転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450953440/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:37:20.73 ID:jY6sx1hdo

京子(しかも割と限界が近い……)モジモジ

京子(みんなとのおしゃべりに夢中で尿意のことをすっかり忘れてた)

京子(と、とりあえずさっさとトイレ行こうっと……)


京子「ねえみんな……」

ちなつ「はい、なんですか……って、あれ?」

京子「ん、どうかしたちなつちゃん?」


ちなつ「なんか京子先輩いつもより元気なくないですか?」

京子「え、いや別にそんなことないよ?」

あかり「でも確かに心なしか体も縮こまってる気がするよぉ」

京子「縮こまってる……? あぁ、それはね……」

結衣「おい京子、隠したって無駄だぞ」

京子「は?」

結衣「お前のことは私達が一番よく分かってるんだからな」

京子「いやだから今からその理由を説明しようとしてるんだけど!!!」






2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:38:14.85 ID:jY6sx1hdo

京子「とりあえずさ、トイレ行ってきていい?」

結衣「いやダメだ」

京子「……え?」

結衣「なあ京子」

京子「はい」

結衣「お前はさ、なんでなにかあるとそうやっていつも逃げようとするんだ?」

京子「……は?」


結衣「あかり、ちなつちゃん。京子が逃げられないように押さえて」

ちなつ「はい!」

あかり「京子ちゃん逃がさないよぉ!」

京子「え、ちょ!!!」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:39:01.72 ID:jY6sx1hdo

京子「待って待って!? え、なに!? なんで捕まってんの私!!! トイレ行きたいんだけど!?」

ちなつ「嘘をついても無駄ですよ」

京子「嘘じゃないって!!!」

結衣「京子……」スッ

京子「ゆ、結衣……? 顔が近……」

結衣「……」ニコッ


結衣「大丈夫だよ京子。私たちに隠し事なんてしないで。悩みがあるならなんでも聞くよ?」キラキラ

京子「結衣……」

ちなつ「そうですよ京子先輩! 隠しごとなんて水臭いじゃないですか!」

京子「ちなつちゃん……」

あかり「あかり、京子ちゃんのこと気付けなかった……。だからあかり、少しでも京子ちゃんの力になりたいよ!」

京子「あかり……」


京子「……」


京子(なんかめっちゃ勘違いされてる!!!!!)



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:39:55.64 ID:jY6sx1hdo

京子(どうしよう……。押さえられて身体の自由が聞かないせいか、さっきよりも尿意が一段と増して……ッ!)

京子(うぅ……こんなところで漏らしたらもう学校になんか行けないよぉ……)モジモジ


京子(かくなる上は……)チラッ


結衣「……」ニコッ

ちなつ「……」キャルッ

あかり「……」アッカリーン


京子「……」


京子(嘘でごまかしてなんとか乗り切るしかない!!!)



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:40:43.51 ID:jY6sx1hdo

京子(心配してくれてる3人には申し訳ないけど私にだって今後の人生があるんだ……!)

京子(こんなところで漏らして一生お漏らし女として生きていくくらいなら)

京子(私は修羅の道を選ぶ!!!)


京子「…………」ホロリ

あかり「……!!」

京子「みんなありがとう……。私また1人で抱え込んじゃったよ……」グスッ

結衣「……やっぱり」

ちなつ「もう先輩ったら」

あかり「それでどうしちゃったの?」


京子「あのね……実は……」



京子「私には双子の妹がいるの」


結衣「な、なんだって!?」ピシャーン

ちなつ「そんな……!!」ズガシャーン

あかり「知らなかったよぉ……」アカピシャーン

京子(嘘だからね)



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:41:23.15 ID:jY6sx1hdo

京子「でもその子は私たちと面識がなかったんだ。生まれてすぐ養子に出されたみたいで」

結衣「……なんで養子なんかに」

京子「身体があまり強い子じゃなかったらしいよ。元気になるまでは、ここよりもっと空気の澄んだ土地で暮らしてたみたい」

あかり「そんなぁ……」


京子「養生は順調だった。身体も段々良くなってきて、小学校を卒業する歳には外で遊べるようにもなった。けれど……」

ちなつ「……その子、今はどうされてるんですか?」

京子「…………」


京子「病院で、寝たきりさ」


結衣「な、なんだって!?」ピシャーン

ちなつ「そんな……!!」ズガシャーン

あかり「知らなかったよぉ……」アカピシャーン

京子(嘘だからね!)



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:42:12.88 ID:jY6sx1hdo

京子「不幸な事故だった。そう、事故だったんだ」

京子「話は1年前。“念願の学校に通える”そう胸を躍らせていた妹に、1つの話が持ち上がった」

京子「“姉たちの暮らす富山に引っ越さないか”って話がね」

京子「妹はすごく喜んで、その話に賛成した。準備はその日のうちから始まったよ」

京子「きっと妹は、まだ見ぬ私やその友人たちと過ごす中学校生活を、すごく楽しみにしてたと思うんだ」

京子「だけどその願いは……叶えられなかった」

結衣「なんで……なんでだよッ!?!?」ガタッ


京子「……だから、事故だったんだ」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:43:05.59 ID:jY6sx1hdo

京子「ちなつちゃん覚えてる?」

ちなつ「……?」

京子「私が頭を打って性格が変わったときのこと」

ちなつ「あの真面目な京子先輩……ですか?」

京子「そう……。まぁ単刀直入に言うとね」


京子「その子が私の妹なんだ」


結衣「な、なんだって!?」ピシャーン

ちなつ「そんな……!!」ズガシャーン

あかり「知らなかったよぉ……」アカピシャーン

京子(嘘だからね!!)



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:43:50.13 ID:jY6sx1hdo

あかり「でも、どういうことなの……?」

京子「その子は今、私の中にいるんだ。私の記憶と肉体を共有している状態でね」

結衣「う、嘘だ!! おい京子、嘘だと言ってくれよ!!!」ブンブン

京子(ゆ、揺らさないで結衣!!!!!! 漏れる!!!!!!!!!!!!)プルプル

あかり(京子ちゃんたらぷるぷる震えて……。辛いんだね……)


京子「わ、私だって最初は信じられなかったさ!!! けど本当なんだもん!!」

結衣「そんな…………」ガクッ


京子「妹は……こっちに引っ越してくる途中で交通事故にあったんだ」

京子「真っ昼間から飲酒運転した車が、横からドンと追突してきたみたい」

京子「それから一向に目を覚まさない。まるで毒リンゴを齧った白雪姫のように」

京子「一命は取り留めたんだ。意識だっていつ回復してもおかしくない状態なんだよ?」

京子「けれど、完治はしなかった」

京子「もう一度、1から治療のし直し。医者からそう宣告されたんだってさ」

京子「……これは私の憶測で、正確な情報ではないんだけれど」


京子「そんな現実に耐えられなくなった妹の魂は、健康な肉体を求めて私の中に入りこんだんじゃないかな……」


結衣「な、なんだって!?」ピシャーン

ちなつ「そんな……!!」ズガシャーン

あかり「知らなかったよぉ……」アカピシャーン

京子(嘘だからね!!!)



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:45:11.38 ID:jY6sx1hdo

京子「一回、家でも頭を打った日があってね。そのときも妹が出てきたみたいなんだけど」

京子「それを見たお母さんが、すごくビックリしたみたいでさ」

京子「当たり前だよね。寝たきりのはずの娘が元気に家の中を歩きまわってるんだもん」

京子「……私もそこではじめて妹の存在を教えてもらったんだ」

京子「この前会ってきたよ。……へへ、私そっくりの可愛い女の子だった」


あかり「京子ちゃん…………」


京子「まぁそんなことがあったからさ。だから今日も行かなくちゃいけないんだ」スッ

ちなつ「行くって……どこへ?」

京子「決まってるじゃん。妹に会いにだよ」

あかり「それでどうなるの……? 京子ちゃんと妹さんは、どうなるの!!??」

京子「それは分からないけど……」

京子「妹は今までずっと一人だったんだ」


京子「私がそばにいてやって、君は一人じゃないよって教えてあげなくちゃね!!」


結衣「京子……」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:45:49.20 ID:jY6sx1hdo

京子「じゃ、行ってくるね」

あかり「……頑張ってね京子ちゃん!」

ちなつ「さっさと解決して帰ってこないと許しませんからね!」

京子「ありがと、ふたりとも」ニコッ


結衣「……京子」

京子「ん?」


結衣「私はいつでもあの場所にいる」

結衣「いつでもアイスと暖かい部屋を用意して待ってる」

結衣「だから辛くなったら、いつでも帰っておいで」ニコッ

京子「……ありがと、結衣」


京子「それじゃ……」ガララッ


ピシャ…



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:46:27.70 ID:jY6sx1hdo

京子「…………」スゥー


京子「うおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!」ダダダダダダダダダダダダダ

京子「漏れるうううううううううううううう!!!!!!!!!!」ダダダダダダダダダダダ

京子「限界じゃあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!」ダダダダダ


京子「よっしゃ!!! トイレ発見!!!! 早速………………って!!!!!!!!」


トイレ「故障中やで」

京子「クソが!!!!」


京子「仕方ない……下の1年生の階のトイレなら……」


トイレ「クリーニング中やで」

京子「ふざけんな!!!!!!」


京子「なら3階の先輩のトイレだったら…………」


スケバン先輩「っでさーwwwwww」

黒ギャル先輩「ギャハハハハハwwwwwwwww」

松本先輩「マジウケるんですけどーwwwwwwwwwwwww」

京子(怖い先輩たちがたむろしてるうううう!!!!!!!!!!!)



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:47:17.62 ID:jY6sx1hdo

京子「こ、困ったぞ……。学校のトイレが全滅だなんて…………」


ドクン…


京子「ぅあうッっ!!!!」ビビクンッ

京子「…………」フルフル


京子「ヤバい、マジ限界……」

京子「ちょっと油断したら……漏れる…………」


京子「仕方ない……」

京子「このまま刺激しないように……」

京子「家まで帰ろう…………」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:47:49.54 ID:jY6sx1hdo

京子「…………」ノソノソ

京子「ふぅ……ふぅ……」ヨロヨロ

京子「うぅ、こんなに家が遠く感じるのは結衣が陸上部に誘われたとき以来だ……」

京子「しかし状況はあのときよりずっと深刻だぞ……」

京子「せめて家までの間にコンビニでもあればよかったのに…………」


京子「あ、公園だ……」フルフル

京子「ラッキー、こっち通っていけば近道なんだよ……」

京子「使わない手はないよね……」


ポスッ


京子「ん、足になんか当たって……。ボール…………?」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:48:15.88 ID:jY6sx1hdo

未来「すいませーん! ボール取ってもらっていいですかー!」

京子「うわ、まじかよ……。でも無視するわけにもいかないし……」


京子「そりゃっ!!!」ケリッ


京子「んじょぽぃぉッッゥ!!!!」グンヌッ

京子「…………ゥニァ……」フルフル

京子「………………………………」フル…


京子「セーフ…………」


未来「ありがとうございまー…………って、あ!!! ちび!!!!」

京子「ちび……?」


ちび「ワンワン!! ワォン!!!!」ペロペロ

京子「ちょ、え、犬!? ひぁ、舐めないd」

京子「ずちッぱッとッアゥン!!!!」ブルグムッ



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:49:36.62 ID:jY6sx1hdo

未来「ほらもーちびったらダメでしょ! めっ!」

ちび「わぅん……」

未来「すみませんお姉さん……」

京子「……………………………………」プルプル


京子「うん……だ、大丈夫……だよ……」フゥフゥ

未来「でも顔色悪いですよ……? 犬嫌いでした?」

京子「いや好きだよ……。ちびちゃん、おっきーんだね……」

未来「えへへ、最初はちっちゃかったんですけど……」

京子「そっか、それじゃ先急ぐからじゃあね……」

未来「ありがとうございましたー!」

ちび「ヘッヘッヘッ」


京子「……」

京子「あ、危なかった……」


京子「特にちびちゃんに太ももペロられたとき……」

京子「危うく全身の力が抜け落ちるところだった……」

京子「幼女の前でお小水を漏らす女子中学生……」

京子「……変態以外のなにものでもねぇ……」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:50:08.37 ID:jY6sx1hdo

京子「……」ヨロヨロ

京子「あとちょっと……」

京子「あとちょっとで家だ……」

京子「もう無理、なんかされたらもう漏れる…………」


京子「あ、み、見えてきた……」パァアァ

京子「家だ……我が家だ……」キラキラ

京子「こんなに……家がこんなに輝いて見えた日が今まであっただろうか……」ジーン


京子「へへ、感動して涙まで出てきちゃった」ホロホロ

京子「数々の苦難を乗り越え、よくぞここまでたどり着いたぞ私」

京子「た、ただいまぁー……」ガチャッ



ガッ



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:50:50.37 ID:jY6sx1hdo

京子「」


ガチャッ

ガッ


京子「」


ガチャッ

ガッ


京子「」


ガチャッ

ガッ


京子「」


ガチャッ

ガッ



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:51:19.21 ID:jY6sx1hdo

京子「そ、そういえば…………」


――今朝

母「今日ママ会行くから帰り遅いけど、京子どうする?」

京子「んー、じゃあ結衣ん家いるよ」

母「晩ごはんは?」

京子「食べて帰るー」

母「はーい。船見さんに連絡しとかないと……」ピポパ


――


京子「…………」


京子「………」


京子「……」


京子「…」



京子「」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:52:06.55 ID:jY6sx1hdo

京子「ど、どうする…………」

京子「今から近くのコンビニまで行くか……?」

京子「あ」


トゥンク…


京子「ンホォオオ!!!!!」ゲルムグンッ

京子「…………ピァポッポ……」

京子「…………」


京子「だめだ……」

京子「もう歩けない…………」


京子「……」キョロキョロ


京子「あそこだ……」

京子「あそこでしよう……」ヨロ…ヨロ…

京子「そこの空き地で……」

京子「ちょうど背の高い草むらもあるし中に入って……」ガサガサ

京子「しゃがめば……バレまい…………」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:52:36.94 ID:jY6sx1hdo

京子「だが油断するな……」

京子「油断したら全てがパーだ……」

京子「まずはパンツを降ろす……

京子「そーっと、そーっとパンツに手をかけて……」

京子「刺激しないように、ゆっくりと……」スル…

京子「ゆーっくり……」スルスル


京子「よし、膝まで下ろせば大丈夫だろ……」

京子「だが次が肝心だ……」

京子「しゃがむのはもっと慎重にいかないと……」

京子「電柱に手をついて……」

京子「後ろに転がらないよう、重心に気をつけつつ、ゆっくりと……」ソロー


綾乃「歳納京子なにしてんの?」



京子「」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:53:30.60 ID:jY6sx1hdo

京子「」

綾乃「ちょっと無視!? あなた宿題のプリント忘れてたから、わざわざ持ってきてあげたのよ?」

京子「」

綾乃「もっと感謝してくれてもいいんじゃないの!?」

京子「」


綾乃「歳納……京子?」

京子「」フルフル


綾乃「ちょっと大丈夫? よく見たら顔色も悪いし、ていうかなんで草むらで突っ立ってんのよ」ガサガサ

京子「」ブルブル


綾乃「としのーきょー……」カタポン

京子「――――――ッッッゥアアァッッッ」ビクビクンッ

綾乃「!?」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:54:21.28 ID:jY6sx1hdo

京子「いやあああああああああああああ!!!!!!!!!」

綾乃「えっ、え、ええっ!?!?!?」


ジャバボジョボバジョジョジャボジャバ


綾乃「…………」ボーゼン


チョロ…チョロ…


京子「……うぁ、ひ、ひどいよ……綾乃…………」グスッ

綾乃「え、あ……」

京子「も、漏れちゃった……漏れちゃったじゃん……」メソメソ

綾乃「漏らし……?」

京子「綾乃が触るから…………漏れちゃったじゃん…………」ヒック

綾乃「嘘………………」

綾乃(あ、ホントだ…………)



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:54:47.74 ID:jY6sx1hdo

京子「私……もう……学校…………行けないよぉ……」

京子「綾乃に……見られちゃった…………こんな……恥ずかしいところ…………」

綾乃「歳納京子…………」

京子「せっかく……頑張って…………我慢……してたのにぃ…………」

京子「綾乃の……せいだもん………………責任取ってよぉ………………」

綾乃「…………」ドキン


綾乃(あれ)

綾乃(どうしちゃったんだろ私……)

綾乃(歳納京子が泣いてる姿見て……)

綾乃(なんだか……ドキドキしてる…………)

綾乃(だ、だめよ……。まだ状況はよく分かってないけど、歳納京子は悲しんでるのよ!?)

綾乃(それを可愛いだなんて! もっと見たいだなんて! いじめたいだなんて! そんなこと思っちゃ……)

綾乃(思っちゃ……)


スッ



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:55:39.81 ID:jY6sx1hdo

京子「ひぐっ……、あ、あれ、綾乃……? なんでしゃがんで……」

綾乃「……ごめんなさい、歳納京子」


ペロッ


京子「ひにゃぁ!? 綾乃っ!? なんで太もも舐めるの!?!?」

綾乃「だって……仕方ないじゃない…………」

綾乃「泣きじゃくってる歳納京子が……こんなにかわいいんですもの…………」

京子「え、かわ……そ、そんなことより、でも、汚いのに……」

綾乃「汚くなんかないわ」ペロペロ

京子「ひゃぁん!!!」

綾乃「それに……責任取ってって言ったのはあなたでしょう」

綾乃「だから私には、これを舐めとる義務があるのよ」

京子「あやのぉ…………」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:56:41.41 ID:jY6sx1hdo

綾乃「ほら、全部舐めとって綺麗にしなくっちゃ……」ペロッ

京子「あ、あやのぉ……んゃぁ!! でも恥ずかしいよぉ……」

綾乃「だったらほら、しゃがんで。そうすれば草むらに隠れて見えないわ」

京子「そういうことじゃなくってぇ……」

綾乃「でも……ほら」ペロン

京子「ふぁぁあ!!!」ビクンッ

綾乃「……ちょっと舐め取られるだけで、こんなにかわいい声が出ちゃってる」

綾乃「歳納京子もしてもらうことを望んでいる証拠じゃないの……?」

京子「そ、そんなわけ……な……」

綾乃「……」チロッ

京子「ひあぁん!!」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:57:22.61 ID:jY6sx1hdo

綾乃「ふふ、素直になって。歳納京子……」

京子「素直に……?」

綾乃「えぇ。舐めてほしいところ……まだあるんでしょ?」

京子「……」


京子「ぅ、うん……」カァァ

綾乃「いい子ね。それじゃ次はパンツの中ね…………」

京子「え、ちょっとそんなすぐには! まだ心の準備も!!」

綾乃「大丈夫。全部私に委ねて……ほら」チロッ

京子「あッ、だめッ、そこは、そこはダ、あひゃぁん!!!!!」

綾乃「歳納京子……かわいい…………」

京子「あやのぉ…………」


京子(なんでだろ……ダメなのに、恥ずかしいのに……)

京子(身体が綾乃を受け入れてる……)

京子(綾乃に舐められた瞬間、身体がビクンってなって……)

京子(頭の中が真っ白になる……)

京子(あ、なんか今度はぽやぽやしてきて、なにも考えられなくなってきちゃった……)

京子(でも……すっごく気持ちいいの…………)


京子(お母さん……きっと私は、イケナイ子になってしまいました…………)




――――こうして京子ちゃんは綾乃ちゃんに身体をペロペロと舐められるのが癖になってしまい、

綾乃ちゃんの舌技なしでは生きていけない身体にされてしまいましたとさ。


めでたしめでたし。



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 19:58:04.80 ID:jY6sx1hdo

反省はしてない



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 20:02:13.65 ID:zwzUd4qeo




32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/24(木) 21:38:40.34 ID:blU4srG10

か、会長...




 
伊藤農園 100%ピュアジュース みかん 750ml



他のおすすめSS
あかり「あかりとちゅー1回100円だよぉ」
宮内れんげ6歳小学1年生処女
イヤミ「ペットボトルにオ〇ンチン入れたら抜けなくなったザンス」
ココア「寿司処ラビットハウス」
【きんいろモザイク】アリス「レッツスピーク淫グリッシュ!」
シャロ「な、なんで私が目の前にいるの!?」ココア「あれ?私がいる……」



化物語 ねんどろいど 千石撫子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
figma アイドルマスター シンデレラガールズ 神崎蘭子 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 渚カヲル (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
G.E.M.シリーズ 銀魂 坂田銀時 ver.紅桜
お風呂これくしょん 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 (ノンスケール ABS&非フタル酸PVC塗装済みフィギュア)