転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453736221/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 00:37:01.57 ID:nCVjA6wk0

初投稿です。

口調・キャラ崩壊注意。

色々戸惑うかもしれませんがよろしくお願いします。





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 00:43:12.00 ID:nCVjA6wk0

春香「今日も事務所でお留守番かぁ」

響「そう愚痴っても仕方ないぞ。春香」

春香「あ、響ちゃんいたんだ」

響「当たり前だろ。春香を一人にはさせない」

春香「響ちゃんもお仕事がないだけだよね……。あぁ~、お仕事欲しいなぁ……」

響「あ、春香。テレビのリモコン取って」

春香「私の愚痴には付き合ってくれないんだね……。はい、どうぞ」

響「ん。ありがと」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 00:52:17.29 ID:nCVjA6wk0

春香「今日何か面白い番組してたっけ?」

響「ちょうど千早がオファーもらった歌番組やってるぞ」

春香「あぁ、千早ちゃんね。最近テレビでよく見るよね」

響「千早の歌は完璧だからな。近頃は前みたいなとげもなくなって、引っ張りだこさー」

春香「本当、丸くなったよねー千早ちゃん。前は『私に頼れる人は春香しかしないの!』みたいな感じで私にべったりだったのに」

響「いや、それは春香の妄想だろ。たしかに仲はいいけどさ」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 01:02:26.04 ID:nCVjA6wk0

春香「あと最近よく見るといえば真もだよね」

響「そうだな。運動神経抜群でイケメン。運動神経だけなら自分も自信あるんだけどなぁ」

春香「たしかに運動神経だけなら響ちゃんも負けてないけどさ……。響ちゃんできる?生放送中に倒れた共演者をお姫様抱っこで病院まで運ぶの」

響「いや、自分には無理だな……。たぶんテンパって何もできないと思う」

春香「そういうところも真はイケメンだからね。伊達に王子様なんて呼ばれてないよ」

響「そうだよなー。抱かれたい男ランキング三位まで入っちゃったからな」

春香「知ってる?あれ取材では笑顔で『いやー、まさかボクが三位になるなんて驚きましたけどとても光栄です』なんてかっこつけたけど、裏で号泣してたらしいよ」

響「……喜びで?」

春香「だったらよかったんだけど……。まぁ悲しみの涙だよね」

響「うわぁ……。一応聞いてみたけどやっぱりそっちかぁ……」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 01:18:41.78 ID:nCVjA6wk0

春香「他には……やよいはお料理番組担当してるし、貴音さんはグルメ番組。雪歩はファッション雑誌の表紙を飾ることも多くなってきたよね」

響「真美は多芸だから色んな番組で活躍中。美希はドラマなど女優業が波に乗ってるし、竜宮は……言うまでもないな」

春香「じゃあ私たちは?」

響「自分は動物番組に呼ばれたことがあるぞ。……ハム蔵がメインだったけど」

春香「私は近頃全くお呼びがかかりません!」

響「あれ?自分たちって何ができるんだ?」

春香「……深く考えると傷つくからやめよ?」

響「春香から言い出したのに……」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 01:24:22.51 ID:nCVjA6wk0

春香「あとさ、誰もいないからちょっと気になること言っていい?」

響「いいぞ。自分が受け止められる範囲で頼むな?」

春香「大丈夫。そんな爆弾発言しないから。……あのさ、アイドルって恋愛禁止じゃん」

響「あぁー、わかった。最後まで言わないでいいぞ」

春香「うん。あれさ、みんなスルーしてるけど実際大問題じゃない?」

響「そうだよな。常時告白してるようなものだもんな」

春香「あれかな?マーキングみたいなもんかな?」

響「その例えはどうかと思うぞ……」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 01:31:11.69 ID:nCVjA6wk0

春香「『これがアイドルの新しい形!マーキング系アイドル星井美希!』みたいな感じで売り出したらどうかと思うんだよね」

響「ニッチ過ぎて誰もついていけないと思う」

春香「だよねー。ふと授業中にこのネタ思いついて美希にメール送ったら『馬鹿なの?』って返ってきたもん」

響「しかも本人に送ったのか……」

春香「徹夜明けのテンションで送っちゃった」テヘペロ

響「徹夜明けでも送っちゃダメって判断できると思うぞ……」

春香「あと小鳥さんに送ったら『いいわね!』ってきて私の携帯が震えっぱなしだったよ……」

響「ピヨ子も大概だよなー……」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 01:38:32.12 ID:nCVjA6wk0

春香「小鳥さんって言えばさ。美希がプロデューサーにベタベタしてるときどんな反応してるか知ってる?」

響「ん?いやよく知らないな」

春香「簡単に言うとね。顔は笑顔はなんだけど拳はぶるぶる震えてるの」

響「なるほど。つまりは怒ってると」

春香「そうです。そしてこれがその時の動画です」

響「動画まで撮ってたのか……」

春香「この動画ね。暇なときに見直してるんだけど見るたびに発見があるんだよ」

響「へぇー。例えば?」

春香「あずささんの表情に注目してください」

響「んー?――あ!」

春香「お分かりいただけたでしょうか?」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 01:46:31.47 ID:nCVjA6wk0

響「美希のほうを見たとき一瞬だけ般若みたいな表情になった!」

春香「そうです。最初にこれを発見したときは鳥肌もんでしたよ」

響「あずささんもプロデューサー狙いだったのか……」

春香「そうみたいだね。運命の人は近くにいたみたいでよかったね」

響「その運命の人は他の人にとってもそうみたいだけどな……」

春香「小鳥さんと美希とあずささん、この中で誰が彼女になるのか目が離せませんね?」

響「そうだな。人事と考えたらとても面白いよな」

春香「まぁ、いつかは殺人事件が起こりそうで怖いけどね」

響「そういうことは思ってても口にださないほうがいいぞ」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 01:54:40.31 ID:nCVjA6wk0

春香「それにしても暇だよね。私も美希みたいに淫乱になったらお仕事もらえるのかな?」

響「なんで春香はちょくちょく美希をディスるんだ?美希のこと嫌いなの?」

春香「ううん、むしろ大好きだよ。大好きだからこんなにもディスれるんだよ?」

響「歪んだ愛情だなぁ。でも愛されてるだけマシなのかな?」

春香「……響ちゃんも好きだからね?この……バカ!バーカ!バーカ!」

響「うん。思いつかなかったら無理に言わなくていいからな」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:04:09.57 ID:nCVjA6wk0

春香「ごめんね響ちゃん。響ちゃんのこと好きだけど何も思いつかない……!」

響「うん、わかったから」

春香「ごめんね。響ちゃんのこと大好きだけどダメみたい。ごめんね……本当にごめんなさい。こんな私なんか響ちゃんは嫌いだよね」

響「わかった!わかったから!わかったからやめてくれ!」

春香「うぅ……こんなダメダメな私は穴掘って埋まってます~!」

響「春香ー!?」

春香「――ってキャラで売り出していこうと思うんだけどどうかな?」

響「扱いにくいからやめたほうがいいと思う」

春香「最後の部分が?」

響「何でそこだと思っちゃったのかなー?」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:13:16.11 ID:nCVjA6wk0

春香「ふふっ、軽いジョークだよ」

響「いや、ジョークで済む……のか?今の雪歩がもし聞いちゃってたら取り返しのつかないことになってたような……」

春香「大丈夫だよ、雪歩は優しいからね。焼き土下座1回もしたら許してくれるよ」

響「逆にそこまでして許さなかったら怖すぎるだろ……」

春香「それに今のは私の本心じゃないもの」

響「それはそうだぞ。今のがもし本心だったら――」

春香「実は全部このうさちゃんが喋ってたの。ねぇうさちゃん『そうだよ、響ちゃん』」

響「春香ー!?」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:22:12.12 ID:nCVjA6wk0

響「いやいや春香。裏声まで使って何してるんだよ」

春香「いや、普段の伊織の真似をしてみただけだよ」

響「なんで春香は仲間に喧嘩を売っていくの?」

春香「でも実は『伊織は幼いころ商売道具としてしか自分を見てもらえず、それに嫌気が差した伊織はうさぎのぬいぐるみを自分の唯一の友だちと思い込み過ごすようになった』っていう裏設定があるかもしれない」

響「重っ!その設定は重すぎるだろ!」

春香「そして閉じこもっていた彼女の心を救ったのは『うっうー!』という不思議な言語を話す一人の宇宙人でした」

響「全方面に敵を作り始めたな……」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:27:43.95 ID:nCVjA6wk0

春香「いやいや、人間も広い意味で捉えれば宇宙人ですよ」

響「たしかにそうだけどな。さっきの言い方は悪意しかなかったぞ……」

春香「はぁ……、これも全部暇な時間が悪いよね」

響「……まぁ、暇なのには同意するぞ」

春香「……響ちゃんだから言うけどね。実は私みんなに憧れてるんだ」

響「春香?」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:39:11.91 ID:nCVjA6wk0

春香「私の夢はアイドルになることだったんだ」

響「あぁ、たしかに言ってたな。『私夢だったアイドルになれてとてもうれしいです!』って」

春香「うん。……だから私の夢はもう叶ってるんだよね。『アイドルになりたい!』この一心で今まで頑張ってきたわけだから」

響「……」

春香「だからね、この先私はどうしていいか分からないの。千早ちゃんは自分の歌でいけるところまでいってみたい。真はかわいくなりたい。美希はキラキラしたい。みんな理由があるよね」

響「……」

春香「あずささんは運命の人を見つけたい。雪歩は弱気な自分を変えたい。伊織は親兄弟を見返したい」

響「……」

春香「やよいは家族に楽をさせてあげたい。貴音さんは故郷のため自分を高めたい。亜美真美は互いにライバル同士。そして響ちゃんは――」

響「東京で一人前のアイドルになって故郷のみんなを見返したい……」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:47:23.50 ID:nCVjA6wk0

春香「そうだよね。みんな夢に向かって全力で進んでる」

響「……律子は、律子はどうなんだ?律子も春香と同じでプロデューサーという夢を叶えてるぞ」

春香「ううん、律子さんの夢はトップアイドルをプロデュースすること。ただ漠然とアイドルになりたいだけだった私を比べちゃ失礼だよ」

響「春香……」

春香「だからね、私ここからどうすればいいか分からないの。事務所には毎日顔をだしてるし定期的にオーディションも受けてる。けど、肝心の自分がなりたいアイドル像が見えてこないの」

響「……」

春香「気がつけば他人の観察ばっかり上達しちゃって……。私どうすればいいかなぁ……」

響「……春香。実はな千早からメールが来てたんだ『春香が最近思い悩んでるから話でも聞いてあげて』って」

春香「千早ちゃんが?」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:52:26.93 ID:nCVjA6wk0

響「自分、春香の近くにいたのに気づくことができなかった……。いつもテレビの中の仲間を見て『自分だったらこうした』『自分だったらもっとうまくできた』なんて上から目線で見てた」

春香「響ちゃん……」

響「だから一番近くにいたはずなのに春香の異変に気づくことができなかった……」

春香「そんな……響ちゃんは関係ないよ。私が一人で考え込んでただけだから――」

響「いや、関係ある!自分はいつも自分のことしか考えてなかったんだ!……なぁ、春香自分とユニットを組んでくれないか?」

春香「……えぇ!?」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 02:57:27.46 ID:nCVjA6wk0

春香「ちょっ、ちょっとどうしたの急に?」

響「さっきまでの会話中ずっと思ってたんだ。春香は周りをよく見ているなって……。たぶん自分に足りないのはそういうところだから」

春香「響ちゃん……。でも私今のままじゃ――」

響「だから、自分の夢を春香と自分の夢にしてほしい!」

春香「えっ!?」

響「春香は責任感が強いからな!絶対嫌とは言わせないぞ!春香がこの話を受けなければ自分はアイドルを辞めるぞ!」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 03:02:09.98 ID:nCVjA6wk0

春香「響ちゃん……」

響「春香……。『一人ではできないこと 仲間とならできること』だ。自分は春香と一緒にトップアイドルになりたい」

春香「トップアイドル……」

響「あぁ、そうだ。それに春香の新しい目標もきっと努力し続ければ見つかるさー」

春香「響ちゃん……。プッ、ハハハハ!!」

響「ちょ、ちょっと何で笑うんだ!」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 03:08:13.68 ID:nCVjA6wk0

春香「フフ、だってもしプロデューサーさんが私たちのユニットを認めなければどうするの?響ちゃんアイドル辞めるの?」

響「あっ……」

春香「それともダダでもこねてみる?『春香とユニット組めなきゃ嫌バブー』って」

響「うぎゃー!なんで赤ちゃん言葉なんだよー!」

春香「新世代赤ちゃんアイドル爆弾!キャッチコピーは『私のおむつを取り替えるのは君だ!』カミングスーン!」

響「もうやめてよー!なんで春香は人をいじるときだけ目がそんなに輝くんだよー!」

春香「……見つけた!私のアイドル道!」

響「えっ!?」

春香「人をいじるのがこんなに気持ちいいとは……!」

響「春香ぁ!目を覚ませ!春香は禁忌に触れようとしてるぞ!!」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 03:15:27.91 ID:nCVjA6wk0

春香「なぁんちゃって。冗談だよ」

響「やばいぞ、春香が危ない趣味に目覚めて――って冗談!?」

春香「当たり前だよ。そんなアイドルいたら嫌でしょ?」

響「そ、そうだな。タチの悪い冗談はやめてほしいぞ……」

春香「ふふっ、ごめんね。未来のパートナーさん♪」

響「まぁ、反省したなら――って今パートナーって言ったか!?」

春香「うん。私響ちゃんとなら夢見つけられるかも」

響「……春香ぁ!!」ダキッ

春香「っとと、もーいきなり抱きつかないでよ響ちゃん♪」

響「だって、うれしくて――」

春香「同性愛か……」

響「変態だー!!」バッ

春香「あっ、急に離れないでよ……」シュン



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 03:23:05.88 ID:nCVjA6wk0

響「いや、耳元でそんな不吉な言葉が聞こえたら離れるだろう……」

春香「このままじゃ私『時代はこいつに追いつくのか!?人肌恋しく三千里抱きつき系アイドル天海春香』としてデビューしちゃうよ……」

響「ついに自分すらもいじっていくのか」

春香「得意技はクリンチです♪」

響「そっちかよ!」

春香「ふふっ、響ちゃんといると楽しいな」

響「ま、まぁな自分は完璧だし!」

春香「そうだね、完璧だからプロデューサーの説得もお願いね♪」

響「うっ、プロデューサーかぁ……。あの人ちょっと苦手なんだよなぁ……」

春香「美希に刺されそうになるから?」

響「断じて違うぞ!」

春香「じゃああずささん?それとも小鳥さん?」

響「はい、この話はお終い!プロデューサーぐらい自分にかかればなんくるないさー!!」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 03:35:09.58 ID:nCVjA6wk0

春香「――本当頼りにしてるからね、響ちゃん♪」ボソッ

響「うん?何か言ったか?」

春香「えへへ、私たちのユニット名何になるかなーって」

響「そうだな『なんくるシーサー』なんてどうだ?」

春香「それ私の要素がないよね?」

響「あっ、そうか……。自分名前つけるの得意なんだけどなー?」

春香「……それはボケ?それとも天然?」

響「えっ?春香は何を言ってるんだ?」

春香(ハム蔵、いぬ美、ヘビ香……)

春香「ううん、なんでもないよ」

響「変な春香……。でさぁ、衣装とかはこう――」

春香(響ちゃんありがとう。私ちょっとだけ頑張れる気がしてきたよ……)

響「で、ここはこうヒラヒラの――って春香?聞いてるの?」

春香「うん、聞いてるよ。お留守番してた私たちがトップを目指すには枕営業しかないって話だよね?」

響「うぎゃー!全然聞いてないじゃん!なんなのもー!」

春香「ふふっ、これからもよろしくね響ちゃん!」



END



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 03:36:50.00 ID:nCVjA6wk0

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ただ、事務所でしょうもない事話してる二人が書きたかっただけなのにどうしてこうなった……



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 03:39:25.86 ID:plZZsNSDO

おつおつばっちし☆


それで、二人が枕営業する話はマダー?



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 08:57:49.89 ID:wKyu3Rhk0


(安眠)枕(の売り込み)営業に行って大活躍しちゃうんだろうな




 
ムゲンノホシゾラ 2015winter



他のおすすめSS
P「貴音がTwitterをやってるだって?」
美希「ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ!」
伊織「お見合い」
美希「千早さんがう○こしてるよ!」
冬馬「安価で」春香「冒険を」玲音「始めよう」
冬馬「おっ○いを…揉ませてくれ…」



カードキャプターさくら ねんどろいど 木之本桜 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
figma ニンジャスレイヤー (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
IS [インフィニット・ストラトス]2 篠ノ之箒 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)
百花繚乱サムライブライド 柳生十兵衛 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)