転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454853305/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 22:55:06.00 ID:LlmXbGHc0

‐エリカルーム‐

エリカ「無い! 無いっ!」ガサゴソガサゴソ

エリカ「本棚の奥にティーガー操縦教本のカバー掛けて隠してたのにどこにも無い!!」ガシャァァァ


※キャラ崩壊あり
※18禁描写は無いけど匂わせる程度はアリ





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 22:59:07.36 ID:LlmXbGHc0

エリカ「そんな……私が……私があの本にどれだけ――」

スマホ<オウ! メッセージダゼ! ハヤクミロヨナ!

エリカ「何よこんな時に……って隊長から!?」ポチッ

まほ『大学選抜との試合も終わって一段落ついたところで、今後について話し合いたい。ついては今週末、私の実家に来ないか』

エリカ「じじじじじじ実家!? 隊長の!?」ガシャーン!

エリカ「ももももち、もちろ、もちろん行きますぅ! 喜んでお邪魔しますぅ!」ポチポチポチポチソウシン!

エリカ「ついでにスタンプも付けちゃったりしちゃったりして!」ボコスタンプポチリ



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:02:54.84 ID:LlmXbGHc0

スマホ<オウ! メッセージダゼ! ハヤクミロヨナ!

まほ『了解した。しかしエリカもそのクマが好きとは知らなかったな。ちなみにその日はみほも帰省する予定だからよろしくね』

エリカ「えっ……そ、そう。ふーん。まあ関係ないけど」

エリカ「それにしても『今後の話』って何かしら……まさか次の代の隊長を私に、とか……そういう感じのアレ……!?」

エリカ「それによく考えたら隊長のご実家ということは、あの西住流の本家……急に緊張とプレッシャーが……!」ハァハァ……

エリカ「ああもう何も考えられない……寝ましょ……」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:08:18.50 ID:LlmXbGHc0

‐西住家・まほルーム‐

エリカ(結局あれから数日、一睡も出来なかった……)フラフラ

ガチャ

まほ「待たせてすまなかった」

エリカ「隊長! いえ! まったく待ってなど!」シャン!

みほ「こんにちは、エリ……逸見さん」

エリカ「あ、ええ。大学選抜戦以来ね」

まほ「楽にしてくれ。さ、みほ」

みほ「うん。はい、逸見さん。麦茶です」コトッ

エリカ「ありがと」

エリカ(緊張で口の中パッサパサだったからありがたいわ……)ゴクゴクゴク

まほ「いい飲みっぷりだな」ニコニコ

エリカ「ぷはっ……す、すみません! 喉が渇いていたもので……!」

みほ「ふふっ、お姉ちゃんの作った麦茶が美味しいから」ニコニコ

エリカ(! 隊長のお手製っ!? うひょー! 来て良かった! もうワケわかんなくて味分からないけど!)グビグビ



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:12:44.13 ID:LlmXbGHc0

エリカ「ぷはぁ――それで、話というのは?」

まほ「ふむ。本題に入る前に……みほ、何かエリカに言いたいことがあったんでしょう?」

みほ「うん。あの、逸見さん……」

エリカ「な、何?」

みほ「……改めて、助けに来てくれてありがとう。あの時、本当に嬉しかった」

エリカ「……別に、私は隊長に付いていっただけよ。それにあなたじゃなくて、大洗を助けに行っただけだから。さすがに条件がフェアじゃなかったし。だからお礼なんて――」

みほ「それでも、だよ。それに、また一緒のチームでやれるなんて思ってなかったから……」

エリカ「はいはい。分かったわよ。そんなことより、次の大会では絶対に黒森峰が勝つんだから。今から首を洗って待ってなさい!」

みほ「うん! 全力で受けて立ちます!」

エリカ「……ふふっ、楽しみにしてるわ」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:15:55.75 ID:LlmXbGHc0

まほ「――さて、お母様が帰ってこないうちに本題に移ろう」

エリカ「は、はい!」

みほ「…………」

まほ「…………」

エリカ(な、何なのこの空気の重さ。そんなに重大な話なのかしら……あー美味し)グビグビ

みほ「あ、麦茶もっと注ごっか?」

エリカ「ええ、お願い……」

トポポポポ……



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:21:10.83 ID:LlmXbGHc0

エリカ「んっ、ぷはぁ……それで、『今後の話』というのは……?」

みほ「…………」チラッ

まほ「…………」コクッ

エリカ「も、もしかして、来年の黒森峰の戦車道チームの――」

まほ「その話もいずれしなければならないが、今日来てもらったのは別件だ」

エリカ「えっ?」

まほ「これを見ろ」パサッ

エリカ「……ッ!? こ、これは――」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:27:14.42 ID:LlmXbGHc0


『西住流牝犬調教術~ドSみほまほのトロトロ作戦です!~』


エリカ「んなぁあああああああ!!!?」

まほ「これが何か、エリカは知っているようだな」

エリカ「あっ、えっ、あっと……その、えっ、エッチな、マンガです、よね! 駄目ですよ隊長! 戦車道を嗜む淑女がそのような穢らわしい本を持っては!」

まほ「…………」ジー

みほ「…………」ジー

エリカ「な、何ですかその視線は!」

まほ「…………本棚の下から2段目の奥、ティーガー操縦教本のカバー」

エリカ「」

みほ「沙織さんの言ってた、男の子のエッチな本の隠蔽法そのまんま……」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:33:01.13 ID:LlmXbGHc0

エリカ「…………いつ、ですか」

まほ「大学選抜戦直前、エリカの部屋で急遽ブリーフィングをした時に、本棚の資料を取ろうとして偶然発見した」

まほ「その場で話題に出すとメンタル面の影響が大きいと考え、試合の終わった今、来てもらったというわけだ」

まほ「認めるな? これがエリカの私物だと」

エリカ「…………」

まほ「沈黙は肯定と受け取ろう」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:37:22.96 ID:LlmXbGHc0

エリカ「……そ、れで……仮にそれが私の本だったとして、それが何だというんですか?」

まほ「……このタイトル、そしてキャラクター、どう見てもモデルは私とみほだな?」

エリカ「……そ、ぉーですかねー? そーんなに似ているようにはー? 見えない気がしなくもなくもなくも――」

みほ「タイトルに思い切り『西住』『みほまほ』って書いてあるから、その言い逃れは無理があるかな……」

エリカ「ぐっ……」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:42:34.13 ID:LlmXbGHc0

まほ「エリカ……私達も、なんだ、そういうことに興味を持つ年齢だ。だからエリカがこういった本を持つことは別に構わない。しかしだ……」

まほ「そのモデルが私達姉妹となれば話は別だ。場合によっては、今後の付き合い方を考え直す必要がある」

エリカ「そ、そんな!? 隊長!」

みほ「うん……こんなものを見せられたら、とても今まで通りの仲ではいられないよね……」

エリカ「あなたまで!」

エリカ(まずい! この戦況は非常にまずいわ! なんとかこの場を凌ぐ手は……もう多少私の評価が下がるのは仕方ない。とにかく2人に絶縁されなければそれで――)



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:46:40.28 ID:LlmXbGHc0

エリカ「――た、隊長は、その本を発見したとき、もっと他の場所をよく探しましたか?」

まほ「いや、していない」

エリカ「あー、だから気がつかれなかったのですねー。もしそうしていれば、もっと大量の薄い本が見つかったはずです」

まほ「なにっ……? どういうことだ」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:52:32.18 ID:LlmXbGHc0

エリカ「白状します! 私はエロマンガ大好き人間です! とにかくエロマンガが好きで好きで集めているんです!」

エリカ「部屋には戦車道関連書籍の2倍以上のエロマンガを秘匿し、実家に帰れば数百冊のエロマンガがひしめいています!」

エリカ「そのジャンルは古今東西多岐に及び、人呼んで『エロクサンドリア大図書館』!」

エリカ「つまりそのみほまほ本は、私が棚買いしたエロマンガの中にたまたま紛れ込んだだけに過ぎず、私がみほまほ本を重点的に収集しているわけではないのです!」

まほ「……お、おう」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:56:28.17 ID:32tvnsr20

…その理由も十二分に絶縁されるに値する理由だと思うんですが



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:57:26.49 ID:LlmXbGHc0

エリカ「分かっていただけましたか」

まほ「まあ、うん……ドン引きしたけど……言いたいことは分かったよ……」

エリカ(っし! 勝った! 嘘八百で私の評価は地に落ちたけど、絶交よりはマシ――)

みほ「――あれ?」

まほ「どうしたの」

みほ「逸見さんの話が長かったから、暇潰しに『西住流牝犬調教術~ドSみほまほのトロトロ作戦です!~』を読んでたんだけど……」

エリカ(酷っ! ってか読むな! そしてタイトルを平然と音読しないで!)



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:02:50.65 ID:2INoUH1q0

みほ「このどこかで見覚えのある明るい髪で釣り目の女の子が、私達姉妹に牝犬調教される本の作者名が――」


著者:三ツ井かりヱ


エリカ「」

まほ「三ツ井かりヱ……?」

みほ「なんかこれって……」

まほ「みついかりえ……みつい……いつみ……」

みほ「かりえ……えりか……」

エリカ(終わった――)



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:07:01.32 ID:UzDEG6iY0

流石にナマモノ知人自作の三重苦は業が深過ぎる



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:07:23.22 ID:LzdD4w+R0

役満ですね...



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:10:20.49 ID:2INoUH1q0

エリカ「――そうよ、私が三ツ井かりヱよ」フフフ……

エリカ「ならどうするっていうのよ……! ここで殺す!?」ンバッ!

まほ「まあまあ落ち着け、三ツ井かりヱ先生」

みほ「そうだよ、三ツ井かりヱ先生」

エリカ「その呼び方やめて!」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:16:16.94 ID:xXabIz+A0

これも戦車道よ



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:18:47.16 ID:2INoUH1q0

みほ「わっ! 三ツ井かりヱ先生のpixivアカウント見たらみほまほ絵ばっかりだ!」ポチポチ

まほ「三ツ井かりヱ先生のTwitterは、みほまほに調教される妄想ツイートbotと化しているな」スッスッ

エリカ「スマホでググらないで!」

まほ「『信頼と崇拝は違う。牝犬には後者がお似合いだ』」キリッ

みほ「『メスイヌさんチームは出来る限り惨めったらしくお尻を振っておねだりして見せてください!』」キリッ

エリカ「作中のセリフを引用しないで!」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:19:28.28 ID:YHDR9vrs0

戦車道ってすごいなあ



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:23:48.20 ID:UzDEG6iY0

よく普段のツンを保てたなこのメスイヌ



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:26:35.89 ID:2INoUH1q0

エリカ「ええもういいわよ!! そうよ私はドMよ! そしてあなた達のことが好き過ぎて! ビシバシ調教して身も心も牝犬にしてほしくて仕方がないの!!」

エリカ「そのリビドーをぶつけたのがこの『西住流牝犬調教術~ドSみほまほのトロトロ作戦です!~』よ!! どう? 気持ち悪いでしょ!? いいのよ絶交してくれても!」

エリカ「もう終わりよ! 何もかも!! 私もあんたみたいに転校しようかしら! 知波単にでも行って突撃して華々しく散ってくれば満足!?」

みほ「い、逸見さん……!」

エリカ「エリちゃんって呼んでよ! そして一方的に陵辱しなさいよ! それが出来ないならもう私達は今生の別れよ……!」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:32:32.47 ID:f7flZuOm0

エリカ「じゃあさよなら――」スッ

ふらっ……

エリカ(あ、あら……なんだか、立ちくらみ……? なんで……うまく立てな――)バタッ

まほ「ふう……ようやく回ったか」

みほ「こんなに時間かかるとは思わなかったよ」

エリカ「ら、らんらの……?」



33 :ID変わったけど>>1です。 2016/02/08(月) 00:37:09.92 ID:f7flZuOm0

みほ「ふふっ、ほらお姉ちゃん。特製麦茶の作り方を教えてあげなよ」

まほ「ああ。美味しかっただろう? あれは六条麦茶を、お母様秘蔵のニッカ竹鶴21年で割ったものだ」

エリカ「う、ういすきー……!?」

エリカ(そんな……緊張しすぎて全然気がつかなかった……!)

エリカ「ら、らんれ、こんらころ……!」

まほ「言っただろう、今後の付き合い方を考え直すと」

みほ「『西住流牝犬調教術~ドSみほまほのトロトロ作戦です!~』をお姉ちゃんと読んで、じっくり考えたの――」

みほ「――もう1匹犬を飼うのもいいかなって」ニッコリ

エリカ「っ♡」ジュン…



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:45:39.53 ID:f7flZuOm0

まほ「さて、確か『西住流牝犬調教術~ドSみほまほのトロトロ作戦です!~』では、まずこうやって私が右から――」ギュッ

みほ「私が左から添い寝して――」ギュッ

エリカ「ふぁあぁぁあぁ……♡」ジュワァ…

みほ「それでは、まずは両耳ペロペロ作戦です! メスイヌさんチームは、まずは1時間で10回絶頂を目指してください」

みほ「目標達成出来たら、もっと良いご褒美あげるよ、エリちゃん♡」

みほまほ「パンツァー・フォー!」

ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ
ヒャアアァァアィァアィイァァアァアァァン♡♡♡♡♡
トロ……トロトロ……♡



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:49:26.23 ID:91YEE6NmO

Oh……



39 :ID変わったけど>>1です。 2016/02/08(月) 00:51:12.34 ID:GmHE9Nif0

‐翌年‐

亜美「これより決勝戦、大洗女子学園対黒森峰女学院の試合を開始します! 両隊長、前へ!」

エリカ「……」ザッ

みほ「……」ザッ

エリカ「――相変わらずの戦力で、よく勝ち上がってこれたわね」

みほ「また逸見さんと戦うって、約束したから」

エリカ「……そうね。じゃ、去年のリベンジ、させてもらうわ」

みほ「受けて立ちます」

亜美「両者、握手!」

ギュッ

みほ「……帰ったら、今日もお姉ちゃんとたっぷり可愛がってあげるね、エリちゃん♡」ボソッ

エリカ「……♡」トロトロ……


~おしまい~



42 :ID変わったけど>>1です。 2016/02/08(月) 01:04:02.15 ID:SGXvQIwM0

読んでくれた皆さんありがとうございました。
知り合いがみほエリのすっごいエエ話なSSを書いて絶賛されてたのを見てゲスい話が書きたくなったところで、
最近流行ってる娘の母子相姦もののエロ本を発見する母親のSSと、
みほまほに似た声の姉妹モノ催眠音声オナニーにハマったエリカのファンアートを見て思いついたやつです。
劇場版4DX楽しみですね。
では。



43 :ID変わったけど>>1です。 2016/02/08(月) 01:05:25.95 ID:SGXvQIwM0

途中のシーンは、こう、匂わせた香りを、牝犬のように欲深く嗅ぎ取って頂ければ幸いです。



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 01:14:56.38 ID:aXh6QiJSO

おつ
ポンコツエリカも好きよ



47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 01:59:18.19 ID:2LtE/QbDo

おつ!




 
別冊spoon.vol.37 CloudG 映画化決定!ガールズ&パンツァーみほまほ描きおろし大判ポスターつきガルパン戦果報告号 (カドカワムック 495)



他のおすすめSS
みほ「昔の大洗女子学園に来ちゃいました」
【ガルパン】エリカ「ネトゲをやってみるわ」
ルルーシュ「戦車道?」
亜美「蝶野が斬る!」みほ「恋のお悩み特集です」
【だがしかしSS】ココノツ「凧揚げ」
カレン「心がぴょんぴょんするデース!」穂乃花「待ってーカレンちゃんっ」



ねんどろいど 千年戦争アイギス シビラ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア オリジナルキャラクター入手シリアルコード封入
figma ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 リンク 神々のトライフォース2ver. ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
トップをねらえ2! ノノ バニーVer. 1/4スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
figma 艦隊これくしょん -艦これ- 北上 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
シュヴァルツェスマーケン カティア 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア