転載元 : https://raicho.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298071643/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 08:27:23.84 ID:+154B+1l0

ほむら「別に 少し気になることがあっただけよ」

まどか「それ… 私のパンツ…なんだけどなんで頭に被ってr」

ほむら「あなたには関係ないわ!」






こんな感じでよろしくお願いします



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 08:40:06.43 ID:Kl9G9VLH0


まどか 「ビクッ!!ほっほむらちゃんびっくりするよ・・・」

ほむら 「ごめんなさい、少しイライラしていたの」

まどか 「そうなんだ・・・」

ほむら 「ところであなたは今何色の下着を着けているの?」

まどか 「・・・えっ」




続きお願いします



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 08:46:59.56 ID:+154B+1l0

まどか「普通の… 白だけどそれがどうしたの?」

ほむら「そう やはりそうなのね」ハァハァ

まどか「ほ ほむらちゃん?鼻息荒いよ…」

ほむら「次は浴室を見させてもらうわ」

まどか「あ あの」

ほむら「こっちよね?」

まどか「え?うん そう…なんだけど」



続きお願いします




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 08:53:29.91 ID:Kl9G9VLH0


浴室 

ほむら 「なるほどここであなたも・・・」 

まどか 「ほむらちゃん急にどうしたの?」 

ほむら 「気にしないで。それよりあなたの家に来る前に魔女と戦ってきたから汗をかいているの」 

まどか 「!? ほむらちゃん怪我してない!?」 

ほむら 「そんなことよりお風呂を借りてもいいかしら?」 



お願いします



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 08:57:56.35 ID:Zf2GrX1I0

まどか「え、別にいいけど……」 

ほむら「じゃあ遠慮なく」ガッ 

まどか「ちょっ、ほむらちゃんどうしていきなり私の服を脱がすの?!」 

ほむら「まさかあなたは服を着たまま入浴するのかしら?」 

まどか「いやそんなことないけど……」 

ほむら「ならよかったわ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 09:00:37.60 ID:Zf2GrX1I0

まどか「って私も一緒に入るの?!」 

ほむら「当たり前じゃない。あなたが入らないなら入浴する意味がないわ」 

まどか「こんなの絶対おかしいよ」 

続きお願いします



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 09:15:53.60 ID:Zf2GrX1I0

まどか「で、でも恥ずかしいし、自分で脱げるよ」 

ほむら「それには及ばないわ」ダラダラ 

まどか「ほ、ほむらちゃん鼻血出てるよ?魔女との戦闘で怪我したんじゃ…… 
     安静にしてないと駄目なんじゃないかな」 

ほむら「大丈夫よ、気にしないで」ダラダラ 

まどか「わっ!私の服汚さないでよぉ!」 

ほむら「早く洗わないと汚れも落ちないし、さぁ脱いだ脱いだ」スルスル 

まどか「ふぇーん!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 09:47:18.87 ID:Zf2GrX1I0

ピンポーン 

まどか「あっ!誰か来たみたい、見にいってくるね」 

まどか(助かった……!) 

ほむら「待ちなさい鹿目まどか!」 

まどか「きゃっ!放してほむらちゃん!」 

ほむら「言ってもわからない馬鹿となりゃ自ら脱がすしかないわね」スルスル 

まどか「ううう、ほむらちゃん酷いよぉ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 09:50:27.31 ID:Zf2GrX1I0

さやか「……あ、あんた達何してんのよ」 

まどか「さ、さやかちゃん?!どうしてここに……」 

マミ「反応がないし玄関も開いてたから勝手に入らせてもらったのよ」 

まどか「マミさんまで……!」 

ほむら「不法侵入じゃない、最低ね」 

まどか「ほむらちゃんに言われたくないよ……」 

マミ「不法侵入なんかじゃないわ、今日は鹿目さんにお呼ばれされてたのよ」 

さやか「というかこれどういう状況よ、まどか血まみれだし半裸だし」 

まどか「……実はね」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 10:01:20.31 ID:Zf2GrX1I0

まどか「……という訳で困ってるんです」 

マミ「それは酷いわね」 

さやか「それってストーカーって奴じゃない?」 

まどか「私の行く先々に着いてくるだけじゃ飽き足らず、最近は私の部屋にまで……ぐすっ」 

マミ「鹿目さんが可哀想だわ、あなた人が迷惑しているのを理解していないの?」 

さやか「さすがマミさん!転校生なんとか言いなさいよ」 

ほむら「わ、私は……」 

マミ「だからあなた友達もロクにできないのよ」 

ほむら「それはそっくりそのままあなたに返すわ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 14:06:20.13 ID:Kl9G9VLH0

マミ 「・・・なんですって?よく聞こえなかったわ」 

ほむら 「何度でも言ってあげる、あなたに友達はいないわ。鹿目まどかも同情して話を合わせただけよ」 

マミ 「・・・そうなの鹿目さん?」 

まどか 「あっいやあの・・・」 

さやか 「なっ何言ってるんだよ転校生!マミさんに謝れ!」 

マミ 「・・・あなたは黙っていて。鹿目さんに聞いているの」 

まどか 「そっそんなわけないですよマミさん!約束したじゃないですか!」 

ほむら 「次の日嬉しそうに私に聞かせてくれたわ。・・・笑いながらね」ニヤニヤ 

マミ 「・・・!?」 

マミ 「・・・騙したの?私がいないところで笑っていたのね、鹿目さん達は・・・!」 

さやか・まどか 「・・・・・・」 

ほむら 「・・・」ニヤニヤ 

マミ 「いやああぁぁあぁあああああああああああ!!」 



マミ暴走モードへ BAD END 
>>17へ戻る



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 15:08:19.61 ID:ihxukFlV0

そんな軌道修正のしかたがあったか…!



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 15:53:39.76 ID:Zf2GrX1I0

まどか「うう……結局ほむらちゃんに全部脱がされちゃったよぉ」 

ほむら「さて鹿目まどか、一緒に入りましょう」 

まどか「あっ、お湯沸かすの忘れてたみたい……」 

まどか(助かった!) 

どうする?>>45



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 15:57:07.67 ID:Q0/6b/550

ほむほむと熱い絡み



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:00:54.73 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「ぬるま湯でも大丈夫よ」 

まどか「で、でも風邪引いちゃうよ?」 

ほむら「私とあなたで熱い絡みをすればこんなぬるま湯すぐ沸くわ」 

まどか「それってどういう……」 

ほむら「言ってもわからない馬鹿となりゃこうするしかないわね>>50



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:04:54.20 ID:VW0RtQrZ0

ぺろぺろ



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:15:09.25 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「ペロペロ!!鹿目まどかペロペロ!!!」 

まどか「ひぃっ!ほ、ほむらちゃん今日は様子がおかしいよ!」 

ほむら「そんなことないペロ!!」 

まどか「やっやめ……///」 

ほむら「ペロペロ!!……ふう、体もお湯も熱くなったところだし入りましょう」 

まどか「もう何が何だかわからないよ」 


ほむら「いいお湯ね」 

まどか「そうかな……ほむらちゃんの鼻血で真っ赤だけど……」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:15:50.08 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「さて、お風呂に入ってさっぱりしたところで次はどうしましょうか>>55」 

まどか「ほむらちゃん元気だね……私もう疲れたよ……」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:16:44.56 ID:VJGSHsq+0

体洗いっこ 




前も



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:29:40.97 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「そういえば体洗ってなかったわね」 

まどか「え、まさかもう一度お風呂入るの?」 

ほむら「ええそうよ。ほら鹿目まどかこっち向きなさい、体洗いっこしましょう」 

まどか「ええっ?!向き合いながらなんて恥ずかしいよ」 

ほむら「いいからいいから」 

まどか「ううう……あ、ほむらちゃんってスタイルいいよね」 

ほむら「そうかしら?鹿目まどかのTHE・成長中という感じの胸はとても素敵だと思うわ」 

まどか「ちょっとよくわかんないんだけど……」 

まどか「胸といえばマミさんの胸とか羨ましいよね。どうしたらあんな風になるんだろう」 

ほむら「…………」ムス 

まどか「う、わわ別にほむらちゃんの胸見て言ったわけじゃないよ!!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:39:24.33 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「そういえば胸を揉み合いすると大きくなると聞いたことがあるわ」 

まどか「へぇ、そうなんだ」 

ほむら「…………」ジー 

まどか「……まさかほむらちゃんやりたいの?」 

ほむら「よくわかったわね」 

まどか「聞かなきゃよかったよ!!」 


ほむら「……ふう、次は何しましょう鹿目まどか>>65」 

まどか「まず鼻血を拭こうよ」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:43:11.09 ID:VJGSHsq+0

ほむら「肩揉んであげるわ」 




ほむら「おっと手が滑ったぁ」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:44:36.91 ID:2H1AthT20

確信犯だな



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:52:41.40 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「鹿目まどか、あなたなんだか疲れているみたいね」 

まどか「当たり前だよ!誰のせいだと思ってるの!」 

ほむら「……ごめんなさい、私ただあなたと仲良くなりたかっただけなの」 

まどか「……え?」 

ほむら「私不器用でクラスで上手くやれてなくて、冷たく当たってしまっても優しくしてくれたあなたなら仲良くしてくれるかなって……」 

まどか「ほむらちゃん……」 

ほむら「迷惑かけてごめんなさい、私今日はそろそろ退散するわね」 

まどか「そんなことないよ!私少し疲れちゃったけれど楽しかったよ!そんなこと言わないで……」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 16:56:21.76 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「鹿目まどか……あなたやっぱり優しいわね……ありがとう……」 

まどか「ほむらちゃんは私の友達だから、またいつでも遊びにきてね」 

ほむら「ええ……じゃあお礼に肩揉んであげるわ、私のせいで疲れたみたいだし」 

まどか「じゃあお言葉に甘えてお願いするね」 

ほむら「……フヒヒ」 

まどか「? ほむらちゃん何か言った?」 

ほむら「何でもないわ。こことか凝ってるんじゃないかしら」 

まどか「あ、そこ気持ちいいよ」 

ほむら「じゃあここはどうかしら?!」 

まどか「ひゃっ?!ちょっ、やだどこ触ってるの?!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 17:07:52.60 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「あら手が滑ってしまったわ、ごめんなさいね」 

まどか「わ、わざとじゃないのならいいんだけど……」 

ほむら「ではここはどう?」 

まどか「あっ///……ってなんでまた胸揉んでるの?!わざとでしょさっきから!!」 

ほむら「…………」 

まどか「ほ、ほむらちゃん?」 

ほむら「友達を疑うなんて酷いわ鹿目まどか……」ウルウル 

まどか(カッカワイイ……) 

まどか「ごめんねほむらちゃん……?」 

ほむら「わかってくれればいいのよ……グス……」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 17:08:57.45 ID:Zf2GrX1I0

ほむら(……鹿目まどか、あなたは甘すぎる) 

ほむら「まあそこが可愛いんだけどね」 

まどか「なにか言った?」 

ほむら「なんでもないわ、さて次は>>75」 

まどか「帰るんじゃなかったの?」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 17:13:51.16 ID:VJGSHsq+0

ほむら「こんな時間だしもう寝ましょうか」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 17:26:46.37 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「こんな時間だしもう寝ましょうか」 

まどか「いやいやいや窓の外見てみようよまだ明るいよ」 

ほむら「だってもう眠いし……」 

まどか「自分のお家帰りなよ……」 

ほむら「もう寝る準備はできているのよ」 

まどか「それ私のベッド……もーしょうがないなぁ、布団持ってくるね」 

ほむら「なぜ布団が必要なの?一緒にベッドで寝ましょう」 

まどか「えっ、でもそれは……まあ友達だからいっか」 


さてどうなる>>85



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 17:35:20.71 ID:1BTbTspF0

まどっちの逆襲



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:05:25.70 ID:Zf2GrX1I0

まどか「ほむらちゃんに抱き着かれて暑苦しくて寝れない……」 

ほむら「すー……すー……」 

まどか「ふふっほむらちゃんの寝顔かわいいな」 

ほむら「んむぅ……まどか……」 

まどか「寝言で私の名前……えへへ」 

まどか「今日はいろいろとあったけどほむらちゃんと仲良くなれてよかったな」 

まどか「明日はもっと仲良くなれるといいな……むにゃ」 

ほむら「…………///」 


ほむら「まどかが気になって寝られない>>95



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:08:01.50 ID:zbPtDjaw0

そのまま朝まで過ごす



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:12:59.85 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「ムラムラしたまま夜が明けてしまった……」 

まどか「ほむらちゃんおはよう、朝早いんだね」 

ほむら「フフ、まあね」 

まどか「朝御飯どうする?今パパが作ってるよ」 

ほむら「では>>100



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:14:49.23 ID:PieMTaMA0

朝ごはんのまえにまどかの唇を味わう



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:25:49.24 ID:Zf2GrX1I0

まどか「ふぁ?! ほむらちゃんいきなり何を……」 

ほむら「何って恋人同士の朝のキスに決まってるじゃない」 

まどか「ファーストキスが血の味とか最悪だよ!!しかも友達だし!!」 

ほむら「あら、お父様が朝食だと呼んでいるわよ」 

まどか「お願いだから鼻血を拭いてから行こうよ」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:27:55.84 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「お父様の朝食おいしかったわ」 

まどか「ほむらちゃんお家帰らなくていいの?あとお父様って何?」 

ほむら「今日も二人っきりで過ごしましょう、鹿目まどか」 

まどか「話が通じてないよ!!」 

助けを呼ぶことにした。誰を呼ぼう?>>110



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:30:10.34 ID:zbPtDjaw0

QB



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:33:00.21 ID:+Kkqt/j9O

まどかの逆襲はどこへ行った



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:35:29.50 ID:Zf2GrX1I0

QB「やあまどか」 

まどか「あっキュゥべえ!昨日いなかったから心配してたんだよ」 

QB「ごめんごめん昨日はちょっと野暮用がね」 

ほむら「…………」 

まどか「ほむらちゃん?」 

まどか(はっ!そういえばほむらちゃんとキュゥべえは仲悪かったんだっけ……どうしよう……>>120



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:41:02.81 ID:pfqVyCXL0

QBでBBQ



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:41:28.22 ID:CUC6e8xrO

>>119



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:43:58.60 ID:kvEHBKnJO

ざまぁあぁあぁあぁ



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 18:58:51.07 ID:Zf2GrX1I0

まどか「今日はみんな来てくれてありがとう!いっぱい食べていってね」 

さやか「まどかがいきなりみんなでバーベキューするとか言い出してビビったよー」 

マミ「どうしてそんなこと急に言い出したの?鹿目さん」 

まどか「ほむらちゃんとQBが仲が悪いのを見て私、みんなに仲良くなってもらいたくて…… 
     ママに相談したらパーッとみんなで何かやれば盛り上がって 
     仲が深まるってアドバイスもらったからバーベキューすることにしたの」 

ほむら「私はあなた達となんか仲良くする気はないわ」 

マミ「ふふ、ぼっちの発想ね」 

ほむら「自虐してどうするつもりよ貴方」 

まどか「まあまあ二人とも……」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 19:08:43.07 ID:Zf2GrX1I0

ほむら「まどかが言うなら仕方ないわね……」 

杏子「肉が食えるって聞いて来たら野菜しかねーし!意味分かんねーし!」 

まどか「あれ?いっぱいお肉用意しておいたのにどこに……」 

QB「ごめんよ、まどか」 

まどか「えっ?どうしたのキュゥべえ」 

QB「あまりにもお腹空いててそこにあったお肉全部食べちゃったんだ」 

まどか「ぜ、全部……?キュゥべえ一人で?あんないっぱいあったのに?」 

杏子「おいテメェ!!ふざけんじゃねーよ!!」 

さやか「肉が無かったらバーベキューする意味がないじゃん!」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 19:22:32.22 ID:Zf2GrX1I0

マミ「もうキュゥべえったら、食い意地が張ってる男の子は嫌われるゾ」 

まどか「そんなのってないよ……みんなのためにせっかく用意したのに……」 

まどか「もうここはもうキュゥべえを焼いちゃうしかないよね!!」 

QB「もーまどかー冗談はほどほどにしてよ」 

マミ「私も手伝うわ」 

杏子「ブッ刺して焼くのにこの槍使おうぜ」 

さやか「じゃあ火強めるね」 

ほむら「どんな味がするのかしら」 

QB「ちょっとみんな冗談……だよね?」 


HAPPY END



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 19:27:25.82 ID:h9S48TAjO

最近の女子中学生は怖いんだな 

あ、俺ハラミ



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 19:36:21.84 ID:SP3j5OhV0

胸がほのかにあたたかくなる素晴らしいハッピーエンドでした 
乙。



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/19(土) 19:51:21.97 ID:yGv8VRyhO

乙 面白かった






他のおすすめSS
杏子「あーたし佐倉んぼ」 
杏子「銀河鉄道の夜」 
ほむら「クリスマスね」モグモグ 杏子「そうだな」モグモグ 
杏子「時間が止まってるのに見える」 
ほむら「杏子、安価で遊びましょう」杏子「安価?」 
なぎさ「今日はマミの家でお泊まり会なのです」 
マミ「ちょっとあなた」ほむ「?」 
マミ「ティロ・フィナーレ!!」まどか「え?なんて?」 
マミ「それじゃあまたね、佐倉さん」 
マミ「どうして昼休みはこんなに長いのかしら・・・」