転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455181750/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:09:10.82 ID:8kl2Mggwo

エリカ「ああ、元、でしたね」


みほ「……お姉ちゃん」

まほ「まだ戦車道を続けていたとはな」



エリカ(む、無視~~!?)

エリカ(いくら私の言い方に刺があったと言っても、流石にそれはないんじゃないの!?声かけたの私よ!?)

エリカ(元チームメイトだっていうのに……!こうなったら)

エリカ(もう一言二言付け足してやらないと、私の気が済まないわ!)


エリカ「>>3!」





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:13:49.53 ID:PFLqxByyO

みほちゃん、こっち見なさいよ!



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:35:17.64 ID:8kl2Mggwo

エリカ「みほちゃん!こっち見なさいよ!」

みほ「」ブフーッ


まほ「……ちゃん?」

沙織「みぽりんどうしたの!?」

優花里「ふ、吹き出すほどビックリした、という事でしょうか……」


みほ「え、エリ……逸見さん」

エリカ「エリカって呼びなさいよ!黒森峰の時はいつも名前で呼びあってたじゃない!」

エリカ「どうして無視なんてするの?」

みほ「む、無視してるわけじゃ」

まほ「……エリカ」

エリカ「あ……申し訳ありません、隊長」



優花里「く、黒森峰……想像とは違って、本当は和気藹々としているのでしょうか?」


まほ「……それよりだ、みほ。お前が戦車道を続けているとは────」

みほ「……あっ……」

優花里「!お言葉ですが、あの試合のみほさんの判断は、間違ってませんでした!」



エリカ(何?このモジャモジャ、いきなり突っかかってきて)

エリカ(あなたにみほちゃんの、西住流の何がわかるって言うのよ、く~っ!)


エリカ「>>9!」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:38:11.01 ID:9akddnx3o

そんなの当たり前じゃない、このもじゃ頭!!



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:55:33.46 ID:8kl2Mggwo

エリカ「そんなの当たり前じゃない!このモジャ頭!」

優花里「ですからみほさんを責めるのは……えっ」

エリカ「誰も責めたりなんてしてないわよ!それをみほちゃんが勝手に責任感じて……どっか行っちゃったりして……」

エリカ「寂しかったんだから!」


優花里「えーと……その……なんというか……」

優花里「……心中お察しします」

エリカ「ふんっ!」



沙織「ねぇ、ゆかりん」ボソボソ

優花里「……ええ」ボソボソ

華「見た目に反して……」ボソボソ

麻子「随分と幼稚だな……黒森峰はこういう学校なのか?」ボソボソ


まほ「…………」




みほ「あ……何も告げずに出ていってごめんなさい。でも、あの時はお母さんや─────」

エリカ「お母さんが何よ!家元が何よ!あなたは人として誇れる行為をしたのに、なんでこんなことにならないといけないのよ!むしろあれを責める人なんて、血も涙もない機械のような精神してるに違いないわ!」


まほ「あー……エリカ、それ以上にしておけ」

エリカ「あっ……す、すみません」




みほ(……私が出て言ったのって、どちらかというと)

みほ(今起きてる『これ』が原因なんだけどな……)


まほ「……そろそろ本題に入っていいか?みほ、戦車道──────」


エリカ「みほちゃん!黒森峰に帰ってきて!お願い!」

まほ「…………」

みほ「え、ええっ!?」


エリカ「>>13!」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:57:21.50 ID:CX3MzpfiO

マイラブリーエンジェルみほちゃーん



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:03:47.71 ID:8kl2Mggwo

エリカ「マイラブリーエンジェルみほちゃん!」

みほ「あの、ちょ、周りのお客さんの迷惑になるから……」

エリカ「お願い!戻ってきて、みほちゃん!もう二度と元副隊長なんて悪口言わないから!」


みほ「え、えっとね逸見さん、私はもう大洗で新しい仲間と戦うことになってるから……」


沙織「そ……そうだよ!」

優花里「みほさんは渡しません!」

華「私たちの大切な仲間です!」


エリカ「ハッ!何よ、無名校が一日二日で作ったようなチームの何が仲間よ」

エリカ「私とみほちゃんの付き合いの年数に比べたら、そんなの─────」


麻子「無名校が一日二日で作ったようなチームに」


麻子「戦車でも、また友人としても負けるようなことがあったら、さぞ滑稽だろうな」


エリカ「…………!!」


エリカ「>>16!」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:08:10.67 ID:9akddnx3o

そうか、みほちゃん洗脳されているのね!そうに決まっている



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:28:24.03 ID:8kl2Mggwo

エリカ「そうか……みほちゃん洗脳されてるのね……そうに決まってる……」ブツブツ

みほ「……えっと、逸見さん?」

エリカ「そうよ、黒森峰のみほちゃんはもっと優しかった……こんな事言う子じゃなかったものね……」

まほ「おいエリカ、いい加減に……」

エリカ「ダメよ、黒森峰に連れ帰って洗脳を解いてあげないと……ね?隊長」

まほ「…………っっ!!」


エリカ「行きましょう、みほちゃん」ギュッ

みほ「えっ、やっ、ちょ……!!」

みほ「はな、離して……!!」


沙織「……!やりすぎだよ!!」

華「流石に見過ごせません!!」

まほ「エリカ!」バッ


エリカ「……隊長まで?」

エリカ「……みほちゃんだけじゃなく、隊長まで洗脳するなんて……」

エリカ「……許さないわ、大洗……!!」


エリカ「わかったわ、今は一目も多いし諦めてあげる。だけど……」


エリカ「戦車道で、あんたたちをコテンパンにして、力尽くでみほちゃんを取り返してやるんだから!」

麻子「私達とお前達は真反対だがな」

エリカ「みほちゃんがいるのに負けるはずないでしょ?あなたたちがいくらお荷物でも」


エリカ「じゃあね。みほちゃんにあまり変な真似しないように」



まほ「…………」

みほ「…………」


まほ「副隊長が本当に迷惑をかけた、申し訳ない」

優花里「あ、いえ、頭をお下げください!まほさんは何も悪くありませんよ!」

みほ「そうだよお姉ちゃん、お姉ちゃんが謝ることじゃ……」


まほ「ああ、本題なんだが、みほ」

みほ「……?そういえば、どうして私に声をかけたの?」

まほ「いや、みほが戦車道を───いや、それはもはやどうでもいいか、それより」


まほ「……私も大洗に転向したいんだが」

みほ「!?」







19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:32:54.43 ID:8kl2Mggwo

【result】

『みほちゃん大好きヤンデレエンド』


エリカ「……ちょ、なにこれ」

エリカ「私がすっごい病んでるじゃない!ダメよダメダメ!」

エリカ「ノーカン!ノーカン!」


まほ「みほに対して行為を抱いているのは否定しないんだな」

エリカ「うっ!」


まほ「まあ、望みとならば巻き戻そう。次が今回よりいい結果になるか悪い結果になるかはわからないけど」

エリカ「……えっ?一体何を……」

まほ「これも戦車道よ」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:33:48.27 ID:8kl2Mggwo

【その②】

エリカ「副隊長……?」


エリカ「ああ、元、でしたね」


みほ「……お姉ちゃん」

まほ「まだ戦車道を続けていたとはな」



エリカ(む、無視~~!?)

エリカ(いくら私の言い方に刺があったと言っても、流石にそれはないんじゃないの!?声かけたの私よ!?)

エリカ(元チームメイトだっていうのに……!こうなったら)

エリカ(もう一言二言付け足してやらないと、私の気が済まないわ!)


エリカ「>>23!」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:36:35.22 ID:wLS3R702O

流石に、流石に無視は応えるんですけど…!(グスッ



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:45:10.49 ID:8kl2Mggwo

エリカ「流石に、流石に無視は応えるんですけど……!」グスッ

みほ「…………」


沙織「……向こうから嫌味ったらしいこと言ってきたのにね」ボソボソ

華「元副隊長……っていうことは、みほさんの前の学校の知り合いなのでしょうか……」ボソボソ

麻子「さっき『お姉ちゃん 』って言ってただろう」ボソボソ


エリカ「…………」


エリカ「えっと……さっきの『元副隊長 』っていうの、起こってるの?」

みほ「…………」

エリカ「ふ、ふん!西住の癖に、これくらいの挑発で怒るなんて────」

みほ「…………」


エリカ「…………」



エリカ「>>31」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 19:47:27.07 ID:9akddnx3o

申し訳ございません、お許しくださいみほ黒森峰愚連隊総長



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 20:43:18.73 ID:8kl2Mggwo

エリカ「申し訳ありません、お許しくださいみほ黒森峰愚連隊総長」

みほ「えっなにそれ」


沙織「ぐれん……?なに?」

華「愚連隊……お話では聞いたことありますが、まさかみほさんが」

みほ「ち、違うよ!名乗ってないからね、そんなの!」


優花里「あんこうチームも、暗虎売血井無、みたいに当て字にすれば良かったでしょうか……」

みほ「嫌だよ!?」



みほ「もう、私をからかう為に話しかけたの?」

まほ「いや違う。みほ、私はみほが戦車道を─────」



エリカ「>>35!」



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 20:47:36.36 ID:i+UWK/o8O

ウボァー!(吐血



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:07:50.79 ID:8kl2Mggwo

エリカ「ウボァー」ドバー

みほ「!?」


優花里「いきなり断末魔を!?」

沙織「断末魔!?」


まほ「おい、エリカどうした、……まさか、何か盛られたか」

みほ「…………!」

エリカ「あ……あ……」ヒューヒュー


沙織「やめておこ、みぽりん。どうせまた気をひこうとドッキリしてるだけだよ」

麻子「だろうな。あんなお粗末な断末魔で私達を欺こうとは」

エリカ「…………」


華「……図星みたいですね」


みほ「……でも」


まほ「おい、どうした!」


みほ「お姉ちゃんがあんなに必死に……」

みほ「……っ!」


優花里「ああっ、西住殿!」


みほ「十中八九嘘でも、もし本当に何かあったら……私は絶対に後悔する!だから……」

優花里「西住殿!」


みほ「エリカさん!大丈夫ですか!?」


エリカ「>>41」



41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:10:08.80 ID:RWwU3kWAo

どうしようどうしようどうしよう嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた



48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 07:43:52.96 ID:KyC6YuqfO

エリみほハッピーエンドを諦めないで!!



50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:56:52.66 ID:DKrMU86oo

エリカ「どうしようどうしようどうしよう」

エリカ「嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた」ゲフッゴフッ


みほ「……え?」

まほ「ん?」



沙織「……ねぇゆかりん、もしみぽりんから冷たい態度取られたら、どうなる?」

優花里「そ、そりゃ悲しいですよ」

沙織「……嫌われたら?」

優花里「絶望します」

優花里「あっ!つまりあの副隊長さんはそういう」

沙織「……うーん」



麻子「いや、そのくらいで吐血するか普通」

華「以外とナーバスなのでしょうか」



エリカ「う……死ぬ前に……もう一度副隊長と……」

みほ「落ち着いてください逸見さん!」

みほ「ちょっと意地悪もしちゃったけど……」


みほ「私は逸見さんのこと嫌ってません!」


みほ「むしろ、私の方こそ逸見さんから嫌われてないか、心配で……」



エリカ「…………」


エリカ「>>53」



53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:59:00.94 ID:Mp/16BI1o

>>43



43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:10:41.63 ID:9akddnx3o

あなたが戦車道を辞めてなくて本当に嬉しかった、たとえ他校だったとしても



54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:28:18.29 ID:DKrMU86oo

エリカ「……副隊長、あなたが戦車道を辞めてなくて良かった……例え他校だったとしても」

まほ「!…………」


みほ「えっ……、エリカさん!?」


エリカ「ふふ、またいつもみたいに名前で呼んでくれたわね……」

みほ「えっと……えっと……///」


優花里「つ、冷たい態度をとったと思えばいきなりデレ、そんなので西住殿を陥落させようだなんて─────」

エリカ「そんな戦略めいたことしないわよ!戦車道ならともかく、これは私と副隊長の個人の問題よ!」

優花里「ぐ、ぐぬぬ……」



まほ「エリカ、まさかお前がそんな風に思っていたとは……」


エリカ「……そりゃ、初めて言いましたからね!」

みほ「……エリカさん」

エリカ「……っ、二度は言わないわよ」


みほ「……いえ、あの」


みほ「身体の方は大丈夫なんですか?」

エリカ「あ」



まほ「…………」



エリカ「ふ、副隊長に嫌われてないってわかったから、もうすっかり治っちゃったわ──────」


みほ「もう嫌いです!」

エリカ「げっげはっ」ガハッゴホッ

まほ「エリカ─────っ!」





みほ「もう、エリカさんのばかっ!」



55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:31:21.87 ID:DKrMU86oo

【result】

『副隊長こっちを向いてエンド』


エリカ「ふん、最終的な関係としては悪くないんじゃないの?」

エリカ「できれば向こう側からもデレて欲しかったけれど。まあ、あの流れならいい交友が期待できそうね」


まほ「更なる高みを目指すか」

エリカ「……隊長、さっきから何なんです?」


まほ「エリみほ、私はありだと思うがな。巻き戻すぞ」

エリカ「あーれー」



まほ「まあ、その後に私がみほを寝取る事が前提だけど」



56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:32:58.08 ID:zTIGBXaLO

【その③】

エリカ「副隊長……?」


エリカ「ああ、元、でしたね」


みほ「……お姉ちゃんとエリ……逸見さん」

まほ「まだ戦車道を続けていたとはな」



エリカ(む、無視~~……されてない!?)

エリカ(い、いや、何で無視されるって思ったのかしら、私。元チームメイトよ!?)

エリカ(ただ、私たちに隠れてこそこそ戦車道を続けてるのは気に食わないわね!)

エリカ(もう一言二言付け足してやらないと!)


エリカ「>>59!」



59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:35:38.89 ID:WuHnPHGAO

お久しぶりです元気にしてましたかみほちゃん



61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 00:02:56.73 ID:MDg6Fc0ko

エリカ「お久し振りです、元気にしてましたか?」

みほ「敬語!?」

エリカ「あら、元とはいえ副隊長に敬語を使うことの、何が悪いんですか?」

みほ「……よ、よそよそしい……」

エリカ「だぅて、もう私と副隊長は別の高校じゃないですか……みほちゃん」

みほ「そ、それはそうだけど……」

エリカ「わかってくれればいいんですよ」

みほ「…………?」


みほ「今みほちゃんって言った?」

エリカ「言ってませんよ、みほちゃん」

みほ「絶対言った!!」



まほ「エリカとみほは黒森峰時代仲が良かったんだ」

優花里「」ヘー


みほ「こらそこ!お姉ちゃん!」

エリカ「みほちゃん、店内ではお静かに」

みほ「エリカさんも敬語やめてください!恥ずかしいです!」

エリカ「じゃあみほちゃん呼びはいいと」

みほ「それもダメです!!」



みほ「はーっ、はーっ……」


沙織「み、みぽりんがここまでエキサイティングなの、初めて見た……」

華「お姉様が絡むと、こうなるのでしょうか……?」


みほ「違うよ……もう原因はただ1人だけだよ……」ハァハァ


エリカ「>>64」



64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 00:05:35.67 ID:GjcmPinCo

>>60



60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:36:17.86 ID:tAGPCDla0

ちゃんとご飯食べてる?コンビニ弁当で済ませてないでしょうね?



65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 02:45:19.05 ID:SOIG8lN1O

ただのオカンやんけ



66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 19:02:24.60 ID:MDg6Fc0ko

エリカ「ちゃんとご飯食べてますか?コンビニ弁当ですませてないでしょうね?」

みほ「ちょ、みんなの前で……!」


華「母親みたいですね」

沙織「ほんとに仲良さそう」


みほ「い、逸見さんには関係ないでしょ!」

エリカ「あります!みほちゃんが元気でいないと、みほちゃんのお母様も悲しみますよ!」

みほ「なんでお母さんが出てくるの!」



優花里「まほさんよりお姉さんしてますね……あっ!いえ、そういう意味では……申し訳ありません、無礼なことを……」

まほ「いやいいよ。私もそう思う」




みほ「こ、この際だからはっきり言っちゃうけど……」

みほ「黒森峰時代から、逸見さんの世話焼きはありがた迷惑でした!」


エリカ「……>>69」



69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 19:05:45.69 ID:uI7E45Gdo

そんなこと言うなら卵焼きのひとつでも焼けるようになったんでしょうね!



70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 19:36:12.00 ID:MDg6Fc0ko

エリカ「そんなこというなら卵焼きの一つでも焼けるようになったんでしょうね!」

みほ「そ、そのくらいできるから!」

エリカ「黒森峰の時はしょっちゅう焦がしてたじゃない!」

みほ「あれは逸見さんが傍からいろいろ口出しして邪魔してたから……!」

エリカ「何?人のせいにするの?私はみほちゃんをそんな風に育てた覚えはないわよ!」

みほ「私こそ育てられた覚えないよ!」



麻子「もはや母親気取りだな」

華「というか、夫婦漫才?」

優花里「どちらにしてもいいコンビなのは明らかですね」


みほ「ちょ、みんなも……お姉ちゃんも、何か言ってよ!」


まほ「……何かって」

沙織「……言われても、ね?」



エリカ「……あなた達、みほちゃんのチームメイト……いえ、お友達ね……」


エリカ「>>74」



74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 19:44:47.10 ID:yqYXJwq/o

これお土産の私の手作りの辛子蓮根よ
みんなで食べてね



76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 19:46:04.93 ID:RT+MHi8RO

圧倒的おかん力



77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 19:58:34.13 ID:8x+QWT6So

おかんエリカとは斬新な



78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 20:19:26.21 ID:MDg6Fc0ko

エリカ「これ、お土産よ」


沙織「何これ」

華「あっ!辛子れんこん!いいんですか!?」

エリカ「いいわよ。手作りだし」

沙織「手作り!」


優花里「待ってください!敵から出されたものを食べるのは危険です!何か盛られてるかも……ボツリヌスとか」

エリカ「そんなことするわけないじゃない。みほちゃんの友人に」

麻子「ボツリヌスも、何か違う気もするが」



華「みほさん、この方はとてもいい方ですよ」

みほ「華さんが懐柔された!?」



沙織「うーん、確かに、言ってることは基本みぽりんを心配してのことだし……」

優花里「確かに、多少やりすぎている感は否めませんが、そこまで拒絶するのもいかがかと」

麻子「デレたおばあみたいなものか……デレたおばあとか想像しただけで寒気がするが」


みほ「ああっ!みんなやられちゃった……!」

まほ「…………」




エリカ「……ま、色々言いたいことはあるけど……」

エリカ「いい友達を作ったわね、みほちゃん」

みほ「…………」

エリカ「ほんと、私も妬いちゃうくらい仲がいいわね?」

みほ「…………」



エリカ「>>81」



81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 20:24:35.06 ID:RT+MHi8RO

戦車道頑張ってねあなたならいい隊長になれるわ
決勝で待っているから



82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 20:42:43.66 ID:hiL+KOx0O

エリカ「戦車道頑張ってね。あなたならいい隊長になれるわ」

エリカ「決勝で待ってるから」


みほ「……逸見さんには」


みほ「負けたくありません!」


みほ「あ、お姉ちゃんにも!」

まほ「私はついでなのか……」


麻子「今年できたような無名校相手にそこまでプレッシャーをかけないで欲しいものだな」

沙織「ちょっと、麻子、せっかくなのに水指したりして……」


麻子「……だが、決勝で見せてやろう。うちのチームは西住さん一人のチームじゃないと」

優花里「冷泉殿」


エリカ「……当然!みほちゃんのチームだもの、メンバーを見くびったりしないわよ」


エリカ「……ただ、当然全員手抜かりなく全力で相手をさせてもらうからね?黒森峰の本気、味あわせてあげるわ!」


みほ「……こっちだって!勝つのは私達です!」

みほ「絶対勝って、逸見さんにあれこれ口出しさせられないようにしないと……!!」


まほ(動機が……)



83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 20:46:07.58 ID:hiL+KOx0O

【result】

『オカンエリカエンド』


まほ「で、どうだった」

エリカ「どうもこうもないですよ。何がなんだか」

まほ「私は楽しかったが。キャラがブレるエリカを見るのは」

エリカ「た、隊長!!」

まほ「まあ、また機会があれば見せてもらおう。色んなエリカを見るのは楽しいしな」


エリカ「隊長!どこへ……」

まほ「これも戦車道よ」





エリカ「ハッ!夢か……」

エリカ「何か、恥ずかしいようなよくわからない夢を見た気がする……」

おわり



84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 20:47:34.01 ID:FrlqQ+zQo

乙でした
良い安価ばかりだし面白いしで見ててニヤニヤしました



85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 20:50:00.87 ID:hiL+KOx0O

材料や安価は良かったのにいろいろと台無しにしてしまった感は否めないけど後ろは振り返らず行きたいです

安価ものは楽しいけど難しいですね


気力があればまた安価でノンナのカチューシャ日記 みたいなやつやりたいですね


それではまた機会があれば



86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 20:51:05.90 ID:RT+MHi8RO

乙ですた






他のおすすめSS
杏「やーチョビ子」アンチョビ「チョビ子って呼ぶな!」
優花里「同人誌を買いにイベント参戦であります!」
みほ「優花里さんから洗ってない犬の匂いがする…」
みほ「由花里さんを無視する」
アルスラーン「……プリズン?」キヨシ「……パルス??」
あーちゃん先輩「ねえ棗君、そろそろ私のこと名前で呼んでくれない?」恭介「えっ?」
綾乃「歳納京子は振り向かない」
もこっち「バレンタインデーか…」
真尋「ニャル子がセッ○ス中にふざけてくる」
みほ「優花里さんがゆかみほもののエ○本隠し持ってた……」