転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385933474/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 06:31:14.00 ID:3rC4Ecba0

八幡「は?隣には男の人が住んでたはずですよ、一昨日も挨拶しましたし」

陽乃「あーその人なら出てってもらったよ♪」

八幡「えっどうやって…?」

陽乃「それは聞かない方がいいと思うけどな~」

八幡(何をやったんだこの人は……)



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 06:39:36.89 ID:3rC4Ecba0

八幡「それにしてもなぜこんなぼろアパートに引っ越してきたんですか?ここ雪ノ下さんが住むような所じゃないですよ」

陽乃「比企谷くんの近くにいたいからに決まってるじゃない」

八幡「なんでまた俺の近くに………あなたとは雪ノ下の姉という繋がりでしかないはずですよ」

陽乃「う~んそうだね、今はまだその程度かもね」

八幡「とりあえず俺も家にいる時くらいはゆっくりしたいんで、そこの所お願いしますよ」

陽乃「わかってるって♪」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 06:44:51.45 ID:3rC4Ecba0

八幡「雪ノ下さん」

陽乃「なに比企谷くん?」

八幡「そろそろ帰ってもらってもいいですか?引っ越しの挨拶ならもう十分だと思うんですけど」

陽乃「冷たいな~比企谷くん……、そうだ夕ごはんまだだよね?」

八幡「まだ食べてないですけど……」

陽乃「私が作ってあげるよ♪」

八幡「そんな…悪いですって」

陽乃「いいのいいの遠慮しないで♪」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 06:54:58.78 ID:3rC4Ecba0

陽乃「ハンバーグとコンソメスープとシーザーサラダにしてみたよ!」

八幡「美味しそうですね……それじゃいただきます……」 パクッ

陽乃「どうかな?」

八幡「めちゃくちゃ美味いです…普通に店でだされてもおかしくないレベルです」

陽乃「ほんと?喜んでもらえて嬉しいな~」

八幡「なんで俺なんかにここまでしてくれるんですか…?」

陽乃「それは……比企谷くんは私のお気に入りだからだよ」

八幡「お気に入りですか……よくわからないですがあまり好かれるような事した覚えないんですけどね……」

陽乃「またまた~私の大事な雪乃ちゃんを助けてくれたじゃない」

八幡「助けた覚えはないんですけどね……」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 07:05:10.87 ID:3rC4Ecba0

陽乃「文化祭の時も比企谷くんが雪乃ちゃんを助けてあげてたじゃない」 

八幡「別に俺が好き勝手やってただけです……それに元々の原因作ったのも雪ノ下さんじゃないですか…?」 

陽乃「私?私はただ雪乃ちゃんの頑張る姿が見たくて少し補助をしてあげただけよ♪」 

八幡「そのおかげでこっちも大変な思いしたんですよ……まぁ過去の事を言ってもしょうがないですけど」 

陽乃「そういえば最近雪乃ちゃんと会ったりしてる?」 

八幡「高校卒業してから全く音沙汰ないですけど」 

陽乃「たまには雪乃ちゃんと会ってあげないと、雪乃ちゃん寂しがると思うけどな~」 

八幡「もうあいつには由比ヶ浜という親友がいますから大丈夫ですよ、それに俺とあいつは友達ですらない」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 07:13:57.96 ID:3rC4Ecba0

八幡「ご飯ありがとうございました、もう時間も遅いんでそろそろ帰ってもらっていいですか?」 

陽乃「そんなに私といるの嫌なの……?」 

八幡「別に嫌ではないですけど…家では一人でゆっくりしたいんですよ」 

陽乃「じゃあ私の事はいないものだと思ってもらって大丈夫だよ~、邪魔しないようにしてるから」 

八幡「いや、そんな事いっても実際いるんだから気を使うじゃないですか……」 

陽乃「ちょっと疲れちゃった、比企谷くんベッド少し借りるね♪」 

八幡「あのそれは困ります」 

陽乃「…………………」 

八幡「まじかよ……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 07:25:18.93 ID:3rC4Ecba0

八幡「…………………………」 

八幡「…あぁ、疲れて寝ちゃったんだっけ……ってなんだこの状況…」 

八幡(陽乃さんと一緒にベッドに寝てる…………しかも裸で……) 

八幡「とりあえず服着ないとまずいだろ……」 

陽乃「あっ比企谷くんおはよ♪」 

八幡 ビクッ 

陽乃「私体中が筋肉痛で動けないの……比企谷くん起こしてくれないかな…?」 

八幡「いやっ自分で起きてくださいよっ、その前に服着てください!!」 

陽乃「あっ私裸のままだったんだ………比企谷くんに裸見られちゃった♪恥ずかし~////」 

八幡(なんなんだこの人……)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 07:43:59.79 ID:3rC4Ecba0

八幡「雪ノ下さん、説明してもらっていいですか?」 

陽乃「え?なんの事いってるのかな~」 

八幡「いや…その朝ああいう状況になってた訳を……」 

陽乃「覚えてないの?比企谷くんの方からあんなに求めてきたのに……」 

八幡「そんな記憶は全くないです…本当の事いってくださいよ」 

陽乃「う~ん、しょうがないな………比企谷くんが暑そうにしてたから脱がしてあげたの♪」 

八幡「いやいくらなんでも全部脱がせるのはおかしいじゃないですか……それに雪ノ下さんも脱いでたじゃないですかあれはどういう事ですか」 

陽乃「私も暑かったから脱いだんだよ~、私普段から裸で寝てるからね♪」 

八幡「さらっと衝撃発言しないでくださいよ……とにかくこういう事するのもうやめてくださいよ」 

陽乃「うん~、考えとくね♪」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 07:53:47.53 ID:3rC4Ecba0

八幡「俺そろそろ大学行くんで、雪ノ下さんも働いてるならそろそろ用意したほうがいいんじゃないですか?」 

陽乃「今日は有休とってるから心配しないでいいよ~♪」 

八幡「そうですか、俺もう行きますんで自分の家帰ってくださいね」 









八幡「なんで付いてきてんですか……?」 

陽乃「いや~大学久しぶりだしね~一度比企谷くんの行ってる大学も見てみようかなって♪」 

八幡「まじで大人しくしててくださいよ……」 

陽乃「わかってるよ~♪」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 08:24:13.15 ID:3rC4Ecba0

八幡(案の定皆から注目されてるよ………) 

八幡「雪ノ下さん、あまり近くに寄ってこないでくださいよ……」 

陽乃「なんで~?一緒に一晩過ごした仲じゃない~」 

八幡「誤解を招くような発言しないでください………俺は極力目立たないように生きていきたいんでこんな所で注目浴びたらこれから 
    大学行きづらくなっちゃうじゃないですか……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 08:40:23.79 ID:3rC4Ecba0

八幡「雪ノ下さん……俺が講義受けてるの見てて楽しいっすか…?」 

陽乃「うん、私は比企谷くんの真面目に勉強してる姿、けっこう好きだな~」 

八幡「そうっすか……もしかして最後までいるつもりですか?」 

陽乃「当たり前だよ、そのために有休とったんだから♪」 

八幡「はぁ……俺の大学生活終わった……」 

陽乃「なにいってるの~、これから楽しくなるんじゃない♪」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 17:11:24.14 ID:3rC4Ecba0

陽乃「はい比企谷くん口開けて、あ~ん」 

八幡「雪ノ下さん、周りから見られてるんでもう辞めてください…」 

陽乃「比企谷くん私の命令は絶対だよ?あ~ん」 

八幡(2度と大学に付いてこないのを条件に今日1日陽乃さんの命令を聞くなんて言うんじゃなかった……) 

陽乃「あっ、それと今日から私の事は陽乃って呼んでね」 

八幡「雪ノ下さんさすがにそれは……」 

陽乃「あっそれじゃ明日も付いてこようっかな♪」 

八幡「わかりました……陽乃……さん…」 

陽乃「呼び捨てでいいのに~、まぁ今はそれでもいいよ♪私も比企谷くんの事は八幡って呼ぶね♪」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 17:30:55.17 ID:3rC4Ecba0

陽乃「あれ、隼人じゃん、おーい隼人!こっちこっち♪」 

八幡(おい葉山なんか呼ぶなよ……てかあいつと同じ大学なの忘れてた……) 

葉山「陽乃さんこんな所で何をしてるんですか?それに比企谷君と一緒なんて」 

陽乃「あー八幡とは同じアパートに住んでるよしみだからね、ちょっと大学生活を覗きにきたんだよ♪」 

葉山「はち…まん?比企谷くん、陽乃さんと随分仲良さそうだね」 

八幡「いやそんな事はないぞ、絶対」 

陽乃「あれ?一緒のベッドで一夜を共にしたのにそんな事言っちゃうんだ?へぇ~」 

葉山「一緒のベッド…………比企谷くん……君は……」 

八幡「いや誤解だ葉山、俺は何も知らないぞ、気づいたらそうなってただけで俺と陽乃さんは何もしてないっ…」 

陽乃「じゃあね隼人!これから私達デートだから♪」 

八幡「そんな約束してな……」  陽乃「明日も大学行こうかな~」  八幡「わかりました……、葉山またな…」 



葉山「デート……………陽乃さんと……比企谷………」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 17:38:15.73 ID:zN8Y+7oK0

この葉山はゲスい



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 18:14:16.85 ID:y5waPbvZ0

はるのん葉山の事嫌い過ぎワロタ



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 18:37:45.63 ID:3rC4Ecba0

ららぽーと 

結衣「ゆきのーんこの洋服かわいくない~?」 

雪乃「えぇ、そうね……由比ヶ浜さんそろそろ食事にしましょう……」 

結衣「あっこのバッグも良いなぁ♪」 

雪乃「はぁ………」 


ハチマーン エイガ オモシロカッタネー 


雪乃「はち…まん……こんな珍しい名前あの男しか………由比ヶ浜さん、ちょっといいかしら」 

結衣「どうしたの?ゆきのん?」



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 19:00:18.56 ID:3rC4Ecba0

八幡「陽乃さんそろそろ帰りましょうよ……こんな所誰かに見られたら…」 

陽乃「なに言ってるの?夜はまだまだこれからだよ♪」 ギュウ 

八幡「腕絡めないでくださいよ……陽乃さん目立つんですから周りの目線がきついんですよ…」 

陽乃「そんなの気にしないでいいのに♪」 





雪乃「何をやってるの?姉さん、後そこの……クズガヤくん」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 19:04:00.16 ID:3rC4Ecba0

八幡「えっ……雪ノ下?だよな……久しぶりに会うなりこんな罵倒する奴お前くらいだし…」 

陽乃「あら、雪乃ちゃんこそこんな所でなにしてるの?誰かとデート?へぇ~雪乃ちゃんもちゃっかり男作ってるんだね~♪」 

雪乃「そんなわけないでしょ……、それであなた達はこんな所で何をやってるの……?腕なんか組んで……」 

陽乃「雪乃ちゃんどうかしたの……?今八幡とデート中だよ♪」 ギュウ 

八幡「陽乃さん辞めてください……、それにデートじゃなくただ買い物に付き合ってるだけで……」 

陽乃「そんな事言う~?いいのかな~?明日も行っちゃうぞ~?」 

雪乃「人前でイチャイチャしないでもらえるかしら、ほんとにみっともない」 

陽乃「あれ?雪乃ちゃん嫉妬してるの?へぇ~雪乃ちゃんまだ八幡の事好きなんだ♪でも残念、八幡はもう私の物なんだよ♪」 

雪乃「誰がこんな男なんか…………」 

陽乃「八幡~そろそろホテルに行かない~?……また昨日みたいに……」 

八幡「なに言ってるんですか……、おい雪ノ下、勘違いしてもらっては困るぞっ、俺と陽乃さんはなんでもないから」 





結衣「ねぇ……さっきから私の事皆無視しすぎじゃないかな……」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 20:17:51.19 ID:3rC4Ecba0

結衣「えーっ!ヒッキーの隣に陽乃さんが引っ越してきたー!?」 

八幡「そうなんだよ…俺も昨日いきなり隣に引っ越してきたって言われたから驚いたんだ……」 

雪乃「それで姉さんと一緒に寝たというのは本当かしら?」 

陽乃「本当だよ♪」 

雪乃「姉さんには聞いてないわ」 

八幡「一緒に寝たというか……気づいたら横に陽乃さんが……」 

雪乃「それは一緒に寝たのと同じだと思うのだけれど」 

結衣「ヒッキー最低!」 

陽乃「八幡もそんな否定しなくてもいいでしょ~♪今夜も仲良く一緒に……ね♪」 

雪乃「姉さん、その男に近づくと危険だから辞めなさい!」 

結衣「そうだよ……付き合ってもない男女が一緒に寝るとか駄目だよ……」 

八幡「だから別に寝たわけじゃ……」 

陽乃「へ~二人とも本当に嫉妬深いんだねぇ~、八幡ほんとモテモテだね~、嫉妬しちゃうよお姉さん~♪」



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 20:50:32.78 ID:3rC4Ecba0

陽乃「そろそろ行くわよ八幡~、じゃあ雪乃ちゃん達元気でね~♪」 

八幡「どこいくんですか……もう疲れたんで帰っていいですか」 

雪乃「……………」 

結衣「……………」 






八幡宅 


結衣「へぇ~ヒッキーこんな所に住んでるだ~、うちからけっこう近いかもっ!」 

雪乃「なぜ姉さんがこんなアパートに住んでるのかしら……」 

八幡「てかなんでお前ら俺の家まであがりこんでんだよ……」 

陽乃「八幡と二人でゆったりしようと思ったのに………まぁ私は隣に住んでてすぐこれるからいいけどね♪」 

結衣・雪乃 イライラ



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 20:53:34.56 ID:B4krcZqZO

これが修羅場だ



192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 21:48:27.26 ID:3rC4Ecba0

八幡「そろそろ帰ってもらえないか?もう寝たいんだが……」 

雪乃「姉さんとあなたを一緒にさせるわけにはいかないわね」 

結衣「ヒッキー私達帰ったら陽乃さんと………エッチな事するんでしょ!!」 

八幡「んな事するかよ、お前ら帰ったら陽乃さんにもすぐ帰ってもらうから」 

陽乃「そうね……じゃあ私は先に帰るわ……雪乃ちゃん達も気をつけて帰るのよ♪」 ガチャッ 

雪乃「えらく物分かりがいいわね……怪しい……」 

結衣「う~ん……どうするゆきのん?」 

雪乃「私達もいつまでもここにいるわけにも行かないわ、明日も1限目から講義に出なければいけないのだし」 

八幡「お前らも早く帰ってくれ…」 

雪乃「それじゃ失礼するわ、姉さんがきても絶対ドアの鍵開けるんじゃないわよ」 

結衣「ヒッキーまたくるね」 

ガチャ 

八幡「やっと帰ったか………」     ドンドンドン 

八幡「なんだ?ベランダから音が………」 ドンドンドン  ハチマン アケテー



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 21:52:07.36 ID:Ivpbcngi0

ですよね



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 21:53:21.65 ID:B4krcZqZO

知ってた



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 22:05:26.30 ID:PkmXVnD00

エッチなことしろよ八幡



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 22:21:38.38 ID:3rC4Ecba0

陽乃「はやく開けてくれてもいいじゃない~もう!」 

八幡「なんでまたきたんですか……さっき帰ったばかりですよね?」 

陽乃「私がいると雪乃ちゃん達が帰りそうになかったからね、ちょっと小芝居しちゃった♪」 

八幡「じゃあ早速帰ってください」 

陽乃「え~せっかく二人きりになれたんだからさ……」 

八幡「なんですか………」 

陽乃「昨日は八幡寝ちゃってたし……今夜はその二人で………」 

ピンポーン  ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポーン 

ネエサン ナカニ イルンデショー  アケナサイ !! 

ヒッキー ハヤク アケテー !! 

陽乃「チッ、バレちゃったか~、ほんとあの子達八幡の事好きなんだね~」 

八幡「もう勘弁してくれ………」



225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 23:02:52.32 ID:3rC4Ecba0

八幡「って事があったんだよ……」 

小町「お兄ちゃんも大変だねぇ……よかったらまたうちに戻ってきてもいいんだよ…?」 

八幡「大学卒業するまでは戻るきはないな…………」 

小町「結局お兄ちゃんはどうしたいの?」 

八幡「俺は平和に暮らしたい」 

小町「ふーん……………あっじゃあこういうのはどうかな!?」 

八幡「なんだ……?」



233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 23:22:07.08 ID:3rC4Ecba0

いろは「えーっなんで私が先輩の彼女のフリをしないといけないんですかー!?」 

八幡「すまん、少しの間だけでいいんだ……ちゃんとお前にもメリットがあるぞ」 

いろは「私にどんなメリットが……?」 

八幡「俺と葉山は同じ大学に通ってる、もしこの作戦が成功したら、俺がお前と葉山のデートをセッティングしてやる」 

いろは「葉山先輩とのデート………わかりました、先輩の彼女のフリをすればいいんですよね」 

八幡「あぁ、あいつらが俺から離れてくれれば成功だ……そうすれば俺は大学生活を静かに過ごす事ができる」 

いろは「わかりました……それじゃ必要な時は呼んでください…、葉山先輩とのデートよろしくお願いしますよ!」 

八幡「おう、頼んだぞ」 

八幡(葉山とのデートなんて適当な事言っちゃったが、まぁなんとかなるだろ……)



245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 23:42:53.10 ID:3rC4Ecba0

陽乃「それでこの子が八幡の彼女?ふ~ん」 

いろは「えーっと比企谷先輩とお付き合いさせていただいてます、一色いろはです……」 

雪乃「あなたは確か生徒会長選挙の時に依頼にきた子よね」 

結衣「いろはちゃんはほんとにヒッキーと付き合ってるの?」 

いろは「はい比企谷先輩とはもう付き合って半年近くたちます……」 

八幡「そういうことだ……もう俺にも彼女がいるわけだしお前らが俺の家にきたりするのはまずいだろ」 

陽乃「ねぇいろはちゃん」 

いろは「はい…なんでしょうか?」 

陽乃「彼女ならもうやる事はやってるんだよね?」 

いろは「いや……それは……」 

陽乃「ねぇ、ここで八幡とキスしてみせてよ、そしたら彼女だって信じてあげる♪」 

いろは「キス……ですか……?いやそれは……」 

陽乃「え?彼女なのにキスできない?おかしいな~、本当に付き合ってるのかな~?」 

八幡「ほっ本当に付き合ってますよっ」



288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/03(火) 00:05:10.00 ID:rne1SEGs0

陽乃「ほら、早くキスしなよ」 

雪乃 ジー 

結衣 ジー 


いろは「先輩………………」 

八幡(どうする……さすがに演技でキスまでさせる事は想定してなかったぞ………もう隠しきれないな…) 

八幡「あの……ほんとは…」  カランコローン 



戸部「まじ隼人くん唄うますぎっしょー女の子皆うっとりしててまじ嫉妬したわー」 

葉山「そんなたいした事ないよ…………あれ比企谷君…それに雪ノ下さんも……」 

陽乃「あー隼人じゃん!一緒にどう?私達まだ注文してないからさ、皆で食べようか♪」 

いろは「葉山先輩……」 

葉山「じゃあお言葉に甘えて……」 


八幡(なんでこんなタイミングでくるんだよ……)



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/03(火) 00:21:27.23 ID:rne1SEGs0

戸部「いろはすがヒキタニ君と付き合ってる??さすがにその嘘は無理があるっしょww」 

いろは「だって比企谷先輩に頼まれちゃったから仕方ないじゃないですかー」 

葉山「比企谷君、なぜ僕のデートを勝手にセッティングしちゃったのかな?そういうのは事前に言って貰わないと困るよ」 ニコッ 

雪乃「はぁ……どうせこんな事だろうと思ったわ……」 

結衣「だよね~ヒッキーに彼女いるわけないもんねぇ…」 ホッ 

八幡「す、すみませんでした………」 

陽乃「ハ・チ・マ・ン」 

八幡「ひゃいっ、なっなんでしょうか陽乃さん……」 

陽乃「私に嘘ついた罰、ちゃんと受けてもらうわよ?」 ニコッ 

雪乃「姉さんだけじゃなくて私達からも罰を与えないとね」 ニコッ 

結衣「ヒッキー覚悟してね」 ニコッ 

八幡「はい……なんなりと……」 






小町「お兄ちゃんうまい事ごまかせてるかな~」



356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/03(火) 01:33:09.71 ID:rne1SEGs0

陽乃「八幡、ちゃんと力いれて揉んでね♪」 

雪「比企谷くん、次は私をお願い」 

結衣「ヒッキーその次は私ね~」 

八幡「はい……………」 

八幡(ここ最近毎日陽乃さん達にコキ使われてる……あんな嘘ついたおかげで俺の自由な日々は完全になくなった……) 

陽乃「今日はどうしてやろうかな~、そうだ!私が眠るまで頭撫で続けてね♪」 

雪乃「姉さんだけずるいわ、比企谷くん明日は私のマンションまできてお願いね」 

結衣「あーそれじゃヒッキー今度の休日ハニトー奢ってよ~」 

八幡「かしこまりました……」 








やはり俺の大学生活は間違っている        完                                                                      



358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/03(火) 01:34:11.55 ID:1Xtc/iC30




366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/03(火) 02:03:47.37 ID:DRerrq940

乙乙






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
いろは「明晰夢?」 
八幡「あー紅茶飲みすぎて小便がしたい…あ、あそこの電信柱で」警察「君」 
八幡「戸塚…寝てんのか?」戸塚「…zzZ」 
八幡「本物語」 
由比ヶ浜結衣「電池って……何なんだろう?」