転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1511516793/

1: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 18:46:33.34 ID:l1ymXnOy

※注意
・キャラの口調に違和感有ります
・ほのうみ要素
・短編集です



2: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 18:48:41.26 ID:l1ymXnOy

『ふーふー』

―ーーラーメン屋―ーー

穂乃果「熱っ!」

リ´×-×)「あついっ!」

海未「大丈夫ですか?ラーメンは熱いのですから、気をつけて下さい」

/cV;σ_VσV「火傷はしてませんか?」

穂乃果「大丈夫!何とか冷ましてラーメンを食べるよ!」

リ`・ヮ・)「火傷はしてないよ!ふーふーして、ラーメンを食べるね!」

穂乃果「ふー、ふー」汗(ラーメンに息を吹きかける)

リ;`・)з・)「ふー、ふー」(ラーメンに息を吹きかける)

海未「(ラーメンを冷ますために必死で息を吹きかける穂乃果を見ていると……)」

/cVσ_VσV「(ラーメンを冷ますために必死で息を吹きかけるホッノを見ていると……)」

海未・/cV*´_V`V「「何だかほのほのします……」」

穂乃果「?」

リ`・ヮ・)「?」



3: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 18:50:34.56 ID:l1ymXnOy

『くじ引き』

―ーーデパート―ーー

店員「では、箱の中に入っているくじを引いて下さい!」

穂乃果「よーし!1等のゲーム機を当てるぞ~~!!」ズボッ(箱の中に手を入れる)

海未「頑張って下さい!穂乃果!!」

穂乃果「う~ん……」ガサゴソ

穂乃果「!これだ!」ズボッ

店員「え~と……、くじの中の番号は……。お、5等です!」

穂乃果「う~ん……、5等か~~。1等が良かったな~~」

海未「良いじゃないですか5等でも。くじが当たったのですから、喜びましょう」

穂乃果「そうだよね!一応、くじが当たったんだもんね!喜ぶべきだよね!」

店員「はい!5等の商品は、『お菓子の詰め合わせ』だよ!」

穂乃果「わ~~!」

海未「美味しそうですね!」

穂乃果「一緒にお菓子を食べよう?海未ちゃん!」

海未「!ありがとうございます!穂乃果!」ニコッ

海未「(優しいですね、穂乃果は……)」

海未「何だかほのほのします……」

穂乃果「?」




5: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 18:52:14.55 ID:l1ymXnOy

『痛いのとんでけ~』 

―ーー海未の家・海未の部屋―ーー 

/cV;σ_VσV「あっ!」ピッ 

リ`・ο・)「どうしたの?」 

/cV;>_VσV「本で指を切ってしまいました……。これ、地味に痛いんですよね……」 

リ`・ヮ・)「ホッノ、絆創膏を持ってたからウッミちゃんに貼ってあげる!」 

/cV;_V;V「ホッノ……、ありがとうございます!ホッノは、天使です!」ポロポロ 

リ´^ヮ^)「大袈裟だな~~、ウッミちゃんは」 

リ`^ヮ^)「よし!絆創膏が貼れた♪」 

リ`・ヮ・)「後は、おまじないもやっておこう」 

/cVσ_VσV「?」 

リ`^ヮ^)「痛いの痛いのとんでけ~~♪痛いの痛いのとんでけ~~♪」 

/cV*´_V`V「(私の怪我を治す為におまじないをするホッノが可愛いです……)」 

/cV*´_V`V「何だかほのほのします……」 

リ`・ヮ・)「?」



6: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 18:54:55.94 ID:l1ymXnOy

『耳掃除』 

―ーー穂乃果の家・穂乃果の部屋―ーー 

リ`・ヮ・)「ねえ、ウッミちゃん!」 

/cVσ_VσV「何でしょうか?」 

リ`・ヮ・)「耳掃除をしてあげよっか?」 

/cVσ_VσV「!」 

/cV;σ_VσV「(ホッノが私に耳掃除!?)」 

/cV;σ_VσV「(ホッノの膝枕を堪能出来るではありませんか!?)」 

/cV*^_V^V「はい!耳掃除をお願いします!!」 

リ`・ヮ・)「じゃあ、ホッノの膝に頭をのせて!」 

/cV*^_V^V「はい!喜んで!!」 

リ`・ヮ・)「じゃあ、耳掃除をするね~~」 

/cV*´_V`V「(ああ、ホッノの膝枕は柔らかくて、いいにおいです……)」クンクン 

/cV*´_V`V「何だかほのほのします……」 

リ;`・ヮ・)「あっ……」ドスッ(耳かきがウッミの耳の奥にぶつかる) 

/cV;×дV×V「うっ!?」



7: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 19:02:11.05 ID:l1ymXnOy

『パクッ』 

―ーー海未の部屋―ーー 

海未「いや~~、穂乃果が持って来てくれた『ほむまん』は美味しいです!ほむまんは、スイーツの頂点です!!」モグモグ 

穂乃果「スイーツの頂点だなんて大袈裟だよ~~。でも、ありがとう♪」 

海未「50個はいけますね!」 

穂乃果「いくら海未ちゃんが、ほむまんを好きだからって、50個は無理だよ~~」 

海未「実際、50個食べた事ありますけどね」モグモグ 

穂乃果「海未ちゃん……」汗 

海未「う~ん、美味しいです♪」モグモグ 

穂乃果「ん?」 

穂乃果「(海未ちゃんのほっぺにほむまんの小さい餡がついてる……)」 

穂乃果「海未ちゃん!」 

海未「?」 

穂乃果「海未ちゃんのほっぺに、小さい餡がついてるよ?」 

海未「!そうなんですか!?」 

穂乃果「穂乃果が取ってあげる!」 

穂乃果「ん」パクッ(口で海未の頬についている餡を取る) 

海未「!ほ、穂乃果!?」赤面 

穂乃果「えへへ♪」赤面 

海未「(ほ、穂乃果に私の頬をキスされました!!?)」赤面 

海未「な、何だかほのほのし……」ブボッ(鼻血) 

海未「……」チーン(気絶) 

穂乃果「海未ちゃん!?」汗



8: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 19:04:48.36 ID:l1ymXnOy

『あ~ん』 

―ーーレストラン―ーー 

穂乃果「お料理美味しいね!海未ちゃん!」モグモグ 

海未「ええ、ここのレストランの料理は美味しいですね」モグモグ 

/cV*´)-V`V「♪」モグモグ 

リ`^)-^)「美味しい~~♪」モグモグ 

穂乃果「ん?」チラッ 

リ`・-・)「?」チラッ 

彼女「はい♪あ~~ん♪」 

彼氏「あ~~ん♪」パクッ 

彼氏「ん~~♪うまい!」 

彼女「ふふ」 

穂乃果「……ホッノちゃん」ヒソヒソ 

リ`・ヮ・)「?」 

穂乃果「あの人達がやっていた事を穂乃果達もやってみよ?」ヒソヒソ 

リ`^ヮ^)「うん♪」ヒソヒソ 

海未「♪」モグモグ 

/cV^)_V^V「♪」モグモグ 

穂乃果「海未ちゃん♪」 

リ`^ヮ^)「ウッミちゃん♪」 

海未・/cVσ_VσV「「?」」



9: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 19:06:22.97 ID:l1ymXnOy

穂乃果「はい♪あ~~ん♪」 

海未「!ほ、穂乃果!?」赤面 

リ`^ヮ^)「はい♪あ~~ん♪」 

/cV;σ_VσV「ホ、ホッノ!?」汗 

穂乃果「はやく食べて♪」 

海未「あ、あ~~ん……」赤面 パクッ 

リ`^ヮ^)「はやく♪はやく♪」 

/cV*^_V^V「ありがたく、いただきます!!」パクッ 

穂乃果・リ`・ヮ・)「「どう?美味しい?」」 

海未「(穂乃果が『あ~~ん』して食べさしてくれたお料理、これは……)」モグモグ 

/cV*´)_V`V「(ホッノが『あ~~ん』して食べさしてくれたお料理、これは……)」モグモグ 

海未・/cV*´_V`V「「何だかほのほのします……」」 

穂乃果・リ`・ヮ・)「「?」」



10: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 19:09:29.02 ID:l1ymXnOy

『モッギュー』 

―ーー道端―ーー 


穂乃果「う~~、寒いよ~~」ガクブル 

海未「本当ですね……。冬が近いのかも……」ガクブル 

/cV;‐_V‐V「ああ~~、寒い~~」ガクブル 

リ´×-×)「寒いよ~~」ガクブル 

穂乃果「そうだ!」 

海未「?」 

穂乃果「こうすれば寒くないよ!」モッギュー(海未に抱きつく) 

海未「ほ、穂乃果!?」赤面 

穂乃果「えへへ♪海未ちゃんの身体、暖か~~い♪」スリスリ 

海未「///」赤面(体温上昇) 

リ`^ヮ^)「ホッノもやる~~♪」モッギュー(ウッミに抱きつく) 

/cV*^_V^V「おほ―ー!」 

リ`^ヮ^)「わ~~、ウッミちゃん暖か~~い!」スリスリ 

/cV*´_V`V「うひょ―ー!」(体温上昇) 

海未「(穂乃果に抱きつかれると……)」 

/cV*´_V`V「(ホッノに抱きつかれると……)」 

海未・/cV*´_V`V「「何だかほのほのします……」」 

穂乃果・リ`・ヮ・)「「?」」 






おわり



11: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/11/24(金) 19:10:12.24 ID:l1ymXnOy

ここまで読んでいただきありがとうございます!



27: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/24(金) 22:10:35.53 ID:x2tjrR0Z

乙 
ほのほのしました



29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/11/24(金) 23:53:46.25 ID:2Qbt1Oax

乙です 
すごく良い






他のおすすめSS
穂乃果「明日は凛くんとデートだよ!」 
【SS】穂乃果 「もし世界から、ラブライブ!が消えたら」【世奇妙】 
穂乃果「うーん、今日もパンがうまい!」花陽「ほ、穂乃果ちゃんダメぇえええ!!!」 
ことり「花陽ちゃんが困っているらしい」 
にこ「絵里ってやけに甘いわよね。私にだけ」 
凛「希隊長!」希「凛二等兵!」 
凛「かよちん、ずーっと一緒だよ!」 
凛「今日も>>3いっくにゃー!」 
凛「お宅訪問!」 
凛「海未ちゃん、勉強教えてにゃー」海未「雨でも降るのでしょうかむ