転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456833990/

1 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:06:30.76 ID:lwkOPQNH0

野崎「まさか俺もとうとうスタンド使いに目覚めるとはな……」

佐倉「私、野崎くんの為に一生懸命頑張ります!!」

野崎「……と言われてもな。 俺は誰かと戦う気は全くないんだが……」

佐倉「えっ!? そうなの!?」

野崎「というわけでアシスタント不足で困ってたんだ。 頼む」

佐倉「こ、これは……?」

野崎「ベタしてくれ」

佐倉「!!!」

佐倉(よかった!! あの能力を使えば野崎くんの役に立てる!!)





2 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:07:19.33 ID:lwkOPQNH0

佐倉「の、野崎くん!! 私の能力はね……」

野崎「……?」

佐倉「ベタベタベタベタベタベタベタベタベタベタベタベタベタァ!!!」

野崎「!!!!」

佐倉「素早くベタできるの!!」

野崎「す……」

野崎「凄いじゃないか!!」

佐倉「えへへ〜///」

佐倉(戦闘向きじゃないから役立たずって言われるかもしれないって思ったけど……喜んでくれてよかった!!)



3 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:07:52.66 ID:lwkOPQNH0

【スタープラ千代】
ベタを正確に塗ることができる。

破壊力E
『ごめん、力は全然……』

スピードB
『手だけなら速く動かせるよ! けど走ったりとかの運動は……』

射程距離E
『野崎くんと離れたくない!!』

持続力A
『野崎くんのためならずっとベタできるよ!!』

精密動作性A
「あのはみ出しのないポスターを描けるやつは中々いない」

成長性A
『私、頑張ります!!』「根性あるな……」



4 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:08:20.71 ID:lwkOPQNH0

野崎「そうだ、スタンド使いに目覚めたということは……あの人のスタンドも見えるということか」

佐倉「あの人?」

ピンポーン

野崎「きたか」

ガチャッ

堀「よう野崎」

野崎「どうも」

堀「……!! お前……スタンドを使えるようになったのか!?」

野崎「はい」

鹿島「うわー!! 可愛いスタンドだー!!」

佐倉「は、はじめまして!!」

佐倉(かっこいいスタンドだなぁ……)



5 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:08:47.66 ID:lwkOPQNH0

堀「お前にも見えるようになったから改めて紹介する。 スタンドのクレイジー・鹿島モンドだ」

鹿島「スタンド同士仲良くなろうね!!」

佐倉「うん!!……そういえば鹿島くんはどんな能力なの?」

鹿島「私はね……はああっ!!」

佐倉「!!?」

堀「野崎、足見せろ」

野崎「はい」バッ

佐倉「!!!!」

佐倉「野崎くんの足……凄い綺麗!///」

堀「こいつの能力は一定時間誰かの足を美脚にすることができるんだ」

佐倉「よかった!! 私以外にも戦いに役立たない能力のスタンドがいたんだ!」

鹿島「笑顔で傷つくこと言わないで!!」



6 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:09:27.97 ID:lwkOPQNH0

【クレイジー・鹿島モンド】
一定時間誰かの足を美脚にすることができる。対象は一人で、時間が経たなくても途中で解除可能。

破壊力C
『堀先輩背負えって走れるぐらいはあります!』

スピードB
『運動神経はある方ですよ!!』

射程距離E
「俺から離れるな、顔が近くで見れねぇだろ」

持続力C
『可もなく不可もなく……ですかね』

精密動作性B
『堀先輩の為にいい足にしてみせますよ』

成長性B
「顔に関してはEだ、完璧だからな。 演技はまだ伸び代がある」



7 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:09:56.97 ID:lwkOPQNH0

堀「そういえばお前もこの春で二年生か」

野崎「堀先輩は三年生になりますね」

堀「確かお前のことを尊敬してる中学の後輩が来るんだろ?」

野崎「はい」

佐倉「!!」

佐倉(野崎くんを尊敬してるってことは……私のライバル!?)

鹿島「あっごめん!! トーン失敗した!!」

野崎「またか……」

堀「鹿島はあんまりアシスタント向きじゃねえな……」

佐倉「ベタできました!!」

野崎「ありがとう」

堀「……今更だけど俺達、スタンドの使い方間違ってねぇか?」



8 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:10:27.48 ID:lwkOPQNH0

その日の夜

野崎「さて、風呂に入るか」

佐倉「!!!!」

佐倉(ふ、風呂!? 野崎くんが……風呂!?)

佐倉(ど、どうしよう……私、野崎くんの裸を……///)

佐倉「の、のの野崎くん!! 私……やっぱり見ちゃダメだよね!?」

野崎「何言ってるんだ、いいに決まってるだろ」

佐倉「!!!!? ほ、ほほほほほ本当に!?///」

野崎「ああ」

佐倉「え、でででででも私……やっぱりその……」

野崎「はい」

佐倉「……メモ?」

野崎「今後の恋しよっの展開のネタバレだ。 これが見たいんじゃないのか?」

佐倉「違うよ!!」

結局目を瞑りました。



9 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:11:13.02 ID:lwkOPQNH0

その後

若松「野崎先輩!!」

野崎「若松、久しぶりだな」

佐倉(男の子だった……よかった)

若松「……あっ!!」

野崎「……!!」

若松「野崎先輩……スタンド使いだったんですか!?」

野崎「つい最近だ……お前もか?」

若松「はい……」

瀬尾「あんたがこいつのスタンド? よろしくー」

佐倉「よ、よろしくね!!」



10 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:11:53.30 ID:lwkOPQNH0

野崎「スタープラ千代だ。 素早くベタをすることができる」

若松「ストーン・ローレライです。 球体を物凄い速さで投げれます」

瀬尾「お前ベタって……あはははは!!!」

佐倉「うっ……」

若松「すいません……うちのスタンド口悪くて」

野崎「それにしても二人ともボロボロだが……何かあったのか」

若松「この人、いつも俺にボールぶつけてくるんですよ……」

瀬尾「そんで私も怪我しちゃうんだよねー」

野崎「スタンドと人間は一心同体だからな……」



11 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:12:20.26 ID:lwkOPQNH0

【ストーン・ローレライ】
近くにある丸い形をした物を引き寄せることができ、それを物凄い速さで投げれることができる。

破壊力A
『反則上等!!』

スピードA
『やべっ!! 生徒指導の青木だ!!』

射程距離C
「どっか行ってほしい思いはありますけど……一人で勝手にどっか行って騒ぎ起こされたら俺が困ります!!」

持続力D
「先輩って集中力ないですよね……」

精密動作性D
『投げる時にどう投げたら当たるとか一々考える必要とかなくね?』

成長性E
『私完璧な女だから成長する必要なし!』「どこがですか……」



12 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:12:53.67 ID:lwkOPQNH0

瀬尾「なーなー若!! 私スタンドバトルしてぇ!!」

若松「ええっ!?」

野崎「スタンドがバトルをしたがるのか……」

瀬尾「やろーぜ!! なっ!?」

若松「俺……野崎先輩と戦いたくないです!!」

若松「痛い目に合ってる野崎先輩なんて……見たくありません!!」

野崎「俺もだ」

若松「先輩……俺のことを……」

野崎「手を怪我したら漫画描けなくなるからな」

若松「」



13 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:13:33.37 ID:lwkOPQNH0

瀬尾「いいからバトル!!」

若松「ちょ、ちょっと!!」

佐倉「どうしよう野崎くん!!」

野崎「しょうがない……ここは若松のスタンドをなんとか死なない程度に倒すしか……」

瀬尾「よーし、こんだけあればいいかな」

野崎「いつのまにあんなにボールを吸い寄せたのか……」

瀬尾「シュート!!」ブン!!

野崎「!!」ヒョイ

ガン!!

佐倉「いたっ!!」

野崎「うっ!!」

野崎(しまった、俺が避けた所為でスタープラ千代に……)

野崎「……くっ!!」

佐倉「の、野崎くん!!」

野崎「……腕を……やられたのか?」

佐倉「う、うん……ごめん……」



14 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:14:01.03 ID:lwkOPQNH0

佐倉(どうしよう……私の所為で野崎くんが突き指しちゃった……)

若松「もうやめましょうよストーン先輩!!」

瀬尾「次は当てるぞー」

若松「話を聞いてくださいよ!!」

佐倉「……許さない」

瀬尾「へ?」

佐倉「あなたは私を……怒らせた!!」ゴオオ

野崎「ストーン・ローレライ……俺のスタンドの成長性をなめては困るな」

野崎「……行くぞ!! スタープラ千代・ザ・ワールド!!!」

佐倉「はああああ!!!」

瀬尾「!!!」

若松「ま、まさか……時を止めるんですか!?」



15 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:14:47.58 ID:lwkOPQNH0

シーン……

瀬尾「……」

若松「……」

野崎「俺が……時を操った」

若松「えっ!? でも俺、全然ダメージ受けてないですけど……」

佐倉「……締め切りを伸ばした」

若松「全然戦いに役に立たないじゃないですか!!」



16 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:15:37.12 ID:lwkOPQNH0

瀬尾「面白いの見たからもう戦わなくていいやー」

若松「野崎先輩すみません……迷惑をかけてしまって……」

野崎「そうだ若松、俺のアシスタントになってくれ。 それで今回の件はチャラだ」

若松「アシスタント……ですか?」



17 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:16:04.17 ID:lwkOPQNH0

野崎「スタープラ千代・ザ・ワールド!!」

佐倉「ベタベタベタベタベタベタベタベタベタベタベタァ!!」

野崎「いいぞ!! 時を止めて高速でベタを仕上げるかつ時を操って締め切りを伸ばす!! 最高の能力じゃないか!!」

若松「トーン貼りました!!」

堀「背景も描き終わったぜ」

瀬尾「私達なんもすることねーなー」

鹿島「そうだねー」

若松「ちょっとストーン先輩!! 野崎先輩のキッチン漁らないでくださいよ!!」

御子柴「……」

野崎「……どうした御子柴?」

御子柴「俺もう……ついていけねぇよ」



18 : ◆LYNKFR8PTk 2016/03/01(火) 21:16:33.01 ID:lwkOPQNH0

前野「いやーーー、宮前くんと香港に行ったりカイロに行ったり楽しかったなーー!!」

前野「……」

前野「……宮前くん死んじゃったなぁ」

〜終わり〜



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 09:28:39.45 ID:qY7UhujJo

ワロ乙



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 09:30:19.60 ID:XqvVjsQ8O

宮前(アヴドゥル)と前野(承太郎)かw
宮前さん=アヴドゥルは知らなかったww






他のおすすめSS
野崎「いよいよバレンタインデーか……」
【月刊少女野崎くん】浦島梅太郎
向日葵「チョコを作りますわ」 櫻子(あれ?向日葵のほっぺにチョコが……)
京子「さあ、私のプッキーをお舐め!!」 綾乃「……え?」
優花里「同人誌を買いにイベント参戦であります!」
佐倉「ええっ!? 野崎くん以外の人が私を好きになる魔法!?」
野獣父「小森しゅりちゃんかぁ……」
【ガルパン】まほ「エリカ、肩車をしてほしい」
【幸腹グラフィティ】きりん「『今週から椎名の家に泊まります』っと送信!」ピロリン
両津「スクールアイドルフェスティバルだと?」