転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1418385853/

1 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:04:13.50 ID:GGJoaR1e.net

ショッピングモール


凛「うーん…」

凛「どうだろう、似合うのかな…?」

凛「でも、こっちの紺色のも可愛いし…」

凛「うん…」

凛「でも、流石に可愛すぎるかな…?」


凛「うーん…迷うにゃ。」


凛「………にゃ!?」メカクシ



「だ~れだっ♪」



2 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:04:50.58 ID:GGJoaR1e.net

凛「この声は…」

凛「ことりちゃん!!」


ことり「正解で~す♪」パッ
ことり「こんにちは、凛ちゃん。」

凛「こんにちは、ことりちゃん♪」
凛「でも、びっくりしたにゃ!」

ことり「えへへ、驚かせてごめんね?」

ことり「凛ちゃんが、一生懸命悩んでるのが見えたから…」

凛「あ、うん!」
凛「実は、お洋服を見に来たんだけど…」

凛「凛が着たいのが、凛に似合ってるのか自信がなくて…」



3 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:08:56.38 ID:GGJoaR1e.net

ことり「…ちなみに、どれを選んでたの?」

凛「この、セーターなんだけど…」
凛「編み込みが、可愛いなって。」

ことり「あ、フィッシャーマンズセーターだね♪」

ことり「この編み込み、全部手作業なんだよ?」
ことり「かわいいよね~♡」

凛「うん、凛一目惚れしちゃって…」
凛「でも、この白と、紺色で迷ってて…」

ことり「凛ちゃんが欲しいのはどっち?」

凛「凛が欲しいのは白色なんだけど…」
凛「あんまり色の濃い服を持ってないから…」

ことり「うーん、確かに…」
ことり「凛ちゃんの持ってる可愛い服って、淡い色が多いもんね。」

凛「そうなんだにゃ…」



4 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:10:06.39 ID:GGJoaR1e.net

凛「それに、流石に凛にこれは可愛すぎるかなって。」
凛「…だから、諦めるよ!」

ことり「…でも、凛ちゃんは着たいんだよね?」

凛「それは…」

ことり「クスッ…ついて来て?凛ちゃん。」

凛「?」

…………………………

店内


凛「うわあ~可愛い服がいっぱい!」

ことり「えへへ、ことりもお気に入りのお店なんです♪」
ことり「凛ちゃん、外で見てるだけだったしね♪」

凛「うん、ちょっと一人だと入りづらくて…」
凛「だって、みんな可愛いんだもん。」

ことり「凛ちゃんも可愛いよ?」
ことり「そのピンクのスカート、よく似合ってる。」

凛「ほんと!?」

ことり「うん!」



5 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:17:25.29 ID:GGJoaR1e.net

ことり「と、言う事で…」
ことり「せっかくだし、凛ちゃんのコーディネートをしちゃいます♪」

凛「にゃ!?」

ことり「だって、あの服着たいんでしょ?」
ことり「なら、それに合うお洋服も合わせてみたら解決ですっ。」

凛「で、でも、凛そんなにお金もって無いよ…?」

ことり「買わなきゃ駄目な訳じゃないよ?」
ことり「でも、見てるだけじゃ似合うかどうかも分からないから。」
ことり「こうやって着てみるのが一番いいと思って♪」

凛「でも…」

ことり「凛ちゃんは、可愛くなりたい?」

凛(…)

凛「うん。」
凛「凛ね、こういう服、今まで着た事無かったし、着ても似合わないと思ってたの。」
凛「でも、かよちんや、みんなが可愛いって言ってくれて。」
凛「もっともっと、可愛くなりたいって思ったの。」



6 :名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:17:48.12 ID:DUSKa8N0.net

ことりん珍しい



7 :名無しで叶える物語(西日本)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:19:26.11 ID:11MPmc7q.net

いいですね



8 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:20:45.09 ID:GGJoaR1e.net

ことり「凛ちゃんは、ほんとに可愛いよ?」
ことり「それは、みんなも言ってる通り。私も、そうだと思う。」

凛「あ、ありがとう…///」


ことり「それじゃ、一緒に探そう?」
ことり「凛ちゃんが、もっと可愛くなれる服を!」

凛「ことりちゃん…」


凛「うんっ!!」





ことり「さて、凛ちゃんは白が着たいと言う事なので…」
ことり「色々なスカート、キュロットを用意してみました!」

凛「うわあ…すっごくカラフル…」
凛「でも、凛に似合うかな?」

ことり「もちろん♪」



10 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:26:27.50 ID:GGJoaR1e.net

ことり「これからの季節だと、やっぱりあったかい色味がいいから…」
ことり「合わせるなら、紺・緑・赤だけど…」

凛「あ!凛、赤のキュロットなら持ってる!」

ことり「本当?」

凛「あ、でも…これには合わないかな…」
凛「つるつるしてるやつだから。」

ことり「確かに、こういうのに合わせるなら、生地は分厚いのがいいかな。」
ことり「じゃあ、この緑色のは?綿だからあったかいし♪」

凛「うわあ…すっごいもふもふ。」

凛「でも、さっきのと合わせても変じゃないかな?」

ことり「うん♪」

ことり「もこもこした格好が気になるなら、セーターの下にブラウスを着ると、カバーできるよ?」


凛「えへへ、一回着てみても良いかな…?」

ことり「うん!」



11 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:27:06.23 ID:GGJoaR1e.net

シャーッ

凛「ど、どうかな…?」

ことり「とっても可愛いよ!」

凛「ほ、ほんと…?」

ことり「うん!!それじゃ、こっちも着てみて!」

凛「これ、ロングスカート…」

ことり「七分丈でまとまってるから、ブーツにも合うよ♪」

凛「うん、着てみるね!」



シャーッ

凛「ことりちゃん、どう…?」

ことり「うんうん!やっぱり凛ちゃんはなんでも似合うよ♪」

凛「ほ、褒め過ぎだよ…///」

ことり「そ、それじゃ、今度はこっち!」

凛「分かったにゃ!!」



12 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:27:17.10 ID:91q2z8ID.net

前々からことりちゃんが凛ちゃんを女の子に変身させるシチュエーションに憧れてました



13 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:31:40.77 ID:GGJoaR1e.net

………………………

ことり「あ~ん、カワイイ~♡」

凛「こ、ことりちゃん…もう、10回以上…」

ことり「今度はこれ!!」
ことり「凛ちゃん細いからこういうピチっとしたのも…♡」

凛「ことりちゃん、ストップ!!」

ことり「え…?」

ことり「あ…」

凛「い、一回休憩したいにゃ!」

ことり「凛ちゃん、ごめんね…?」

凛「ううん、ことりちゃんが真剣に考えてくれてるの分かるよ?」
凛「でも、ちょっと休憩を…」

ことり「うん…」

凛「でも、凛のためにこんなに考えてくれるの、嬉しいよ!」

ことり「凛ちゃん…」
ことり「ありがとうっ。」



14 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:33:03.16 ID:GGJoaR1e.net

凛「凛こそ、ありがとう。」
凛「なんだか、ちょっと自信ついた…かな?」

ことり「ほんと?」

凛「うん!」
凛「でも、やっぱり最初の緑のが可愛かったにゃ!」

ことり「うん♪綺麗にまとまってたし、色味も凛ちゃんに合ってたよ♪」

凛「…でも、流石に両方買うお金無いや…」
凛「仕方ないにゃ。次のお小遣いまで、スカートは諦めようっと…」シュン

ことり(…)

ことり「ことりが、作ってみようかな…?」

凛「えっ?」


ことり「普通に買うより安く仕上がると思うし…」
ことり「何より、凛ちゃんに似合うのが作れるなら頑張っちゃう♪」

凛「でも、ことりちゃんに悪いよ…」
凛「凛は、今日一緒に選んでくれただけでも嬉しいにゃ!」

ことり「ことりの事はいいの!可愛くなりたい凛ちゃんへのプレゼントですっ♪」

凛「ことりちゃん…」



16 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:36:13.84 ID:GGJoaR1e.net

凛「じゃ、じゃあ、凛も!」
凛「凛も、ことりちゃんに何かしてあげる!」

ことり「う~ん…」

凛「何でもするよ!」

ことり「…それじゃあ、凛ちゃんも一緒に作ってみる?」
ことり「凛ちゃんの意見も欲しいし…」

凛「でも凛、お裁縫とかやった事無いよ?」

ことり「そんなに難しい事はしないから。」
ことり「出来れば、凛ちゃんが気に入ってくれる服を作りたいし♪」

凛「…うん!凛、頑張ってみる!」

ことり「それじゃ、帰りに生地屋さん寄って帰ろうかな?」

凛「ねえねえ、いつからする?今日?」

ことり「凛ちゃん、張り切りすぎだよ…?」クスクス
ことり「でも、そうだなあ…」
ことり「凛ちゃんがいいなら、今日からする?」

凛「うんっ♪」

ことり「それじゃ、早速いこっか♪」



18 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:41:40.90 ID:GGJoaR1e.net

…………………………

ことりの家/夜


凛「…こんな感じ?」

ことり「うん♪そこは裏側だから、さっくりやって大丈夫。」
ことり「フェルトペンで印つけたとこに沿って重ねていってね?」

凛「はーい!」





ことり「うん、いい感じ。」
ことり「凛ちゃん、どう?」

凛「あと、ちょっと…」
凛「ここを、縫い終われば……いたっ。」プスッ

ことり「大丈夫!?」

凛「うん…ちょっと、刺しちゃっただけにゃ。」
凛「大丈夫だよ!」

ことり「でも、血が…」

ことり「…!」

ことり「えいっ。」パクッ



22 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:46:59.71 ID:GGJoaR1e.net

凛「ことりちゃん!?」

ことり「えへへ~♡」

凛「は、恥ずかしいよ…///」

ことり「だって、キレイにしないと♪」

ガサゴソ

ことり「はい、絆創膏。」
ことり「指出して?」

凛「あ、ありがとにゃ…」

ペタッ

ことり「はい、オッケーです♪」
ことり「気をつけてね?」

凛「うん…///」



ことり「それじゃ、今日はここまでにしよっか♪」
ことり「明日で完成できるから、明日また来れる?」

ことり「無理だったら、一人でするけど…」

凛「ぜ、絶対来る!!」

ことり「うん、それじゃあ待ってるね♪」



23 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:48:02.61 ID:GGJoaR1e.net

翌日


ことり「いらっしゃい、凛ちゃん♪」

凛「お邪魔します!」

ことり「昨日、凛ちゃん帰ってから少し進めたから、後は仕上げだけなんだ♪」

凛「そうなの?」
凛「それじゃ、今日は…?」

ことり「うん。せっかく凛ちゃんがいてくれてるし、試着してもらおうと思って。」
ことり「仮縫いだけしてるから、一旦着てもらっていいかな?」

ことり「サイズ調整したいし♪」

凛「分かったにゃ!」




ことり「…どうかな?」

凛「うん、ぴったり!」
凛「やっぱり、ことりちゃんってすごいね!」

ことり「そんなことないよ…」
ことり「今回は、凛ちゃんも手伝ってくれたしね?」

凛「ほとんど、ことりちゃんのお手柄だにゃ。」

ことり「えへへ、ありがとう。」
ことり「それじゃ、仕上げするね?」

凛「うんっ!!」



25 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:53:48.79 ID:GGJoaR1e.net

翌日

駅前広場


にこ「…で、できたのがそれ?」

凛「うんっ♪」

花陽「凛ちゃんったら、早速着たいってうずうずしちゃってたから♪」

凛「だって、こんなに可愛いの作ってもらえたんだよ!?」
凛「もう着るしか無いにゃ!!」

花陽「ふふっ。よかったね、凛ちゃん♪」

凛「うんっ!」

にこ「それにしても…」

凛「にゃ?」

にこ「凛とことり、姉妹みたいね。」

花陽「あ!確かに!!」

凛「え…?」



26 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:54:27.35 ID:GGJoaR1e.net

にこ「だって、仲良く二人で作業してるし…」

花陽「それに、作った服もことりちゃんらしさが出てて…」
花陽「ことりちゃんの横に並んだら、本当に姉妹みたいっ!」

凛「そ、そうかな…?」

にこ「そうね…」
にこ「アンタ達、結構お似合いだと思うわよ?」

にこ「前のファッションショーの時も言ったけど。」
にこ「一番女の子らしいのは凛だと思うわ。」
にこ「多分、ことりの作る服に、合ってるのね。」

花陽「うん♪すっごく可愛いよ、凛ちゃん!」

にこ「ま、にこも十分可愛いけどね!!」

凛「…女の子らしい、か。」

凛(…)

花陽「凛ちゃん?」

にこ「ほら、そろそろ行きましょ?」

凛「…う、うん!」

凛「さあ、いっくにゃー!!」

花陽「凛ちゃん、スカートだから走ったらだめだよぅ…」



28 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:02:11.11 ID:GGJoaR1e.net

………………………

凛の部屋


凛「えへへ、ことりちゃん、ほんとすごいなぁ~。」

凛「こんな可愛い服、凛の為に…」


『本当に姉妹みたいっ!』

『一番女の子らしいのは凛だと思うわ』


凛「…」

凛「女の子らしい、かあ…」

凛「確かに、最近の凛、女の子っぽいよね。」
凛「みんなのおかげで、こんな服も着られるようになった。」

凛「あのことりちゃんに、褒めてもらえた。」

凛「すっごく、嬉しかった。」
凛「凛も、女の子なんだって。」

凛「でも…」

凛「ううん、だから…」

凛「…」



30 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:05:46.96 ID:GGJoaR1e.net

数日後


ことり「あ、凛ちゃん!」

凛「ことりちゃん…」

ことり「どうしたの?元気ない…?」

凛「う、ううん!何でも無いにゃ!!」

ことり「そう?」

凛「うん!」
凛「ことりちゃんは、どうしたの?」

ことり「あのね、明日、良かったら出かけないかなって。」
ことり「また、凛ちゃんに似合う可愛い服選んでみたいし…」
ことり「なにより、あの服を着た凛ちゃんと、お出かけしてみたいなって♪」

凛「あ…」

ことり「だめ…かな?」

凛「ううん!」
凛「凛も、ことりちゃんとまた遊びたいなって思ってたし!」

ことり「ホント!?よかった~。」
ことり「それじゃ、また詳しい事はメールするね♪」

凛「はーい!分かったにゃ!」



31 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:11:28.27 ID:GGJoaR1e.net

凛の部屋


凛「ことりちゃん、嬉しそうだったな…」

凛「そりゃ、自分が作った服だもんね。」
凛「嬉しいにきまってるよ。」

凛「…そうだ!」

凛「明日、お出かけなんだから用意しとかないと…」

凛「ブラウスに、セーターに…」
凛「それに、ことりちゃんのくれたスカート…」

凛「うん、すっごくかわいい。」
凛「やっぱり、ことりちゃんのセンスは最高にゃ!」

凛「凛に、こんなに似合う可愛い服、作ってくれて…」


凛「可愛い、よね…?」

凛「…」

凛「可愛くて、いいのかな…?」



凛(…)



32 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:16:55.23 ID:GGJoaR1e.net

翌日


ことり「…まだ、凛ちゃん来てないかな?」

ことり(今日も、可愛い服選んであげようっと♪)

ことり「…きゃっ?」メカクシ

「だ~れだっ?」

ことり「もう、凛ちゃん…」クスクス


凛「せいかいっ!」


パッ


ことり「…あれ?」
ことり「凛ちゃん、その服…」
ことり(最初の頃の、ボーイッシュな服…)






凛「…えへへ。」



34 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:21:00.26 ID:GGJoaR1e.net

ことり「…あの服、気に入らなかった?」

凛「そ、そうじゃないの!!」

ことり「…じゃあ、どうして?」


凛「…あのね。」
凛「凛、ことりちゃんに服を選んでもらって。」
凛「可愛い服を作ってもらえて。」

凛「本当に、嬉しかったんだ。」


凛「かよちんやにこちゃんにも、褒められたんだよ?」

凛「すっごくかわいいって。」
凛「女の子っぽいって。」


凛「ことりちゃんと、姉妹みたいだ、なんて言われて…」

凛「…嬉しかった。」
凛「凛も、可愛く、女の子らしくなれたんだって。」



ことり「…」



35 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:22:32.26 ID:GGJoaR1e.net

凛「…でもね?」

凛「かよちんたちに姉妹みたいって言われて、気付いたんだ。」
凛「凛が、なりたいものに。」

ことり「なりたいもの?」

凛「うん。最初は、可愛くなりたいって思ってた。」
凛「だから、ことりちゃんに色々してもらえて、本当に嬉しかった。」

凛「それは、本当だよ?」

ことり「…うん。」

凛「みんなに可愛いって言ってもらえて。」
凛「もっと可愛くなりたかった。」
凛「…ことりちゃんみたいに。」


凛「そう、思ってたんだ…」



凛「でもね、いつからかな…」
凛「ことりちゃんを見てると。」

凛「凛は、可愛くなりたいんじゃなかったって、思ったの。」








凛「凛は、ことりちゃんに似合う人に、なりたかった。」



36 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:25:26.60 ID:GGJoaR1e.net

ことり「え…?」

凛「凛ね、確かにみんなから可愛いって言ってもらえて、嬉しかった。」
凛「でも、特にことりちゃんに言われると…」

凛「にやけちゃうくらい、嬉しい事に気付いたんだ…」

凛「だから、もっとことりちゃんに可愛いって言ってもらいたくなった。」

凛「り、凛っぽくないかもだけど…」
凛「雑誌とかも、読んでみたんだよ?」

凛「でも、読めば読むほど…」
凛「凛に似合うのか、分からなくなっちゃった。」

凛「それで、実際見たら分かるかな?って、あの日、服を見てたんだ。」

ことり「…うん。」

凛「そうやって、ことりちゃんにまた可愛いって言ってもらえて。」
凛「可愛い服、作ってもらえて。」

凛「ことりちゃんと、並んで歩いてもいいのかなって。」

ことり「そんなの…」

凛「えへへ。自分でも、なんでこう考えてたのか分かんないや。」

凛「でもね、かよちん達に言われて思った。」








凛「…どんなに可愛くなっても、凛は妹にしかなれないのかなって…」グスッ



38 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:30:05.89 ID:GGJoaR1e.net

ことり「それって…」

凛「えへへ、ごめんね?」
凛「いきなり、こんな話…」

凛「でも、そう考えたら…あの服、着れなくなっちゃって。」

凛「凛、あのね…」

凛「…」


凛「凛は、ことりちゃんが好きです。」


ことり「…」


凛「恋人になりたいなんて、言えないけど…」

凛「でも、姉妹じゃ嫌なの!」


凛「凛は…凛は…!」グスッ


ギュッ




凛「…?」



39 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:30:37.07 ID:GGJoaR1e.net

ことり「凛ちゃんの気持ちは分かりました。」
ことり「でも、ふたつ言いたい事があります。」


凛「ふたつ…?」


ことり「ひとつめ。」

ことり「凛ちゃんは、可愛いんだよ?」
ことり「だから、いっぱい可愛い服着たら良いと思う。」
ことり「可愛くなりたいって思ったのは、本当なんでしょ?」

凛「…うん。」

ことり「なら、可愛いままじゃ駄目なの?」

ことり「せっかく知った自分の可愛さを、自分で消しちゃったらもったいないよ…?」

凛「…」


ことり「それと、もうひとつ。」

ことり「私も、凛ちゃんが大好きです。」



凛「え…」



41 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:35:17.70 ID:GGJoaR1e.net

ことり「いつからだろう…?」
ことり「いつの間にか、凛ちゃんの事見てたんだ。」

ことり「いっつも元気で、楽しそうで。」
ことり「それなのに、とっても可愛くって…」


ことり「いつのまにか、好きになってた。」

ことり「大好きじゃないと、あんなに一緒にいないよ?」クスッ
ことり「大好きな凛ちゃんに、可愛い服を着せてあげたいって、あれを作ったんだ。」

ことり「だから、着てくれなかったのはちょっと寂しいな…」

凛「あ、あの…凛ね…」
凛「ことりちゃんの…」


ことり「うん、分かってる♪」
ことり「凛ちゃんは、私といたいから、可愛い服じゃ駄目だと思ったんでしょ?」

凛「…うん。」

ことり「でも、それは違うよ?」

凛「え…?」



42 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:35:47.51 ID:GGJoaR1e.net

ことり「私は、可愛い凛ちゃんの隣にいたいんだよ?」

ことり「もちろん、ボーイッシュなのも好きだけど…」
ことり「でも一番は、凛ちゃんの好きな格好でいてほしい。」


ことり「凛ちゃんが、可愛くなりたいって思うなら。」
ことり「そんな可愛い凛ちゃんと、ことりは毎日を過ごしたいです。」

ことり「だから…可愛いもの、着て良いんだよ?」
ことり「姉妹に見えたって、周りからどう思われたって。」


ことり「幸せそうな凛ちゃんの隣にいる事が、私の幸せだから。」


凛「…」グスッ

凛「凛、勘違いしてたんだね…」

凛「ことりちゃんが可愛くしてくれたのに…」


ことり「ふふっ。せっかく、良いもの作ってあげたのに~。」

凛「あ、えっと…ごめんなさいにゃ。」

ことり「いいえ、許しません♪」



43 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:39:57.08 ID:GGJoaR1e.net

ことり「いまから、凛ちゃんに似合うお洋服を探しに行きます♪」

ことり「前みたいに、10回程度じゃ済みませんよ~?」クスクス

凛「にゃっ!?」

ことり「いっちばん似合うの見つけるまで、凛ちゃんにはことりのお人形さんになってもらいます♪」

凛「そ、それは…ちょっと…」



ことり「…だから、疲れたら言ってね?」
ことり「元気で、可愛い凛ちゃんが大好きだから。」


凛「ことりちゃん…」

凛(…)

凛「うん!」
凛「もっともっと、可愛くなりたい!」
凛「それで、ことりちゃんといたい!」


ことり「…えへへ。ことりもです♪」


凛「よ~っし!そうと決まれば…いっくにゃー!!」タタタッ

ことり「そんなに、走らなくても…」クスッ

…ピタッ


ことり「…?」

クルッ

凛「凛を、可愛い女の子にしてくれて!!」
凛「凛のそばにいてくれて!!」
凛「あーりーがーとー!!!」


ことり「…」



ことり「えへへっ♡」






おわり。



49 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 23:06:21.97 ID:xrEylG26.net

ことりんありがとうございました
あなたは最高です!



54 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 23:28:29.70 ID:R9KqaWvi.net

綺麗に纏まってていいですねぇ~







他のおすすめSS
穂乃果「天使と悪魔と星空凛」 
prrr…ガチャ。穂乃果「はい、こちら和菓子屋『穂むら』ですっ!!!」 
穂乃果「これから生徒全員黒髪ロング!?」 
海未「穂乃果の元にたどり着けないっ!」 
穂乃果「μ's内合コン?」
ぶりぶりざえもん「μ's?ラブライブ?」
絵里「その花の色は海のよう」
海未「にこと」 にこ「海未」
穂乃果「真姫ちゃん ちょろいな ちゃちぃちゅちぇちょ」
雪穂「お、お姉ちゃん!?なにその格好…////」