転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513164458/

1 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:27:39.27 ID:y328lH7h0

藍子「高森藍子、出発しまーすっ」

未央「ちょっと!?艦長が戦闘に出ちゃダメでしょ」

茜「藍子ちゃんがやる気に満ち溢れていますね!私も負けていられません!」

未央「あかねちんも出ちゃうの!?コックピットに私1人じゃん!」

藍子「今日のご飯は君たちだー。ばばばばーん」

茜「うおおー!燃えてきましたよー!」

未央「……私攻撃しなくていいかな」





2 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:28:39.10 ID:y328lH7h0

――――――――

藍子「すやー……すーすー」

未央「あれっ?あーちゃんが寝てる」

茜「本当ですね!お疲れのようです!」

藍子「むにゃむにゃ……おひるねですよー……」

未央「うーん、このままじゃ風邪引いちゃいそうだね」

茜「ブランケットならありますよ!」

未央「さっすがあかねちん!意外と女子力高いアピールだ」

茜「これを私が羽織って、藍子ちゃんに抱きつきます!」

藍子「すぴー……むぎゅっ」

未央「女子力とは裏腹にすごいワイルドだった!」

茜「こうすれば藍子ちゃんも暖かくなるはずですっ」



3 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:29:51.46 ID:y328lH7h0

――――――――

藍子「未央ちゃんっ。そっちに攻撃がいったよ」

未央「わわっ!旋回旋回ー!」

藍子「当たらなくて良かったぁ」

未央「敵影はないのにいったいどこから……あーちゃん危ない!」

藍子「えっ?きゃああああっ!」

未央「機体が発火して……あーちゃん大丈夫!?」

藍子「はっ、はい!生きてます」

未央「今あかねちん向かわせるからね」

藍子「こっちでもやれることやっておくね。……このドクロマーク押せばいいのかな?」

未央「それは押しちゃダメ!!!あかねちん、あーちゃんの救出に……って向こう火の海ー!?」

茜「もっと燃えてください!ボンバー!!」

未央「あかねち……うわぁ!こっちまで攻撃飛んできてる!!」

茜「もっと熱くなりましょー!!!」

未央「あかねちんストーップ!こっちまで攻撃届いてるし、あーちゃん燃えてるから!」

茜「……なんと!?大丈夫ですか藍子ちゃん!誰がこんなことを!!」

未央「キミだよキミ」

茜「今助けに行きますからね!」

藍子「茜ちゃん、ありがとう」

未央「敵もあらかたあかねちんが燃やしちゃったからそのまま帰艦して」

茜「わかりました!」

藍子「消火剤はどこかな?あっ、この骸骨のマークかな?」

未央「だから何であーちゃんは自爆したがるの!?」




4 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:30:25.12 ID:y328lH7h0

―――――――― 

未央「あれ?あーちゃんが苦しそうにしてるよ?」 

藍子「うう……どくろ、どくろ」 

茜「きつく抱きつきすぎましたかね!?」 

未央「ちょっと離れてみよっか。あっ、ブランケットはかけてあげて?」 

藍子「どくろ……うぅ、すやぁー……」 

茜「寝顔が穏やかになりましたよ!」 

未央「やっぱり、苦しかったのかもね」 

藍子「すやぁー……」 

茜「藍子ちゃんの寝顔は可愛いですね!」 

未央「こう気持ちよく寝てるとイタズラしたくなるよね」 

茜「さすがにそれは悪いですよ!」 

未央「でもあーちゃんのほっぺぷにぷにで気持ち良さそうじゃない?」 

茜「……少しだけですよ」



5 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:31:06.48 ID:y328lH7h0

―――――――― 

藍子「もーっ。茜ちゃんのせいでロボットが燃えちゃったよぉ」 

茜「すみません!」 

未央「あかねちんは機体に乗ったら暴走しちゃうの治そうね?」 

茜「はい!せめて味方は燃やさないようにしたいです!」 

藍子「もう燃やされるのは勘弁だからね?」 

未央「もしくはあかねちんに機体動かせないようにするか」 

茜「未央ちゃん!?それはやめてください!」 

藍子「確かに茜ちゃんが一番強いから戦力的にも……」 

未央「あかねちんがしっかり制御してくれればいいんだけど」 

茜「頑張ります!」 

藍子「ふぅ……。とりあえずお風呂に行きませんか?戦闘で汗かいちゃって」 

茜「いいですねぇー!」 

未央「じゃあ見張りしてるから先に二人で入っちゃって」 

藍子「ええー、未央ちゃんも一緒に行こうよぉ」 

未央「いやいや、誰かが見張りしてないとダメでしょ?」 

藍子「未央ちゃんも一緒に入った方が楽しいよ。ねっ、茜ちゃん?」 

茜「はい!最悪私が飛び出して燃やし尽くします!」 

未央「襲撃されてからじゃ死ぬよ?」 

藍子「さっき襲撃されたばっかりだから大丈夫だよ」 

未央「確かにすぐにまた来るってのは今までなかったけど」 

藍子「それなら決定っ。行きましょう!」 

茜「お風呂ですよ未央ちゃん!」 

未央「わぁっ、あかねちん引っ張んないで!って力つよ!?痛い痛いー!!」



6 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:31:40.85 ID:y328lH7h0

カポーン 

未央「お風呂誘っておいて、その格好はないんじゃない?」 

茜「そうですよ!タオルで隠すなんてお風呂に失礼です!」 

藍子「だって二人みたいに自慢できるほど大きくないから」 

未央「大丈夫だって!あーちゃんはじゅうぶん可愛いよ!」 

茜「そうですよ!藍子ちゃんはもっと自分に自信を持つべきです!」 

藍子「そんなこと言われたって」 

未央「あっ、そうだ!この前読んだ本にこんなことが書いてあってね……」 

藍子「……うんうん。……ええっ!?そんなことダメだよっ」 

茜「さっそく試して見ましょうか!藍子ちゃん、タオルを取ってください!」 

藍子「断固拒否しますっ。これは私の生命線で……」 

未央「いけーあかねちん!」 

茜「これも藍子ちゃんの為です!」 

藍子「きゃー!」 

未央「私もあーちゃんの為に心を鬼にして」



7 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:32:25.61 ID:y328lH7h0

藍子「……くすんっ」 

茜「どうですか藍子ちゃん!効果はありましたか?」 

藍子「そんなこと言われたって……」 

未央「っ!見て、あかねちん!」 

茜「はっ!?藍子ちゃんのお山が!!!」 

藍子「わわわっ!?急激におっきく!?」 

未央「すごい効果だ!あーちゃんすごいよ!私たちよりも大きくなって!」 

藍子「なんでこんなに大きくなってるの!?」 

茜「藍子ちゃんが真面目に大きくなりたいって願ったからですよ!」 

藍子「そんなこと……。未央ちゃん、どんな本に書いてあったの?」 

未央「えっとね、牛さんマークの……」 

茜「藍子ちゃん!触ってみてもいいですか?」 

藍子「えっ?さっき散々触って……きゃあっ」 

茜「すごく柔らかいですよ!ぷにぷにしてて肌に吸い付くみたいです!」 

未央「へー、どれどれ?」 

藍子「やっ、未央ちゃんまでぇ」 

未央「ふむふむ。おぉ、この弾力恐るべしあーちゃん!」 

茜「今なら愛海ちゃんの気持ちがわかります!」 

未央「藍子山は何度だって登りたくなるね!」 

藍子「も、もうやめてえええぇ!」



8 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:33:32.08 ID:y328lH7h0

―――――――― 

未央「あはは。ぷにぷにだー!」 

茜「すごいぷにぷに!藍子ちゃんぷにぷにです!」 

藍子「むぎゅっ……う~ん?」 

未央「あ、やば、起こしちゃった」 

茜「藍子ちゃん可愛いですねぇ!」 

藍子「めぇっ。……なにー?」 

未央「あかねちん、あーちゃん起きちゃったから指離して」 

茜「吸引力の変わらない……はっ!失礼しました!」 

藍子「あかねちゃん、みおちゃん?……んー?」 

未央「お、おはよっ」 

茜「日野茜です!おはようございます!」 

藍子「んー、何してたのー?ぷにぷにって……はっ!?」 

未央「いや、これには訳があってね……」 

茜「藍子ちゃんのほっぺが気持ち良さそうだからというわけではなく!」 

未央「あかねちん!」 

藍子「ないっ。私の……私のお山っ」 

未央「……へ?」 

茜「藍子ちゃん?」 

藍子「……え?」



9 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:34:19.11 ID:y328lH7h0

未央「えっと、あーちゃんどんな夢見てたの?」 

藍子「ゆ、夢?」 

茜「今まで気持ち良さそうに寝てましたよ!」 

藍子「夢、そんなぁ。……でも夢で良かったぁ」 

未央「すごく気になるんだけど」 

茜「どんな夢か教えてもらえませんか?」 

藍子「ええっ!?それは、えっと……」 

未央「あっ、もしかしてえっちな夢だったり?」 

茜「あわわわっ。あ、藍子ちゃん!?」 

藍子「……うん。未央ちゃんと茜ちゃんにその……」 

未央「……え?」 

藍子「ですから、未央ちゃんと茜ちゃんに……胸を揉まれましたっ!!」 

未央「ええ!?」 

茜「私たちにですか!?」 

凛「へー……」 

文香「そのようなことが……」 

未央「しぶりん!?」 

茜「文香ちゃん!?」



10 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:35:18.03 ID:y328lH7h0

凛「ねぇ藍子。その話詳しく聞かせてくれない?」 

文香「そうですね。これから茜さんとの接し方を考えないといけないので」 

藍子「え、ええっ!?」 

未央「しぶりん、今のは誤解で」 

茜「そうですよ文香ちゃん!!」 

文香「先ほど茜さんがぷにぷにと叫んでいたのが聴こえましたが」 

茜「いえ、あのそれは……」 

凛「藍子、話しづらいかもしれないけど、私たちは味方だからね。嫌なことはしっかり嫌だって……」 

未央「だからしぶりん今のは誤解で、あーちゃんは今まで寝てて」 

文香「寝込みを襲ったんですか?」 

藍子「ええっ!?」 

茜「文香ちゃん、そういうことではなく!」 

凛「じゃあ寝てるときには何もしてないんだね?」 

未央「いや、それは……あのー……」 

藍子「ええっ!?」



11 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:36:05.33 ID:y328lH7h0

凛「決まりだね」 

文香「そのようですね」 

茜「あの、文香ちゃん……?」 

文香「茜さん、少しお話しましょうか」 

茜「……はい」 

文香「ここではアレなので場所を移しましょうか。誰にも邪魔されないところへ」 

未央「あっ、あかねちん……」 

凛「なに茜の心配してるの?未央は自分のしたことわかってる?」 

未央「だからそれは誤解があってね?」 

凛「でも藍子の寝込みを襲ったんでしょ?」 

未央「……ぐぅぅ」 

凛「言い訳は後で聞くよ。藍子、とりあえず未央借りてくから」 

未央「まっ!しぶりん、引っ張んないで!?」 

凛「二度と他の人に手は出させないからね」 

未央「しぶりん!?しぶりーん!!」 



藍子「………ええええっ!?!?!?」



12 : ◆Rj0X.392Pk 2017/12/13(水) 20:39:51.83 ID:y328lH7h0

終わりです。 

イベントのあーちゃんを見て脳内がジャックされたので書きました。 

定期的にパッションでキュートなあーちゃんが書きたくなります。 

次はしっかりしたあーちゃんに戻ってると思います。 

それでは読んでいただきありがとうございました。 



前作 

【モバマス】藍子「事務所で」茜「宝探し!」未央「ゲーム!」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/13(水) 23:17:21.20 ID:0R6NR5Uu0

ポジティブパッションはいいぞ。



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/13(水) 23:36:06.88 ID:2xjTQ4zMo

ふみあか好き 






他のおすすめSS
モバP「恋するユッコの催眠術」 
悠貴「岡山のいいところ、ですか?」 
【モバマス】まゆ「ママゆ」 
櫻井桃華「年の数だけ、薔薇を頂戴?」【モバマス】 
P「ドラマ主演が決まったぞ森久保ォ!」 
渋谷凛「ハナコの散歩に付き合ってよ」モバP「いいよ」 
【モバマスSS】 暑い日ときつね娘とラムネ 
【モバマス】ボノノ13「愛妻弁当の牙城」 
モバP「爆乳シンデレラ」 
モバP「凛が腹を見せてくる」