転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428671994/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 22:19:55.03 ID:VhrU/1KD0

※SHIROBAKOのSSです。


宮森「なんですか、高梨さん…やぶからぼうに」


高梨「いやあ、高梨も一応、年頃の女なわけだし、そういう浮いた話のひとつや
二つ、ねーのかなあ、っておもって」


宮森「え、ええっとそれは……ま、まあ…えっと」


高梨「それで?どーなのよ、いないの?彼氏?」


宮森「いや、べ、別にそんな話、高梨さんに言う必要は…」


高梨「えー!?なになに、なんだって、聞こえないけどぉー?」


宮森「あーもう、わかった、わかりましたよ、いませんよそんなの!!」





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 22:24:59.36 ID:VhrU/1KD0

高梨「ああ~、やっぱりなー」


宮森「や、やっぱり、ってどういうことですかっ!」


高梨「いやあ、だって宮森って、いっつもいっつも仕事ばっかりで…
そんな彼氏なんているかんじしねーな、ってずっと思ってたのよー


なんかもう、女を捨ててるっていうか…ほら、今も徹夜明けで目のしたにクマが…」


宮森「ちょ、やめてくださいよ!っていうか、そんな話、高梨さんには関係ありませんから!!
だいたい、そういう高梨さんはどうなんですか!?」


高梨「おれ?何が?」


宮森「だから、彼女とか、いないんですか!?」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 22:32:30.98 ID:VhrU/1KD0

高梨「おれ?いや、いる予定だけど?」


宮森「いる、予定…?な、なんですかそれ?どーいう意味ですか?」


高梨「いやだからあ…俺、将来はアニメ監督になるわけじゃん?
そうなってきたら、人気声優とかと知り合うチャンスも大幅に増えてくるわけじゃん?
つまり…」


宮森「ああもう、わかりました…ようは今いなくて…単に人気声優と付き合う願望があるってことですね…聞いて損しましたよ」


高梨「って、宮森ぃ!なんだよ、願望って!願望じゃなくて、予定!ちゃんとした俺の将来設計なんだよ」


宮森「はいはい、わかりましたから、とっとと仕事してください!」




5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 22:42:45.53 ID:VhrU/1KD0

安藤「けど、宮森さんって、本当に彼氏いないんですねー、なんか意外です」


宮森「い、意外…?そ、そーかな?」


安藤「そーですよー、だってもそんなかわいいのに…」


宮森「え、ええ~?いやあ、そんなことないよ」


高梨「まあ、いまは徹夜明けでひどい顔だけどな」


宮森「高梨さんには、一言多いんです!」


佐藤「……けど、彼氏じゃないにしても、好きな人とかはいないんですか?」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 22:48:49.33 ID:VhrU/1KD0

宮森「え…?す、好きな人?」


安藤「ああ~、そ、そうですね、それ聞いてみたいです!たとえば、ムサニに勤めてる人で気になる人とか…」


宮森「え、いやあ…気になる人…?どうだろう…うーん…」


高梨「まあ宮森、残念だけど、俺は今がフリーなだけで、将来的に人気声優と」


安藤「高梨さん、今いいところなんで、ちょっと黙っててください」


高梨「あ、はい…すいません」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 22:59:37.34 ID:VhrU/1KD0

>>6 ほんとうだ、ありがとう


宮森「気になる人ねえ……うーん、やっぱりそんな人、今はいないかな~、まあ、今は仕事でいっぱいいっぱいだし、
そんなこと考える余裕、ないしね」


安藤「そ、そうですか…」


宮森「ごめんね、なんかつまんなくて、あはは…」


佐藤「い、いえ、そんな、つまんない、なんてことは


宮森「あ、けど」


佐藤「えっ、けど…、なんですか?」


宮森「矢野さんは…」


安藤「えっ!?」


宮森「矢野さんは、まあ女の先輩だけど、何回も助けられた、ホント頼りになってカッコいい先輩だと思ってるし…
ああ、将来、結婚するとしたら、こんな人がいいな、って思ったりもするかなあ~、あはは」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:03:55.96 ID:VhrU/1KD0


……………………………



安藤「…………」


佐藤「…………」


宮森「……、って、あ、あれ?ど、どうしたの?2人とも?」


高梨「はいっ!、いただきました」


宮森「え、な、なんですか、高梨さん!?いったい…?」


安藤「……そ、そんなまさか…」


佐藤「……高梨さんの言ったとおり、だったなんて…」


宮森「ええ、いやいや、なになに、どーいうこと!?」





10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:05:06.92 ID:Hu7OkxNFo

みゃーもりの彼女にしたら楽しそう感は異常



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:10:47.88 ID:VhrU/1KD0

高梨「いやいや、どうもこうもねーよ、宮森…俺はさ、実は前々からおかしいと思ってたんだよね…
年頃なのにぜんぜん、男に興味ある感じしねーし……かと思えば、あのめちゃくちゃ怖い矢野さんに懐いてるし……

用は、一芝居うってもらったのさ…!お前の本心をきくために!!」


宮森「え…いや…それいったい、どういう…?」


高梨「はあ…しらばっくれんなよ…宮森……てか、自白したじゃねーか!!お前は矢野さんが好き……

矢野さんと結婚したいってさああ!!」


宮森「え、えええ~~っ!!」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:19:24.80 ID:VhrU/1KD0

宮森「え、ちょ、ちょっと!な、何、いってるんですか!?あ、あれは、

将来、結婚する男性も、矢野さんみたいに頼りになる人だったら、って意味で、私、別にそういう意味じゃあ…!!」


高梨「いやあ、びっくりだよなあ…まさか宮森が百合だったなんて…」


宮森「いやだから違うって…!」


佐藤「だ、大丈夫です宮森さん!人それぞれですから!!」


安藤「そうです!!人それぞれいろいろな形の恋があってもいいと思います!!」


宮森「ああもう、いやだからあ!人の話を…!!」


平岡「……クレイジーサイコレズ…」ぼそっ


宮森「いたんだ平岡さん!!っていうか、なんですかそれ、どーいう意味ですか誰のことですかそれはあ!!」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:29:31.99 ID:VhrU/1KD0

バサバサバサッ…

絵麻「おいちゃん……そ、そんな…」


宮森「え、絵麻!?い、いつからそこに……あ、っていうか、せっかく描いた原画、床に落としちゃってるよ、早く拾わないと…!!」


絵麻「ご、ごめんね…おいちゃん……私、今まで、気づかなかった…おいちゃんの気持ち…」


宮森「え…」


絵麻「ぐす…ぐす…おいちゃんが…や、矢野さんのこと…す、好きだなんて……女の人が好きだなんて……
付き合い長いのに…ぜんぜん……ぜんぜん……気づかなかった……私…友達、失格だよね…ごめんね…」


宮森「いやいやいやいやいや、何ないてんの!?何で泣くの!?
だから違うって絵麻!!私そういうことじゃあ…」


高梨「いや宮森、そっとしといてやれよ、やっぱショックなんだよ」ポンッ


宮森「何、その私をなだめるみたいな感じ!?気安く肩に手を置かないでもらえますか!?」






14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:38:16.16 ID:VhrU/1KD0

りーちゃん「何々、絵麻先輩、何泣いてるんですか?いったい…」


宮森「り、りーちゃん!こ、これは…!」


絵麻「ぐす…あのね、りーちゃん…実は…かくかくしかじかで」


りーちゃん「な……そ、そんな…おい先輩…そんな……
すみません自分……なんか、そういうの疎くて……ぜんぜん、おい先輩の気持ち……気づいてあげられなかっ……ぐす…」




宮森「いやいやいやだから違うって…!え?ちょ、あ、あれえ!?
てかなんで、そんな簡単にみんな信じるの!?」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:43:06.69 ID:VhrU/1KD0

くいくいっ


宮森「って、だ、だれ!?袖をひっぱるのは…」


久乃木「っ………!!」


宮森「…え?、久乃木さん……?い、いつの間に…!?」


久乃木「っ………っっ!!」


絵麻「どうしたの…?もしかして、おいちゃんに…何かいいたいことが…?」


久乃木「っ………きっ、きっ……………………キマシッ!!」


宮森「どーいう意味なのそれぇぇ!!?」






絵麻「ど、どうしたの…?」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 23:52:57.27 ID:VhrU/1KD0

絵麻「ど、どうしたの…?りーちゃん…そんな神妙な顔して…」


りーちゃん「絵麻先輩…ごめんなさいっす!自分、うそついてたっす!
実は…確証はなかったけど……うすうす気がついてたっす!おい先輩が、実は、そっち方面の人なんじゃないかって…」


宮森「いやいやだから違うって!」


りーちゃん「それも…それも……実は高校のころから…なんとなく気づいてたっす…」


絵麻「え、そ、そうなの!?」



りーちゃん「だって…おい先輩…私たちがつくった『神仏混淆七福神』…なんか、紅一点の弁天様みてるときだけ
女の顔になってたっす!!自分、見逃さなかったっす!!おい先輩、弁天さまの映像眺めてるときだけ、女の顔だったっす!!」


絵麻「そ…そんな…そうだったなんて…」バサバサァ!


宮森「なんだその無理やりなエピソード!!っていうか絵麻、また原画落としたけど!?さっき落としたのが全部じゃなかったんだ!?
それにしたって、落としすぎじゃない!?」




17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:02:22.79 ID:RSk04oLm0

りーちゃん「けど…これで合点いったっす…高校のころ、みんなで誓った
「どんどんドーナツ、どーんと行こう!」っていうのは…

おい先輩にとっては、その、つまり、
そっち方面へのカミングアウトをどーんと行こうという…つまり、そういう誓いなわけで…」


宮森「いやだから、無理やりすぎるでしょうがあ!ぜんぜん違うから!!どう解釈したらそうなるのよ!!」


絵麻「おいちゃん……そ、そうだったんだ…そんな…」バサバサァ!!


宮森「まだ原画持ってたんだっ!いい加減拾ったら!?」


久乃木「キマシッ!!」


宮森「それはもういいからぁっ!!」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:10:33.19 ID:RSk04oLm0

井口「あれえ、えまっち?原画を持っていく、っていったきり戻ってこないとおもったら…こんなとこで何やってんの?」


小笠原「みなさん集まって…いったいなんの騒ぎですか?」


宮森「い…井口さんに小笠原さん…!い、いやこれは…」


絵麻「実は…かくかくしかじかで…」


井口「え…みゃーもり……、そ、そんな…」バサバサァ!!


宮森「信じるの早ぁ!!てかなんで、そんな必ず原画落とすの!?いいからとっとと拾ってくださいよ!!」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:17:04.18 ID:RSk04oLm0

小笠原「……、まったく…何をさわいでいるのかと思えば…みなさん、落ち着いてください。
宮森さんが困っているではありませんか…」


宮森「お、小笠原さん!!」


小笠原「宮森さん…何も気にすることはありません……人の性癖は自由…ホモだろうとレズだろうと…
関係ありません…胸をはって生きていけばいいのです」


宮森「あー、やっぱりね、まあ、わかってましたけどねぇ!!」





20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:25:17.64 ID:RSk04oLm0

興津さん「みなさん、これは何の騒ぎですか!?」


宮森「お、興津さん!!ち、違うんです、これは…!!」


絵麻「実はかくかくしかじかで…」


興津さん「なるほど、事情はわかりました。で、宮森さんはいつ矢野さんに告白するんですか?」


宮森「簡単に信じた上に新たな燃料を投下!?」


高梨「おー、そーだぜ宮森。矢野さんにはいつ告白するんだよ?」


興津さん「ちなみに矢野さんなら、そろそろ会社に戻ってくる時間ですが…」


りーちゃん「おい先輩!ここまできたら、勇気を出していっちゃいましょう!」


宮森「だからああ、そんなんじゃないんですってば!いい加減にしてください!!」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:33:19.75 ID:RSk04oLm0

矢野「ただいまー」


宮森「や、や、矢野さん!!?」


矢野「って、みゃーもり?それにみんなも…どうしたんですか、こんなに集まって?」


…………

高梨「ほら、宮森!はやくしろって!!今しかねーよ!」


井口「みゃーもり!がんばれ!」


りーちゃん「おい先輩!がんばって!!」


絵麻「おいちゃん…!!」


久乃木「き…キマシッ!!」


小笠原さん「かげながら、応援していますわ、宮森さん」


宮森「いやいやいやいや、なに言ってるんですかあ!!だから、私は、そういうのじゃあ……ほんと、違うって…!!」


…………

矢野「はああ?何なんですか?みゃーもり、いったい何があったの?どーいうこと?」


宮森「あああああ、あの、違うんです…矢野さん…こ、これは……いや…あの、わたし…そんなつもりで言ったんじゃあないのに

…そ、その…違…」


矢野「…?はあ、何よ…いったい…?」




22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:40:27.99 ID:RSk04oLm0

高梨「宮森が矢野さんのことが好きで好きでしょうがなくて、矢野さんと結婚したいみたいなんすよ」


宮森「うおおおおおおおーーーーい!!!」



安藤「た、高梨さん!?」


佐藤「な、なんで高梨さんが言っちゃうんですか!??」


高梨「いやあ、だってこいつ、じれったいんだもん。仕方ねーから、俺が、代弁したっていうか…」


佐藤「サイッテーですね…」


井口「ほんとほんと…サイテーだねサイテー」


りーちゃん「おい先輩、かわいそう…」


小笠原「万死に値する、というのはまさにこのことでしょうか…」


高梨「いやいやいやなんでなんで!なんなのよみんなして!!俺はただ、宮森の気持ちを代弁しただけで…」


宮森「代弁じゃないでしょうがああ!!だから、違うっっ!!私は…何回も言って…!!……はっ!!」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:43:33.65 ID:RSk04oLm0

矢野「……………」


宮森「いいいいいや、ち、違うんです矢野さん!!こ、これはみんなが言ってるだけで…、
わ、私はあくまでノーマルというかなんというか…、と、とにかくそういうんじゃあなくて……!!」


高梨「あ、矢野さんすいません、こいつ、恥ずかしがってるだけです」


宮森「こらああああああああ!!!」


矢野「………太郎」


高梨「え?なんすか?」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:50:52.75 ID:RSk04oLm0

ボゴォォ!!

高梨「へぶぅぅぅ!!」


矢野「つまんないこと言ってないで、とっとと仕事しろお前は!!お前のせいでどんだけ現場がおくれてると思ってんだ!!」


高梨「す、すすすいませんっ!!」


矢野「いいから、とっととやるべきことをやれ!!この忙しい時期に何考えてんだ!!」


高梨「は、はいっ!」



宮森「矢野さん………」



矢野「まったく、皆さんも、つまんないことでうちの宮森をからかうのやめてもらいますか?
しかも私のこともダシにして…よくわかんないことを……作業の進行に支障がでますんで、ホント、勘弁してください」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 00:55:41.81 ID:RSk04oLm0

井口「ま、確かにちょっとからかいすぎたかもねー、ごめんね、みゃーもり」


小笠原「矢野さんの言うとおり…少し、やりすぎてしまったかもしれません…すいません宮森さん」


絵麻「ご、ごめんねおいちゃん…わたし、そんなつもりじゃあ」


りーちゃん「な、なんだ、冗談だったんすか…すいませんおい先輩…ちょっと調子のりすぎましたっす…」


宮森「え、い、いや、いいよ…な、なんかごめんね、わたしのほうこそ…」


矢野「ほらほら、みなさん、わかったら、持ち場にもどってください!」


一同「はーい」

ぞろぞろ……


宮森「……………」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 01:16:40.48 ID:RSk04oLm0

宮森「あ、あの矢野さん…すいません…なんか、変なことにまきこんでしまって」


矢野「まったく、何がどーしてこーなった?ぜんぜん、意味わかんないんだけど?」


宮森「あ、ええっとなんというか…
…私が、矢野さんのことを頼りになる先輩だって言って…、将来、結婚するなら矢野さんみたいな人がいいな…みたいなこと
を口走ってしまったというか、いや、けど、それはそういう意味じゃなかったのに…そういう意味にとられてしまって…

そこから、みんなに変な誤解をさせたというかなんというか…」


矢野「はあ?何よそれ?なんか、あんまり日本語になってないよ、みゃーもり?」


宮森「あ、いや、けど…けど、私が矢野さんのこと頼りになる先輩、って思ってるのは、ほんとですよ!?
仕事でも何回も助けてもらったし…ほんと、いつも助けてもらってばっかりで…


矢野「…………」


宮森「あ!!ああ、け、けど!!、違うんです!そーいうんじゃあなくて!!
そう、キマシじゃないです、サイコレズでもないですよ…うんうん…はは」


矢野「あーもうわかった……みゃーもり…アンタ、徹夜明けでもう頭回ってないんでしょう?今日はもう帰ったらどーなの?」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 01:22:01.22 ID:RSk04oLm0

矢野「がんばるのもいいけどさ、分けわかんなくなるまで働いたって効率悪いし、その辺、ちゃんと自己管理しないと…
いいから、今日はもう、とっとと帰って寝なさい」


宮森「あ、は、はい…そうですね……すいません」


宮森「(あー、何やってんだろわたし…)」


矢野「(……………)」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 01:33:26.02 ID:RSk04oLm0

矢野「ま、けど、みゃーもりみたいに、とにかく一生懸命がんばる人、私は好きだけどね
そうやって、自分の好きなことに一途にがんばれるみゃーもりみたいな人さ」


宮森「え?」


矢野「……うん、私、やっぱ、みゃーもりのこと好きだな」


宮森「え……ちょ…あの…矢野…さん?」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 01:36:40.11 ID:RSk04oLm0

宮森「あ!、あ、ま、まあ…後輩の私としては、矢野さんにかわいい後輩と思われてて
そう言ってもらえるのはう、うれしいといいますか、後輩冥利につきるといいますか…なんといいますか…は、はは…」


矢野「…いやいや…みゃーもり、そういう、好き、じゃあなくってさ……わかるでしょう…?、ねえ…」


宮森「あああ、あ、あの…や、矢野さん!?」


矢野「結婚するなら、さ……私も…、みゃーもりみたいな人がいいって…もう言ってるんだよ?
ねえ、みゃーもり、私も、私もさ……!」ずいっ


宮森「あああああ、ちょ、ちょっとや、矢野さん!??」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 01:44:36.75 ID:RSk04oLm0

矢野「なーーんて、ウソにきまってんでしょ!いいから、みゃーもり、早く帰……」


久乃木「き…キマシタワぁぁぁーーーーーーー!!!!」


矢野「って、ええ!?何今の奇声!??」


高梨「…ふふふ……これで決まったな……」


矢野「って、太郎!!いつからそこに……」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 01:50:31.86 ID:RSk04oLm0

佐藤「ご、ごめんなさい、覗き見するつもりはなかったんですけど…、ほんと、すいません。
けど、よかったです…二人が両思い、ってことがわかって…」


矢野「えええ!?ちょ、ち、ちが…今のは冗談で…!!」


高梨「いやいやいや、もう完全にメスの顔してましたよ…冗談ってことはないでしょおお」


矢野「ふっざっけんな太郎、いい加減に……!!」


平岡「クレイジーサイコレズ…」


矢野「っていたんだ平岡君…!!いや、そんなことより、なんだそのセリフはああ!!!」


絵麻「……そ、そんな…相思相愛なんて……やっぱり二人は……」バサバサバサバサバサバサアアアア!!


矢野「原画原画あぁ!!床にばら撒きすぎだからああ!!いいから早く拾って!!

てかなんでさっきの面子が全員ここいんの!?なんか持ち場に戻ったみたいな描写があったと思ったけど!?」


りーちゃん「帰ったふりして覗き見してたっす」


矢野「すんな!!あほか!仕事しろぉ、ぼげぇ!」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 02:07:29.50 ID:RSk04oLm0

矢野「ああああーーーーもう!!みゃーもりも黙ってないで、なんか言いなさいよ!!……って、え?」


………………


宮森「………………………


え…?あ、あの……えっ…あ…//////」


矢野「って……な、…な…大丈夫アンタ!?…なんでアンタ顔真っ赤にしてんのよ!??」



宮森「や……あ、あの…ち、違…!!違…!ほ、ほんと、そういうんじゃ…な、ななないんですけど…!

あ、あの、ほら!あ、あんまり、人に好き、とか言われたことなかったから、な、なんかび、びっくりしたっていうか…///

そ、その…ほ、ほんと違うんですけど…け、結婚とかなんとか…や、矢野さんにい、言われてドキッとしたっていうか…

い、いや、そういうドキっとじゃあなくて!!いや…あ…あの…いやいやどきどきはしましたけど…!!

かなり…い、いやちょっと!!ちょっとだけ、ね!?

いやいや、ホントホント、ホントですマジでマジです、は…はは…」



……………


矢野「え……ちょ…あの……みゃー、みゃーもり…??」





33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 02:18:22.89 ID:RSk04oLm0

高梨「あー、だめっすわ矢野さん。こいつ完全にメスの顔に…ほげえ!!」ボゴォ!!


矢野「黙れアホかあ!!!ってか目ぇ覚ませみゃーもり!!何考えてんだあんたはああ!!」


宮森「い、いや、ちょ…ちち違うんですけど…、仕方ないじゃないですか!
だ、だって、あんな矢野さんに急にあんなこと言われたら誰だってドキッとしますもん!!」


矢野「いいから寝ろ!!アンタは!すぐ寝ろ!!アホぉ!!ホントアホ!!」


興津さん「おめでとうございます矢野さん、宮森さん。ちなみに社内の皆さんにもすでに連絡いたしましたのでご安心を。
皆さんお祝いのために、今から、ここにかけつけるそうです」


矢野「くっそ!!マジ手際よすぎて、アホかああぁぁ!!市ね!!」


久乃木「き…キマシ!!!!」


矢野「それはもういいっての!!帰れ!!早く戻って仕事しろマジで!!」


りーちゃん「おい先輩…ほんとよかったっす…こりゃあ、お付き合いを飛び越えて結婚する日も近いんじゃあ…」


矢野「んなわけないでしょうがあああ!!何考えてんだアホかぁ!」


絵麻「…け…けけけ結婚!!……お、おいちゃん!!そんな…そこまで……!!」
バサバサバサバサバサババサバサバサバサバサバサアアアア!! サアアアア!!


矢野「何枚原画持ってきてんだ、拾えとっととぉぉぉーーーーー!!」



…………


誤解は約1クール分続きましたとさ


おしまい




34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 02:19:54.22 ID:aW6ARf4kO

乙ー
白箱百合は良いものだ



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 02:20:50.46 ID:RSk04oLm0

シロバコ、久々にものすごくおもしろいアニメだったんで、SS書きました。
よかったら感想まってます。



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 09:16:13.05 ID:sZ+PVWt1o

最後まで勢いに流されるみゃーもりといちいち原画を落とす絵麻ちゃんがいい感じだったわ

関係ないけど小笠原さんてアニメで女の子には甘かったよね
男には厳しかったけど



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 16:04:54.96 ID:gno0NukL0

1ですが、コメントありがとうございました。
りーちゃんのみゃーもりへの呼び方は、普通に間違えてました。ごめんなさい次 書くことあったら気を付けます…



 
アニメスタイル006 (メディアパルムック)



他のおすすめSS
【ごちうさ】シャロ「幼馴染最後の日」
刹那「俺はエクシアと一つになる!!」
恭介「>>3が記憶喪失になった……」理樹「ええっ!?」
【幸腹グラフィティ】きりん「『今週から椎名の家に泊まります』っと送信!」ピロリン
両津「スクールアイドルフェスティバルだと?」
【のんのんびより】蛍「あれ?警察が来てる。どうしたんだろう?」



艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
figma 境界線上のホライゾン 本多・二代 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! ねんどろいど 黒木智子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
久寿川ささら アニコス黒猫Ver. (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
閃乱カグラ 柳生 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)