転載元 : http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1300208818/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:06:58.37 ID:n65J9zj6O

マミ「よくも私と鹿目さんの邪魔をしてくれたわね」

ほむ「なんのこと?」

マミ「一周目の話よ!」

ほむ「……ああ」

マミ「あり得ないでしょう! 何で私の死体の横でイチャついているのよ!? 私死んでんですけど!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:15:18.52 ID:n65J9zj6O

マミ「二周目もなんか知らない内にやられてるし」

ほむ「それは私のせいじゃないわ」

マミ「っていうか二周目の私達一緒に戦ってたのに、友達じゃなかったの?」

ほむ「悪かったわ」

マミ「三周目はもうあなたたち夫婦ですかよ!?」

ほむ「それはあなたのせいよ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:24:24.33 ID:n65J9zj6O

ほむ「そうは言うけれどね。こう何回もあのぬいぐるみモドキに出し抜かれてると、結構死にたくなるのよね」

ほむ「そりゃああなたも佐倉杏子も出来ることなら助けたいけれど、わざわざ失敗する確率を高めてストレスを溜めていくわけにはいかないの」

マミ「美樹さんは?」

ほむ「ぶっちゃけ次の周からは休みの内に殺しとくわ」

マミ「うへぇ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:31:12.37 ID:n65J9zj6O

マミ「でも、そうよね。いつもしっかり話を聞かない私達も悪いのよね」

ほむ「気にしないで。あの宇宙生命体の話術を私が崩せるわけがないのよ。失敗するのは私の責任だわ」

マミ「ほむらさん……」

ほむ「だから話術云々関係なく、あなたの忠告も聞かずに毎回男関連で契約して自爆する青いのは許せないの」

マミ「うへぇ」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:33:24.04 ID:n65J9zj6O

ほむ「……そうだわ」

マミ「?」

ほむ「巴マミ」

マミ「どうしたの?」

ほむ「今すぐ私を縛りなさい」

マミ「」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:38:42.66 ID:n65J9zj6O

マミ「い、いきなり何を言うの?」

ほむ「あなたの不意討ちと拘束術で、杏子は死に私も危なかった。本編でもあれに捕まった」

ほむ「つまり、どうにかしてあれをかわすか抜け出す方法を考えなければならないのよ」

マミ「なるほど」

ほむ「というわけで、やりなさい」

マミ「わ、分かったわ。私も協力しないとね」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:42:57.61 ID:n65J9zj6O

マミ「こ、こんな感じかしら」シュルシュル

ほむ「……いえ、もっとキツかったはずだわ」

マミ「でもこれ以上強くするのは……」

ほむ「やりなさい。遊びでやってるんじゃないの」

マミ「……そうよね。分かったわ」シュルシュル

ほむ「──んっ」ギチギチ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:47:09.28 ID:n65J9zj6O

ほむ「くっぅ……そうよ、これぐらいの──うぅっ!」ブルッ

マミ「ほむらさん?」

ほむ「はぁ、はぁ……何でもないわ」

マミ「う、嘘よ。酷い顔色だわ。もしかして、この魔法がトラウマに──」

ほむ「いいからっ!」

マミ「っ!」

ほむ「緩んでるわ……早くして」

マミ「…………」シュルシュル



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(大阪府) 2011/03/16(水) 02:49:25.17 ID:7Pv5reFN0

ほむほむマジえむえむ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 02:57:29.29 ID:n65J9zj6O

ほむ「はぁ、はぁ」ギチギチ

マミ「ほむらさん……」

ほむ「大丈夫よ……待ってなさい、すぐに抜けるわ」グイ

ほむ「ふっ! んっ──く、ふんっ!」グイグイ

マミ「無茶よ……力任せに引っ張っても、余計に絡まってしまうわ」

ほむ「黙ってて……ふぅっ!」グイ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 03:02:08.13 ID:n65J9zj6O

マミ(無理なのに……やっぱり冷静な判断が出来てないんだわ)

マミ(一旦止めて──)

ほむ「ひゃうっ!」ビクッ

マミ「──?」

ほむ「──ん、んは……ふあぁ……っ!」

マミ「ほ、ほむらさん?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 03:06:38.55 ID:n65J9zj6O

ほむ「……はぁ、はぁ……何?」

マミ「えっと……どうしてそんな火照った表情をしているのかしら?」

ほむ「……別に、誰だってちょっとでも力んだらこうなる──んくぅっ!」ビクン

マミ「???」

ほむ「あ、あっ──!」ビクン

ほむ「……ふぅ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 03:10:40.52 ID:n65J9zj6O

ほむ「……こんなところかしら?」

マミ「えっ?」

ほむ「」ホムン

ほむ「私に触れてないものの時間が止まったままなら、少しずつ隙間を開けて行けばすぐに抜け出せるわよ」ヒョイ

ほむ「」ホムン

マミ「! ぬ、抜けてるっ!?」

ほむ「ええ、抜けたわよ」キリッ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 03:15:21.60 ID:n65J9zj6O

ほむ「でも……やっぱりかかり過ぎだわ」

マミ「えっ? えっ? どういうことなの?」

ほむ「あら、言わなかったかしら?」

ほむ「私、緊縛フェチなの」

マミ「」

ほむ「今までも縛られた時つい気持ち良くなっちゃって、うまく魔法が使えなかったのよ」

マミ「」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 03:21:08.75 ID:n65J9zj6O

ほむ「でも大丈夫よ。一回イケばスッキリするから」

マミ「駄目じゃない」

ほむ「いかに絶頂までのタイムを短くするかが今の私の課題なのよ。三話でもあと数十秒あれば抜け出たんだけれどね」

マミ「私が食べられてる間、あなたはオナニーしてたというわけ?」

ほむ「あのときは一番中途半端に身体が火照った状態で解放されて、本当にムカついたわ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 03:25:03.48 ID:n65J9zj6O

ほむ「まぁそんなわけで」

マミ「?」

ほむ「また明日、縛ってくれるかしら? マミさん?」

マミ「」

マミ「…………うん」ポッ



おわり



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関西地方) 2011/03/16(水) 03:26:44.63 ID:sOrv4pCx0

えええええ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(埼玉県) 2011/03/16(水) 03:29:50.55 ID:YFIkUH3V0

えっ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越) 2011/03/16(水) 03:32:02.80 ID:n65J9zj6O

二人が仲良くしてるとこ見たかったんだもん。それだけだもん。






他のおすすめSS
マミ「え…、私が糖尿病?」
ほむら「濡れてる……」
マミ「わかったわよ!現代兵器使えばいいんでしょ!」
マミ「あの頃は若かったわね」まどか「そうですね・・・」
さやか「やべぇ! マミさんにチ○コ生えてる!」
なぎさ「なぎさは安価でチーズが食べたいだけなのです」
ほむら「まだ……ダメ。。。まだダメよ、まどか///」
杏子「自転車に乗りたい!」
真 アルティメットまどか「プロテインください」
マミ「あら、こんなところで会うなんて」