転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1451866312/

1 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:11:52.04 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「えっ?」

真姫「だから・・・美味しいお店に連れて行ってあげるって言ってるのよ!」

ことり「いいの?行きたい!」

真姫「この真姫ちゃんに感謝してよね」

ことり「いつ連れて行ってもらえるのかな?」ワクワク

真姫「そうね・・・ちょうど明日は土曜日だし、学校前に集合でいいかしら?」

ことり「は~い♪」



2 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:12:46.61 ID:GZ/SYSgv.net

~~~~


ことり「お待たせ、真姫ちゃん!」

真姫「おはよう、ことり」

ことり「まだことりと真姫ちゃんだけなんだね」

ことり「みんなお寝坊さんなのかなぁ?」

真姫「今日は二人だけよ」

ことり「・・・へっ?」

真姫「だ、だから!今日はことりしか誘ってないって言ってるのよ!」

ことり「そ、そうだったんだぁ。ことり、てっきりみんなで行くのかと思ってたよぉ」

真姫「二人じゃ・・・嫌だったかしら?」

ことり「そんなことないよ!」

真姫「そう・・・じゃあ行きましょう」

ことり「うん」



4 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:13:39.49 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「どう?美味しそうでしょ?」

ことり「うわぁすごい美味しそう!」

真姫「この店は指定席なのよ、予約してあるから・・・こっちよ」

ことり「指定席?何だかすごいね」

真姫「はい、メニュー」

ことり「うん、ありがと」

ことり「・・・!?」

ことり(た、高い・・・何これ、高級店ってやつなの・・・?)

ことり「え、えっと・・・」

真姫「何でも頼んでいいわよ」



5 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:14:19.54 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「じゃ、じゃあ~ことりはこれにしようかなぁ・・・あははっ」

真姫「どれ?」

真姫「・・・それ、一番安いやつじゃない」

ことり「ことり、あんまりお金持ってなくて・・・」

真姫「今日は私が奢ってあげるんだから、もっと良い料理を注文しなさい」

ことり「えぇっ!?い、いいよそんなの!」

真姫「何よ、私の料理が食べれないって言いたいの?」

ことり「そ、そうじゃなくってぇ・・・」

真姫「お金ならたくさん持ってきたのよ、だから奢らせて」

ことり「で、でもぉ・・・」



7 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:14:58.95 ID:GZ/SYSgv.net

~~~~


ことり(結局奢ってもらっちゃった・・・)

真姫「ことり・・・その、どうだった?」

ことり「えっ?うん、とっても美味しかったよ!」

真姫「そう・・・ならよかったわ」

真姫「また行きましょ」

ことり「あははっ・・・お金があるときに・・・ね?」

真姫「私が奢ってあげるから気にしなくていいわ」

ことり「それはダメだよ!」

真姫「じゃあねことり、今日はありがとう」

ことり「う、うん。ことりこそありがとう」

ことり(下級生に奢ってもらったなんて・・・海未ちゃんにバレたら怒られちゃうよね・・・)

ことり(それにしても・・・ハンバーグが1万円もするなんて・・・)

ことり「・・・美味しかったけどいろんな意味で食べずらかったよぉ・・・」



8 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:15:50.91 ID:GZ/SYSgv.net

~~~



真姫「ことり、ちょっといいかしら?」

ことり「真姫ちゃんどうかしたの?」

真姫「じつはことりが好きそうな洋服屋さんを見つけたのよ」

ことり「えっ?そうなの!?」

真姫「それで、今度連れて行ってあげたいなと思ってるんだけど」

ことり「うん!行きたい!」

真姫「よかった、じゃあ明日の放課後に行きましょ」

ことり「でも明日って練習があったよね?」

真姫「明日は練習はナシって言ってたじゃない」

ことり「あれ?そうだったっけ?」

真姫「とにかく、明日ね」

ことり「はぁい!」



9 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:16:04.07 ID:fzNIGMIZ.net

金にモノを言わす真姫ちゃん



10 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:17:07.71 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


真姫「お待たせ、行きましょう」

ことり「案内よろしくお願いします♪」

真姫「この真姫ちゃんに任せなさい」



真姫「着いたわよ」

ことり「こんなところにお洋服屋さんがあったなんて知らなかったよぉ」

真姫「早く入りましょ」

ことり「うん!」



11 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:17:59.66 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


真姫「どう?ことりが好きそうな服ばかりでしょ?」

ことり「うわぁ!すごいよ真姫ちゃん!」

ことり「ことりの好みにぴったりな服ばかり!」

真姫「そう、それならよかったわ」

ことり「これとか可愛い~♪買っちゃおっと!」

ことり「お値段は・・・!?」

ことり(14万!?えっ嘘!?)

真姫「・・・ことり、どうしたのよ?」

ことり「あっ、ううん。ちょっとことりには手が届かない値段だったから・・・あははっ」



13 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:18:38.56 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「でもその服、欲しいんでしょ?」

ことり「さすがにお金がないから・・・諦めるよぉ・・・」

真姫「・・・その服、ちょっと貸して」

ことり「へっ?う、うん」

真姫「ありがと・・・」

真姫「店員さん、この服を買うわ」

ことり「えっ?ちょっと真姫ちゃん!?」

真姫「いいのよ、私からのプレゼントだと思って」

ことり「そ、そんな大金さすがに奢ってもらうわけにはいかないよ!」

真姫「もう買っちゃったわ。はい、これ」

ことり「でも・・・さすがに着れないよ・・・」

真姫「いいの、私はことりに着てほしいわ」

ことり「ま、真姫ちゃん・・・」

真姫「さっ、帰りましょ」

ことり「う、うん・・・」



14 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:19:24.75 ID:GZ/SYSgv.net

~~~



真姫「ことり、ちょっと来て」

ことり「どうしたの?」

真姫「・・・これ、あげるわ」

ことり「えっ!?いきなり何!?」

真姫「いつもことりにはお世話になってるから、受け取って」

ことり「えっと・・・開けていい?」

真姫「うん、いいわよ」

ことり「これ、イヤリング・・・?」

真姫「そうよ」



15 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:20:23.75 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「で、でもこれも高いやつなんじゃ・・・」

真姫「10万円よ」

ことり「ぴぃっ!?」

真姫「付けてみてよ」

ことり「だ、ダメだよ!真姫ちゃん、受け取れない!」

真姫「どうして?私はことりに付けてほしいの」

ことり「真姫ちゃん、最近ことりにお金を使いすぎだよ・・・」

真姫「私のお金をどう使おうと勝手でしょ」

ことり「そ、それはそうだけど・・・」

真姫「・・・」



16 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:21:04.98 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「・・・じゃあ、もらうね・・・?」

真姫「えぇっ、遠慮しないでいいわ」

ことり「えっと、ありがとう・・・」

真姫「ふふん」

真姫「それと・・・」

ことり「んっ・・・?」


真姫「私が買ってあげた服もちゃんと着てね」


真姫「使わないと意味がないもの」



18 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:21:52.21 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


真姫「ことり、いいかしら」

ことり「真姫ちゃん?」

真姫「あなた、靴が欲しいって言っていたわね」

ことり「えっ?うん、そうだけど」

真姫「買ってきてあげたわ」

ことり「えぇっ!?」

真姫「履いてみてよ」

ことり「う、うん・・・」

真姫「どう?履き心地は」

ことり「すごく良いかも・・・」

真姫「そう、よかったわ」



19 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:23:11.23 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「でも、これも高いんだよね・・・?」

真姫「そうね、20万ぐらいだったかしら」

ことり「も、もらえないよ・・・」

真姫「オーダーメイドで作ったのよ?それ」

真姫「ことりの足のサイズに合わせて作ったの」

真姫「もらってくれないなら捨てるしかないわね」

ことり「す、捨てるなんてもったいないよ!」

真姫「そう思うならもらってちょうだい」

ことり「で、でも・・・」

真姫「・・・」

ことり「あ、ありがとう・・・」



20 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:23:58.66 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


真姫「ことり、お待たせ」

ことり「今日も・・・2人?」

真姫「そうよ、でも今日は何処にも行く気はないわ」

ことり「じゃあ、どうしてことりを呼んだの・・・?」

真姫「聞いてみたかったのよ」

ことり「何を?」



真姫「私のあげたプレゼントを使っている気分を」



ことり「えっ・・・?」



21 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:25:02.41 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「どう?お金をたくさん使っているような気分は」

ことり「な、なにが言いたいの・・・?」

真姫「今のことり、輝いてるわよ」

真姫「高級料理を食べて、高級な服を着て・・・」

真姫「高級なアクセサリーをつけて、高級な靴を履いて・・・」

真姫「ようやく私にふさわしい相手になってくれたわね」

ことり「い、言っている意味がわからないよ・・・」


真姫「ことり、私の女になりなさい」


ことり「えっ・・・」



22 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:25:40.92 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「私はね、パートナーを探していたの。男でも女でもどっちでもいいわ」

真姫「でもね、私はお金持ちでエリートなのよ、頭も良いしアイドルとしての美貌もある」

真姫「そう、この真姫ちゃんにふさわしい相手はなかなかいないのよ。いくら探しても」

ことり「そ、そんなこと・・・」

真姫「私は愛されたい願望も愛したい願望もあった。でもそれにふさわしい相手はいない」

真姫「そこで私は考えたのよ。いないなら作ればいいって」

ことり「それで・・・ことりにこんなに貢いで・・・」

真姫「そうよ、ことりは頭は悪くないし、アイドルとしての出来も容姿も・・・手先の器用さも私には許容範囲だったわ」

真姫「それに何より、私の好みだった」



23 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:26:33.17 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「・・・」

真姫「でもただ一つ、あなたにもあったのよ。私の相手となるのにふさわしくない一面が」

真姫「それはお金、すなわち富・・・ことりの裕福度は私には到底及ばないと思った」

真姫「私に限りなくふさわしい相手、私に限りなく釣り合っている相手・・・でもそんなあなたに唯一足りない面、それが裕福度」

真姫「だから私があなたにお金を・・・いえ、富を分け与えた」

ことり「だから・・・ことりに高いお洋服や料理を貢いだってこと・・・?」

真姫「そうよ、そしてあなたは今・・・高い料理を食べて高い装飾で身をまとっている」

真姫「ようやくあなたは私にふさわしい相手になったのよ」

ことり「・・・」

真姫「さっ、ことり。この真姫ちゃんとお付き合いしてちょうだい」

真姫「二人で一緒に幸せになりましょ?」





ことり「・・・嫌だよ」



24 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:27:21.01 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「・・・どうして」

ことり「・・・おかしいから」

真姫「何がおかしいのよ」

ことり「・・・こんなの間違っているよ」

真姫「・・・」

ことり「真姫ちゃんはことりを愛してくれていないもん」

真姫「愛してるわよ、愛しているからそんなに貢いだのよ」

ことり「ちがうよ!」

真姫「・・・はぁっ、何がちがうのよ」

ことり「真姫ちゃんは本当のことりを見てくれていない・・・」

ことり「ことりを育成して・・・ことりを着せ替えて楽しんでいるだけ」

真姫「そんなことないわ、私はちゃんとことりを見ているもの」

真姫「それに、好きじゃなかったら告白なんてしないわよ」

ことり「・・・」



25 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:28:03.54 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「ことり、私とお付き合いして」

ことり「お断りするよ・・・」

真姫「・・・そう」

ことり「・・・もらった服も・・・アクセサリーも靴も・・・全て返す」

真姫「・・・」

真姫「いいわよ、返さなくて」

ことり「ううん、返す」

真姫「いらないわ」

ことり「返さないと、真姫ちゃんは学習しないもん」

真姫「・・・どういう意味よ」

ことり「真姫ちゃんは買えるものと買えないものの区別がついていない」

ことり「だから返す」



26 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:28:40.00 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「・・・」

真姫「いらないなら捨てておきなさい、返されても困るわよ」

ことり「真姫ちゃん・・・」

真姫「じゃあね、ことり。私はもう行くわ」

ことり「・・・次は絵里ちゃん?それとも海未ちゃん?」

真姫「さぁ、どうかしら」

ことり「真姫ちゃんがどうしようがことりは文句は言わない」

真姫「それなら助かるわ」

ことり「でもね、真姫ちゃんはまた失敗する」

真姫「・・・」

ことり「真姫ちゃん・・・いくらお金を持っていたとしても・・・」



ことり「お金で人の気持ちは買えないんだよ・・・?」



真姫「・・・」



真姫「さようなら、ことり」



27 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:29:28.78 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


ことり「・・・」

穂乃果「ことりちゃん、大丈夫?」

海未「なんだか最近、元気がないように見えますが」

ことり「えっ?ううん、大丈夫だよ」

真姫「・・・」

ことり「・・・」

真姫「ことり、ちょっといいかしら?」

ことり「・・・うん」

真姫「じゃあ穂乃果、海未。ことりは借りて行くわね」

穂乃果「え?うん、また明日!」

海未「二人で行ってしまいましたね」

穂乃果「何かあったのかなぁ・・・?」

穂乃果「それにことりちゃん、何だか雰囲気がいつも通りに戻ったよねぇ」

海未「いつも通りとは?」

穂乃果「ほらっ、ちょっと前は高そうな服とか着てたけど、今は着てこなくなったし」

海未「言われてみれば、そうですね」

穂乃果「うーん、よくわかんないね」



28 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:30:10.21 ID:GZ/SYSgv.net

~~~



ことり「真姫ちゃん、用事は何?」

真姫「別に何もないわ。好きな人と一緒に帰りたかっただけ」

ことり「ことりは真姫ちゃんのこと好きじゃないよ」

真姫「そこまではっきり言わなくてもいいじゃない」

ことり「・・・」

真姫「少し公園でお話ししましょ」

ことり「・・・少しだけね」



29 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:31:10.68 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


真姫「そろそろ帰る?」

ことり「うん、帰ろう」

真姫「・・・最後にこれだけ言わせて」

ことり「何?」

真姫「ことりが言っていたこと、少しわかった気がするわ」

ことり「・・・」

真姫「お金で買えないもののことね」

ことり「真姫ちゃんにふさわしい相手、現れたらいいね」

真姫「すぐ隣にいるけど」

ことり「いないよ」

真姫「そう」

真姫「じゃあまたね、ことり」

ことり「うん、バイバイ」

ことり「・・・」



キキー



ことり「えっ・・・?」



グシャッ



真姫「・・・?」


真姫「こ・・・」





真姫「ことり!!!!!」



30 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:32:07.02 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


ダダッ


ガチャッ


穂乃果「ことりちゃん!」

海未「ことり!」

絵里「大丈夫なの!?」

真姫「みんな、少し静かにしてあげて」

花陽「で、でも!」

真姫「・・・大丈夫、パパがちゃんと手術してくれたわ」

真姫「命は助かった・・・けど」

真姫「後遺症は・・・残るらしいわ・・・」

凛「う、嘘・・・だよね・・・?」

希「ことりちゃん・・・」



31 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:32:35.26 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「・・・ことりには私がついておくから、今日はみんな帰ってあげて」

にこ「帰れるわけないでしょ!」

真姫「ことりの気持ちも考えてあげてよ!」

にこ「っ・・・」

絵里「にこ・・・」

真姫「ここは私の病院なの、だから私が付きっきりで見ておくから、安心して」

真姫「ことりの状況は随時報告するわ」

穂乃果「・・・みんな、今日は真姫ちゃんに任せて帰ろう」

海未「穂乃果・・・そうですね、真姫。また連絡をお願いします」

真姫「うん、わかった」

ガチャッ


バタン



32 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:33:10.63 ID:GZ/SYSgv.net

~~~


ことり「う・・・っん・・・」

真姫「ことり!?気が付いたのね!」

ことり「こ、ここは・・・」

真姫「私の病院よ」

ことり「病院・・・?」

真姫「・・・公園から帰るとき、信号無視の車に轢かれたのよ・・・」

ことり「あっ・・・そういえば・・・あの時・・・」

真姫「本当に・・・心配したんだから・・・」

ことり「真姫ちゃんが・・・助けてくれたの・・・?」

真姫「当たり前よ・・・急いで車を呼んでパパの病院に運んでもらったの」

真姫「命の危険があったから・・・さっきあなたは緊急手術をして・・・」

真姫「でも・・・本当によかった・・・」



33 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:34:01.88 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「そっか・・・真姫ちゃん、ありがとう・・・」

真姫「死んだら許さないところだったわよ・・・」

ことり「えへへっ、真姫ちゃん・・・だけなんだね」

真姫「みんなはさっき来ていたけど、帰ったわ」

ことり「そっか・・・真姫ちゃんも帰っていいよ?ありがとう、ことりが目覚めるまでいてくれて・・・」

真姫「ばか・・・帰るわけないでしょ・・・一人になんてさせないわ」

ことり「どうして・・・?」

真姫「好きな人を寂しがらせるなんて私にはできないわよ」

ことり「あははっ・・・ことりの気持ち、ばれちゃってたんだね」

真姫「ことりが寂しがり屋のことぐらい、知っているに決まっているじゃない」

ことり「ありがと、真姫ちゃん・・・」



34 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:34:40.91 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「・・・ねぇ、真姫ちゃん」

真姫「・・・何?」

ことり「じつはね、さっきから・・・」

ことり「動かないの・・・右半分が・・・」

真姫「えっ・・・」

ことり「困ったよぉ・・・右手も右足も、言うことを聞いてくれなくて・・・」

ことり「もぅ・・・動かないままなのかなぁ・・・うぅっ・・・」

ことり「うぇっ・・・ヒッグ・・・うえぇぇん・・・」

真姫「ことり・・・」


ギュッ


ことり「真姫・・・ちゃん・・・?」



35 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:35:12.10 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「大丈夫、私がついているから」

ことり「・・・」

真姫「私がことりの右半身になってあげる」

ことり「えっ・・・」

真姫「だからもう、泣かないで・・・ずっと一緒にいてあげるから・・・」

ことり「真姫・・・ちゃん・・・」

真姫「それに、リハビリで治るかもしれないわ。まだ諦めるのは早いわよ・・・」

ことり「・・・うん、そうだね・・・」

真姫「好きな人が泣いている姿は、もう見たくないわ」

ことり「・・・ありがとう・・・真姫ちゃん」



36 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:35:47.24 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「・・・」

ことり「・・・ねぇ、真姫ちゃん」

真姫「・・・何?」

ことり「真姫ちゃんの好きな人って・・・誰なの?」

真姫「ずっと言ってるはずよ・・・」

ことり「・・・今のことりは前のことりとは違うんだよ?」

真姫「ことりはことりよ・・・」

ことり「今のことりは真姫ちゃんの相手にふさわしくないよ・・・?」

ことり「怪我もしてる・・・一生介護される生活になるのかもしれないんだよ・・・?」

ことり「そんなことりがふさわしいと思うの・・・?」

真姫「・・・ふさわしくはないわ」

真姫「でも・・・」

真姫「もう、ふさわしいとかどうでもいいのよ」

真姫「私はことりが好き。富とかそんなもの関係なかったわ」

真姫「お金で買えないものってこういうことだったのね」



37 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:36:41.53 ID:GZ/SYSgv.net

ことり「真姫ちゃん・・・」

真姫「ことり・・・」

ことり「・・・伝えたいことがあるの」

真姫「・・・何?」




ことり「ことりとずっと一緒にいてください」




真姫「・・・」



真姫「もちろんよ、ことり」



ことり「真姫ちゃん・・・」

ことり「目、閉じて・・・」

真姫「・・・こう?」

ことり「うん・・・」


チュッ


真姫「・・・んっ」

ことり「・・・ぷはっ」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)



38 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:37:30.01 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「・・・甘いキスね」

ことり「えへへっ・・・真姫ちゃんとの初めてのキスだもん」

真姫「初めてのキスは甘いって言いたいの?」

ことり「そういうことにしておきます♪」

真姫「なによそれ、イミワカンナイ」

真姫「はぁっ・・・ちょっと外の空気吸ってくるわね」

ことり「あっ、真姫ちゃんもしかして照れてるの?」

真姫「照れてないわよ!//」

ことり「冗談だよぉ!」

真姫「もぅ・・・すぐ戻ってくるからおとなしく待っててね」

ことり「はぁい!」


ガチャッ



39 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:38:06.98 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「ふぅっ・・・」

「あれでよかったの?」

真姫「えぇ、良い感じに後遺症まで残っているわ」

真姫「これ、今回の報酬」

「・・・女を轢かせて10万はさすがにないでしょ」

真姫「ふふっ、冗談よ。これでいいかしら?」

「んっ、数えるからちょっと待ってて」

真姫「ごまかしたりしないわよ」

「100枚・・・うん、オッケー。またいつでも依頼は聞くからね」

真姫「えぇっ、じゃあね」

「ばいばーい」



40 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:39:27.84 ID:GZ/SYSgv.net

真姫「・・・」



真姫「・・・あはっ」



真姫「あははははははははははっ!」



真姫「ことりには・・・教えないでおこうかしら」



真姫「人の気持ちはお金で買えるってこと」



ガチャッ


ことり「真姫ちゃん、お帰りなさい!」

真姫「ただいま、待たせてごめんね?」

ことり「ううん、大丈夫だよぉ!」

真姫「そう、ならお話ししましょうか」







真姫「私の大好きなことり」







おしまい



42 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:41:53.96 ID:tbn6MHAS.net

サイコまきちゃん



44 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 09:58:17.75 ID:FsuwjD5T.net

怖いけどおもしろかった!



46 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 10:20:10.47 ID:2sK/7hdg.net

半身不随はやりすぎだにゃー



48 :名無しで叶える物語(京浜急行)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 11:08:40.28 ID:nEnl7pc2.net

こういうのほんと好き



53 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 12:00:04.88 ID:SWE4VwFi.net

真姫ちゃん怖いよ…



58 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:45:20.97 ID:+aackYqT.net

闇マッキー




 
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 海馬瀬人 ビッグタオル



他のおすすめSS
にこ「新しいユニットを組むわよ!」
海未「腕を上げましたね、亜里沙」
にこ「……俺、μ's辞めるわ」
凛「にこちゃんは力が弱いんだねー」 にこ「んっ、、ぁ、いいから離しなさいよっ…」
【ラブライブ】海未「向日葵さんと」向日葵「海未さん」【ゆるゆり】
希「今日の夕飯」



figma 艦隊これくしょん -艦これ- 北上 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
ファニーナイツ 艦隊これくしょん -艦これ- 金剛改二 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
パルフォム 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 夕立改二 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
ハロー!! きんいろモザイク アリス・カータレット 1/7スケール PVC製塗装済み完成品フィギュア
ギルティギア イグザード サイン ラムレザル=ヴァレンタイン 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア