転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489872916/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:35:16.87 ID:XQIErafB0

化物語のssです。





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:35:50.91 ID:XQIErafB0

良く晴れた日に

私と阿良々木がキャッチボールをしている

なぜだ?

もし誰かいたとしても

聞いてもだれも答えてくれないだろうし

聞ける人なんていないし

自分しか知らないことを自分も知らなかったら

どうしたらいいのだろう


暦「早く投げてくれないか」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:36:43.42 ID:XQIErafB0

私はボールの縫い目を見つめていた

遠くで子供達の声が聞こえる

あの子達はキャッチボールをしたことがあるだろうか?

私は少なくとも記憶のなかには無い

子供なら絵日記の宿題のように思い出せるだろう

というか書いた記憶がない。絵日記

昔書いたら嘘しかかけなかっただろうな


暦「老倉ぁ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:37:16.85 ID:XQIErafB0

もちろん私は無視をしていたい

だか、ボールをぶつけてやりたい気持ちもある。あいつに

・・・結構遠いなあいつは

どのくらい力を込めればどこまで届くかわからない

何回も失敗した

力んだボールはいくつも地面を叩いた

あいつがバッターだったらデッドボールを投げて

目の前から消し去ってやるのに

ぶつけてやるからとっとと前に進め

こうなると、いつも思う

根拠の無い自信が、いつも自信になっていると


暦「おーい」


足を踏み出し

少し前を思い出す

それ以上は無理だから




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 11:20:42.31 ID:XQIErafB0

今日は

どうしよう

なにもしたくない

瞬きすることで精一杯だ

バイトにまた落ちたからなのか

未だに友人がいないからなのか

それとも日曜日にこんな遅くまで寝てしまったからだろうか

やること1個もないからなのか

違う、全部違う

阿良々木の家にいるからだ

なぜ私なんかがこの家にいるのかは阿良々木にでも聞いてほしい

ともかくもいる

どこにも行くところはない

ゴロゴロしている



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 11:26:43.31 ID:XQIErafB0

もう一度、目を閉じて1人ならば嬉しい

1人だ。嬉しい

目を閉じる前から実はそうなのだけれど

いまこの家には誰もいないはずで

自分の家ではない家で留守番(自主的にだが)をすることは

結構きついものがある

下手に動くことはできない

いや動いていいんだけれど、無理だ

何かに触ったら怒られそうだし

盗みを働いているみたいに思われたら

・・・いや思われないのだろう



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 11:34:31.58 ID:XQIErafB0

例えば私が居間でテレビをみていて

だれかが帰ってきたら・・・つらい

昼間から何やっているんだろうって

・・・これは思われるかな

可哀相な子と思われるているだろうと

勝手に意識して動けなくなる

よくあることだ

それなら勉強だ、勉強。それならまだ普通に見える

うん。そうなんだ勉強って。ずっと前から思いついてる

それを私が実行しないのは

勉強道具を阿良々木の部屋に置いてきたからだ

資格の参考書を置いてきてしまった



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 11:41:22.18 ID:XQIErafB0

いきたくない

すごくいきたくない

でも仕方が無い。私の人生はそんなものだ

よくあることだ

行こう。それで

阿良々木の部屋に入っているときに

誰かに見られたら窓から飛び降りよう

裸足でもいい



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 11:49:46.28 ID:XQIErafB0

私がこの部屋に勝手に入ったことは

誰にも気付かれたくないし、自分の記憶からも消し去りたい

どうしたら部屋の物にまったく影響を与えずに

物を持ち出せるか、エントロピーはそのままにしたい

だからこの後の私の行動は無かったことにしたい



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 12:05:07.98 ID:XQIErafB0

私は

グローブを見つけた

野球の

ただバットもボールもない

この後の私は

懐かしい匂いを嗅いでみる

感触を確かめる

噛んでみる

顔を覆ってみる

などを行い

その暗い視界の中で

なにをしたいのだ


阿良々木「老倉?」


窓から足を出した時点で腕を掴まれて

視界は更に暗くなっていく



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 13:37:49.35 ID:XQIErafB0

ねえ、阿良々木。私に勉強を教えてなんて

違う。グローブで顔を覆う理由にならない

理由なんてあるか


暦「なあ老倉?どうしたんだ?」


どうもこうもない


暦「グローブ?なんでだ?ピッチャーか?」


暦も大分混乱しているようだ。私のほうが混乱しているが

私は人に可哀相とか心配されることが

一番嫌いだ

これが間違っていることは分かっている



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 16:04:23.85 ID:XQIErafB0

暦「なあ喋ってくれよ」

暦「サインか?サインがいるのか?」


落ち着け阿良々木

まあ、阿良々木から見たら部屋に入ってきた

居候がグローブをかぶっていて

そいつが一言も喋らなかったら怖いだろうな


育「阿良々木」

暦「なっ何だ?」

育「・・・ボールはないの?」


今日始めて出た言葉だ

これも間違っていることは分かっている

落ち着け、大丈夫と自分に言い聞かせる

全部間違ってるから大丈夫だよと



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 20:00:22.79 ID:XQIErafB0

駅前のスポーツショップにいる

そう、順調に間違っている


育「どのボールがいい?」

暦「そうだなあ」

育「これは?」

暦「それは硬式だから。痛いな」


痛いのはいやだ


育「高い」

暦「いや、どんなのが欲しいんだよ?」

育「いや・・・」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 20:08:07.85 ID:XQIErafB0

何も要らないのだけれど

ここに欲しい物はないって言ったらもっと訳が分からなくなる

私がすごく良いボールを求めている人にみたいになってしまう

こんな羽目に・・・阿良々木が


育「何でボールがないの?」

暦「いっぱいあるだろ?」

育「違う」


なんで阿良々木はグローブは持っているのにボールは持っていないんだよ

と聞いてみたくなって、すぐにやめた


暦「そりゃあ・・・僕のボールはどこかにいったんだよ」


伝わって欲しくない意図は伝わり易く、そうでないときは全く伝わらない



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 20:17:33.81 ID:XQIErafB0

育「大変ね」

暦「大変じゃないけどさ」

暦「昔、失くしたからな」

育「そうなんだ」


もういいよ

昔から私達は友人がいたことなんて、ほぼ無いのだから

私はボールのコーナーから遠ざかって、もう帰りたい

帰って勉強でもしようよと言えたらいいのに


育「グローブも色々な種類があるんだ」

暦「ポジションによって違うんだよ」

育「ポジション」


キャッチャーとかピッチャーとかそういうやつか

阿良々木の家で見たグローブはどれだった?



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 20:26:14.47 ID:XQIErafB0

暦「別にキャッチボールするだけなら安いやつでいいんじゃないか?」

育「キャッチボール?」

暦「・・・老倉はしたことあるか?」

育「何を?」

暦「キャッチボールをだよ」

育「・・・阿良々木は誰とキャッチボールをしていた?」


本当にどうでもいいことで私と阿良々木は哀しい気持ちを

引き出しあってどうすんだと思って虚しくなる

そして思い余って

グローブとボールを買ってしまった

お金無いのに



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 20:39:43.17 ID:XQIErafB0

暦「いいグローブだと僕は思うよ」

育「ああ・・・そう」


訳の分からないフォローをしてくるのだから


育「どんな風に?」

暦「ええっと」


答えられるのか?答えられないだろう


暦「いっいい球が投げれそうだ」

育「いい球?良い球って私やったことないって」

暦「えっ僕は野球に興味があるのかと思ってたのだけれど」

育「別に」


駄目だ



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:32:13.92 ID:XQIErafB0

暦「それなら何でグローブ買ったんだ?」


だから駄目なんだ


育「・・・」

暦「えっと・・・それじゃあ帰るか?」


私がグローブを買った理由をお前が知る必要は無いもの


育「阿良々木」

暦「なんだ?」

育「お前は私に色々買わせて使わせてもくれないのか?」

暦「えっ?急になんだ」

育「悪いのか?」

暦「買ったばかりのグローブってすごく固いんだぞ?」

育「それが?」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:40:16.21 ID:XQIErafB0

こういったやり取りがあり、私と阿良々木は広場に向かった

軟式用というボールを買ったが

始めて握ったボールは思ったより重くも軽くもなかった

意外とうまく投げれるのではないかと想像する



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:46:19.73 ID:XQIErafB0

育「ボールは?」

暦「ボール?」

育「どう持つ?」

暦「ええっとこうだ」

育「ありがとう」

暦「あっああ」

育「投げるから、下がってくれない?」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:54:12.09 ID:XQIErafB0

どんなに力を込めたかはわからないが

阿良々木のグローブにボールは入らなかった

阿良々木を越えて逸れる


育「初めてやったんだよ」

暦「知っているって」


阿良々木がボールを追いかける

私も少し追いかけてみて

後ろ姿に・・・罪悪感を感じるな


育「ジャンプすれば」

暦「とれねーよ」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:15:29.30 ID:XQIErafB0

わざとではないのだけれど


暦「力が入りすぎじゃないのか?」

育「ああそう」


次はワンバウンドして、これも受け取られることは無かった

また阿良々木が走る

キャッチボールってこんな感じなのかな



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:29:52.06 ID:XQIErafB0

暦「そんな顔するなって」

暦「大丈夫だ老倉。きっとうまくいくさ」


うるさいって

阿良々木の顔を目掛けて投げた球はグローブに入ったようだ


やったぁー!

育「やったぁー・・・」

思ったより大きい声を出したつもりが

想像以上に小さい



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:42:35.79 ID:XQIErafB0

暦「すごいじゃないか老倉」


うるさいって


暦「もう一回投げようぜ」

育「そう?」


阿良々木がさっきから返してくる球を

受け取ることはできる

ゆっくりの下手投げだから

放物線を描いて帰ってくる

私はずっと渾身の上投げだ



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:50:00.83 ID:XQIErafB0

暦「老倉の球って自然とカーブになるんだな」

育「才能があるってこと?」

暦「クセがあるってことだ」

育「そう」

育「直したほうがいい?」

暦「いいだろう」


どっちの意味だろう?

兎に角、阿良々木は

真直ぐ投げる投げ方を教えてくれないんだ



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:42:03.83 ID:XQIErafB0

暦「そろそろ休憩にしないか?」

育「いいけど」

暦「水を買ってくるからさ」

育「買ってくれば」

暦「おう」


小さくなる後ろ姿にボールを投げたくなったが

我慢だ。当たらないから

もっと上手くなったらやってみよう

阿良々木のグローブに目を落とす

改めて感触を確かめている



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 08:20:50.17 ID:A7ChSccy0

暦「ほら」

育「いいって」


頼んだ訳じゃあないのに私の分まで買ってくるな

だったら私も買いに行ったよ


暦「いや、こんなに飲めねーよ」

育「いくら?」

暦「いいって」


阿良々木は勝手にグローブにペットボトルを入れる

冷たさが解らない


暦「やっぱり買ったばかりのグローブって使いにくいだろ?」

育「いや別に」

暦「僕のグローブ使っていいぜ」

育「なんで?」


阿良々木は私のグローブは着けて、私は阿良々木のグローブを着けたままになった



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 08:44:52.65 ID:A7ChSccy0

暦「魔球投げてくれよ」

育「魔球?」

暦「魔球って知らないか?消える魔球とかさ」

育「阿良々木は投げれるの?」

暦「何回か練習したことはある」


なんでそんなことするんだ阿良々木



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 08:55:33.32 ID:A7ChSccy0

育「・・・阿良々木」

暦「ん?うわ!」


隙を突いて適当に握って投げたボールは

草むらに消えた

ずっと見ていたのに

そこに無いのはなぜだ

消えた魔球と言いたくてやめた


暦「どこ行った?」

育「そこらへんだと思うけど」


2人で草むらを見ている



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 09:16:09.56 ID:A7ChSccy0

暦「悪かったよ」

育「何で!?」


悪かったのは私だろ


暦「いや無茶言ったからさ」

育「だったら最初から言うなよ」

暦「そうだな、悪かった」


育「阿良々木は昔、野球をやっていたの?」

暦「いや、でも練習はしていたな」

暦「ボールをひたすら壁当てしててさ」

育「壁当て?」

暦「壁にボールを当てて返ってきたボールを取るだけだ」

育「何が楽しいの?」

暦「楽しくなかったな・・・あった」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 21:33:43.91 ID:A7ChSccy0

ボールが見つかって良かった

公園というか広場には人がある程度いて

私は色々なことを考えた

阿良々木が楽しくなかったと言ったことと

私の全てがうまくいった場合の可能性を想像する

もっとうまく話せていたらとか

昔からこんなことをしていたらどうだっただろうとか

そもそも最初の一言からちゃんと話せていたら

これからはどうだろうか等を



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 21:43:41.47 ID:A7ChSccy0

どうして間違えはすぐ分かるのに

合っているとはすぐ思えないのか

とりあえずグローブが音をたてる

声は大きくしないと届かない距離になっている

疲れるな


育「野球って何人でやるものなの?」

暦「1チーム9人だけどな」

育「無理だね」

暦「無理だな」

暦「そんなに知り合いいないからな」

育「私のほうがもっといない」


大きな声でそんなことを張り合っても仕方ないけれど

それに、私は私達がそんなでもかまいはしない



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:16:08.96 ID:A7ChSccy0

暦「サイン決めようぜ、僕が出すからさ」

育「何言ってるの?」

暦「サインってあれだよ、ストレートとかカーブとかフォークを投げるサインだ」

暦「キャッチャーが出す球種を決めるサイン」

育「いや、やらないし」

暦「おっおう」

育「・・・阿良々木はキャッチャーがやりたかったんだ?」

暦「そんな訳じゃあない」


そんな訳じゃなかったらなんなのだ

嫌がらせに私は阿良々木が投げる前にグーとかパーとかやってみる



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 23:31:00.07 ID:t9MO6BMo0

その表情に私と阿良々木はもっと距離をとる

もっと聞こえないはずだ


育「私は1人でいるよ」

育「1人でちゃんとする」

育「それでもちゃんとするし、約束する。前にも言った?」

育「募金とか、献血とかボランティアとかもやって」

育「困っている人を助けたり」

育「目付きが悪い人だとか、変な人が来たって思われても構わない」

育「笑えばいいよ。気にしない」

育「嘘じゃない」

育「そんなことができてもどうだって話で」

育「わかる?阿良々木」

育「もうグローブは噛んだりしない」


聞こえていない

わからなくていい

私が言ったことは全て間違っていると思っていい


遠くの阿良々木の表情が嫌いだ



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 00:19:47.18 ID:LaAw+2oN0

暦「今日はありが


言い終える前に投げる

今日、何度もやったが今度も

思い切り力を込めたボールは取れないくらい高く

もちろん取られなくて

阿良々木を走らせる


暦「なにやってんだ老倉」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:44:36.82 ID:LaAw+2oN0

育「阿良々木が下手なんじゃない?」


無理を言って

駆け寄らないから追いつかない


育「阿良々木とキャッチボールなんて考えられない」

育「どんなに昔から今を想像したって同じ」

育「ずっと前から知っていたことを分かっていたら」

育「ずっと前からグローブを持ってたことは知っていたけどね」

育「全然使ってなかった」

育「なんで嫌なんだろう」

育「お前が1人でも私が1人でもどうでもいいのに」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:45:43.94 ID:LaAw+2oN0

遠くで阿良々木の口が動いた


暦「もしかして僕のために今日は付き合ってくれたのか?」





育「えっ?なに?」


きこえたい

なら死んでしまえ

私達は互いに言ったことは聞こえない

今度はお弁当でも作って

・・・今度はないだろうな

阿良々木が近づいてきたら



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:55:55.24 ID:LaAw+2oN0

育「さっき何か言った?」

暦「ああ・・・いや」

育「阿良々木もちゃんと投げない?」

暦「いいのか?」

育「ピッチャーやりたかったんでしょ?」

暦「何で?」

育「グローブがね」

暦「・・・大丈夫だよ僕は。老倉、疲れただろ?今日はもう少し投げたら家に帰ろう」

暦「また、いつか今度やろうぜ」



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:06:02.82 ID:LaAw+2oN0

わかるまでに

わかることがあるだろう

わからないことがわかるまでの時間が

どれくらい重要かな

間違えもずっと繰り返せるものだと思っていた

繰り返し続けていけるものなどなにもないとわかるまでは

残ったグローブはずっと持っていることになるだろう

使わないだろうけど

昔を思い出すには恰好のものだ

それがどんな思い出であれ



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:11:33.26 ID:LaAw+2oN0

阿良々木が持っていたピッチャー用のグローブで

阿良々木のサインを待つ

阿良々木がサインを出す

全くわからない

目が悪くなったな

めがねでも買おう

それでも頷いてやる

阿良々木も頷いた

どんなサインをだしているのか

どんなサインを受け取ったのか

互いにわからないだろうに

もう手も疲れて

これで最後にしようと思う

これが最後にしようと思う

もうこの世のどこにも親と遊んだ記憶がないくらいの私だ



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:21:35.41 ID:LaAw+2oN0

魔球を投げてやる。お前が望むなら

私が子供のうちにボールを投げる

色々な記憶が現れては消える

それが取捨選択さえできないのなら

思い出はグシャグシャになりながら

子供の内の思いは放り投げてしまって

できるのなら

子供の内の思いは誰かに預けておくのがいい

思い切り投げたボールは少し曲がりながら

軽い音を立ててグローブに収まる

変化の最高点での変化量は0だ

そんなことを一瞬思い、同時に

良い球を投げられるのだなと

私は思った



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:22:10.22 ID:LaAw+2oN0

これで終りです。ありがとうございました。



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 11:39:37.52 ID:G9qYJ9dSo

おつおつおー






他のおすすめSS
阿良々木暦「ちはやチック」
阿良々木暦「あずさジェリー」
阿良々木暦「まみコーム」
阿良々木暦「まことネレイス」
阿良々木暦「あみスパイダー」
【ゆるゆり】千歳「今日はウチの誕生日やぁ」
風見雄二「死んだ世界戦線?」
佐倉「新人アイドルの佐倉千代です!!」野崎「よろしく」
カズマ「どうやら俺はアクアに手を出したらしい。」
【このすば】めぐみん睡姦陵辱【R-18】