転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450956631/

1 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 20:30:32.03 ID:NM7DmjxIo

ベタベタしない二人の短編です
いくつかやる予定





2 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 20:36:05.22 ID:NM7DmjxIo

犬猿クリスマス

優子「メェリィィ~!クリスマァ~スッ!」パーンパーン

夏紀「・・・」

優子「・・・」

夏紀「・・・(紙テープを払いのける)」クシャッ

優子「・・・ねっ!そんな感じで・・・盛り上がろう!よ?」

夏紀「・・・帰っていい?」

優子「だ、ダメダメ!絶対ダメ!」

夏紀「いきなり家に呼ばれて何かと思えば・・・大体なんであたししか呼ばないの?友達いないの?」

優子「いるわよっ!いる・・・けど・・・」

夏紀「けど?」

優子「クリスマァース!」パーン

夏紀「うわっ危なっ!それこっち向けるな!」

優子「みんなもう予定入ってるって・・・!いいわね・・・彼氏とか家族とか・・・クリスマス!」パーンパーン

優子「せっかくのイブに暇してる可哀想なヤツはあんたくらいしか居なかったのよ!」



3 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 20:45:31.31 ID:NM7DmjxIo

夏紀「あんたもその内の一人だよ」

夏紀「っていうか・・・家族は?」

優子「なんかワケわかんない気を回されて・・・『デートしてくる。明日の昼頃帰るから友達とか呼んでもいいぞ!』って書き置きが・・・」

夏紀「へー・・・いいご両親・・・かな?」

優子「良かないわよ!当日に言われたもんだからこのザマよ!料理とかパーティーグッズとかまで用意されてるし・・・」

夏紀「あー・・・それでクラッカーとか・・・」

優子「ほら!キャンドルとかシャンパンもあるわよ!」

夏紀「そうなんだ、帰る」

優子「な、何でよっ!」

夏紀「いや、逆になんでイブに優子と二人っきりで過ごさなきゃなんないのさ?罰ゲーム?」

優子「ちょっ、待ち、待ちなさいよ!」

優子「あんたが帰ると、私は一人でパーティーグッズに囲まれたまま、チンしたローストチキンをもそもそ寂しく食べることになるのよ!?」

夏紀「あー、そりゃ素晴らしいクリスマスだ、どうぞお幸せに」クルッ

優子「待て」ガシッ

夏紀「あ?」

優子「待ってくださいお願い一人にしないで」

優子「料理多くて食べきれないの・・・せめてそれだけでも食べてって・・・」

夏紀「・・・しょうがないな」ハァ



4 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 20:57:30.24 ID:NM7DmjxIo

優子「ささ、座って座って」

チーン

優子「お母さんの料理を温めるだけのフルコースよー」

夏紀「おー、美味しそう、いただきまーす」

夏紀「む、どれもうまい。料理上手なんだなー」モグモグ

優子「そう?私はいつも食べてるからわかんないけど・・・」モグモグ

夏紀「二人ならちょうど食べきれそうな量だね」

優子「そうね・・・明日の朝一人で残り物は、さすがにアレだし・・・」

夏紀「・・・優子って結構寂しがり屋?」ニヤニヤ

優子「そっ・・・!んなことないけど・・・お祭りで除け者にされるのは、なんかイヤ!」

夏紀「除け者、ねぇ・・・ん?このシチュー・・・」

優子「!」



5 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 21:13:28.01 ID:NM7DmjxIo

夏紀「水っぽくて味が薄い・・・野菜が固い・・・お母さんってシチュー作り、苦手なの?」

優子「いやそれは・・・私が作ったの」

夏紀「え?」

優子「いや、なんだか全部言う通りにするのも癪だから、一品加えてみようかなーって思って・・・」

夏紀「・・・」モグ…

優子「あ、味見もしたんだけどねー・・・やっぱ慣れてないことはするもんじゃないわね!食べなくていいわよ!」

夏紀「・・・べつにあたしは、嫌いじゃない・・・こういう味」ガツガツ

優子「夏紀・・・」

夏紀「ごちそうさまでした」トンッ

優子「あ・・・あの実はまだ鍋に残ってて、おかわりも・・・あるわよ?」

夏紀「いや、いらない」キッパリ

優子「あ、そう・・・」

夏紀「・・・」

優子「・・・」

優子「・・・」チラ

夏紀「いらない」

優子「・・・」



6 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 21:32:13.05 ID:NM7DmjxIo

カッチ カッチ

夏紀「・・・さてと」

優子「」ピクッ

夏紀「お腹いっぱいごちそうになったところで、そろそろ・・・」

優子「・・・ダメ」ガシッ

夏紀「はぁ?」

優子「今夏紀に帰られたら私、この微妙に広い家でサンタも来ない一人ぼっちのクリスマスを過ごすことになるのよ!」ユサユサ

夏紀「いやあたしが居てもサンタは・・・お、お、お、揺するなー!」ユラユラ

優子「やだ!私の部屋以外真っ暗なんて!暖房効いてるのが、一人きりの私の部屋だけなんて!やだ、よぉ・・・」グスッ

夏紀「はっ?なに涙目になってんの・・・あーもー面倒だなぁ・・・」

優子「さみしい・・・」ショボーン



7 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 21:45:25.44 ID:NM7DmjxIo

夏紀「はぁ、面倒・・・お腹いっぱいで、いえまでかえるのめんどうだわー」

優子「!」パァ

優子「じゃあ泊まっていきなさいよっ!」

夏紀「はー、めんどうだしそうするかー」

夏紀(本当にめんどくさいヤツだ)

優子「やった!一人クリスマス回避!」グッ

優子「本当はせんぱいがよかったけど・・・チッ、まぁこいつでもギリ良しとするかー」

夏紀「おい、まさか嘘泣き・・・」

夏紀「帰ろ」クルッ

優子「あーさっき泊まるって言った!言質取ったから!破ったら泣く!夏紀に酷いことされたってラインで広める!」

夏紀「あーもー何がなんでもか!」

夏紀「わかったよ・・・泊まりゃいいんでしょ泊まりゃ・・・親に電話しなきゃ」

優子「さっすが話がわかる!じゃ、布団とか準備するわね~」パタパタ

夏紀「はぁ・・・史上最低のクリスマスだ」

このあと滅茶苦茶親に誤解された

おわり



8 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 21:57:50.86 ID:NM7DmjxIo

ちょっと昔のエトセトラ
時期は一年生入学の前です

ガヤガヤ

優子「練習終わった~、帰ろ帰ろ~っと」

夏紀「うわ、独り言でかっ・・・うっとおしいなー」ケッ

優子「・・・お先に失礼っ!」グイ

夏紀「ちょっ!・・・あんた今足踏んだでしょ!」

優子「踏んでませんー!夏紀の足が私の足の下に入り込んできただけですー!」ベー

夏紀「なっ・・・!あたし動いてないっつーの!」

優子「じゃあ、踏まれるような位置に足出しとくほうが悪いんじゃないの~?」ケラケラ

夏紀「こ、この女・・・!」

香織「こらこら、今のは流石に優子ちゃんが悪いよ?ちゃんと謝って?」

優子「香織せんぱい・・・!」

夏紀「だそうですよ~?優子ちゃ~ん?」

優子「その呼び方やめなさいよ!キモイ!」イラッ

夏紀「ほらほら謝って?優子ちゃん?」ニヤニヤ

優子「ぐっ・・・!ぐぬぬ・・・!」

優子「ど、ドーモスイマセンデシター」ボーヨミ

夏紀「気持ちがこもってない!謝罪の気持ちが足りない!」

優子「べっつにぃー?こころを込めて謝りましたけどー?」

夏紀「ウザッ」



10 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 22:09:18.07 ID:NM7DmjxIo

香織「んー・・・何で仲良くできないのかなー・・・」

夏紀「コイツがウザいからです」

優子「コイツが生意気だからです」

香織「うーん・・・」

優子「だってだって聞いてくださいよせんぱいー!コイツとこの前ファミレス行った時に・・・!」


優子『二度手間だから夏紀の分のドリンクも取ってきたわよ・・・ほら』

夏紀『えー・・・ウーロン茶ぁ?つまんないなー。ジュースがいいー』

優子『と、取ってきてあげたんだから少しは感謝しなさいよ!?』

夏紀『えー?あたし別に頼んでないしー・・・自分で取ってくるから、ウーロン茶は両方優子が飲んでー』タタタ

優子『あっちょっ・・・!お礼もナシ!?』


優子「って!生意気じゃないですか!?」

優子「折角気を回して万人受けするチョイスにしてあげたのに・・・!」

夏紀「だってジュースの気分だったんだもん」フン

優子「そのくせ自分は三種類ぐらい適当なジュース混ぜたやつ持ってくるんですよ!?しかも二人分!」

優子「何で私まで飲む羽目に・・・酷いですよね!小学生かっ!って思いますよね!?」

香織「飲んだんだ・・・っていうか二人でファミレスとか行くんだ・・・」

香織「えーと・・・中川さん・・・くれぐれもお店の迷惑にはならないようにね・・・?」



11 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 22:26:40.99 ID:NM7DmjxIo

夏紀「は、はい、スミマセン・・・」

優子「やーい、怒られた!」

夏紀「うっさい!それなら優子だって、この間・・・!」


『きのこソースのハンバーグステーキ、お待たせしましたー』

夏紀『はい、こっちですー、どうも』

夏紀『~♪』

優子「あっ!それ期間限定の・・・食べてみたかったのよねー」

優子「ね、一口だけ・・・」

夏紀「絶対にヤダ」パクッ

優子「む、むうぅ・・・!スキありっ!」ヒョイパク

夏紀「ちょっ何・・・!?し、信じらんない!」

優子「ふむふむ、まあまあね・・・あ、ポテトについてたパセリあげるから、許して?」

夏紀「許すか!」ヒョイパク

優子「あー!私の海老ドリアー!」

夏紀『はい、これでチャラ!』モグモグ

優子『ずるいー!夏紀の一口の方が大きかったー! 』

夏紀『そっちが先に手出したんだからこれで相子!』

優子『もう一口食べさせろー!』

ギャーギャー


夏紀「ということが・・・」

香織(既に迷惑かけてるじゃない・・・)



13 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 22:53:24.55 ID:NM7DmjxIo

香織「優子ちゃん?」

優子「うっ・・・確かにあの時は私が・・・でも後で謝ったじゃない・・・」

夏紀「食い物の恨みは恐ろしいんだよ」

香織「そうだね、親しき仲にも礼儀あり、よね」

夏紀「そうそう・・・」

「「って!別に親しくないです!」」

香織「あら、息ぴったり」

優子「マネすんじゃないわよ!」

夏紀「そっちこそ!」

優子「よくもせんぱいの前で恥かかせてくれたわね・・・!こっちも暴露してやる!」

優子「あれは映画を見に行った時・・・!」

夏紀「ちょっと!それは話さないって・・・!」

優子「あんたも赤っ恥かくといいわ!」フン



14 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:05:20.96 ID:NM7DmjxIo

アナタガホシイ! イヤデス!

優子(・・・なんかイマイチね、この映画)

優子(・・・)チラ

夏紀『サクサクサク』

優子(うわっ!すごい勢いでポップコーン食べてる!スクリーン見てもいないし!)

優子(ロコツな奴ね・・・)

優子(面白いから見てるふりしてよっと)

夏紀『・・・』ウトウト

優子(食べ終わったみたいね)

夏紀『・・・くー』コテン

優子(寄りかかってきた。重い)

夏紀『かー・・・』グテー

優子『ぷくっ・・・くく・・・!』

優子(口半開きで、面白いカオ・・・!)クスクス

優子(写真撮っちゃおっと!)カシャー


優子「ほんっとバカみたいで・・・!あ、写真見ますか?」

香織「あの、映画館では携帯の電源を・・・」

夏紀「ちょっと!それ消したって言わなかった!?」

優子「誰が消すか!ウソよウソ!はー何度見ても笑えるわー!」

夏紀「このっ!け、せー・・・!」グググ

優子「い、や、よー・・・!」グググ

香織(帰りたい)



15 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:21:42.78 ID:NM7DmjxIo

夏紀「この・・・!もうばらす!色々言ってやる!」

優子「ふん!私に言われて困る事なんて・・・」

夏紀「そ、そうそう、こいつ!この年になって抱き枕が無いと眠れないんですよ!」

優子「ちょっ!?それは本当にダメ・・・!せんぱいっ!コイツの言うこと全部デタラメですよっ!」

夏紀「あれは今年の合宿・・・」

優子「やめろっつってんでしょー!」


夏紀『・・・じゃー電気消すよー』

ハーイ オヤスミ

夏紀『よっこいしょ・・・っと』ファサ

優子『よっ』ヒョコ

夏紀『よっ、じゃねーよ自分の布団に戻れ』バサッ

優子『もがっ!ちょ!ギブ!ギブ!」ペチペチ

夏紀『何の用?』

優子『いや・・・私、抱き枕無いと寝れなくて・・・』モジモジ

夏紀『そうなんだ、戻れ』

優子『いや!だから、私の抱き枕にしてやるって言ってるのよ!ありがたく思え!』

夏紀『他の友達に頼め、ってか友達いないの?』ゲシッ

優子『こ、こんなのまともな友達に頼めるわけないでしょ!そんなこともわかんないの!?』

夏紀『なんでさっきから上から目線なんだよ・・・あーもう眠いから勝手にしろ』コテン

優子『よしっ、それでいいっ』ギュッ



16 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:29:31.32 ID:NM7DmjxIo

夏紀『・・・』

優子『・・・』

夏紀『吐息が首筋に当たってキモいから、息止めてくんない?朝まで』

優子『死んじゃうんだけどそれ』

夏紀『あたしは別にかまわない』

優子『薄情者め』

夏紀『友達じゃないし』

優子『・・・ま、そーね』

夏紀『・・・おやすみ』

優子『・・・うん』


夏紀「って!超子供っぽいですよね!」ケラケラ

優子「うわバカだ!マジで言いやがったこいつ!くたばれー!」ポカポカ

香織(抱き枕うんぬんより衝撃的な話があったんだけど・・・)

夏紀「くたばるのはそっち!」ポカポカ

香織「・・・そっか」

香織(仲の良さなんて定規で量れるものじゃなくて、形は人それぞれ)

香織(本音をぶつけ合っても一緒にいられる関係なんて、少し羨ましく思っちゃうな)

香織「いいなぁ、親友同士って」

「「親友なんかじゃないですからっ!」」

おわり



17 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:39:44.25 ID:NM7DmjxIo

彼氏騒動

希美「優子に彼氏が出来たらしいんだが」

夏紀「・・・は?」

希美「優子にかれ」

夏紀「いや聞こえなかったわけじゃなくて。何言ってんの?」

希美「うむ。うちのお母さんが優子のお母さんから聞いたらしい」

夏紀「あり得ないんですけど、あいつに彼氏とか」

希美「いやいや、電話で彼氏と話してるとこ聞いたとか、何度かデートも行ってるみたいとか・・・」

夏紀「アリエンナインデスケド、ハハッ」

夏紀「というか優子のどこが良いわけ!?あいつに良いところなんて無いよ!」

希美「うーん・・・見た目、とか・・・?」

夏紀「・・・まぁ、かろうじて・・・」

希美「あと、その人の前では猫被ってるとか!優子得意そうじゃん、なんとなく」

夏紀「あー・・・それは確かに・・・」

夏紀「って、それだとあいつが詐欺師みたいなんだけど!」

希美「んー、当人同士が幸せなら良いんじゃない?もしかしたら全部わかった上で好き、ってことも・・・」

夏紀「ないないない!それは絶対に無いから!」

夏紀「大体、別に変わった様子なんて・・・」

希美「えー?でも恋は傍目にわからないって言うし・・・」

夏紀「ない!断じて無い!」

希美「え・・・ちょ、何怒ってんの?」

夏紀「怒ってない!これは・・・そう!あいつに先越されてイラついてるだけだから!」

希美「おーコワ・・・あ、真偽のほど、本人に聞いといて~」バーイ

夏紀「誰が聞くかっ!」



19 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:42:49.50 ID:NM7DmjxIo

―部活中―

夏紀(とは言ったものの・・・少し気になるな・・・)

夏紀(いやいや、別にどんな奴と・・・とかじゃなくて!どうせ何かの勘違いだから、そうに決まってる!)

優子「すみません、今日予定があって・・・部活早退してもいいですか?」

滝「予定があるなら仕方ありませんが・・・次回からはなるべく事前に教えてください」

優子「はっ!はい・・・スミマセン、お疲れ様でした」テテテ

夏紀「お?どうしたの?サボり?」ニヤニヤ

優子「うっさいわね・・・!今日はあんたに構ってる時間は無いの!大事な約束なんだから・・・」

夏紀「約束?誰と!?」

優子「だ、誰だって良いでしょ!あんたには関係無いわ!じゃあねっ!」

バタン

夏紀「・・・」



20 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:47:27.61 ID:NM7DmjxIo

みどり「先輩のあの照れ方・・・!デートですよデート!間違いないです!」

葉月「いや、デートで練習休むってどうなの・・・」

みどり「部活的にはアウトかも知れませんが、みどりは応援します!だって恋する乙女のパワーは・・・!」

夏紀「そこっ!私語うるさいっ!」ギロッ

みどり「ひいっ!ご、ごめんなさい・・・」ビクッ

葉月「うわー、なんか荒れてるなー、先輩・・・」ヒソヒソ

みどり「それだけ練習に熱が入ってる、ってことですよ葉月ちゃん!」ヒソヒソ

葉月(何か違う気がするんだけど・・・)

夏紀(やば、何後輩にきつく当たってんだあたし・・・)

夏紀(あー!あいつのせいで何か調子狂う・・・!)イライライラ

久美子(あの日・・・かな?)

夏紀「・・・」ギロッ

久美子「ひいぃっ!すみません!」

久美子(声に出してないのにー!)

夏紀(ダメだ、なんか怖がられてる・・・)

夏紀(忘れないと・・・!忘れろ、忘れろ・・・!)ゴゴゴ

久美子(怒りのオーラがー!)ヒー



22 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:51:12.07 ID:NM7DmjxIo

―次の日―

夏紀(結局昨日は練習にも身が入らなかった・・・)

夏紀(もう!このもやもや、はっきりさせてやる・・・!)

夏紀「優子!ちょっと!」

優子「ひゃっ!?な、なによ、びっくり・・・するじゃない・・・もうっ!」カァ

夏紀「?」

夏紀「あの、聞きたいことあるんだけど」

希美「ちょっと待ったぁー!」

夏紀「希美?」

希美「ちょっと夏紀借りてくね!じゃっ!」

優子「あ・・・えっ?」



23 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:54:31.57 ID:NM7DmjxIo

夏紀「何?話の途中に・・・」

希美「あのっ!ごめん!昨日のアレ、早とちり!」

夏紀「・・・はい?」

希美「うむ・・・昨日優子本人に尋ねたらしいんだよ。そしたら・・・」

優子『はぁ!?かっ、彼氏とかありえないから!アイツはただの女ともっ、知り合いよ!』

希美「って」

夏紀「・・・つまり?」

希美「友達と電話してるのに、あんま仲良さそうだから彼氏と勘違いした!相手の名前で男の子かと思ったみたい!以上!」

夏紀「な、なんだぁ~・・・」ヘタッ

夏紀「じゃ、なくて・・・やっぱりそんなことだろうと思ってたよ!」

希美「あはは・・・安心した?」

夏紀「別に・・・あいつが誰とどうしたとか、全く興味ないから!」

希美「ふふっ、昨日と言ってること違わない?」

夏紀「違わない!」

優子「ちょっと夏紀~?何か話あるなら早くしてくんない?」

夏紀「別に無いよっ」ベー

優子「なっ!わざわざ聞いてあげたのにその態度何っ!」

夏紀「あはは!そんなだからいつまで経っても恋人が出来ないんだよっ!」

優子「なっ!よ、余計なお世話よっ!用無いなら練習に戻れ!しっしっ!」ガー

夏紀「それこそ余計なお世話ですー!」

夏紀(にしても・・・)

夏紀(優子と仲の良い友達で男に間違われる名前って・・・誰だろう?)

おわり



24 : ◆FRtTimAs0A 2015/12/24(木) 23:59:58.92 ID:NM7DmjxIo

ご覧頂きありがとうございました
ユーフォ劇場版&二期決定をついこないだ知ったので。今から二年組の出番に期待です
甘甘もいいけどツンツンで無自覚で犬猿なところがなかよし川の魅力だと思うのです


怪談というかホラーネタは思いついたけど膨らみませんでした。意外とリボン先輩はそういうの平気で夏紀先輩がめっちゃビビリながら強がるイメージが浮かびました。なんとなく



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/25(金) 01:07:23.36 ID:SUSvSeOko




 
響け!ユーフォニアム 6 [Blu-ray]



他のおすすめSS
【響け!】黄前ちゃんと高坂ちゃん以外で妄想SS【ユーフォニアム】
【響け!ユーフォニアム】二人の県祭り
【響け!】久美子と麗奈の仲良し妄想SS【ユーフォニアム
【響け!】久美子と麗奈のお祭後妄想SS【ユーフォニアム】
【響け!】麗奈「昔の偉い人は言いました」【ユーフォニアム】
【響け!ユーフォニアム】夏紀「初めての」優子「お泊り会!」



僕は友達が少ないNEXT 柏崎星奈 水着Ver. (1/4スケール PVC製塗装済み完成品)
すーぱーそに子 ソニコミパッケージver. -Berry!- (1/5スケール PVC製塗装済み完成品)
聖闘士聖衣神話 フェニックス一輝 神聖衣 -10th Anniversary Edition-
figma アイドルマスター シンデレラガールズ 神崎蘭子 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) Figure-rise 6 劇場版ワイルドタイガー Style 2 (TIGER & BUNNY)