転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457009557/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 21:52:37.82 ID:tKpRVqc80

卒業証書を受け取り私は生徒は誰もいない学校を歩く

クラスメイトも、同級生も、下級生も誰もいない静かな学校

この学校にもう通うことはない、この制服を着ることもない

「ちょっと寂しいな…」

高校生の島村卯月は今日で終わる

この日が来ることはわかりきっていたのだけれど

素直に受け入れられないものだと私は思った





3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 21:55:28.35 ID:tKpRVqc80

友達と歩いた廊下を、だれかとすれ違った廊下を、今は誰もいない廊下を

一人きりで歩いた、この学校の、普通の女の子だった私に別れを告げながら

学校を出ると見覚えのある車が停まっていた

「プロデューサーさん!?なんでいるんですか!?」

「卯月のお母さんから電話があってね」

『私が迎えに行くよりあなたが行ったほうがきっとあの子も喜ぶわ』

「アイドルのサポートも仕事のうちだからね」

「もう…ママったら…」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 21:56:46.29 ID:tKpRVqc80

「もしかして何か予定とかあった?」

「い、いえ!大丈夫ですよ!」

「それに…迎えに来てくれてうれしいです」

「それならよかった」

私は車の助手席に乗りしっかりとシートベルトを付けた

普段は凛ちゃんや年下の子が座りなかなか座れない助手席

そこに座れると思うとついつい顔がにやけちゃう

「卯月」

「な、なんですか?」

もしかしたらにやけてたの…見られちゃった?

「卒業おめでとう」

「へっ?」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 21:58:15.64 ID:tKpRVqc80

予想外の言葉に一瞬何も考えられなくなる

黙っているうちにプロデューサーさんの顔がどんどん赤くなって

この人もこんな顔するんだなあって思ったら目が離せなくなって

「…そんなにみられると恥ずかしいんだけど…」

「あっと、えーと……ありがとうございます」

「…顔が真っ赤だよ」

「プロデューサーさんこそ真っ赤ですよ」

「ははっ」

「えへへっ」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 22:00:08.01 ID:tKpRVqc80

「卯月はさ、…後悔とか残ってたりする?」

「後悔…ですか?」

「アイドルとして活動する以上、普通の生活は送ろうと思っても送れないものだからさ」

「そうですね…、『普通』の生活は確かに送れませんでした」

「でも、私は普通の女の子には送ることができない生活を送れました」

「普通の女の子には見ることができない景色を見て」

「普通の女の子には体験できない日々を過ごしてきました」

「だから、後悔なんてこれっぽっちもありませんよ」

「なら、安心だ」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 22:02:04.46 ID:tKpRVqc80

「あ、でも心残りは一個あります」

「心残り?」

「とっても普通で、ありきたりで、ごく一般的なイベントです」

私は制服のボタンを一つ取り外しました

特別な意味を持つ上から二つ目のボタン

「イベントって、第二ボタンのこと?」

「はい!、本当はプロデューサーさんのボタンがほしいところですけど…」

「スーツにボタンがないのは、社会人として失格ですからね」

平常心を心がけても、それと反比例するように鼓動が早くなる

「これが……」



「これが、私の気持ちです」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 22:04:38.15 ID:tKpRVqc80

私はプロデューサーさんにボタンを差し出した

「今日、お返事をもらえなくてもいいです」

「明日でも、一か月でも、一年でも、私は待ちます」

「だから、どうか受け取ってください」

これがアイドルじゃない普通の女の子にできる精一杯の告白

「…アイドルとは、やっぱり付き合うことはできない」

「そう…ですよね…」

その言葉を聞いて私は手を戻そうと―――



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 22:07:51.95 ID:tKpRVqc80

「でも」

プロデューサーさんが私の手からそっとボタンを取り

「でも、今日は高校生アイドルの島村卯月じゃない」

「どこにでもいる、普通のかわいい女の子だ」

「だから、今日だけだけど、今日だけしかできないけど」

「魔法使いじゃなく王子様をやらせてほしい」

プロデューサーさんは私の目をしっかりとみて、そう告げました

「その言葉は…普通の女の子にはもったいないですよ…」

流れる涙はシンデレラの靴と同じ透き通った硝子色

涙で滲む世界はボタンと同じ鈍い金色に輝いていた



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 22:12:48.64 ID:tKpRVqc80

おわりです 

普通の女の子だからこそ普通はできないことをしたいのかなあと思いながら書きました

最後まで読んでいただきありがとうございました




12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 22:16:32.96 ID:xwim7K6iO

卯月かわいい
シンプルイズベストなSSだった



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 23:15:47.30 ID:CmO/AMmTo

やっぱり卯月には癒されるおつ






他のおすすめSS
モバP「一人9万円でいいのか!?」
美嘉「ペロッ!これは……小3ロリ★」
【安価】前川みく「みくは自分を曲げたよ」
モバP「幸子が依存症ですって?」
渋谷凛とストーカー 「凛ちゃんを壊さなければならぬ」
輿水幸子「うわぁ…」
ちひろ「プロデューサーさん、いつまで女装してるんですか?」
凛「キスして、いい?」未央「・・・え?」
渋谷凛「プロデューサーの首にキスマーク……」
渋谷凛「いい加減にして、未央っ!」