転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448168176/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 13:56:16.40 ID:wTpByl7q0

咲和。短いです





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:01:19.02 ID:wTpByl7q0

和「ひどい指ですね」

突然の指摘に咲はテーブルを拭く手を止め、「えっ」と顔を上げる。

咲の手を取った和は、ところどころに赤いひび割れができた青白い手を痛ましそうに見つめた。

和「咲さんの綺麗な手が…」

咲「この位、ハンドクリームをぬっとけばいいだけだよ」

和「でも…」

咲「もともと手が荒れやすい体質だし、今年に限ったことじゃないしね」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:05:38.68 ID:wTpByl7q0

和「ハンドクリームだけではしのげないから、ここまで悪化しているんでしょう」

咲「う…」

和「頻繁に家事をするようになったからじゃないんですか?」

うーん、と咲は自らの手を見下ろした。

もちろん痛いし、困ってないわけではない。

だけど手荒れが悪化するような生活環境には一切不満がないどころか、むしろ満足しているのだ。



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:09:21.29 ID:wTpByl7q0

咲「確かに手洗いの回数は増えたけどね。この程度で音を上げてたら主婦とはいえないし」

和「でも…」

咲「和ちゃんにご飯を作ってあげたり、和ちゃんの洗濯物を干したりするのが私でよかったって、たまに改めて思うの」

和「咲さん…」

咲「だからこのあかぎれはいわば、勲章みたいなものかな」

言いすぎだとは自分でも思ったけど、そう思えば指の痛みも苦には感じない。



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:10:23.36 ID:t3B+2f5GO

ゴールインしたのか



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:15:31.99 ID:wTpByl7q0

和「私としては、苦労をかけているようで複雑な心境です」

傷ついた咲の指に、綺麗な和の指が絡められる。

咲「和ちゃんだって苦労してるじゃない」

和「私ですか?」

咲「毎日朝早くから夜遅くまで仕事して、休みの日には家事を手伝ってくれて」

和「それこそ心配する必要のないことです。たくさん稼いで咲さんを養うのは私の望んだ生活ですから」

咲「だったら、私と同じじゃない」

絡めた指を、咲はぎゅっと握りしめた。



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:19:16.57 ID:wTpByl7q0

咲「幸せも苦労も分かち合うのが夫婦ってものでしょう?」

和「…そうでした」

咲の言葉に、和ははっとした表情で頷く。

和「でも、咲さんの大事な手をこのまましておくのはいただけません」

咲「まだ言ってるの…」

和「そうだ、毎日寝る前にクリームを塗ってあげましょうか」

咲「クリームくらい自分で塗れるよ」

和のことだ。

とても丁寧にあますことなく塗ってくれるだろう光景は想像にあまりあるが、

違う意味で落ち着かない気分になりそうだ。



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:23:32.82 ID:wTpByl7q0

和「本当に?毎日ちゃんと、忘れずに塗れますか?」

咲「それは…。努力するよ」

ずぼらな咲は、寝る頃には面倒くさくなってそのまま寝てしまうかもしれない。

和には当然お見通しだ。

むう、ともらした和は、やや唇をとがらせている。

和「しっかり自分でケアしてくれるなら結構ですけど、私のやることがないですね」

咲「なんでそんな不満そうなの」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:25:13.63 ID:JxZmC4TSO

イチャイチャしやがって…
いいぞ



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:28:06.19 ID:wTpByl7q0

和「何かしてあげたいっていう女心がわからないんですか」

咲「私も女なんだけど」

ゆるくほどいた指先をもてあそびながら、和は首をひねる。

和「手袋を買ってあげるというのはどうですか?せめて外出の時だけでも指をあたためた方がいいです」

咲「手袋なら持ってるよ」

和「四年も前にあげたやつじゃないですか。いい加減、新しいのに替えましょう」

咲「でも気に入ってるものだし、まだ使えるよ」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:32:03.22 ID:wTpByl7q0

あの手袋はもともと和のもので。

冬の日の夜中にマフラーも手袋もつけず突然会いに行った咲に、和が貸してくれたものだ。

返さなくていいと言われたものの、申し訳なくて。

二人で片方ずつ嵌めて、なにもつけていない方の手を繋いだりした思い出もある。

肌触りがよく、薄いわりにあたたかいため気に入ってしまい、結局は咲のものになっている。

和「私もそろそろ手袋を新調しようかと思ってたんです。せっかくの機会ですから、お揃いのを買いましょう」

お揃いという言葉には惹かれたが、単純に喜ぶこともできなくて。

むぅ、と口を曲げれば、もっともあかぎれのひどい親指の背にちゅっと口付けられた。



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:35:43.47 ID:wTpByl7q0

和「ね。咲さん」

甘えるような声音で見つめられてしまえば、咲も断りきることができない。

咲「…あんまり高いのは買わなくていいからね」

和「値段にこだわらず、素材で選べばいいですよ」

そうするとだいたい咲の中の予算がオーバーになってしまうのが常だ。

咲「私としては上等な手袋なんかより、和ちゃんが手を繋いでくれた方がよっぽどあったかいんだけどね」

弁護士の和は忙しい。

専業主婦の咲とはなかなか一緒に出かけることができないのが現状だ。

パチリと目を瞬いた和の目尻に赤みがさす。



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:38:08.36 ID:wTpByl7q0

和「そんなことを言われると、咲さんが出かけるたびに手袋がわりにどこへでも着いていきたくなります」

咲「それは困るね」

クスッと笑って、唇へと落ちてきたキスを受けとめる。



今日は一緒に買い物に行って一緒に夕飯を作ろうという和の提案に、

咲は抱きつくことで応じたのだった。


カン!



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:40:34.71 ID:wTpByl7q0

いい夫婦の日ってことで、saki界のベストカップル咲和の小話です。



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 14:53:45.75 ID:t3B+2f5GO


や咲和N1!



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 16:39:38.32 ID:EcZklzhQ0


ちょうど本誌でも咲と和がいちゃついてたな



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 17:18:12.46 ID:Xs+VcAb4O

やはり公式は良い



 
きゃらスリーブコレクションデラックス 「咲-Saki- 全国編」(No.DX002)



他のおすすめSS
穏乃「やあやあ憧ちゃん。スモークチーズはあるかい?」憧「レーズンなら…」
哩「王様ゲームでの行為は」菫「浮気ではない。ノーカン」
玄「いらっしゃいませ!」菫「ようこそ松実館へ」
久「須賀くんからチョコ貰ったんだけど」 咲・優希「「!!?」」
宥「クロちゃんあったかぁーい……」
菫「宥とのファーストキスは、甘い甘いチョコの味がした」



進撃の巨人 ねんどろいど ミカサ・アッカーマン (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
figma 翠星のガルガンティア エイミー (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ソードアート・オンライン アスナ ~新妻はいつでもYESまくらVer.~
ソードアート・オンライン アスナ (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
Fate/stay night ねんどろいど セイバーオルタ スーパームーバブル・エディション (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)