転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497801594/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:59:55.05 ID:wzz/6SYQ0



響子「え、ええと……」

みく「う~ん……」

泰葉「ど、どうでしょうか……?」

みく「いやまあ、ちょっと正直驚いてて……」

響子「ま、まさか泰葉ちゃんにそんな相談されるなんて思ってなかったから……」

みく「あー、あはは……。もしかして泰葉チャンってアレ?」

みく「ムッツリスケベかにゃ? な~んて……」

泰葉「む、むっつ──!?」ボンッ

泰葉「~~~~~……っ」カアア

みく「あ、あはは! ごめんってば!」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:08:50.03 ID:wzz/6SYQ0

泰葉「あっ、あのっ、私は別に……!」

響子「ま、まあまあ! 私達も、その…あまり人のこと言えないので……」

みく「だから相談してきたんでしょ? ……あー、でもそんなに泰葉チャンのトコのプロデューサーさんって奥手だったっけ?」

響子「そうですね、いつも仲良し、って感じで幸せそうですけど…」

みく「うんうん。もう大好きー!って感じ」

泰葉「そ、そんなにベタベタしてました…!?」

みく「いやいや! 泰葉チャンだし、そこはきっちり切り替えられてるでしょ? 事務所の中ではずーっとピッタリだけど」

泰葉「そんなにくっついてるつもりは無かったんですが……」

みく「それで、不安になったからこんな相談してきたんだ?」

泰葉「うぅ……はい……」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:15:00.18 ID:wzz/6SYQ0

響子「心配ないと思いますよ?」

泰葉「で、でもっ! こんな関係になるのはやっぱり間違ってることですし、このまま理由付けて離れちゃうんじゃないかと思うと……」

みく「うぐっ」

響子「ま、間違った関係……」

泰葉「ああっ、すいません! そんなつもりじゃなくて、その、素晴らしい関係で、うらやましいからこんな相談をしてるのであって…!」

みく「う、うらやましい、ねえ……」

響子「わ、私だってまだそんな関係になったワケじゃありませんよ! だって、やっぱりまだアイドルだし…」

みく「……え?」

泰葉「え、そうなんですか? そうですよね、やっぱりやめます! すいません、変なこと聞いちゃって……」

みく「うぐっ……ま、待つにゃあ!」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:21:48.06 ID:wzz/6SYQ0

泰葉「は、はいっ」

みく「泰葉チャン不安なんでしょ!? このままじゃお互い身を引いて終わりになっちゃうかもしれないって!」

泰葉「はい……。でも、やっぱり、こんなのよくないです……」

みく「いやでしょ、そんなの!!」

泰葉「は、はいっ! 絶対にイヤですっ!」

みく「そうならないためにも、泰葉チャンからぐわーっとがっつくの!」

泰葉「は、はいっ」

みく「そういうコトしたいのは当たり前!! 欲しくなったら食らいつけ!! 女の子はみんな爪を研いだ猫になれにゃあ!!」

泰葉「は、はいっ!」

みく「はぁっ、はぁっ……」

響子「……おぉー」パチパチ



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:27:41.70 ID:wzz/6SYQ0

泰葉「わ、私、やってみようと思います。Pさんとどこまでもイってみようと思います…!」

響子「私も感動しました! 私もヤります!」

みく「うん……で、まあここからが問題なんだけど……」

泰葉「は、はい」

みく「泰葉チャンのとこのプロデューサーさんに、欲しいんだーって気持ちを思い切りぶつけるためには行動に出て分からせてやるしかないの。これはいい?」

泰葉「……っ。え、えっと、つまり……?」

響子「こちら側からリードしなきゃ、ってことですよね?」

みく「そういうコト」

泰葉「そっ、そんな……絶対ムリ」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:33:27.05 ID:wzz/6SYQ0

みく「やるしかないの! 泰葉チャンだって、知識くらいあるでしょ?」

泰葉「そ、そんな…! 私、全然そういうこと知らなくて……」

響子「全然、ですか?」

泰葉「は、はい……恥ずかしながら、昔から子役で忙しくて、学校って全然出席できてなくて……」

泰葉「もちろん遅れた分の勉強はやってますが、こういう時って学校側もそれなりに融通利かせてくれるから、どうしても後回しになっちゃう教科もあって……」

みく「あー、それで…?」

泰葉「……保健体育の授業って、あまり受けられてないんです……」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:41:14.02 ID:wzz/6SYQ0

みく「なるほどにゃあ……」

泰葉「も、もちろん一般常識程度の知識は身につけてると思いますよ? メカニズムとか。でも、具体的に何をすればいいのかはさっぱりで……」

響子「具体的…と言っても、学校でそんなこと教わらないとは思います。問題になっちゃいますから!」

みく「でもそういう話とか、友達とかとしたことない? それに泰葉チャンってずーっと芸能界にいるんだし、何かと詳しいのかなー…なんて、勝手に思ってたけど」

泰葉「恥ずかしながら、その……友達……とか、これまで作ろうともしたことがなくて……」

響子「…………」

みく「…………あー」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:44:56.30 ID:iOSDYisJO

知識が実は少ない子をこうしてくるとか
ここまででもう興奮する



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:47:00.36 ID:wzz/6SYQ0

泰葉「それに、芸能界に長くいるから詳しくなるとか…そんなの偏見ですっ! そんなことになるなら仁奈ちゃんや薫ちゃんを今すぐにでも辞めさせてますっ」

響子「な、なるほど……」

泰葉「ま、まあ……私が集中したくてシャットアウトしてただけって可能性もありますけど……」

みく「でもそれにしては随分暗かったというか……」

泰葉「く、暗い……。そ、その…ちょっと競争社会で人間不信になってたというか……」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:53:11.84 ID:wzz/6SYQ0

みく「よーし、大体分かったにゃ!」

泰葉「! お、教えてくれるんですか!」

響子「わ、私にもお願いしますっ」

みく「と言っても、さすがに実技で教えるなんてことはできないから資料を使うのにゃ」

泰葉「な、なるほど…。本ですか?」

響子「わ、私達まだ買えませんよ…?」

みく「だーいじょぶだいじょうぶ! スマホって便利なものがあるからね! ほら、出して!」

響子「はいっ」

泰葉「分かりましたっ」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:56:16.79 ID:wzz/6SYQ0



~~~~~~~~~~~~~



泰葉「じ、自分から拡げて……!?」

響子「そ、そんなカエルみたいな!?」



~~~~~~~~~~~~~



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 01:58:58.85 ID:wzz/6SYQ0



~~~~~~~~~~~~~



響子「な、舐めるんですかっ!?」

泰葉「ののっ、喉奥までなんて……無理! 絶対ムリですっ!」

みく「ののだけに?」



~~~~~~~~~~~~~




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:01:16.75 ID:wzz/6SYQ0




~~~~~~~~~~~~~



響子「挟む……!?」

泰葉「そ、そんなにありませんよ……」フニフニ

響子「た、足りるかな……?」



~~~~~~~~~~~~~





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:03:47.79 ID:wzz/6SYQ0




~~~~~~~~~~~~~



泰葉「こここっ、この穴まで使っちゃったら全身埋まっちゃいますよ!?」

響子「そもそも本当に使えるんですか…!?」



~~~~~~~~~~~~~





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:09:36.50 ID:wzz/6SYQ0


みく「……どう?」

泰葉「む、無理っ、無理です……諦めます……」

響子「……みんな、夜な夜なこんなことしてるんだぁ……」

みく「まあ大半悪ふざけだったし、そこまでする必要は絶対ないよ」

響子「そ、そう? よかったぁ……」

泰葉「で、でもいくつかは実際やらなきゃいけないんですよね…?」

みく「うーん……ある程度メジャーなやつはいつかやる日がくるだろうね」

泰葉「ダメです……全部恥ずかしい……」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:16:59.36 ID:wzz/6SYQ0

みく「まあ恥ずかしくてもいいんじゃないかにゃ。いきなりこんなことためらいなくやられたら引くだろうし」

泰葉「ど、どうしたらいいんですか……?」

みく「とにかく大事なのはやろうとする姿勢! 気持ちさえ通じればあとは流れでどうとでもなるっ!」

泰葉「!」

響子「そ、そうですよね! 気持ちさえあれば!」

みく「だからとにかく覚悟を決めるのが大事! 以上!」

泰葉「そ、そうと分かれば!」

響子「これからもガツガツ行きましょう! [セクシーキャット]五十嵐響子ですっ!」

泰葉「まずはしっかり勉強しなきゃ……!」

みく「うんうん。あ、猫キャラ奪うのはやめてね~」



~~~~~~~~~~~~~



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:21:13.24 ID:wzz/6SYQ0



~~~~~~~~~~~~~


悠貴「~♪」


悠貴「~♪ ……あっ!」


悠貴(泰葉さんですっ。こんなとこで一人で何やってるのかな?)

悠貴(ここってこの時間帯は人気が無くなる場所だし……)

悠貴(も、もしかして……また一人で悩んでたりしてっ!?)

悠貴(そんなのダメですっ。今すぐ行かなきゃ……あれ?)


悠貴(バナナを持って……すごく真剣な顔でスマホを……?)



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:29:33.19 ID:wzz/6SYQ0




────────────────



泰葉「…………よし」


泰葉「……はぁぁ…む…っ」


泰葉「んっ……ちゅるるるる」


泰葉「んっ、んぐっ……んじゅる……ちゅぽっ……」


泰葉「ちゅぱっ……じゅる……れろ、れろっ……はむっ」


泰葉「……んじゅる……じゅる……んっ、んぐっ……ちゅるるるる」


泰葉「……っ、ぷぁっ」



泰葉「うーん……。筋?は……本番にならなきゃ分からない、か」

泰葉「深くいくのはちょっと怖いし……それに手本通りだとどうしても音出ちゃうなあ」

泰葉「それとも、もっと音立てた方がいいのかな……?」

泰葉「よ、よしっ。次は、もっと深く……」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:32:53.41 ID:wzz/6SYQ0




────────────────


悠貴「……?」


悠貴「…………?」



ほたる「あれ、悠貴ちゃん。こんな所で何……を……」


ほたる「あ、あわ、あわわわわわ……」カアアアア






20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:36:17.44 ID:wzz/6SYQ0

よし、何の話かは言ってないから健全だな
保健体育でバナナときたら効率的なエネルギー吸収とかかな
そういやこんな感じの三人がこんな感じの会話してるゲームがあった気もするな
気のせいかな
ちょいちょい声も似てた気がするな


以上!解散!!



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 02:38:06.99 ID:8sgsPKIbo

おつおつ。ところで隣にR板というパラダイスが在るんだけど行かない?



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 04:23:56.66 ID:mCWCis4Ao

パイセンからの実技訓練で乙倉ちゃんにも教えてあげないと



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 12:27:06.63 ID:M0WflYmDO

そういえば、みくと響子の中の人はエロゲ声優だったな







他のおすすめSS
奈緒が風邪を引く話
智絵里「ある日の風景」
【デレマス時代劇】緒方智絵里「三村様の通り道」
モバP「いや~楽しいっすね楓さん!あ、俺んち来ます?是非!」楓「……」
高垣楓「幸子ちゃん幸子ちゃん」鷹富士茄子「せーのっ♪」
茄子「年の境目」
歌鈴「開運の恋みくじ」
凛「今年も1年お世話になりました」李衣菜「こちらこそ」
紗枝めし!【小早川紗枝とそば編】
輿水幸子「ボクはカワイイ…ボクはカワイイ…」ブツブツ