったら遅いわよ!自分で誘っといて遅刻って――!!」

穏乃「着替えに戸惑っちゃって……」

憧(え!?え!?)

穏乃「いや~遅れてごめんね?」

憧(しずの服……圧倒的におかしい!)

憧(まず、ヒョウ柄のタンクトップ。明らかに大阪のおばちゃんみたいだし……)

憧(そして、イチゴ柄のパンツは上と絶望的なほど合ってない。てかあれ何?ステテコ?ステテコってふつう部屋着だよね?)

憧(そして靴。トイレ使った後、靴に履き替えるの忘れてそのまま出かけたみたい……)

憧(極め付けには小学一年生がかぶってるみたいな帽子。これが一番酷い)




21 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:09:49.84 ID:ib5GztTu0

穏乃「憧?どうしたの?ハトが豆鉄砲くらったみたいな顔して」

憧「え!?いや、なんでもないわよ?」

憧(つっこんじゃいけないことかもしれないし……)

穏乃「そう?じゃあ行こっか」

憧「う、うん」

憧(もしかして何かの罰ゲームなのかな?地味に気になるわね)




22 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:10:28.52 ID:ib5GztTu0

憧「それはそうと今日はどこ行く予定なの?」

穏乃「まずは興福寺の国宝館行こう!」

憧「え」

穏乃「阿修羅像があるんだって!」

憧「え」




23 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:11:23.09 ID:ib5GztTu0

穏乃「うわ~でっかいな~それに金ピカ!」

憧(あ、あれ?どうして女子高生二人で仏像見学?)

穏乃「腕全部で100本くらいあるんじゃない?」

憧「う、うん」

穏乃「なんか、心が洗われるな」

憧「そ、そうねー」




24 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:11:59.96 ID:ib5GztTu0

穏乃「次は鹿にエサやろう!」

憧「えー。鹿に舐められたりしたら服汚れちゃうからヤダー」

穏乃「憧。人間が恋するのは服じゃなくて人間なんだよ。だからそんなこと言っちゃダメだよ!」

憧「え?どういうこと?あ!ちょっと引っ張らないでよー」

穏乃「いいからいいから」




25 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:12:42.30 ID:ib5GztTu0

憧「うわー。やっぱり汚れちゃったじゃん」

穏乃「でも鹿可愛かったな!」

憧「そうかなぁ……」

穏乃「そうだよ!最後は温泉行こう!温泉!」

憧「まー、鹿臭いニオイ落としたいし、いいけど」




26 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:13:29.67 ID:ib5GztTu0

憧「ふー気持ちいい」

穏乃(憧の裸……)ゴクリ

憧「そーいえばさー」

穏乃「んー?」

憧「今日はどうしたの?急に二人で遊びたいなんて言ってさ」

穏乃「……うん」

憧「……」

穏乃「実は、さ……憧にどうしても伝えたいことがあるんだよ」

憧「伝えたいこと?」

穏乃「うん。でも、ここじゃあれだからさ、帰りに言うよ」

憧「うん」

憧(なんだろう……?)




27 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:14:28.48 ID:ib5GztTu0

帰り道

穏乃「ちょっと、座ろうか」

憧「……うん」

穏乃「今日はさ、一緒に出掛けてくれてありがとな」

憧「うん。ちょっといろいろアレだったけど、楽しかったわよ」

憧(服装に始まり、行く場所もめちゃくちゃだったけど、しずと二人ってのはやっぱ楽しいものよね)

穏乃「……うん」

憧「それで、話したいことってなぁに?」

穏乃「う、うん」




28 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:15:09.48 ID:ib5GztTu0

穏乃(いざ伝えるとなると、緊張するな)

穏乃(いや。勇気を持て私!今日はファッションもデートも完璧だったんだ!)

穏乃(失敗するわけがない!)

穏乃「あの、さ」

憧「うん?」

穏乃「私たちさ、小さいときからずっと親友で、きっとこれからもそうなんだろうなって……」

憧「うん。ずっと親友だよ」

穏乃「でも私、それじゃイヤなんだ!」

穏乃「憧ともっと親しくなりたい!」

憧「!!」




29 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:16:28.67 ID:ib5GztTu0

穏乃「だからさ、憧、私と付き合ってください!!」

憧「え?えぇぇぇぇっぇぇええぇ!?」

憧「え!?え!?しず……今、なんて……?」

穏乃「わ、私の恋人になって欲しい!」

憧(うわわわわわぁ!聞き間違いじゃなかった!)

憧(これ、告白だよね?私、しずから告白されてるんだよね??)

憧(これまで何人かに告白されたことはあったけど、どれもいまいちピンと来なくて全部断ってたけど、こんなにドキドキしたのは初めてかも……///)

憧「って!ちょっと待って!私としずは女の子同士じゃない!」

穏乃「う、うん……ダメ、かな?」

憧「ダメっていうか……女の子同士だし……」

穏乃「私は、そんなことに関係なく憧が好きなんだよ!」

憧「///」

憧(やばい、やばい、ドキドキする///)

憧(恋愛とかそういうのに無縁そうなしずのクセに、なんでこんなに///)

憧「わ、私も……」

憧(だめ……このままだと流されちゃう……)

憧「ちょっと、少しだけでいいから、考える時間が、欲しい、かも……///」

穏乃「……」

穏乃「……うん。わかった」




30 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:17:22.36 ID:ib5GztTu0

高鴨家

穏乃「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!遂に告白しちゃったよぉ!!」

穏乃「しかも保留って!これ、どうなんだ!?」

穏乃「どーなんるんだよぉ!」

穏乃「憧ぉ……」




31 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:18:09.16 ID:ib5GztTu0

新子家

憧(まさかしずに告白されるなんて……)

憧「~~~~!!///」

憧(もう……どうしたらいいのよ……///)

憧(そりゃあ、しずのことは好き。でも、それは親友として)

憧(たまに、しずが男の子だったらよかったなぁとか思うことはあるけど///)

憧(でも、しずはやっぱり女の子だし……)

憧「も~!どうしたらいいのよぉ!」

憧「……そうだ」

憧(誰かに相談してみよう)

憧(誰がいいかな)

憧(あ、あの人なら……)




32 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:18:49.17 ID:ib5GztTu0

翌日

灼「憧、相談って何?」

憧「……うん」

憧「誰にも言わないでね?」

灼「約束する」

憧「実はさ、昨日、しずに告白されたんだ」

灼「そっか」

憧「驚かないのね」

灼「まぁね」




33 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:19:21.54 ID:ib5GztTu0

灼「それで、なんて答えたの?」

憧「それがさー、びっくりしちゃって保留にしちゃった……」

灼「保留……」

憧「それで、どうしたらいいか灼さんに相談に来たの」

灼「憧はどうしたいの?」

憧「……」




34 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:20:30.93 ID:ib5GztTu0

憧「私さ、正直、女の子同士の恋愛なんてよく分からないし、考えたこともなかった」

憧「だってさ、私って自分で言うのもあれだけど、結構頭もいいし、見た目だって悪くない。だから、将来は高学歴で高収入で高身長のイケメンと結婚するんだと思ってた」

灼「……」

憧「なのにさ、なんて言うか、しずって真逆のタイプじゃん?頭は悪くはないけど、成績は悪いし、たぶん稼げるタイプでもない。背も低いし……それに、何より女の子だし」

灼「そうだね」

憧「それなのに……なんでかなぁ。なんで、こんな気持ちに……」

灼「……」

灼「憧」

憧「なに?」

灼「人間が恋するのは、洋服じゃなくて、人間なんだよ」

憧(どこかで聞いたセリフね……)

憧「どういうこと?」




35 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:21:24.45 ID:ib5GztTu0

灼「高学歴とか高収入とか高身長とか、それと、男とか女とか……それって、表面上の情報であって、いわば洋服なんだよ」

憧「……」

灼「きっと、憧は穏乃の、洋服じゃなくて、もっと本当の部分を見ているんじゃないかな」

憧「……」

灼「きっと、憧自身も気づかないような、表面だけでは表せないような、そんな部分を」

憧(確かに、灼さんの言うことはなんとなくわかる)

憧(しずがどんなにダサい服装で来ても、ジジ臭い場所に連れて行かれても、そんなことは関係なく、やっぱりしずと二人は楽しかった)

憧(もしかして、やっぱり私ってしずのこと……)

灼「それに、ずっと考えてた」

憧「?」




36 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:22:14.28 ID:ib5GztTu0

灼「どうして憧が穏乃以外で一番親しい玄や、最年長の宥さんじゃなくて、部内でも一番接点のない私に相談したのか」

憧「……」

灼「後押しして欲しかったからでしょ」

憧「……」

灼「憧は知ってるもんね。私がハルちゃんのことが好きで、女の子同士の恋愛にネガティブな感情を持ってないことを」

憧「……」

灼「憧自身が気づいてるかどうかは分からない。でも、きっと憧は心の底で――」

憧「灼さん!」

灼「なに?」

憧「ありがと!私、行かなくちゃいけないとこあるから、もう行くわね!」

灼「うん。頑張って」




37 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:24:11.92 ID:ib5GztTu0

高鴨家

憧「しずー!いるー!?」

穏乃「うわわっ!憧!?」

憧「おじゃまするわね」

穏乃「お、おう」ドキドキ

憧「今日は……その、この前の返事をしに来たの」

穏乃「……うん」ゴクリ

憧「私ね、正直に言うと女の子同士の恋愛ってよくわかんないんだ」

穏乃「……憧」

憧「でもね」

憧「しずと一緒に麻雀するのが一番好き、しずと一緒に食べるラーメンが一番おいしい、しずと一緒に登る山は別格だし、しずと一緒にお喋りするのが一番盛り上がる」

憧「そして……しずに告白された時が、一番ドキドキした」

穏乃「憧……」




38 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:25:18.37 ID:ib5GztTu0

憧「私はね、性別どうこうじゃなくて、しずが大好きなんだ」

憧「だから、好きな人同士が恋人になるのなら、私たちは間違いなく恋人になるべきだって……そう思ったんだよ」

穏乃「憧……っ!」

穏乃「ありがとう!私も大好き!小さいときからずっとずっと大好き!」

穏乃「憧以外考えられない!」ダキッ

憧「うわわっ。急に抱き着かないでよー///」

穏乃「いいじゃん。もう恋人同士なんだから」

憧「うん……いいけどね」

憧「しず」

穏乃「なに?」




39 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:25:49.28 ID:ib5GztTu0

憧「大好き……!」


カン



40 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 13:27:00.78 ID:ib5GztTu0

以上となります。見てくださった方、ありがとうございました。
みんなももっと穏憧ss書きませんか?
本気で待ってます。



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 13:56:06.60 ID:81wcjnKP0


あらたそかっこよすぎ(格好が良いとは言っていない)



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 14:44:59.90 ID:MTx4TDJSO

なかなかの壊れっぷりでした乙
普段の憧ならシズのファッションの由来にも速攻気付くであろうに気付かない
やはり恋は盲目か



 
冴えない彼女の育てかた (4) (ドラゴンコミックスエイジ)



他のおすすめ咲SS
衣「咲~背中流してやるぞ~」咲「えっ」
美穂子「ずっと一緒です…」
菫「私はもっと貴女の事が知りたいんだ」
淡「ふむふむ、太股かぁ」
京太郎「茶巾寿司、ですか?」美穂子「はい」
ネリー「サトハ、お金!」



花咲くいろは ねんどろいど 松前緒花 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
電波女と青春男 ねんどろいど 藤和エリオ (ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
そらのおとしものf ねんどろいど ニンフ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
To LOVEる-とらぶる- ねんどろいど 金色の闇 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
あの夏で待ってる ねんどろいど 貴月イチカ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)