転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490015389/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:09:49.93 ID:UAavvoo+0

男子「今日こそ天真さんに告白するぞ……!」 ガヴ「ん?なんだこの手紙」
の続きです。男子は同一人物 






2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:11:21.05 ID:UAavvoo+0

-学校のどこか-

男子(はぁ……ゴミ捨て場まで行くのめんどくせぇなあ。なんであそこでグーを出しちゃったんだろう)

男子「次こそはパーを……いやチョキ……」ブツブツ

男子「……ん?」


ラフィ「……」

犬「……」


男子(あそこにいるのは……白羽さん?)


ラフィ「……♪」

犬「……!」


男子(何してるんだろう?もう少し近づいて……)

男子(って、あ、あれは!!)



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:12:26.42 ID:UAavvoo+0



ラフィ「うふふ、美味しいですか?」

犬「ワンッ!」


男子(犬にメロンパンをあげている!?)


ラフィ「♪」ナデナデ

犬「……」ガツガツ


男子(犬ってメロンパン食っても平気なのか……ってそんなことはどうでもいい!)


ラフィ「本当に美味しそうに食べますねー」ナデナデ

犬「ワン!」


男子(それよりも、あの優しい目!まるで聖母のような……)ガタンッ



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:13:40.16 ID:UAavvoo+0

男子「!!」

ラフィ「あら?そこに誰か居るんですか?」

男子(や、やばい!)ササッ

ラフィ「……」

男子「……」

ラフィ「……気のせいでしょうか」

男子(って、別にやましい事なんてないのになんで俺は隠れて……!)

ラフィ「さて、そろそろ教室に戻りましょう」

男子(それに、この気持ちはなんだ?どうしてこんなに胸が……)ドキドキ

男子(はっ。ま、まさかこれは……!)




5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:15:10.83 ID:UAavvoo+0



男子「恋!?」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



-校舎裏-

男子(という訳で、手紙で白羽さんを校舎裏に呼び出して告白することにした)

男子(前回は一目惚れしてすぐに告白しなかったせいで失敗したからな……同じ轍は踏まない)

男子(思い立ったが吉日!鉄は熱いうちに打て!さあ行くぞー!)

男子(さて、そろそろ……)


ザッザッ…ザッザッ…


ラフィ「あの……もしかして、あなたが男子さんですか?」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:16:21.28 ID:UAavvoo+0

男子「!!」

男子(キター!!)

男子「は、はいそうです!お待ちしていました、白羽さん!」

ラフィ「はい……それで、話というのは」

男子「あ、それはですね、その……」モジモジ

男子(き、緊張する……けど、ここは思いっきり!)


男子「し、白羽さんっ!俺と付き合ってください!!」バッ

ラフィ「え、ええっ?」

男子(い、言えたぁぁあ!!)





7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:17:36.87 ID:UAavvoo+0

男子「あなたを初めて見たとき、その優しそうな瞳に一目惚れしました!」

男子(あとおっぱい!)

ラフィ「えっと……」

男子「友達からでもいいので、どうか!よろしくお願いします!!」



シーン……



男子(ど、どうだ!?)

ラフィ「……」




ラフィ「……ごめんなさい」ペコリ

男子「」

ラフィ「その、私はあなたのことをよく知りませんし……突然一目惚れをしたと言われても、何がなんだか……」

男子(で、ですよねぇぇぇええ!!)



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:19:17.37 ID:UAavvoo+0

男子(いや!ここで諦めてたまるか!!意地でも食い下がってやるぞ!)

ラフィ「申し訳ありませんが、この話は無かったことに……」

男子「ま、待ってください!それなら、どうすればあなたの恋人……いえ、友達になれますか!?」

ラフィ「えっ?」

男子「俺、何でもやります!料理でもスポーツでもショッピングでも、白羽さんのためならどんなことだって!」

男子「俺、精一杯頑張りますから!どうか!」

ラフィ「そ、そんなこと言われても……」

男子(頼む!頼む……っ!)

ラフィ「……」



ラフィ「……分かりました」

男子「!!」ガバッ



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:21:04.31 ID:UAavvoo+0

ラフィ「いいですよ。お友達になりましょう」

男子「ほ、本当ですか!?やったあ!」

ラフィ「ええ。でもその代わりに……」スッ

男子(お、この手はまさか!手をつな……)



ラフィ「お手」

男子「はい?」



ラフィ「ほら、お手」

男子「え、えっと、白羽さん?これはどういう……」

ラフィ「何でもしてくれるんですよね?でしたら、男子さんには犬になって貰います」

男子「い、犬ぅ!?」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:22:23.38 ID:UAavvoo+0

ラフィ「ほら、やらないんですか?お手」

男子「うっ……」

男子(な、何でもとは言ったけど、まさかこんなお願いをされるとは)

ラフィ「男子さん?」

男子(でもまあ、お手くらいで友達になれるなら……)

男子「……」ポンッ

ラフィ「はい。おかわり」

男子「……」ポンッ

ラフィ「おすわり」

男子「……」スッ

ラフィ「おまわりさん」

男子「……」クルクルクルッ

ラフィ「はい、よくできました♪」

男子(なんだこれ)



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:23:49.66 ID:UAavvoo+0


男子「あ、あの、白羽さん……これに一体何の意味が?」

ラフィ「私、犬が好きなんです♪だから、男子さんにも犬になって貰おうかなって」

男子「は、はぁ……なるほど」

男子(そういえば、犬にメロンパンをあげてたな……)

ラフィ「それじゃあ、このままお散歩をしましょう」

男子「あ、散歩ですか?分かりました!俺がエスコートを……」スッ

ラフィ「あ、ダメですよ男子さん」

男子「え?」




ラフィ「犬なんですから、4本足で歩かないと」

男子「」

男子(マジかぁぁぁあああ!!)







12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:25:13.31 ID:UAavvoo+0

男子「え、そ、それは流石に……」

ラフィ「出来ないんですか?」

男子「うぐっ」

男子(が、我慢だ我慢。これも全ては白羽さんと恋人になるため……)

男子「わ、分かりました……」

ラフィ「あと、散歩中は人の言葉を喋っちゃダメですよ?返事は「ワン」です」

男子「……ワン」

ラフィ「はい♪」

男子(我慢……!我慢……!)プルプル

ラフィ「それじゃあ、お散歩を始めましょう。付いて来てください」ザッザッ

男子「ワン」テクテク



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:26:55.53 ID:UAavvoo+0

男子(うぅ、手と膝が痛い……)

男子(でも、これを乗り切れば俺は白羽さんの……!)



モブA「あれ?男子と……白羽さんじゃん。何やってんの?」

男子「!?」



モブA「あ、ほら。やっぱり男子だ。お前四つん這いで一体何を……」

男子「」パクパク

男子(マ、マズい!!これは非常にマズい!このままじゃ誤解され……)



ラフィ「あ、男子さんは今、私のために犬になってくれているんです♪」

モブA「はあ!?」

男子「」

男子(さらば俺の平凡なスクールライフ)



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:29:11.43 ID:UAavvoo+0

モブA「い、犬って……」

ラフィ「犬が好きな私のために、男子さんは身体を張ってくれているんですよ♪」

モブA「へ、へぇ……」ドンビキ

男子(あああやめろ……そんな目で俺を見るな)

ラフィ「ほら、男子さん。挨拶してください」

男子「!?」

男子(まさかここで鳴けと!?)

ラフィ「今の男子さんは、声も犬なんですよ♪」

モブA「え、それってまさか……」

ラフィ「ほら、男子さん。言ってあげてください」

男子「……」プルプル

ラフィ「……男子さん?」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:30:36.47 ID:UAavvoo+0

男子「……か」





男子「勘弁してくださいいいいいいい!!」ダッ

ラフィ「あっ、男子さん!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



-翌朝-

ヴィーネ「ええっ!?ラフィも告白されたの!?」

ラフィ「はい。びっくりしました……」

ヴィーネ「ガヴに引き続いてラフィまで……やっぱり天使ってモテるのかしら?」

ガヴ「まー私は別として、ラフィは見た目は美人だからな。告白されることくらいあるだろ」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:31:58.60 ID:UAavvoo+0

サターニャ「ふん、こんな腹黒天使のどこがいいんだか……」

ラフィ「サターニャさん?」ゴゴゴ…

サターニャ「ひっ!?」

ヴィーネ「それで、ラフィはなんて答えたの?」

ラフィ「その、最初はお断りしたんですが、「何でもするから友達にしてください」と言われまして……」

ラフィ「なので、犬のマネをしたまま散歩してもらったら、逃げられちゃいました」

ヴィーネ「鬼かお前は!」

ガヴ「そりゃ逃げるわな」

ラフィ「残念です。面白…楽しそうな方だったのに」

ヴィーネ「そう思うならもうちょっと優しくしてあげなさいよ……」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:33:14.32 ID:UAavvoo+0

ラフィ「そうですね……でも」ジッ

サターニャ「な、何よその目は」

ラフィ「いえ、なんでもありません」クスクス









ラフィ(「面白い」は……間に合ってますからね♪)


-おしまい-



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 22:34:35.40 ID:UAavvoo+0

ラフィエルは告白慣れしてそうなイメージ

HTML化依頼出してきます



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:14:54.78 ID:8/BgdhAIo

案外面白いなこのシリーズ
サターニャも一般男子相手なら大悪魔やれ……無理かも……






他のおすすめSS
ガヴ「ヴィーネにチョコあげる」 
ヴィーネ「もう面倒見てあげない。」ガヴ「ッ!!」 
サターニャ「ガヴリールってどうやって生活してるの?」 
ヴィーネ「体操服がなくなった?」 
サターニャ「特訓よヴィネット」 
ガヴ「結婚した」ヴィーネ「・・・はぁ!?」 
ガヴリール「最近よくパンツがなくなるんだ」 
ガヴリール「あれ?箸がない…」 
ガヴリール「なんかムラムラする」サターニャ「えっ」 
ラフィエル「シングルのお布団に二人は狭かったので」