転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501602106/

1: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:41:46.43 ID:/kG2Rc6jO

梨子「よっちゃんの毛先がやばすぎてやばい」
の続きです





2: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:43:38.23 ID:/kG2Rc6jO

梨子「ねえよっちゃん、毛先って良いよね」

善子「待って、怖い怖い」

梨子「毛先ってね、愛する人と一つになれる尊いものなんだ」

善子「そ、そう」

梨子「あっ、そういえばここに鞠莉さんから貰った薬があるんだけど」

善子「むりむりむりむり」

梨子「まだなにも説明してないのに」

善子「流れ的に絶対毛先にまつわるなにかじゃない」



3: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:44:12.42 ID:/kG2Rc6jO

梨子「流石よっちゃん」

善子「流石とかいらないからそれしまおうか」

梨子「なんで?」

善子「むしろ使うとでも?」

梨子「全人類がきっと望んでることだよ?」

善子「絶対に望んでないって断言出来るしそもそも私堕天使だから」

梨子「今どき天界でも大ブームだよ」

善子「今適当に考えたでしょ」

梨子「気のせい気のせい」



4: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:44:51.21 ID:/kG2Rc6jO

善子「天界って言えばなんでもやると思ってない?」

梨子「思ってる」

善子「よし許さん」

梨子「えっ?何してくれるの?お仕置きって言ったらやっぱり目隠し毛先レイプかしら」

善子「一言でボケを渋滞させないで」

梨子「最近よっちゃんのツッコミに愛がなくて悲しい」

善子「そりゃ全発言がボケの人に一々全部愛を持ってツッコムのは無理ってものよ」




5: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:46:42.33 ID:/kG2Rc6jO

梨子「でもそんなよっちゃんも好き」

善子「はいはい、私も愛してるわ」

梨子「へえー」

善子「なによ」

梨子「私は好きとしか言ってないのによっちゃんは愛してるって言ってくれたから」

善子「ええ、愛してるから愛してるって言ったのよ」

梨子「?よっちゃんずるい」

善子「堕天使だから当然じゃない」



6: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:47:16.21 ID:/kG2Rc6jO

梨子「私もよっちゃんのこと愛してる」

善子「ありがとう、リリー」

梨子「むぅ?、少しは照れてくれてもいいと思うんだけど」

善子「たまには攻守逆転も悪くないでしょ」

梨子「もしかして鞠莉さんになにか盛られた?」

善子「リリーはマリーのことどう思ってるのよ?」

梨子「だっていつものよっちゃんじゃないんだもん!」

善子「そういう日もあるわよ」

善子「例えば勝手に私の恥ずかしいエピソードを暴露されてた日とかね」



7: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:47:55.25 ID:/kG2Rc6jO

梨子「?もしかして聞いてたの?」

善子「話自体は聞いてなかったけど曜さんと千歌さんに挟まれてひたすらからかわれた」

梨子「ああ?」

善子「だから罰として1週間私の髪に触らないで」

梨子「ええっ!?」

善子「それから、1週間一緒に風呂にも入らないし一緒に寝ないしエッチも禁止」

梨子「私に死ねと??」



8: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:48:26.82 ID:/kG2Rc6jO

善子「その代わり、私からはたっぷり触ってあげるわ」

梨子「へっ?」

善子「私に触れないことがもどかしくなるくらい、エッチがしたくてたまらなくなるぐらいじっくりねっとりと触ってあげる」

梨子「あ、悪魔がいる?!」

善子「悪魔じゃなくて堕天使よ」

梨子「あっ、そうか」

善子「ところであの薬はどういう効果なの?」

梨子「あれは毛先でも感じれる薬だよ」

善子「ごめん、ちょっと言ってる意味が良くわからない」



9: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:50:11.21 ID:/kG2Rc6jO

梨子「だからあれは毛先の感度がクリトリスと同じくらいになる薬なんだってば」

善子「馬鹿なの?」

梨子「なんで!?毛先で感じあえるなんてとても素晴らしいことじゃない!」

善子「百歩譲って毛先で感じあえるのは良いとしてさ、この毛先の対象ってどれぐらい?」

梨子「毛先って言ってるんだから全毛先に決まってるじゃない」

善子「馬鹿なの?」

梨子「どうせ全毛先がクリトリスぐらいの感度になったら自分の髪同士が接触しただけで絶頂するって言いたいんでしょ?」

善子「分かってるじゃない」



10: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:51:26.35 ID:/kG2Rc6jO

梨子「でもね、私は毛先には妥協出来なかったの!毛先を名乗るからには全ての毛先を対象にするしかなかったのよ!」

善子「はぁ?、なんで私はこんな人を好きになったんだろう」

梨子「そもそもはよっちゃんが悪いのよ!」

善子「はあ?なんで私?」

梨子「だってよっちゃんの髪が綺麗で、いい匂いで、艶やかで、さらさらで、尊かったんだもん!いやでも毛先のことが好きになるわよ!」

善子「ふーん、そんなに毛先がいいんだー」

梨子「当たり前じゃない!だって毛先よ!」



11: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:52:14.38 ID:/kG2Rc6jO

善子「リリーにとって私より毛先の方が好きなのね」

梨子「えっ?どういうこと?」

善子「だってさっきから毛先毛先って!今一緒にいるのは私じゃない!しかもまだ私はリリーからそこまでの熱烈な愛の言葉を言われたことないのに!」

梨子「?もしかして、毛先に嫉妬してるの?」

善子「するに決まってるでしょ!好きな人が乙女みたいな顔して語ってるんだもん!」

梨子「あーもー!よっちゃん可愛い!」

善子「ちょっ!?急に抱きつかないでよ!」

梨子「これはよっちゃんが悪い」

善子「はあ!?」




12: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:53:10.69 ID:/kG2Rc6jO

梨子「確かに毛先のことも好きだけどそれ以上によっちゃんのこと大大大好きだよ」

梨子「ていうかこんなに可愛いのに好きにならないわけがないじゃない!」

善子「だー!ほっぺをすりすりするな!」

梨子「やだよー、よっちゃんに私の好きが伝わるまでやめないもんね」

善子「分かったから!ちゃんと伝わったから!」

梨子「いやまだ足りないよ、もう他のことに嫉妬しないぐらい好きを伝えるまで頬ずりするもん」

善子「?そう言って毛先絡めたいだけでしょ」

梨子「?違うよ?」

善子「なんか変な間が無かった?」

梨子「ヤダナ-、キノセイダッテ」

善子「ええい!離れろ変態!」

梨子「ふぎゃっ!」



13: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:54:11.05 ID:/kG2Rc6jO

善子「まったく、油断も隙もないんだから」

梨子「だってよっちゃんが甘えてくれないんだもん、私から甘えるしかないじゃない」

善子「ていうかさっき触るの禁止って言ったと思うんだけど」

梨子「はっ!?もしかしてお仕置き!」

善子「嬉しそうにするな!」

梨子「今度こそ目隠し毛先レイプよね!それとも毛先縛りプレイ?あっ!SM毛先プレイも良いわね!」

善子「?桜内さん、今まで私の堕天使に付き合ってくれてありがとね、これからは会わなくなるかもしれないけど桜内さんのこと応援してるからね」

梨子「なんで!?」

善子「ごめんなさい、私にはリリーの性癖を満たしてあげれるほど変態じゃないの」

梨子「それって私、暗に変態って言われてる?」

善子「暗にも明にも変態って言ってる」



14: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:54:53.90 ID:/kG2Rc6jO


梨子「よっちゃんは分かってないのよ!毛先プレイの素晴らしさを!」

善子「?じゃあ聞くけど毛先縛りプレイってなに?」

梨子「お互いに髪を縛り合うプレイよ」

善子「それって普通にお互いの髪をいじってるだけじゃない!」

梨子「いいえ!これは毛先に着目したら立派なプレイなの!」

善子「今日ほどリリーのことを怖いと思ったことがない」



15: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:55:33.71 ID:/kG2Rc6jO

梨子「ついでに目隠し毛先レイプっていうのは「説明しなくていいから!」

梨子「えー」

善子「私はもうこれ以上リリーのことを嫌いになりたくないの!」

梨子「よっちゃん?!」

善子「えっ?今のどこに感動する要素があったの?」

梨子「よっちゃんだいすきー!」

善子「あーもー!またか!」

ダイヤ「?だから部室で一体何をやってるんですの!」

善子・梨子「「あっ?」」



16: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:56:32.47 ID:/kG2Rc6jO

おまけ

梨子毛先「あれ?善子ちゃん今日いつもと違う?」

善子毛先「そうかしら?」

梨子毛先「だっていつも会った瞬間『リリー!』って言って飛びついてくるじゃん」

善子毛先「あー、なんか今日千歌さんと曜さんに普段甘えてるのをからかわれてたから当分ご主人からは甘えないんじゃない?」

梨子毛先「からかわれるってどんな感じで?」

善子毛先「どんなって?、普通に両側から挟まれて『善子ちゃんって梨子ちゃんの前では甘えん坊なんだねー!』とかなんとか言われてたけど」



17: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:57:34.82 ID:/kG2Rc6jO

梨子毛先「ふーん、両側から挟まれて、ねぇ?」

善子毛先「なによ」

梨子毛先「この浮気者」

善子毛先「はあ!?なんの話よ!」

梨子毛先「だって両側から挟まれたってことはしっかり2人と絡んでるのよね?」

善子毛先「そんなの不可抗力よ!」

梨子毛先「不可抗力って言ったら何でも済むって思ってるでしょ!」

善子毛先「済むも何も私にはどうしようも出来ないじゃない!」

梨子毛先「うー!そうだけどそうじゃないの!」

善子毛先「はあ?さっきから言ってる意味がよくわからないんだけど」

梨子毛先「もういいわよ!毛先の馬鹿!」



18: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:58:46.52 ID:/kG2Rc6jO

善子毛先「なんで私が馬鹿呼ばわりされないといけないのよ!」

梨子毛先「うっさいこの鈍感馬鹿毛先!」

善子毛先「馬鹿毛先はそっちでしょ!」

梨子毛先「もう毛先のことなんて知ら?ってひゃあ!?」

善子毛先「ちょっと!急に絡まないでよ!」

梨子毛先「ご主人が急に動いたからしょうがないでしょ!」

善子毛先「さっきと言ってることが?んにゃあ!?ちょっ!?変な絡ませ方するな変態!」

梨子毛先「ご主人がわざと絡ませてるから私には何も出来ないもん!」

善子毛先「待って!そこは駄目だって!」

梨子毛先「毛先こそそんなところ絡ませないでよ!」



19: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 00:59:33.27 ID:/kG2Rc6jO

善子毛先「はぁ?はぁ?、ようやく離れた?」

梨子毛先「はぁ?、ご主人がどんどん絡ませるの上手くなってってる気がするよ?」

善子毛先「違いないわね」

梨子毛先「1回のハグでこんなことになってるようじゃ一体いつまで持つのかしらね」

善子毛先「もういっそのことバッサリ切った方がいいのかしら?」

梨子毛先「それは駄目よ!」

善子毛先「?なんであんたが止めるのよ」

梨子毛先「あっいや?、そう!ご主人が悲しむじゃない!」

善子毛先「でもさっき私が原因で喧嘩になってたじゃない」

梨子毛先「うっ?、そ、それは?」



20: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 01:00:17.12 ID:/kG2Rc6jO

善子毛先「ほらね、私なんか切られちゃった方がいいのよ」

梨子毛先「そんなことない!」

善子毛先「そんなことある!」

梨子毛先「ない!」

善子毛先「ある!」

梨子毛先「ない!」

善子毛先「ある!」

梨子毛先「このわからず屋!」

善子毛先「わからず屋はそっちでしょ!」

梨子毛先「私はいらないなんて悲しいこと言わないでよ!」



21: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 01:01:05.20 ID:/kG2Rc6jO

善子毛先「だって事実じゃない」

梨子毛先「違うもん!私は毛先のこと必要としてるもん!」

善子毛先「へっ?」

梨子毛先「あっ!?今のなし!なんでもないから!」

善子毛先「?でも、私といると壊れるかもしれないのよ?」

梨子毛先「毛先と一緒ならどんな苦労だって乗り越えてみせるわ!」

善子毛先「毛先?!」

梨子毛先「毛先?!」

ダイヤ毛先「?なにこれ」



22: ◆faVaQe/4vI 2017/08/02(水) 01:02:43.11 ID:/kG2Rc6jO

終わりです
・・・が文字化けしてますやん・・・
?は・・・に置き換えて読んでください(もう遅い



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 08:27:10.21 ID:6cVdF8kq0


髪の毛櫛に引っかかって千切れたり髪の毛切ったりしたら 無数の梨子毛先と善子毛先が阿鼻叫喚なことに
ところで梨子毛先と善子毛先には好きなタイプの毛先や好きな場所の毛先とかあるんだろうか






他のおすすめSS
千歌「Aqours式キャラコメ!1話!」
曜「千歌ちゃんが好きすぎるせいで千歌ちゃんでオ○ニーできない!」
曜「男子に告白されたの」千歌「ふーん」
梨子「ねぇ、曜ちゃんってムラムラしてる時どうしてるの?」
ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」千歌「五女なのだ!」
善子「>>3ちゃんが家に遊びにくる....」
理亞「おい、国木田花丸!」
善子「超能力に目覚めた、…みたい」
善子「Aqoursのみんなにトリック・オア・トリート!」
ルビィ「ええと……もう11月かぁ……」