転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1447247697/

1 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 22:14:57.60 ID:fKVedapH0.net

にこ「……」カタカタカタカタカタカタ…

にこ「こんなもんかしらね」ッターン

にこ「ん~…」ググッ

にこ「さて、まだ他の子は集まってないし、何してようかしら」

にこ「……あ、そうだ」



2 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 22:21:07.23 ID:fKVedapH0.net

フキフキフキフキ…


にこ「ふんふ~ん♪」

にこ「ここのところ練習練習で結構部室が汚れてたから、ちょうどよかったわね」ゴシゴシ

ピカーン

にこ「よし、これで一通り終わったわね」

にこ「あ、そうだ。グッズとか置いてある棚も綺麗にしなきゃ」

ゴソゴソ

にこ「むむむ…ちょっと色々置きすぎたわね。取り出しにく…」

グラッ…

にこ「あ」



3 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 22:28:19.00 ID:fKVedapH0.net

凛「ぶっかつぶっかつ~♪」

真姫「まったく、さっきまで寝てたくせに」

凛「えへへ、部活の時間は別にゃー」

真姫「テストが悲惨なことになっても知らないわよ」

凛「ま、真姫ちゃん、その時は助けてくれるよね…?」

真姫「……」

凛「なんか言ってよー!」

花陽「あ、あはは。凛ちゃん、授業はちゃんと受けなきゃダメだよ?」

凛「うぅ~…」

真姫「もー、トーゼンのことで…」


バッターーーン!!



まきりんぱな「!?」



4 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 22:36:59.50 ID:fKVedapH0.net

真姫「な、なんなのよ今の音!?」

花陽「ぶ、部室の方からだったよ!」

凛「急いで行くにゃー!」ダッ



━━


にこ「きゅぅ……」

真姫「に、にこちゃん!?」

凛「にこちゃんがのびてるにゃ!」

真姫「ちょっと、大丈夫!?」

にこ「う、う~ん……」

凛「見た感じ、血とかは出てないみたいだけど…あ、頭にでっかいタンコブが出来てる」

真姫「ふぅ、良かった。気を失ってるだけみたいね。あら、これは…」

凛「『伝伝伝』だね。これが頭にぶつかったのかぁ」

真姫「大方、棚の整理してる時にこれが頭に落ちてきた、ってところかしら」

凛「大事じゃなくて良かったぁ…ね、かよちん」

花陽「……」



花陽「果たしてそうなのかな?」



真姫・凛「え?」



6 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 22:47:28.24 ID:fKVedapH0.net

真姫「ちょ、ちょっと花陽? この状況、どうみてもそれ以外考えられないわよ?」

花陽「……」

凛「かよちん、何か引っかかるの?」

花陽「確かにそのまま受け取ればこれはただの事故。にこちゃんの不注意が招いた悲劇……」

花陽「でも、もしも……にこちゃんの殺害を目的とした何者かの犯行だとしたら?」

凛「!?」

真姫「いやにこちゃん死んでないから!」

にこ「にこぉ……」ぐったり

花陽「まだ終わらせる訳にはいきません…この簡単な事件……」




花陽「私が33レスもたせてみせます!」



7 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 22:55:27.37 ID:fKVedapH0.net

普通にやればたった5レスで終わる超簡単な事件を、正味33レス分の文量いっぱいまで、何とかもたせる名(迷)探偵。


その名も、33レス探偵スクールアイドル・小泉花陽。


次々と繰り出される推理に、ガンガン増える一方の容疑者。


その果てに、真犯人は見つかるのか、見つからないのか……



※只今、6レス目です。



10 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 23:04:08.86 ID:fKVedapH0.net

花陽「……」フムフム



真姫「ねぇ凛、花陽はどうしちゃったわけ?」ボソボソ

凛「そういえば最近探偵ドラマにはまってるって言ってたにゃ」ボソボソ

真姫「あんな衣装まで用意して何か調べてるみたいだけど…事件も何もないでしょこれ」ボソボソ

凛「かよちん、ハマる時はとことんまでハマるタイプだから…」ボソボソ

真姫「たしかに、アイドルのことで暴走してる時にちょっと似てるかも…」


花陽「!!…これは…」

花陽「二人とも! すぐに他のメンバーを部室に集めて!」


真姫・凛「え?」

花陽「……」ジッ

真姫・凛「は、はい」

真姫・凛(付き合うしかなさそうね(にゃ)……



11 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 23:13:57.70 ID:fKVedapH0.net

━━

穂乃果「急に部室に集まってって、どうしたの花陽ちゃん?」

海未「にこが頭を打って気絶したと聞きましたが…大丈夫なんですか?」

ことり「というか、保健室に連れてってあげた方がいいんじゃ…」

にこ「……」チーン

花陽「にこちゃんを動かす訳にはいきません。現場を荒らすと事件当時の様子が正確に再現できませんから」

絵里「事件? えっと、凛と真姫からは『伝伝伝』が頭にぶつかったって聞いたけど」

希「完全に事故やんなぁ…それがなんで事件になるん? 花陽ちゃん」

花陽「それは……これは事故などではなく」



花陽「事故を装い、にこちゃんを殺害するための計画殺人だったんです。そしてその犯人は━━」


花陽「この中にいます!」


ザワッ……!



真姫(だから死んでないって……)



12 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 23:26:45.11 ID:fKVedapH0.net

穂乃果「そ、そんな……!」

海未「私達の中に……」

ことり「にこちゃんを襲った犯人が……!?」

希「まさか、そんな……」

絵里「は、ハラショー…」

花陽「まず、事件発生時刻に皆が何をしていたか知りたいです。事件発生時、つまり今から約30分前、何をしていましたか?」

穂乃果「えーっと、私はお腹減ってたから、部活の前に腹ごしらえしようと購買にパンを買いに」

海未「私は弓道部に顔を出してました」

ことり「ことりはアルパカ小屋にいたよ」

希「ウチはクラスの子に占い頼まれてん、教室にいたで」

絵里「私は職員室に呼び出されていたわ」

花陽「……なるほろ」

凛「あれ、それじゃあ…」

真姫「全員アリバイありってことね」

花陽「……」



13 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 23:39:17.02 ID:fKVedapH0.net

凛「う~ん、これはちょっと厳しいにゃ……」

真姫「花陽、もう無理よ。…プロットなしの見切り発車で33レスもたすなんて…」

海未「メンバー全員にアリバイがあるのでは、やはりこれは事故ということになるのでは」

花陽「……犯行は、部室にいなければ行えないわけではないでしょう?」

穂乃果「え?」

海未「どういう意味ですか?」

花陽「これを見てください」


ビュゥゥゥゥ…


ことり「部室の窓が開いてる…うぅ、どうりで寒いわけだよぅ…」

希「なんでこの寒い時期に窓が開いてるん?」

花陽「それは…窓が開いていなければ犯行が行えなかったから。だよね?」

花陽「……海未ちゃん」


「「「!?」」」


海未「なっ…」



14 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-L6Z+) 2015/11/11(水) 23:50:01.96 ID:fKVedapH0.net

穂乃果「えぇっ!? 海未ちゃんが犯人なの!?」

ことり「海未ちゃん、そんな……」

絵里「海未、なんてことを……!」

海未「ちょちょちょ、待って下さい! なんで私が犯人なんですか!? 納得できません!」

花陽「海未ちゃんのいた場所は弓道場、そうだよね?」

海未「そうです! 弓道場と部室がどれだけ離れてると思っているんですか!」

花陽「そう、物理的に海未ちゃんがにこちゃんを襲うことは不可能……けど」

花陽「それは、丸腰に限った話。武器があれば、弓道場からでも部室にいるにこちゃんを狙うことは可能……!」

希「武器……?」

凛「そんな…弓道場からここまで何メートルも離れてるのに…」

真姫「! まさか……!」

花陽「気づいたようだね真姫ちゃん。そう…あるでしょう? 遠距離から獲物を狙うのにうってつけの…」

花陽「弓が……!」




「「「……!!」」」



16 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 00:09:36.93 ID:0krqyBbd0.net

花陽「海未ちゃんはあらかじめにこちゃんに窓を開けるように頼んでおいたんだよ」

花陽「こう……今日は天気いいから窓開けて外見てみるといいよ的な感じで」

穂乃果「なるほど、それなら怪しまれずに窓を開けさせられるね!」

真姫「いやぁ~…無理でしょ」

花陽「そして海未ちゃんは弓道の練習中に部員に怪しまれないタイミングを見計らって外に出て…弓で部室に狙いを定める」

花陽「トイレに行ってくるとかいくらでも言い訳はつけられるからね」

絵里「そうか、弓道着を着て弓を持っていれば誰も海未を怪しまない…! 弓道の練習だと思うわ!」

凛「ちょっと厳しくないかにゃ~?」

花陽「矢でにこちゃんを狙うも狙いがそれて矢は『伝伝伝』に当たって落ちた」

花陽「にこちゃんはその時に驚いて足を滑らせて床に頭を打って気絶…こんなところかな」

希「…ん? 打った矢はどうやって回収したん?」

花陽「……」

花陽「矢にあらかじめヒモをくくりつけておいたんです。で、打った後頑張って思いっきり引っ張って回収したんですよ」

ことり「おぉ~…」

海未「感心しないでくださいことり!」



17 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 00:19:16.72 ID:0krqyBbd0.net

花陽「これだけ証拠が揃ってるのに往生際が悪いよ海未ちゃん」

海未「……はぁ、花陽。確かに私は弓道部に顔を出したと言いましたが…」



海未「ミーティングに参加してきただけで、弓は扱っていませんよ」



花陽「……」

海未「弓道部の方に聞いてもらえればいくらでも裏が取れますよ?」

花陽「……」ゴソゴソ

花陽「どうぞ海未ちゃん。お詫びの印です」つおにぎり

海未「これはどうも」

花陽「海未ちゃんの身の潔白は証明されました。……しかし!」

花陽「穂乃果ちゃん! 私の追求から逃れられるかな!?」ビシッ

穂乃果「うぇぇっ!? 私!?」

真姫(ノリノリね花陽)

凛(このかよちんは……ちょっと…)



19 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 00:29:14.93 ID:0krqyBbd0.net

ことり「穂乃果ちゃんは購買に行ってたんだよね? さすがににこちゃんを襲うのは無理なんじゃ…」

穂乃果「うんうん、そうだよ花陽ちゃん。穂乃果には出来るわけないよっ!」

花陽「さっきも言ったでしょう? にこちゃんを襲うのに必ずしも部室にいる必要はないんです」

海未「また弓でも使ったというのですか?」

絵里「購買と部室は同じ校舎内にあるわ。いくらなんでも無理よ」

花陽「いえ、穂乃果ちゃんは既に事件の前日に罠を張っていたんです」

希「事件の前日? いったいどうやって…?」

花陽「皆さん覚えていませんか? 昨日の部活が終わったあと━━」

花陽「穂乃果ちゃんから、ほむまんの差し入れがあったことを!」

凛「ほむまん…」

真姫「ま、まさか…!」

花陽「……そう」




花陽「毒です……!」



「「「……!!」」」



20 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 00:39:39.25 ID:0krqyBbd0.net

花陽「ほむまんの内、にこちゃんの分にだけ穂乃果ちゃんは毒を仕込んだんです」

花陽「怪しまれないよう、毒が効く時間をにこちゃんが頭に『伝伝伝』をぶつけて気絶する時間に合わせて…」

真姫「どうやって合わせんのよそれ」

花陽「しかし穂乃果ちゃんは毒の量を見誤った。にこちゃんは気絶で済んで、この事件は事故として葬られる」

花陽「残るのはにこちゃんの頭のタンコブのみ、ってところですね」

凛「かよちん、推理ってより妄想だよそれ」

花陽「さぁ穂乃果ちゃん! どうやって言い逃れるつもりですか!?」



21 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 00:52:55.17 ID:0krqyBbd0.net

穂乃果「あの……花陽ちゃん?」

花陽「なんでしょう」

穂乃果「確かに昨日ほむまんを差し入れしたけどさ…」



穂乃果「にこちゃんの分、間違えて私が食べちゃったんだけど…」



海未「ああ、そういえば怒ってましたね、にこ」

ことり「そのことであんなに怒ってたんだね」

穂乃果「えへへ、後でまた持ってくるからって謝っといたんだけど」

希「はは、穂乃果ちゃんらしいなぁ」

絵里「もう、穂乃果ったら」

花陽「……穂乃果ちゃん」

穂乃果「ん?」

花陽「どうぞ」つおにぎり

穂乃果「わ、ありがとう」

花陽「じゃあ次は……絵里ちゃん!」

絵里「わ、私?」

真姫「次はって…」

凛「全員当てそうな気がするにゃ」



32 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 10:02:52.01 ID:0krqyBbd0.net

希「エリチは職員室に呼び出されてたって話やけど…」

穂乃果「なんで呼び出されてたの?」

絵里「進路のことでちょっとね。三年生になると色々あるのよ」

凛「うわ~、まだ考えたくないにゃ…」

真姫「凛はとりあえず授業中寝ないようにしなさい」

海未「真姫、その話詳しく聞かせてもらっても?」

凛「わー!! な、何でもないよ海未ちゃん!!」

花陽「……」

ことり「……あ! 花陽ちゃん、それで何で絵里ちゃんが犯人だと思うの?」

花陽「ありがとうことりちゃん」



33 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 10:17:59.79 ID:0krqyBbd0.net

花陽「そう、絵里ちゃんは凛ちゃんとは違って成績優秀、品行方正な優等生です」

凛「か、かよちんひどいにゃ…」

真姫「はっきり言いすぎでしょ」

花陽「そしてその絵里ちゃんにしか使えない手段でにこちゃんを襲ったのです」

希「エリチにしか使えない手段?」

穂乃果「ん~、なんだろ?」

海未「職員室にいながらにして、にこを襲う手段などあるのでしょうか」

花陽「絵里ちゃん本人には不可能でしょうね」

ことり「え? ど、どういうこと?」

絵里「花陽、言ってることが支離滅裂よ? 私が犯人って言っておきながら、私には不可能って…」

花陽「『絵里ちゃん本人には』…ね」

真姫「!……花陽、あなたまさか…!」

花陽「そうです。にこちゃんに手を下したのは……」




花陽「絵里ちゃんの共犯者なのです!」




「「「……!!」」」



36 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 10:50:36.56 ID:0krqyBbd0.net

花陽「先ほど述べた理由に加え、先生や生徒からの信頼も厚い絵里ちゃんならば、交渉も容易です」

花陽「『にこちゃんを襲え』……共犯者を作るにはその一言で十分すぎたのです」

穂乃果「絵里ちゃん…恐ろしい子!」

海未「あぁ、何ということでしょう…」

凛「いきなり誰かを襲えって言われて襲える人間の方が恐ろしいにゃ」

花陽「窓が開いていたのは実行犯がそこから逃げだしたからです」

花陽「にこちゃんが倒れた時、予想外に大きな音がしましたから、すぐに誰か駆けつけてくると思ったのでしょう」

花陽「『伝伝伝』は、慌てて逃げる時に思わず落っことしてしまったんです」

ことり「なるほど~」

希「うーん…でも部室の窓から慌てて生徒が出てきたら、さすがに誰か見てるんやない?」

花陽「ふふ、希ちゃん。いつから共犯者が一人だと思ったんですか?」

花陽「絵里ちゃんは味方につけたんですよ……アイドル研究部を除く音ノ木坂の生徒や教員、その全てを!」

希「な…なんやとぉぉぉぉ!?」

真姫「エリーの信頼はどんだけ厚いのよ」



37 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 11:09:05.89 ID:0krqyBbd0.net

花陽「『何か起きても見て見ぬフリしてね♪』と共犯者全員に言っておけば、目撃者などいなかったも同然です!」

花陽「仮に聞き込みを行っても、犯人を見たという証言は出てこない…当然ですね」

花陽「だってその人共犯者ですから!」

花陽「このトリックが使えるのは絵里ちゃんをおいて他にいません! さぁ、弁明があるなら聞きますよ絵里ちゃん!!」

凛「トリック……?」

絵里「……」

絵里「……ふふ」

花陽「!」

絵里「一点の曇りもない見事な推理。ハラショーよ、花陽」

真姫「エリーの目が曇ってるんだと思うわ」

絵里「でもね、あなたは大事なことを忘れているわよ?」

花陽「大事なこと…?」



38 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 11:31:00.65 ID:0krqyBbd0.net

絵里「そう。知ってるかしら?」

絵里「学内には、防犯のため監視カメラが設置されていることを!」

花陽「監視カメラ……!」

絵里「部室の前にも設置されているわ。それを確認すれば花陽達の前に誰か部室に入ったか分かる」

花陽「ふむ。にこちゃんの前に部室に誰かが潜んでいたかどうかも検証できますね。それでは確認してみましょう」



ー確認した結果、誰も入ってきてなかったー



花陽「……」

真姫「ていうかこういうのって普通は最初に確認しとくわよね」

花陽「カメラが差し替えられたのかも…」

凛「そんなこともなかったにゃ」

花陽「……」つおにぎり

花陽「……」むしゃり…

花陽「絵里ちゃんごめんなさい」つにぎり

絵里「なんでちょっと食べたの!?」

花陽「さぁ、次はことりちゃんですよっ!」ビシッ

ことり「ぴぃっ!?」



39 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 11:48:02.88 ID:0krqyBbd0.net

穂乃果「ことりちゃんはアルパカ小屋にいたんだよね」

海未「ことりも好きですね」

ことり「えへへ、モフモフでフワフワで可愛いんだよ~」

花陽「ええ、その通りです。アルパカさんは可愛いのです」

花陽「飼育委員の私が思うに」

凛「かよちん、推理推理」

花陽「おっと」

花陽「こほん。ではことりちゃんが犯人である証明をします」

希「アルパカ小屋にいて、部室のにこっちを襲うのなんて無理や」

絵里「それにさっき分かった通り部室には誰も入ってきてないのよ?」

真姫「その上にこちゃんが倒れたらしい音がしたのと、私達が部室に駆けつけるまでの間は1分もない」

花陽「ええ、瞬間移動でもしない限りことりちゃんに犯行は不可能……」

花陽「そしてことりちゃんにはあるじゃないですか。限りなく瞬間移動に近い移動手段が……!」

真姫「…あなたまさか…いやまさか…ねぇ?」

花陽「そのまさかですよ」




花陽「アルパカさんです……!」




「「「……!!」」」



41 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 12:20:59.82 ID:0krqyBbd0.net

花陽「アルパカさんはのんびりした顔をしていますが、本気で走ると速いのです」

花陽「その速度は実に時速40キロ…! 原チャリにさえ並びます!」

穂乃果「あの原チャリに…!?」

海未「なんということでしょう…」

凛「意外に速いけどさ。大した速度じゃないよ?」

花陽「アルパカに跨り部室に向かったことりちゃんは窓から部室に浸入し、にこちゃんを『伝伝伝』で殴打」

花陽「監視カメラに姿がないのは当然ですね」

花陽「だって窓から入ったんですから!」

花陽「そして私達が来る前に時速40キロで逃走…ことりちゃんはゴリ押しのアリバイ工作をしたんです」

真姫「バレるっての」

希「ことりちゃん…顔に似合わず、なんて大胆不敵な…」

絵里「ハラショー…」

真姫「ていうかアリバイ工作って言いたいだけでしょ」



42 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 12:39:43.42 ID:0krqyBbd0.net

花陽「アルパカ大好きなことりちゃんがアルパカに乗って走り回っていても、周囲は『ああ、アルパカと戯れてるんだな』と思うばかり…」

花陽「自分が周りからどう思われているかを正確に把握し、それを見事利用したトリックですね」

花陽「しかし窓が開けっぱなしだったという小さなミスが、追求される隙を生み出してしまったのですよ」

花陽「さぁ、どうですかことりちゃん!」

ことり「うぅ、どうですかって言われても…」



ことり「私、アルパカさんに乗るのなんて無理だよぅ…」



花陽「……」

凛「まぁ…ねぇ」

真姫「ええ。そりゃあ無理よね」

花陽「…検証してみましょう」



43 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 12:47:14.70 ID:0krqyBbd0.net

アルパカ「フェェェェ」

ことり「あ、あの~、アルパカさん。ちょっといいかな?」

アルパカ「メェェ」

ことり「せ、背中に乗せて欲しいんだけど、なんて…」

アルパカ「メェ~~」

ことり「……」

ことり「え、え~~い!」

アルパカ「!? メェェ!」ベロン

ことり「ひゃぁぁぁぁ!?」

穂乃果「こ、ことりちゃーん!」

海未「ことりぃぃぃ!」




ー無理だったー




花陽「……」ニギリニギリ

凛「かよちん、おにぎりなくなったんだね」

花陽「さぁ」つおにぎり

ことり「うぅ…ありがと」

花陽「最後です、希ちゃん!」

希「おぉ、ようやくウチの番かー」

真姫「なんかもうヤケクソね…」



44 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 13:03:01.93 ID:0krqyBbd0.net

花陽「ここまでで26レス……ふふふ、犯人を暴いてハッピーエンドにするにはいい塩梅ですね」

穂乃果「まさか、希ちゃんが?」

海未「もう容疑者も残ってないですからね」

凛「かよちんにかかればその辺の虫も容疑者になりそうだけど」

真姫「ていうか消去法で犯人て決めつけるのは反則でしょ」

ことり「うぅ、まだベタベタするよぅ…」

絵里「希がにこを……?」

花陽「ではその方法をお聞かせしま…」

希「あんな花陽ちゃん、ウチずっと気になってたんやけど」

花陽「なんでしょう」

希「動機は?」

花陽「むむ?」

希「ウチらの中に犯人がいるとしたら、その動機は?」

花陽「……あ」

花陽「……」

花陽「では先にそれをご説明します」

凛「あ、って言ったにゃ」

真姫「あ、って言ったわね」



45 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 13:13:02.48 ID:0krqyBbd0.net

花陽「何故犯人はにこちゃんを襲ったのか?」

花陽「その答えは少し考えればすぐに分かります」

花陽「学校内で誰かが襲われる…この場合、十中八九人間関係のいざこざが原因です」

凛「え、そうなの?」

花陽「だから私はにこちゃんに近しい人達、アイドル研究部の中の誰かが犯人と睨みました」

真姫「で、動機は?」

花陽「……人間関係で、なんやかんやあったんですよ。にこちゃんを恨みたくなるような、何かが」

穂乃果「な…」

海未「そんな、μ'sの中に…そんな…」

ことり「にこちゃんに対して恨みを持つ人がいたってこと…?」

絵里「じゃあ花陽、そのなんやかんやっていうのは?」

花陽「はい。…なんやかんやは…」




「「「……」」」ゴクッ…



46 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 13:17:11.96 ID:0krqyBbd0.net

花陽「……!」


花陽「ッッッ…っ……っ…!」


花陽「~~~!」


花陽「っ…………っっ……っ!」


花陽「!……っっっ……っ…!」


花陽「~~~~~~~~~~っっっ!!」



47 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 13:18:44.50 ID:0krqyBbd0.net

花陽「なんやかんやですっ!!」



48 :名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ (スプー Sdf8-q8Yb) 2015/11/12(木) 13:20:11.81 ID:iIZhtc1Xd.net

29レスにてスレタイ回収



49 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa05-p/yE) 2015/11/12(木) 13:28:07.76 ID:WVysNx3oa.net

露骨なレス稼ぎ



50 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 13:32:29.26 ID:0krqyBbd0.net

穂乃果「!」

海未「……!!」

ことり「!?」

絵里「…?」

にこ「…むにゃ…」グー

凛(かよちん……推理物で一番重要な動機を…なんやかんやで済ませた!)

真姫「ていうか何今の溜め」

希「…」フム…

希「なら、方法は? 教室から一歩も出ず、共犯者もなしでにこっちを襲う…」

希「こんなの超能力でもなきゃ無理やんな」

花陽「……」ニヤリ

希「?」

花陽「だって、希ちゃんだよ? スピリチュアルだよ?」

凛「え? う、嘘でしょかよちん!?」

真姫「ダメよ花陽! その一線だけは超えちゃダメ! 探偵がそれ言ったら終わりよ!?」

花陽「希ちゃんといえばスピリチュアル、スピリチュアルといえば希ちゃん……そう」




花陽「希ちゃんは、超能力でにこちゃんを襲ったんだよ!!」




「「「……!!」」」



52 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-W+mq) 2015/11/12(木) 13:49:33.41 ID:0krqyBbd0.net

花陽「超能力なら場所なんて関係ないし、証拠も残らない」

花陽「テレキネシス的なアレで『伝伝伝』をにこちゃんの頭にぶつけるも、にこちゃんは気絶で済んだ」

花陽「動機はまぁ…なんやかんやあって…こう…希ちゃんは肩こりが酷いから…にこちゃんの胸に憧れてたとか、こう、ね? それで何となく恨むようになったみたいな」

花陽「そして容疑者はもう残ってないことから、一番犯人の可能性が高いのも希ちゃん」

花陽「QED」

花陽「さぁ、もう言い逃れ出来ないよ希ちゃん!」

希「……」



真姫「もう突っ込む気も起きないわ」

凛「ラーメン食べたい」

にこ「……う」

にこ「う~ん…痛たた…」

絵里「に、にこ! 目が覚めたのね!」



53 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 13:58:26.89 ID:0krqyBbd0.net

にこ「ん…絵里? ああそっか、私頭打って…」

穂乃果「に、にこちゃん! 誰にやられたの!?」

にこ「は?」

海未「花陽が推理していたところなんですよ。にこを襲った犯人は誰か、と」

にこ「いや犯人も何も…状況見れば分かるでしょうよ」



にこ「ふつーに『伝伝伝』が頭にぶつかっただけだけど」

凛・真姫「ですよね」




にこ「あれ意外と重いのよね~」

ことり「部室の窓が開いてたみたいだけど…あれはにこちゃんが?」

にこ「ん? ああ、そうよ。掃除中だったから空気の入れ替えしてたの」

絵里「なるほどね」



54 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-eWJR) 2015/11/12(木) 14:03:25.28 ID:zFRayI3M0.net

溜めの感じとかまさしく原作通りだな



55 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 14:07:53.14 ID:0krqyBbd0.net

花陽「……」

花陽「今回の事件も、無事に33レスもたせることが出来ました」

花陽「しかし、世にはまだまだもたせなければならない事件が沢山あるでしょう」

花陽「私はもたせてみせます。どんなことをしても、どんな代償を払っても、33レス分……!」

花陽「それが私、33レス探偵スクールアイドル、小泉花陽の役目ですから!」



希「さて、花陽ちゃん」

花陽「はい」

希「散々メンバーのこと疑ってくれたんや。覚悟は出来てるやんな?」ワキワキ

花陽「……そう」

花陽「どんな代償を払っても……!」



ワシワシワシワシワシワシワシッ……!



ピャァァァァァァァァァァァァァ……!!






ーFINー



56 :名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW e1cb-fHRZ) 2015/11/12(木) 14:16:29.94 ID:0krqyBbd0.net

元ネタはスクフェスの探偵かよちんのイラストと33分探偵

読んでくれた人ありがとうございました



60 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sabe-q8Yb) 2015/11/12(木) 14:30:05.01 ID:T+tGxSZfa.net

乙です
懐かしかった



64 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02ea-c1fe) 2015/11/12(木) 16:06:58.64 ID:vb9WMQqw0.net

おつー。ドラマ見てみようかな。




 
漫画家探偵ひよこ (2) (MFコミックス フラッパーシリーズ)



他のおすすめSS
穂乃果「こっくりさん、こっくりさん、おいでください」
穂乃果「ねぇ真姫ちゃん!…ん!」スッ 真姫「……?」
穂乃果「あれ…?もしかして俺くん!?」 俺「えっ、あっ…高坂…?」
穂乃果「あれ...?穂乃果って可愛い?」
穂乃果「匂い測定器」
穂乃果「海未ちゃん、キスしよう!」海未「はい?」



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ヘスティア 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ねんどろいど ストライクウィッチーズ2 サーニャ・V・リトヴャク ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
パルフォム P4U - ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ - ラビリスノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
figma アイドルマスター シンデレラガールズ 本田未央 シンデレラプロジェクトver. ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
To LOVEる-とらぶる-ダークネス 金色の闇 浴衣Ver. 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア