転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1488930131/

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 08:42:11.324 ID:RgL1Ejl30.net

キョン「…五万か」

ハルヒ「少ないとか言わないでしょうね?」

キョン「そんなことないよ、ありがとう」

ハルヒ「あえて少な目にしてるんだからね、あんたが働くように」

キョン「ちゃんと仕事探してるって」

ハルヒ「ちゃんとおいしいもの食べてるの?材料買ってきたから今から何か作るわよ」

キョン「すまんな」

ハルヒ「えっと調味料はと…冷蔵庫に誰かの料理あるけど、誰かきたの?」

キョン「いやそれは…」

ハルヒ「有希でしょ?」

キョン「…昨日来たんだよ」

ハルヒ「来たなら来たって言えばいいでしょ、何で秘密にしようとしたの?」

キョン「お前が気にするかと思ってな…」

ハルヒ「気にするわけないでしょ、むしろ会いたいくらいだわ!」



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 08:43:09.139 ID:ThtYVzEM0.net

ヒモか...



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 08:43:42.243 ID:jCVzLUa8d.net

憂鬱だなこれは



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 08:49:34.729 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「…もしかして」

キョン「おい今度は何だよ…」

ハルヒ「やっぱり、この脱衣場の引き出し女ものの服や下着が入ってる!」

キョン「だから長門のだって言ってるだろ」

ハルヒ「だからなんで有希の下着や服が入ってるのよ!」

キョン「あいつたまに泊まるからそうしたいっていったんだよ」

ハルヒ「はぁ?ならこうするわ!」

ガサガサ

キョン「俺の引き出しひっくり返すなよ」

ハルヒ「あんたのならほかのところに移動してよ、とりあえず有希の引き出しの上は私専用の引き出しだから」

キョン「何で部屋の持ち主の俺が脱衣場に服を置けなくなるんだよ、そういうところ変わってないな」

ハルヒ「どうせ家賃の一部も私のお小遣いから払ってるんでしょ?」

キョン「いやそれは長門が…あっ」

ハルヒ「有希からもお小遣い貰ってるの?」

キョン「いや…この部屋の家賃払ってるのあいつなんだ」

ハルヒ「はぁ?」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 08:52:33.692 ID:iTwb5ibo0.net

クズじゃねーか




25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:00:57.264 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「何でそのこと私に黙ってたのよ!」

キョン「お前にいう必要ないだろ?」

ハルヒ「お小遣い貰ってる身でありながら生意気よ!」

キョン「それは…ありがたいと思ってるが」

ハルヒ「有希からはお小遣いいくらもらってるの?」

キョン「え?」

ハルヒ「家賃だけじゃないでしょ?」

キョン「…八万」

ハルヒ「そう…はい五万円、今月から10万あげるから」

キョン「いいのか?」

ハルヒ「あんたに心配されるほどの仕事してないから安心して」

キョン「そうだよなお前の働いてる会社最近景気よさそうだからな」

ハルヒ「それよりも有希にこそ無理するなって言ってあげたら?」

キョン「ああ…」

ハルヒ「有希の料理があるなら私が作る必要はないわね」

キョン「帰るのか?」

ハルヒ「買い物してくるのよ、歯ブラシとか着替えとか代えの下着とか」

キョン「今日泊まる気なのか?」

ハルヒ「有希も泊まってるんでしょ?それとも今日は私がいたら困るの?」

キョン「そういうわけじゃないが…」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:04:33.776 ID:j0za3Tvha.net

なんちゅう女や



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:05:02.224 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ(せっかくキョンを自立させてやろうって私が気をつかってたのに有希の奴甘やかしちゃって)

ハルヒ(部屋の家賃だって本当は私が払ってもよかったのに、これだとキョンがいつまで当たっても自立しないじゃない)

ハルヒ(しかもしょっちゅう部屋に泊まってるとか信じられない)

ハルヒ(歯ブラシと石鹸とコンドー…そういえば有希とエッチしてるのかしら、戻ったら部屋を探してコンドームあるか調べてみるべきね)



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:06:17.210 ID:XAnin7kqd.net

これ何もしなくても月収25万以上か



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:09:31.903 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「ただいま」

キョン「早かったな…」

ハルヒ「別に下着と歯ブラシかってきただけだし」

キョン「そうか…」

ハルヒ「料理しようと思ってたけどその必要なくなったから部屋の片づけしてあげるわ」

キョン「いや部屋はそんなに散らかってないぞ」

ハルヒ「遠慮しないの、男はがさつだから細かい汚れとか放置してるでしょ?ほらほらあんたは居間でテレビでもみてて」

キョン「そうか…なら頼む」

ハルヒ(さてと、確かに部屋はキレイにしてるわね)



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:12:26.521 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ(大したもの無いわね…)

ハルヒ(ゴミ箱は空か…今朝有希がゴミを出したのかしら)

ハルヒ(箪笥の中とか…何もないわ、というか生活感ないわねここ)

ハルヒ(やはりここはあのあからさまに不自然なバッグね、キョンが持ち歩きそうでもないし使い込まれた形跡もない)

ゴソゴソ

ハルヒ(…やっぱり)



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:16:11.717 ID:bahdGMeI0.net

大人のおもちゃも入ってたかな



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:19:22.184 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「さぁご飯食べるわよ」

キョン「ああ、これが一食分だから二食分を二人出たべればちょうどいいだろ」

ハルヒ「ラベルまではって有希って几帳面ね」

キョン「…もういいだろ」

ハルヒ「そうそう、さっき箪笥の上にバッグあったの見たんだけど」

キョン「ゴホッ…そっそうか」

ハルヒ「中に入ってたの見たわ、いつ使ったの?」

キョン「さぁ覚えてないなぁ」

ハルヒ「昨日使ったんじゃないの?」

キョン「お前に関係ないだろ!」

ハルヒ「別にいいでしょ、ローションとか大人のおもちゃとかもあったけど、あれも使ったんでしょ?」

キョン「それを聞いてどうするんだ?」

ハルヒ「ただの世間話でしょ?私と世間話したくないっていうの?」

キョン「世間じゃなくて俺の事だろ…」

ハルヒ「あんただって私に聞きたいことあれば聞けばいいでしょ、いいから昨日有希とエッチしたか答えなさいよ!」

キョン「…昨日はしてない」

ハルヒ「昨日は?」

キョン「ご飯が覚めるぞ~」

ハルヒ「覚めたらレンジで温めなおせばいいでしょ?」

キョン(もっと厳重にかくしておくべきだった…)



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:21:53.734 ID:RgL1Ejl30.net

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン(なんて重苦しい空気だ、食事がのどを通らん…)

ハルヒ「もういいわ、お風呂入るから」

キョン「そっそうか」

ハルヒ「話の続きはその後でいいわ」

キョン(まだ続くのか…) 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:24:55.087 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「有希の奴なによ、前はキョンと付き合ってないとか言ってたはずなのに」

ハルヒ「キョンみたいな男を面倒みるのは私くらいかと思ってたのに」

ハルヒ「だいたいあの子昔からない考えてるかわからなかったのよね」

ハルヒ「立場をはっきりさせてあげなくちゃ、今度有希に直接会ってキョンに近づかないように言い聞かせてやるんだから!」

ハルヒ「このシャンプーもリンスも有希のものかしら、徐々に部屋を浸食されていったと思うと腹が立つわね!」



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:31:30.171 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「それじゃさっきの話の続きだけど」

キョン「何でバスタオル撒いてるだけなんだよ!」

ハルヒ「着替え買いそびれたからしょうがないでしょ!」

キョン「せめて何か着ろよ」

ハルヒ「童貞じゃあるまいし、女の裸なんて見慣れてるでしょ?」

キョン「お前の裸は見慣れてないだろ!」

ハルヒ「…はぁ?有希の裸はよくて私の裸はダメっていうの!?」

キョン「おい声が大きいぞ…」

ハルヒ「そうね、有希は声が小さくておしとやかだからいいんでしょうね!」

キョン「だから長門とはそういう関係ではないと…」

ピンポーン

キョン「誰かきたみたいだ、たぶん宅急便かな?ちょっと見てくるから待ってろ」

ハルヒ「私が出るわ!」

キョン「お前はその恰好だろ?」

ハルヒ「別にいいでしょ、ほらどきなさい!」

ガチャッ



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:34:25.904 ID:RgL1Ejl30.net

国木田「えっ涼宮さん!?」

ハルヒ「あれ有希じゃない…」

キョン「今日国木田が遊びにくる予定だったんだ」

ハルヒ「そっそう…」

国木田「なんか都合悪いみたいだから今日は帰るよ」

キョン「いやいてくれ」

ハルヒ「…私着替えてくるわ」

キョン「そうした方がいいな」

国木田「びっくりしたよ、キョンって涼宮さんと一緒に暮らしてたんだね」

キョン「ハルヒは今日たまたま来ただけだ」

ハルヒ(はぁ私何してるのかしら…)



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:35:10.030 ID:MvEDivPI0.net

突然の国木田に俺氏ちょっと困惑



65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:36:05.624 ID:YSc3hEg60.net

国木田!?



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:36:15.211 ID:6WsEtp+z0.net

ローション…コンドーム…はっ



68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:38:10.536 ID:RgL1Ejl30.net

国木田「あの…二人は良く会ってるの?」

キョン「月に一、二回かな」

国木田「そうなんだ」

ハルヒ「…」

キョン「谷口は元気か?」

国木田「いや僕に聞かれても…」

キョン「そうだよな」

ハルヒ「あのっ…私帰る」

キョン「どうしたんだ?」

ハルヒ「もともと帰る予定だったしいいでしょ、なんか今日いろいろ取り乱してごめん」

キョン「いい良きにするなよ」

国木田「そう、暗いけど大丈夫?」

ハルヒ「タクシーくるまでロビーで待つから大丈夫よ」



73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:43:23.177 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ(何やってるんだろ私…キョンと有希がエッチしてたからといって私には何も言う権利ないのに)

ハルヒ(むしろ二人が付き合ってるんなら私が一方的に邪魔してるだけじゃない)

ハルヒ(何回かキョンの方からそういう関係求めてきたことあったけど、私の方から突っぱねたんだし)

ハルヒ(キョンからしたら生活の面倒も見てくれてる有希の方が少しのお小遣いだけあげて偉そうにしてる私よりいにきまってるし)

ハルヒ(次にキョンに会うときは謝らないと…)

長門「…」

ハルヒ「有希」

長門「あなたが定期的に彼に会いに来ているのは知っている」

ハルヒ「あんたねぇ!私がキョンのためにいろいろ気を使ってたのに甘やかして何様のつもり!?泥棒!」

長門「私はあなたから何も盗んでいない」



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:48:24.749 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「現に私から…」

長門「彼はあなたのものじゃない」

ハルヒ「そうだけど、私がキョンの面倒見てたの知ってたんでしょ?」

長門「その以前から彼の面倒を私は見ていた」

ハルヒ「先に面倒みてたから偉いってわけじゃないわよ!」

長門「彼の生活のほとんどを私が面倒を見ている」

ハルヒ「それが甘やかしてるって言ってるのよ!」

長門「あなたも不十分であるけれど同じことをしている」

ハルヒ「自分は全部面倒見てるからキョンは自分のものと思ってるの?」

長門「だから彼は誰のものでもない」

ハルヒ「生意気よ!」



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:51:44.171 ID:RgL1Ejl30.net

長門「ここで大声を出すのは迷惑」

ハルヒ「あんたが大声出させてるんでしょ!」

長門「ついてきて」

ハルヒ「何よ…」

長門「このマンションに私の部屋がある」

ハルヒ「はぁ?自分の部屋があるくせにキョンの部屋に泊まったりするわけ?」

長門「彼には秘密にしている事、できれはあなたもそうして欲しい」

ハルヒ「まぁいいわ、そうするかどうかは話し合いの内容で決めてあげる」



88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:55:31.732 ID:RgL1Ejl30.net

話し合いで解決した




90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:55:57.588 ID:/TyzqAKJp.net

生々しい感じマジでやめろ



91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:56:02.986 ID:adlZ/jowd.net

おい!



94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:57:11.390 ID:BTK1mp6q0.net

は?



100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:58:58.129 ID:MvEDivPI0.net

終わっただと・・・そんなはずはない!



102: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:02:29.585 ID:bahdGMeI0.net

俺たちの話し合いはこれからだ!
先生の次回作にご期待ください



104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:07:09.669 ID:MvEDivPI0.net

国木田「お邪魔しちゃったみたいだね」

キョン「いや気にするな、ハルヒの機嫌を損ねてしまってて助かったくらいだ
ただ仕事の邪魔になった、とだけは言っておこう」

国木田「ごめん、そうだ今月の分」

キョン「1、2、3、4・・・20万か・・・もう少しなんとかならんか国木田さん」

国木田「これでも頑張ってるほうだよ。さすがに同じようなのだと人気も下がるよ」

キョン「今度はハルヒの盗撮物だぞ、もう少し考えておいて貰いたいもんだ」

国木田「それも見てから考えさせて頂くよ」



111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:12:47.468 ID:TVpxkaltM.net

ホモ展開じゃねーのかよ



114: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:15:20.313 ID:MvEDivPI0.net

国木田「うん、涼宮さんのも悪くないよ。カメラ位置が良い」

キョン「当たり前だ、長門でさんざん研究しつくしたんだ
新しいカメラまで買ったんだぞ、少しは俺の努力も褒めて貰いたいもんだ」

国木田「それでもやっぱり何かが足りないな」

キョン「そういうと思ってトイレにもしかけておいた」

国木田「それはなかなか良さそうだね、良い値になりそうだ
長門さんの方はどうしようか?」

キョン「金にならないとなったら切り捨てるしかないだろう、谷口にでもまた襲わせるさ」

国木田「朝比奈さんみたいにならなければいいんだけど」

キョン「谷口も馬鹿じゃないさ、そこんとこは俺がフォローしてやるつもりだ
しくじって務所なんてごめんこうむりたい」



120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:39:19.735 ID:MvEDivPI0.net

>>85に戻ってみる

長門の部屋

ハルヒ「それで、な・に・お・話し合いましょうか?」

長門「話は後、こっちへ来て」

ハルヒ「!?な、なによこの部屋は!」

長門「彼の部屋と完全に同じ間取り、家具の種類、位置、細部にまで至るまで完全に再現してある」

ハルヒ「この画面はなに」

長門「彼の部屋には死角がないほど監視カメラを設置してある
24時間の監視体制が整い、彼の行う行動を完全にシュミレーションしている
彼が次に行う行動は、立ち上がり尻を2回掻いた後に冷蔵庫からビールを2本取り出す
そして『お疲れ様』と乾杯し『仕事の後のビールは美味い、仕事はしていないんだが』と言う」

キョン「お疲れ様、仕事の後のビールは美味いな、仕事はしていないんだが」

長門「一文字足りなかった、まだまだ情報が不足している」

ハルヒ「いったいこれはどいうことなの有希!」



122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:49:39.390 ID:MvEDivPI0.net

長門「私達の監視対象が変わった。もう隠しておく必要ない
私達はずっとあなた、涼宮ハルヒ本体を観測していれば解決する問題だと思っていたが一向に糸口は見つからなかった
そこで私達がたどりついた答えは、観測対象を切り替えること、その適任であるのは彼しかいなかった
多少の誤差は認められたものの、彼とあなたの存在によってやはり因果律に不確定の要素を検出することに成功した
あなたと彼が急接近するほどに因果律の曲率が大幅なぶれを示したが
観測するにあたり、急激な変化は情報の収集が追いつかず、むしろ観測を妨げる
私は抑制を加えるために、わずかに介入を試みたことに過ぎない
この行動が必然であったのかは、まだわからない」

ハルヒ「つまりどういうこと・なの?」

長門「現在まで彼の裕福な生活での情報は整ったこれよりフェィズ2へ移行する」

ハルヒ「ちゃんと説明しなさいよ」

長門「簡単に説明するならば・・・

”彼をこれより不幸のどん底へ突き落とす”



ハルヒ「!?なにそれ、すごく面白そうじゃない!!」



123: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:56:00.092 ID:MvEDivPI0.net

ハルヒ「ちょうどむしゃむしゃしてたのよね
有希!とりあえず一時休戦よ!話は後で、よーく聞かせてもらうわよ」

長門「わかった」

ハルヒ「まずはどうするの?」

長門「彼は次にビールの2本目に入る
もう、どのビールを手に取るかは予測してある、そのビールは振ってあり泡が吹き出す仕組み」

ハルヒ「いいわね、じわじわ行こうじゃない」

キョン「おっと無くなってしまったな、まだ何本か残っていたはずだ国木田はどうだ?」

国木田「僕はまだ残ってるから後で頂くよ」

キョン「そうか」プシュ、ドバー!

キョン「くそ!ビールが噴出した!」

ハルヒ「あははは!いい気味www」

長門「本当なら目に入るほどの勢いに設定したはず、すぐに修正に入る」



126: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 11:03:31.863 ID:MvEDivPI0.net

ハルヒ「こっちにもキョンの3Dが出現した、すごいわ有希!」

長門「彼の動作、仕草、思考、状態、全てをシュミレーションしている
次の行動は予測できている、彼はとりあえず服を脱ぎ風呂へ入る選択をする
そこでシャワーを浴びるが、すでに全ては掌握済み、お湯は出ず冷たい水が出るように設定した
お風呂場の映像へ切り替える」

キョン「悪い国木田、緊急事態だ!少し体にかかってしまった風呂へ行く
・・・最悪だ、こんな寒い夜にビールが爆発とはすぐにシャワーを浴びねば」

シャワーキュッ

キョン「ぐああぁああ!つ、つめた、つえたすぎるぞ!そんな馬鹿なお湯に設定してあるはずなのに、なぜ出ない!」

ハルヒ「あはははは」



127: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 11:08:20.789 ID:MvEDivPI0.net

ハルヒ「ねえ有希?キョンの部屋は完全に掌握できてるのよね、じゃあこういうことってできる?」

長門「完全に掌握している、こちらから思考以外であれば操作可能
国木田の情報が不足しているが、ある程度の操作も可能」

ハルヒ「じゃあね、エアコンの設定を変えられる?」

長門「余裕」

ハルヒ「じゃあ早速、冷房にしちゃいましょう!」

長門「了解した」

キョン「くそ!完全に体が冷え切ってしまった!リモコン、リモコン!」

国木田「うわ!全裸で出てこないでよ!」

キョン「すまん国木田、この際説明ははぶく、男同士だ許せ」

リモコンピッ
エアコンゴー!

キョン「ん?おかしいぞ?設定温度をあげて・・・なぜ下がる?なぜだー!」ガクガクブルブル



129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 11:16:29.537 ID:MvEDivPI0.net

ハルヒ「いいわね、いいわねー、調子が出てきたわよー
あー、次は何をしようかしら、ピザの配達?いやあったかいものは駄目よね、冷麺とかかしら
うーん、物足りない、ぜんっぜん物足りないわ!
有希!マンションを操作することってできる?」

長門「1分待って欲しい、リンク開始、10%、20%、40%・・・100完了した」

ハルヒ「いい手際じゃない、じゃあ火災報知機作動!」

長門「了解、火災報知機作動」

ハルヒ「続いて30秒後にスプリンクラー作動用意」

長門「了解、30秒後スプリンクラー作動準備完了」

ハルヒ「消防がすぐにきたら誤報とわかってつまらないわねできる」

長門「了解した周囲の情報操作も平行して行う」



134: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 11:25:29.768 ID:MvEDivPI0.net

ジリリリリリ

キョン「な?なんだ?」

国木田「火災かな?外に出てみないとわからないよ」

キョン「冗談じゃない、こちとらまだ全裸なんだ
これで慌てて出て行ったら全裸で即通報、消防ではなく警察が来てしまう
服だけは着てとりあえず見に行ってみよう」

キョン「・・・ふむ、特に変わった様子はない・・ようだ」

国木田「そうだね、誤報かな?」

スプリンクラーブシャー!

キョン「うお!」

国木田「きゃ!」

キョン「今度はなんだ火の次は雨か!」

国木田「さ、寒い・・・すぐに部屋へ、も、戻ろう!」

キョン「それには賛成だ、焼け死ぬか凍え死ぬかの選択を迫られるなら焼死を選びたくなるような寒さだ」



138: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 11:31:42.089 ID:MvEDivPI0.net

ハルヒ「キョン・・・焼死を選びたいのね・・・わかったわー、わかったわよー!
あんたの骨は私が拾ってあげるわ!火葬の手間もはぶけて一石二鳥!だから安心して燃え尽きちゃいなさい!」

長門「殺すことは推奨しない」

ハルヒ「言葉のあやよ、なにも本当に死んで欲しいわけじゃないわ!さあどんどん行きましょう!」

長門「次の命令を」

ハルヒ「ひょっとして有希も楽しんでない?」

長門「少し」

ハルヒ「ふ・ふ・ふっ、そういう時はそれなりの表情をして欲しいものね」

長門「善処する」

ハルヒ「さあキョンのために今度は暖かくしてあげるわよー
まずは小手調べスマホを破壊できるかしら?」

長門「現在充電中を確認、電圧をかえれば破壊可能」

ハルヒ「じゃあいってみましょーう」



142: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 11:42:27.733 ID:MvEDivPI0.net

スマホ,ボンッ!

キョン「!?」

長門「スマホの発火を確認した、周囲の可燃物への延焼予測、すぐに消化できるレベル」

ハルヒ「IHクッキングヒータ最大で動作開始」

長門「鍋の空焼き開始、表面に残っている油分から2分後に発火予想」

キョン「くそ!せっかく買った新しいスマホが!国木田なにか消化できるものを!」

国木田「あ!えーっと!残ったビールくらいなら」

キョン「かせ!くそ、俺のスマホが最後はこんがり焼けてしまうとは
データが行きてればいいんだが」

長門「そろそろ発火する」

国木田「クンクンクン・・・なんか焦げ臭くない?」

キョン「当たり前だろう、いま目の前ではこんがり焼けたトーストよろしく
スマホが焼けていr・・ん・・ん?ちょっと待て、たしかにおかしい・・・ぞ」



143: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 11:54:47.775 ID:MvEDivPI0.net

ハルヒ「延焼予測は?」

長門「演算開始・・完了した
あなたが彼の衣類を棚から出した結果、導火線の役割を果たした
私達が渡したお金をが全て焼けるものと推測」

ハルヒ「情報操作解除」

長門「解除した、予測変換を行う
これより5分後には消防がかけつけ死者、けが人なし」

5分後・・・

キョン「全部燃えちまった・・・俺の・・・俺の金が・・・」

ハルヒ「ざまあ、ないわね!少しは頭が冷えたかしら、いえ熱くなったかしら」

長門「訂正を要求する
”俺の金”ではなく”私達のお金”


ハルヒ「今日はこのくらいにしてあげましょうか」

長門「推奨する、彼の精神への負担が大きすぎる
現状でのデータ不足から予期せぬ事態に発展しかねない」

ハルヒ「そうね・・・それで話しは戻るけど有希はキョンとセックスしたの?」

長門「していない彼に指一本触れさせるどころか、触れてもいない」

ハルヒ「ほんとーにー?キョンはそうは言ってなかったみたいだけど」

長門「いまなら彼の思考が少しわかる気がする
おそらくは男のプレイド」

ハルヒ「ならいいんだけど有希が嘘をつくとも思えないし、別にキョンが誰と何をしようがかまわないしね」

長門「・・・」

ハルヒ「なに?」

長門「ふふっ」

ハルヒ「な、なんなのよ!」

長門「なんでもない」





終わったほうが良さそうだったので一人満足できました
ありがとう



145: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 12:00:05.982 ID:MvEDivPI0.net

あの終わり方じゃ満足できなかったのですまんこってす



148: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 12:21:28.093 ID:MvEDivPI0.net

いやみんなの要望で復活したかったかもしれん
やるならもう少し待ってみるべきだったすまん



151: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 13:01:59.016 ID:2ry8tHXh0.net

>>148
彼終わらせる気ないからいいと思うよ
俺は笑えたし良かった
今度ソロでたてやがれ



153: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 13:27:37.443 ID:/kD64FvHd.net

めっちゃ面白いわ






他のおすすめSS
ボルト・クランク「他人とは食生活が合わない」チノ「えっ……」
麗奈「そばにいてくれる?裏切らない?レズセッ○スしよ?」久美子「ん?」
緑輝「高坂さんの髪に半額シールが付いてます!」麗奈「……?」
千反田える「折木さんのおち○ちんはどんな形なのでしょうか……」
櫻子「向日葵のおっぱいオバケ!」
アクア「ねぇ、五億年ボタンって知ってる?」カズマ「ハァ?」
フリーザ「私の戦闘力は53000です」
「よつぎコープス」
阿良々木「安価で阿良々木ハーレムの女子のおっ○いを揉む地獄のスレ」
花山理香「男に触られるとイってしまう体質にしてやる!」ボン 両津勘吉「ぎゃあ!」