転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512216091/

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:01:31.95 ID:CIB6gjW40

御子柴「達成率100%……ここまで来るのに長い月日を費やした甲斐があった!!」

御子柴「ギャルゲーというよりはアドベンチャーだけど……ヒロインが可愛くて思わず買ったんだよな……何ヶ月経ったかな……」

御子柴「けどやっぱ……どんなに古いゲームでも……面白え物は面白えな!!」





2: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:02:44.89 ID:CIB6gjW40

※このSSは月刊少女野崎くんとダブルキャストのクロスSSです。
また、ダブルキャストのネタバレ、月刊少女野崎くんのネタバレを含みます。



3: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:03:43.26 ID:CIB6gjW40

御子柴「やっぱ美月……いや、志穂はすげー可愛いな」

御子柴「本物の美月はちょっと病んでるからな……俺は苦手だな」

御子柴「それにしてもバッドエンドの中にあんなこえーやつがあるとは思わなかったぜ……」

御子柴「……!!」ゾクッ

御子柴「やべえ、あのシーンはもう思い出したくもねぇ……」

御子柴「……つーかもうこんな時間か」

御子柴「明日は朝早くから野崎ん家に行ってアシスタントするんだったな……もう寝るか」















御子柴「……ふあーあ」

御子柴「……寝すぎたな」

御子柴「……!!」

御子柴「やべっ!! もうこんな時間じゃねえか!! 早く起きねえと!!」

御子柴「……ん?」

御子柴「……あれ、変だな。 なんでスマホの時間、1998年になってるんだ?」

御子柴「俺、いじった覚えねぇけどな……」

御子柴「……まぁいいや、直しておくか」



4: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:04:21.30 ID:CIB6gjW40

御子柴「母さん、朝ごはんは……」

シーン……

御子柴「……?」

御子柴「あれ……父さんも母さんも……ノアもいねえ」

御子柴「……」

御子柴「俺が寝てる間に出かけたのか?」

御子柴「……まあいいや、取り敢えず早く着替えて野崎ん家に行かねーとな」














御子柴「野崎わりい、遅れ……」

??「ベタできたよー!!」

野崎「ああ、ありがとう」

御子柴「!!!!!!?」



5: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:05:02.79 ID:CIB6gjW40

御子柴(おいちょっと待て、誰だ今の女の声!?)

御子柴(……けどこの声、どっかで聞いたことがある気がするな……)

野崎「美月、次はここにベタしてくれ」

御子柴「!!!!!!!!?」

御子柴(おい……嘘だろ?)

御子柴(……いや、兎に角まずはリビングの扉開けねえと何も分かんねえ!!)

ガチャッ

御子柴「野崎!!」

御子柴「……!!!」

??「あれ、誰?」

野崎「! 御子柴か、おはよう」

御子柴「……」




6: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:05:47.58 ID:CIB6gjW40

御子柴(今、俺の目の前にいる女……) 

御子柴(赤い髪の毛……あの眼……あのスタイル……この声……) 

御子柴(間違いねえ……ダブルキャストのヒロイン、赤坂美月!!) 

御子柴(なんでだよ……なんで空想の女の子が現実にいるんだよ……) 

御子柴(なんで野崎のアシスタントやってるんだよ!!!?) 

野崎「紹介する美月、俺のアシスタントをしてる御子柴だ」 

美月「よろしくねー!」 

御子柴「……」



7: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:06:25.58 ID:CIB6gjW40

御子柴「……なぁ野崎、その子とはいつ会ったんだ?」 

野崎「ついこの間だ。 俺が漫画の作業で徹夜し過ぎた所為で外で倒れてしまったところを彼女に助けてもらったんだ」 

御子柴「!!」 

野崎「信じられないかもしれないが彼女は記憶喪失でな……唯一名前だけ覚えてたんだ」 

野崎「どこに帰ればいいのかも分からないから暫くの間、俺の家でアシスタントをする事を条件に俺の家に居候する事になったんだ」 

野崎「しかし美月がこんなにベタが上手いとは思わなかった」 

美月「もしかしたらボク、漫画家だったのかもねー」 

御子柴「……」



8: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:07:09.62 ID:CIB6gjW40

御子柴「……なぁ野崎」 

野崎「なんだ?」 

御子柴「お前が倒れてた場所ってよ……ゴミの中か?」 

野崎「!! よく分かったな……」 

御子柴「そんでよ……その後にコーヒー奢ったろ?」 

野崎「!!!? な、なんでそこまで分かったんだ?」 

御子柴「か、勘だよ勘……」 

美月「すごーい!! もしかしてキミ、エスパー!?」 

御子柴「い、いや……そういうんじゃ……」 

御子柴「……」 

御子柴(ゴミの中で倒れたのも……その後にコーヒー奢ったのも……) 

御子柴(……ダブルキャストの主人公と一緒じゃねえか!!)



9: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:07:53.75 ID:CIB6gjW40

御子柴(なんだよこれ……一体どういうことなんだよ!?) 

御子柴(もしかしてアレか!? 俺をはめる為のドッキリか!?) 

御子柴(美月そっくりの人を見つけて……それで境遇までまんま同じの設定にして……) 

御子柴(そうだ!! そうに違いねぇ!!) 

御子柴「……おい野崎、俺はもうドッキリだって分かってるぜ?」 

野崎「ドッキリ……?」 

御子柴「とぼけんなよ、もしもゲームのヒロインが現実にいたらっていうドッキリだろ?」 

野崎「ゲームのヒロイン……?」 

美月「えっ、何。 ボク、二次元の人扱いされてるの?」 

野崎「そうらしいな」 

美月「やっだなー、いくらボクが美人だからって……」 

御子柴「……いや、もう演技はいいからよ……そろそろ種明かししてくれよ」 

野崎「種明かしも何もドッキリなんてやってないんだが……」 

御子柴「……!!」



10: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:08:28.35 ID:CIB6gjW40

御子柴(待てよ……よく考えたら俺……野崎にダブルキャストやってるなんて一言も教えたことねぇ) 

御子柴(いつも野崎ん家に泊まる時は違うギャルゲーやってたからな……) 

御子柴(……) 

御子柴(……いや!! だとしてもこの状況はあり得ねえだろ!!) 

佐倉「お邪魔しまーす!!」 

美月「あ! 千代ちゃんの声だ!!」 

御子柴「!」



11: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:09:26.56 ID:CIB6gjW40

野崎「おはよう佐倉」 

佐倉「おはよう野崎くん!!……あっ!! 美月さんとみこりんもおはよう!!」 

美月「おはよー」 

御子柴「!!?」 

佐倉「……みこりん?」 

御子柴「さ、佐倉……初対面じゃねえのか?」 

佐倉「違うよ?」 

野崎「美月のことを知ってるアシスタントは佐倉だけだ。 背景の人とトーンの人は美月がうちに来てからはまだアシスタントに来てないからな」 

御子柴「……」



12: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:10:00.44 ID:CIB6gjW40

御子柴「な、なぁ美月さん」 

美月「?」 

御子柴「……本当に赤坂美月なのか?」 

美月「うん、名前だけは覚えてるよ」 

御子柴「……志穂」 

美月「へ?」 

御子柴「本当の名前は……赤坂志穂じゃねえのか?」 

佐倉「みこりん……?」



13: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:10:37.90 ID:CIB6gjW40

御子柴「あんたの身体には……赤坂志穂の人格が抑えられて……赤坂美月の人格と空想の赤坂美月の人格しかねぇんじゃねえのか?」 

御子柴「それで本物の赤坂美月の人格になって……いつか野崎を殺す気じゃねえのか?」 

佐倉「ちょ、ちょっとみこりん!? 何言ってるの!? 失礼だよ!?」 

御子柴「俺だってこんなこと言いたくねぇよ!! けどよ……」 

御子柴「目の前にいるのは……俺がやったゲームのヒロインそのものなんだよ!!」 

美月「ベラベラと……」 

御子柴「……!!!」 

美月「喋りすぎなのよ!!!」 

グサッ!!!



14: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:11:20.31 ID:CIB6gjW40

















宮前「ネタバレは良くないですね」 

前野「うん!! その通り!!」 













御子柴「……っは!!!」 

御子柴「……」 

御子柴「……ここは俺の家……」 

御子柴「……なんだよ夢か」



15: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:12:52.14 ID:CIB6gjW40

御子柴「そうだよな、よくよく考えてみたらあんなことが現実にある訳がねぇ」 

御子柴「きっとダブルキャストのやり過ぎで変な夢見ちまったんだな」 

御子柴「……!!」 

御子柴「……スマホがまた1998年になってる……」 

御子柴「……夢と同じじゃねえか」 

御子柴「……正夢か?」



16: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:13:58.09 ID:CIB6gjW40

御子柴「まぁいいや、起きるか……」 

シーン…… 

御子柴「……ここも夢と同じだ、誰もいねぇ」 

御子柴「……」 

御子柴「……こええ」



17: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:14:32.09 ID:CIB6gjW40

御子柴「なんでだよ……なんでここまで夢とほぼ同じ光景なんだよ……こええよ……」 

御子柴「……って、んなこと言ってる場合じゃねぇ……早く野崎ん家に行かねえとな」ダッ 











御子柴「おーっすのざ……」 

美月「ベタできたよー!!」 

野崎「ああ、ありがとう」 

御子柴「!!!!!!?」



18: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:15:14.53 ID:CIB6gjW40

美月「あれ、誰?」 

野崎「! 御子柴か、おはよう」 

野崎「紹介する美月、俺のアシスタントをしてる御子柴だ」 

美月「よろしくねー!」 

御子柴「……」 

御子柴(あり得ねえ……あり得ねえ……) 

御子柴(あり得ねえあり得ねえあり得ねえあり得ねえあり得ねえ!!) 

御子柴(なんだよこれ……なんだよこれ!!) 

ピタッ 

野崎「……」 

美月「……」 

御子柴「!? 何止まってんだお前ら……?」 

??「いい加減現実を認めた方がいいよ!!」 

御子柴「!!!? だ、誰だ!!?」 

前野「どーもー!! 前野でっす!!☆」 

宮前「宮前です」 

御子柴「!!!?」



19: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:15:54.22 ID:CIB6gjW40

御子柴「あ、あんたらは確か野崎の……」 

前野「君はダブルキャストの世界に入っちゃったんだよ!!」 

御子柴「は!!!!?」 

宮前「グッドエンディングを迎えないと元の世界に戻れません」 

御子柴「は!!!!!!?」 

前野「あれ、まだ疑ってるのかな? 夢野先生が目の前で急に止まったのに? 僕達がいきなり現れたのに?」 

御子柴「そ、それは……」 

宮前「とりあえず自分達は君が死んだら助言するぐらいならできます」 

御子柴「助言……」 

御子柴「……そうだ。 俺、さっき美月に刺された時にあんたらが現れて……」 

前野「という訳で頑張って!! あ!! 因みにこの世界に来たのは君だけだから!! 夢野先生達は悪魔でこの世界のキャラだからね!!」 

前野「それじゃあ仕切り直し!! 最初から!!」 

パァァァァァァァ…… 

御子柴「!!! 光が……」



20: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:16:42.26 ID:CIB6gjW40













御子柴「……!!」 

御子柴「……また俺の家……」 

御子柴「……」 

御子柴「俺がゲームの世界に入ったなんて信じたくねぇよ……」 

御子柴「けどよ……あんなん見たら……信じるしかねぇだろ……」 

御子柴「こええよぉ……野崎ぃ……佐倉ぁ……」 



21: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:17:47.51 ID:CIB6gjW40

御子柴「……」 

御子柴「……いや待て」 

御子柴「俺はダブルキャストをクリアしてるから……展開を知ってる……もしこれからこの世界がゲームと同じ展開になるんだったら……」 

御子柴「……」 

御子柴「これって……所謂強くてニューゲームみたいなもんか?」 

御子柴「だったらこれ……楽勝じゃねえか?」 

御子柴「……」 

御子柴「……おっしゃ!!」 

御子柴「そうと決まれば早速野崎ん家に行くぜ!!」 

御子柴「待ってろよ美月……お前を必ず俺のもんにしてやるからな」 

御子柴「この俺に……御子柴実琴に……」 

御子柴「攻略できねえ女はいねえ!!」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 22:20:14.80 ID:4sEWzv7dO

おうはよ季節を抱きしめてとサンパギータもやれよ



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/03(日) 00:27:36.53 ID:tpQkUFu3o

>>24 
雪割とbloodとサーヴィランスも忘れなさんな



26: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 20:59:11.79 ID:SuI0rGV+0

御子柴「……」チラッ 

御子柴「なんで1998年なのか分かったぜ……」 

御子柴「1998年……これはダブルキャストが発売された年だ」 

御子柴「そんでなんでうちに俺しかいねーのか……」 

御子柴「恐らく俺がこの世界のダブルキャストの主人公ポジションだからだろうな」 

御子柴「実際のゲームでも主人公は一人暮らし……まぁ厳密に言えば伯父の家なんだけどな」 

御子柴「確かその伯父夫婦は旅行中なんだよな」 

御子柴「……よし、取り敢えずまずは野崎の家に行かねえとな」



27: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:00:12.85 ID:SuI0rGV+0

道中 

御子柴「ダブルキャストの世界ではあるけど……この辺りは現実の世界と同じなんだな」 

御子柴「……あれ」 

御子柴「病院の廃墟……こんな所に廃墟なんて現実じゃなかったけどな……」 

御子柴「……!!」 

御子柴「そうだ、廃墟はあの時に……」 

御子柴「……何れは寄るってことか。 場所をちゃんと覚えておかねえとな」



28: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:00:57.53 ID:SuI0rGV+0

野崎の家 

御子柴「おーっす野崎」 

美月「あれ、誰?」 

野崎「御子柴か、おはよう」 

御子柴(……やっぱりいるな) 

御子柴(……さっきは美月の正体をバラそうとしたら殺されたんだよな) 

御子柴(主人公が美月の正体をつきとめるのは物語の後半……) 

御子柴(あの人達はネタバレは良くないって言ってた……つまり俺も後半でつきとめれば殺されずにすむってことかもな) 

野崎「紹介する美月、アシスタントの御子柴だ」 

美月「よろしくねー」 

御子柴「お、おう……」



29: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:01:36.88 ID:SuI0rGV+0

野崎「……という経緯で美月が俺の家にいることになったんだ」 

御子柴「な、なるほどなぁ……」 

美月「ねぇねぇ、キミもベタするの?」 

御子柴「……気安く話しかけるんじゃねえよ」 

美月「?」 

御子柴「俺はな……薔薇のように尖ってるんだ」 

御子柴「馴れ馴れしくすると……痛い目見るぜ?」 

美月「あっはははははは!! 面白いねキミ!!」 

御子柴「///」 

野崎「御子柴は花担当なんだ」



30: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:02:16.77 ID:SuI0rGV+0

御子柴「……つーか野崎、いつも人を苗字で呼ぶお前が下の名前で呼ぶなんて珍しいな」 

野崎「ああ、それは美月がそう呼んでくれって言ってな……会ったばかりの時は敬語で話してかつ苗字で呼んでたんだが……」 

美月「いやーだってさ、そういう堅苦しいの苦手なんだよねボク」 

御子柴「ああ……そういうことか」 

佐倉「お邪魔しまーす!!」 

美月「あ! 千代ちゃんの声だ!!」 

野崎「おはよう佐倉」 

佐倉「おはよう野崎くん!!……あっ!! 美月さんとみこりんもおはよう!!」 

美月「おはよー」 

御子柴「おっす」 

御子柴(ここまではさっきと一緒だ……俺は何も美月に関することを言わなければいいんだな) 

野崎「よし御子柴、お前はここに花を頼む」 

御子柴「おう」 

野崎「佐倉はここにベタを」 

佐倉「任せて!!」



31: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:02:53.94 ID:SuI0rGV+0

佐倉「ベタ終わったよ!!」 

野崎「ありがとう」 

美月「ボクも終わったよ!!」 

野崎「ありがとう……二人がベタをやってくれて本当に助かる」 

御子柴「……」 

御子柴(すげえな美月……佐倉に負けず劣らずのベタだ) 

御子柴(こりゃ佐倉……お前のライバルになるんじゃねえか?)



32: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:03:32.49 ID:SuI0rGV+0

野崎「……よし、今日はここまでにしよう」 

美月「あー疲れたー」 

御子柴(花描いてたらあっという間に時間が過ぎた……) 

御子柴「……」 

御子柴(……待てよ。 俺、この後どうしたらいいんだ?) 

御子柴(ゲームだと確か主人公と美月はこのまま二人で過ごしてて……数日後に映研の撮影に美月が参加するって流れだよな……) 

御子柴(……映研?) 

御子柴「な、なぁ野崎。 変なこと聞くんだけどよ」 

野崎「なんだ」 

御子柴「……浪漫学園に映画研究部ってあるか?」 

野崎「いや、ないけど」 

佐倉「どうしたのみこりん?」 

御子柴「い、いや……なんでもねぇ」 

御子柴「……」



33: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:04:16.73 ID:SuI0rGV+0

御子柴(何が強くてニューゲームだよ俺……全然話がちげえじゃねえかよ) 

御子柴(……いや落ち着け。 何か代わりの存在になる物があるはずだ) 

佐倉「お邪魔しました!! みこりん、早く帰ろう!!」 

御子柴「えっ」 

佐倉「『えっ』じゃないよ!! もう夜だしずっといたら迷惑でしょ!!」 

御子柴「お、おう……」 

佐倉「じゃあね野崎くん!! 美月さん!!」 

野崎「気をつけて」 

美月「じゃあねー」 

バタン!! 

御子柴「……」



34: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:04:59.74 ID:SuI0rGV+0

帰り道 

御子柴(そういや……いつものクセで泊まろうとしてたけど……そうなるといつもと違って美月もいるんだよな) 

佐倉「……みこりん」 

御子柴「? なんだよ?」 

佐倉「美月さんって……凄い可愛いよね」 

御子柴「……? ああ……まぁな」 

佐倉「ベタも私より上手いし……スタイルもいいし……元気いっぱいで優しいし……」 

佐倉「それで今……美月さんは野崎くんと二人きりでいられるんだよね」 

御子柴「……佐倉?」 

佐倉「……辛い」 

佐倉「私……辛いよ……」 

御子柴「!!」



35: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:05:35.59 ID:SuI0rGV+0

御子柴(そうだ……野崎が好きな佐倉にとっては……ほかの女の子といるってだけで苦痛だろうな) 

御子柴「お、落ち込むなよ佐倉……その……あれだ……」 

佐倉「……?」 

御子柴「……俺がいるぜ☆」 

佐倉「……」 

御子柴(佐倉を攻略しようとしてどうすんだよ俺は!!///) 

御子柴(くそ……元気づけようとしたら空回りした……) 

佐倉「……ふふ」 

御子柴「!」



36: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:06:37.62 ID:SuI0rGV+0

佐倉「ありがとうみこりん……私、ちょっと元気出てきた!」 

御子柴「佐倉……」 

佐倉「いつまでもくよくよしちゃいられないよね……私も頑張らなきゃ!!」 

御子柴「……そうだな」 

佐倉「……あっ!! じゃあ私こっちだから!! じゃあねみこりん!!」ダッ 

御子柴「おう、また明日な」 

佐倉「……」タッタッタッ 

御子柴「……」 

御子柴(そうだよな……佐倉は野崎といるのが一番だよな……) 

御子柴「……」 

御子柴(取り敢えず家に帰って考えよう)



37: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:07:27.90 ID:SuI0rGV+0

御子柴の家 

御子柴「さて……これから俺はどうやって行動すればいいんだ?」 

御子柴「……つーかダブルキャストの世界つっても……始まりから全然ちげえじゃねえかよ……」 

御子柴「ゴミの中で倒れてたところを美月に助けれられて……そんでその美月は記憶喪失だからどこに帰ればいいのかも分からないから主人公の家に居候するってのが本来の始まりなんだけどな……」 

御子柴「……!!」 










野崎『信じられないかもしれないが彼女は記憶喪失でな……唯一名前だけ覚えてたんだ』 

野崎『どこに帰ればいいのかも分からないから暫くの間、俺の家でアシスタントをする事を条件に俺の家に居候する事になったんだ』 












御子柴「……」 

御子柴「もしかして……この世界の主人公は……」 

御子柴「……野崎?」



38: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:08:11.54 ID:SuI0rGV+0

御子柴「あいつは主人公と同じで家に一人……それにゴミの中で倒れてたのも……コーヒーを奢ったのも一緒……」 

御子柴「グッドエンディングは主人公と美月が結ばれる訳だから……」 

御子柴「……つーことは……野崎と美月が結ばれればグッドエンディングになるのか?」 

御子柴「……いや待て、だったらなんで俺は一人暮らしになってるんだ?」 

御子柴「……いや、これは俺が主人公だと思わせるミスリードか?」 

御子柴「……」 

御子柴「……考えてもしょうがねえ。 明日も野崎ん家に行くんだ。 その時に考えるか」 

御子柴「……兎に角寝ねえと」 














朝 

御子柴「……寝れなかった」 



39: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:09:26.51 ID:SuI0rGV+0

御子柴「……いや、これが普通だ。 こんな状況で寝れる方がおかしいよな」 

御子柴「……約束の時間になる前に野崎ん家に行こう」 













御子柴「おーっす野崎」 

佐倉「みこりん」 

御子柴「おっ、佐倉も来てたのか」 

野崎「二人とも来たか」 

御子柴「おう、さっさと始めようぜ」 

野崎「いや……その前に大事な話がある」 

御子柴「大事な話……?」 

美月「じ、実はボク達……」 

野崎「付き合うことにした」 

御子柴「!!!」 

佐倉「!!!!!!!!!!????????」



40: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:10:01.16 ID:SuI0rGV+0

美月「ボク……ずっと一緒にいて分かったんだ。 好きだって///」 

野崎「……俺も美月と一緒にいる内に……美月のことが好きになった。 美月のことが知りたくなった」 

御子柴「そ、そうか……おめでとう……」 

御子柴(……ちょっと待て、こんな早い段階で付き合うのか?) 

御子柴(これでもう……グッドエンディングなのか?) 

佐倉「……」 

御子柴「!!!」



41: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:10:48.02 ID:SuI0rGV+0

御子柴(そうだ……この事実は佐倉にとってはショック以外のなんでもねぇ!!) 

御子柴(……けど許せ佐倉。 お前の事は嫌いじゃねえ……けど俺がこの世界から出る為なんだ) 

御子柴(それにこっちの世界でダメだったからって現実でも付き合えないとも限らないしな) 

佐倉「お、おめでとう……お、お似合いだよ二人とも!!」 

御子柴「!」 

美月「ほ、本当に!?」 

野崎「ありがとう佐倉」 

佐倉「わ、私が今まで見たカップルの中で一番お似合いだよ!! あはは……あはははは……」 

御子柴「……」 

御子柴(……辛えよな) 

御子柴(……本当にごめんな佐倉……俺がこんな世界に来なけりゃこんな思いもしなかったのに……) 

御子柴(……現実もこうじゃねえといいけどな……)



42: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:11:22.85 ID:SuI0rGV+0

佐倉「……あっ!! 野崎くん!! 本当にごめん!!」 

野崎「?」 

佐倉「今日大事な用事があったの!! だからごめん!! 私もう行くね!!」ダッ 

野崎「! さ、佐倉……ちょっとまっ……」 

バタン!! 

美月「行っちゃった……用事に間に合うかな」 

野崎「だといいが……」 

御子柴「……」ダッ!! 

野崎「御子柴!?」 

御子柴「悪い!! 俺も用事があるのを思い出した!! じゃあな!!」 

バタン!!



43: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:12:17.10 ID:SuI0rGV+0

御子柴「……」タッタッタッ 

御子柴(佐倉……) 

御子柴(今のあいつは……誰かが側にいねぇと!!……俺がいねぇと!!) 

御子柴「……!!」 

佐倉「……」 

御子柴「佐倉!!!」 

佐倉「……みこりん?……アシスタントは?」 

御子柴「そんなんどうだっていいんだよ!!! ……嘘なんだろ!? 用事があるってのは!!」 

佐倉「……やっぱりみこりんにはバレちゃったか」 

御子柴「……なぁ佐倉」 

佐倉「……?」 

御子柴「……今お前が思ってることを俺にぶつけろ」 

佐倉「みこりん……?」 

御子柴「今お前が抱えてる辛い思いも!! 怒りも!! 悲しみも!! 全部俺にぶつけろって言ってんだよ!!」 

御子柴「一人で抱えてんじゃねえよ!! 友達だろ!!!」 

佐倉「……」 

御子柴「……」 

佐倉「……う」 

御子柴「!」 

佐倉「うわあああああああああああん!!!」



44: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:13:08.33 ID:SuI0rGV+0















宮前「主人公は夢野さんじゃありません、君です。 家に来させましょう」 

前野「うん! その通り!!」 












御子柴「……はっ!!」 

御子柴「……」 

御子柴「……俺の家……」 

御子柴「俺は……バッドエンドを選んじゃったってことか?」



45: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/03(日) 21:13:46.01 ID:SuI0rGV+0

御子柴「……スマホの日付が昨日になってる……また最初からってことか」 

御子柴「……あの人達は俺が主人公だって……家に来させろって言ってた……」 

御子柴「……やっぱり俺が……美月と一緒に暮らさないといけねえってことか?」 

御子柴「……つまり野崎と美月との距離を離さないといけねえのか……」 

御子柴「くそ……どうすれば……」 

御子柴「……」 

御子柴「兎に角……なんでもいいからやるしかねえ」 

御子柴「それに……佐倉のあんな顔は……もう見たくねえ!!」



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/04(月) 10:12:54.44 ID:iOEn1zZmo

ダブルキャスト知ってても面白く変化させてくれて嬉しい



49: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:02:30.83 ID:Opxr/4UV0

御子柴「この初日……まずは俺が美月と一緒にいねえとさっきみたいに野崎と付き合うバッドエンドになるな」 

御子柴「つーことは……美月が野崎ん家じゃなくて俺ん家に泊まらせるようにすればいいわけか」 

御子柴「……」 

御子柴「……ちょっと強引かもしれねえけど……あの方法で行くか」 













数時間後 

野崎「……よし、今日はここまでにしよう」 

美月「あー疲れたー」 

御子柴(やっとここまで来たぜ……)



50: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:03:33.25 ID:Opxr/4UV0

御子柴「……なぁ野崎、今日お前ん家に泊まってもいいか?」 

野崎「ああ、別に構わないが……美月は?」 

美月「ボクもいいよ」 

野崎「そうか」 

佐倉「……いいなーお泊まり」 

御子柴(俺が先に泊まるって言ったからか、佐倉が俺を強引に連れて行こうとしないな) 

御子柴(悪いな佐倉、これもお前の為だ) 

御子柴(それでこの後だ……) 

御子柴(野崎が納得してくれりゃあいいけどな……)



51: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:04:08.91 ID:Opxr/4UV0

野崎「風呂できたぞ、先に入ってくれ」 

美月「ありがとう!! ……覗くなよ?」 

野崎「ああ」 

御子柴(そういえばこんなシーンあったな……) 

御子柴(……ってそんなこと思ってる場合じゃねえ、兎に角ここまで計算通りだ。美月がいない状況を作れた) 

御子柴(……野崎に聞かねえとな) 

御子柴「……なぁ野崎、聞きたいことがあるんだけどよ」 

野崎「なんだ?」 

御子柴「……お前ってさ、美月のこと好きなのか?」 

野崎「……いや、好きではないが」 

御子柴「!!」 

御子柴(バッドエンドの時点では相思相愛……けど今はちげえのか……) 

御子柴「……」 

野崎「……御子柴?」 

御子柴「……俺さ、美月のことが好きかもしれねえ」 

野崎「!!?」



52: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:04:40.51 ID:Opxr/4UV0

御子柴「いや、だってその……可愛いじゃねえか」 

野崎「御子柴……」 

御子柴「それでよ……俺ん家一人暮らしだろ?」 

野崎「ああ……確か伯父さん夫婦は旅行に行ってるんだったな」 

御子柴「だから……その……下心丸出しの動機なんだけどよ……」 

御子柴「俺ん家に……泊まらせちゃダメか?」 

野崎「御子柴……」 

御子柴(これは……無理があるか?)



53: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:05:30.85 ID:Opxr/4UV0

野崎「……御子柴」 

御子柴「な、なんだ?」 

野崎「……恋愛話、沢山聞かせてくれ」 

御子柴「……!! じゃあ……いいのか?」 

野崎「ああ」 

御子柴「……サンキュ!!」 

御子柴(よし、これで野崎は納得してくれた……後は美月だな)



54: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:06:06.25 ID:Opxr/4UV0

美月「はーいい湯だったー」 

野崎「美月、急ですまないが……今日は御子柴の家に泊まってくれないか?」 

美月「えっ!? なんで?」 

野崎「実はな……」 

御子柴(ま、まさか……そのまんま言うのか!?) 

野崎「……俺が一人暮らしだと言うのは嘘なんだ」 

御子柴「!!!」 



55: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:06:40.47 ID:Opxr/4UV0

美月「えっ!? そうだったの!?」 

野崎「ああ……そろそろ両親や弟、妹が旅行から帰ってくる時間だ。 きっとみんな怒るだろう」 

野崎「本当にすまない……一人暮らしと嘘をついたのは……ほっとくわけにもいかないと思ってしまってな」 

美月「じゃ、じゃあ……ボクはどうすればいいの?」 

野崎「だから御子柴の家に泊まるんだ。 御子柴は一人暮らしだからな」 

御子柴(野崎……) 

美月「……キミの家にボクが泊まるの?」 

御子柴「お、おう……」 

美月「……そっか」



56: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:07:19.57 ID:Opxr/4UV0

御子柴「い、いやか……?」 

美月「……ううん! そんなことないよ!!」 

美月「だってボク、泊まらせてもらってる側なのにワガママなんて言えないよ!! 泊めてもらえるだけでも有難いのにさ!!」 

美月「それにキミ、凄い面白いし退屈せずに済みそうだしね!!」 

御子柴「……退屈なんてさせねえよ。 これからはお前に……俺という名の刺激をお前にくれてやるぜ☆」 

美月「あはははは!! そうそう!! そういうところ!!」 

御子柴「///」 

野崎「……しかしこれはマミコがレズビアンになるんじゃないだろうか」 

御子柴「お前は何わけの分かんねえこと言ってんだよ」 

御子柴「……」



57: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:08:00.37 ID:Opxr/4UV0

御子柴(よし!! これでなんとか野崎×美月エンドは回避したぜ!!) 

御子柴(……つーか馬鹿真面目な野崎のことだから美月見つけたら警察に預けようとしそうだけどな) 

御子柴(……まぁそれだとバッドエンドになるからな) 

パッ 

御子柴「!!!」 

御子柴(な、なんだ……急に周りが真っ暗に……) 

『その後、俺と美月の同居生活が始まった』 

御子柴「!!! 俺の目の前にテキストが……」 

御子柴「……そういや美月が主人公の家に泊まるのが決まってからもこんな感じで数日間は省略されたよな」 

御子柴「……成る程、そこまで再現してるっつーわけか」 

御子柴「……!! そうだ……確かその後は……」 

御子柴「……映画観に行くんだったな」 

ピカッ 

御子柴「!!! 光が……」



58: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/04(月) 21:08:50.74 ID:Opxr/4UV0













御子柴「……!!」 

御子柴「どこだここ……野崎の家じゃねえ。 それにさっきまで夜だったのに昼になってる」 

美月「おーい!! こっちこっちーー!!」 

御子柴「!!!」 

御子柴(よく見たらここ……映画館じゃねえか!!) 

御子柴(……そういうことか) 

御子柴「おう! 今行く!!」 

御子柴(確か映画のシーンはバッドエンドになるようなことはなかったはずだ……けど油断しちゃいけねえ) 

御子柴(……最初の関門はクリアしたんだ……次もこの調子で行くぜ!!)



61: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:03:21.25 ID:JQc/0Qec0

美月「あー映画面白かったー!!」 

御子柴「お、おう……そうだな」 

御子柴(やっぱ美月の台詞、ゲームとまんま同じだったな) 

御子柴(それに……ジュースを飲むシーンもな) 

御子柴(主人公の気持ちもよく分かるぜ……間接キスなんてできるわけねぇだろ///) 

御子柴「……!!!」 

美月「? どうしたの?」 

御子柴「なんで……あいつらがここに……?」 












瀬尾「いやー面白かったな『BLOOD』」 

若松「めちゃくちゃグロかったですね……」



62: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:03:55.14 ID:JQc/0Qec0

若松「ていうか先輩、よくあんなに血が飛ぶシーンで笑えましたね……」 

瀬尾「だってめちゃくちゃ面白いじゃん!! 首飛んでケチャップみたいにドバーッて!!!」ニコニコ 

若松「笑顔で言わないでくださいよ!!」 

瀬尾「こうやってさ!! 刀ブンブン振り回してさ!! マジかっけーの!!」 

若松「確かにカッコよかったですけど……」 

瀬尾「……あっ」 

若松「? どうしたんですか、向こう見た途端止まって……」 

御子柴「……」 

若松「……!! 御子柴先輩!!」



63: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:04:27.11 ID:JQc/0Qec0

瀬尾「イケメンじゃん、ここで会うなんて偶然」 

若松「こ、こんにちは!!……御子柴先輩も『BLOOD』観てたんですか?」 

御子柴「い、いや……違う映画だ」 

御子柴(この二人はストーリーにどう絡んで来るんだ……?) 

美月「友達?」 

御子柴「お、おう」 

瀬尾「!!!!」 

若松「……瀬尾先輩?」 

御子柴(なんだ……瀬尾がすげえ驚いてる……) 

瀬尾「お姉さんじゃん!! 久しぶり!!!」 

御子柴・若松「!!!!?」



64: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:05:03.95 ID:JQc/0Qec0

美月「ひ、久しぶり……? ボク達、会うの初めてじゃ……」 

瀬尾「初めてじゃねえって!! よく私ん家来てたじゃん!! 忘れたの?」 

美月「う、うーん……」 

若松「ちょっと瀬尾先輩!! 初対面の人に何言ってんですか!!」 

瀬尾「お前が何言ってんだよ、初対面じゃねーっつーの」 

若松「でも困惑してるじゃないですかこの人!! ほら、行きますよ!!」 

瀬尾「えっなんでそんな急いでんの」 

若松「御子柴先輩達のデートの邪魔になっちゃうじゃないですか。 どう見ても彼女ですよ」ボソボソ 

瀬尾「そっかー。今はお姉さん、イケメンと付き合ってるのかー」ボソボソ 

若松「す、すいません!! 俺達これで失礼します!!」 

瀬尾「じゃーねーお姉さん」 








美月「……行っちゃったね」 

御子柴「ああ……」



65: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:05:44.49 ID:JQc/0Qec0

御子柴「な、なぁ美月……お前はあの女のこと、全然覚えてねぇのか?」 

美月「うん」 

御子柴「そっか……」 

御子柴「……」 

御子柴(なんでだ……なんで瀬尾は美月と面識があるような台詞を言ったんだ?) 

御子柴(記憶を失う前に美月は瀬尾と何かあったってことなのか?) 

美月「……記憶を失う前のボクの事を知ってるのかな……」 

御子柴「ああ……かもしれねぇな」 

御子柴(どうする? 今からでも遅くない、瀬尾を追いかけるべきか?) 

美月「……それにしてもお腹減ったなー」 

御子柴「!!」 

御子柴(そうだ、確かこの後はラーメン屋に行かねえと……) 

御子柴(瀬尾のことは考えてもしょうがねえ、まずは物語を進めねえとな) 

御子柴「なぁ美月。 俺、美味しいラーメン屋知ってんだよ。 そこに行かねえか?」 

美月「……ボクの手作りじゃダメ?」 

御子柴「!!?」



66: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:06:26.69 ID:JQc/0Qec0

御子柴(て、手作り……? そんな選択肢あったか?) 

御子柴「ファ、ファミレスとかハンバーガー屋とかはいいのか?」 

美月「なんかね、今日はキミの為に作ってあげたい気分!!」 

御子柴「!!」 

美月「ダメ……かな?」ジー 

御子柴「!!///」ドキッ 

御子柴(その目は反則だろ///) 

御子柴「ま、まぁ……お前がそこまで言うんなら……いいぜ」 

美月「やったー!!」 

御子柴(思わずオーケーしちまったけど……本当にこれでよかったのか?)



67: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:07:12.60 ID:JQc/0Qec0

家 

美月「どう? 美味しい?」 

御子柴「……美味い」 

美月「……よかったぁ。 なんかやっと恩返しできた気がする」 

御子柴「……ちげえな。 恩返しってのは……俺の物になることだぜ☆」 

美月「いよっ!! それを待ってました!! 今日のノルマ達成!!」 

御子柴「うるせえ!!///」



68: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:07:46.71 ID:JQc/0Qec0

夜 

美月「おやすみー……あーどーしよ、寝てる間に襲われるー」 

御子柴「襲わねえよ!!///」 

御子柴「……」 

御子柴(女の子と二人きりで寝る……) 

御子柴(……寝れるわけねぇ!!!) 

御子柴(つーか家に帰ってからちゃんとした会話してねぇ!!) 

御子柴(俺はちゃんとギャルゲーで会話の練習をしたはずなのに……全然活かせてねぇよ……) 













美月「朝だよ!! 起きて!!」 

御子柴「……」 

御子柴(寝れなかった……)



69: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/07(木) 21:08:35.88 ID:JQc/0Qec0

御子柴「朝ご飯ありがとな、すげー美味かった」 

美月「そりゃあボクが作ったんだもん!! ……さっ、早くアシスタント行こう!!」 

御子柴(そういや昨日、野崎から来てくれって電話があったな) 

御子柴「そうだな、行くか」 

御子柴(……) 

御子柴(次のシーンはなんだ? ラーメン食べ終わった後に次の日になって……) 

御子柴(……映研のみんなが集まるシーン) 

御子柴(……どうなるんだ?)



71: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:04:18.82 ID:uJbFNCDq0

御子柴「よー野崎」 

美月「お邪魔しまーす!!」 

野崎「いらっしゃい二人とも」 

御子柴(まだか……映研イベントはまだか……) 

野崎「……御子柴? どうしたんだ?」 

御子柴「! な、なんでもねぇよ」 

野崎「そうか。 とりあえず今日も花を頼む」 

御子柴「お、おう!! 任せろ!!」



72: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:05:05.60 ID:uJbFNCDq0

美月「うわーもうお昼かー」 

御子柴「あっという間だな」 

野崎「……二人とも」 

御子柴「なんだよ?」 

野崎「実は今日は鈴木が食べたり飲みそうな物を写真に撮りに行こうと思ってたんだが……」 

御子柴「外食ついでに取材ってことか……俺はいいけど美月は?」 

美月「いいよー」 

野崎「ありがとう、お金は出す」 

御子柴「いや、別に気にすんなって。 自分で出すからよ」 













野崎「ここのカフェでいいか?」 

美月「うわーオシャレなカフェだなー」 

野崎「都さんの友達の遼介さんが働いているカフェだ」 

御子柴「へー……」 

御子柴「……!!」 

御子柴(カフェの隣にラーメン屋……) 

御子柴「!!!」



73: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:05:36.67 ID:uJbFNCDq0

御子柴(待てよ……もしかしてここでラーメン屋に行かないといけねえんじゃねえのか?) 

御子柴(ラーメン屋に行かなきゃいけねえのは南西統合病院の存在を知らねえといけねえからだ……) 

御子柴(あの映像を見るための……) 

御子柴「……なぁ野崎」 

野崎「なんだ?」 

御子柴「隣のラーメン屋じゃ……ダメか?」 

野崎「!!!」 

御子柴「……野崎?」 

野崎「……よし、そうしよう」 

御子柴「?? お、おう。 ありがとな」 

御子柴(すげー感動してそうな顔してたけど……何を考えてたんだ?) 

美月「キミラーメン好きだったっけ?」 

御子柴「ま、まぁな」



74: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:06:10.57 ID:uJbFNCDq0

ラーメン屋 

『本日のゲストは南西統合病院の森崎さんに……』 

御子柴(やっぱりテレビがあったな) 

美月「……」ジー 

御子柴(ゲームと同じで美月もテレビを見てる) 

ピッ 

『打ったああああああああ!!!』 

御子柴(野球に変わるのも一緒だな……中継じゃなくてハイライトだけど) 

野崎「……」スラスラ 

マミコ『す、鈴木くん……これ……食べたいな』 

マミコ『……ダメ?』 

野崎「御子柴のお陰でいいのが描けそうだ。 ありがとう」 

御子柴「? お、おう」



75: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:07:37.16 ID:uJbFNCDq0

御子柴「あー食った食ったー」 

美月「美味しかったなー」 

野崎「さて、帰って続きを……」 

堀「よう野崎」 

野崎「!!」 

堀「偶然だな、ここで会うなんて……おっ、マミ……こ柴も一緒か」 

御子柴「堀先輩……なんでここに?」 

堀「ああ、これから学校に向かってるところなんだよ」 

美月「ねぇ、この人も友達?」 

御子柴「いや、俺の先輩だ」 

堀「!!!」 

美月「?」



76: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:09:37.72 ID:uJbFNCDq0

堀「……なぁ野崎、その人は?」 

野崎「新アシスタントの赤坂美月です」 

野崎「……美月、この人は堀政行先輩だ」 

美月「よろしくお願いしまーす!!」 

堀「……なぁあんた」 

美月「?」 

堀「初対面でこんな事言うのもなんだけどよ……」 

堀「顔……じっくり見してくれねえか?」 

御子柴「!!!?」



77: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:13:34.01 ID:uJbFNCDq0

野崎「堀先輩……?」 

堀「いや、ちょっとな……今度の演劇に関係することなんだけどよ」 

美月「演劇……?」 

堀「ああ、ヒロイン役がまだ決まってねぇんだ。 ヒーローは鹿島に即効決まったんだけどな」 

野崎「……!! まさか……」 

堀「ああ、そのまさかだ」 

堀「……」ジー 

美月「?」 

堀「……ヒロイン決定だ」 

御子柴「!!!」 



78: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:18:37.47 ID:uJbFNCDq0

美月「えっ!!? ボクが!? ヒロイン!?」 

野崎「堀先輩……美月は浪漫学園の生徒じゃないですけど……」 

堀「まぁ確かにそうなんだけどな……そこは顧問の先生にでも許可を取ればなんとかなる」 

御子柴「なんとかなるのかよ……」 

御子柴「……!!」 

御子柴(そうか!! そういうことか!!) 

御子柴(映研がない代わりに演劇部で美月がヒロインに抜擢されるっていう展開ってことか!!) 

堀「……なぁアンタ、今回だけでいいんだ」 

堀「夏休みにやる演劇の……ヒロインになってくれねえか?」 

美月「……ヒロインかぁ」



79: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:20:20.03 ID:uJbFNCDq0

御子柴(ゲームだとヒロイン役は美月、そんでその相手が佐久間ってやつなんだよな) 

御子柴(きっとこの世界でいう佐久間的存在が鹿島ってことか?) 

御子柴「……!!!」 

御子柴(待てよ……ゲームだと佐久間は途中で主役を降りて……その代わりに主人公が主役を演ることになんだよな) 

御子柴(つーことは……鹿島がなんらかの理由で主役を降りて……代わりに俺が演るってことか!!?) 

美月「……ねぇ」 

御子柴「!!」 

美月「ボク……やってもいいのかな?」 

御子柴「お、おう……いいんじゃねえのか?」 

美月「本当!?」



80: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:23:43.68 ID:uJbFNCDq0

堀「……引き受けてくれるのか?」 

美月「はいっ!!」 

堀「そうか……ありがとな。 今日この後学校で練習あるんだけどよ……来てくれるか?」 

美月「いいですよ!!」 

堀「よし、じゃあ行こう……野崎、御子柴。 この子借りるな」 

野崎「はい」 

御子柴「……いいっすよ」 

御子柴(……いいんだよな) 

堀「じゃあ練習終わったらお前ん家に送ればいいか?」 

野崎「はい、それでお願いします」 

野崎「……御子柴、俺達は漫画の作業をしよう」 

御子柴「おう、そうだな」



81: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:27:56.53 ID:uJbFNCDq0

数時間後、野崎のマンション 

野崎「そろそろ部活が終わる頃だな」 

御子柴「そうだな」 

御子柴(この後は確か……どうなるんだっけか……確か俺と美月が一緒に帰って……) 

ピンポーン 

御子柴「!! 来たんじゃねえのか?」 

野崎「そうだな」 

ガチャッ 

堀「……野崎」 

野崎「堀先輩」 

堀「赤坂から聞いたんだけどよ……あの子、御子柴ん家に居候してるらしいな」 

野崎「はい、そうですけど……」 

御子柴「なんかあったんすか?」 

堀「……御子柴」 

御子柴「……なんすか?」 

堀「……赤坂、お前ん家に泊まらないらしい」 

御子柴「はっ!!?」



82: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:29:12.00 ID:uJbFNCDq0

野崎「堀先輩……どういうことですか?」 

堀「いや……それがな……完全に鹿島の虜になっちまってな」 

御子柴(まさか……) 

美月「ねーえー鹿島くーん」ギュウ 

鹿島「よしよし、いい子だね」 

御子柴「鹿島!!」 

鹿島「ごめん御子柴……その……どうしても泊まりたいって……」 

御子柴「おい美月!! お前どういうことだよ!!」 

美月「だって鹿島くんかっこいいんだもん!! しょうがないじゃん!!」 

御子柴「しょうがなくねぇよ!!」 

堀「……御子柴」 

御子柴「……なんすか?」 

堀「それだけうちの鹿島が魅力的だってことだ」 

御子柴「」 

美月「じゃーねー!! 今までありがとー!!」 

御子柴「お、おい!! 待てよ!!」 

美月「鹿島くん……ずっと一緒だよ?」 

鹿島「約束するよ……お姫様」 

御子柴「待てよ……待てって……言ってんじゃねえかよおおおおお!!」



83: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:30:54.47 ID:uJbFNCDq0














宮前「主演は君です。 意地でも主演を獲りましょう」 

前野「うん!! その通り!!」 












御子柴「……っは!!」 

御子柴「……」 

御子柴「……ダメだったのか」



84: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/08(金) 21:33:22.56 ID:uJbFNCDq0

御子柴「意地でも主演を獲る……つーことは……」 

御子柴「俺が鹿島から……主演の座を奪うっつーことか?」 

御子柴「そうすれば……美月も鹿島に夢中にならずに済む……ってことか」 

御子柴「……俺が鹿島から主演の座を……?」 

御子柴「……」 

御子柴「できるわけねぇ!!」 

御子柴「あの鹿島馬鹿の堀先輩を納得させて俺が主演になるなんて……できるわけねぇよ!!」 

御子柴「そうだ!! 主演にならなくても俺が部活に行くだけでもなんとか……」 








宮前『主演は君です。 意地でも主演を獲りましょう』 







御子柴「……!!!」 

御子柴「そうだ、あの人は主演って……」 

御子柴「……」 

御子柴「……やるしかねぇ」 

御子柴「あらゆる対決で鹿島に負けてたけどよ……」 

御子柴「俺の方が主役に向いてるってことを……教えてやるぜ!!」



86: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:01:31.24 ID:lS7Emqwe0

御子柴「再開場所はどこだ……?」 

美月「なーに独り言言ってんの? 早くアシスタントに行こう!!」 

御子柴「お、おう……」 

御子柴(ああ、そっからか) 

御子柴(……となると問題となるのはラーメン食ってからか) 
















堀「よう野崎」 

野崎「!!」 

堀「偶然だな、ここで会うなんて……おっ、マミ……こ柴も一緒か」 

御子柴(来た!!!) 

御子柴「堀先輩!! 俺を主役にさせてください!!」 

堀「……は?」 

野崎「御子柴……急にどうしたんだ?」 

御子柴「わ、わりい……なんでもねぇ……」 

御子柴(フライングし過ぎた……)



87: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:02:10.71 ID:lS7Emqwe0

堀「……引き受けてくれるのか?」 

美月「はいっ!!」 

堀「そうか……ありがとな。 今日この後学校で練習あるんだけどよ……来てくれるか?」 

美月「いいですよ!!」 

堀「よし、じゃあ行こう……野崎、御子柴。 この子借りるな」 

御子柴(今だ!!) 

御子柴「……堀先輩!! 俺も行きます!!」 

野崎「御子柴……?」 

御子柴「俺に……主役を演らせてください!!」 

堀「御子柴……急にどうしたんだ?」 

御子柴「……あんたはまだ気づいてねぇんだ。 鹿島より主役に相応しい男が……目の前にいるってことがな」 

御子柴「俺が……ギャラリーのハートを掴んでやるぜ☆」 

美月「はいそこで赤面!!」 

御子柴「言わなくていいんだよ!!///」 

堀「御子柴……聞き捨てならねえな。 主役が鹿島よりお前の方が相応しいだと?」



88: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:02:40.94 ID:lS7Emqwe0

野崎「御子柴、なんで急に主役を演りたいなんて言い出したんだ?」 

御子柴「その……あれだ……その……」 

堀「……はっきり言ってくれないか?」 

御子柴「……美月」 

美月「へ?」 

御子柴「役だとしても!! 美月が誰かの恋人になるのは許せねえんだよ!!!」 

美月「!!!」 

御子柴(い、言っちまった……)



89: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:03:15.83 ID:lS7Emqwe0

堀「御子柴……お前まさか……」 

美月「……」 

御子柴「……」 

野崎「……」 

堀「……分かった。 そこまで言うんだったら……」 

御子柴「……!!」 

堀「……お前が今回の演劇の主演に相応しいかどうか……俺が見てやる」 

堀「赤坂……御子柴……二人とも来てくれ」 

御子柴「……はい!!!」 

堀「野崎……この二人借りるな」 

野崎「はい……すいません、俺は締め切りが近いんで」 

堀「おう」



90: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:03:59.94 ID:lS7Emqwe0

堀「もうすぐで学校に着くぞ」 

御子柴「はい」 

美月「……びっくりしちゃった」 

御子柴「!!」 

美月「さっきの……なんか……いつもと違ったね」 

御子柴「違う……?」 

美月「いつもキザな台詞を言ってる時よりも……なんか真剣な感じがした」 

御子柴「そ、そっか……」 

美月「だーい丈夫!! 君が妬いて怒りそうな時はヒロイン降りるからさ!!」 

御子柴「べ、別に怒んねーよ……」 



91: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:04:30.27 ID:lS7Emqwe0

堀「ここが部室だ」 

ガラガラ…… 

堀「お前らー、今来たぞー」 

二村「あ!! 堀ちゃん!!」 

御子柴「!!!???」 

美月「ど、どうしたの? そんなに驚いて」 

御子柴「な、なんでもねぇ……」 

御子柴(まさか主人公の友達の二村が演劇部員って形で登場するなんてな……) 

二村「あれ、御子柴くんは見たことあるけど……もう一人の女の人は?」 

堀「紹介する。 御子柴の知り合いの赤坂さんだ」 

美月「よろしくお願いしまーす!!」



92: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:05:05.60 ID:lS7Emqwe0

堀「この子が今回の演劇のヒロインに相応しいと思ってな。 それで呼んだんだ」 

二村「ええっ!? でもその人、浪漫学園の人じゃないんでしょ!!?」 

堀「……まぁ夏休み中に数回演るだけだしな……それにうちの先生もそんな気にしねぇと思うし」 

鹿島「あ!! 部長!! 来てたんですね!!」 

美月「!!」 

堀「おう鹿島」 

堀「……赤坂、紹介する。 君の相手役の鹿島だ」 

堀「そんで鹿島、お前の相手役の赤坂さんだ。 今回だけ特別に演ってくれる」 

鹿島「うわあ!! 可愛い!! よろしくね!!」 

美月「……」 

御子柴「……美月?」 

美月「カッコいい///」 

御子柴「!!!!?」



93: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:05:33.28 ID:lS7Emqwe0

御子柴(ちょっと待てよ……即堕ちじゃねーか!!) 

御子柴(いや、こっからだ!! まだ演技対決は始まってねえ!!) 

堀「それでいきなりで悪いんだけどな鹿島……」 

鹿島「なんですか?」 

堀「御子柴と……対決してくれねえか?」 

鹿島「た、対決!!?」 

堀「ああ、お前と御子柴……どっちが主演に相応しいかだ」 

鹿島「!!!」 



94: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:06:14.92 ID:lS7Emqwe0

鹿島「御子柴……どういうこと?」 

御子柴「俺はな……美月のことが好きなんだよ」 

鹿島「彼女!?」 

御子柴「いや……まだそういう訳じゃねぇけど……」 

御子柴「でも俺以外のやつといるのが許せねえんだ。 ましてや恋人役なら尚更だ」 

御子柴「けどまぁ……堀先輩の命令だし美月も演りてえって言うからよ……」 

御子柴「だったら……」 

御子柴「お前を負かして主演の座を奪う以外ねーだろ!!」 

鹿島「御子柴……」



95: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:06:44.89 ID:lS7Emqwe0

堀「……というわけだ。 鹿島、引き受けてくれるか?」 

鹿島「……分かりました。 引き受けます」 

御子柴「……お前ならそう言ってくれると思ったぜ」 

堀「……お前らもいいか?」 

二村「勿論!! 部長命令だしね!!」 

御子柴「さぁ鹿島……演ろうぜ」 

鹿島「いいよ……どっちが部長を可愛くできるか勝負だ!!」 

御子柴「……は?」 

鹿島「えっ? どっちが堀先輩をお姫様風にコーディネートできるかの対決じゃないの?」 

御子柴・堀「ちげえよ!!!」



96: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:07:19.00 ID:lS7Emqwe0

堀「演劇対決に決まってんだろ……ほら、ここに没になった台本がある」 

堀「それを読んでもらって俺がいいと思った方が勝ちだ」 

御子柴「……贔屓はなしでお願いしますよ」 

堀「ああ、そんなことやっちまったらお前の思いを踏みにじることになっちまうしな」 

堀「先攻後攻はジャンケンで決めろ。 勝った方が好きに選んでいい」 

鹿島「分かりました!! じゃあ御子柴!! ジャーン……ケーン」 

御子柴(くっ……先攻だろうが後攻だろうが関係ねぇよ……どっちにしたって緊張するっての) 

鹿島「ポン!! ……勝った!!」 

御子柴「……負けた」 

堀「どうする鹿島」 

鹿島「先攻でお願いします!!!」



97: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:07:50.69 ID:lS7Emqwe0

美月「どんな演技なんだろう……」 

御子柴「そっか、見たことねぇんだよな」 

御子柴「……すげえぞ? あいつの演技は」 

鹿島「じゃあ演ります!!」 

堀「おう」 

鹿島「……」スウ



98: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:08:19.84 ID:lS7Emqwe0

鹿島「……桜の花の咲く時……少しでも私のことを思い出してください」 

鹿島「あなたと一緒に思い出作りをした麻由のことを……」 











美月「す、凄い……」 

御子柴「……」 

御子柴(なんか違和感あると思ったら……) 

御子柴(こいつが女の役を演るところなんて……初めて見たぜ)



99: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:08:47.36 ID:lS7Emqwe0

堀「……よし、次は御子柴だ」 

御子柴「は、はい!!」 

美月「……大丈夫? 赤面とかすんなよ?」 

御子柴「う、うるせえ!! しねえよ!! それにここぞって時の俺はスゲーんだからな!!」 

美月「へぇ~……じゃあそのスゲーの……見せて!!!」 

御子柴「おう!!!」 

御子柴(正直あいつほどすげえ演技ができる自信なんてねぇ……) 

御子柴(けど……演るしかねえんだ!!!)



100: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:09:22.49 ID:lS7Emqwe0

堀「よし、始めろ」 

御子柴「はい!!!」 

御子柴「……」スウウ 

鹿島「……」 

美月「……」 

御子柴「……さっ!!!///」 

堀「!!!?」 

鹿島「こ、声が裏返った!!!」



101: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:09:55.61 ID:lS7Emqwe0

御子柴(や、やべえ……やべえやべえやべえやべえやべえ!!!) 

御子柴「あ……あ……」 

堀「続けろ」 

御子柴「!! は、はひっ!!」 

二村「はひって……」 

御子柴(ああくそ!! こうなったらヤケクソだ!!) 















御子柴「私も……好き……」 

堀「……よし、終わりだ」 

御子柴「……」 

御子柴(やっちまった)



102: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:10:24.97 ID:lS7Emqwe0

御子柴(あー……こりゃまたバッドエンドなんだろうな) 

美月「おつかれ!!」 

御子柴(……そんでこいつにも笑われるんだろうな) 

美月「……頑張ったね!!」 

御子柴「……! 笑わねえのか?」 

美月「なんで?」 

御子柴「……?」 

美月「真面目にやってたんだからさ、笑うわけないじゃん!!!」 

御子柴「!!!」 

美月「そんな悲しそうな顔すんなって!」 

御子柴「……おう」



103: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:10:56.49 ID:lS7Emqwe0

鹿島「部長……結果は?」 

堀「ああ、結果は……」 

御子柴「……」 

美月「……」 

堀「……鹿島の勝ちだ」 

鹿島「……ありがとうございます!」 

御子柴「……」 

御子柴(やっぱりな) 



104: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:11:28.38 ID:lS7Emqwe0

堀「わりいな御子柴……公平に見ても……鹿島の勝ちだ」 

御子柴「……謝ることじゃないっすよ、俺の実力不足なだけですから」 

堀「……」 

堀「流石は……うちの鹿島だぜ!!!」 

御子柴(この世界でもいつも通りだなこの人……)



105: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:12:03.26 ID:lS7Emqwe0

鹿島「じゃあ……よろしくね、美月ちゃん。 嫌かも……しれないけど」 

美月「よろしく!! 全然嫌じゃないよ!!」 

御子柴「……」 

美月「妬くなよー?」 

御子柴「……うるせえ」 

御子柴「……」 

御子柴(妙だな……俺が鹿島に負けたのに……暗転しねえ) 

鹿島「個人的には美月ちゃんと堀先輩のダブルヒロインでもいいと思うけどな……」 

堀「やらねえよ!!」ドゴォン!!! 

鹿島「ぐはっ!!!」 

美月「うわっ!! ぶっ飛んだ!!」 

二村「あはは……いつものことだよ」 

グキッ!!!! 

御子柴「……?」



106: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:12:34.66 ID:lS7Emqwe0

鹿島「いっ……」 

堀「か、鹿島!!! 大丈夫か!!?」 

美月「い、今のグキッって音……」 

御子柴「おい鹿島……嘘だろ?」 

鹿島「はっ……はぁ……」 

二村「鹿島くん!! どこ怪我したの!!?」 

鹿島「だ、大丈夫です……ちょっと足をくじいて……」 

堀「わ、わりい……」 

鹿島「ぶ、部長は悪くないですよ!! 私が着地に失敗しただけで……」 

鹿島「……いてて!!」 

御子柴「ま、まともに立てねえんじゃねえのか!?」 

鹿島「で、でも……立たないと……主演が……いたたたたた!!!」



107: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:13:09.07 ID:lS7Emqwe0

二村「堀ちゃん……」 

堀「鹿島……本当に悪かった……」 

鹿島「いや、だから私の所為ですってば! 部長は何も……」 

鹿島「それに元は私の失言が原因だし……」 

堀「……」 

御子柴「……」 

御子柴(骨折、とまではいかねえけど……) 

御子柴(主演を演るはずが怪我で降板……) 

御子柴(やっぱり……この世界の佐久間的存在は鹿島だったみたいだな) 

御子柴(……つーことは……)



108: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:14:11.52 ID:lS7Emqwe0

鹿島「……御子柴!!」 

御子柴「な、なんだよ?」 

鹿島「主演は任せたよ!!」 

御子柴「!!」 

鹿島「ちょっと……今の私には無理っぽい、かな……」 

御子柴「お前……そんな弱音吐くなんて……らしくねぇよ」 

鹿島「でも……美月ちゃんとお似合いなのは……御子柴だと思う!!!」 

美月「!!!」 

鹿島「部長……いいですよね?」 

堀「……お前は……それでいいのか?」 

鹿島「はい!!!」



109: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/09(土) 21:14:42.04 ID:lS7Emqwe0

御子柴「……」 

美月「……やろう」 

御子柴「!」 

美月「主役、やろう!!」 

御子柴「……」 

堀「御子柴……散々振り回してすまないとは思ってる……」 

堀「主演……やってもらえるか?」 

御子柴「……」 

御子柴(この世界から抜ける為にやるんじゃねえ……) 

御子柴(例え空想の存在だとしても……今の俺は……親友として鹿島(こいつ)の代わりにやらなくちゃいけねえんだ!!) 

御子柴「……やります」 

御子柴「俺に……やらせてください!!!」



112: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:01:36.75 ID:I6rIdHM70

家 

御子柴「……」 

美月「主演おめでとう!!」 

御子柴「……ああ」 

美月「……!! ごめん、一概には喜べないよね……」 

美月「……鹿島くん」 

御子柴「……心配いらねえよ。 あいつのことだからケロッと回復するはずだ」 

御子柴「それより今は……俺は与えられた仕事をしねえと!!」 

御子柴「やってやろうぜ美月!!!」 

美月「うん!!! なんか君、だいぶ主演らしくなってきたよ!!」 

御子柴「そ、そうか?///」 

美月「うん!! 今までちょっと女々しいところがあったからどっちかっていうとヒロインの方が向いてそうだったんだけど……」 

御子柴「うるせえな!!///」



113: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:02:38.96 ID:I6rIdHM70

次の日 

野崎「そうか、御子柴が主演か」 

御子柴「おう」 

美月「はーい、ベタ終わったよー」 

野崎「ああ、ありがとう」 

美月「ごめん、トイレ借りていいかな?」 

野崎「ああ、構わない」 

美月「じゃあ借りるねー」 

バタン!! 

御子柴「しっかし……鹿島が怪我ねぇ」 

野崎「……」 

御子柴「……野崎?」



114: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:03:12.34 ID:I6rIdHM70

野崎「……御子柴、驚かないで聞いてくれ」 

御子柴「? なんだよ急に」 

野崎「帰り道、いつも通る墓場があるんだ」 

御子柴「墓場……?」 

御子柴「……!!」 

野崎「その墓場に……」 

御子柴(まさか……) 









野崎「美月の墓が……あったんだ」 

御子柴「……」



115: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:03:48.00 ID:I6rIdHM70

野崎「俺も最初は目を疑った……同姓同名かと思った」 

野崎「だが赤坂という苗字はそんなに多くはない。 それに美月という名前もだ」 

野崎「何故美月の墓があったかは分からないが……」 

御子柴「……そうか」 

野崎「……意外だな、お前のことだからもっと取り乱すかと思ったが……」 

御子柴「!! そ、そうか? お、お前……俺を甘く見過ぎだぜ?」 

野崎「そうか……悪かった」 

野崎「そうだ、この話は美月には内緒に……」 

美月「……」 

御子柴・野崎「!!」



116: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:04:16.59 ID:I6rIdHM70

野崎「しまった!! いつの間にトイレから……」 

美月「今の話……本当なの?」 

御子柴「美月!! 今のは……その……」 

美月「……連れてって」 

野崎「!」 

美月「その墓まで……ボクを連れてって」 

野崎「……」 

御子柴「野崎……」 

美月「……お願い」 

野崎「……ああ」



117: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:05:14.70 ID:I6rIdHM70

野崎「ここだ」 

美月「……!!」 

御子柴「赤坂……美月……」 

美月「そんな……どうして……どうして……ボクの名前が……」 

野崎「……すまない」 

御子柴「……なんで謝るんだよ、別にお前は何も悪いことしてねーだろ」 

美月「……!!」 

御子柴「どうした美月?」 

美月「不思議な感覚……」 

御子柴「?」



118: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:05:43.67 ID:I6rIdHM70

美月「ボク……前にここに来た気がする」 

美月「初めて……ここに来たのに」 

野崎「……記憶が戻ろうとしているのか?」 

御子柴「……かもしれねえ」 

御子柴「つーことは……少なくともこの墓は……美月とは無関係ってわけじゃねえみてーだな」 

美月「……うん」



119: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:06:30.19 ID:I6rIdHM70

その日の夜 

美月「……」 

御子柴「心配すんなって、きっと思い出す」 

御子柴「クヨクヨしてても仕方ねえだろ?」 

美月「……だよね」 

御子柴「おう」 

美月「そうだよね!! ボク本人がいつまでもこんなんじゃダメだよ!!」 

美月「それに演劇も頑張らないとね!!」 

美月「ねっ!!!」 

御子柴「!!!///」プイッ 

美月「どしたの? そっぽ見て」 

御子柴「……俺の顔を直視したら……火傷するぜ?」 

美月「それは自分だろー?」 

御子柴「う、うるせえな!!///」 

御子柴(今の美月……めっちゃ可愛いじゃねえかよ///) 

御子柴(思わず直視できねえからそっぽ向いちまった)



120: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/12(火) 19:07:16.19 ID:I6rIdHM70

御子柴「……そうだ、演劇で思い出した」 

美月「何?」 

御子柴「実はよ、今度演劇部が合宿に行くことになったんだ」 

御子柴「それで俺も呼ばれることになってよ。 美月……お前も来るか?」 

美月「面白そう!! 行く行く!!」 

御子柴「よし、決まりだな。 早速堀先輩に連絡だ」 

美月「わーい!!」 

御子柴(……) 

御子柴(合宿、か……) 

御子柴(なんとしてでも……なんとしてでも……) 

御子柴(あのバッドエンドだけは避けなきゃいけねえ!!)



122: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:15:21.82 ID:RJ0cSQfK0

合宿当日 

美月「うわー!! おっきい!! 本当にこの船で行くの!?」 

御子柴「らしいぜ」 

瀬尾「すげー!! 鬼ごっことかできそうだよな若!!」 

若松「いや、俺はしないですよ!?」 

佐倉「野崎くん、いいネタが見つかるといいね!!」 

野崎「ああ」 

佐倉「でも……鹿島くん残念だね……足怪我して行けないなんて……」 

野崎「そうだな、すぐ治るといいが」 

御子柴「……」



123: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:16:37.39 ID:RJ0cSQfK0







御子柴『合宿、ですか?』 

堀『おう、つっても旅行みたいなもんだけどな』 

堀『野崎達も来るんだけどよ、お前もどうだ?』 

御子柴『あの……行く場所と宿の場所教えてもらえますか? それと参加メンバーと部屋にドライヤーはあるのかを……』 

堀『おいおい、すげえ質問攻めして来るな……』 

御子柴『す、すいません……』 

堀『泊まる場所はな、うちのOB……元部長の別荘だ』 

御子柴『!!!』



124: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:17:15.75 ID:RJ0cSQfK0

御子柴(部長……別荘……まさか……) 

御子柴『……篠原先輩すか?』 

堀『お!! よく知ってんな!! 話した事あったか?』 

御子柴『い、いや……鹿島から聞いて……』 

堀『なるほどな、あいつも部長の話するんだな』 

御子柴『……』 

御子柴(ゲームだと映研部長の篠原遥……) 

御子柴(まさか演劇部のOBとして出てくるとはな……) 

御子柴『俺も行っていいっすか?』 

堀『おう、構わねえよ』 

御子柴(恐らく行かねえと……話が進まねえからな)



125: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:17:50.59 ID:RJ0cSQfK0












御子柴「……」 

御子柴(こっから先、どうなるかちゃんと思い出さねえとな) 

御子柴(絶対に……アレは避けるぞ) 

御子柴(……ヤベエ、思い出しただけで鳥肌が……) 

美月「おーい!! 何ボーッとしてんの!? 早く行くよー!!」 

御子柴「!! お、おう!!!」



126: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:18:56.32 ID:RJ0cSQfK0

ブオー…… 

御子柴「いよいよか……」 

美月「うん!!」 

堀「……て、わけなんですよ」 

御子柴「あ、堀先輩……」 

御子柴「……!!」 

遥「そう……それは残念だったね」 

堀「部長に見せてやりたかったんですけどね……」 

遥「部長って……私はもう部長じゃないよ」 

堀「いやあ、つい……」 

御子柴(ぶ、部長だ……マジで部長がいる……) 

御子柴(……) 

御子柴(胸でけえな)



127: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:19:54.80 ID:RJ0cSQfK0

堀「お、御子柴に赤坂。 丁度いい所に」 

御子柴「な、なんすか?」 

堀「部長、この二人がさっき言ってた……」 

遥「なるほど、この子達が……」 

堀「紹介する。 うちのOBの篠原さんだ」 

遥「よろしくね、二人とも」 

美月「よろしくお願いしまーす!!」 

御子柴「お、お願いします……」 

遥「ビジュアルは合格点ね」 

御子柴「当たり前だろ? なんせ俺は世界中の男の中の頂点に立つ男なんだぜ?」 

堀「あ? うちの鹿島だろ?」 

御子柴「す、すいません!!///」 

遥「ふふ……堀、あんた相変わらずあの子を気にいってるみたいね」 

堀「そりゃあもううちの鹿島は何やらせても完璧で……」ペラペラ 

御子柴「……行こうぜ美月」 

美月「う、うん……」



128: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:22:05.00 ID:RJ0cSQfK0

数時間後 

瀬尾「着いたーーーー!!!」 

若松「はぁ……はぁ……先輩、なんでそんな元気なんですか?」 

若松「さっきまでずっと鬼ごっこやってたのに……」 

瀬尾「お前が体力ないんじゃねーの?」 

若松「先輩が異常なんですよ!!」 

野崎「合宿で芽生える恋……絶対にあるはずだ」 

佐倉「うん!!」 

野崎「もしかしたら美月と御子柴に……急展開が来るかもしれない」 

佐倉「あっ!! そうだね!!」



129: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:23:16.05 ID:RJ0cSQfK0

堀「ここが部長の別荘だ」 

瀬尾「でけー!! 鬼ごっことかできそう!!」 

若松「まだやるんですか!?」 

野崎「相当お金持ちなんですね、篠原先輩は」 

堀「まぁな」 

堀「部屋割りはこの間言った通りだ、各自自分の部屋に荷物置いておけ」 

部員「「「「はーーい」」」」 

美月「あ! ボクと同じ部屋が良かったって顔してる!」 

御子柴「は、はぁ!? 何言ってんだよ!?///」 

御子柴「……」 

御子柴(いよいよ始まるぜ……合宿という名の地獄が……) 

御子柴(確か最初は撮影……) 

御子柴「……!!」 



130: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:24:11.69 ID:RJ0cSQfK0

御子柴「ほ、堀先輩!! 演劇の練習とかってのは……」 

堀「? いや、やらねえぞ? 自分の荷物置いた後は自由行動だ」 

御子柴「は、はい……」 

御子柴(撮影はないってことは……そのまま美月と二人きりになるシーンか?) 

遥「美月ちゃんと……御子柴くんだっけ?」 

御子柴「!」 

美月「はい! なんですか?」 

遥「あの堀が代理と言えども……主演に選んだって言うぐらいだからね」 

遥「ちょっと演技……見せてもらえる?」 

御子柴「演技!?」 

御子柴(こういう形で来るか……)



131: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:24:58.04 ID:RJ0cSQfK0

遥「堀、別にいいわよね?」 

堀「俺は構わないですよ」 

堀「……じゃあ二人とも、終盤の抱きしめるシーンで頼む」 

御子柴「!!!?」 

御子柴「た、確かに台本にあったけど……まだそこまでやってないっすよ!?」 

堀「部長を感動させるにはそのシーンが一番いいと思ってな」 

御子柴「で、でも……」 

美月「アレ、緊張してる?」 

御子柴「ば、馬鹿野郎!! そんなんするわけねぇだろ!!」 

美月「大丈夫だって!! ボクがちゃんとリードするからさ!!」 

御子柴「お、俺の台詞だっての!!」 

美月「も~素直じゃないんだから~」 

堀「準備はいいか?」 

美月「はい! この子やる気満々です!!」 

御子柴「言ってねぇよ!!」



132: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:25:27.92 ID:RJ0cSQfK0

堀「よーい……スタート!!」 

美月「あなたは私から……肉体も魂も奪ったわ」 

御子柴(いいか、あのシーンまでは失敗するんじゃねえぞ) 

御子柴(それに俺は主人公と違って鼻血なんか出さねえ) 

御子柴「僕は君から何もきゃっ……」 

遥「あ、噛んだ」 

堀「カット!!」



133: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:26:07.82 ID:RJ0cSQfK0

堀「いいか!! 鹿島の代理ってのがどういうことか分かってんのか!!」 

堀「そんなんじゃ主演は務まらねえぞ!!」 

御子柴「す、すいません!! 本当にすいません!!!」 

遥「堀、いいからいいから」 

堀「! すいません、つい熱が……」 

遥「……ま、頑張ってね御子柴くん」 

御子柴「は、はい……」 

御子柴「……」 

御子柴(あのシーンさえ行かなかった……)



134: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:26:45.03 ID:RJ0cSQfK0

夕方 

御子柴「畜生……なんでだよぉ……なんで噛んじまったんだよぉ……」 

美月「おーよしよし、堀先輩怖かったねー」 

御子柴「う、うるせえ……」 

美月「涙目になってるよー」 

御子柴「なってねぇよ!! つーかこれ以上傷抉るんじゃねえよ!!」 

御子柴「それにリードするって言っただろ!! なんとかしろよ!!」 

美月「分かった分かった、ボクが悪かったから」 

美月「じゃあお詫びに……」 

ギュッ 

御子柴「!!!」



135: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:27:27.68 ID:RJ0cSQfK0

御子柴「ちょっ、なっ……///」 

御子柴(胸が……///) 

美月「……実琴」 

御子柴「!!!!」 

御子柴(名前で……呼ばれた……) 

美月「そういう悲しい顔してると……こっちまで悲しくなるよ?」 

御子柴「……」 

美月「だから元気だして……ねっ?」 

御子柴「……おう」



136: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:28:07.66 ID:RJ0cSQfK0

美月「……さて、と」ムクッ 

御子柴「どこに行くんだよ?」 

美月「私、ご飯作るの頼まれてるんだ。 そろそろ行くね!!」ダッ 

御子柴「お、おう……」 

御子柴「……」 

御子柴(何やってんだよ俺……) 

御子柴(なんで美月を励ます側が……励まされる側になってんだよ……) 

御子柴「……」 

御子柴(実琴って呼ばれた……)



137: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:28:49.77 ID:RJ0cSQfK0

御子柴「……ん?」 

御子柴(待てよ、さっき……) 








美月『私、ご飯作るの頼まれてるんだ。 そろそろ行くね!!』 












御子柴「『私』……」 

御子柴「……!!」ゾクッ 

御子柴(そうだ、ゲームでも一瞬出てきたんだよな……あの人格が……) 

御子柴(そんでその後は……) 

御子柴「……!!」 

御子柴(やべえ、こんなとこにいたら……) 

御子柴(あいつに植木鉢落とされちまう!!) 

御子柴(早く別荘ん中行かねえと!!)ダッ



138: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:29:21.81 ID:RJ0cSQfK0

御子柴「……ふぅ、中に入れば大丈夫だろ」 

御子柴「……」 

御子柴(問題はこの後だ……) 

「いやあああああああああ!!!」 

御子柴「!!!!」 

二村「ねえ、今の悲鳴って……」 

遥「まさか……」 

御子柴(……美月か) 

御子柴(大丈夫だ、ちゃんとした行動をとれば……) 

御子柴(ジェノサイドエンドを避けれる!!)



139: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/13(水) 21:30:01.02 ID:RJ0cSQfK0

御子柴「待ってろ美月!!!」ダッ 










御子柴「美月!! 大丈……」 

御子柴「……!!!」 













美月「」 

御子柴「……は?」 

野崎「御子柴!!」 

佐倉「みこりん!! 美月さんの悲鳴が……」 

御子柴「あ……あ……」 

野崎「……御子柴?」 

御子柴「あ……な……」 

佐倉「!!!!」 

御子柴「……なんで」 

御子柴「なんで血だらけに……?」



142: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:01:18.24 ID:tYwyt/bw0

美月「」 

佐倉「いやあああああああああああ!!!」 

野崎「美月!!!!」 

御子柴(どこだどこだどこだどこだどこだどこだどこだどこだどこだ) 

御子柴(どこで間違えたどこで間違えたどこで間違えたどこで間違えたどこで間違えたどこで間違えたどこで間違えたどこで間違えたどこで間違えたどこで間違えた) 

野崎「しっかりしろ美月!!! 大丈夫か!!」 

野崎「……!!!」 

野崎「死んで、る……」



143: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:02:07.94 ID:tYwyt/bw0

御子柴「うわあああああああああああ!!!」ダッ 

野崎「御子柴!!!」 

御子柴「うわああああああああああああ!!!」 

御子柴(どこだ……? 俺はどこで間違えたんだ!!?) 

御子柴(台詞噛んだのが行けなかったのか!? 俺が主役になったのがいけなかったのか!? 俺が美月と会ったのがいけなかったのか!?) 

御子柴(美月が死んだ美月が死んだ美月が死んだ美月が死んだ美月が死んだ美月が死んだ美月が死んだ) 

グサッ!! 

御子柴「……?」 

野崎「」バタッ 

御子柴「!!!!!」



144: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:02:45.72 ID:tYwyt/bw0

御子柴「うわああああああああああ!!!」タッタッタッ 

御子柴「はぁ……はぁ……」タッタッタッ 

御子柴「……誰かぁ!!!」タッタッタッ 

御子柴「……」 

御子柴「……は?」 









若松「」 

瀬尾「」 

堀「」 

二村「」 

遥「」 

佐倉「」 













御子柴「……なんで」 

御子柴「なんで、みんな、死んで……」 



145: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:03:18.85 ID:tYwyt/bw0

カツ……カツ…… 

御子柴「!!!!」 

カツ……カツ…… 

御子柴「お前か……お前が……やったのか」 

カツ……カツ…… 

御子柴「美月も……野崎も……みんな……お前がやったのかよ……」 

御子柴「誰なんだよ……お前は……誰なんだよ!!」クルッ 















タヌキ「……」 

御子柴「……」 

御子柴「マジで誰だよ!!?」



146: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:03:51.86 ID:tYwyt/bw0













前野「ごめん!! タヌキが可愛いから無理矢理話を変えちゃった!!」 

前野「ジェノサイドタヌキエンド!! これって僕のアイデアですよね!?」 

御子柴・宮前「前野おおおおおおおおおおおおおおお!!!」 













御子柴「……っは!!!」 



147: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:04:24.33 ID:tYwyt/bw0

御子柴「……んだよ今のは。 ふざけんじゃねぇよ」 

御子柴「……なんで俺があの人の気まぐれに振り回されなきゃいけねえんだよ」 

御子柴「まぁいいや、気を取り直して……どこからだ?」 

美月「よっ!! 主演男優代理!!」 

御子柴「ふおお!!?」 

御子柴(こ、この感触……) 

御子柴(美月の……尻……?) 

美月「こんな所で何やってんの?」 

御子柴「え、えっと……台本読んでんだよ」



148: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:04:53.48 ID:tYwyt/bw0

美月「練習……付き合ってあげよっか?」 

御子柴「い、いいのか?」 

美月「だって本番中に声裏返ったら困るもーん」 

御子柴「う、うるせえ!!///」 










美月「正直に言って……どうして貴方は私の存在を残したの?」 

御子柴「……僕はいつも正直だよ。 僕自身の考える言葉でいつも……」 

美月「違うの……無意識の中の貴方の声が聞きたいの」 

御子柴「……」 

ギュウ



149: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:05:43.19 ID:tYwyt/bw0

美月「……」 

御子柴「……」 

美月「……もうちょっとだけいい?」 

御子柴「……ああ」 

御子柴「……」 

御子柴(平常心平常心平常心平常心平常心平常心///) 

御子柴「き、今日の事思い出したのか?」 

美月「うん、植木鉢がキミに落ちてきたり……ボクの部屋を誰かが見てたり」 

御子柴(そっか、そこまで飛んでるんだよな) 

御子柴「……心配いらねえよ、俺がついてるからよ」 

美月「……うん」 

御子柴「俺が守ってやる」 

御子柴(もう二度と……美月にジェノサイドタヌキエンドの時のような目に合わせる訳にはいかねぇ) 

美月「鼻血出しても?」 

御子柴「……ださねぇ」 

美月「赤面しても?」 

御子柴「……しねぇ」 

美月「……かっこつけても?」 

御子柴「……かっこつけねぇ」 

美月「……鼻血は出さなくていいからさ、赤面したりかっこつけたりするのはいいよ」 

美月「ボクは実琴のそういうとこが好きなんだからさ」 

御子柴「……///」



150: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:06:25.42 ID:tYwyt/bw0

ガサッ 

美月「誰!!?」 

御子柴「……気のせいだ、誰もいねぇよ」 

美月「……だといいけど」 















野崎「やったぞ佐倉!! 素晴らしいネタが手に入った!!」 

佐倉「やったね野崎くん!!!」



151: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:07:24.20 ID:tYwyt/bw0















御子柴「……ん?」 

御子柴「また周りが真っ暗……場面が変わるのか?」 











美月「はー疲れたー」 

御子柴「!! 俺の……家……?」 

美月「え? どうしたの急に。 もしかしてキミも記憶喪失?」 

御子柴「ち、ちげえよ……」



152: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:08:05.53 ID:tYwyt/bw0

御子柴(そうだ、合宿から帰った後は……佐久間から電話が来るんだよな) 

御子柴(そんで病院に来るように言われて病院に行くんだよな) 

美月「じゃあご飯作るね!!」 

御子柴「! おう、サンキュー」 

御子柴「……」 

御子柴(そろそろか) 














美月「ごちそうさまー!!」 

御子柴「……」 

御子柴(あれ?)



153: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:08:51.88 ID:tYwyt/bw0

御子柴(電話かかってこねぇな……) 

御子柴(……いや待て、そもそも佐久間に会ってねえ) 

御子柴(つうかこの世界だと佐久間=鹿島だから……鹿島から電話かかってくるはずなんだよな) 

御子柴(……) 

御子柴(……なんで鹿島から電話が来るんだ?) 

御子柴(佐久間が主人公に電話してくんのは……死んだはずの美月が生きてて……その後色々調べて……それで俺に電話を……) 

御子柴(鹿島は美月の元カレでもねぇし美月と初対面だし……電話が来るはずがねぇんだ) 

御子柴(……ん? じゃあ野崎か?) 

御子柴(あいつは美月の墓の事も知ってる……あいつなら美月の事を気になって調べてるかもしれねぇ) 

御子柴(……考えてもしょうがねえ。 とりあえず待つか) 

美月「ふーろー」 

御子柴「!!」 

美月「早く次入りなよ?」 

御子柴「お、おう」



154: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:10:46.41 ID:tYwyt/bw0

御子柴「はぁ~……」 

御子柴「……すっげえ気持ちい」 

御子柴「……」 

御子柴(美月が入った後なんだよな、これ///) 

御子柴(……って、意識すんな俺!! 理性を保て!!) 

御子柴「……」 

御子柴(幸せ者だな、俺) 

御子柴(これだけお世話になってんだ。 俺もあいつの為に何か……) 










御子柴「あーいい湯だったー」 

御子柴「美月ー、あがっt 

グサッ



155: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:11:17.62 ID:tYwyt/bw0

御子柴「……」 

御子柴「……」 

御子柴「……」 

御子柴「……?」 

御子柴「……血?」 

御子柴「なんで、俺、血が……?」 

美月「志穂は……」 

御子柴「!!」 

美月「志穂は誰にも渡さない!!」 

グサッ!!!!



156: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:11:47.97 ID:tYwyt/bw0

















宮前「面識がないと電話がかかってきません。 会いに行きましょう」 

前野「うん!! その通り!!」 











御子柴「……はっ!!!」



157: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/14(木) 21:12:33.95 ID:tYwyt/bw0

御子柴「俺……美月に刺されたのか?」 

御子柴「なんで……なんで刺されたんだ?」 

御子柴「風呂に入ったのがいけなかったのか? それとも……」 










宮前『面識がないと電話がかかってきません。 会いに行きましょう』 











御子柴「……!!!」 

御子柴「そうか、あの時電話がかかってこなかったのは……」 

御子柴「佐久間……美月の元カレの佐久間に会ってねえからだ!!」 

御子柴「そうだ、俺は勘違いしてたんだ……」 

御子柴「勝手に鹿島=佐久間って結びつけてたんだ!!」



159: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 20:57:57.71 ID:tZD3uVcD0

御子柴「おし、そうと決まれば早く佐久間と美月を会わせて……」 

御子柴「……」 

御子柴「……佐久間ん家ってどこだ?」 

御子柴「いや待て、ここは部長だ。 OBの部長に聞いたら分かるかもしれねえ」 

御子柴「……ていうかどこからやり直しなんだ?」 

堀「紹介する。 うちのOBの篠原さんだ」 

遥「よろしくね、二人とも」 

御子柴「!!!」 

御子柴(ここは……部長と初めて会う場面……) 

御子柴(……だいぶ前に戻されたな)



160: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 20:58:29.78 ID:tZD3uVcD0

御子柴「あ、あの篠原さん」 

遥「ん?」 

御子柴「演劇部のOBで……佐久間良樹って人、知ってますか?」 

遥「……??? 誰それ」 

御子柴「!?」 

遥「堀、聞いたことある?」 

堀「いや、ないですね……」 

堀「御子柴、人違いじゃねえのか?」 

御子柴「は、はい……そうかもしれないです」 

美月「??」 

御子柴「……」



161: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 20:58:58.14 ID:tZD3uVcD0

御子柴(なんでだ……なんで知らねえんだ) 

御子柴(待て、もしかしたら違う設定で存在するんじゃねえのか?) 

御子柴(……あーくそ!! ワケ分かんなくなってきた!!) 

御子柴(なんとかして佐久間に会わねえと……また刺される!!!) 











御子柴「……」 

御子柴(結局、島に上陸しちまった……)



162: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 20:59:30.93 ID:tZD3uVcD0

瀬尾「でっけーな別荘!! 若!! かくれんぼしようぜ!!」 

若松「いい加減にしてくださいよ……」 

御子柴(瀬尾か……あいつ本当元気だな) 

御子柴「……」 

御子柴(待てよ、そう言えばあいつ……) 











瀬尾『お姉さんじゃん!! 久しぶり!!』 













御子柴(あいつは美月のことを知ってた……) 

御子柴(あの時はそのまま別れたけど……今なら聞く事ができる!!)



163: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:00:17.52 ID:tZD3uVcD0

御子柴「なぁ、瀬尾」 

瀬尾「ん? どうしたイケメン」 

御子柴「お前さ……この間美月見て久しぶりって言ってたけどよ……美月の事知ってんのか?」 

瀬尾「当たり前じゃん。 だって……」 













瀬尾「ウチの兄ちゃん、昔お姉さんと付き合ってたもん」 

御子柴「!!!」



164: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:00:44.07 ID:tZD3uVcD0

瀬尾「それで偶に私ん家に遊びに来てさ」 

瀬尾「けど本当に覚えてないんだなあの人ー。 マジで記憶喪失なの?」 

御子柴「……」 

瀬尾「イケメン?」 

御子柴(付き合ってた……美月と付き合ってた……) 

御子柴(つーことは……) 

御子柴(美月と瀬尾の兄ちゃんを会わせればいいんだ!!!)



165: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:01:17.87 ID:tZD3uVcD0

御子柴「サンキュー瀬尾!! マジで助かった!!」ダッ 

瀬尾「は?」 










御子柴「……ここなら誰もいねぇ」 

御子柴「……」スゥ 

御子柴「前野さん!!!!」 











パッ 

前野「はーい!! 呼ばれたよ!! 何!?」



166: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:01:51.38 ID:tZD3uVcD0

御子柴「俺がギャルゲーの主人公なら……今より前のシーンに戻る事ができるはずだろ?」 

前野「成る程!! 今より前のシーンに戻りたいんだね!! それでどこ!?」 

御子柴「俺と美月が野崎ん家にアシスタントしに行こうとするシーンだ」 

前野「了解!!」 

御子柴(そうだ、その時に戻って……瀬尾の家まで行けば……) 

御子柴(瀬尾の兄ちゃんと美月を会わせる事ができる!!) 

シュウウウウウウウン……



167: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:02:18.14 ID:tZD3uVcD0















御子柴「ここは……」 

美月「早く行こうよ!! アシスタント遅れるよ!!」 

御子柴(どうやら戻って来れたみたいだな) 

御子柴「美月、ちょっと待ってくれ」 

美月「?」



168: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:02:59.50 ID:tZD3uVcD0

御子柴「野崎ん家に行く前に……寄りたい所があるんだ」 

美月「どこ?」 

御子柴「……瀬尾ん家だ」 

美月「瀬尾?」 

御子柴「この間、映画館に行った時に会った女がいたろ? そいつん家だ」 

美月「あ!! あの人か!! でもなんで?」 

御子柴「詳しい事は後で話すけど……そいつん家に行けばお前が誰なのか謎が解けるかもしれねえんだ」 

美月「本当!!?」 

美月「あ、そっか! あの子、ボクの事知ってたしね!!」 

御子柴「だろ? んじゃ早速……」 

御子柴「……」プルルルル 

御子柴「なぁ佐倉、いきなりで悪いんだけどよ」 

御子柴「瀬尾の家ってどこにあるか知ってるか?」 

御子柴「実は美月の記憶喪失と関係あるかもしれねえんだよ」



169: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:03:37.36 ID:tZD3uVcD0















御子柴「……分かった。 ありがとな」 

ピッ 

御子柴「おし。 美月、早速瀬尾ん家n 

グサッ!!!



170: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:04:04.04 ID:tZD3uVcD0

御子柴「……」 

御子柴「……」 

御子柴「……」 

御子柴「……あれ」 

御子柴「なんで、また、血が……?」 

美月「志穂は……」 

御子柴「!!」 

美月「志穂は誰にも渡さない!!」 

グサッ!!!!



171: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:04:42.13 ID:tZD3uVcD0














宮前「強行突破は禁止です。 お兄さんはどこかのシーンで会える事ができます」 

前野「うん!! その通り!!」 















御子柴「……っは!!!」



172: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:05:09.10 ID:tZD3uVcD0

御子柴「無理矢理行こうとするのがダメって事は……どこかで今までと違う行動をしたら会えるってことか?」 

御子柴「……」 

御子柴「……どこだ?」



173: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:06:21.61 ID:tZD3uVcD0

その後、俺は試行錯誤した。 

前野さんに頼んであっちこっちのシーンを飛んだ。 

けどその度に…… 








グサッ!!! 









俺は…… 








グサッ!!! 









美月の形をした美月じゃない誰かに刺され続け…… 

グサッ!!! 













ここが空想の世界と言えども、痛覚はあるわけで…… 










グサッ!!! グサッ!!! グサッ!!! 






御子柴「……」 

御子柴「……これで……何回目だっけか」



174: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:06:52.51 ID:tZD3uVcD0

御子柴「なんだよ……なんでダメなんだよ…… 」 

御子柴「どこだよ……どのシーンに行けば……瀬尾の兄ちゃんに会えんだよ……」 

御子柴「……痛えよ……辛えよ……」 

御子柴「もうこれ以上……死にたくねぇよ……」 

御子柴「……うっ」ポタッ 

美月「ちょっと!! どうしたの!!?」 

御子柴「……!!」



175: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:07:28.25 ID:tZD3uVcD0

美月「なんで!? なんで泣いてるの!!?」 

御子柴「ば、馬鹿野郎!! 泣いてなんかねーよ!!」 

美月「いや思いっきり涙出てんじゃん!!」 

美月「ほらハンカチ!! 涙拭いて!!」 

御子柴「泣いてねぇっつってんだろ!! いらねえよ!!!」 

美月「……はーあ。 素直じゃないね」フキフキ 

御子柴「ちょ、やめ……」 



176: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:07:54.04 ID:tZD3uVcD0

美月「涙、止まったね」 

御子柴「……わりい」 

御子柴「……変な夢見たんだ」 

美月「夢?」 

御子柴「……俺が死ぬ夢」 

美月「……君が?」 

御子柴「美月にもう会えないって考えたら……なんか悲しくなって……」 

美月「……」 



177: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:08:30.28 ID:tZD3uVcD0

美月「もしボクが同じ夢を見たら……ボクも泣くかもしれないね」 

御子柴「……」 

美月「……約束しよ」 

御子柴「……?」 

美月「お互い自分達の前からいなくならないって」 

美月「こんな思い、もうしたくないもんね」 

御子柴「……おう」 

美月「さー約束した所で!! 早速作っちゃおうっか!! ボクのお手製料理!!」 

御子柴「……サンキュー」 

御子柴「……」



178: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/15(金) 21:09:02.78 ID:tZD3uVcD0

御子柴(そうだ……泣いてる場合じゃねえよ俺) 

御子柴(俺は美月の為にも……この世界を……このゲームを終わらせるんだ!!) 

御子柴(そんで美月に相応しい男になって……元の世界に戻って……) 







美月『お互い自分達の前からいなくならないって』 








御子柴「!!!!」 

御子柴(元の……世界に……戻ったら……俺と美月は……) 

御子柴(こうやって話す事も……できなくなるんだよな……) 

御子柴「……」



181: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:01:48.81 ID:AAuZu1Sb0

御子柴(って……何考えてんだ俺は!! これ以上バッドエンドを繰り返す気かよ!!) 

御子柴「こうしちゃいられねぇ!! どうにかして瀬尾の兄ちゃんを……」 

御子柴「どうやったら……どうやったら瀬尾の兄ちゃんに……」ブツブツ 

佐倉「みこりん、遼介さん知ってるの?」 

御子柴「うおお!!? 佐倉!!?」 

佐倉「そ、そんなに驚いてどうしたの!!?」 

御子柴(ここは……別荘か。俺、無意識に選んでたんだな) 

御子柴「所で佐倉、遼介っつうのは……」 

佐倉「うん、結月のお兄さんの名前」 

御子柴「遼介……」 

御子柴(そういや初めて聞いたな、瀬尾の兄ちゃんの名前)



182: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:02:39.25 ID:AAuZu1Sb0

御子柴(……ん? 待て、遼介って……) 

御子柴(在り来たりな名前だけど……この世界に来てからどこかで聞いたことがある気がする) 

御子柴(遼介……遼介……) 

御子柴(鹿島が怪我した時か? 違う……) 

御子柴(美月が堀先輩にスカウトされた時か? 違う……) 

御子柴(野崎とラーメン……) 

御子柴「……!!!!」 














野崎『都さんの友達の遼介さんが働いているカフェだ』 













御子柴「これだ!!!!!!」



183: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:03:20.74 ID:AAuZu1Sb0

佐倉「み、みこりん!!!? どうしたの急に大声出して!!?」 

御子柴「サンキュー佐倉!!! マジサンキュー!!!」 

佐倉「え? え?」 

御子柴「これで俺は……無限の地獄からようやく解放されるぜ!!」 

佐倉「?????」 

御子柴「悪いな……本当だったらお前を俺の女にしてやりてえが……俺には赤坂美月っつう女がいるからな……」 

御子柴「じゃあな!!」ダッ!! 

佐倉「……」 

佐倉「みこりん、頭でも打ったのかな」



184: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:03:50.67 ID:AAuZu1Sb0

御子柴「前野さん!! 前野さん!!! 前野さん!!!!」 














前野「もー、僕が好きだからってそんなに呼ばなくても」 

御子柴「ちげーよ!!!」 

前野「それで、どのシーンまで戻して欲しいの?」 

御子柴「野崎と美月の3人で食べに行くシーンだ」 

前野「分かった!! そーれ!!」 



185: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:04:32.11 ID:AAuZu1Sb0



















御子柴「……!!!」 

御子柴(戻って……来れた) 

野崎「ここのカフェでいいか?」 

美月「うわーオシャレなカフェだなー」 

野崎「都さんの友達の遼介さんが働いているカフェだ」 

御子柴「……野崎!! 俺、ここのパフェにしてえ!!」 

野崎「そうか、美月は?」 

美月「ボクもそこでいいよー」 

野崎「じゃあそうしよう」 

美月「……ていうかキミ、興奮してない? そんなに食べたい?」 

御子柴「……な、なに言ってんだよ!! そんなガキじゃあるめーし!!」 

御子柴(瀬尾の兄ちゃんに会えるのを考えるとつい……)



186: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:05:02.74 ID:AAuZu1Sb0

カランコロン…… 

野崎「三名で」 

店員「かしこまりました」 

御子柴(どこだ……瀬尾の兄ちゃんはどこだ?) 

美月「何キョロキョロしてんのー?」 

御子柴「だ、だからなんでもねーって!!」 

御子柴(大丈夫、すぐに分かるはずだ……焦んな俺)



187: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:05:35.81 ID:AAuZu1Sb0

野崎「どうだ、中々美味いだろ」パシャ 

御子柴「まぁ……確かに悪くねえな」 

御子柴(どこにいるんだ……? 裏で仕事してんのか?……まさか今日は休みとかねぇよな……) 

野崎「ならよかった。 美月は?」 

美月「美味しい!!!」 

パリーン!! 

野崎「な、何の音だ!?」クルッ 

遼介「……」 

野崎「! 遼介さん……?」 

御子柴「!!!!」 

御子柴(この人が……瀬尾の兄ちゃん……) 

御子柴(美月の……元彼!!)



188: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:06:06.53 ID:AAuZu1Sb0

遼介「み、つき……?」 

美月「?」 

遼介「今……美月っつったのか? 美月なのか?」 

美月「は、はい……」 

ガシッ!! 

美月「えっ!!?」 

遼介「生きてるはずがねぇ!!」 

遼介「お前が……生きてるはずがねぇ!!!」 

御子柴(生きてるはずがない……) 

御子柴(確か佐久間もゲームで言ってたっけな)



189: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:06:34.54 ID:AAuZu1Sb0

野崎「遼介さん!! 落ち着いてください!! どうしたんですか急に!!」 

店員「ちょっと! 瀬尾くん何やってるの!!」 

遼介「……!!!」 

美月「……?? ???」 

御子柴「……美月、大丈夫か?」 

美月「う、うん……」 

遼介「……悪かった」 

野崎「あの……遼介さん、美月と面識があるんですか?」 

遼介「……逆に聞くけどお前らとその子はどういう関係なんだ」



190: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:07:10.43 ID:AAuZu1Sb0

御子柴「美月は……俺ん家に居候してます」 

遼介「……どこで会ったんだ?」 

御子柴「こいつが……野崎が商店街で倒れてる所を美月が見つけてくれて……」 

御子柴「その時から記憶喪失らしいです。 気づいたら歩いてたって……」 

御子柴「……んで、今は一緒に暮らしてます」 

遼介「……」



191: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:07:40.20 ID:AAuZu1Sb0

野崎「遼介さん……俺の質問にも答えてくれますか?」 

遼介「……ああ、俺は美月の……」 

店員「瀬尾くんいつまで喋ってるの!! 早く仕事して!!」 

遼介「!!! す、すいません!!!」 

遼介「……わりい、後で……」 

御子柴「!!」 

御子柴(ダメだ、ここで電話番号を聞かねえと……電話が来ねえ!!) 

御子柴「あの……」 

ガシッ 

美月「……ダメ」 

野崎「美月……?」 

美月「あの人と……これ以上関わったら……嫌な予感がするの」 

御子柴「!!」 

御子柴(これってもしかして……あの人格じゃねえか?)



192: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:08:18.62 ID:AAuZu1Sb0

御子柴(どうする……? ここで抵抗したら……刺されるか?) 

野崎「……御子柴、一旦ここを出よう」 

野崎「遼介さんの連絡先は都さんが知ってるし……詳しい話をするのは後でも遅くない」 

御子柴「……そうだな、美月も怯えてるしな」 

美月「……早くここを出ましょう」 

御子柴「あ、ああ」



193: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:08:52.29 ID:AAuZu1Sb0

「ありがとうございましたー」 

野崎「すまない、まさかこんな事になるとは思わなかった……」 

御子柴「別にお前が謝る事じゃねえよ」 

御子柴「それに……速く店出て行かねえと堀先輩が……」 

野崎「堀先輩……?」 

御子柴(! やべ、堀先輩のイベントをスルーしちまうなんて言えねえ) 

御子柴「な、なんでもねぇ、色々あるんだよ俺にも」 

野崎「……乙女心は複雑と言うからな」 

御子柴「おい、誰が乙女だ」 

美月「……」 

御子柴「!」 

美月「あの人……生きてる筈がないって……」 

御子柴「……」



194: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:09:24.52 ID:AAuZu1Sb0

御子柴「……あんまり気にすんな美月、きっと何かの誤解だ」 

美月「……うん」 

堀「よう野崎」 

野崎「!!」 

堀「偶然だな、ここで会うなんて……おっ、マミ……こ柴も一緒か」 













前野「めんどくさいでしょ!? 飛ばしてあげるよ!!」 

御子柴「前野さん!!?」 

前野「流石僕!! 気がきくね!!」 

御子柴「……自分好きなんだなあんた」



195: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:09:56.95 ID:AAuZu1Sb0



















美月「じゃあご飯作るね!!」 

御子柴「……!! おう、サンキューな」 

御子柴「……」 

プルルルル…… 

御子柴「!!」 

御子柴(もしかして……遼介さんか!?) 

御子柴「もしもし!! 遼介さんすか?」 

野崎『御子柴、俺だ』 

御子柴「! 野崎……」



196: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:10:34.17 ID:AAuZu1Sb0

御子柴(……そうだ。俺、野崎に俺の連絡先を遼介さんに伝えてくれなんて一言も言ってねぇじゃねえか) 

野崎『今、お前はどこにいる? 美月は?』 

御子柴「……俺もあいつも家だ」 

野崎『今……美月を置いて外に出れるか?』 

御子柴「……美月の事でか?」 

野崎『ああ、どうやら遼介さんが俺達二人に話したい事があるらしい』 

御子柴「……どこで会えばいいんだ?」 

野崎『俺の家の近くに病院の廃墟があるのは知ってるか?』 

御子柴(やっぱりあそこか) 

御子柴「おう」 

野崎『美月には内緒でそこに来て欲しいそうだ』 

野崎『時間は今すぐに……らしい』 

御子柴「おう、すぐ行く」 

野崎『そうだ、最後に言いたい事がある』 

御子柴「?」 

野崎『今回登場するモブの名前、中田と村山、どっちがいいと思う?』 

御子柴「どっちでもいいだろそんなの!!!」



197: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:11:03.06 ID:AAuZu1Sb0

ピッ 

御子柴「……ったく、あいつはこんな状況でも漫画家脳かよ」 

美月「誰からだったー?」 

御子柴「……野崎」 

美月「あーやっぱりね。 マミコとか鈴木とか単語が出てたもんね」 

美月「なになに? 新キャラの話ー?」 

御子柴「まぁ……そんなとこだ」 

御子柴「そんでな美月……ちょっと野崎と会う事になった」 

美月「えっ……?」



198: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/18(月) 21:11:42.60 ID:AAuZu1Sb0

御子柴「実はな……野崎ん家に忘れ物してたんだ。 ちょっと取りに行ってくる」 

美月「……」 

御子柴「ご飯、ちゃんと帰ったら食べるから。 折角作ってくれたもんな」 

美月「……そう」 

御子柴「……?」 

美月「行ってらっしゃい」 

御子柴「!!!!」ゾクッ 

御子柴(やべえ……まただ!! あれだ!!) 

御子柴「は、早めに帰ってくるからな!!」ダッ 

美月「……」 

















美月「……」 

美月「もう二度と……帰ってこなくてもいいのよ」



200: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:13:20.15 ID:K7b8AueY0

御子柴「うおおおおおおおおお!!!」タッタッタッタッ 

御子柴(怖え怖え怖え怖え!!!) 

御子柴(今のはやべえ!! とんでもねぇ殺気だ!!!) 

御子柴(ついてきてねぇよな!? ついてきてねぇよな!!?) 

御子柴「野崎いいいいいいいいいいい!!!」タッタッタッ 

















御子柴「はぁ……はぁ……」 

御子柴「着いた……」



201: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:14:04.31 ID:K7b8AueY0

野崎「御子柴」 

御子柴「!! 野崎いいいいいいい!!!」ギュウ 

野崎「!!!? ど、どうした……そんな涙目になって」 

御子柴「……っは!! な、なんでもねぇよ!!」 

御子柴(何やってんだ俺は!! 泣きっ面で野郎に抱きつくなんて……) 

御子柴(それでも男か俺は!!?) 

野崎「俺に鈴木役が務まるだろうか」 

御子柴「は???」



202: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:14:33.19 ID:K7b8AueY0

御子柴「なぁ……それより遼介さんは?」 

野崎「もうすぐ着くそうだ」 

遼介「おーい!!!」 

御子柴・野崎「!!!」 

遼介「悪いなお前ら!! 待ったか!?」 

御子柴「……いや、いま来たとこっす」 

遼介「そうか、ならよかった。 とりあえず中で話そうぜ」 

野崎「はい」



203: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:15:00.62 ID:K7b8AueY0

遼介「じゃあまずは……前に言いそびれた俺と美月の関係だな」 

御子柴「はい」 

遼介「美月は……」 

遼介「俺の元カノの双子の姉だ」 

野崎「双子の姉……? 美月は双子なんですか?」 

遼介「ああ」 

御子柴「……あの時、生きてるはずがないって言ったのは……本当はもう死んでるからですか?」 

遼介「! よく分かったな……」 

御子柴「俺達……墓を見たんです、美月の」 

遼介「墓を……」



204: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:15:40.86 ID:K7b8AueY0

野崎「ちょっと待て、じゃあ俺達の前にいる美月は亡霊か何かか?」 

御子柴「いや……美月の名前を借りた別人だ」 

遼介「ああ、そうじゃないと納得がいかねえ」 

御子柴「……遼介さん、手に持ってるその封筒は?」 

遼介「……そうだ、これを見せなきゃな」ゴソゴソ 

野崎「これは……テニスをしている美月の写真?」 

遼介「この写真……おかしい所がある。 分かるか?」 

御子柴「……この写真、片方は右手でラケットを持ってるのにもう片方の写真は左手で持ってる」 

御子柴「美月は両利きじゃないのにこの写真はおかしいですよね」 

遼介「よく分かったな……」 

野崎「御子柴……お前は天才か?」 

御子柴(やべ……少しでしゃばりすぎたか?)



205: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:16:16.92 ID:K7b8AueY0

遼介「答えはもう出てる。 お前らの目の前にいる美月と名乗っている女の子の正体……」 

遼介「それは……俺の元カノ、赤坂志穂」 

遼介「……赤坂美月の双子の妹だ」 

野崎「妹……」 

御子柴(こっから先はあんまり喋らねえ方がいいかもな) 

野崎「ちょっと待ってください、だったら彼女はどうして美月を名乗っているんですか?」 

遼介「……南西総合病院」 

野崎「?」 

遼介「美月……いや、志穂はそこでカウンセリングを受けてる」 

遼介「その先生に聞いた話だと……」



206: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:16:43.64 ID:K7b8AueY0














野崎「……解離性同一性障害?」 

遼介「ああ、らしい」 

御子柴「志穂に……美月の人格が生まれたんすね?」 

遼介「そうだ、あいつは……美月は志穂を溺愛していた」 

遼介「だから志穂が男と遊んでたり男を家に連れて来たりすると……美月は暴れ狂ったように志穂に暴力を振るってたそうだ」 

遼介「その後、美月は自殺……志穂はそれがトラウマとなり……結果、志穂の中に美月の人格が生まれた」 

遼介「俺が……もっとしっかりしていれば……」 

野崎「……遼介さん、自分を責めないでください」



207: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:17:18.47 ID:K7b8AueY0

遼介「記憶を失っていたのも……その病気が関係あるかもしれない」 

御子柴「昔の自分を知らない……つまり第三の人格……」 

野崎「つまり赤坂志穂には三つの人格があるのか……」 

遼介「この数日間、大学を休んで調べた結果だ」 

野崎「……ありがとうございます」



208: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:17:46.67 ID:K7b8AueY0

遼介「御子柴くん……だっけか?」 

御子柴「? はい」 

遼介「君もこのままだと美月の被害に会う可能性がある」 

野崎「!! 確かにそうだ……妹を溺愛し、付き合う男を遠ざけさせた美月の人格があるなら……」 

野崎「今最も距離が近い御子柴を美月は許さないはず……」 

遼介「先生が言うには『志穂の中に巣食う美月は嫉妬深く凶暴で、志穂に近寄る人物に危害を加える可能性が高いから気を付けろ』……だそうだ」 

遼介「俺が集合場所をここにしたのも彼女に知られないようにする為だ」 

遼介「お前ら二人の家で志穂について話してるなんて聞いたら血相変えて襲ってくるに違いない」 

御子柴「……そうっすよね」



209: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:18:20.03 ID:K7b8AueY0

野崎「あの……その人格を消す方法は?」 

遼介「それが……先生はそこまでは……」 

野崎「……」 

御子柴「……あれしかねぇ」 

野崎「?」 

御子柴「俺の中に……一つだけアイデアがあります」 

御子柴「野崎も……遼介さんも……協力してもらっていいですか?」



210: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:18:52.85 ID:K7b8AueY0
















野崎「……本当にそれで治るのか?」 

御子柴「やってみる価値はあると思うんだ」 

御子柴「……二人とも頼む!! 」 

御子柴「俺は志穂を救いたい……」 

御子柴「それが……あいつを支える……俺の役目なんだ!!!」 

野崎「御子柴……」 

御子柴「……ダメか?」 

野崎「……俺は倒れてる所を美月に助けられた。 その恩を人格を消すという形で返す事にしよう」 

御子柴「野崎……!!」 

遼介「そこまで言われたらやるしかねぇな……大学生は懐が深いってとこを見せてやらねえとな」 

御子柴「……ありがとうございます!!!」



211: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/19(火) 21:19:20.36 ID:K7b8AueY0

遼介「じゃあ俺は結月に電話すりゃいいんだな」 

野崎「まさか遼介さんが瀬尾のお兄さんだったとは……」 

御子柴「今日知ったのかよ!!?」 

野崎「えっと……俺は堀先輩と若松だな」 

御子柴「ああ……俺は佐倉……あと美月だ」 

御子柴(終わりは見えて来た……この作戦を成功させて……) 

御子柴(必ず志穂を救ってみせる!!)



213: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/19(火) 22:33:11.75 ID:4p1XA/K8o

乙 

よくよく考えたら佐久間って可哀想だよな。普通に交際してただけなのに彼女の姉に妨害され 
彼女は最終的に別の男と付き合うし。でも主人公がピンチの時は助けてくれるしイケメンは人間出来てる



214: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:44:53.32 ID:0M6g5bhs0

数時間後・学校 

野崎「えー、みんな集まっただろうか」 

佐倉「いまーす!!」 

若松「います!!」 

瀬尾「すっげーな!! 先生誰もいねーぜ!!」 

鹿島「ははは、はしゃぎすぎだよ先生」 

御子柴「……」 

御子柴「なんで鹿島がいるんだよ!? 怪我は!?」 

鹿島「治った!!」 

堀「流石はうちの鹿島だぜ……!!」 

御子柴(すげー嬉しそうだな) 

①⑨① 
美月「いやー電話で呼ばれた時は何かあると思ったら……」 

美月「学校で肝試しやるならやるって早く言ってくれればいいのにー」 

御子柴「ちょ、ちょっとびっくりさせたかったんだよ……」 

遼介「……」 

瀬尾「兄ちゃん兄ちゃん、お姉さんと話さねえの?」 

遼介「……お前はちょっと黙っててくれ」 

野崎「よし、俺入れて9人いるな」 

野崎「これから夏の思い出作りと題して肝試しをやりたいと思います」



215: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:45:23.21 ID:0M6g5bhs0

野崎「まず、二人一組になります」 

野崎「次に俺が書いたこの地図通りに進んでもらいます」 

野崎「ゴールまで行った時点で一番ポイントが多い人が勝ちです」 

佐倉「ポ、ポイント……?」 

野崎「道中少女漫画要素を多く取り入れたチームの勝ちです」 

鹿島「何それ!?」



216: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:45:52.00 ID:0M6g5bhs0

堀「あー……もしかして片方が怖くて抱きついたり……とかか?」 

野崎「そういうことです」 

野崎「因みによりマミコ、鈴木っぽいとポイントが更に増えます」 

瀬尾「いや、誰だよ」 

佐倉「そっか!! 今日肝試しをやるのは……漫画の肝試しネタのためなんだね!!」 

野崎「ああ」 

遼介「何の話をしてるのか全く分かんねえ」 

野崎「じゃあペアを発表します」 

佐倉「!!」ドキッ 

御子柴「野崎と一緒だといいな、佐倉」 

佐倉「う、うん……」 

野崎「あ、俺は審査役なので参加しません」 

佐倉「」



217: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:46:26.49 ID:0M6g5bhs0

野崎「堀先輩と鹿島ペア、若松と瀬尾ペア、佐倉と遼介さんペア、そして御子柴と美月ペアだ」 

野崎「1ペアずつ行ってもらうから呼ばれるまではこのスタート地点で待機してくれ」 

野崎「……まずは堀先輩と鹿島ペア」 

鹿島「いつでも抱きついてくださいね!!」 

堀「なんで俺が抱きつくんだよ!!」 

野崎「……」スタスタ 

佐倉「野崎くん着いて行くの!!?」 

野崎「だって俺がついていかないとポイントの判定ができないだろ」 

佐倉「そ、そっか……」 

野崎「じゃあ二人がゴールまで行ったら帰ってくるから」 

御子柴「おう、速く帰ってこいよ」 

美月「あ! もしかして怖い?」 

御子柴「……ああ、怖いさ。 どんな女も魅了しちまう自分の魅力がな☆」 

美月「おー! 今日の誤魔化し方はいつになく上手いねー!!」 

御子柴「誤魔化してねーよ!!!///」 



218: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:47:04.95 ID:0M6g5bhs0

瀬尾「あー早く終わらせよーぜー」 

若松「落ち着いてくださいよ先輩……」 

瀬尾「……だって」 

若松「?」 

瀬尾「兄ちゃんがお姉さんとお話しするなって、折角久しぶりに会ったのに」ボソボソ 

若松「……それは先輩が口を滑らせない為ですよ」ボソボソ 

若松「それに……御子柴先輩の為でもあるんですから」ボソボソ 

瀬尾「分かった分かった」 

野崎「若松、瀬尾」 

若松「うわあっ!!?」 

瀬尾「びっくりしたー、お前の存在の方がよっぽどおばけだわ」 

野崎「……次はお前達の番だ」 

瀬尾「よっしゃ!! じゃあ行くか若!!!」ダッ 

若松「あ、ちょっと!! 待ってくださいよ!!!」



219: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:47:31.26 ID:0M6g5bhs0

美月「あの二人仲良いねー」 

御子柴「そうだな」 

美月「うーん……まだ思い出せないや、結月ちゃんの事」 

御子柴「……」 

美月「それに……あの人も」 

御子柴「……遼介さんか?」 

美月「ボクは記憶喪失になる前は……瀬尾家と何か関係があるって事なのかな?」 

御子柴「まぁ……そういう事になるな」



220: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:48:06.22 ID:0M6g5bhs0

野崎「次は佐倉と遼介さん」 

遼介「! よし行くか千代ちゃん」 

佐倉「遼介さんだと不安だなぁ……」 

遼介「おい」 

スタスタ…… 

美月「二人きりになっちゃったねー」 

御子柴「……」 

御子柴(早く帰ってこいよ野崎、早く帰ってこい) 

御子柴「いいか!! 震えてるのは武者震いだからな!! 怖いとかじゃないからな!!」ブルブル 

美月「分かった分かった」 

御子柴「……」ブルブル 

御子柴(あいつら……もう準備できてんのか?)



221: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:49:03.24 ID:0M6g5bhs0

御子柴「……なぁ美月」 

美月「何?」 

御子柴「お前はこれから……俺とどうなりたい?」 

美月「ボク? んーそりゃあ……」 

御子柴「……」 

美月「一緒にいたいって……思うよ」 

御子柴「……本当か?」 

美月「勿論!! そういう君は!?」 

御子柴「俺も……同じだ」 

御子柴「だからそうなる為にも……」 

御子柴「俺は……」 

野崎「二人とも」ヌッ 

御子柴「おわあっ!!?」 

野崎「みんなゴールの屋上で待ってる」 

美月「……行こっか!!」 

御子柴「……おう」



222: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:49:32.19 ID:0M6g5bhs0

御子柴「……」スタスタ 

美月「……」スタスタ 

野崎「二人が歩いてると目の前におばけが現れました」 

御子柴「は?」 

美月「いやーーーーーーーー!!!」 

ギュッ 

御子柴「!!!///」 

野崎「怯えるヒロインに男は一言」 

御子柴「……俺を見ろよ、おばけなんて忘れちまうぜ☆」 

美月「じゃあ早く退治して!!」 

御子柴「そ、それどころじゃねえ///」 

野崎「うーん……いまいちだな」 



223: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:50:00.97 ID:0M6g5bhs0

ガチャッ 

美月「屋上ついたー!!」 

美月「……ってあれ!? 誰もいないよ!?」 

御子柴「……」 

美月「実琴……?」 

御子柴「さっきの話の続きだけどよ……」 

美月「……?」 

御子柴「俺はお前と一緒にいたい……だから……」 

御子柴「志穂……お前を救う!!」 

美月「……!!」



224: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:50:31.51 ID:0M6g5bhs0

御子柴「この写真……お前がテニスをしている写真だ」 

御子柴「ラケットを右手で持ってる写真と……左手で持ってる写真……」 

御子柴「お前って両利きじゃないよな?」 

美月「……」 

御子柴「俺はもう……何もかも知ってるんだ!!」 

御子柴「赤坂美月……これ以上志穂を支配するのはやめろ!!」 

美月「……」 

御子柴「目を覚ませ志穂!! 美月に負けちゃダメだ!!」 

御子柴「お前は本当は……赤坂志穂なんだ!!」 

美月「……たが」 

御子柴「……?」



225: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:51:00.70 ID:0M6g5bhs0

美月「あんたが志穂の何を知ってるのよ!!」ダッ 

御子柴「!!!」 

御子柴(出てきた!! 美月の人格が!!) 

御子柴「今だ!!!」 

ガシッ 

美月「!!!」 

野崎「俺がいたのを忘れてただろう」 

美月「くっ……離……せ!!」 

御子柴「今からお前の人格を消滅させる」 

美月「はぁ!? どうやって私を消滅させるっていうのよ!!」 

美月「私は絶対に消えないわ!! 私は志穂とずっと一緒なの!!」 

美月「だから……志穂に擦り寄ってくる男は……全員死んじゃえばいいのよ!!!」 

バッ!! 

野崎「しまった!! 腕が……」 

美月「ふんっ!!」 

ドゴォ!! 

野崎「ぐぅ!!?」 

御子柴「野崎!!!!!!」



226: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:51:29.29 ID:0M6g5bhs0

美月「あっはっはっはっ!! 弱ーい!! その程度の力で私を抑えてたなんて!!!」 

美月「決めたわ……私は……志穂と一緒に死ぬ!!」 

御子柴「!!!」 

美月「このまま誰かと一緒になるくらいなら……一緒に死んだ方がマシよ!!」 

美月「私はあの世で志穂と一緒になるの!!」 

御子柴「待て!! 早まるな!!」 

野崎「御子柴、美月のあの場所は……」 

御子柴「……」コクリ 

御子柴(ドンピシャだ!) 



227: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:52:02.13 ID:0M6g5bhs0













遼介『ショック療法?』 

御子柴『はい、俺が志穂の前で真実を言って……美月の人格を出します』 

御子柴『その人格が出てる状態で……高い所から飛び降りれば……』 

遼介『おいおい、高い所から飛び降りるたって、死んだら意味ねーぞ!?』 

御子柴『はい、だから下には陸上部が使うマットを使って……』 

野崎『陸上部……その作戦は学校でやるのか?』 

御子柴『おう、屋上から飛び降らせる』 

遼介『……どうやって呼び出すんた?』 

野崎『!! それだったら俺にいい案があります』



228: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:52:30.23 ID:0M6g5bhs0

御子柴(美月が下を見て気づく前に……) 

御子柴(もし仮に気づいても……俺が無理矢理引っ張って一緒に落ちてやる!!) 

御子柴「飛び降りるんじゃねえ! 美月!!」 

美月「止めたってもう遅いわよ!!」バッ 

御子柴「!!!」 

野崎「飛び、降りた……」 

グシャア!!! 

御子柴「!!!!!」



229: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:52:58.06 ID:0M6g5bhs0

野崎「待て、今の音は……」 

御子柴「志穂!!!!」 

御子柴「……!!!!!!!」 

御子柴「はぁ……はぁ……」 

野崎「御子柴!! 何があった!! 美月は無事か!!?」 

野崎「……!!!」 

御子柴「志穂……だけじゃない」 

野崎「佐倉達みんな……死んでる」



230: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:53:36.45 ID:0M6g5bhs0

御子柴「志穂が……志穂が死んだ」 

御子柴「志穂が志穂が志穂が志穂が」 

野崎「落ち着け御子柴!!」 

野崎「こういう時こそ落ち着くんだ!!なんでマットが引き裂かれて……なんでみんな血まみれで倒れてるかは分からない」 

野崎「それにまだ死んでるとは限らない!! 俺は下に行って様子を見るからお前は救急車を呼んでくれ!!」 

バタン!!!! 

御子柴「!」 

野崎「誰だ!!」 
















ジェノサイドタヌキ「……」 

ザシュッ!!! 



231: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:54:11.62 ID:0M6g5bhs0















前野「いやー可愛いからついまた出しちゃった!!!」 

御子柴「前野さん!! ふざけんじゃねぇよ!!」 

御子柴「もうすぐでクリアなのに……やっと終わるのに……邪魔するんじゃねえよ!!」 

宮前「邪魔してません」 

御子柴「!!! 剣さんあんたまで……」 

宮前「だってバッドエンド確定ですから」 

御子柴「……は?」



232: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:54:41.65 ID:0M6g5bhs0

御子柴「おいちょっと待て、どこでバッドエンド確定だったんだよ? どこで間違えたんだよ?」 

御子柴「ちゃんと遼介さんと会っただろ!? ちゃんと病院の廃墟まで行って……美月が志穂って証拠もゲットして……」 

御子柴「原作と同じで学校まで呼んで高い所から飛び降りて……なぁ、どこで間違ってたっていうんだよ!!」 

前野「ズバリ、原作に頼るな!!!」 

御子柴「……は?」 

前野「君はショック療法で美月ちゃんを消そうとしたけど……そのアイデアは元のゲームの主人公のアイデアでしょ?」 

前野「だからここは君の力で彼女の人格を消さないと!! ねっ!?」 

御子柴「俺の……力……?」 

宮前「単刀直入に言います」 

宮前「廃墟に行った後は自宅に帰ってください」 

御子柴「え……?」



233: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:55:18.43 ID:0M6g5bhs0

前野「君の志穂ちゃんに対する思いを!!! 直接美月ちゃんに言えばいいんだよ!!」 

宮前「説得させてください」 

御子柴「は!!?」 

パーッ…… 

御子柴「!! お、おい待てよ!! 消えないでくれよ!!!」 

宮前「君ならできます」 

前野「うん!! その通り!!!」 













御子柴「……!!!」 



234: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/20(水) 20:55:49.87 ID:0M6g5bhs0

御子柴(どう言う事だよ……訳わかんねえよ!!!) 

御子柴(……) 

御子柴(あの二人が言ってたのは……美月を説得させて……人格を消滅させるって事なのか?) 

野崎「御子柴、お前は何かいい案はないか?」 

御子柴「!!!」 

御子柴(ここは……廃墟か) 

御子柴(あの二人が言ってるのが本当だとしたら……これから俺がやるべき事は……) 

御子柴「……ある」 

遼介「本当か!? なんだ!?」 

御子柴「……美月を直接説得させる!!」ダッ 

野崎「!! 御子柴!!」 

遼介「待て!!! 二人きりは危険だ!!!」 

御子柴「刺されるのが怖くて……死ぬのが怖くて……あいつの彼氏が務まるかよ!!」 

御子柴「俺は何回死んででも……志穂を助ける!!!」



236: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:29:37.79 ID:BW48brNT0

御子柴「はぁ……はぁ……」タッタッタッ 

ガチャッ 

御子柴「わりい美月!! 今帰った!!」 

美月「お帰り!! ……大丈夫? 息切れしてるけど……」 

御子柴「はぁ……だって……一秒でも早く……お前に……会いたかったから……」 

美月「や、やだなぁもう///」 

御子柴「……志穂」 

美月「……え?」



237: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:30:07.15 ID:BW48brNT0

御子柴「お前の本名は……赤坂志穂だ」 

美月「赤坂……志穂……」 

御子柴「この写真……お前がテニスをしてる写真なんだけどよ……」 

御子柴「片方は左手で持っててもう片方は右手……お前両利きじゃないよな?」 

御子柴「俺はもう全部知ってるんだ……南西総合病院でカウンセリングを受けてる事も……赤坂美月が死んでる事も……双子だって事も……」 

御子柴「出てこい赤坂美月……」 

御子柴「お前に……話がある」 

美月「……」



238: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:30:31.68 ID:BW48brNT0

美月「ふーん、そう……」 

美月「もう全部……知ってるのね」 

御子柴「……!!」 

美月「志穂は……私の物なの。 私だけの物なの」 

美月「だから志穂は……誰にも渡さない」 

御子柴「……お願いします!!!」バッ 

美月「!」 

御子柴「俺が……必ず志穂さんを幸せにしてみせます!!!」 

御子柴「料理もします!! 家事もします!! なんでもします!!!」 

御子柴「俺に任せてよかったって……必ず思えるようにします!!」 

御子柴「絶対後悔させません!! だから……」 

御子柴「俺と志穂さんを付き合わせてください!!」 

御子柴「……志穂!! お前の返事を聞かせてくれ!!」 

美月「……」 

美月「あっはっはっはっ!!」 

御子柴「!!!」



239: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:31:12.00 ID:BW48brNT0

美月「面白ーい!! 何その命乞いの仕方!!」 

美月「そんな事言ってもね……」 

美月「今の私には……何も通じないの!!」サッ!! 

御子柴「包丁!?」 

美月「私と志穂の邪魔をしないで!!」 

御子柴「うわあああああ!!!」 

カランコロン…… 

御子柴「……?」 

美月「あ……はぁ……はぁ……」 

御子柴「み、美月……?」 

美月「……」 

美月「……実琴くん」 

御子柴「!!!」



240: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:31:57.28 ID:BW48brNT0

御子柴「……志穂?」 

志穂「うん……そうだよ」 

御子柴「出てきて……くれたのか?」 

志穂「うん」 

御子柴「……ありがとう」 

志穂「ううん、お礼を言うのは私だよ」 

志穂「私を探してくれて……呼んでくれて……ありがとう」 

志穂「……返事なんだけどね」 

御子柴「!!」 

志穂「私は……」 

志穂「……!!!」 

御子柴「……志穂?」 

志穂「う……うう……うわああああああ!!!」 

御子柴「!!!!」



241: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:32:23.07 ID:BW48brNT0

美月「はぁ……はぁ……」 

美月「志穂は……黙ってなさい」 

御子柴「!! 志穂!! 目を覚ませ!!!」 

美月「うるさい!!!」 

美月「そうやってまた……志穂を誘惑しようとして……あの子は騙されてるのよ!!」 

美月「だってあなた、永遠のラブハンターですもんね? 色んな女の子口説いて口説いて口説きまくって……」 

美月「ほんっと男って醜い生き物!!!」 

美月「こんなやつの物になるんだったら……志穂と一緒に死んだ方がマシよ!!」 

御子柴「!!! 待て志穂!! 出てきてくれ!! 早まるな!!」 

美月「志穂は私と一緒にいなきゃいけないの!!」



242: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:33:00.76 ID:BW48brNT0

御子柴「美月! お前は志穂の事が好きなんだろ?」 

御子柴「だったらお前は……志穂を支配しちゃダメだ!!」 

御子柴「志穂に……自由を与えてくれよ!!」 

美月「またそんな事言って……所詮志穂と一緒になりたいから……二人きりになりたいからそんな事言ってるんでしょう?」 

美月「私が邪魔なだけなんでしょう? 結局そんな事言ってるのは自分だけの為じゃない」 

御子柴「……ちげえ」 

御子柴「俺は……志穂の幸せの為に言ってるんだ!!!」 

美月「……今度こそ黙らせてあげる!!」



243: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:33:32.27 ID:BW48brNT0

野崎「そこまでだ!!!」 

美月「!!!」 

御子柴「野崎!!?」 

佐倉「みこりん大丈夫!!?」 

若松「怪我はないですか!!?」 

瀬尾「お姉さん、殺そうとしちゃダメだろ」 

御子柴「お前ら……どうしてここに?」 

堀「野崎に電話で呼ばれてな……不安だから来てくれって」 

遼介「事情は全員に話した」 

御子柴「!! じゃあ……」 

鹿島「うん、知ってる……」 

鹿島「そこにいるのは……赤坂志穂さんだよね?」 

美月「……」



244: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:34:09.84 ID:BW48brNT0

美月「どうせ……みんな志穂の味方なんでしょう?」 

美月「私達はずっと一緒なの!!」サッ 

遼介「! 自分を刺す気だ!!」 

御子柴「やめろ志穂!!」 

若松「出てきてください!!!」 

佐倉「お願い!! やめて!!」 

鹿島「お姉さんに負けちゃダメだよ!!」 

野崎「……御子柴!! アレだ!!」 

御子柴「は?」 

野崎「志穂の大好きな……お前のアレで志穂を呼ぶんだ!!!」 

御子柴「……!」



245: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:34:46.67 ID:BW48brNT0

堀「おい野崎、何を言って……」 

御子柴「志穂……さっさと出てきな」 

瀬尾「?」 

御子柴「まぁ……出てこねえのも無理はねぇよな、だって俺と話そうとすると……」 

御子柴「緊張して話ができねえ……だから恥ずかしがって美月を使って隠してんだろ?」 

御子柴「それと美月……お前も成仏させてやるぜ」 

御子柴「俺をずっと見るんだ……メロメロになってあっという間に昇天しちゃうぜ☆」



246: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:35:18.71 ID:BW48brNT0

野崎「……」 

佐倉「……」 

鹿島「……」 

堀「……」 

瀬尾「……」 

若松「……」 

遼介「……」 

美月「……」 

御子柴「なんか言えよ!!!///」



247: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:35:53.66 ID:BW48brNT0

美月「……」バタッ 

御子柴「!!! 志穂!!!」 

佐倉「だ、大丈夫!!?」 

御子柴「しっかりしろ!! 志穂!!」 

美月「……」ムクッ 

御子柴「!! 大丈夫か!? なんで急に倒れ……」 

志穂「……お姉ちゃん」 

御子柴「……?」 

志穂「お姉ちゃん……いなくなったよ」 

御子柴「!!!」



248: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:36:20.69 ID:BW48brNT0

御子柴「ほ、本当か!? 本当にいないのか!!?」 

志穂「うん、本当にいない……」 

志穂「今、私の中にいるのは……私だけだよ」 

御子柴「……そっか」 

鹿島「じゃあもう……大丈夫なんだね!?」 

佐倉「志穂さん……本当に良かった」 

遼介「あんなんで本当になくなったのかよ……」 

御子柴「……」フラッ 

野崎「!」 

御子柴「……」バタッ 

若松「御子柴先輩!!?」



249: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:36:55.66 ID:BW48brNT0

堀「どうした!!? まさかお前まで……」 

御子柴「……よかったぁ」ウルッ 

御子柴「志穂が自由になれて……本当に良かったぁ」 

御子柴「うっ……ひぐっ……えうっ」 

瀬尾「すっげー、イケメンめちゃくちゃ泣いてる」 

佐倉「みこりん!! 泣いたらかっこ悪いよ!!」 

御子柴「だって……嬉しくて……」 

志穂「はい、ハンカチ」 

御子柴「……わりい」 

志穂「折角のイケメン顔が台無しだよ?」 

御子柴「……そうだな」 

遼介「……」 



250: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:37:32.86 ID:BW48brNT0

遼介「んじゃ、帰るか」 

瀬尾「えっ、なんだよ兄ちゃん急に」 

遼介「俺達ゃ邪魔者だろ? それにもう俺達がいなくても心配ねぇよ」 

佐倉「……そうですね!!」 

鹿島「堀先輩!! 私お腹空きましたー!!」 

堀「俺もだ……じゃあどっかで食べるか」 

鹿島「わーい!!」 

瀬尾「兄ちゃん本当はイケメンにお姉さん取られて悔しいんじゃねーの?」 

若松「ちょ、ちょっと瀬尾先輩!!」 

遼介「馬鹿!! んなわけねぇだろ!!」 

遼介「……俺には都がいんだよ」ボソ 

瀬尾「え? なんて?」



251: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:38:07.49 ID:BW48brNT0

野崎「しかし俺の御子柴のキザ台詞作戦は成功したみたいだな」 

堀「! あれか……アレで本当に美月は昇天したのか?」 

野崎「はい、御子柴は第三の人格にはしょっちゅう言っていましたが……美月には一回も直接言ってませんでした」 

野崎「あいつの台詞で惚れて大人しくいなくなったんでしょう、志穂も出てきましたし」 

佐倉「流石だよ野崎くん!!///」 

堀「……ま、うちの鹿島でもできただろうけどな、な?」 

鹿島「勿論です!!」 

あははははは…… 

御子柴「……」



252: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:38:34.82 ID:BW48brNT0

御子柴「みんな……行っちまった……」 

志穂「実琴くん」 

御子柴「!!」 

志穂「さっきの返事なんだけどね……」 

志穂「私も……実琴くんが好き」 

御子柴「!!!!///」ドキッ 

志穂「実琴くんと……ずっと一緒にいたい」 

御子柴「……」 

御子柴「じゃ、じゃあ改めて……」 

御子柴「俺と……付き合ってください///」 

志穂「はい!! 喜んで!!」



253: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:39:07.98 ID:BW48brNT0

志穂「これかもずっーと……私を笑わせてね?」 

御子柴「おう!! ……ん? 笑わせる?」 

志穂「うん!! 私、君のあのカッコつける台詞好きなんだ! 面白いもん!!」 

御子柴「あ、あれは芸じゃねえよ!!///」 

パーッ 

御子柴「ん? なんだ? 光……」 

前野「おめでとう御子柴くん!!」 

宮前「おめでとうございます」 

御子柴「剣さん……前野さん……」



254: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:39:43.38 ID:BW48brNT0

前野「見事グッドエンディング達成!! というわけで……」 

宮前「元の世界に戻します」 

御子柴「!!!!」 

御子柴(そうだ……忘れてた……) 

御子柴(ここは……ゲームの世界なんだ) 

御子柴「……戻らねえ」 

前野「ん?」 

御子柴「俺は……元の世界には戻らねえ」 



255: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:40:22.98 ID:BW48brNT0

前野「何言ってんの!! 君の意志関係なく、これは決まりなの!!」 

御子柴「俺は約束したんだ!! 志穂の前から……いなくならないって!! ずっと一緒にいるって!!」 

御子柴「なぁ志穂!! 約束したよな!!?」 

志穂「……」 

前野「無駄だよ!! 僕が時を止めてるんだから!!!」 

御子柴「そうだ!! 2周目!! なぁ2周目やらせてくれよ!!」 

前野「さぁ元の世界に返すよ!! 前野マジーック!!」パーッ 

御子柴「や、やだ!! 戻りたくねぇ!! 俺は戻りたくねぇ!!!」 

宮前「黙ってください」 

御子柴「志穂!! 志穂!!! 志穂!!!!」 

パーッ 

御子柴「うわああああああああああああああああああああ!!!!!」



256: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:41:00.47 ID:BW48brNT0













御子柴「……」 

御子柴「……!!」 

御子柴「……」 

御子柴「俺の……部屋……」 



257: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:41:37.32 ID:BW48brNT0

外 

御子柴「……」スタスタ 

御子柴(父さんも母さんも……ノアもいた) 

御子柴(あれはただの長い夢だったのか……現実だったのか……) 

御子柴(今となっては分からねぇな……) 

御子柴「……」 

若松「あ、御子柴先輩!!! おはようございます!」 

御子柴「!! 若松……」 

御子柴「……お前、頭怪我してるけど……大丈夫か?」 

若松「いやあ……実は瀬尾先輩にまたボールぶつけられて……」 

若松「あ! でも大丈夫ですよ!! いつものことなんで!!」 

御子柴「……まぁ何回も包丁で刺されるよりかはマシだよな」 

若松「!!?」 



258: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:42:09.38 ID:BW48brNT0

御子柴「……!!」 

御子柴(確かここって……) 

御子柴「……なぁ若松、ここって病院の廃墟なかったか?」 

若松「え? ないですけど……」 

御子柴「……そっか」 

若松「?」 













学校 

野崎「御子柴、おはよう」 

御子柴「! 野崎」 

野崎「ちょっと聞きたい事があるんだが……いいか?」 

御子柴「ん? なんだよ?」 

野崎「作中のカップルだが……今の所、マミコと鈴木、尾瀬と和歌だけだろう?」 

野崎「実は剣さんにそろそろ新しいカップルを出した方がいいと言われて……」 

野崎「……何かいいアイデアはないか?」 

御子柴「……」 



259: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:42:35.18 ID:BW48brNT0

御子柴「……新キャラ、か」 

御子柴「あるぜ、飛びっきりのアイデアが」 

野崎「本当か!?」 

御子柴「ああ、まず名前なんだけどな……」 












御子柴「……志穂ってのはどうだ?」



260: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:43:03.44 ID:BW48brNT0

数ヶ月後 

野崎「凄いぞ御子柴!! お前の考えてくれた志穂ちゃんが……」 

野崎「今やマミコをも凌ぐ人気だ!!」 

御子柴「な? 俺すげーだろ?」 

野崎「くっ……俺も負けてられないな」 

野崎「しかし……『俺を志穂の相手のモデルにしてくれ』と言ってくれた時は驚いたぞ」 

御子柴「ま、まぁな……俺の魅力を全国の読者に伝えようと思ってな」 

野崎(既にマミコがいるから差別化するのに困った) 

御子柴「……」 

御子柴(あれが夢でも……夢じゃなくてもいいんだ) 

御子柴(志穂が幸せだったら……いなくならなかったら……俺はそれでいいんだ) 

御子柴(お前の為に……綺麗な花、いっぱい描いてやるからな) 

終わり



261: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/22(金) 21:44:15.62 ID:BW48brNT0

これで終わりです。 
別のSSと並走だったのですが無事完結できました。 
読んでくださった方、レスしてくださった方、ありがとうこざいました。



262: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:22:33.80 ID:qvnDaXIGo

乙 
ダブルキャストは俺の青春だった 
好きな子を、自分が幸せにするために一緒にいられる選択をするのはいいね 

野崎や鹿島になぜ乗り換えたか、とか設定あるならトピックス書いてほしいなー



263: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:24:36.22 ID:iHfQ4pe+o

乙 

面白かったし懐かしかった 
最後は途中まで熱かったのにあれでいいのかw








他のおすすめSS
野崎「友田が転校して来た」 
野崎「ニューダンガンロンパV3?」 
野崎「もうすぐ都さんの誕生日だ」 
理樹「………終点?」佳奈多「グゥ………」 
サターニャ「そろそろバカなフリするのやめようかしら…」 
フェネック「アライさん、またヤってしまったねぇー」 
佐倉「クイズ!! 野崎くんの100の事」 
野崎「ちょっと待ってくれ、これはセガサターン用のCD-ROMなんだ」 
怪盗少女野崎くん 
佐倉「私、花も描けるようになりたい!!」御子柴「なんだよ急に」