転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1471789170/

1 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:19:30 ID:clTHwaHw


長女「ひぐっ・・・うっ・・・・・」

男「・・・なんで泣いてるの?やな事でもあったの」

長女「あ、男ちゃん・・・」

男「どうしたのさ、長女姉さん」

長女「あのね、今日仕事で失敗して怒られちゃって・・・明日仕事行きにくいなぁって」

男「失敗は誰にでもあるよ。気にしないってのは違うけど、引きずる事じゃないと思うよ」



2 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:20:14 ID:clTHwaHw

長女「でもなんか顔合わせ辛くて・・・私、あの職場でやっていけるかな」

男「今まで出来てたなら出来るよ。言う程、人って鈍感だから、敏感に気にする人っていないんだよ」

長女「そうかなぁ・・・」

男「だって僕が料理を失敗したって長女姉さんはそれをいつまでも言及する?」

長女「しないよぉ!男ちゃんのだもん!」

男「でしょ?なら安心して。ね?」



3 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:21:07 ID:clTHwaHw

長女「う、うわぁぁぁん!男ちゃぁん!」ギュゥ

男「嫌なこと言わたら僕に言って?いくらでも聞いてあげるから。いくらでも慰めてあげるから」

長女「ひぐっ・・・うぐっ、わかったぁ」

男「僕は長女姉さんの味方だから」

長女「男ちゃぁん・・・うううっ」ギュゥ

男「く、くるしいって!」




4 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:21:47 ID:clTHwaHw






次女「ただいま」

男「次女姉さん、おかえり」

次女「いい子にしてたかしら?」

男「僕は犬猫じゃないんだけど」

次女「はぁ・・・疲れたわ。お風呂入れる?」

男「今、三女姉さんが入ってるよ」



5 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:22:29 ID:clTHwaHw

次女「ちぇっ。じゃあ男君、マッサージしてくれるかしら?肩が痛いのよ」

男「お仕事お疲れ様」グニグニ

次女「あぁー・・・いいわー・・・・・」

男「ねぇ、次女姉さん」

次女「なぁに?お小遣いかしら」

男「違う違う」

次女「なんなのよ」



6 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:23:11 ID:clTHwaHw

男「今日、学校でお菓子作ったんだけど食べる?」

次女「へぇ・・・いいわよ。なに作ったの?」

男「チョコのブラウニーだけどさ」

次女「いいじゃない。私、大好きよ」

男「僕も次女姉さんのこと好きだよ」

次女「ばっ!?ち、違うわよ!話聞いてた!?ブラウニーのことよ!」

男「あ、ご、ごめん」



7 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:23:44 ID:clTHwaHw

次女「ったく・・・・・」

男「あ、これ1個しかないからバレないようにしてね」

次女「ふーん・・・で、なんでそれ私なのよ?」

男「別にいいでしょ?」

次女「早く言いなさいよ」

男「次女姉さんの好物って、お母さんに聞いたから」

次女「・・・長女姉さんや三女にはこんな事してないでしょうね?」



8 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:24:15 ID:clTHwaHw

男「え?してないけど、なんで?」

次女「してないならいいわよ」

男「う、うん」

次女「私にしかこんなことしちゃダメよ?」

男「どうして?」

次女「ど、どうしてって・・・・・どうしてもよ!わ、わかったわね!?」

男「うん、わかった」



9 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:25:36 ID:clTHwaHw





三女「男ー!男はおらぬかー!」

男「はいはい、お呼びでござるかー?」タッタッタッ

三女「ゲームするぞ!ゲーム!」

男「ごめん、今ご飯作ってるから手が離せないんだ」

三女「今こっち来れてるじゃんか」

男「三女姉さんが呼んだからでしょ」

三女「あー言えば、こー言う!お姉ちゃん舐めんなよー!」



10 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:26:14 ID:clTHwaHw

男「舐めてないよ。もうキッチン戻るからさ」

三女「だんめ!お姉ちゃんと遊ぶのが優先だ!」

男「遅れて次女姉さんに怒られても三女姉さんのせいにするよ?」

三女「うぐっ・・・ず、ずるいぞー!男の反則負けだからなー!」

男「はいはい、反則したので退場しますね」

三女「いけず!」

男「三女姉さん・・・」



11 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:27:41 ID:clTHwaHw

三女「がきんちょ!」

男「三女姉さん!」

三女「な、なんだよぉ!急に大声出すなよぉ!」

男「後でいくらでも付き合ってあげるから、今はちょっと勘弁して?」ナデナデ

三女「なっ!?・・・い、今だけだかんな!今だけ!特別に!」

男「ありがと。じゃあお願い聞いてくれた三女姉さんには、僕からも特別におかず1品サービスしとくから」

三女「ほんとか!?まっ、しょうがねーなぁ・・・へへ」



12 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:28:14 ID:clTHwaHw





次女「あなた、男君知らないかしら?」

三女「あーん?知らないけど」

次女「学校は一緒に帰ってきてないの?」

三女「あたしは部活やってるから一緒じゃないし」

次女「役に立たないわね」



13 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:29:18 ID:clTHwaHw

三女「なんだよ!あたしは次女姉ちゃんに役立つ為に生きてるわけじゃねーんだよ!」

次女「はいはい、ごめんなさいね。・・・・・遅いし、少し心配ね」


\ただいまー/


三女「なんだよ普通に帰ってきたじゃん」

次女「そうね。心配して損したわ」

男「ただいま」



14 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:30:27 ID:clTHwaHw

次女「買い物に行ってたのかしら?それならちゃんと私達に連絡してからに――ッ!?」

長女「ただいまぁ。遅くなってごめんね」

次女「・・・・・何?長女姉さんと2人で買い物行ってたのかしら?」

男「うん、学校出て直ぐに長女姉さんの車と鉢合わせから、たまたまね」

三女「変なことされなかったか!?」

男「変なことって・・・まぁそれより早くご飯の準備してくるからね」スタスタ



15 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:32:30 ID:clTHwaHw

長女「2人ともお姉ちゃんに、おかえりなさいはないのぉ?」

次女「ちっ・・・」

長女「うぅー、随分な挨拶でお姉ちゃん悲しいよぉ」

三女「・・・・・おい」

長女「三女ちゃん、お姉ちゃんに向かって『おい』はないんじゃないかなぁ?」

三女「弟に何もしてないだろうな?」



16 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:33:53 ID:clTHwaHw

長女「何もって、何かなぁ?私はただ、男ちゃんと、2人で、お買い物に、行った、だけのことだもん」ニコニコ

次女「年長者がぶりっ子しないでくれるかしら?虫唾が走るわ」

長女「酷いなぁ、次女ちゃんは」

次女「今日のもどうせ偶然装ってやった事でしょう?」

長女「どうかなぁ・・・どうだと思う?」ニコッ

三女「あ゙?」



17 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:34:44 ID:clTHwaHw

次女「常習犯が何を言ってるのかしら」

長女「えへへ、まぁふしだらな事はしてないよぉ?」

次女「なら別の事はしたって事かしら?」

長女「男ちゃんに聞いたら?えへへ、今日のご飯はハンバーグ♪ハンバーグ♪」スタスタ

三女「あ、おい!待てよ!」

次女「・・・・・」



18 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:35:29 ID:clTHwaHw



次女(・・・まぁ別にどうでもいいわ。こんな奴ら。だって)


三女(ふん・・・余裕があるみたいな顔してるけど)


長女(えへへ、牽制したものの実は最初から決着は着いてるんだけどねっ)




次女(男君は私が好きだから)フンスッ


三女(男はあたしが特別だから)ヘヘッ


長女(男ちゃんは私の味方だから)ドヤァ



19 : ◆TXaB6XtamM 2016/08/21(日) 23:36:03 ID:clTHwaHw



一方、その頃・・・



妹「お兄ちゃん大好きー!」ギュー

男「おー、お兄ちゃんも好きだよー。あ、そうだ今日は特別に妹にシュークリーム買ってきたんだよ」

妹「ほんと!?やったー!」

男「お兄ちゃんと妹だけの秘密ね。お兄ちゃんを裏切らないでねー?」

妹「うん!私はお兄ちゃんの味方だよー」



おわり



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/22(月) 00:59:01 ID:ZvrHUba2

続きはよ



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/24(水) 01:32:29 ID:gdm/KpAI

続きを書いて下さい、お願いします。






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
もこっち「モテないし仮面ライダーでも見る」 
霧切「苗木君のパーカーが脱ぎ捨てられているわ。」
 
苗木「江ノ島さんって本当に超高校級のギャルなの?」
 
大和田「あぁ!?」不二咲「ひぃっ!」