転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455970788/

1 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:19:48.59 ID:xXyBY86l0

【梅太郎のファン編】

昔々あるところに浦島梅太郎という漫画家がいました。

梅太郎(早く家に帰って描かないとな)

そう思いながら歩いていると……

梅太郎「……!! カメが……!!」

梅太郎はいじめの現場を目撃しました。

少年「おらおら!!」

カメ「や、やめて!!」

梅太郎「こら、いじめはやめなさい」

少年「へっ、悪いのは俺じゃねえよ……いじめたくなるぐらい可愛いこいつが罪なだけだぜ」

少年「いじめられるのが嫌だったら……おとなしく俺の物になりな☆」

梅太郎「……」

カメ「……」

少年「なんか言えよ!!///」





2 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:20:31.37 ID:xXyBY86l0

梅太郎「なんか言えと言われても……なぁ」

カメ「うん……」

少年「きょ、今日はこの辺にしといてやる!! 有難く思えよ!!///」ダッ

梅太郎「行ってしまったな……」

カメ「……あっ!! た、助けてくれてありがとう梅太郎くん!!」

梅太郎「! 俺を知ってるのか?」

カメ「う、うん!!」

カメ(ずっと海から見てたからね……)

カメ(そうだ! 今こそ竜宮城に誘わないと!!)

カメ「あ、あの!! 梅太郎くん!!」

梅太郎「なんだ?」

カメ「わ、私……私……」

梅太郎「……?」

カメ「……ファンです!!」

梅太郎「サインどうぞ」



3 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:20:59.86 ID:xXyBY86l0

カメ「ち、違うの!! その……ずっと……一緒にいたいっていうか……」

カメ(……ってこれも違うよ!! 竜宮城に誘わないと!!)

梅太郎「じゃあうち来る?」

カメ「行きます!!!///」

こうしてカメは梅太郎の家で飼われることになりました。めでたしめでたし。









少年「全然ちげーじゃねえかよ!!」



4 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:21:36.70 ID:xXyBY86l0

【イケメンのカメ編】

昔々あるところに浦島梅太郎という漫画家がいました。

梅太郎(早く家に帰って描かないとな)

そう思いながら歩いていると……

梅太郎「……!! カメが……!!」

梅太郎はいじめの現場を目撃しました。

少年「お前また部活サボりやがって!!」ガンガン!!

カメ「いててて!!」

梅太郎「こらこら少年、いじめはダメじゃないか」

少年「でもよ、こいつが……」

カメ「……君、私を心配してくれるのかい?」

梅太郎「え? あ、ああ……」

カメ「大丈夫だよ……私はこれぐらいなんともないから。 君を守れるんだったら私はどんな罰も受けるよ」

少年「帰るぞ」

カメ「待って先輩!! 引きずらないで!!」ズルズル

梅太郎「……なんだったんだ」

梅太郎は無駄な時間を過ごしました。めでたしめでたし。








カメ「これも違くない!?」



5 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:22:08.22 ID:xXyBY86l0

【カメ界のローレライ編】

昔々あるところに浦島梅太郎という漫画家がいました。

梅太郎(早く家に帰って描かないとな)

そう思いながら歩いていると……

梅太郎「……!! カメが……!!」

梅太郎はいじめの現場を目撃しました。













カメ「おらぁ!! もう一発ボール当ててやるぜ!!」

少年「やめてください先輩!!」

梅太郎「カメが……いじめてる!!」



6 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:22:40.09 ID:xXyBY86l0

少年「なんで先輩はいつも俺ばっかりいじめてるんですか!?」

カメ「いじめてねーよ」

少年「いじめてますよ!! 俺だけボール当ててくるし!! パシらされてるし!! 振り回されてるし!! そのまま飯屋まで無理矢理連れて行かれるし!! その後奢ってくれるし!!」

梅太郎(カメが奢るのか!?……と、疑問に思ってる場合じゃない。 助けないとな)

梅太郎「こらカメ、いじめはダメだぞ」

カメ「うわ、背でけーなお前……」

少年「た、助けてくれるんですか!?」

梅太郎「ああ」

少年「ありがとうございます!!」

梅太郎「カメ、早く自分の家に帰りなさい」

カメ「えー……あ、そうだ。 せっかくだしお前も連れてってやるよ」

梅太郎「お前の家にか?」

カメ「うん、あいつも喜ぶかもしれないし」

梅太郎「『あいつ』?」

カメ「よし!! 私の上に乗りな!! 行くぜ!!」

梅太郎「ま、待ってくれ!! 俺はまだ行くとは……」

ゴボゴボゴボゴボ……

少年「男の人が……カメに連れ去られた!?」



7 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:23:08.99 ID:xXyBY86l0

梅太郎(早く家に帰って漫画を描きたいんだが……)

カメ「あ!! 見えた!! あそこが私の住んでる竜宮城!!」

梅太郎「竜宮城……?」

カメ「さっ、入ろうぜ」










梅太郎「広いな……しかし海の底にこんな建物があるとは」

カメ「乙姫ー、人連れて来たよー」

梅太郎「乙姫……?」

乙姫「よく来たな……俺に選ばれたことを有り難く思いな……今夜は寝かさないぜ?」

梅太郎「俺はカメに選ばれたんだが……」

乙姫「う、うるせえな!!!///」



8 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:23:40.86 ID:xXyBY86l0

乙姫「おもてなししてやるからよ!! さっ座ってくれ!! なっ!?」

梅太郎「気持ちは嬉しいんだが……俺は用事があるから……また今度で」ダッ

乙姫「えっ……行っちゃうのか?」

梅太郎「!!!」

梅太郎(この寂しそうな表情……間違いない、俺の探してたヒロイン像だ!!!)

梅太郎「すまん、やっぱもう少しここにいる」

乙姫「本当か!?」パァァ

梅太郎(その嬉しそうな表情もヒロインそのものだな……)



9 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:24:16.18 ID:xXyBY86l0

乙姫「おいお前ら!! 料理をおもてなししろ!!」

鯛・ヒラメ「はい!!」

梅太郎「!!」

鯛「君と会えて嬉しいよ梅太郎……もしかしたら僕は君と出会うために生まれてきたのかもしれない」

梅太郎「は、はぁ……」

ヒラメ「なぁ梅太郎、やっぱうちの鯛が一番イケメンだよな」

梅太郎(鯛は全員同じ顔にしか見えないんだが……)



10 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:24:51.45 ID:xXyBY86l0

ヒラメ「どうして……どうして行ってしまうのですか王子!!!」

鯛「許してくれ姫……これも君の為なんだ!!」

梅太郎「……」ジー

乙姫(梅太郎、演劇に釘付けだな……気に入ってもらえてるようでよかったぜ)

梅太郎「……」ジー

梅太郎(後ろの柱、背景の資料として使えるな……背景描けないけど)



11 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:25:27.53 ID:xXyBY86l0

乙姫「今日はありがとな、梅太郎。 お礼にこれをもらってくれ」

梅太郎「これは……?」

乙姫「玉手箱だ。 陸に上がったら開けてくれ。 きっとお前が喜ぶものが入ってるぜ」

梅太郎「ああ、ありがとう」

カメ「よし、じゃあ送ってやるよ」

梅太郎「頼む」

ヒラメ「陸でうちの鯛のイケメンっぷりを伝えてくれよな」

梅太郎「……考えときます」



12 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:26:08.15 ID:xXyBY86l0

少年「どこだ……男の人はどこにいるんだ!? 助けないと!!」

少年「とりあえず海の中に潜ってみよう!!」









カメ「そういや私、おもてなしで歌ってなかったからここで歌ってやるよ」

梅太郎「いや、別にいいんだが……」

カメ「遠慮すんなって!!」

カメ「〜♪」

梅太郎(上手い!!)











少年「……」プカー……



13 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:26:44.45 ID:xXyBY86l0

カメ「じゃーねー。 元気でなー」

梅太郎「ああ」

梅太郎「……」

梅太郎「締切が近いというのにとんでもない寄り道をしてしまったな……」

梅太郎「そういえば……この玉手箱の中身はなんだろうか」

パカッ

梅太郎「!! こ、これは……!!」

梅太郎「今月の原稿の……全てのベタが仕上がってる!!!」



14 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:27:18.77 ID:xXyBY86l0

竜宮城

乙姫の妹「うわああああああん!!!」

乙姫「泣くなよ妹……」

乙姫の妹「浦島くんがゆっくり休んでるうちに原稿盗んでベタをしたのはいいけど……」

乙姫の妹「ずっとベタしてた所為で浦島くんと話せなかったーーーーー!!!」

めでたしめでたし



15 : ◆LYNKFR8PTk 2016/02/20(土) 21:27:44.50 ID:xXyBY86l0

キャスト

梅太郎・野崎梅太郎

【梅太郎のファン編】
カメ・佐倉千代
少年・御子柴実琴

【イケメンのカメ編】
カメ・鹿島遊
少年・堀政行

【カメ界のローレライ編】
乙姫・御子柴実琴
乙姫の妹・佐倉千代
カメ・瀬尾結月
鯛・鹿島遊
ヒラメ・堀政行
少年・若松博隆

読んでくださりありがとうございました。



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:35:25.50 ID:YKz2XLydO

巻末マンガにありそう
乙乙



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:36:30.08 ID:jm2Vflec0

面白かった
どうして千代ちゃんは毎回メインヒロインになれないのか....



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:01:13.27 ID:9StuKMBs0

乙姫みこりん…いいね






他のおすすめSS
佐倉(目が覚めたら野崎くん家の扇風機になっていた)
堀「なぁ鹿島、鹿島って艦隊を擬人化したキャラクター知ってるか?」
【響け!ユーフォニアム】夏紀「犬猿の・・・仲良し?」
ひかげ「もうひとつの入学式」
ニャル子「真尋さんの恋人になりました」
烈海王「ここは……」
シャア「ISの再放送が始まったな」
刃牙「親父ィ……お小遣い増やしてくんね!?」
絶対絶望少女野崎くん
れんげ「なっつん、まだ学校に来られないのん?」