転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487371240/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 07:40:40.91 ID:PbmZn6drO

穂乃果「穂乃果この前見ちゃったんだけどさ」

海未「何をです?」

穂乃果「あのね?怖がらないで聞いてよ?」

海未「はい」

穂乃果「あれは…泣く子も黙る丑三つ刻…」

海未「それを言うなら草木も眠るでしょう?夜泣きが治った感じになってますけど?」

穂乃果「うん。そうとも言うんだけど」

海未「そうとしか言いませんよ」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 07:46:11.52 ID:PbmZn6drO

穂乃果「でね、穂乃果はその時家の近くのトンネルを歩いてたんだけど」

海未「家の近くのトンネル?」

穂乃果「うん。トンネル」

海未「トンネルなんかありましたっけ?」

穂乃果「うん」

海未「まあ、いいです。それよりも深夜に出歩くなんて感心しませんね。しかもトンネルなんて薄暗いでしょ?不審者が現れたらどうするのです?」

穂乃果「心配してくれてるのかな?」

海未「あ、当たり前でしょう?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 08:26:54.55 ID:PbmZn6drO

穂乃果「ふふっ、ありがとう。海未ちゃんは穂乃果の事が大好きなんだねぇ」

海未「………怒りますよ?」

穂乃果「ええ?照れ隠しで怒らないでよ」

海未「だ、だって」

穂乃果「まあ、いいや。実は穂乃果が夜中に出歩いたのにはある理由があってね」

海未「その理由とは何ですか?」

穂乃果「理由とは物事がそのようになった、わけ。筋道。また、それをそう判断した、よりどころになる、またはする事柄の事を言うんだよ?」

海未「馬鹿にしてるのですか?理由の意味など聞いていません」

穂乃果「だって理由って何って言うから…」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 08:48:40.44 ID:PbmZn6drO

海未「出歩いた理由を聞いているのです」

穂乃果「そんなの一つしかないでしょ?寝付けなかったんだよ」

海未「ええ?それだけ?」

穂乃果「それだけだよ。寝付けないから散歩したんだよ」

海未「なら最初からそう言えばいいでしょ?」

穂乃果「だって会話終わっちゃうじゃん。穂乃果は海未ちゃんと長くお話ししていたいの」

海未「そんなのいつでも出来るでしょう?」

穂乃果「なんでそんな事言うのさ。穂乃果は…穂乃果はこんなにも海未ちゃんの事を…」

海未「え?ほ、穂乃果?」

穂乃果「イェーイ!引っかかった。海未ちゃん顔真っ赤にして真姫ちゃんみたいだよ」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 08:53:37.76 ID:PbmZn6drO

海未「………」テクテクテク

穂乃果「あれ?どこいくの?」

海未「いえ、最近剣を振ってないなと思いまして。すぐに取って来ますから待っていて下さい」

穂乃果「ええ?何をする気なの?怖いんだけど」

海未「大丈夫です。目立たない様にしますから」

穂乃果「じ、冗談じゃん?そんな本気で怒らないでよ」

海未「……」

穂乃果「ね、ほら?海未ちゃんとお話ししたいってのも海未ちゃんの事が大好きって言うのも本当だから。ね?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:00:06.79 ID:PbmZn6drO

海未「次はありませんよ?」

穂乃果「は、はい」

海未「それで?」

穂乃果「それでね、特に目的地もなくぶらぶらしてたらささっき言ってたトンネルに辿り着いて」

海未「はい」

穂乃果「そこのトンネルって言うのがなんか出るみたいで」

海未「…はい。確かにトンネルって雰囲気もありますもんね」ゴクリ

穂乃果「そうなんだよね。出てるんだよ。雰囲気がね。見るからにいかがわしいの」

海未「いかがわしい?え?いかがわしいんですか?怪しいとかではなくて?」

穂乃果「うん」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:06:04.97 ID:PbmZn6drO

海未「トンネルですよね?トンネルに行ったんですよね?」

穂乃果「そうだよ?」

海未「いかがわしいんですか?」

穂乃果「あっ、ごめん。疑わしいだ」

海未「あっ、間違えちゃったんですね」

穂乃果「うん」

海未「いや、疑わしい雰囲気のトンネルって言うのも意味が分かりませんけど?」

穂乃果「まあ、そこらへんは雰囲気でわかってよ」

海未「雰囲気の話を雰囲気で理解しろと言うのですか?」

穂乃果「お願い」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:19:39.29 ID:PbmZn6drO

海未「善処します。話が進みませんから」

穂乃果「さすが海未ちゃん」

海未「それで?」

穂乃果「それでね、雰囲気があれなトンネルだから進もうか迷ったんだけど入ったの」

海未「なぜ入ったのか聞くのは野暮ですか?」

穂乃果「そうだね。聞かないで?」

海未「わかりました」

穂乃果「でさ、恐る恐る歩いてたんだけどなかなか前に進まなくて」

海未「ええ?」

穂乃果「穂乃果、絵里ちゃんに袖を引っ張らないでって言ったの」

海未「え?絵里?絵里も居たのですか?」

穂乃果「そうだよ。絵里ちゃんが引っ張るから袖は伸びるしなかなか進まないし」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:24:52.96 ID:PbmZn6drO

海未「えっと…絵里も居たんですね」

穂乃果「うん。希ちゃん家でお泊まり会してたからね」

海未「え?」

穂乃果「だって穂乃果ん家の近くにはトンネルなんかないじゃん」

海未「そう言う事ですか」

穂乃果「うん」

海未「………」

穂乃果「どうしたの?」

海未「私もお泊まり会に参加したかったなぁと」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:28:59.62 ID:PbmZn6drO

穂乃果「誘ったじゃん」

海未「え?」

穂乃果「誘ったけど海未ちゃんお稽古があるって言うから」

海未「お泊まり会なら稽古が終わった後でも参加できるじゃないですか」

穂乃果「夜に来ても海未ちゃん寝ちゃうんだから意味ないじゃん」

海未「それでも皆んなと一緒に寝たいんです」

穂乃果「子供みたいな事言わないでよ。らしくないよ?」

海未「穂乃果は誘われてるから私の気持ちが分からないのです」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:32:09.21 ID:PbmZn6drO

穂乃果「そんな事言われたってさ仕方ないじゃん。それに海未ちゃんの弓道の大会のおめでとうパーティーの打ち合わせもあったんだから海未ちゃんを呼べるわけないじゃん」

海未「え?」

穂乃果「あっ」

海未「…」

穂乃果「あの…雰囲気で察して?」

海未「…そうですね。こう言う時こそ雰囲気で」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:36:55.99 ID:PbmZn6drO

海未「そ、それでトンネルの話は?」

穂乃果「あっ、うん。そのトンネルなんだけど希ちゃんの話だとね」

海未「はい」

穂乃果「昔そのトンネルでね借金を苦に飛び降り自殺した人の霊がね」

海未「え?飛び降り?トンネルで飛び降り?」

穂乃果「うん。そう言ってた」

海未「えっと…図が浮かんでこないんですけど」

穂乃果「穂乃果に言われても」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 09:43:01.21 ID:PbmZn6drO

海未「まあ、そうですけど」

穂乃果「でも、借金って怖いよね。穂乃果もこないだ過払い金が発生してて」

海未「え?借金してるんですか?未成年なのに?」

穂乃果「DVDを返却するの忘れてたよ。お陰で凄いお金掛かっちゃって…法律事務所に相談した方がいいかな?」

海未「よくないです。過払金ではなくて延滞金ですから。穂乃果が悪いんですから」

穂乃果「そうかなぁ」

海未「そうです」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:00:51.27 ID:PbmZn6drO

穂乃果「まあ、いいや。話が逸れちゃったね」

海未「逸れなかった事がありませんけどね」

穂乃果「でね、歩いてたら急ににゃ~って言うから」

海未「トンネルに猫が居たのですか?」

穂乃果「ううん。凛ちゃんどうしたのって聞いたの」

海未「わかってました。わかってましたよ凛もいるって。毎回必ずありますもんね?凛のこのくだりは。それで?凛はなんと?」

穂乃果「あのね、後ろの方から小さな女の子のすすり泣きの様な声が聞こえるって」

海未「ええ?」

穂乃果「恐る恐る振り返ったんだけどさ暗くてよく見えないし」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:15:51.02 ID:PbmZn6drO

穂乃果「もう、怖くってさ。お互いの顔を見合わせたんだけど気がついたら減ってるんだよ」

海未「え?」

穂乃果「人数が明らかに減ってるの」

海未「それって…」

穂乃果「いつもみたいに数を皆んなで言ってくんだけど毎回3の時に誰も何も言わないんだよ」

海未「それは私がいないからでしょ?」

穂乃果「あっ、そうか」

海未「あっ、そうかじゃありません」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:23:26.73 ID:PbmZn6drO

穂乃果「いや、それにしてもなんだよ。3だけじゃなくて3の倍数の時も誰も答えないの。3と3のつく数字と3の倍数の時だけ」

海未「3のつく数字は3しかありませんけどね。μ'sは9人ですか」

穂乃果「まあね」

海未「それで…続きは?」

穂乃果「うん、やっぱり何回やっても数が合わなくてさ。花陽ちゃんは恐怖のあまり助けてぇとしか言えないし」

海未「それじゃないですか。解決ですよ。花陽が番号を言わないからでしょ?」

穂乃果「いや、それは皆んな分かってるんだよ?」

海未「そうなんですか?」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:28:33.67 ID:PbmZn6drO

穂乃果「で、よ~く考えてみたらちょっと前に絵里ちゃんがグズってて」

海未「グズってって子供みたいに」

穂乃果「歩いてる途中にもうやだ、お家帰るって言い出して」

海未「本当にそんな事いったんですか?」

穂乃果「あっ、正確にはエリチカお家帰るって」

海未「恐怖のあまり幼児退行してるじゃないですか」

穂乃果「皆んななんとなく無視してあげてたんだよ。絵里ちゃんの名誉の為に」

海未「絵里の為ならちゃんと対処してあげた方が良いのでは?」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:36:42.37 ID:PbmZn6drO

穂乃果「でもさ、ずっと本当に帰っちゃうわよ?って繰り返し言ってたからこれは帰らないやつだなって思って」

海未「あの頃の絵里はどこに行ってしまったんですかね?」

穂乃果「で、さっきの話に至ると」

海未「じゃあ、後ろの方ですすり泣きしてるのは絵里じゃないですか」

穂乃果「ね!ずっと穂乃果の袖を引っ張ってるから着いてきてると勘違いしちゃったよ。怖くて前にも後ろにも進めなくなってたなんてね。穂乃果の袖を引っ張ってたのは誰だったんだろうね?」

海未「ええ?今怖い事言いましたよね?」

穂乃果「ずっと怖い話をしてるけど?」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:46:31.75 ID:PbmZn6drO

海未「いや、そうではなくて」

穂乃果「もう、話が進まないんだけど?話戻すよ?」

海未「重要な部分だと思いますけど?」

穂乃果「でね、穂乃果の中には戻るって言う選択肢はないからさ」

海未「なぜです?」

穂乃果「だってトンネル通らなきゃDVD返しに行かないからね?延滞してるんだよ?」

海未「ええ?DVDを返しに行ってたんですか?寝付けないから特に目的地もなくブラブラしてたと言ったじゃないですか」

穂乃果「そうだよ?怖いDVDを見て絵里ちゃんが眠れなくなっちゃったからじゃあ散歩しようかってなったんだよ。そしたら、DVDの返却期限も過ぎてるからさ」

海未「なら最初にそう言って下さい」

穂乃果「言ったでしょ?DVDの返却期限が過ぎてた事も寝付けないって事も」

海未「…はあ」

穂乃果「え?ため息ついた?」

海未「ため息をつきたくもなります」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:54:46.92 ID:PbmZn6drO

穂乃果「そんなあからさまにしなくてもいいのに」

海未「で、絵里はどうしたのです?」

穂乃果「絵里ちゃんは一人じゃ戻らないし進むしかないから」

海未「誰か一緒に帰ってあげるとか穂乃果が一人で返却しに行くという選択肢はなかったのですか?」

穂乃果「…なかった」

海未「そうですか」

穂乃果「うん。そしたら、絵里ちゃんは希ちゃんに抱きついて離れないの。もう、小さな女の子みたいに。にこちゃんよりも小さな女の子みたいに」

海未「わざわざにこの名前を出す意味あります?」

穂乃果「わかりやすいかなって」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:03:52.71 ID:PbmZn6drO

海未「分かりやすくはないです」

穂乃果「そう?」

海未「はい」

穂乃果「で、まあ絵里ちゃんはずっと希ちゃんに抱きつきながら歩いてて穂乃果は誰かに袖を引っ張られながら進んでなんとかお店まで辿り着いたんだよ」

海未「本当に何事もないように言いますね」

穂乃果「そうだよ?本当に恐ろしいのはここからなんだよ」

海未「え?」

穂乃果「ついてないんだよ?」

海未「ついてない?」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:08:24.01 ID:PbmZn6drO

穂乃果「明かりがついてないんだよぉ」

海未「ええ?」

穂乃果「そりゃそうなんだよ。だって24時間営業じゃないんだもん」

海未「当たり前じゃないですか」

穂乃果「無駄足だったよ」

海未「それだけの話ですか?時間を返してください。」

穂乃果「そんな事よりもDVDを返さなきゃいけないんだよぉ。お小遣いなくなっちゃうよ」

海未「まだ返してないのですか?」

穂乃果「そうなんだよ」

海未「………馬鹿ですね」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:14:01.86 ID:PbmZn6drO

海未「で?結局穂乃果は何を見たと言うのですか?」

穂乃果「さっき絵里ちゃんが穂乃果の事をこないだの事で説教するって言ってたのを見ちゃって」

海未「あなたがだらしないのがいけないのですよ?」

穂乃果「幽霊よりも生きてる人間の方がよっぽど怖いよ。海未ちゃん穂乃果を匿って」

海未「あっ、今絵里に電話していますから」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:24:26.02 ID:PbmZn6drO

2



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:32:24.22 ID:PbmZn6drO

凛「ねえねえ、海未ちゃん」

海未「どうしたのですか?」

凛「こないだね、面白い事があったんだよ?」

海未「面白い事?」

凛「うん。聞きたい?」

海未「はい。聞かせて貰えますか?」

凛「どうしようかな~」

海未「聞かせて貰えないのですか?」

凛「ううん。海未ちゃんには特別教えてあげるにゃ」

海見「そうですか。ありがとうございます」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:45:53.39 ID:PbmZn6drO

凛「あのね、こないだ希ちゃん家にお泊まりしたんだけどね」

海未「はい」

凛「あっ、あのね、海未ちゃんも誘おうと思ったんだよ?だけど色々理由があって海未ちゃんを誘えなかったの」

海未「そうなんですか」

凛「ごめんね」

海未「大丈夫ですよ。凛は優しいですね」

凛「えへへ。今度は海未ちゃんも一緒にお泊まり会しようね?」

海未「はい」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:51:37.48 ID:PbmZn6drO

凛「でね、穂乃果ちゃんが怖いDVDを持ってきたから皆んなで見ようって言い出したんだけど絵里ちゃんとかかよちんとか真姫ちゃんが嫌だって言い出したの」

海未「凛は怖い話とかは大丈夫なのですか?」

凛「あんまり怖すぎると嫌だけど大丈夫にゃ。凛は足が速いからお化けが出てきても逃げ切る自身があるよ」

海未「そう言う問題ではないような気がしますけど」

凛「それでね、にこちゃんと一緒にね怖がってる真姫ちゃんをからかってたらね真姫ちゃんがDVDを見るって言い出して」

海未」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 11:57:56.64 ID:PbmZn6drO

海未「なんだか目に浮かびますね」

凛「嫌がる絵里ちゃんとかよちんを無視してDVDをセットしたの」

海未「二人は可哀想ですね」

凛「そうなの。二人とも…特に絵里ちゃんが怖がってるから希ちゃんが居るから大丈夫だよって言ってあげたんだ」

海未「人任せですか」

凛「だって、凛は霊感とかないもん」

海未「まあ、確かに希なら何とかしてくれそうではありますけど」

凛「そしたら希ちゃんが絵里ちゃんに幽霊なんてそこら中にいっぱいいるんだから怖くなんてないよって言い出して。そしたらね、絵里ちゃんが余計怖がっちゃって」

海未「当たり前でしょう?希は悪ふざけし過ぎです」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 12:02:34.52 ID:PbmZn6drO

凛「で、見始めたんだけど絵里ちゃんは布団を被って出て来ないし真姫ちゃんも既に涙目だし結局まともに見たのは穂乃果ちゃんと凛と希ちゃんとことりちゃんだけだったにゃ。にこちゃんも怖がってたし」

海未「ことりは意外ですね。確かことりも苦手だった気がするんですが」

凛「うん。でも、なんだか遠い目をしてた様な気がするにゃ」

海未「それ本当に見てました?」

凛「多分…」

海未「そうですか」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:44:45.34 ID:lsw82dUo0

凛「それでねDVD見終わったから寝ようかなと思って凛が明かりを消したらね絵里ちゃんが明かりを消さないでって言うの」

海未「え?明かりをつけたまま寝たんですか?」

凛「うん。でもね今度は明るくてなかなか眠れないって」

海未「それはそうですよ」

凛「絵里ちゃんが言うの」

海未「絵里は繊細ですね」

凛「で、結局寝付けなかったからちょっと夜道を散歩でもしようかって希ちゃんが言い出して。穂乃果ちゃんもそれならついでにDVDを返しに行くって」

海未「絵里は嫌がったのでは?」

凛「うん。部屋で待ってるって言うから7人で言ったんだけど」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:52:12.76 ID:lsw82dUo0

海未「けど?」

凛「部屋に一人で居るのが怖いってすぐに追いかけて来たにゃ」

海未「そ、そうだったんですね」

凛「うん。それでね、なんやかんや歩いてたらトンネルがあってね」

海未「トンネル…」

凛「なんか希ちゃんの話だと昔そこで車の前に飛び出で自殺した人の霊が出るって」

海未「飛び出して?」

凛「うん。なんか変かな?」

海未「いえ。こっちの話です」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:01:50.52 ID:lsw82dUo0

凛「それでね、穂乃果ちゃんのDVDを返すためにはトンネルを行かなきゃいけないんだけど絵里ちゃんが大反対して」

海未「希はどうして幽霊の話をしたのでしょう?こうなるのが目に目に見えているのに」

凛「希ちゃんはいつだって面白い事優先なんだよ」

海未「いや、面白いですか?」

凛「うん。でね、絵里ちゃんはずっとお家帰るらお家帰るって言ってるんだけど穂乃果ちゃんのDVDが返却期限が切れてるからすぐに返さなきゃいけないって」

海未「全て穂乃果のだらしなさが原因じゃないですか」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:15:17.81 ID:lsw82dUo0

凛「でね、なんだかんだで絵里ちゃんも着いて来たんだけど」

海未「あっ、着いてきたんですか?」

凛「うん。結構暗いから怖かったのかな?だけど、ずっと帰るわよ?私帰るわよ?って言ってて」

海未「絵里…」

凛「で、しばらく歩いてたら後ろの方から女の子の泣き声が聞こえるから凛びっくりしちゃって大声出しちゃったの」

海未「なるほど」

凛「そしたらね、希ちゃんが人数が減ってるよって言い出して」

海未「絵里でしょ?」

凛「うん。よく分かったね?絵里ちゃん結局怖くて歩けなくなっちゃって、でも皆んな進んでくし待ってもくれないからその場にうずくまって泣いちゃったの」

海未「絵里、可哀想に」

凛「そうなの。可哀想だからって希ちゃんが近くに行ったら希ちゃんにしがみついて離れなくって希ちゃん歩きづらそうだった」

海未「そもそも希が変な話をしなければ良かったのですけどね」

凛「多分してなくても絵里ちゃんはああなってたと思うにゃ」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:24:38.55 ID:lsw82dUo0

海未「まあ、確かに」

凛「ここだけの話、にこちゃんは怖がって真姫ちゃんの手をずっと握ってて真姫ちゃんも平気なふりしてたけど穂乃果ちゃんの袖をずっと引っ張ってたにゃ」

海未「なるほど」

凛「でね、凛はかよちんとことりちゃんと3人で手を繋いでたにゃ」

海未「なぜか凛だけ楽しそうですね」

凛「うん。仲良く手を繋いで歩いて楽しかったにゃ」

海未「そうですか」

凛「ちなみにトンネルから出てよく見たら真姫ちゃんとにこちゃんは半べそかいてたしかよちんとことりちゃんも目が潤んだだにゃ。穂乃果ちゃんは幽霊に引っ張られたってパニックになってたし絵里ちゃんは黙って泣いてたにゃ」

海未「結局絵里以外もみんな怖がっていたんですね?」

凛「うん」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:30:14.27 ID:lsw82dUo0

凛「穂乃果ちゃんがあんなDVDを借りるからいけないにゃ」

海未「そんな怖かったのですか?」

凛「う~ん…心霊映像~トンネル特集~ってやつだったにゃ。なんでそんの借りたんだろうね?」

海未「トンネル特集って。そもそも穂乃果はそんなDVDを借りて家で見たんですかね?」

凛「どうかな?レンタルショップも閉店しちゃってて返せなかったんだよ?」

海未「でしょうね?時間が時間ですから」

凛「今思えば返却ボックスに入れればよかったのにね?」

海未「そんなのがあるのですか?」

凛「うん」

海未「本当に今更ですね」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:37:49.71 ID:lsw82dUo0

凛「で、なんで凛が部室の前の廊下で海未ちゃんにこんな話をしてるかって言うとね」

海未「え?」

ことり「凛ちゃーん?準備出来たよ?」

海未「ことり?」

凛「お泊まり会をしたのは全て今日の為だったんだにゃ」

ガチャ

穂乃果「海未ちゃん弓道の大会優勝」

8人「おめでとう~」

海未「あっ……ありがとうございます」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:38:45.66 ID:lsw82dUo0




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:48:08.83 ID:lsw82dUo0

穂乃果しちゃったんだけどシリーズ

前作 
穂乃果「こないだ買っちゃったんだけどさ」

前前作
穂乃果「この前体験しちゃったんだけど」



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:50:46.17 ID:0ny9CVlF0


面白かった






他のおすすめSS
海未「穂乃果に彼氏が…?」
真姫「日に日に」
にこ「私の方が年上なのよ!敬いなさい!」絵里「え?」
英玲奈「これ、お土産だ」
真姫「時間がない?ラブカストーンを使えば解決できるわよ」
花陽「かよちんレズちんノンケちん」
海未「ハラショー」
花陽「ギギギギギギ!!!」凛「まずい!禁断症状だにゃ!」
【ラブライブ!】真姫「壁ドンマスター西木野」
ことり「穂乃果ちゃん…まだ起きてる…?」