転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1404989149/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 19:45:49 ID:ZUaSJheo

勇者の家──

母「勇者」

母「朝よ、起きなさい」ユサユサ…

勇者「ん……」ムニャ…

勇者「あ……もう手裏剣か……」

母「へ?」

勇者「ようするに、“もう手裏剣”から“もう忍具”で“もうにんぐ”になって──」

勇者「モーニング……つまり朝ってこと」

母(この子はいつもこんなことばかりいって……)



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 19:47:38 ID:ZUaSJheo

勇者「いただきま~す」

母「今日はいよいよ国王陛下に謁見して、魔王討伐の旅に出る日ね」

父「親としては、お前を旅立たせるのは心苦しいが……」

父「宮廷魔術師様に、勇者の素質があると占われてしまったのだ」

父「なんとか……やり遂げてくれ」

勇者「ついに俺が旅立つ日がやってきたのか……」

勇者「超ショック!」

勇者「朝食時だけにね」モグモグ…

父(本当に大丈夫だろうか……)

母(不安だわ……)



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 19:50:27 ID:ZUaSJheo

城下町──

町民「やぁ、勇者君!」

町民「いよいよ魔王討伐の旅に出るんだってね。これから城に向かうのかい?」

勇者「ええ、白い城に向かいます」

町民「君は人類希望の星だからね、応援しているよ!」

勇者「人類のスターとして、冒険をスタートしますよ」

勇者「まぁ加勢などいりませんので、任せて下さい!」スタスタ…

町民(どうも彼と話していると、気が抜けてしまうよ……)




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 19:52:37 ID:ZUaSJheo

城──

国王「おお、よくぞ来てくれた勇者よ」

国王「ここに旅の準備金と装備を用意した」

国王「辛く苦しい旅になるだろうが……どうかよろしく頼む」

勇者「ええ、覚悟しています。五という字を書くのは得意ですし」

勇者「それに……料理王の頼みなら、引き受けないわけにはいきませんしね」

国王「料理王……? ワシのことか?」

勇者「だって、国王陛下は“コック王”ですからね!」

国王「はぁ……」

国王「と、とにかく、武運を祈っておるよ」

勇者「魔王なんかブーンと投げ飛ばしてやりますよ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 19:55:17 ID:ZUaSJheo

大臣「あと私からも一つ」

大臣「王国の兵は各拠点の防衛にかかりっきりで、君に兵を貸すことはできないが……」

大臣「実は、城下町の酒場に『勇者の協力者募集』の貼り紙をしておいた」

大臣「おそらく君の助けになるような、腕自慢が集まっているはずだ」

勇者「酒場ですね? ありがとうございます!」

勇者「さすが大臣、大事んな情報を持っておられる!」

勇者「では!」シュタッ

大臣「…………」

国王「本当に、彼に勇者の素質があるのだろうか……?」

大臣「さぁ……」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 19:57:46 ID:ZUaSJheo

酒場──

マスター「おう、待っていたよ、勇者さん」

マスター「三人ほど、あんたに協力したいって腕自慢が集まってるぜ」

勇者「いや、俺が求めているのはむしろ足自慢だ」

マスター「へ?」

勇者「だってここはサッカー場だろう? ……酒場だけに」

マスター「…………」

マスター「あ、え、あの……えぇと」

マスター「と、とにかく、あっちの三人が君の仲間だ」

マスター「いずれも兵100人に勝る価値を持っている」

勇者「ひゃっ、9人!?」

マスター(……めんどくさい奴だな)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:00:20 ID:ZUaSJheo

戦士「おう、俺は戦士だ!」

戦士「ここらで一気に名を上げるチャンスが欲しくてな!」

戦士「今回アンタに同行させてもらうことにした!」

戦士「剣の腕なら、だれにも負けねえ!」

勇者「ふうん、君は剣を使うのか」

勇者「だったらなるべく慎重に、静かに戦ってくれよ」

戦士「へ? ……なんで?」

勇者「だって、剣はそーっど扱わないと。そーっどね」

戦士(な、なんだこいつ……)



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:04:27 ID:ZUaSJheo

僧侶「私は僧侶。女ですが回復魔法が得意なので、きっと力になれます!」

僧侶「どうぞよろしくお願いします!」

勇者「へえ、回復が得意なんだ」

僧侶「はい!」

勇者「つまり、潮干狩りが得意、と」

僧侶「え……? どうして潮干狩りが出てくるんですか?」

勇者「“貝福”つまり“貝の福”っていえば、潮干狩りで貝を見つけることじゃない!」

僧侶「んん、ん……?」

僧侶(これは……なんとも奇妙な方ですね)



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:06:59 ID:ZUaSJheo

魔法使い「ボクは魔法使い!」

魔法使い「ほとんどの属性の魔法を操れるけど、特に炎魔法が得意だよ!」

勇者「ふうん、炎ねえ……」

勇者「つまり、右下のちょこっと出てる部分を使うわけ?」

魔法使い「へ……?」

勇者「ほら、『ほ』っていう字の右下はシッポみたいになってるじゃない」

魔法使い「え、え……?」

勇者「だって君は“ほのシッポ”……“ほの尾”使いなんでしょ?」

魔法使い「えぇっと……」

魔法使い(意味が分からない……なんなのこの人……)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:09:27 ID:ZUaSJheo

町の出入口──

勇者「さあ、冒険の始まりだ!」

勇者「苦しい戦いがやってくるし、四人で笑い合っていこう!」

戦士「おう、そうだな!」

僧侶(すばらしい心意気ですね。安心しました)

魔法使い(なんだ、ちゃんと勇者らしく仕切れるんじゃないか)

勇者「フォーフォッフォッフォッフォ!」

戦士「!?」ギョッ

戦士「ちょ、ちょっと待て。なんだよその笑い方は?」

勇者「四人だからね、フォーってね」

僧侶(あらら……)

魔法使い(やっぱり……こういう人なのか)



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:11:48 ID:ZUaSJheo

村──

村長「これはこれは勇者様」

村長「ようこそお越し下さいました」

勇者「……うん」

勇者「なんていうか、性欲を刺激される場所だね、ここは」

村長「……性欲、ですか?」

勇者「うん、ムラムラするよ……村だけに」

村長「……え?」

僧侶「な、何でもありません! さ、村で少し休みましょう!」

戦士「そっ、そうだな!」

魔法使い「そうしよう、そうしよう!」

勇者「休憩時間は九京時間もあればいいかな」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:14:23 ID:ZUaSJheo

森──

ゴブリン「どりゃあっ!」

ザシッ!

戦士「ぐっ……つええ!」ヨロッ…

勇者「さすが、体の5%がリンでできているだけのことはあるな」

ゴブリン「は……?」

勇者「“5%がリン”……つまり“五分リン”だ」

ゴブリン「……なにそれ」キョトン…

戦士「チャンスッ!」ダッ

魔法使い「炎よ!」ボッ…

ザシュッ! ボワァッ!

ゴブリン「ぐわあああああっ!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:17:17 ID:ZUaSJheo

町──

勇者「落ちついた人々と落ちついた町並みが、マッチした町だな~」

町長「ありがとうございます!」

僧侶(本当に褒めてるわけじゃないんでしょうけどね)

勇者「ところで、町長はバタフライが得意らしいね」

町長「バタフライって泳ぎのですか……? なぜ?」

勇者「蝶々、だけにね」

町長「え……?」

戦士「さ、さぁ~て、この町は店も豊富だし、武器でも調達しようぜ!」

魔法使い「そうだね!」

僧侶「そうしましょう!」

勇者「不気味な武器を買おう」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:20:24 ID:ZUaSJheo

洞窟──

オーク「ブヒヒ、ここは通さんぞ!」ズラッ…

勇者「非常に多くのオークに囲まれたか……」

戦士「どうする、勇者!?」チャキッ

勇者「う~ん……」

勇者「ここは洞窟だし、シューズについて尋ねてみるか」

僧侶「へ?」

勇者「どう? 靴」

オーク「……ブヒ?」

戦士(おおっ、勇者のおかげでスキができた!)

戦士「よし、逃げるぞ!」ダッ

魔法使い「うん!」ダッ

オーク「ああっ、しまった!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:23:21 ID:ZUaSJheo

都市──

市長「勇者様、あなたの活躍は存じ上げております!」

市長「我々にできることがあれば、ぜひ協力させて下さい!」

勇者「そんなに俺たちに協力したいのかい?」

市長「はい!」

勇者「そんなに俺たちに協力していのかい?」

市長「(なぜ二回いう?)はい!」

勇者「そんなに俺たちに協力してぃのかい?」

市長「(なぜ三回もいう?)は、はい!」

魔法使い「あ、あのっ! いくらか軍資金を工面していただけると助かります!」

市長「え、あ……分かりました!」

勇者「そんなに俺たちに協力シティのかい?」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:27:33 ID:ZUaSJheo

古代城──

キィンッ! ──ザシュッ!

戦士「ぐっ……!」

暗黒騎士「我は魔王様の手によって、太古の昔よりよみがえりし暗黒騎士!」

暗黒騎士「今の軟弱な人間では我の相手にはなれぬ!」

勇者「なんじゃ、苦戦してる!」

僧侶「ま、まずいです! このままだと戦士さんが!」

魔法使い「あの特殊な鎧には、魔法も通じないし……どうしよう!」

勇者「う~ん、騎士ってのはこうでナイトな」

暗黒騎士「……なんだそりゃ」ガクッ

勇者「戦士、戦死するなよ!」

戦士「誰がするかあああああっ!」ダッ

暗黒騎士「うわっ!?」

ザシュッ!

暗黒騎士「ぐおおっ!?(気が抜けたところに、強烈な一撃、を……!)」ガクッ…



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:30:17 ID:ZUaSJheo

エルフ村──

エルフ長老「ほう、珍しいこともあるもんじゃ。人間の来客など何十年ぶりか」

エルフ長老「ここはエルフの村ですじゃ。どうぞゆっくりしていって下され」

勇者「ふむ……エルフ」

勇者「つまり──」

勇者「A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K、M、N、O、P、Q、R、S」

勇者「T、U、V、W、X、Y、Z」

勇者「ってことか」

エルフ長老「へ?」

戦士「!」ハッ

戦士「えぇと……多分、Lがないので“エル不”ってことかと」

エルフ長老「ああ……そういう……」

勇者「…………」ニヤッ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:33:17 ID:ZUaSJheo

邪神殿──

ガーゴイル「ギャオォォンッ!」ブオンッ

キィンッ! ギィンッ! キンッ!

戦士「ちいっ!」ザザッ…

魔法使い「雷よ!」バリバリッ

僧侶「凄まじい攻防……近づけないので、遠くから回復魔法を送らないと!」

勇者「無料かい?」

僧侶「僧侶だけに送料ですよね? もちろん無料です!」パァァ…

勇者「…………」ニヤッ

戦士「よっしゃ、回復したぜ!」シャキンッ

戦士「化け物め、覚悟しやがれ!」

ザシュッ! ギャォォン……

勇者「鋭かった戦士の一撃で、勝った」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:37:55 ID:ZUaSJheo

魔族の村──

魔族「ここは魔王のやり方に納得いかない魔族の集落です」

魔族「あなたがたに敵対するつもりはありません」

勇者「敵じゃないってことは、つまりスリーショルダーか」

魔族「……どういう意味です?」

戦士「つまり、“スリーショルダー”は三つの肩だろ?」

魔法使い「三つの肩は“三肩”で、“みかた”になるよね?」

僧侶「“みかた”……つまり“味方”のことです!」

魔族「な、なるほど……(なにかの暗号……!?)」

勇者「…………」ニヤッ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:42:19 ID:ZUaSJheo

ダークタワー──

戦士「ちいっ、魔王軍の基地を兼ねた塔だけあって、精鋭揃いだな!」

僧侶「しかし、ここを攻略すればもう残すは魔王城だけです!」

勇者「たわーいない塔と思いきや、大間違いだったな」

勇者「仕方ない、ここは魔法使いに本気を出してもらおう」

魔法使い「“マジック”だけに本気(マジ)になれってことかい?」

勇者「…………」ニヤッ

魔法使い「分かったよ、やってみる!(なんだかやれる気がしてきた!)」

ボワアァァァッ!

ギャオオォォン……!

魔法使い「おお、ボクもこんなにやれるんだ! 我ながらビックリ!」

戦士「おいおい、こんな魔力を秘めてたのかよ! 俺も負けてられねえな!」

僧侶「すごいです!」

勇者「みんな、腸が整ってきたな!」

戦士&僧侶&魔法使い(成長したっていいたいんだな……)



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:45:22 ID:ZUaSJheo

魔王城城門──

四天王(炎)「キサマらが勇者パーティーか」

四天王(炎)「魔王軍最強のチームである、我々四天王がお相手しよう」

勇者「なんで俺たちが勇者パーティーだって、知ってんのう?」

四天王(炎)「へ……?」

四天王(水)「なにいってるのよ、あいつ」

四天王(風)「知ってんのう、だとォ!? どういうこった!?」

四天王(土)「ふ~む、ガクッと気が抜けたでござる」

戦士「今だああああっ! 戦死してたまるか!」ダッ

魔法使い「本気(マジ)でやるよ!」ボウ…

僧侶「補助魔法の送料も無料です!」パァァ…

ザシュッ! ボワァッ! ザシッ! ドカッ! バリバリッ!

四天王「ぐわあああああっ!!!」ボシュゥゥゥ…



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:47:42 ID:ZUaSJheo

魔王城──

僧侶「どうにか四天王をやっつけられましたが……」

僧侶「魔王の城だけあって、内部は大迷宮ですね」

戦士「しかも、城内にもかなりの敵が残ってやがる!」

魔法使い「だけど、ここまで来て負けられないよね!」

勇者「きゃっ!」

勇者「通り抜ける」サッ

勇者「きゃっ!」

勇者「通り抜ける」サッ

戦士「へへっ、分かってるって」

僧侶「“きゃっ!”と“通り抜ける”で“きゃっスルー”ですよね?」

魔法使い「つまり“キャッスル”ってことでしょ?」

戦士&僧侶&魔法使い「魔王の“城”だけに!」

勇者「…………」ニヤッ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:50:37 ID:ZUaSJheo

魔王の間──

魔王「フハハハハッ!」

魔王「勇者ども……ここまでたどり着いたことだけは褒めてやろう」

魔王「だが、すぐキサマらは向かうことになる……地獄にな!」

勇者「俺たちが地獄に行ったら、人類の数は激減するだろうな……」

勇者「ヘル、だけに」

魔王「……は?」

戦士「今だああああっ! 戦死してたまっかぁ!」ダッ

魔法使い「本気(マジ)でやるよ!」ボワァッ

僧侶「最終決戦では、回復も補助魔法も送料無料!」パァァ…

ザシュッ! ボワァァァッ!

魔王「ぐ、ぐぬっ!」ヨロッ…

魔王(おかしな話術で、気が抜けたところを攻めてくるとは……!)



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:54:18 ID:ZUaSJheo

魔王「舐めるなぁぁぁっ!」

ズガガガガァァンッ!!!

戦士「うおおっ!」

僧侶「きゃあああっ!」

魔法使い「四天王さえ倒した、必勝パターンが通じないなんて……!」

勇者「大丈夫、ひっしょう懸命やれば、勝てるよ!」

戦士「……だな!」チャキッ

僧侶「そうですね!」スクッ

魔法使い「勇者の言葉を聞くと、勇気が湧いてくるよ!」スクッ

魔王「なにいいい!?」

魔王(勇者の話術には、敵の力を削ぎ、味方を鼓舞する力があるのか!?)

魔王(そうか……あの話術があったから、奴らはここまでたどり着けたのだ!)



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 20:56:34 ID:ZUaSJheo

魔王「ならば、先に勇者を仕留めてやる!」ギロッ

勇者「床や柱に小便はしなくていいのか?」

魔王「は……?」

勇者「“魔王”だから“まキング”……つまり“マーキング”しないのか?」

魔王「うぐぐっ……」ガクッ

魔王(い、いかん! こやつの話術にかかると、どうしても戦意が削がれる!)

戦士「ふん、ずうっと勇者と一緒に旅して戦ってきた俺らじゃなきゃ」

戦士「勇者のセリフを聞いたら力が抜けちまうぜ!」

勇者「血から力が抜ける」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 21:00:19 ID:ZUaSJheo

戦士「どりゃあっ! 剣はそーっど扱うもんだ!」

ザシュッ!

僧侶「回復はお任せを! 潮干狩りもお任せを!」

パァァ……

魔法使い「ほのシッポほどじゃないけど、炎魔法も強いんだぞ!」

ボワァッ!



魔王「ぐっ、ぐおおっ……! おのれぇ……!」

魔王「ならば最強の魔法で、まとめて片付けてくれるゥ!」ブゥゥン…

魔法使い「!」ハッ

魔法使い「まっ、まずい!」

魔法使い(すごい魔力だ……! あれを撃たれたら、全滅するかも!)



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 21:03:40 ID:ZUaSJheo

勇者「サイが長い間ストライキを起こしてるのか」

魔王「……は?」

勇者「“最強”で“サイ強”で“サイストロング”」

勇者「つまり、サイのストがロング」

魔王「なんだそりゃ……」ボシュッ…

魔王(ゲェッ、今ので集中を欠き、せっかく溜めた魔法が消えてしまった……!)

勇者「今がチャンスだ! みんなっ!」

戦士&僧侶&魔法使い「なに!?」チラッ

勇者「俺を見んな」

戦士&僧侶&魔法使い(やっぱりね……)

戦士&僧侶&魔法使い「うおおおおおおおおおっ!!!」

魔王「な、なんだこの迫力は!?」

魔王(勇者の言葉で、三人の力が結集して──)



ズドォォォォンッ!!!



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 21:07:09 ID:ZUaSJheo

魔王「ぐ……このワシがやられるとは……」

魔王「戦士の剣技、僧侶の支援魔法、魔法使いの攻撃魔法……」

魔王「それぞれ大したものだったが……」

魔王「やはり真に恐ろしきは……勇者の話術よ……」

魔王「敵ながらみ、ごと……」ボシュゥゥゥ…



戦士「消えた……!」

戦士「やったぜぇ!」

僧侶「ついに魔王を倒したんですね、私たち!」

魔法使い「うん、これで世界は平和になったんだよ!」

勇者「へぇ~、わっ! すかした返事をしてから驚いてみたよ、平和だけにね」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 21:12:31 ID:ZUaSJheo

城──

国王「よくやってくれた、勇者」

国王(正直やってくれるとは思わんかったが……)

国王「ワシにできることなら、どんな願いでも叶えよう」

勇者「では、“ね”がいい」

国王「……へ?」

勇者「国王陛下が、“ね”と書いたサインがいいです」

勇者「願い、だけにね」

国王「え、ホントにそんなんでいいのか!?」

国王「金だって、地位だって、名誉だって、できるかぎり与えてやるというのに!」

勇者「“ね”がいい」

国王「いやいや、考え直し──」

勇者「“ね”がいい」

戦士&僧侶&魔法使い(さすが勇者……)



30: ◆a2EWyVxcQM 2014/07/10(木) 21:18:18 ID:ZUaSJheo

こうして勇者たちの活躍によって、世界に平和が戻った。



後に、味方を鼓舞し、敵を脱力させる勇者の話術は世界中に広まり、

目には見えないが恐るべき効力を発揮する話術として

『Dark Jagged Ray(暗黒なる鋭利な光線)』

と呼ばれ、永く畏怖されることとなった。



なお余談ではあるが、今日に伝わる『ダジャレ』の語源は、

この『Dark Jagged Ray』であることは、いうまでもない。





おわり



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 22:22:38 ID:61aBeg46




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/10(木) 23:55:32 ID:ylj5GTPM

面白かった



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/11(金) 02:17:00 ID:whOV3EeM




35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/11(金) 08:09:30 ID:myf/PcSc

ダジャレのすごさが解りました(小並)






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
ゆるゆりで世界の名作童話 
あかり「あかりは経験人数100人越えてるよぉ」 
野崎「いよいよバレンタインデーか……」 
サターニャ「なんかアホらしくなってきたわ…」 
京「八神、お前の誕生日っていつだよ?」暴走庵「キョオオオオオオオオオ!!」