転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454736341/

1 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:25:41.32 ID:PS7PJtAq0

スマイルプリキュア!のみゆき×れいか百合ssです。
基本ギャグのため非常に強力なキャラ崩壊あり。





2 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:26:23.21 ID:PS7PJtAq0

れいか「と、いうことで今日は一緒に食事に来ましたけどね」

みゆき「ふんふん」

れいか「みゆきさんは何を注文します?」

みゆき「う~ん。ドリアかな。れいかちゃんは?」

れいか「そうですね。私は裏メニューと呼ばれるアイスクリームピザを頼みますね」

みゆき「え?そんなメニューあるの?知らなかった!」

れいか「ええ。では、私が店員さんを呼びますので、みゆきさんが注文を一緒にしてもらってもいいですか?」

みゆき「うん。まかせて!」




3 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:27:21.51 ID:PS7PJtAq0

れいか「…」パチンッ

みゆき「」

れいか「…?」パチンパチンッ

みゆき「れいかちゃん、指ぱっちんじゃ店員さん来ないよ…」

れいか「そうなのですか?」

みゆき「ここのボタン押すんだよ」

れいか「そうなんですか。では、さっそく…」ピンポンピンポンピンポン!!

みゆき「あああ!連打しないでぇ!」



4 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:28:03.87 ID:PS7PJtAq0

店員「ご注文をどうぞ!」

みゆき「えっと、ドリア一つと…」

みゆき「アイスクリームピザ一つください」

店員「え?えっと、アイスクリームピザ…?」

みゆき「…あの、裏メニューの」

店員「え?」

みゆき「え?」

れいか「wwwww」



5 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:29:11.31 ID:PS7PJtAq0

店員「ご、ごめんなさい。当店には裏メニューとかはなくて…」

みゆき「え!?れいかちゃん!?」

れいか「ふふ。ご、ごめんなさい…で、では、私はエスカルゴで…」ププ

店員「かしこま」

みゆき「もー!れいかちゃん!これどーいうこと!?」

れいか(怒ってるみゆきさんも可愛い///)

みゆき「私恥かいちゃったよぉ!」プンスコ

れいか「ごめんなさい。ちょっとからかいすぎてしまいましたね」

みゆき「はっぷっぷー!」




6 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:30:11.12 ID:PS7PJtAq0

れいか「申し訳ありません…そうだ。みゆきさんのご機嫌が治るように、面白いお話しを一つしましょう」

みゆき「…面白いお話?」

れいか「ええ。実はこの前ですね、趣味の脱衣麻雀ために山へ行ったのですよ」

みゆき「そんな趣味持ってたの!?ていうか山に行く意味!!」

れいか「山に着くとですね、まぁそれはマナーの悪い観光客が多かったです」

みゆき「うわ、それはヤダね」

れいか「頂上でお弁当を食べてる時なんてですね、大学生くらいのカップルがゴミをポイ捨てしていたんです!」

みゆき「許せないね!」




7 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:31:01.17 ID:PS7PJtAq0

れいか「ええ。だから、私は注意してやろうかと思って、食べていたエスカルゴを飲み込んで立ち上がりました!」

みゆき「おお…?」

れいか「まあ、結局やめたんですが」

みゆき「あうう」

れいか「もっと酷いのはその後ですよ!その大学生カップルはなんと!公衆の面前で濃厚なキッスをし始めたのです!」

みゆき「うわ…」

れいか「さすがに周りも引いていましたよ。何せ、男同士の濃厚なキッスなんて――」

みゆき「え!?え!?そのカップル両方男の人なの!?」

れいか「ええ」

れいか「それでですね、流石に止めないと、これは妹の私も恥ずかしいということで――」

みゆき「妹ってどういうこと!?」

れいか「いえ。そのカップルの片割れは私の兄だったので」

みゆき「えぇぇぇぇえぇぇっぇぇ!?」

れいか「まぁ、心の中で家族の縁を切って下山しましたけど」

みゆき「…わけがわからないよ」




8 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:31:47.67 ID:PS7PJtAq0

れいか「その後ですね、帰り道でコンビニに寄ってエスカルゴを買ったんです」

みゆき「うん」

れいか「そこでチラっと目に入ったアルバイト募集の広告を見て思ったのですが、私たちももうすぐ高校生、浪人生、そして大学生です」

みゆき「なんで高校と大学の間に浪人入れたの!?」

れいか「やっぱりバイトとかするのでしょうか?」

みゆき「大学生になったらするかも」

れいか「ええ。正直私は不安ですよ」

みゆき「そう?れいかちゃんは優秀だから大丈夫だよ」

れいか「そんなことありませんよ!特に不安なのは面接ですね!」

みゆき「う~ん、そんなに不安ならちょっと練習してみよっか」

れいか「いいんですか?ありがとうございます!」




9 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:32:41.20 ID:PS7PJtAq0

れいか「じゃあ、私が面接官役しますね」

みゆき「いやいや!私が面接官だよね!?」

れいか「え…?二人とも面接官ですか…?」

みゆき「れいかちゃんの練習でしょ!だかられいかちゃんが受験生!」

れいか「あ、言われてみればそうでした…」

みゆき「もー、じゃあ、さっそく面接をします」

れいか「はい」

みゆき「まずは弊社の志望動機を教えてください」




10 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:33:35.34 ID:PS7PJtAq0

れいか「兄の影響です」

みゆき「お兄さん…?」

れいか「ええ。兄が日ごろよく、『人生において豊かな時間とは、ゲイバーで過ごした時間である』と言っているので、私もそれにあやかろうと…」

みゆき「え!?これゲイバーの面接なの!?」

れいか「違うのですか?」

みゆき「違うよ!たぶん違うよ!」

れいか「で、ではどこの面接なのですか…?」

みゆき「コンビニとかでいいよ!はぁ、次の質問はちゃんとやってね」

れいか「はぁ」

みゆき「では、あなたの長所はなんですか?」




11 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:34:37.84 ID:PS7PJtAq0

れいか「顔が可愛い…ところでしょうか?」

みゆき「そんなこと思ってても普通言わないよ!」

みゆき「ま、まぁ、確かにれいかちゃんはかなり可愛いけど…」

れいか「え?今のもう一回言ってください」

みゆき「そんなこと思ってても普通いわないよ…?」

れいか「その後のやつ!」

みゆき「え…れ、れいかちゃんはかなり可愛いけど…///」

れいか(おふぅ)

みゆき「と、とにかく、長所っていうのは顔とか見た目じゃなくて、中身の話だよ!」

れいか「内臓ですか?」

みゆき「その中身じゃないよ!性格とか人柄とかだよ!!」




12 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:35:33.13 ID:PS7PJtAq0

れいか「ああ、なるほど。でしたら、私には他の人にはない忍耐力があります」

みゆき「ほうほう!その長所が良くわかる具体的なエピソードはありますか?」

れいか「はい。これは、私がフィレマリー王国にマッツェンしに行った時のギャラピーです」

みゆき「…?」

れいか「その時、ルートリキがパックデミンして、まさかエルバンがシドレングするとは思わなかったので、イウオンしてしまいました」

れいか「けれど、私はそれをフデズして、パュキュムすることができました。その経験により、私の忍耐力が証明できると感じます」

みゆき「わかんないよ!それなんとか王国の言葉なの!?」

れいか「はい。フィレマリー王国語です」

みゆき「そ、そうなんだ…でも、面接官の人にもわかる言葉で話した方がいいから、次は日本語でね」

れいか「はい」




13 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:36:24.60 ID:PS7PJtAq0

みゆき「では、最後の質問です。あなたが弊社で一番やりたいことを教えてください」

れいか「やりたいことですか…」

れいか「…」

れいか「それよりみゆきさん、このエスカルゴ美味しいですよ」パクパク

みゆき「今思いつかないからこの話題終わらせようとしたよね!?」

れいか「ええ。いいボケが思いつかなくて」

みゆき「」

れいか「そうだ。みゆきさんも何か面白いお話ししてくださいよ」

みゆき「れいかちゃんのマイペースさが時々うらやましいよ…」



14 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:37:23.72 ID:PS7PJtAq0

みゆき「で、私のお話し?」

れいか「ええ。ぜひ」

みゆき「う~ん、それじゃあ、この前家族でお出かけした時なんだけどね…」

れいか「どこへ行ったのですか?ゲイバーですか?」

みゆき「そんなわけないでしょ!美術館だよ!」

れいか「美術館ですか。それで、どんな魂胆があってそこへ?」

みゆき「魂胆ってまるで何かたくらんでるみたいに言わないでよ…私って絵本描いてるでしょ?だからそれの参考になるかな~って」

れいか「なるほど」




15 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:38:16.71 ID:PS7PJtAq0

みゆき「いろんな画家さんの絵があったよ。特に、やっぱりゴッホさんの『ひまわり』はすごかったなぁ」

れいか「む。私の方が凄いですよ。ゴッホは『ひまわり』を描くだけで終わっていますが、私はひまわりの種を食べたことがあります!」

みゆき「なんで張り合うの!?」

みゆき「まぁ、それはそれとして、美術館からの帰りにラーメン屋さんに行ったんだけどね、その時、お父さんが特大ラーメンをペロリと食べちゃっさて…」

れいか「む!私は、特大ラーメンどころか、ラーメン屋にあるスープを鍋ごと飲み干したことありますよ!」

みゆき「だからなんで張り合うの!?しかもウソついてまで!」

みゆき「もう…お話し続けるよ」

みゆき「それでラーメン屋さんのあと、ユニクロでお洋服買って帰ったんだ」

れいか「む!私なんかしまむら派です!」

みゆき「それ張り合えてるの…?」




16 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:38:57.21 ID:PS7PJtAq0

みゆき「私のお話しはこんな感じかな。特にオチとかもないけど」

れいか「いえいえ。オチなんてなくても、みゆきさんと話しているだけで私は…なんでしたっけ?ほら、あの…みゆきさんの口癖の…ウホウホゲイバー?ですよ」

みゆき「ウルトラハッピーだよ!」

れいか「あ、そうでしたそうでした」

みゆき「わざとでしょ…」

みゆき「故意ではありますがわざとではありませんよ」

みゆき「それわざとと何が違うの…」




17 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:40:28.37 ID:PS7PJtAq0

れいか「そう言えば、みゆきさんの好きな絵本はシンデレラでしたよね?」

みゆき「うん。大好きだよ」

れいか「私思うんですけど、シンデレラってもっとやりようによっては面白くなるのではないでしょうか」

みゆき「そ、そうかな」

れいか「そうですよ!」

みゆき「例えば?」

れいか「まず、最初のシーンがダメですね」

みゆき「最初のシーンって言うと、シンデレラがいじわるな姉たちにこき使われてるシーンだよね」

れいか「ええ。物語の掴みにはインパクトが必要です。ここはいじわるな姉ではなく、いじわるなゲイに変えましょう」

みゆき「なんで!?」




18 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:41:06.96 ID:PS7PJtAq0

れいか「もっと言うと、次のシーンもダメです」

みゆき「次は…お城のパーティに行きたいシンデレラのところに、魔法使いが現れてカボチャの馬車とドレス、ガラスの靴をくれるとこだよね」

れいか「ええ。物語にはお色気要素が必要です。シンデレラがガラスの靴を履いた拍子に転んで、魔法使いのお姉さんの胸を揉むというシーンを追加すべきですね」

みゆき「必要ないと思うけどなぁ」

れいか「そして次です。ここが一番問題あるシーンです。諸悪の根源と言ってもいいでしょう」

みゆき「お城でシンデレラが王子様とダンスを踊るシーンだよね」




19 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:41:47.33 ID:PS7PJtAq0

れいか「ここはどう考えても王子様じゃなくてお姫様でしょう!」

みゆき「え!?」

れいか「時代は百合ですよ!?そうですよね!?だって、前に絵本に入った時も私×みゆきさんでしたものね!!」

みゆき「え、えっと///」




20 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:42:37.05 ID:PS7PJtAq0

れいか「そして、ガラスの靴を落とすシーンもダメです!私が実演しますので見ていてください!!」

みゆき「う、うん」

れいか「お嬢さん!待ってください!せめてお名前を!」

れいか「もう零時なの!帰らなくちゃ!!」

れいか「みゆきさん!」

れいか「れいか…ちゃん…?」

れいか「愛しています…」

れいか「れいかちゃん…私も…だよ///」

れいか「キッス…していいですよね?」

れいか「う、うん…///」

れいか「みゆきさん。今夜は帰しませんよ…」

れいか「アン!れいかちゃんったら…えっち///」ビビクン

みゆき「…………」

れいか「…こんな感じでどうでしょうか!?」



21 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:43:17.72 ID:PS7PJtAq0

みゆき「何!?何これ!?意味わからないよ!途中から名前変わってるし!!」

れいか「あら。私とじゃ不満でしたか?」

みゆき「べ、別にれいかちゃんとが不満ってわけじゃなくってね…///」ゴニョゴニョ

れいか「…なくて?」

みゆき「え、えっちな感じなのはちょっと…その…///」

れいか「ほうほう」

みゆき(うう…話題を変えなきゃ…)

みゆき(話題…話題…あ、困ったときは時事ネタだよね!)




22 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:44:06.21 ID:PS7PJtAq0

みゆき「そういえばさ、れいかちゃんは近頃の政綱についてどう思う?いろいろあったけど…」

政綱(せいこう)…政府、政党が国民に対して実現を公約した政策の大綱。

れいか「性交…ですか?」

性交(せいこう)…性的な交わり。

れいか「興味はありますが…やったことありませんね」

みゆき「や、やったことない…?」

みゆき(選挙の話かな?)

みゆき「そうだね。未成年だもんね」

れいか「私は愛さえあれば未成年でもいいと思うのですが…」チラッ

みゆき「いや、愛があっても無理なものは無理だよ…」




23 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:44:58.29 ID:PS7PJtAq0

れいか「あら。みゆきさんは案外お堅いのですね」

みゆき「決まりだからね」

れいか「い、一応お聞きしますが、みゆきさんもまだ未経験なんですよね…?」

みゆき「当たり前だよ」

れいか「よ、よかった…」ホッ

みゆき(そんなに安心することかな…?)

れいか「私、初体験はみゆきさんと夜景の見えるホテルでと決めているので」

みゆき「ホテルではやってないよ。ふつう小学校とかでだよね?」

れいか「え!?小学校で!?いきなりレベル高くないですか!?」

みゆき「そうかな?自治体によって変わるみたいだけど、だいたいみんな小学校だよ」

れいか「そ、そうなのですか…?私はまだまだ世間知らずですね…」

みゆき「あはは。そうだ!初めてはみんなで行こうよ!」

れいか「みんなで、イく…?」



24 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:45:52.35 ID:PS7PJtAq0

みゆき「うん!あかねちゃん、やよいちゃん、なおちゃんも誘って、みんなで!」

れいか「えぇぇぇぇえぇぇぇっぇぇぇぇ!?」

れいか「5Pですか!?」

みゆき「どうしたの急に大声出して!?」

れいか「いえ…確かに5Pは興味あります。ゴプリキュアのメンツはみんな可愛いですし。でも、初めてが5Pというのはちょっと…」

みゆき(5Pってなんだろ…?)

れいか「それにですね!よく考えたら恋人でもない人と遊びでヤるのはダメですよ!」

みゆき(選挙って恋人同士で行くものなの…?)

みゆき(そんなことないと思うけど…でも、れいかちゃんいつになく真剣だし…)

みゆき(もしかして…私が間違ってる…!?)




25 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:46:34.47 ID:PS7PJtAq0

みゆき「こういうのって、私も行ったことないからわかんないんだけど、普通は恋人同士で行くものなの?」

れいか「そうですよ。恋人同士でイくのです」

みゆき「そ、そうだったんだ…」

れいか「そうですよ。清く、正しく、美しい交際(こうさい)を…です」

みゆき「確かに公債(こうさい)に裏があったらまずいもんね」




26 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:47:27.50 ID:PS7PJtAq0

れいか「それはそうとみゆきさん」

みゆき「なあに。れいかちゃん」

れいか「好きです」

みゆき「うん。私も好きだよ」

れいか「そうですね。でも、そういうのじゃなくって、恋人になって欲しい、という意味で好きです」

みゆき「…っ///」

みゆき「ま、またボケて私をからかってるの…?」

みゆき「きょ、今日のれいかちゃんいつもとちょっと違うし…///」

れいか「…」

れいか「もしかしたら、今日さんざんボケ倒してきたのは、この言葉を受け止めてもらえなかった時、ボケとしてとらえてもらえるようにと無意識で保険をかけていたのかもしれません」

れいか「…と、そんなことを思うくらい、ボケというつもりはありませんよ」ニコ




27 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:48:07.73 ID:PS7PJtAq0

みゆき「…どうして、私なんかのこと、好きになってくれたの?」

れいか「みゆきさんの笑顔を見ていると、元気になるからです」

れいか「辛いとき、苦しいとき、迷ったとき…いつも私はあなたの笑顔に助けられてきました」

れいか「この人生という果てしない道をゆくとき、その笑顔が隣にあるというのはどれほど心強いことでしょうか」

れいか「そして、もしも、そんなあなたの笑顔を曇らせるものがあるのなら、私がこの手でそれからあなたを守りたい…」

れいか「…などと少し詩的に格好よく言ってみました///」

みゆき「//////」




28 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:48:47.18 ID:PS7PJtAq0

みゆき「ほ、ほんと今日のれいかちゃん可笑しすぎ!ボケばっかりかと思ったら、急に真顔でかっこいいこと言うんだもん…///」

みゆい「でもね」

みゆき「そんなれいかちゃんも…だいすきだったり、するんだよね///」

れいか「みゆきさん…!」

みゆき「うん。これからはよろしくね。れいかちゃん。恋人として」

れいか「はい。東アジアで一番幸せにします」

みゆき「なぜ東アジア限定!?それでもじゅうぶん嬉しいけど…」

れいか「ふふ。冗談です」ププ

みゆき「もー!」




29 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:49:22.69 ID:PS7PJtAq0

れいか「みゆきさん」

みゆき「れいかちゃん…」

れいか「世界で一番幸せにします。だから、私に世界で一番の笑顔を見せて下さい」

みゆき「うん!約束だよ」

れいか「ええ。約束です」



おわり



30 : ◆w0H99JXzb9SL 2016/02/06(土) 14:50:35.73 ID:PS7PJtAq0

なんか急にみゆれい書きたくなりました。
見てくださった方、もしいらしゃったのなら
ありがとうございました。
みなさまも、みゆれい、書きませんか。
待ってます。



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 15:01:06.47 ID:lgqU6H9UO

乙です
れいかさん我が道突っ走ってますね…



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 15:26:46.99 ID:7Li9jkYRo

走り抜けた跡が道だからなあの人……




 
映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! 特装版 [Blu-ray]



他のおすすめSS
【シンフォギア】風鳴「愛されガールクリスちゃん……?」
友奈「東郷さんにお礼……?」
蛍「先輩、チョークは好きですか?」
にこ「真姫ちゃんのことが好きだったのよ!」
野獣先輩「ちょっとき○たまにモザイクかかってんよ~」
芹「え、えと、よ、横にくる?」織姫「それ以外にどこがあるの」



艦隊これくしょん -艦これ- 雷 -アニメver.- 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ねんどろいど デュラララ!!×2 セルティ・ストゥルルソン ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ねんどろいど 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
七つの大罪 マモン~強欲の像 薄桃ノ衣版 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 星空 凛 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア