転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456764615/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 01:50:15.94 ID:9/sIAWyV0


P「貴音……」


貴音「………」ぷいっ


P「もう、こんな事しないからさ……」


貴音「………」つーん…


P「………はぁ」


P「わかったよ、あっちで反省して来ます……」スクッ


貴音「………」


P「さっ、だから貴音」


P「繋いでる手、離してくれ」


貴音「………」








2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 01:55:11.26 ID:9/sIAWyV0



貴音「………」ぎゅっ


P「………なんだ、強く握りなおして」


P「怒ってても、繋いでた俺の左手は、離さないのか?」


貴音「………」ぎゅう…


P「………」


P「はぁ……貴音」


P「今おれ、トイレに行きたいんだけど……」


貴音「………」


P「だから、一旦手を離して欲しい」


貴音「………」


貴音「………」すくっ


P「………な、何で立つんだ……」


P「………まさか、ついてくる気か?」


貴音「………」





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:01:10.77 ID:9/sIAWyV0



P「いや……流石にそれはどうかと思うぞ」


貴音「………」ぷくっ


P「………はぁ、わかったわかった」


P「俺達のこの姿、見られない様にな」


貴音「………」こくんっ











ジャー……


P「……まさか、中も一緒に入って来るとはな」


P「ずっと手を繋いだまま」


貴音「………」




4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:06:27.21 ID:9/sIAWyV0



P「………よいしょっと」ストンッ


貴音「………」すとんっ


P「………それで、もう許してくれたか?」


貴音「………」ぷいっ


P「………駄目なようだな」


P「本当に悪かったよ、貴音」


P「ラブロマンス洋画と偽って」


P「お化け映画を見せて、悪かったよ、ごめん」


貴音「………」むすぅ


P「ちょっとした、ドッキリのつもりだったんだよ」


P「本当、ごめんって」


貴音「………」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:12:21.18 ID:9/sIAWyV0



貴音「………」


貴音「………」すっ


P「………ん?チラシ?」


P「……超豪華、全魚入り海鮮ラーメン……」


P「おいおい、写真のラーメンの器、お釜並のデカさじゃないか」


貴音「………」じー


P「………」


P「はぁ……分かったよ、明日の日曜日、食べに行こう」


貴音「!」ぱあぁぁ……


P「店の場所は……あぁ、今いる俺の家に近いんだな」




8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:17:21.88 ID:9/sIAWyV0



P「……それで、貴音」


P「映画の件、これで許してくれるか?」


貴音「………」


貴音「………」すっ


P「ん?またチラシ?」


P「……高級料理店お手製のおでん食べ放題、某ホテルで開催……」


P「………まさか、こっちは晩飯にか?」


貴音「………」こくっ





9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:23:16.38 ID:9/sIAWyV0



P「…いやぁ、お詫びの品は海鮮ラーメンで十分じゃ……」


貴音「………」じー


P「……はぁ、わかりましたよ」


貴音「!」ぴこんっ


貴音「………」わくわく


P(ラーメンまでは分かるが、それにつけ込んでおでんも頼んでくるとはな……)


貴音「………」うきうき、わくわく










ガチャッ


娘「おとうさま!おかあさま!」


貴音「……おや?」


P「おぉ、どうした?」




10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:29:46.53 ID:9/sIAWyV0


娘「先程まで、こちらのお部屋から」


娘「『きゃあっ』や『みゃぁっ』や『ひぅっ』などの、ひめい……もとい、さけび声が聞こえてきましたが」


娘「何かあったのでしょうか?」


貴音「!///」どきっ


P「あ……あぁ、それは、だな……」


貴音「て、てれびの音声です!」


P「あ、あぁ、そうそう、映画を観ていてな、劇中でそんな叫びがあってな……」


娘「なんと……おかあさまのお声かと思ったのですが……」


娘「かんちがいでしたか」


貴音「そ、そうなのですよ……///」かあぁ……


P「ほ、ほら、そろそろ寝る時間だし、今日は寝なさい」




11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:35:38.25 ID:9/sIAWyV0


娘「その前に、しゅうしんまえのご本を、よんでいただきたいです!」


P「あぁ、そうだな、じゃあ早速部屋に……」スクッ


貴音「!!」ぎゅっ


P「うぉっ」ぐらっ


P「た、貴音、手を離してくれないと部屋に行けないじゃないか……」


貴音「………」ふるふる


P「……まさか、ひとりになるのが怖いんじゃ……」ボソボソ


貴音「………///」こくっ


P「………はぁ」


P(まぁ、こうなったのも俺の責任だしなぁ……)




12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:45:13.90 ID:9/sIAWyV0



娘「おとうさま、早く行きましょう」ぐいぐい


貴音「………」ぐいぐい


P(両者に引っ張られ……まさに綱引き状態……)


P(うーむ……現状を丸く収める打開策は……)


P「……よし、二人共」


娘&貴音「?」


P「今日は、3人一緒に寝よっか」


貴音「!」


娘「なんと」




13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:53:12.16 ID:9/sIAWyV0


P「今日は本の代わりに、俺とお母さんが一緒に働いてた時の話を聞かせるよ」


P「どうだ?興味あるか?」


娘「はい、それはとても!」わくわく


P「よし、じゃあおとうさん達のベッドに行くか!」


娘「おかあさまの、アイドル時代を聞くのは初めてです!」わくわく


貴音「ふふふ……おとうさまは、昔から頼りのある、素敵な方でしたよ……」にこっ



ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー




14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:59:20.52 ID:9/sIAWyV0


ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー




P「なぁんて貴音との結婚生活!!どうですか!?ねぇ!?」


小鳥「………」カタカタ


小鳥「仕事中に妄想すんの、やめてもらいます?」カタカタ


小鳥「そして、それを語るのも」カタカタ


P「いいじゃないですかぁ、ちょっとくらい」


P「それに、今日の仕事はとっくに終わってますし」


小鳥「……じゃ、就業時間ですし帰宅すればいいんじゃないですか」カタカタ


P「もう少し話に乗ってくれてもいいのになぁ……」




15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:07:32.39 ID:Ozr6sG08o

妄想かよ



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:07:55.24 ID:9/sIAWyV0


P「仕方ない、じゃ、帰りますか」


P「あ、そうだ」


P「駅前に新しい寿司屋が出来てたよな」


P「よぉし!」













P「貴音にお土産、買って行ってやるか!」


P「娘には、ケーキでも買ってあげてっと……」


小鳥「………」カタカタ





17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:14:23.51 ID:9/sIAWyV0


P「ん……あ、そうだ!」


P「明日は華の日曜日……」


P「さっきの妄想話と、辻褄があう……」


P「さっきの妄想を、本当に実現出来るかもしれない!」


P「よし、じゃあ早速TSUTAYAで、ホラー映画を……よし、『キャスパー』借りるか!」スクッ


P「じゃ、音無さん、お先でーす!」タタタ…

バタンッ






小鳥「……………」カタカタ





18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:16:05.16 ID:C7Uy7Kn5o

キャスパーか……キャスパーでもダメそうだなぁ



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:22:37.37 ID:9/sIAWyV0



小鳥「……………」カタカタ


小鳥「……………」カタカタ


小鳥「……………」カタカタ


小鳥「……結婚もお先でーす……ってか……」カタカタ


小鳥「……ふっ……」カタカタ


小鳥「……………」カタカタ


小鳥「……………」カタカタカタカタ


小鳥「……………」カタカタカタカタカタカタ


小鳥「……………」ガタガタガタ!


小鳥「……………」ガタガタガタガタガタ!!


小鳥「……………」ガタガタガタガタガタガタ!!!


小鳥「……………」ダンダンダンダンダンダン!!!







20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:28:18.88 ID:raHlscTio

おつ



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:30:05.75 ID:/BLfzfBN0

乙ー

ピヨちゃんェ……



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 04:01:45.46 ID:14/on3dYo

俺が結婚してやんよ!!



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 06:09:36.26 ID:dpRZBetOo

キャスパー…ホラー映画…?
いや、お姫ちんだしなぁ






他のおすすめSS
響「んっ!んっ!」ブルンッブルンッ
春香「ノリツッコミ?」
P「新たなレッスンを考えついた」
春香・響・楓「がなはるトーク!」
P「遂に念願のラブドールを買ったぞ……!」
P「如月が死んでしまった……」 春香「千早ちゃんが!?」
律子「そろそろ携電話換えよう思って」小鳥「携帯電マ!?
千早「胸を大きくする方法……?」
P「他人の便意を100倍にする力?」
雪歩「ねえ、千早ちゃん」