転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515754880/

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:01:21.11 ID:BUVzXs4R0

佐倉「ええっ!? な、なんで!!?」

野崎「実はな……都さんのアシスタントが全員風邪で倒れてしまったんだ」

野崎「締め切りももうすぐだからな……そこで俺が急遽行く事になった」

野崎「同業者のピンチを見過ごすわけにはいかないからな」

佐倉「野崎くん……」





2: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:02:12.88 ID:BUVzXs4R0

佐倉「ね、ねぇ!! 私も行っていいかな!?」

野崎「佐倉……?」

佐倉「私も野崎くん……それに都さんの力になりたいの!!」

野崎「……そうだな、人手が多いときっと都さんも助かるだろう。 是非来てくれ」

佐倉「うん!!!」



3: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:02:40.64 ID:BUVzXs4R0

都「ごめんなさい二人とも、迷惑かけちゃって……」

野崎「迷惑だなんてとんでもありません。 こんな経験、滅多にありませんから」

野崎「勉強させていただく気持ちでやらせていただきます」

佐倉「わ、私も頑張ります!!」

都「ありがとう二人とも……本当に助かるわ」




4: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:03:10.85 ID:BUVzXs4R0

野崎「しかしアシスタントさん全員ダウンとは……」 

佐倉「最近寒い日が続くからねぇ……」 

都「そうねぇ……みんな前野さんが来るまでは元気だったんだけど……」 













前野『都先生、こんにち……ゲエッホ!!』 

前野『ああこれ? 気にしないでください!! きっと誰かが僕の噂を……ゲエッホゲエッホ!!』 













野崎・佐倉「前野おおおおおおおおおお!!!」



5: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:03:39.40 ID:BUVzXs4R0

佐倉「それ絶対前野さんの所為ですよ!! 全部前野さんが悪いですよ!!!」 

都「や、やっぱりそうなのかしら……」 

野崎「しかし……今更そんな事を言ってもしょうがない」 

野崎「俺達は今できる事をしよう」 

佐倉「う、うん!!!」



6: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:04:12.78 ID:BUVzXs4R0

数時間後…… 

野崎「大分終わりに近づいて来ましたね」 

都「そうね。 これも二人のおかげよ」 

佐倉「そ、そんな!! 私なんか全然……」 

都「……」ボーッ 

野崎「……都さん? どうしました?」 

都「……」バタッ 

佐倉「都さん!!?」



7: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:04:45.14 ID:BUVzXs4R0

野崎「大丈夫ですか都さん!!? しっかりしてください!!!」 

都「ごめんなさい……私も今更……風邪をもらったみたい///」 

野崎「とりあえずベッドで寝ましょう」 

佐倉「風邪薬とかありますか!!? 後は冷えピタとか……」 

都「確か台所の所に……」



8: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:05:13.48 ID:BUVzXs4R0

野崎「この状態で漫画を描くのは難しいですね……」 

都「ごめんなさい……後もう少しなのに……」 

野崎「後は俺達でなんとかしますから」 

佐倉「都さんは安静にしててください!!」 

都「そうね……このまま作業をしてても二人に風邪が映るし……」 

都「お言葉に甘えて……休ませていただくわ」



9: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:05:52.19 ID:BUVzXs4R0

野崎「さて佐倉、後は二人で終わらせるぞ」 

佐倉「うん!!」 

野崎「……はっ!!」 

佐倉「ど、どうしたの野崎くん!!?」 

野崎「俺は……とんでもない事に気づいてしまった……」 

佐倉「と、とんでもない事……?」 

野崎「残りの描かないといけないシーン……」 






野崎「背景を描かないといけない!!」 

佐倉「ええっ!!?」



10: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:06:18.86 ID:BUVzXs4R0

野崎「背景だけじゃない。 ここにはトーン……それに花も描かないといけない」 

佐倉「ど、どうするの!!? 堀先輩も若松くんも……みこりんもいないよ!!?」 

野崎「最悪トーンはなんとかなるが……花と背景はあの二人がいないと……」 

佐倉「ちょ、ちょっとみこりんに電話してみる!!」 

野崎「いや、ダメだ」 

佐倉「え……? どうして分かるの?」 

野崎「今日御子柴がアシスタントに来ていない理由……それは……」 


野崎「ギャルゲーの新作の発売日でゲーム屋に並んでるからだ!!」 

佐倉「えーーーー!!?」



11: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:06:46.32 ID:BUVzXs4R0

佐倉「どうしよう……みこりんがいないと花が描けないよ!!」 

野崎「かと言って都さんに描かせても……」 

野崎「……とりあえず花の事を考えてもしょうがない、まずは背景だ」 

野崎「堀先輩に電話してみよう」 

佐倉「う、うん!!」 

プルルルル…… 

堀『はい』 

野崎「堀先輩。 俺です、野崎です!!」 

堀『野崎か、どうしたんだ?』



12: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:07:19.36 ID:BUVzXs4R0

野崎「……という事があって」 

堀『そりゃ一大事だな……分かった、すぐ行く』 

野崎「いいんですか!? ありがとうございます!!」 

堀『買い物も終わった所だったからな』 

野崎「買い物……?」 

堀『次の演劇で鹿島に着させる衣装だ』 

野崎(休みの日でも鹿島の事を考えていたのか……) 



13: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:07:54.72 ID:BUVzXs4R0










堀「……と、着いた」 

堀「確か野崎ん家の隣っつってたな」 

堀「……ん?」 

真由「……」 

堀(なんだ……? 野崎ん家の前で体育座りしてる……?)



14: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:08:21.26 ID:BUVzXs4R0

堀「どうした……? なんかあったのか?」 

真由「……」 

堀(おいおい、無視かよ……) 

堀(……待てよ、この顔誰かに……) 

堀「……!!」 









野崎『俺には弟がいて……』 






堀「もしかしてお前……野崎の弟か!?」 

真由「……」コクリ



15: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:08:51.68 ID:BUVzXs4R0

ピンポーン 

野崎「来たか!?」 

ガチャッ 

堀「おっす」 

佐倉「堀先輩!!」 

野崎「……ん? 後ろにいるのは……」 

真由「……」 

野崎「真由!!?」 

堀「お前ん家の前でずっと待ってたぞ」 

野崎「真由……どうして……」 

真由「……」 

野崎「成る程、部活の遠征で近くによったからそのまま泊めてもらおうと考えてたわけか」 

堀「何も喋ってないのに分かるのかよ!!?」



16: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:09:17.87 ID:BUVzXs4R0

野崎「分かった。 じゃあ家の鍵を渡すから。 ゆっくりしてってくれ」 

佐倉「後は花が描ければ……」 

堀「なんだよ、花担当のやつこれねえのか?」 

真由「花描けます」 

野崎「何!!!?」



17: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:09:47.75 ID:BUVzXs4R0

部員『主将!! この卑猥な絵には何かが足りない気がします!!』 

真由『……?』 

部員『なんか周りに……花のとかあると……よりおしゃれになるような……』 

真由『……』 











御子柴『花の描き方?』 

真由『はい』 

御子柴『とうとうお前も俺を師として慕うようになったってわけか……いいぜ、教えてやるぞ』 

御子柴『けど優しくは教えねえぞ……俺についてこいよ?』 

真由『zzz……』 

御子柴『寝るな!!』 



18: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:10:15.21 ID:BUVzXs4R0

真由「できました」 

佐倉「凄いよ真由くん!! こんなに綺麗に描けるなんて!!」 

堀「やればできるじゃねえか!!」 

野崎「よくやった真由。 後はゆっくり休んでくれ」 

真由「……」コクリ 






都「野崎くん、みんな……本当に何から何までありがとう」 

野崎「いえ、俺達は当然の事をしたまでです」 

都「何かお礼をしなくちゃね……」 

佐倉「そ、そんな!! 申し訳ないですよ!!」 

都「でも……」 

野崎「じゃあ……ネタになりそうな恋バナありますか?」 

都「!! それならあるわ、えっとね……」



19: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/12(金) 20:10:47.16 ID:BUVzXs4R0

別の日 

野崎「今日は剣さんが来るんだ。 綺麗にしないと」フキフキ 

ピンポーン!! 

野崎「!! 来た!!」 

ガチャッ 

前野「夢野先生こんにちはーー!!」 

野崎「前野さん!!? どうしてここに!!?」 

前野「宮前くんったら風邪で急に倒れちゃって!! だから僕が急遽代わりに!!」 

前野「ま、お陰で僕はすっかり風邪治ったんですけどね!!」 

野崎「前野おおおおおおおおおおおおおおお!!!」 

終わり 







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
堀「若松、その怪我どうしたんだよ?」若松「瀬尾先輩にボールをぶつけられて……」 
【月刊少女野崎くん】浦島梅太郎 
佐倉「スタンドのスタープラ千代です!!」野崎「よろしく」 
鶫「感情を反転させる薬ですか?」千棘「どうしてこうなった!」
佐倉「ええっ!? 野崎くん以外の人が私を好きになる魔法!?」