転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364647605/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 21:46:45.41 ID:VCEXdSrC0

優花里「そんな、西住殿!大洗が嫌になったのですかっ!?」ガタッ


みほ「ああいや、そうじゃなくて。今度の連休にちょっと里帰りしようかなって思って……」


優花里「な、なんだ……びっくりしました……」フラフラ


みほ「ああっ、大丈夫!?優花里さん」





2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 21:49:05.71 ID:VCEXdSrC0

優花里「ああ、大丈夫であります。しかし里帰りですか……」


優花里「そうですね、決勝戦が終わって初めての連休ですから、皆さん家族に優勝の報告に行ってるみたいですしね」


優花里「私は実家が学園艦ですから、その必要はありませんでしたが」


みほ「うん、全国大会も終わったことだし……お母さんに一度きちんと挨拶に行かなきゃと思って」


みほ「ほら、前は逃げるように大洗に来ちゃったから……」


優花里「西住殿……」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 21:54:13.73 ID:VCEXdSrC0

優花里(西住殿……よく見たら震えている?)


優花里(不安……なんでしょうか?お母様は厳しい方だと前におっしゃってましたし……)


優花里(――だったら!!)グッ


優花里「あ、あのっ、西住殿っ!」


みほ「?」


優花里「もしよろしければ、私もご一緒してもよろしいでしょうかっ?」




4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 21:59:49.54 ID:VCEXdSrC0

みほ「えっ、優花里さんが……私の家に?」


優花里「は、はいっ!」


優花里(ああ、やはり無茶言ってますよね、私。西住殿もあんなに困って――)


みほ「うん、いいよ」


優花里(――ない!?)


優花里「あ、あの……自分で言っておいてなんなのですが、ご迷惑ではないのでしょうか?」


みほ「迷惑だなんて!正直、私も一人で行くのも不安だったから、優花里さんがいると心強いよ!」ニコッ


優花里「あ、はいっ。こちらこそよろしくお願い致します!!」ペコリ



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:07:44.48 ID:VCEXdSrC0

――――西住家:門前にて


みほ「ようやく着いたね~」


優花里「はい!しかしさすが西住流……すごいお屋敷ですね……」


みほ「そ、そうかな……」


優花里「お屋敷だけではなく、戦車倉庫や演習場まであるお家は中々無いと思いますよ!」


みほ「ははは……あ、菊代さん!ただいま!」


菊代「みほお嬢様、おかえりなさい。遠い所大変でしたね……そちらがお電話でおっしゃっていたお友達ですか?」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:15:02.26 ID:VCEXdSrC0

優花里「あ、はい。秋山優花里と申します!」


菊代「ふふふ……元気な方ですね。どうぞゆっくりしていって下さいね」


優花里「はい!ありがとうございます!!」


菊代「さ、立ち話もなんですからどうぞ中に」


みほ「あ、はい。行こう、優花里さん」


優花里「はいっ!」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:21:10.35 ID:VCEXdSrC0


――――西住家:玄関にて


みほ「ただいまーっ」ガラッ


優花里「お邪魔しまーすっ」


まほ「ああ、おかえり……みほ」スタスタ


みほ「お、お姉ちゃん!帰ってたの!?」


まほ「ああ、昨日からな。みほは……お母様に会いに来たんだったな?」


みほ「う、うん……」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:30:29.21 ID:VCEXdSrC0

まほ「お母様は居間にいる。早く行ってくるといい」


みほ「あ、うん。でも……」チラッ


まほ「お客様もいたのか。……君は確か、Ⅳ号に乗っていた――」


優花里「は、はい!装填手の秋山優花里と申します!!」


まほ「ああ、いらっしゃい。……この子は私が客間に案内しておくから」




9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:40:08.58 ID:VCEXdSrC0

菊代「まほお嬢様、それでしたら私が――」


まほ「大丈夫ですよ、菊代さん。私もみほの友達に聞きたいことがあったし……それより、居間の方をお願いしてもいいかな?」


菊代「は、はい……ではみほお嬢様、参りましょう」


みほ「あ、はい……優花里さん、また後でね」


優花里「あ、ええ……」


優花里(あ、あれ……もしかして私、姉上殿と二人っきりになるんですか――っ!?)





10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:47:19.87 ID:VCEXdSrC0


――――西住家:客間にて


まほ「すまないな、なんのお構いもできず……」


優花里「い、いえこちらこそ……部外者である私がお邪魔する形になってしまって……」


まほ「君はみほの友達だろう?妹の友達が遊びに来る――何もおかしいことは無い。どうかくつろいでくれ」


優花里「は、はぁ……」


優花里(き、緊張します――っ!!)


優花里(なんか成り行きで姉上殿と二人っきりになってしまいましたが、一体何を話せば……)





11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:54:07.13 ID:VCEXdSrC0

優花里(それに――)チラッ


まほ「?」


優花里(姉上殿のご尊顔……西住殿に似ていながらもキリリと精悍な顔立ち……試合の中での険しい表情のイメージが強くて余計に緊張をしてしまいます……)


優花里(あれ、そういえば――)


優花里『お言葉ですが!あの試合のみほさんの判断は、間違ってませんでした!!』※5話参照


優花里(わ、私、初対面からとんでもなく失礼なことを言ってました――っ!?)ガーン



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:02:04.11 ID:VCEXdSrC0

優花里「せ、先日はとんだご無礼を――っっ!!」ザザッ


まほ「ど、どうした?いきなり土下座なんかして……」


優花里「抽選会の日の戦車喫茶でのことです。名乗りもせずに姉上殿に生意気な口を聞いてしまいまして……」


まほ「ああ、あの時のことか……気にすることはない」


まほ「むしろこちらこそ、うちの副隊長が言葉を選ばずに申し訳ない……」ペコッ


優花里「ああそんなっ、どうかお顔を上げてください、姉上殿」


まほ「ならば君も気にしないでくれ、気遣いは無用だ……」


優花里「は、はい……」




14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:11:23.08 ID:VCEXdSrC0

優花里(許しは頂きましたが……でも――)


優花里「あの……ご無礼ついでに、一つお聞きしてもいいでしょうか?」オズオズ


まほ「なんだ?」


優花里「姉上殿は今でも、去年の決勝でのみほさんの行動は間違っていたと思われますか?」


まほ「……」


優花里「……」ドキドキ


まほ「……『西住流』としては、褒められたものではないな」


優花里「――っ!?」




15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:13:17.69 ID:VCEXdSrC0

まほ「だが、それがあの子の見つけた戦車道だ。私個人としては応援こそすれ、否定はしないさ」


優花里「――はいっ////」


優花里(その言葉が聞けただけでも、ここに来たかいが有りました!)




16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:17:20.05 ID:VCEXdSrC0


優花里(それにしても西住殿、大丈夫でしょうか……?)ソワソワ


まほ「……心配か?」


優花里「あ、はい……大洗でのみほさんは、いつも明るくしていらっしゃいますが、あの時のことを思い出されると、やはり辛そうな時がありますので……」


優花里「ああっ、別に、母上殿や姉上殿が怖いとか、そういうわけではなくてですねっ!?」アセアセッ


まほ「みほなら大丈夫さ……」


優花里「へ――?」




17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:24:28.81 ID:VCEXdSrC0

まほ「以前のみほならいざ知らず、あの子は強くなった。決勝ではそれを心から感じられたよ……」


まほ「多分……君達のような友達に出会えたからだろう。ありがとう」


優花里「……なんでもお見通しなんですね、姉上殿は……」


まほ「……そうでもないさ。結局私は、肝心な時にあの子を 守ってあげる事ができなかった」


まほ「いつも悲しませてばかりで――嫌われて当然の、ダメな姉だよ」


優花里「それは違います!」ガタッ




18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:28:01.53 ID:VCEXdSrC0

優花里「失礼を承知で言わせていただきます!みほさんが姉上殿を嫌いだなんてことはありえません!」


優花里「ここに来るまでの間、みほさんはずっと姉上殿の話ばかりされてました」


優花里「恨み辛みなんかじゃありません。どれだけ姉上殿がすばらしい方であるか……自分の中で大きな存在であるか……そんな話ばかりです!」


みほ『お姉ちゃんはすごいんだ、私なんかとは比べ物にならないくらい……』


優花里「だから……断言させていただきます!みほさんは、姉上殿のことが大好きですっ!!」



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:33:41.36 ID:VCEXdSrC0

みほ『私が戦車道始めたきっかけはね……家元の娘だからとかそんなんじゃなくて、お姉ちゃんに憧れてなんだ』


優花里(本当に、嫉妬してしまいますが……)


みほ『お姉ちゃんみたいにかっこよくて優しい人になりたい――それがきっかけ……』


優花里「そのことだけはどうか……自信を持ってください」


まほ「そうか……」


まほ「……そう言ってもらえると嬉しいよ……ありがとう」ニコッ


優花里(ああ……笑ったところは、西住殿そっくりですね)



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:37:55.35 ID:VCEXdSrC0


優花里「そういえば、私と話したかったことというのは?玄関でおっしゃってましたよね?」


まほ「ん?ああ……その事か」


優花里(ま、まさか――『お前はみほの友達に相応しくない!!』と絶縁宣言されたりして!?)


優花里(そういえば先程から、失礼な発言ばかりしてしまっていたような……)ブルブル


まほ「実は――」


優花里「はい」ビクッ


まほ「みほはその……大洗で元気にやっているのかな?」


優花里「ふぇ……?」キョトン




21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:44:02.87 ID:VCEXdSrC0

まほ「いやな、みほはアレで引っ込み思案な所があるから、上手く馴染めているのかな……と」


優花里「はぁ……」


まほ「君のような友人がいるのだから、いじめを受けているということはないのだろが、ほら、勉強の進行度も違うだろうし……」


優花里(も、もしや……)


まほ「スポーツも不得意ではないんだが、肝心な所でミスすることがあるから、心配でならないんだが……」




22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:49:09.42 ID:VCEXdSrC0

まほ「ルックスも悪くない……いやむしろ可愛い部類に入ると思うんだが、変な男に引っかかってたりはしないだろうかと……」


優花里「いや~女子校ですからその心配は無いかと……」


優花里(この人ただの姉バカだ――っ!!?)ズーン


まほ「そ、そうか……ならいいんだが……」


優花里(な、なんか……先ほどまでとイメージが随分違うような……)


優花里(というか、こういう自信無さ気な顔をされると、西住殿そっくりですね……)


優花里「わかりました、姉上殿。不肖、秋山優花里が、みほさんの学生での様子をお伝えいたしましょう!」


まほ「よ、よろしく頼む……」




23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:52:56.53 ID:VCEXdSrC0


みほ(ふぅ、遅くなっちゃったな……)


みほ「ふたりとも、遅くなってごめんね」ガラッ


優花里「おかえりなさい、西住殿」


まほ「おかえり、みほ……お母様とは?」


みほ「うん……とりあえず、今の私の気持ちを全部ぶつけてみた」


まほ「ああ……」


みほ「そしたら、『西住流として認めるわけにはいかないけれど、好きにしなさい』って」


まほ「そうか……」


優花里「良かったですね、西住殿」


みほ「うん////」





24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:55:59.87 ID:VCEXdSrC0

まほ「連休中はこっちにいられるのか?」


みほ「うん、そのつもり」


まほ「私もそれまではこちらにいよう。休みが明けたら強化演習が始まるから、しばらくは戻れなくなるがな……」


みほ「そっか……お姉ちゃん、国際強化選手だもんね……」


みほ「ああでも、もし時間があったら……またお姉ちゃんと戦車道がしたいな」


みほ「もちろんっ、お姉ちゃんが良かったらだけど……」


まほ「……ああ、今度は負けないぞ」フッ


みほ「うん////」パアァ




25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:00:11.14 ID:pJR25Vu80

まほ「ああそれとな、みほ……」


みほ「何?お姉ちゃん」


まほ「あんまりコンビニスイーツばかり食べてると、体を壊すぞ?」


みほ「へ……なんで知って」


みほ「――まさか、優花里さ~ん!」


優花里「す、すみません西住殿!姉上殿がどうしてもとおっしゃるので……色々喋ってしまいました」


みほ「もう!」



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:01:17.04 ID:pJR25Vu80

まほ「まぁそう怒るな。今度はみほの口から聞かせてくれないか?大洗での様子を」


みほ「あ……うんっ、あのね――////」


優花里(西住殿……嬉しそうで何よりです)


優花里(……私ではまだ、西住殿のあんな表情を引き出すことはできませんが)


優花里(いつか、私も西住殿のあの笑顔を引き出せるよう、頑張って行きたいと思います)


みほ「優花里さん?どうかした?」


優花里「あ、いいえ、なんでもありません!」




おしまい



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:05:44.18 ID:pJR25Vu80

以上です。


いや~まさか地元が舞台のアニメがここまで話題になるとは……


西済み姉妹が大好きなので、書かずにはいられませんでした。


どらまCD、BDの特典OVAと、今後の展開も楽しみでなりません!



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:42:07.75 ID:dQH1poaq0

乙です。



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 02:35:32.04 ID:lvKMeLcMo

おっつ乙!

SSで変態じゃないお姉ちゃん新鮮






他のおすすめSS
【ガルパン】ルミ「高校生と試合?」【大学選抜】
【ガルパン】西住殿の華麗なる休日
西住みほ「優花里さんの部屋って戦車の模型がたくさんある」ベキッバキッボキッ!!!
風「チョコを手作りしたい?」 夏凜「ええ」
「司波深雪の朝は早い」
西住みほ「西住流裏奥義、ローション装填の術!」トロォ
一夏「今こいたの誰だ!」
可児江西也「千斗がおかしい?」モッフル「ふも!」
【きんモザSS】忍「私たちはバザーに来ています。」
クリス「馬鹿がひびクリもののエ○本隠し持ってた……」