転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1449491695/

1 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:34:55.34 ID:d5d4e3dGp.net

希「突然やけど、みんな、中の人の話って、知ってる?」

海未「はて?想像もつきませんね」

穂乃果「中の…まさか、希ちゃん!赤ちゃん出来たの?」

花陽「アカチャンデキチャッタノォ?」

希「ちょ、ちょっと、なんでそっちに行くの?」

真姫「イミワカンナイ!」

ことり「希ちゃん、ちゃんとつけなきゃダメだよぉ~」

希「いやいや出来てないから!そういう話じゃないから!」

にこ「じゃあ何なのよ?忙しいんだから、あんまり変な話して作業止めないでよ」

絵里「そうよ。今アキバのイベント準備の大詰めなんだから」

凛「でもちょっと疲れたから休むにゃ~」



2 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:36:44.89 ID:d5d4e3dGp.net

希「じゃ~ん!『月刊ムウ』の今週号!これにめっちゃスピリチュアルな記事があったんや」

花陽「月刊なのに今週号?!!!」

希「ここ!この記事によると、この世の中は結局『別の次元の誰か』
が書いたシナリオで、うちらも『別の次元の誰か』が演じているだけなんやって。
で、その演じている誰かのことを『中の人』て言うんやて」

穂乃果「ええー!そうだったんだ!それは凄いよ!!」

ことり「穂乃果ちゃん…信じちゃダメだよぉ~」

海未「何かのSF小説みたいな設定ですね」

にこ「それも、すっごいB級の」

絵里「それで、私たちを演じてるって言う中の人がどんな人なんだろう?って話?」

希「さすがエリち!どんな人が、うちらの中の人なんやろなぁって」



4 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:38:14.69 ID:d5d4e3dGp.net

真姫「そんなのあるわけないでしょ。大体、私たちを演じてるって、じゃあこの自分の体は
ただの操り人形ってことじゃない?」

希「まぁまぁ、そんなに深く考えなくてもええんや。スピリチュアルな話なんやから」

穂乃果「中の人…私のお腹を切ったら、別の誰かが出てきて…」

海未「穂乃果、そういうことではないと思うのですが」

花陽「そういうことじゃなくて…私たちが役で、それを演じてる人がどんな人なんだろう?
て話をしてるんじゃ?」

凛「かよちんさすがにゃ!凛も口から別の誰かが出てくる話かと思ってたにゃ!」

花陽「ええーー?!」

海未「穂乃果の中の人は、おそらくしっかり者で落ち着いた人かと思います。
穂乃果のようなガサツで落ち着きのない人を演じるのは、かえってしっかり者でなければ
出来ない気がするのです」



5 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:40:42.74 ID:d5d4e3dGp.net

穂乃果「ええ~!?海未ちゃんヒドイよ~」

海未「まあ、私の中の人は私に似て、品行方正な大和撫子で間違いないでしょうね」

絵里「いやいや、別に同じような人だとは限らないわよ?
もしかしたら、すっごいギャルかも知れないし」

海未「そんなことは有り得ません!」

希「エリちの中の人は、意外とぐうたらな人やと思うわ~」

絵里「希!なんでよ?中の人だって、賢いかわいいに決まってるでしょ!」

希「フフフ…」

花陽「わ、私は、自分がちんちくりんで地味だから、中の人は綺麗でスラっとしてて…
ていう感じの人がいいなぁ」

凛「かよちんは、外も中もかわいいよ!」

花陽「凛ちゃんもかわいいよ!」



7 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:42:57.23 ID:d5d4e3dGp.net

にこ「まあ、スーパーアイドル矢澤にこを演じ切るには、当然役者もスーパーアイドルね」

真姫「はいはい。みんな良くこんな下らない話で盛り上がれるわね…
ほら、アキバフェスの参加アイドルのリスト、速くまとめるわよ」

にこ「とか言っちゃって、ホントは『私の中の人はきっと、フリフリ衣装のカワイイ女の子♪』
なーんて思っちゃったりしてるんでしょ?」

真姫「ちょっっっ!イミワカンナイ!そ、そんなこと思ってるわけ無いでしょ!」

絵里「さあ、雑談はこの辺までにして、続きにとりかかるわよ!思った以上に参加アイドル
殺到してるんだから!」

(帰り道)

希「ふぅ…すっかり遅くなっちゃったなぁ。ほんま、みんなと居る時間は楽しいわぁ。
でも、それももうすぐ…」

希「もし、この世界が誰かの書いたシナリオなら、μ’sのみんなの未来はどんななんやろなぁ」



8 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイW c71b-hLLQ) 2015/12/07(月) 21:43:24.43 ID:hNfcD2ng0.net

4Uxrppo
 



10 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:44:30.77 ID:d5d4e3dGp.net

謎の男「オーッホッホッホッホッホ」

希「キャァ!痴漢?」

謎の男「ホーッホッホ。痴漢とは失礼な。私は決して怪しいものではありません。」(スッ)

希(あ、怪しすぎる…)「ま、まぐろもぞう?」

真黒模造「まっくろもぞう。ただのセールスマンじゃぁございません
この世は老いも若きも男も女も、心の…」

希「あっ!これアカンやつや!変な品物押し付けて奈落の底に叩き落とすやつや!」

真黒模造「ホーッホッホ。あなた、喪黒福造をご存知でしたか。ご安心下さい。
私はあのような男ほど悪趣味ではございません。」

真黒模造「あなた、今のこの楽しい時間が終わりつつあることに大変危機感を持ってらっしゃる」

希「……」

真黒模造「ホッホッホ。あなたの顔を見ればすぐに理解りますよ。そして、自らが暮らす
この世界が、実は虚構のものであるのではないか?とも疑ってはいませんか?」



12 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:50:21.12 ID:d5d4e3dGp.net

希「!!!!!」

真黒模造「どうやら図星のようですね。あなたの疑っている通り、実はこの世界は虚構の世界。
違う次元『3次元』の世界が生み出した虚構の『2次元』の世界。あなた達はその中の役に過ぎない」

希「それって、ムウに載ってた話やん?あれはあくまでスピリチュアル雑誌やで」

真黒模造「あなた、月刊誌なのに今週号を手にしていることを疑問に思いませんでしたか?」

希「あっ!!」

真黒模造「ホッホッホ。それはわざわざあなたが手に取るように差し向けたものです。
記事の内容にはご満足いただけましたか?」

希「一体、何が目的なん?」

真黒模造「ホッホッホ。私は先程申し上げた通り、あなたを奈落に叩き落とそうだなんてこと
は考えておりません。ただあなたの知的探究心を満たして差し上げたいだけです。」

希「これは…水晶球?アカンアカン。うちはタロット派や」

真黒模造「カードでは鮮明な像は見えないでしょう?これは、次元の壁を超えて見ることが
出来る水晶球。あなた達を生み出した3次元の世界を見ることが出来る球です。
いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたらそれが何よりの
報酬でございます。」



15 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 21:56:20.73 ID:d5d4e3dGp.net

(希の部屋』

希「はぁ…結局あの怪しい人に押し付けられてしもうた…どうしようこれ。」

希「この世界が実は別次元が生み出した虚構の世界?…アカンアカン。あるわけないわ。
  あるわけ…ない…けど…」

(絵里の部屋)


絵里「ふぅ…お風呂の上がりの一杯の牛乳は最高にハラショーね」

(;´Д`)ノθ゙゙ ヴイィィィィン

絵里「希?わざわざ電話って何かしら?メッセでもいいのに…はいはい希?どうしたの?」

希「エリち…ぐすっ…うち…うち…うう…」

絵里「希?どうしたの?何かあったの?」

希「エリち…うちら…うちら…終わってしまうんよ…ぐすっ…」

絵里「え?終わるって?何が?一体どうしちゃったのよ?すぐに行くから待ってて!!」

希「うん…ぐすっ…」



16 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:01:52.98 ID:d5d4e3dGp.net

(希の部屋)

絵里「希!何かあったの?電話に出たら突然泣き出して!それに終わるって何?」

希「エリちは、うちがこれから話すこと、信じてくれる?」

絵里「私が、希を信じなかったことなんてある?」

希「エリち…ありがとう。あのな……………」


絵里「そ、そんな…そんなこと、あるわけないでしょ?希、あなた変な人に騙されてるのよ!」

希「うちも始めはそう思ってた。でも、色々考えると辻褄があってくるんよ?」

絵里「もう遅いわ。明日みんなに話しましょ。」

希「エリち?帰っちゃうん?いやや!ひとりにせんといて…」

絵里「大丈夫よ希。今夜は一緒に居てあげるから。私はソファでいいから」

希「え?一緒に寝てくれないん?」

絵里「い、一緒に寝るって…もう、いいわよ。ホント希は甘えん坊なんだから」



17 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:03:53.32 ID:d5d4e3dGp.net

(部室)

穂乃果「絵里ちゃん、深刻な感じで呼び出してきたけどなんだろうね?」

海未「まさか、アキバフェスの段取りに重大なミスが見つかったとか?」

ことり「そんな…もうすぐなのに~~穂乃果ちゃぁ~ん」

絵里「みんな、集まったわね。さぁ、希。昨日のことを話すのよ。話だけじゃ難しいから、
その水晶球も使って話しなさいね」

凛「希ちゃん?どうしたの?目が真っ赤にゃ…」

希「あのな…みんな、この水晶球が見えるようにこっちに来て…………」



18 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:05:26.88 ID:d5d4e3dGp.net

穂乃果「解…散…?ファイナル…シングル…?ファイナル…ライブ…?」

海未「解散云々よりも、まずはこの3次元という概念を受け入れる必要がありますね」

凛「よくわからないけど、この人達が中の人ってやつかにゃ?」

ことり(わたしの中の人、さっきからビールばっかり飲んでる…)

花陽(あぁ、中の人は綺麗で背が高くてナイスバディで…羨ましい)

にこ「で、どうなのよ?別に私たちも解散しようってんだから、
向こうの人達が解散でも構わないでしょ?」

真姫「良くないわよ。だって、希の話が全部本当なら、私たちは向こうの人達が描いた
ただの絵ってことなのよ?それにその人達が声を当てて、
私たちになってるっていうことでしょ?」



19 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:06:55.99 ID:d5d4e3dGp.net

凛「真姫ちゃんよく分からないにゃ」

絵里「要するに、向こうのμ’s…の物語が終わってしまったら、私たちも終わる。消えるの」

ことり「そ、そんな!いやだよぉ穂乃果ちゃぁ~ん」

穂乃果「みんな死んじゃうってこと?」

希「死んじゃう…そんな生半可なものやない…この世界が終わる…うちらに未来が来ないんや」

海未「しかし…これまで自分たちで頑張ってきたではありませんか。それもみんな、
向こうの世界の人が書いたシナリオだったと言うのですか?」

絵里「そういうことになるわね。私たちは今、向こうの世界での『劇場版』らしいわ」

凛「凄いにゃ!ニューヨークでのライブが流れてるにゃ!かよちんカワイイよ!」

花陽「凛ちゃんもカワイイよ!」



21 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:13:31.45 ID:d5d4e3dGp.net

にこ「あんたたちは気楽でいいわね。
で?大人気らしいじゃない。当然続編もあるんでしょ?
スーパーアイドル矢澤にこちゃん世界征服編とかあるんでしょ?」

希「にこっち…それが…それが、無いから、こんなに深刻なんよ」

にこ「なんでよ?なんか物凄い人気が爆発してるじゃない。人気がないならまだしも、
こんな状態で続編もなし、向こうのμ’sも解散、なんてあるわけないわ。」

花陽「でも、人気が絶頂の時に突如辞めるというやり方もあることも事実です!
人気が無くなるまで延々と続けるよりは絶頂の時に幕を引き強烈なインパクトを残す
ことにより伝説に…すなわち!レジェンドとなるのです!!!!」

海未「しかし、現段階では向こうの方々のライブが終わるだけなのでは?
μ’sとしての話は幾らでも広げられると思いますが。」

真姫「私たちもスクールアイドルであることにこだわってμ’sを解散することにした
…することになってた?あーもうっワケワカンナイ!」

絵里「そうね。私たちが卒業すると同時にμ’sは解散するわけだから、
話を広げると言っても無理があるわ。現に私たちは卒業式も終えてしまったわけだし」



22 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:15:30.04 ID:d5d4e3dGp.net

ことり「そんな…じゃあ、わたしたちは3年生になれないの?大学生にも?
大学生になったら、色々合コンとかしたかったのにぃ~!」

海未「ことり!あなたそんなことを考えていたのですか?は、破廉恥です!」

花陽「だ、大学生編…うっ…頭が…」

穂乃果「う~ん…じゃあ、解散しなければいいんじゃないかな?」

一同「ええええ???????」

穂乃果「だって、私たちが解散するから向こうも終わりにしなきゃってなってるんでしょ?
じゃあ、解散しなければいいんだよ!」

ことり「穂乃果ちゃん!すごい!名案だよぉ!」

真姫「確かに、私たちが解散しない、3年生が卒業しても普通のアイドルとして
μ’sを続ければ、向こうのμ’sも解散しなくていいし、続けざるを得なくなるわ」



24 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:16:44.36 ID:d5d4e3dGp.net

にこ「ちょっとあんんたたち!色々考えて解散するって決めたのにそんなあっさり
信念曲げちゃうってどうなのよ?」

真姫「もうこの際、信念なんてどうでもいいわよ。生きるか死ぬかの問題なのよ。」

穂乃果「よし!じゃあ、μ’s解散撤回!3年生が卒業しても、みんな卒業しても、
おばさんになっても、μ’sは永遠に不滅です!!」

絵里「ハラショー!!じゃあ、早速μ’s続けますってみんなにメールしなきゃね!」

花陽「……」

凛「か~よちん。どうしたの?」

花陽「これで、良いのかな?無理矢理歴史を変えるようなやり方、出来るのかな…?」

凛「大丈夫にゃ!これでかよちんとずっと一緒!」

花陽「…うん!」



25 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ (ワッチョイW 4861-PMkI) 2015/12/07(月) 22:18:12.57 ID:p/n+S0NQ0.net

これが逆転の発想か



26 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:19:43.98 ID:d5d4e3dGp.net

(翌日の部室)

絵里「そんな…昨日は確かに解散撤回ってメールを送ったはずなのに…」

ことり「μ’sアキバのフェスで解散ってなったままになってる…穂乃果ちゃぁ~~ん」

希「これが…運命ってやつなんやな…」

花陽「やっぱり…無理だよ…
だって、私たちは向こうの人達が生み出したものだったなら向こう側を変えないと…」

穂乃果「花陽ちゃんっっ!!!!」

花陽「ぴえぇぇぇっ!ほ、穂乃果ちゃん、近いよぉ」

穂乃果「そうだよ!こっちでダメなら、向こうの人、向こうの世界を変えればいいんだよ!」

絵里「ハラショー!でも、そんなこと出来るの?次元を超えて影響を及ぼすなんて…」

希「念を送ることくらいは出来るって言うてたけど…」



27 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:21:19.85 ID:d5d4e3dGp.net

海未「弓矢は用意してあります」

ことり「海未ちゃん…さすがにそれは良くないよ?」

真姫「じゃあまず、向こうのμ’sを取り仕切っている人を探せばいいのね」

希「うーん…何人かおるみたいやけど、まずはこの人みたいやね」

凛「ハゲにゃ!!」

穂乃果「凛ちゃん、偉い人だよ」

にこ「希!念を送るのよ!μ’s解散撤回~続編制作決定~って」

希「スピリチュアルパワー全開でいくわ」

凛「髪の毛が少し抜けたくらいにゃ~!」

絵里「ダメよ希!そんなんじゃまだ足りないわ!全部抜け落ちるほど念を送るのよ!!」

花陽「そこーーーーー?!」

希「あ、あかん…うちのパワーじゃ髪の毛100本が限界や…」



28 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa58-hLLQ) 2015/12/07(月) 22:22:15.23 ID:PvB2OhVWa.net

木皿ァ!



30 :名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8bee-p92M) 2015/12/07(月) 22:27:05.13 ID:7AqKC7Zs0.net

突然の木皿さんでワロタ



31 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:31:02.28 ID:d5d4e3dGp.net

穂乃果「そんな!これじゃぁμ’s解散撤回させられないよ!」

海未「あの…この方の髪の毛を全て抜くことが出来たとしても解散を撤回することには
ならないのでは…?」

真姫(な、なんだか、このまま終わっても良いんじゃないかって一瞬思ってしまったわ)

ことり「どうして!?もうどうすることも出来ないの?わたし達の世界、終わっちゃうのを
待つしか出来ないの?」

穂乃果「ことりちゃん、諦めちゃダメだよ!諦めたらそこで終了だよ!」

絵里「…そんな…結構髪の毛を抜いたはずなのに、まるで堪えていないなんて」

凛「ハゲだからちょっと抜いたくらいじゃ気にしないのかにゃ?」

真姫「毛を毟ることに専念してどうするのよ…まったく。μ’s解散を阻止すること。
そして、続編を制作させること。それが第一でしょ?」



32 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:39:27.54 ID:d5d4e3dGp.net

穂乃果「うん!だから、髪の毛を毟れば『あぁ!これはμ’s解散の呪いだ!やっぱり
解散はやめよう!続編もどんどん作ろう!』てなるかなーって」

海未「穂乃果…本気でそれ言っていたのですか…やれやれ」

花陽「やっぱり、無理だよ…私たちは所詮、向こうの人達が生み出した絵だよ…
変えられないよ…」

穂乃果「花陽ちゃん……」

穂乃果「希ちゃん、その水晶球貰った人の名刺、持ってたよね?」

希「あるけど、どうするん?もう関わらんほうがええと思うわ。」



33 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:40:55.71 ID:d5d4e3dGp.net

穂乃果「大丈夫だよ希ちゃん!こんな不思議な球を持ってるってことは、
その人ならなんとか出来るかもしれない!会って直接話しをしてみる!」

海未「私も付いていきましょう」

穂乃果「いいよ海未ちゃん。一人で行く。大丈夫。」

ことり「穂乃果ちゃん…みんなで行こうよ」

にこ「そうよ、なに穂乃果一人でカッコつけちゃってんのよ。9人集まってμ’sでしょ?」

絵里「そうね。それに穂乃果一人じゃ何しだすか心配だし」

穂乃果「絵里ちゃんひどいよ~~~」

凛「行くと決めたら早く行くにゃ!いざとなったらシメて無理矢理やらせるにゃ!」



34 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:57:21.38 ID:d5d4e3dGp.net

真黒模造「ホーッホッホ。私をお探しですか?」

希「あ!真黒偽造さんや!」

真黒模造「偽造ではなく模造です。人の名前を間違えるのは失礼に当たりますよ」

希「ご、ごめんなさい…」

真黒模造「まず、結論から申し上げますが、あなた達に結果を変えることは出来ません。
無論、私にも」

希「そんな…!じゃあ、うちら、うちら…未来は見えんって言うことなん?」

ことり「大学生になって、合コンしたかったよぉ~…」

海未「ことり…そんなに合コンをしたかったのですか」



35 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 22:59:03.09 ID:d5d4e3dGp.net

模造「あなた達は所詮、3次元の世界の人々が創りだした作品、
いえ商品に過ぎません。
創りだした商品でお金を稼ぎ、用が済んだら次を創造する…
そのサイクルのひとつに過ぎないんですよ

希「そんな言い方はうちが許さへん!
うちら、うちらは…商品なんかやない!
ちゃんと心のこもった人間や!!」

にこ「そうよ!今までみんなで一緒に頑張って、泣いて、笑って…
そうしてきた私たちが商品だなんて!」

模造「おやおや…威勢がいいですねぇ。私は真実しか申し上げません。
あなた達は、3次元の世界の人々のお金儲けの道具、商品であることには
かわりはありませんよ」



36 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 23:05:39.74 ID:d5d4e3dGp.net

にこ「!!!!」

真姫「にこちゃんやめて!」(ガシッ)

にこ「ちょっと真姫!離しなさいよ!あいつは私たちを侮辱してるのよ!
絶対に許さないんだから!」

ことり「にこちゃん…やめてよぉ…もうやめてよぉ…ぐすっ」

穂乃果「にこちゃん…やめよ。あの…セールスマンさん、ごめんなさい」

にこ「ちょっと!あいつの言うこと認めるの?」

穂乃果「認めるわけはないよ。私たち、誰が何と言おうとこの世界に生きる人間だもん」
でも、この人を殴ったところで、何も変わらないよ…」



38 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 23:24:20.47 ID:d5d4e3dGp.net

模造「ホッホッホ…面白いですね。
私は今まであなた達のような方々に何人も
お会いしたことがありますが、ここまで自らのことを
『人間だ』なんて言い切った方は居ませんよ」

模造「話は終わりですが?こう見えても敏腕セールスマンでしてねぇ。
次のお客様がお待ちなのでそろそろ失礼致しますよ。
そうそう、その水晶球とは別に、もう一つ水晶球を差し上げます。
それは過去も見れるものとなっておりますので、どうぞ昔を懐かしむ時に
お使いください…ホーホッホッホッ」

海未「行ってしまいましたね…悔しいですが、これは運命を受け入れるしかないのでしょうか」

希「うちが…うちが…どんな思いで9人を集めたと思うてるんや…なんで!
なんで向こうの人達やめてしまうん?中の人達、誰も反対せぇへんかったん?
うちらの未来、見えなくなってしまうのに…うう…」

絵里「希…落ち着いて…さあ、まずは部室に戻りましょ…」



39 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 23:36:57.51 ID:d5d4e3dGp.net

(部室)

絵里「はい、暖かい飲み物でいい?少しは落ち着いた?」

希「うん…エリち…ありがとう」

凛「かよちん…ずっと一緒に居ようって言ったのに…ごめんね」

花陽「凛ちゃん、謝らなくてもいいよ。」

真姫「なんだか、3次元って、冷たい所なのね」

にこ「ホント腹が立つわ!散々私たちでお金儲けして、用が済んだらポーイだもん!」

花陽「CDの売り上げ、映像ソフトの売り上げ、関連商品の売り上げ、版権収入…
ぴゃあああああ!も、もの凄い利益が出ています!」



40 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 23:38:16.06 ID:d5d4e3dGp.net

凛「凛たちにもボーナス払ってほしいにゃ!」

ことり「これだけあったら衣装もいーっぱい買えたのにぃ~!」

にこ「ちょっと!私達は向こうの人達に『描いてもらえば』良いんだからお金なんて要らないわよ!」

海未「それはそうですね」

絵里「それって、結構便利じゃない?欲しいものがあれば『描いて下さ~い』て頼めば良いんだから」

一同「ははははは」

ことり「穂乃果ちゃん!さっきから水晶球ずっと覗き込んでどうしたの?」

凛「偉い人の髪の毛が全部抜けて、解散撤回したのかにゃ?」

花陽(凛ちゃん鬼畜すぎる…)



41 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/07(月) 23:58:37.50 ID:d5d4e3dGp.net

穂乃果「真姫ちゃん。さっき、3次元は『冷たい』って言ってたよね。
そんなこと…ないよ…見てごらん‥」

真姫「何よ穂乃果、今更そんな…!
中の人達の、練習風景?」

穂乃果「うんそうだよ。にこちゃんもこっちへ来てよ」

にこ「ちょっと!スーパーアイドル矢澤にこの中の人のくせに、
全然ダンス出来てないじゃない!あり得ない!」

ことり「でも…すっごく頑張って練習してるね
あっ!わたしと同じ髪型してる!かわいい!」

絵里「凄いテーピングね…あまり無理はしないでほしいわね」

穂乃果「全然、冷たくなんかないんだよ…一生懸命、私たちに成りきってくれていたんだよ」

真姫「……」



42 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイW 59f9-PMkI) 2015/12/08(火) 00:02:41.36 ID:9Kq+mFC+0.net

悲しいなぁ



44 :名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ (ワッチョイW a995-p92M) 2015/12/08(火) 00:05:07.94 ID:9Wni0eHk0.net

やめろ・・・



45 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 00:13:28.20 ID:nX3s5go8p.net

穂乃果「私ね、ちょっと不思議に思ってたんだ!
だって、本当に私たちがただの『役』だったら、
なーんにも考えずに台本を喋ってるだけなのに、
どうしてこんなに普通にみんなと話したり、笑ったり、
泣いたり、怒ったり出来たのかなって」

希「そういえば、そうやね。本来は向こうの人が書いた台本に沿って、中の人が喋るだけやからね」

穂乃果「それって、中の人…ううんそれだけじゃない。
μ’sに関わった人々みんなが私たちに
命を吹き込んでくれたからじゃないかな?」

真姫「命を吹き込む…?」

穂乃果「うん!一生懸命創ってくれて、一生懸命演じてくれて…
だから私たちがここに居るんじゃないかな?って」

海未「そうですね…日本の考え方として『八百万の神』というのがありますね。
あらゆる物に神が宿る。本来は単なる『役』でしかなかった私たちに、神、
いえ命を宿してくれたのかも知れません。」

にこ「ちょ、ちょっと…そんなこと言われたら、泣いちゃうじゃないよぉ~!」

花陽「泣いていいんだよ。泣けるって、人間しか出来ないことなんだよ」

にこ「な、泣かないんだからね!泣かないん…うわぁぁぁぁん…ずずず」

真姫「ちょっ!私の袖で鼻拭かないでよ!まったくもう!…もう……うう…」



46 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 00:20:37.82 ID:nX3s5go8p.net

(;´Д`)ノθ゙゙ ヴイィィィィン
希「メール?一体誰から?」

真黒模造「ホーッホッホ。新しい商品はお気に入り頂けましたか?
私、あろうことか一つお伝えし忘れたことがございまして、
メールにて失礼させていただきます。
その水晶球、次元の壁を超えて見ることが出来る、のですが、
実は自分の演者に限ってかなりの影響を及ぼす事ができるのです。
良く使うも、悪く使うも、貴方次第で御座いますが、どうぞお試し下さい。

そうそう、彼の頭髪を抜く…ということだけは勘弁してやって下さい。
私も彼の気持ち、痛いほど理解りますので…」

希「だって」

絵里「だって」



48 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 00:37:47.06 ID:nX3s5go8p.net

穂乃果「ええ~~!それって、凄いことだよ!!
だって、それって、私たちの中の人達と一緒に踊ったり歌ったり出来るってことでしょ?」

ことり「穂乃果ちゃん…?それとはちょっと違うような気が…」

穂乃果「違くないよ!だって、色々と助けてあげられるってことでしょ?
だって、せっかく貰った命だもん!ここできっちり使いたい!恩返ししたいよ!」

海未「穂乃果…『命を使う』と書いて『使命』ですか。成程、μ’sラストに向けて頑張る
中の人達をサポートする…確かにそれが私達の使命なのかも知れません(ドヤァ)」

真姫「ま、まぁ…私の中の人は大丈夫そうだけど…
転びそうになったら支えてあげてもいいわよ」

にこ「ああー!もう、なんでこの矢澤にこちゃんの中の人がこんなにダメダメなのよ!
階段降りるだけなのに危なっかしいじゃない!しょ~がないわね~。
私が転けないようにしてあげるわよ」



53 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 00:54:40.24 ID:nX3s5go8p.net

希「楽しそうやん!うちもスピリチュアルパワーたっくさん注入するわ!」

ことり「わたしは…もっとことりに成り切れるように、ちょっと乗り移っちゃおうかな♪」

海未「わたしは…とりあえず、人前で変な顔をしないように監視します」

絵里「あぁ…膝がキツイのね…私に出来ることは少しだけど、負担を少なく踊れるようにサポートするわ」

凛「凛は、まずはあの人の頭の毛を毟ってからにするにゃ!
とにかく毛を毟らなきゃ気が済まないにゃ!」

花陽(凛ちゃん…)

ことり「穂乃果ちゃん…いいの?」

穂乃果「いいんだよ。これで。もちろん、もうちょっと続きとかないかな~って思ったりも
するけど、今まででも、いろんな夢を叶えられたよ」



54 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 00:57:18.46 ID:nX3s5go8p.net

海未「そうですね…まさか3人だけの部活から、
ラブライブ優勝まで来れるなんて思っても見ませんでした。
…台本かもしれませんが」

ことり「海未ちゃぁ~ん…そんなこと言ったら興ざめだよぉ~」

絵里「台本…なんかじゃないわよ。だって、向こうのμ’sって5年位やってるんでしょう?
だったら、私達の物語が始まる前に終わっちゃっていたかも知れないじゃない?」

花陽「アイドル業界は過酷です!せっかく出てきても売れなければ
淘汰されてしまう厳しい世界なんです!そんな中ここまでやって来れたというのは、
中の人達の頑張りもあるかも知れませんが、
それ以上にファンの方々が支えてくれていたからなんです!!
ファンあってのμ’sなんです!!だから、私達は中の人達を通して、
向こうのファンの方々へも今まで応援してくれたお礼をしなければいけないんです!!」

凛「かよちんアツいにゃ~!でもそんなかよちんが好きにゃ~」



55 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 01:08:00.63 ID:nX3s5go8p.net

凛「かよちんアツいにゃ~!でもそんなかよちんが好きにゃ~」

真姫「胡散臭いセールスマンが、私達のこと『作品』だなんて言ってたけど
私達、最高傑作だと思わない?」

凛「真姫ちゃんが何か良い事言ってるにゃー!」

真姫「ちょっっ!べ、別に!いいでしょ!良い事言ったって!」

ことり「作品は、いつだって、誰にだって夢を見させてくれる…
わたしたちも、こうして夢を見ることが出来たんだよね」

にこ「ちょっと!今の言葉、中の人が携帯で書き込んでたわよ!
パクったでしょ?」

ことり「え?なんのことかな~?ちょっと一体化しちゃってたのかも~~」



56 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 01:43:46.07 ID:nX3s5go8p.net

穂乃果「私達のファイナルライブまで、残り3ヶ月半!よぉ~し、頑張るぞぉ~!
目指せ!ラブライブ優勝!!」

海未「ファイナルライブは、大会ではありませんよ。ワンマンライブです。
なにげに、ワンマンでドームライブと言うのは、私達も経験がありませんね。
向こうの世界でも、ワンマンドームライブというのは物凄い偉業だそうですよ」

花陽「本当に、みんなで叶える物語…なんだね」

絵里「希?」

希「ん?なに?エリち」

絵里「これで…良かったの…?向こうのμ’s解散阻止、は出来そうにないけど。」



57 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 01:51:46.64 ID:nX3s5go8p.net

希「ええんよこれで…うち、みんなに出会えてよかったわ。こっちのμ’sのみんなとも、
向こうのμ’sのみんなとも。」

絵里「まさか、μ’sが違う世界で2つある、なんて思っても見なかったわよ。
最後に凄い体験させてもらっちゃったかな。ありがと希」

希「なぁエリち……うちらのこと…これが運命やって言うたけど、運命って夢や志のある人は
導いてくれるものなんやなって思うたわ。
だから、これで終わりなんかじゃない。まだまだ描かれていない白紙のノートがあるって
思ってるんや…」

絵里「そうね…私もそう思うわ…」



(某スタジオ)
スタッフ「あれ?木○さん?スタジオの中は暑いんですから、ニット帽は脱いだらいいのに」

○皿さん(朝起きたら髪が全部抜けてたなんて言えない…)



おわり



63 :名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ (ワッチョイW d461-3qBK) 2015/12/08(火) 05:52:16.03 ID:3mxTV8aP0.net

木皿さん…乙



65 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa58-h3OC) 2015/12/08(火) 08:38:22.71 ID:+ChhmkyLa.net

悲しいかと思ったら前向きで良かった



66 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイW 7f83-PMkI) 2015/12/08(火) 11:51:05.71 ID:MeifRB6a0.net

凛ちゃんそんなに木皿さんの髪毟りたいのね



69 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロT Sp70-htI1) 2015/12/08(火) 18:46:04.92 ID:nX3s5go8p.net

(余談)
真黒模造「ホッホッホ…お客様は、商品をお気に召してくださったようですね。
さて、営業日報を仕上げてから次のお客様に…」

真黒模造「おや?先程のお客様は、一度お会いしたことがあったお客様でしたか。
敏腕セールスマンがお客様のお顔を忘れてしまうとは、恥ずかしい限りですな」

(5年前)

穂乃果「どーしよー!CD売れないよーーー!」

真姫「この知性あふれる美貌の持ち主、マッキーがメンバーに居るのに、
みんななんでスルーするのよ」

花陽「それは…は…花陽が…ハァ…ダレカタスケテ-」

ことり「せっかくいちごのパンツ穿いてきたのに~」

にこ「にっこにっこに~。今時いちごのパンツなんかで男釣ろうなんて古いにこ!」

絵里「そうよ。今の時代はグッドスタイル&明るい性格よ!
それなのに…この世の中の男って、見る目ないのね」

凛「それにしても、ここはどこ?真っ暗にゃ」

海未「ここはダンボールの中です。売り上げが悪いので一向にここから出してもらえません…」

希「うーん…うちのラッキーパワーでもダメ?」

穂乃果「今、どのくらい売れてるの?」

海未「400枚くらいでしょうか…」

真姫「ありえないでしょ!こーんなにカワイイ真姫ちゃんが居るのに、こんな所で埋もれているなんて!」



70 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sa93-htI1) 2015/12/08(火) 19:06:00.86 ID:BYWU+x2ra.net

絵里「伝説wwww開幕wwwwwだなんて煽っておいて、これはマズイわよ!
賢いかわいいエリーチカ、の名前に汚点をつけてしまうわ」

謎の男「ホーッホッホッホッ」

一同「だ、誰?」

真黒模造「まっくろもぞう。ただのセールスマンじゃぁございません
この世は老いも若きも男も女も、心の…」

にこ「にっこにっこに~。はい、一枚お買い上げありがとうございます!」

真黒模造「私は通りすがりです。申し訳ありませんが必要ありません」

穂乃果「ええー?私達のファースト・シングルだよ?伝説!開幕!だよ?」

海未「まあ、このダンボールの中では、伝説開幕も何もないのですが…」

真黒模造「なら、私が外の売り場へ出して差し上げましょう」

穂乃果「ホント?!うれしい!やっと明るい場所へ出れるよ!」

真黒模造「良いのですか?外の世界はここよりもずっと厳しいですよ?」



71 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sa93-htI1) 2015/12/08(火) 19:26:20.83 ID:BYWU+x2ra.net

(棚の中)

真姫「さあ、こーんなにカワイイ、真姫ちゃん達の記念すべきファーストシングル。
みんな買いなさいよ」

にこ「にっこにっこに~♪」

希「このCDを買ってくれたそこのキミ!ラッキーなことが起こっちゃうかも?」

オタA「ちょwwwwなんだよこれwwwア○マ○のパクリか?」

オタB「伝説www開幕www地雷にしか見えねぇぇぇ」

オタC「キャラデザwww90年代のエロゲかよwwww」

オタD「ラブライブはじまらないなwwww」

花陽「ああ…あわわわ…は、花陽が悪いんです…ダレカタスケテ-」

ことり「ひ…ひどいよみんな…そんなに言わなくてもいいのに…」



72 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sa93-htI1) 2015/12/08(火) 19:53:01.53 ID:BYWU+x2ra.net

穂乃果「……」

真黒模造「ッホッホッホ…如何ですが外の世界へでた気分は?
ずっとダンボールの中で出荷待ちしてたほうが良かったのではないですか?」

穂乃果「全ッ然大丈夫です!私、アイドルになりたくて頑張ってきたんです!
今はこんなだけど、夢に向かって必死に頑張って突き進んでいけば、
いつかきっとそこにたどり着けると思うんです!」

真黒模造「ホウ…意味もなく壮大な夢をお持ちなんですねぇ。
まあ、小さい夢は見るな。それには人の心を動かす力がないからだ。
という言葉もありますからねぇ」

穂乃果「おじさん!今の言葉カッコイイですね!」

海未(今のは、ゲーテですよ…この胡散臭い人の言葉ではありませんよ)



73 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sa93-htI1) 2015/12/08(火) 19:57:56.34 ID:BYWU+x2ra.net

真黒模造「あなたにはこれを差し上げます。いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます。」

穂乃果「これは…何かの翼?羽根?」

真黒模造「なにか特別な力があるわけではありません。ただのお守りとして使って下さい」

穂乃果「おじさんありがとう!」

(パタン)

真黒模造「おお!つい懐かしくなって昔の日報を読みふけってしまいました。
まさか、ここまで大きく成長するとは、感慨深いですな。
さて…お次のお客様は……沼津ですか…少し遠いですが、ぼちぼち参りましょう
ホーッホッホッホッ」

おわり
(今になって穂乃果の事故紹介聞いたら、セリフが刺さりまくりで泣けたのでつい追記しました)



74 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ (ワッチョイW 91df-p92M) 2015/12/08(火) 19:59:44.48 ID:gWg9fsnG0.net

乙です
ここまで大きくなったμ's本当にすごいわ



84 :名無しで叶える物語(ほうとう)@\(^o^)/ (ワッチョイW 2b75-PMkI) 2015/12/09(水) 04:41:57.59 ID:nbIiE/y+0.net

この400枚買ってくれた人がいたから、今のドームライブがある事を肝に銘じろよ



88 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ドコグロ MMe9-1UaV) 2015/12/10(木) 18:07:27.83 ID:CAtb3uHNM.net

これさ、謎の男が 喪黒福造だったらどうなるの?のんたん死ぬの?



92 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 20:06:11.32 ID:HwAzklHAa.net

後味悪くなりますが喪黒編投下する…かも



94 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 22:20:45.44 ID:HwAzklHAa.net

(のんたんが遭遇したのが喪黒だった場合)

謎の男「オーッホッホッホッホッホ」

希「キャァ!痴漢?」

謎の男「ホーッホッホ。痴漢とは失礼な。私は決して怪しいものではありません。」(スッ)

希(あ、怪しすぎる…)「も、もこくふくぞう?」

喪黒福造「もぐろふくぞう。ただのセールスマンじゃぁございません
  この世は老いも若きも男も女も、心の…」

希「あっ!これアカンやつや!変な品物押し付けて奈落の底に叩き落とすやつや!」

喪黒「ホーッホッホ。変な品物だなんて、とんでもない。あなたにひったりの商品をオススメする自信がありますよ。」

喪黒「あなた、今のこの楽しい時間がずっと続けばいいのに…そう思っていませんか?」



95 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 22:22:21.30 ID:HwAzklHAa.net

希「!!」

喪黒「ホッホッホ。あなたの顔を見ればすぐに理解りますよ。そしてあなた、
ホログラフィック宇宙論に興味をお持ちですね。」

希「うちの思ってること当てるなんて、スピリチュアルやね。」

喪黒「私は森羅万象、なんでもお見通しですよ。
さて、あなたのお考えの通り、実はこの世界は虚構の世界。
違う次元『3次元』の世界が生み出した虚構の『2次元』の世界。
あなた達はその中の役に過ぎない(スッ)」


希「これは…水晶球?残念!うちはタロット派や」

喪黒「これは占いの道具ではございません。次元の壁を超えて向こう側の
世界を見ることが出来る水晶球。いかがですか?決して損はさせない商品ですよ?
いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたらそれが何よりの
報酬でございます。」



96 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 23:50:58.75 ID:HwAzklHAa.net

希「いやいやいや、で、これを使うたらめっちゃ強い呪いかけられたりするんやろ?アカンアカン!」

喪黒「ホーッホッホ。どうやら私の名声が歪んで伝わっているようですね。
強い力も使い方次第で御座います。お守り頂きたい約束事があるだけです」

希「その、約束、というのはなんやの?」

喪黒「ホッホッホ…その珠は向こうの世界を『見る』ことが出来るとご説明しました。
ですが、本来の力はそんな程度ではありません。
歴史を変え、未来を変え、世界を変えることすら出来る…」

希「ああ、その力を使うなっちゅうことやな!大丈夫!そんなのスピチュアルの基本のキや!」

喪黒「ホッホッホ…察しの良い方で助かりました。過去や未来に干渉することが
如何に罪深いことか、あなたほどの方ならきっと御理解いただけると思っていました。
お約束、お守り頂けそうで私も一安心です。」

(希の部屋)
希「はぁ…結局あの怪しい人に押し付けらてしもた…
いくらスピリチュアル言うても、異次元の世界が見れるっちゅうのは言い過ぎや」

希「……でも、もし『3次元』があったら、どんな世界なんやろな~っな~んてっ」

希「え?水晶球が…光って…うそ?これは…!!」



97 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 23:52:47.41 ID:HwAzklHAa.net

(翌日の部室)

穂乃果「解…散…?ファイナル…シングル…?ファイナル…ライブ…?」

海未「解散云々よりも、まずはこの3次元という概念を受け入れる必要がありますね」

凛「よくわからないけど、この人達が中の人ってやつかにゃ?」

ことり(わたしの中の人、さっきからビールばっかり飲んでる…)

花陽(あぁ、中の人は綺麗で背が高くてナイスバディで…羨ましい)

にこ「で、どうなのよ?別に私たちも解散しようってんだから、向こうの人達が解散でも
構わないでしょ?」

真姫「良くないわよ。だって、希の話が全部本当なら、私たちは向こうの人達が描いた
ただの絵ってことなのよ?それにその人達が声を当てて、私たちになってるって
いうことでしょ?」

凛「真姫ちゃんよく分からないにゃ」

絵里「要するに、向こうのμ’s…の物語が終わってしまったら、私たちも終わる。消えるの」



98 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 23:53:27.64 ID:HwAzklHAa.net

(中略)

穂乃果「ねえ?私たちが向こうの人達が創ったって言うなら、向こうの世界を変えちゃえばいいんだよ!」

ことり「穂乃果ちゃん!頭いい!!!」

希「ちょっっっちょっと!それはアカン…」

絵里「ハラショー!善は急げね!早速お偉いさんを探して考えを変えてもらいましょ」

真姫「何人か居るみたいだけど…まずはこの人からね」

凛「ハゲにゃ!!」

穂乃果「凛ちゃん、偉い人だよ」

にこ「みんなで念を送るのよ!μ’s解散撤回~続編制作決定~って」

希「ニコっち!ちょっと待って…!」

凛「ハゲをフサフサにしてあげるにゃ!きっと気分良くなって解散撤回してくれるにゃ!」

絵里「ダメよ!全然生えてこないわ!!」

花陽「そこーーーーー?!」



99 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 23:54:54.48 ID:HwAzklHAa.net

凛「ダメにゃ~!きっと毛根が死んでるから生えてこないんだにゃ~!」」

穂乃果「そんな!これじゃぁμ’s解散撤回させられないよ!」

希(あ、あぶなかった…そっか!の水晶球は、私でしか力を発揮されられないんだ…!)

ことり「どうして!?もうどうすることも出来ないの?わたし達の世界、
終わっちゃうのを待つしか出来ないの?」

穂乃果「ことりちゃん、諦めちゃダメだよ!諦めたらそこで終了だよ!」

花陽「やっぱり、無理だよ…私たちは所詮、向こうの人達が生み出した絵だよ…変えられないよ…」

穂乃果「花陽ちゃん……」

希「…………」



100 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 23:56:32.56 ID:HwAzklHAa.net

(その夜 希の部屋)

希(あの人の言うことが本当なら、この珠には世界を変える力が…)

希「アカンアカン!そんな事…そんな事したら…何が起こるか分からへん…
…でも、何もしなかったら、うちら、終わってしまうんやな…
未来、見えへんのやな…」

希「いやや!そんなんいやや!μ’sの未来、μ’sの未来が見たいんや…
何とかなる方法…考えるんや………」

希「!!!!!」

希「……うち、なんでこの事に気づかへんかったんや…
『向こうの3次元の世界』を変えるんや、何かしらの歪みが出るのも向こうの世界、
うちらは関係ないんとちゃうか?」



101 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/10(木) 23:59:10.24 ID:HwAzklHAa.net

希「どうせ何もしなければ終わる運命や。試してみる価値はある。
でも、向こうの世界を変えるなんて…そんなこと……」

希「………………」

希「……でも…μ’sさえ続いてくれれば………
……向こうでもμ’sの物語さえ続いてくれれば………
…世界の歴史がどうなろうと……関係ない…!
μ’sの未来、うちらの未来!それさえ開けてくれさえすれば!
未来を自分の手で掴むんや!!!」



(部室)

??「……み!…ぞみ!」

希「ん?……あれ?…うち……自分の部屋で……え?エリち?」

絵里「希!!気づいたのね!!良かった!本当に良かった!!」(ガシ)

希「え?エリち?どうしたの?って、痛っ!!」

穂乃果「希ちゃん!まだ寝てないとダメだよ!早く治らないよ?」

花陽「希ちゃん…良かった…良かったです…ひっく」

希「え?ええ??ど、どういうこと???」



103 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/11(金) 17:57:01.48 ID:qSPW8Zwaa.net

凛「真姫ちゃんがね、ちゃんと治してくれたんだよ!」

真姫「まあ、このスーパードクターマッキーの手に掛かればこんなものよ」

にこ「希、あなたの『ラブライバー』は、このスーパーメカニック矢澤にこちゃん
がキッチリ直してあげるわよ」

希「え?ちょっと…みんな何を言ってるの???」

ことり「希ちゃん、昨日の記憶を失くしちゃってるみたい…かわいそう…」

穂乃果「A-RISEめ!よくも希ちゃんを!!みんな!こうなったらUTXに奇襲を仕掛けるべきだよ!!」

海未「穂乃果!A-RISEの本陣、UTXは鉄壁の守りで有名な要塞。闇雲に攻めるなど危険すぎます!!」

絵里「そうよ穂乃果。希も暫くは戦線を離脱するわけだし、ここは体制を立て直すのが先決よ」

(ビーッビーッビー)

絵里「警報?ま、まさか?A-RISE??」

花陽「モウセメテキチャッタノォ?」

海未「一人少ないうちに追い打ちをかけておこうという魂胆ですね」

穂乃果「みんな行くよ!!μ's!発進!!」

にこ「ちょっと穂乃果!あんた発進が雑すぎるのよ!これ以上私の仕事を増やさないで欲しいんだけど!」

希「ちょ…ちょっと、みんな!行かないで!何なのこれ?どうしちゃったの?」

絵里「希…あなたはここでゆっくり休んでいるのよ。絶対に外に出ちゃダメ。
この戦いから帰ったら、一緒にパフェでも食べに行きましょ♪」

希「みんな!行かないで……なんやのこれ?もう…わけわからへん…」



104 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウT Sac2-yjYK) 2015/12/11(金) 18:14:17.51 ID:qSPW8Zwaa.net

喪黒「ホーッホッホッホッ…いかがですか?ラブライブの新作は?」

希「新作?コレが?あ!あんたがやったんやな!!戻して!!うちらを戻して!!」

喪黒「ホッホッホ…これはあなたがやったことですよ?
東條希さん。あなた、約束を守られませんでしたね?」

喪黒「3次元の世界という所は、実に理不尽なところでしてねぇ…
こういう『大人の事情』でガラリと変わってしまうことがあるんですよ?
どうやら制作会社の『大人の事情』で『ラブライブ! School idol project』
から『機動学園戦士ラブライバー!』へと変更されたようですねぇ。」

希「そんな!!うちの描いていた未来はこんなんあらへん!!」

喪黒「おやおや、往生際が悪いですねぇ。3次元の世界のμ’sの物語を続けさせる。
それがあなたのお望みでしょう?見事に叶えられたではありませんか。」

希「うちが…うちが望んでいたのは…こんなんやない…みんなと…
歌ったり踊ったり…笑ったり…うぅぅ…ぐすっ」

喪黒「あなた、世界改変の影響を3次元だけに押し付けて、自分たちは影響ない…
だなんて、そんなことある訳無いでしょう?だって、あなた方は3次元が創りだした
2次元の世界でしか行きられないのですから…ホッホッホ」

希「ぐすっ…ううう…なんで?…うちらは、夢を見たらあかんの?
うちら…終わりなんていやや…未来を見たかっただけやのに…」

喪黒「終わらずにすんだではありませんか。
そうそう、中の人達は引き続きあなた方を熱演されております。それが非常に好評でしてねぇ…
これからもあなた方の物語、つづいて行きますよ。
ホ~ホッホッホッホッホッホ……」

おわり(誰か…誰か…7thライブの未来を見せてクレメンス…)



111 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sd20-1UaV) 2015/12/11(金) 23:24:45.33 ID:8OK4lpjjd.net

喪黒福造ってドン底じゃなくてこれくらいのバッドエンドだった気がする
とりあえずおつ



112 :名無しで叶える物語(そのまんま)@\(^o^)/ (プレステPW 610e-1UaV) 2015/12/12(土) 20:59:26.00 ID:ocAFR47B01212.net

ゼノグラ的な未来も…






他のおすすめSS
絵里「正しい髪の洗い方」
希(あ、絵里ちの歯に青海苔ついてる)絵里「ふふっ」ニコッ
絵里「真姫……無視しないでよ」
絵里「さあ、お待ちどうさまでした。大喜利のコーナーです」
絵里「>>3、今晩泊まりに来ない?」
希「やっぱり青春には彼女が必要やと思うんよ」絵里「え?」
絵里「好かれりゃいいってもんでもないのよ!」希「え、なんの話?」
穂乃果「もうひとりじゃないよ」
【ラブライブ】海未「真姫、おすすめの本を教えてください」
希「クソスレを立てるんよ」