転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447223269/

1 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:27:49.33 ID:daaQCP36O

天龍「って言っても今更誰も怖がらねえか」

天龍「俺も最近は戦闘よりも駆逐艦たちの子守りがほとんどだしな」

天龍「懐いてくれるのはうれしいんだけどなんだかもやもやするなあ」

天龍「なんか自信なくなってきたのかなあ」

天龍「あーやめやめ!今日は休暇貰って街にでもでて気晴らしでもすっか!」





2 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:28:26.22 ID:daaQCP36O

天龍「あぶねえ、駆逐艦の奴らまで休暇をとってついてこようとするだなんて…龍田が止めてくれてよかったぜ」

天龍「しかし案外簡単に休みもらえたな」

天龍「まあそんなに大きな仕事抱えてるわけでもないしな」

天龍「……」

天龍「って気晴らしにきたはずなのになんでまたブルーになってんだ俺……」

天龍「こういうセンチなときは好い景色を見るに限るな」

天龍「いつものお気に入りの場所にいくか」



3 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:29:01.85 ID:daaQCP36O

天龍「街のはずれにあるから誰も来なくていいんだよな」

天龍「龍田にも教えていない場所だからな」

天龍「きっと教えたら「天龍ちゃんにそんな一面があったなんてー」って言うにちがいねえ……」

天龍「俺にだってそんな一面だってあるってんだよ」

天龍「駆逐艦たちになんて口が裂けてもいえねえや」



4 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:29:43.17 ID:daaQCP36O

天龍「そうこう考えているうちについたぜ」

天龍「ここの景色見るとなんつうか、心が落ち着くんだよなあ」

天龍「今日も俺の特等席でくつろぐとするか」

天龍「ってあれ、誰か俺の特等席にいるじゃねえか」

天龍「おいおっさん、そこは俺の特等席なんだよ。できればどいてくれねえかな」



5 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:30:53.50 ID:daaQCP36O

おっさん「ああ?ここはじょうちゃんの特等席なのか?」

天龍「そうだよ、この場所は穴場だからな。たまにこうしてこの景色を見にくるのさ。というかおっさん声大丈夫なのか?」

おっさん「そんならほら、譲ってやるよ。それに声はもともとこういう感じなんだよ」

天龍「おおありがとな!おっさん良い奴だな!」

おっさん「じょうちゃんの特等席なら仕方ないさ。俺はここで見るよ」

天龍「おっさんも何かあったのか?ずいぶんブルーな感じだが」

おっさん「いや、他人に話すようなことじゃあないよ」



6 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:31:25.51 ID:daaQCP36O

天龍「そうか?そういや自己紹介がまだだったな」

おっさん「自己紹介?」

天龍「オレの名は天龍。フフフ、怖いか?」

おっさん「ほう…じょうちゃん、天龍って名前なのか」

天龍「そうだ天龍だ、怖いか?」

おっさん「フフフ、別にこわかあねえよ」

天龍「なんだよ、こわくねえのかよ…」



7 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:32:00.67 ID:daaQCP36O

おっさん「俺はな今まで頑張って続けてきたことをやめるんだ」

天龍「どうしたんだよ急に。話さないんじゃなかったのか?」

おっさん「気が変わったんだよ」

天龍「そうなのか。どうしてやめるんだ?いままで頑張ってきたんだろ?」

おっさん「俺が頑張って続けることができたのには理由があるんだ」

天龍「理由?」

おっさん「俺はな妻の支えがあったから頑張ってこれたんだ」

天龍「おっさん結婚してたのかよ。いやー意外だぜ」



8 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:32:26.53 ID:daaQCP36O

おっさん「意外だろう。しかし今まで支えてくれてきた妻が病気になってしまってな」

天龍「病気…それで今度はおっさんが奥さんを支えてあげるのか…」

おっさん「そういうことだ。それで今までの俺の思い出をこの景色を見ながら思い返してたところだ」

天龍「そうなのか。なんつうか、頑張れよおっさん」

おっさん「言われなくてもがんばるに決まってんだろ。それでじょうちゃんは何を思ってここにきたんだ」

天龍「え、あ、俺か?えーと言わなきゃダメか?」

おっさん「俺が言ったんだから次はじょうちゃんの番だろ」

天龍「それは確かにそうだな、うん…」



9 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:32:52.24 ID:daaQCP36O

天龍「言うけど笑うなよ?」

おっさん「笑われるような悩みなのか?」

天龍「そういうわけでもないけど、いやそういうわけかもしれないが…」

おっさん「ずいぶんと悩んでいる悩み事みたいだな」

天龍「ああ実はな、仕事の話なんだが最近は後輩の子守りばかりで昔やっていたような仕事を任されてくれなくなったんだ」

おっさん「ほう」

天龍「本当は昔みたいにバンバン活躍するようなことがしたいが子守りばっかだし、後輩に懐かれてはいるがなんだかもやもやしてな」

おっさん「部下の指導に当たるのも先輩のつとめだろう。だが自信がないのか」

天龍「そう、なのかな、俺自信がなくなってきたのかな」



10 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:33:25.42 ID:daaQCP36O

おっさん「ずいぶんと曖昧な表現だな。じょうちゃん」

天龍「俺よりも優秀な奴がバンバン活躍しているのに俺はずっと子守りで、一生このままなのかなって」

おっさん「……」

天龍「一生このままなら、いままで頑張ってきた意味あるのかなって」

おっさん「じょうちゃんよお」

天龍「うん?」

おっさん「本当は自分のことよりもその後輩がじょうちゃんの元で頑張っているのが不安なんだろ」

天龍「そ、そんなこと」

おっさん「本当は自分を慕っている後輩たちに活躍して欲しいんじゃないのか?」



11 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:33:51.09 ID:daaQCP36O

おっさん「じょうちゃんの話や態度を見てると前線から降りて後輩の指導に専念しているところには納得している気に見える」

おっさん「しかし、他にも活躍している奴がいるなか自分なんかの下についてしまった後輩が今後成長できるか不安なんだ」

天龍「……」

おっさん「どうだい、俺の勘は間違ってたか?」

天龍「……いや、大正解だよ…」

おっさん「それならじょうちゃんが自信持って俺の後輩なんだからすごい奴に成長するって思って指導に当たらないとな」

天龍「で、でもよお。実際俺より活躍している奴は大勢いるんだぜ?その中で俺はどう自信をつけたら」

おっさん「活躍している奴が必ずしも指導が上手いとは限らん。その逆もしかりだ。そして何よりじょうちゃんは後輩に慕われているんだろう?」

天龍「それは確かにそうだ。今日も休暇とって街に行こうとしたらあいつらまで休暇取ってついてこようとしたほどだ」



12 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:34:19.35 ID:daaQCP36O

おっさん「慕われるってことはな、それだけじょうちゃんが魅力あふれる奴だってことだ」

天龍「魅力…」

おっさん「ここでいう魅力は色んな意味を含んでる。人情、才能、有望、色んな意味だ。これは全部じょうちゃんの良いところだ。そして後輩はそれを分かっている」

天龍「あいつらが」

おっさん「こんな幸せなことはないだろう。慕ってくれる後輩がいるってことはそれだけで凄いことだ」

天龍「そうか、そんなに」

おっさん「しかし、そんな凄いこともじょうちゃんの考え方次第でダメになってしまう。いまのじょうちゃんのように」

天龍「あっ…」

おっさん「本当に後輩のことを思うのなら、じょうちゃんがやることは不安になって立ち止まることじゃあないだろう」



13 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:35:16.65 ID:daaQCP36O

天龍「おっさん…」

おっさん「俺にも後輩はたくさんいる。兄貴面して格好つけていたがそれは当たり前だ。先輩は後輩の見本になり後輩を育てる義務がある。そして慕ってくれる後輩がいるならなおさらだ」

天龍「おっさんにも後輩がいるのか」

おっさん「ああ。そして慕っていた先輩もいた。俺はそんな先輩たちの背中を追いかけるうちにいつの間にか後輩に追いかけられていたのさ」

天龍「なんだそれ、フフ、面白いな」

おっさん「面白いだろう。じょうちゃんはまだまだ若いんだ。これから先色んな人にであい、色んな経験をするだろう。しかし何があってもじょうちゃんを慕ってくれている後輩を絶対に裏切るな」

天龍「それはもちろんだ!俺があいつらを裏切るわけねえじゃねえか!」

おっさん「フハハ、それだけ勢いがあるなら充分だな。なんだ元気でたじゃねえか」

天龍「そういやなんかもやもやも晴れた気がするぜ」



14 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:35:48.81 ID:daaQCP36O

天龍「おっさんのおかげだな。今日はここに来てよかったよ」

おっさん「フフ、じょうちゃんのやくにたてたのなら俺もうれしいよ」

天龍「ありがとなおっさん。そういやおっさんの悩みはいいのか?」

おっさん「俺のは悩みじゃねえよ。思い出に耽ってただけだ。それにこれからじょうちゃんが頑張ってくれるならそれでいい」

天龍「なんかよくわかんねえけど俺は頑張るぜ!なんてったって天龍様だからな!」

おっさん「そういや最初のあれもうもう一回やってくれよ。自己紹介の奴」

天龍「おう、いいぜ!新生天龍様の名台詞だぜ」

天龍「オレの名は天龍。フフフ、怖いか?」



15 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:36:29.39 ID:daaQCP36O

11月15日両国国技館

おっさん「さて、今日で俺のプロレス人生ともおさらばか」

おっさん「引退間近にあんなじょうちゃんと出会えるなんて思ってもみなかったぜ」

おっさん「感慨深いが最後は気合入れていくか」



16 : ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:37:00.55 ID:daaQCP36O

天龍源一郎「オレの名は天龍。フフフ、怖いか?」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/11(水) 19:29:23.99 ID:HA6IAIuLo

pixivであったな艦娘の天龍の格好をした天龍源一郎っての



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/11(水) 20:17:09.05 ID:zJBTf1NYo


プロレス好きの俺に良し、だった



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/12(木) 00:16:57.44 ID:t58HU6AZo

乙でした
オチにヤられたwwwwww




 
天龍源一郎 引退記念フィギュア チョップVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア



他のおすすめSS
榛名「いいなぁ……」
提督「比叡と結婚?ないない」
金剛「鎮守府でお留守番」
小鞠「蛍!誕生日おめでとう!」
蛍「わたしのおっぱい…///んっ…///」
穂乃果「海未ちゃんの>>3、触っていい?」



超像Artコレクション 「おおかみこどもの雨と雪」 花と雨と雪
進撃の巨人 ねんどろいど リヴァイ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver. (1/8スケール PVC製塗装済完成品)
トータル・イクリプス イーニァ・シェスチナ 衛士強化装備 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)